アメリカでも食べ台湾!

アメリカのサンディエゴ駐在に伴い、「食べ台湾」から「アメリカで食べ台湾」にブログ名を変更しました。サンディエゴの日常やアメリカの美味しいグルメをご紹介いたします。


タグ:牛肉麺

(閉店致しました)ビジネス街の松江路に、ぽつんと新しいお店が出来ていたので、行ってみました。場所は、松江路と長春路を少し北上した右側、ちょうど慶泰大飯店(ガーラホテル)の対面辺りです。眷記(ジュアンジー)清潔感のある白い看板に赤い「台湾牛肉麺館」の文字が ... 続きを読む
(閉店致しました)
ビジネス街の松江路に、ぽつんと新しいお店が出来ていたので、行ってみました。

場所は、松江路と長春路を少し北上した右側、ちょうど慶泰大飯店(ガーラホテル)の対面辺りです。

眷記(ジュアンジー)
IMG_8002
清潔感のある白い看板に赤い「台湾牛肉麺館」の文字が見栄えます。
「春記」という名前だとずっと思っていました。

お店の中もとてもキレイです。
IMG_8001
オーダー表です。
IMG_7986
オーダー表以外に、写真付きの日本語メニューもありました。
IMG_7988

さて、席に座って先ず出されたのは、洛神花(ルォセンホワ)、ローゼルティーです。
IMG_7989
甘くて酸っぱいのですが、優しい味でした。
もちろん飲み放題で、お店の方がいつも気にして注いでくれました。

小菜はショーケースの中でクルクル回っています。
IMG_7990
キュウリの漬物(50元)
IMG_7991
見ると食べたくなる一品。
ビールが欲しくなる味です。

干豆腐(30元)
IMG_7992
これも定番です。
この歯ごたえが若干ある豆腐がたまりません。

韮菜豬肉餃(ジューツァイジューロウジャオ)60元
IMG_7993
10個入りなので、一個6元のニラ餃子です。
IMG_7994
ジューシー度はそこまで高くありませんが、満足出来るレベル。
皮は面白い包み方をしていて、プリンプリンとしていました。
辣油をつけ過ぎて火を吹きましたが、美味しかったです。

さて、メインの牛肉麺がやってきました。
紅焼牛三寶(ホンシャオニョウサンバオ)120元
IMG_7995
麺は家常(ジャーチャン)。
太めでシコシコのモチモチでした。
かん水は使ってないような感じではありますが、コシがあって私の中では上位レベルです。
IMG_7998
スープも紅焼らしく、ピリッとしてコクがありました。
八角の味はしますが、嫌な味ではなく、スッキリと飲めます。

清燉牛肉麺(チンドンニョウロウミェン)100元
IMG_7996
麺は拉麺(ラーミェン)というのを選んでみました。
まぁ一般的な麺だったので、家常の方が好みでした。
IMG_7997
スープは、清燉にありがちな酒臭さというか牛骨臭さが少なく、これもスッキリとした味わいでなかなか美味しかったです。
でもやっぱり紅焼のほうが好みですかね。
 

こちらのお店、何よりも店員さんのお客さんに対する気にかけ具合が素晴らしかったです。
オシャレでキレイなお店にありがちな気取り感もなく、牛肉麺屋さんで、ここまで対応して頂けたのは初めてでした。 

排骨麺や鶏腿 麺ってのもあったので、次回は是非試してみたいと思います。
 
(閉店致しました)
眷記

台北市松江路169號
営業時間:月~金 11:00~14:00/17:00~22:00
土日 11:00~22:00

【閉店しました】先日、食べ台湾読者の方からお問い合わせを頂きました。「オススメの牛肉麺はどこでしょうか。林東芳牛肉麺も行ってみたいですが、神仙川味牛肉麺という店も気になっております。あまりクセがない方が好きですが辛いのは大好きです。」とのこと。林東芳牛肉 ... 続きを読む
【閉店しました】

先日、食べ台湾読者の方からお問い合わせを頂きました。

「オススメの牛肉麺はどこでしょうか。林東芳牛肉麺も行ってみたいですが、神仙川味牛肉麺という店も気になっております。あまりクセがない方が好きですが辛いのは大好きです。」
とのこと。

林東芳牛肉麺は食べ台湾初期の頃にご紹介し、最近ご無沙汰ですが、神仙川味牛肉麺ってどこ!?

ということで、行ってみました。
というか、たまたま国賓飯店に用事があって、近くを通りかかったら中山北路を挟んだ対面にあったので、入ってみました。

神仙川味牛肉麺(シェンシャンチェンウェイニョウロウミェン)
IMG_8094
以前、台北の牛肉麺大会で賞を取ったらしいです。
日本人が多い地区なだけに、「四川の味・牛肉ラーメン」と日本語が看板に書いてあるので、「どうせ観光客向けでしょ?」と、あまり期待していませんでした。

さて、店内。
味は大きく分けて3つあるようです。
IMG_8100
オーダー表に食べたいものを記入します。
IMG_8095
牛肉麺といったらサイドメニューに花干(ホヮガン)を食べないとですね。
牛肉原汁滷花干(ニョウロウユェンジュールーホヮガン)40元 
IMG_8096
厚揚げのようなものですが、ピリっと辣油が効いていました。
牛のダシ汁?が染みこんでいて、何気に美味しいです。

さて来ました。
神仙川味牛肉麺(シェンシャンチェンウェイニョウロウミェン)140元
IMG_8097
サイズは中、微辣で頼みました。
IMG_8098
麺は中太の手延べ麺のような感じでしたが、これが美味しい!
台湾の麺にありがちな残念さがない!
チュルッとしていて、モチモチ、噛むとぷちんと切れて、歯ごたえも良い!
久々に美味しい中華麺を食べたなー!という感じ。
スープもピリリと辛く、でも辣油だけの辛さではなく、モンゴル鍋のような奥深さを感じました。
正直、メチャメチャ気に入りました。
次回はもう少し辛めのに挑戦したいと思います。

神仙清燉牛肉麺(シェンシャンチンドンニョウロウミェン)140元
IMG_8099
こちらもサイズは中。
先ほどの川味と違い、辛くありません。
清燉牛肉麺にありがちな、牛骨の骨臭さもなく、また骨臭さを消すための酒臭さのようなものも全然なく、スッキリとした味わいでした。

どちらかというと、川味の辛い牛肉麺の方が美味しいと思いました。

2012年の牛肉麺大会で紅焼と清燉が賞を取ったようです。
IMG_8102


神仙川味牛肉麺

台北市中山北路二段78-2號
営業時間:11:00~23:00

台北では日本ラーメンも美味しいお店も増え、正直食べ飽きたので、原点に戻り、牛肉麺の記事を書いていこうと思います。さて、今回向かったのは通称「正宗(マサムネ)」と呼ばれている(一部の日本人からだけだと思いますが)お店です。場所は、吉林路と民生東路の交差点近 ... 続きを読む
台北では日本ラーメンも美味しいお店も増え、正直食べ飽きたので、原点に戻り、牛肉麺の記事を書いていこうと思います。

さて、今回向かったのは通称「正宗(マサムネ)」と呼ばれている(一部の日本人からだけだと思いますが)お店です。

場所は、吉林路と民生東路の交差点近く。
白い看板が目印です。

史記正宗牛肉麺(シージーゼンゾンニョウロウミェン)
IMG_7869
店構えも生活感たっぷり。

お店の中もとても綺麗です。
IMG_7868

さて、オーダー表です。
IMG_7860
スープは白いスープの清燉、カレーの咖喱、ちょっと辛めの紅焼の3種があります。

先ずは小菜を頼んでみました。

美味豆干(メイウェイドウガン)40元
IMG_7861
少々歯ごたえのある豆腐です。
独特の味があり、私は結構好きです。
一瞬見た目が臭豆腐に見えますが、臭くないので大丈夫です。

熱花干(ルァーホァガン)40元
IMG_7862
一言でいえば熱々の厚揚げです。
辣油をつけて頂きましたが、なかなか美味でした。

牛筋切盤(ニョウジンチエパン)250元
IMG_7863

牛肉の筋の部分を柔らかく煮込んだものです。
250元と少々お高めですが、良い感じまで柔らかく煮こまれており、美味しかったです。
IMG_7867
台湾の葱ってまた日本と違い、味が濃いんですよね。
私は結構好きです。

さて、メインの登場です。

清燉牛肉麺(チンドンニョウロウミェン)190元
IMG_7864
上品に薄い牛肉のチャーシューが4枚ほどのってまし。
白いスープなので、骨のダシ本来の味が染み渡っています。
ただ、牛骨本来の味と癖が全面に出てしまい、それをお酒系?の何かで、臭み消しをしているのか、その味と骨の臭みが出てて、気になる人は気になってしまう味でした。

麺は相変わらずの白い麺。
IMG_7866
柔らかすぎず、ちょうど良い湯で加減です。

紅焼牛肉麺(190)微辣(ウェイラー)
IMG_7865
辛さ加減が選べるようで、ちょっとだけ辛い微辣(ウェイラー)にしてみました。
一口スープを飲むと、独特のスパイシーさが広がり、美味い!と思いました。
肉もゴロゴロ入っているうえに柔らかいし、全体的に飽きの来ない味です。

この辛さなら、もう少し上に挑戦しても余裕かも?と思いました。

ということで、清燉よりも紅焼牛肉麺の方がお勧めです。
次回は牛肉以外に筋やハチノス等が入った、390元の満漢牛肉麺も是非食べてみたいと思います。


史記正宗牛肉麺

台北市民生東路二段60號
営業時間:11:30~15:00 / 17:30~21:00
年中無休

一般的なガイドブックに掲載されているお店は、大きく2種類に分かれると思っています。一つは、長年続く老舗で、美味しくて有名だったり、絶対に外せないお店。一つは、お店がガイドブックに広告料を支払い、美味しいとか関係なく掲載してるお店。台湾に限らず、何度そのガイ ... 続きを読む
一般的なガイドブックに掲載されているお店は、大きく2種類に分かれると思っています。

一つは、長年続く老舗で、美味しくて有名だったり、絶対に外せないお店。
一つは、お店がガイドブックに広告料を支払い、美味しいとか関係なく掲載してるお店。

台湾に限らず、何度そのガイドブック地雷を踏んだことか・・・。

それに気付いたあとは、ガイドブックに掲載されているお店は敬遠しがちでしたが、「食べずして語れず」ということもあり、疑心暗鬼気味で日本人がよく行く永康街にある、有名な刀削麺屋さんにやってきました。

永康街を南に下り、西の路地に入った所にあります。

永康刀削麺(ヨンカンダウシャオミェン)
IMG_6607
赤い看板が目印で、結構ローカルな雰囲気が店構えです。

週末のお昼時、台湾人半分、日本人観光客半分って感じです。
IMG_6597 
お店に入ると席に通され、オーダー表を渡されました。
IMG_6596
まぁ永康街価格という感じで、まぁこれくらい値段でしょう。

皮蛋豆腐(ピーダンドウフ)40元
IMG_6598

最近は、これがメニューに有ると必ず頼んでしまうんですよね!

もちろん、グッチャグチャに混ぜて食べます。
IMG_6599
これが美味しくないお店は多分ないと思いますが、ここもやはり美味しかったです。

蕃茄牛肉麺(ファンチェニョウロウミェン)(小)130元
IMG_6600
トマトが入った牛肉麺です。

麺は勿論、こんな感じのモッチモチの刀削麺。
IMG_6603
スープは甘いです。
トマトの甘味と、牛肉麺の甘味で、かなり甘い仕様になっています。
トマト刀削麺だったら、やはり四平街にある甘記蕃茄刀削麺が私は好きかな。
麺は刀削麺だけに歯ごたえがあって、私は好きです。

牛肉麺(ニョウロウミェン)(小)140元
IMG_7357
スープの色的にトマト牛肉麺のトマトが入ってないだけなのかな?とも思えますが、こちらの方が八角が強く感じられ、やはりスープは甘いです。

お肉はこんな感じで、柔らかめのすね肉っぽいです。
IMG_7359
食べ進めていると、全体的に甘いのでちょっと飽きてしまいました・・・。

ということで、入り口近くにある調味料コーナーから、高菜と赤い調味料を持って来ました。
IMG_7362
この高菜がまた、牛肉麺に合うんですよね!
IMG_7360
甘いスープに酸味が効いて、更に美味しくなりました。
高菜の食感もまた美味しいです。

さて、気になる赤い調味料を少し投入してみました。
IMG_7363
この赤いのは牛脂に唐辛子を足した調味料のようです。
量を入れてもそこまで辛くないので、持ってきた分全部投入してみました。

これが大正解。
味にコクと重みが増し、ピリっとした辛さが食欲を増進させます。
八角の味も慣れたのかどうかはわかりませんが、気にならなくなり数倍美味しくなりました。

炸醤麺(ジャージャンミェン)(小)55元
IMG_6601
刀削麺の炸醤麺、結構珍しいかもしれません?

取り敢えず、タレが絡まるようぐちゃぐちゃに混ぜます。
IMG_6605
味は、台湾の一般的な炸醤麺に比べると濃い方かもしれませんが、私にはちょっと物足りないかなーと。

ということで、卓上にあった辣油を投入。
IMG_6606
うん、これも正解です。
もう少し塩味が欲しかった感はありますが、ピリッと辛くなってこれもまた美味しいです。

酸辣湯(スヮンラータン)25元
IMG_6602
普通に美味しい酸辣湯でした。


ということで、ガイドブックでよく見かける永康街の刀削麺のお店でしたが、基本は美味しかったです。

ただスタンダードの味は正直物足りないかなーというのが私の意見ですが、高菜や牛脂をを入れると、劇的に美味しくなりました。


永康刀削麺
 
台北市永康街10巷5號
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00

おなじみ高級インスタントラーメンの満漢大餐 (マンハンダーツァン)。今回は袋に入ったコレをレビューしたいと思います。麻辣鍋牛肉麺(マーラーグォニョウロウミェン)38元升級版(シェンジーバン)と書いてあります。つまりアップグレード版。どうアップグレードしたのか ... 続きを読む
おなじみ高級インスタントラーメンの満漢大餐 (マンハンダーツァン)。

今回は袋に入ったコレをレビューしたいと思います。

麻辣鍋牛肉麺(マーラーグォニョウロウミェン)38元
IMG_20121020_100502
升級版(シェンジーバン)と書いてあります。
つまりアップグレード版。
どうアップグレードしたのかはわかりませんが、パッケージは真っ赤なんで伊達じゃない!ってことでしょうか・・・。
嗚呼、いたるところに炎の絵が書いてある・・・。それに炎に包まれた「升級版」の文字。
世界共通で「炎」は辛い象徴ですよね。袋を開ける前から危険を感じます。

さて、おそるおそる袋をあけると満漢大餐シリーズにお馴染みの三種類のパックが出てきました。
IMG_20121020_100551
手前右から、レトルトパックの牛肉、調味料の粉、調味油の3種類です。
ここまではお馴染みの風景ですが、パックも真っ赤で炎の絵も・・・

さて調理。
500ccの水で麺を茹でます。
取り敢えず3分間茹でるのですが、鍋の蓋の上にレトルトパックをのせて温めてみます。

どんぶりに残りの調味料を入れ、茹でた麺とお湯を注ぎかき混ぜます。
そして最後にレトルトパックの牛肉をそっと乗せました。
IMG_20121020_102523
牛肉は袋麺とは思えない厚みの牛肉が5つほど。

スープは予想に反して赤というよりも茶色。

匂いもわずかに八角のスパイシーな香りがするだけで、危険な香りはしません。

最初にお肉を食べてみました。
牛肉の味はしっかり感じられますが、薄い味付けでやはり八角の味です。
麺は薄い平麺でやや透明感があります。
カップの中にあるものとは違う印象です。

一口食べてみました。

Oh!!!

味が頭のてっぺんにザックリと突き刺さりました!
唐辛子ではなく山椒の刺激が強烈です。
スープを飲んでみましたが、既に麻痺しているからから味がよくわかりません。
ヒリヒリして麻痺状態。
汗がドバドバ出てきます・・・。
IMG_20121020_101826
調味料の粉のパックをよく見ると「依個人口味 請酌量添加」の文字・・・。
好みで量を調節してね☆って意味のようですね・・・。

何も読まずに全部入れてしまいました。

痺れてわからなくなるので味云々よりも、汗をかきたい人、しびれたい人にお勧めです。
カプサイシン作用で痩せるかも?


統一企業 満漢大餐

満漢大餐 升級版麻辣鍋牛肉麺
★★★☆☆

美味しい牛肉麺が食べたい。けど、八角がガツンと効いたものじゃなくて濃厚な牛骨スープが食べたい。そんな時はここの牛肉麺。場所は、建國南路と済南路3段の交差点付近、パワーストーンなどが売っている建國假日玉市の一番北側の入り口の近くです。(新生南路×済南路近くに ... 続きを読む
美味しい牛肉麺が食べたい。

けど、八角がガツンと効いたものじゃなくて濃厚な牛骨スープが食べたい。

そんな時はここの牛肉麺。
場所は、建國南路と済南路3段の交差点付近、パワーストーンなどが売っている建國假日玉市の一番北側の入り口の近くです。
(新生南路×済南路近くに移転致しました)
新住所:台北市中正區濟南路二段71號

七十二牛肉麺(チーシュウアーニョウロウミェン)
IMG_6002
赤い看板が目印です。
入り口の横から厨房が見えるのですが、大量の牛骨が展示?してありました。
IMG_6011
さて、中に入ります。
オーダー表です。
IMG_6009
ここの看板メニューは清燉牛肉麺(チンドンニョウロウミェン)、72時間かけて牛骨を煮込んだスープの牛肉麺ですが、一日限定200食とのこと。
平日の夜19時過ぎに行ったのですが、すでにオーダー表はバッテンがしてありました。
仕方がない、普通の紅焼牛肉麺(ホンシャオニョウリョウミェン)を食べようと思ったら、最後の一杯があるとのこと。ラッキー!

清燉牛肉麺(チンドンニョウロウミェン)130元
IMG_6003
白濁牛骨スープです。
スープを一口。
濃厚だけど、後味あっさりの牛骨スープです。
感じとしては、韓国料理の牛テールスープ、コムタンスープのもっと濃いバージョンって感じです。
スープの表面に白い細い糸状のものは生姜の千切りのようで、牛の臭さをみごとに消しています。

麺は少し平打の麺。
IMG_6005
柔らかめですが、コシもあって美味しかったです。

紅焼牛肉麺(ホンシャオニョウリョウミェン)140元
IMG_6006
これは八角がガツンと効いた牛肉麺です。
でもさすがスープにこだわっているお店であって、濃厚さの中に優しい味わいがあり、しつこくありません。
コロコロ入った牛肉も上質なシチューの肉のような感じです。

お好みで高菜や塩を入れ、味の調整も可能です。
IMG_6008

炒滷味(チャオルーウェイ)(小)100元
IMG_6004
これが超ヒットの一品。
滷味と呼ばれる台湾の煮物を多分醤油ベースのタレで炒めてあるんですが、最高に美味しかったです。
固い豆腐や煮玉子、ミミガー、ネギ、ピーナッツが入っています。
ここに来たら絶対必食のサイドメニューでしょう。

燙青菜(タンチンツァイ)50元
IMG_6007
最近健康のために毎食野菜を取るようにしてまして。
A菜を湯通しし、美味しいにんにく醤油ベースのタレが絡まっています。
普通に美味しく、これで50元はやっぱり台湾ていいよねーと実感した一品です。

ということで、久々のホームラン!
かなり私の好みにハマった牛肉麺でした。
麺以外に牛肉飯というのがあるようなので、次回はそれを・・・。

看板メニューの
清燉牛肉麺は限定200食ということで、夜の遅い時間行ったらありつけない可能性があるので、確実に食べるならお昼か早めの夜に行くべきでしょうかね。
IMG_6010


七十二牛肉麺

台北市建國南路一段188號
営業時間:11:00〜14:30/17:00~21:00
定休日:月曜日

(新生南路×済南路近くに移転致しました)
新住所:台北市中正區濟南路二段71號

満漢大餐 (マンハンダーツァン)は52元とかなり高い部類にはいるインスタントラーメンなので、39元と少し安い中華特餐(ジョンホワターツァン)シリーズのラーメンを、今回は買ってみることにしました。中華特餐 酸菜牛肉麺(スヮンツァイニョウロウミェン)39元酸菜(ス ... 続きを読む
満漢大餐 (マンハンダーツァン)は52元とかなり高い部類にはいるインスタントラーメンなので、39元と少し安い中華特餐(ジョンホワターツァン)シリーズのラーメンを、今回は買ってみることにしました。

中華特餐 酸菜牛肉麺(スヮンツァイニョウロウミェン)39元
IMG_5955
酸菜(スァンツァイ)というだけに、多分酸味が効いているスープでしょう。

中身はこんな感じです。
IMG_5956
左から、レトルトパックの肉、調味料粉、調味脂。

お湯を注いで三分。
レトルトのパックをお湯の熱で温めます。
IMG_5957

出来上がり!
IMG_5958
レトルトの肉は、筋のプルンプルンした部分が多かったです。
味は相変わらず八角の味でしたが、何でこうも美味しいんだろう?と思うほど、侮れません。

さて、スープはと言うと、少々酸味と八角が効いた牛肉麺のスープって感じです。
もっと酸っぱいのをイメージしていましたが、これも普通に美味しかったです。


麺は・・・、まぁコレといって特徴はありませんが、普通のインスタントの麺でした。

39元という安さで、このクオリティーはいいですねぇ。


維力 中華特餐

中華特餐 酸菜牛肉麺
★★★☆☆
 

コンビニやスーパーのインスタントラーメンコーナーに、必ずと言っていい程あるシリーズ、 満漢大餐 (マンハンダーツァン)。いくつか種類がありますが、今回は一番美味そっ!と思ったものを買ってみました。満漢大餐 葱焼牛肉麺(マンハンダーツァン ツォンシャオニョウ ... 続きを読む
コンビニやスーパーのインスタントラーメンコーナーに、必ずと言っていい程あるシリーズ、 満漢大餐 (マンハンダーツァン)。

いくつか種類がありますが、今回は一番美味そっ!と思ったものを買ってみました。

満漢大餐 葱焼牛肉麺(マンハンダーツァン ツォンシャオニョウローミェン)52元
IMG_5795
パッケージの写真から赤い唐辛子が見える通り、ちょっとだけ辛そうです。

さて、蓋をあけると三種類のパックが出てきました。
IMG_5798
左から、レトルトパックの牛肉、調味料の粉、調味油の3種です。

レトルトパックの牛肉以外、全部入れ、お湯を注いで3分待ちます。
その間、牛肉を温めるため、蓋の上にレトルトパックを置いておきましょう。
IMG_5799
さて、3分経ちました。
レトルトを開けると意外に意外、どうせ小さい肉がちょっとしか入ってないんだろう、なんて思ってましたが、牛肉がゴロゴロ入ってました。
塊は大小あわせて4つほど。
IMG_5800
牛肉はやはり八角の味が染み渡っていますが、シチューの肉のようにプルプルです。

麺はもちろんインスタントですが、プリンとして食べ応えがある中太麺。
結構好きです。

スープも牛肉麺!という感じのスープで、ピリリと辛く、ウマ味が多くて最後まで飲み干したくなるくらい美味しいです。


統一企業 満漢大餐

満漢大餐 葱焼牛肉麺
★★★★☆  
 

先日リニューアルオープンしたという麻膳堂(マーシャンタン)というお店に行ってきました。國父紀念館駅の2番出口からすぐ近く。場所柄か、お洒落でシックな佇まいのお店です。お昼時、かなり混み合っていました。店員さんに日本語を話せる方が多いので、注文等で困った時は ... 続きを読む
先日リニューアルオープンしたという麻膳堂(マーシャンタン)というお店に行ってきました。
P1050687
國父紀念館駅の2番出口からすぐ近く。
場所柄か、お洒落でシックな佇まいのお店です。
P1050666
お昼時、かなり混み合っていました。
店員さんに日本語を話せる方が多いので、注文等で困った時は気軽に声を掛けられそうです。

メニュー表には日本語の記載があり、とても分かりやすいです。
P1050658
さて、こちらはオーダー表です。
P1050662

小菜(シャオツァイ)30元
P1050663
白菜、人参の甘酢漬け。酸味、甘み、どちらも強めで美味しかったです。

炸醤麺(ザージャーミェン)65元
P1050668
コシのある麺は喉越しもよく、具は半分が豆腐、半分が肉という感じでさっぱり。
量は控えめなので、他のメニューも頼めそうです。

麻辣牛肉麺(マーラーニョウロウミェン)170元
P1050670
お店の看板メニュー。
見た目だけで辛そうでしたが、勇気をだして一口。
ボッ!!口の中が炎上し、額に汗が噴き出します。
味自体はバランスの取れた上品は牛肉麺でしたが、辛過ぎて完食出来ず・・・。
お店の方のお話によると注文時に辛さ控えめの『小辣(シャオラー)』と伝えれば食べやすくなるとのこと。
また、鴨血(ヤーシエ)と呼ばれる、鴨の血を固めたプリンとしたアレも入ってました。
鴨血入れないでー!って言うと、抜いてくれるそうです。
香辛料の香りも良く、麺は炸醤麺の麺と同じです。
次回はぜひ小辣で注文したいと思います。


綺麗な雰囲気の良いお店でローカルフードが楽しめるので、日本からの友人や出張者をフラッと麺を食べに連れて来るのにちょうど良いかもしれません。
尚、今回のリニューアルに伴い新メニューが登場したとのこと。
乾焼蝦仁飯(ガンシャオシャーレンファン)は、エビチリご飯らしいです。
これは日本人は絶対好きそうなメニューですね。
近々また行きます!
今度は小辣で・・・。


麻膳堂

台北市光復南路280巷24號
営業時間:11:00~14:30 17:00~22:00

中毒性が高い麺を出す、B級グルメの真骨頂とも言えるお店、老牌牛肉拉麺大王(ラオパイニョウロウラーミェンダーワン)。以前の訪問記事&行き方はこちらからどうぞ。老牌牛肉拉麺大王 中毒性の高い炸醤麺このお店に来たら炸醤麺(ジャージャンミェン)は必食ですが、いつも ... 続きを読む
中毒性が高い麺を出す、B級グルメの真骨頂とも言えるお店、老牌牛肉拉麺大王(ラオパイニョウロウラーミェンダーワン)。

以前の訪問記事&行き方はこちらからどうぞ。
老牌牛肉拉麺大王 中毒性の高い炸醤麺

このお店に来たら炸醤麺(ジャージャンミェン)は必食ですが、いつもいつも同じのを食べていても進歩がないので、たまには違ったメニューでも挑戦しようとやってきました。

老牌牛肉拉麺大王
IMG_5755
相変わらず混んでいました。

メニューをパチリ。(2015年画像差替え)
IMG_7385

蛍光灯が邪魔相変わらず上手く撮れません・・・。

台北も暑いし、辛い麺でも食べるか!ということで頼んでみました。
麻辣牛肉麺(マーラーニョウロウミェン)130元(小)
IMG_4090
普通の牛肉麺も同じ110元なので、お得・・・なのでしょうかね。
見た目からして辛そうです。

うん!!辛・・・くない!?
IMG_4092
これぞ食べる辣油でした。
辣油ブームの火付け役となった「食べるラー油」を彷彿とさせるような、味が深いのに辛くない辣油が大量に入っていました。
もちろん全く辛くないわけではなく、程よく辛いんですが、唐辛子の旨味が牛肉麺と調和して滅茶苦茶美味いんです!
ちなみに、牛肉麺は八角がバッチリ効いているタイプです。
肉もゴロゴロ入っていて、食べ応えありました。

麻辣にしても同じ値段の意味がわかりました。
IMG_5752 
テーブルにおいてある調味料、写真右側が辣油が入った器です。
これを入れているようなので、普通にしても麻辣にしても同じ値段なんですね。

ということで、おなじみの炸醤麺に辣油を投入してみたいと思い、別の日に再訪しました。

炸醤麺(ジャージャンミェン)60元(小)
IMG_5747
スープ付きでこの安さはやっぱり最高です。
ニンニクがガッツリ効いていて、それでいて癖のない味・・・。

と、ある程度堪能したあとに投入してみました。
IMG_5751
辣油をガツン!と。
IMG_5750
すっごく美味しくなりました。
今までの炸醤麺がもっとワイルドになった感じです。
辣油の軽く焦げたような味と、炸醤麺の肉とタレが程よく絡まり、より複雑な味です。

この辣油、本当に全然効かないので、かなりの量を入れても大丈夫です。
とはいえ、味見をしながら入れられた方が良いでしょう

半分は普通に、半分は麻辣にして、という食べ方、今後ハマりそうです。
いやー!本当に美味しかった!
もう病みつきです。
IMG_7387


老牌牛肉拉麺大王

台北市中正區重慶南路一段46巷7號
営業時間:10:00~20:00