食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:麺線

台湾は美味しいB級グルメがたくさんありますが、日本人好みの一品と言えば「麺線」でしょうか。日本でも専門店が出来ているくらい日本人からも支持されており、私も大好き。もちろん台湾人も好きな一品で、屋台でも大人気です。今回は学生街でもある公館駅からほど近く、麺線 ... 続きを読む
台湾は美味しいB級グルメがたくさんありますが、日本人好みの一品と言えば「麺線」でしょうか。
日本でも専門店が出来ているくらい日本人からも支持されており、私も大好き。
もちろん台湾人も好きな一品で、屋台でも大人気です。

今回は学生街でもある公館駅からほど近く、麺線だけを売るお店にやってきました。

場所は公館駅の裏辺り、汀州路沿いにあります。

 兄弟蚵仔麺線(ションディーアーズーミェンシェン)
1
白い看板に赤い文字。台湾でよく見るパターンの看板です。

メニューはとても潔く「麺線」しかなく、自身のほどが伺われます。
2
 小碗か大碗のどちらかを選ぶだけなので注文するのも簡単です。

店頭にいる店員さんに口頭で伝えるシステムです。 
店内はこんな感じ。
4
5

好きな席に座って待ちましょう。

待つこと数分、やってきました。 

麺線小椀(ミェンシェンシャオワン)45元
6
トロットロのスープ、たまりません。
ここのお店は麺がどっさり入っており、小でも結構ボリューミーです。

中をほじくると豚の大腸や牡蠣が出てきました。
7
 スープは麺線特有のカツオ風味を感じますが、その中に牡蠣のダシも効いており、良い調和です。
そしてどことなく懐かしい気分にさせるピリ辛味もあり、これもまた食欲を煽ります。
上には香菜(シャンツァイ)、やっぱり麺線にはこれですね。
具の大腸は臭みもほとんどなくコリコリ。牡蠣も小さいサイズなのに、ギュッと味が詰まっていてこれまた最高です。 

こちらテーブル調味料。
8
烏酢と呼ばれるウスターソースを感じる酢と辣油を加えてみます。
9
 味がひきしまりピリリとしてこれまた美味しさアップ。
烏酢の酸味が麺線のダシの味を引き立て、辣油が舌を刺激してあと引く味にさせます。
食べ終わったら、店員さんに大椀(ダーワン)か小椀(シャオワン)か、どちらを食べたか自己申告してお支払いです。


ということで、麺線専門店のご紹介でした。 
麺線と言えば臭豆腐がセットで売られているお店も多いですが、こちらは麺線のみ、お店でゆっくり座って食べれるのもありがたいです。
麺線って麺料理なのか、主食なのか、おやつなのか時々考えてわからなくなりますが、小腹が空いたときに食べるのが一番ですね。


兄弟蚵仔麺線
 
営業時間:10:00~8:30
定休日:月曜日
電話:02-2367-1335
最寄り駅:公館
 

(閉店致しました)前回ご紹介した阿泉麺線の臭豆腐に続いて、今回も臭豆腐のご紹介です。しかも阿泉麺線の隣のお店です。場所は同じく場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。站前美食棧(ジャンチェンメイシュージャン)塾が周りに多いので、いつ ... 続きを読む
(閉店致しました)

前回ご紹介した阿泉麺線の臭豆腐に続いて、今回も臭豆腐のご紹介です。

しかも阿泉麺線の隣のお店です。

場所は同じく場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。

站前美食棧(ジャンチェンメイシュージャン)
IMG_6337
塾が周りに多いので、いつも学生でこの辺りは賑わっています。
IMG_6338
お店の前には大量の揚がった臭い豆腐が。

さて、お店に入るとレジがあり、こちらで好きなモノを告げレシート(番号付き)をもらい、呼ばれたら商品と交換するというタイプのお店です。
IMG_6432
臭豆腐以外にも麺線や魯肉飯、オカズとセットになったものもあります。
臭豆腐、魯肉飯、スープのセット(100元)というメニューも。

店内は結構広く、席数もたくさんあります。
IMG_6434

今回は臭豆腐(大)55元と大腸麺線(大)55元がセットで100元になるメニューを頼んでみました。

臭豆腐(チョウドウフ)+大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)100元
IMG_6328
大きめの豆腐が4つ、それぞれを4つに切ったものが発酵したキャベツのお漬物、泡菜(パオツァイ)と一緒に盛られています。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなりカリカリです。
IMG_6330
割り箸で持つと、揚がった部分がシャリシャリと音を立てています。

もちろん食べる時は辣椒醤と一緒に頂きましょう。
IMG_6335
底に溜まっているタレも一緒に付けて頂きます。
IMG_6331
食べた瞬間、口の中は臭豆腐独特の匂いで充満しますが、すぐに泡菜と辣椒醤が打ち消し、口の中は最高の瞬間を迎えます。
しかも周りはカリカリで食感は最高!
豆腐一つ一つがボリュームがあり、個人的にはかなり好きな臭豆腐の一つです。

こちら大腸麺線です。
 IMG_6332
左側に見える茶色の細かいのはニンニクです。
かなり多めに入っているので、食べる前に好みで少し別皿に移すことをオススメします。

味はもちろんカツオ出汁で、麺はトロットロ。
IMG_6333
ガツンとカツオ節が効いていないので、こちらも個人的には好きな味です。
大腸もまったく臭味を感じず、とても美味しかったです。
ニンニクも多分甘い醤油に漬けてあるようで、麺線の中でとてもよい味を出していました。


ということで2回連続で臭豆腐のご紹介でした。
隣の阿泉麺線とこちらのお店で臭豆腐と麺線の味比べをするのも面白いですね。
臭豆腐の意見では、臭味とカリカリ度はこちらの方に軍配があがりました。
そういう意味では、初心者向きの臭豆腐ではないかもしれません。


ちなみに席にあるこれは、写真のように取り出したお箸の袋を入れましょう。
IMG_6436

(閉店致しました)
站前美食棧

台北市中正區許昌街26-2號
営業時間:11:00~23:30 
 

臭豆腐(チョウドウフ)といえば、臭い食べ物で有名な食べ物ですが、私は大好きです。何が美味しいかというと、辣醤(辛いタレ)と泡菜(漬物のようなもの)とニンニクが効いたタレと一緒に、熱々カリカリの揚げられた豆腐を一緒に口に入れると、豆腐自体の若干臭さが他の食 ... 続きを読む
臭豆腐(チョウドウフ)といえば、臭い食べ物で有名な食べ物ですが、私は大好きです。

何が美味しいかというと、辣醤(辛いタレ)と泡菜(漬物のようなもの)とニンニクが効いたタレと一緒に、熱々カリカリの揚げられた豆腐を一緒に口に入れると、豆腐自体の若干臭さが他の食材とからみ合って鼻から抜け、なんとも言えないハーモニーを生み出すんです。

まだ食べたことがない人は是非、一度はトライして欲しいのですが、やっぱりあの臭いは苦手・・・。
そんな人に是非食べて頂きたいのが、今回のお店です。

場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。

阿泉麺線(アーチュァンミェンセン)
IMG_6418
黄色い看板が目印です。(二軒ほどよこに移転し、場所が変わっています。)
正直この周辺には独特のあの臭いが充満しています。

お店はかなり小さいです。
IMG_6431
中に入って注文しましょう。
メニューは臭豆腐と大腸麺線の2種類でそれぞれ大小あります。
IMG_6419
英語で臭豆腐は、発酵した豆腐ということでfermented tofuなんですね。
まぁ、smelly tofu じゃ売れなさそうです・・・。

注文をすると、その場でサクっと揚げて頂けます。
IMG_6429

先ず来たのはこちら。

大腸麺線(小)(ダーチャンミェンシェン)50元
IMG_6421
台湾のソウルフード、麺線です。
カツオ節がかなり効いており、大腸は臭味が全然なくとても美味しいです。
IMG_6426
スープのようにつるつると頂きましょう。
歯ごたえの少ない麺が喉をツルツルと入っていって、至福の時間が味わえます。

さて各テーブルには調味料があるので、それを入れてみましょう。
IMG_6420
一番右が麺線によく合う烏酢という、ちょっとウスターソースのような味がする黒酢です。
IMG_6427
お好みで入れると更に美味しくなります。
ちなみに真ん中にあるのは、麺線に入れる辣椒醤ですが、入れると相当辛くなるのでご注意を。

臭豆腐(大)(チョウドウフ)60元
IMG_6423
来ました来ました!
見るからにカリカリっと揚がっています。

もちろん臭豆腐にはこちらの赤い辣椒醬を入れましょう。
IMG_6424
底に大蒜がたっぷり入った甘みのある醤油ベースのタレが溜まっているので、ヒタヒタに漬けて全部一緒に頬張ります。
IMG_6428
臭豆腐がカラッと揚がったザクザク感と、泡菜のシャキシャキとした食感がそれぞれマッチングし、口の中で美味しい音を立てます。
そして臭豆腐の独特の味、泡菜の酸っぱい味、辣椒醬の辛味とニンニクダレがそれぞれ良い感じになり、一つ食べると、もう一つ、もう一つと箸が止まりません。

しかも今まで食べた臭豆腐の中でもかなり臭味が少ない方なので、初めて臭豆腐を食べる人にも良いかもしれません。

本記事を見て、「一回くらいなら食べてみようかな・・・!?」と思った方は、是非食べてみてください。
臭豆腐の美味しさの意味が見つけられるかもしれませんよ。


阿泉麺線

台北市許昌街26之3號
営業時間:11:30~23:30
最寄り駅:台北駅

(店舗移転の為、記事を更新致しました。)今回も景美夜市です。更に景美街を南方面、奥へ奥へと進んでみましょう。狭い路地にはところ狭しと美味しそうなお店が並んでいます。そして、ゴチャゴチャとした場所を抜けると一軒の店舗があります。以前は屋台でしたが、店舗にな ... 続きを読む
(店舗移転の為、記事を更新致しました。)
今回も景美夜市です。

更に景美街を南方面、奥へ奥へと進んでみましょう。

狭い路地にはところ狭しと美味しそうなお店が並んでいます。
そして、ゴチャゴチャとした場所を抜けると一軒の店舗があります。以前は屋台でしたが、店舗になりました。
DSC01278
とりあえず列の最後尾に並びましょう。

こちらメニュー。
DSC01268
以前の屋台で利用されていたものをそのまま使用しています。

自分の番が来たら、食べたいものを口頭で告げその場でお金を支払います。
テイクアウトの人も多いので、その場で食べたい場合は内用(ネイヨン)と言いましょう。
こんな感じでトレイの上に載せて頂けます。DSC01269
こぼさないよう、空いてるテーブルを見付けて着席。

では頂きましょう。
と、その前にこちらテーブル調味料です。
DSC01270
DSC01275

油飯(小)(ヨウファン)35元
DSC01273
小サイズでも小さいお碗に山盛りです。
香菜がのっかっており、赤い甘酸っぱいはタレはおこのみで、自分でかけましょう。
DSC01277
もうね、これ最高でした。
一口食べただけで、笑みがこぼれ、後は無言で一杯全部、一気に頂きました。
まぁ日本で言うおこわのようなものですが、ここのはもち米の炊き加減も、味付けも、具もすべて最高!!正直毎日食べても良いかなって程、気に入りました!
ちなみに大サイズもありますが、大きめのどんぶりに山盛りでした。

雙管四神湯(シャングヮンスーシェンタン)
DSC01272
こちらのお店の看板料理だそうです。
四神湯(スーシェンタン)とは、薬膳スープの一種でハトムギと腸が具として入っています。
こちらのお店にある雙管四神湯の特徴としては、写真のように腸の中に腸を入れ込んでおり、独特の触感を作っているようです。はっきり言って、こちらのスープ、とっても美味しいです。
スープ事体に独特の匂いがありますが、全然嫌な匂いはなく、塩味もしっかり効いており、グビグビ飲めます。
そしてこちらの腸もとっても歯ごたえがよく、コリコリとしており、臭みもなくてとっても美味しく頂けました。

蚵仔麺線(小)(オアミェンシェン)40元
DSC01274
牡蠣が入った麺線です。

この牡蠣、プリップリのプリンプリンでした。
麺線の味付けは程よい濃さでとっても美味しいです。
牡蠣もさすが海のミルクというだけある感じで、小さくても濃厚でした。

大蒜と辣椒、烏酢を味を見ながら少量ずつ入れてみます。
DSC01276
辛さもちょうどよく味がビシッと決まった気がします。
美味しい!!!牡蠣の麺線とっても美味しい!!
個人的に牡蠣が大好きなので、とっても気に入りました。
今回は小を選びましたが、大でもいいかも・・・。
いや、食べ過ぎか・・・。

ということで、絶品の油飯、蚵仔麺線、雙管四神湯のご紹介でした。
行列が出来ているのも納得でした。
本当に美味しかったです。


高雙管四神湯

台北市文山區景美街139號 
営業時間:16:00〜23:00
定休日:月曜日

Facebookページ
 

今回も景美夜市です。夜市をグングン進んで行った中心部くらいにある麺線のお店に立ち寄ってみました。阿昌麺線(アーチャンミェンシェン)お店の前には横長に椅子と机がならんでいます。位置的には、景美街を南方面に歩いて行くと開けた場所があり、こんな感じの通りにあり ... 続きを読む
今回も景美夜市です。

夜市をグングン進んで行った中心部くらいにある麺線のお店に立ち寄ってみました。

阿昌麺線(アーチャンミェンシェン)
IMG_2975
お店の前には横長に椅子と机がならんでいます。

位置的には、景美街を南方面に歩いて行くと開けた場所があり、こんな感じの通りにあります。
IMG_2966

メニューはシンプルにこちらの2種。
IMG_2977
お店の前で口頭で告げてその場でお支払い。
好きな席に座っていると店員の方が持ってきてくれました。

大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)45元
IMG_2967
こちらの麺線に立ち寄った理由の一つは、このうずらの煮玉子が入っていることでした。
煮玉子が入った麺線ってはじめてです。

麺線は細くてツルツルって感じ。
IMG_2970
全体的に味も薄めなので、結構すんなりと胃に入ります。

こちらが大腸と煮玉子です。
IMG_2971
煮玉子は思った通りの味、茶葉蛋のような感じで、噛むとふわっとあの風味が口の中に広がります。
大腸もまったく癖がなく、味付けもしっかりされていて、噛めば噛むほど旨味成分が溢れ出します。

さて、やっぱり味付けが薄く感じたので、テーブルにある調味料を入れてみたいと思います。
IMG_2969
手前2つは大蒜と辣椒、奥は烏酢(ウーツー)です。

それらを一匙づつ入れて、かき混ぜます。
IMG_2972
うん、段々美味しそうな匂いがしてきた・・・・?
いや、なんだかちょっと辛そうな匂いがプンプンしてきます。

気のせいかと思いきや一口食べて、ぐほぉ!
か、辛い!!
ただでさえ暑いのに、この辛味で一気に汗が吹き出します。
でもこの辛さが心地よく、美味しい、辛い、旨い、熱い!言いながら食べました。

いやー何であんなに辛いんだろう!?なんて思っていたら、テーブルにこんな張り紙が・・・。
IMG_2973
こ、これ、アカンやつやった・・・。

貼り紙と反対方向で机に座っていたため気が付かなかったのですが、「辣椒はとっても辛いので、考えながら使ってね」って感じの注意書きが貼られていました・・・。


ということで、煮玉子が入った麺線のご紹介でした。
辣椒を入れすぎたというアクシデントがありましたが、汗がいっぱい出た分、その後は涼しく過ごせました。
麺線自体は結構薄味ですが、煮玉子がとってもおいしく、ツルツルッと美味しく頂けると思います。


阿昌麺線

台北市文山區景美街45號 
営業時間:16:00〜23:00
 

麺線を一言で説明すると、「かつおダシの素麺スープ」でしょうか。はじめて頂いた時は衝撃的でした。スープなの?麺なの?という曖昧さ、ガツンとくるかつおダシ。具も大腸と牡蠣という豊富な具。日本人であれば、多くの方が美味しい!って思うのではないでしょうか。さて今 ... 続きを読む
麺線を一言で説明すると、「かつおダシの素麺スープ」でしょうか。

はじめて頂いた時は衝撃的でした。
スープなの?麺なの?という曖昧さ、ガツンとくるかつおダシ。
具も大腸と牡蠣という豊富な具。
日本人であれば、多くの方が美味しい!って思うのではないでしょうか。

さて今回は、寧夏夜市の近くにあるものの、朝から夕方までしか開いていない、麺線の店のご紹介です。

場所は寧夏夜市の北側の民生西路沿い、美味しい牡蠣オムレツのお店「頼鶏蛋蚵仔煎」を正面に見て左に行ったところにあります。

阿川蚵仔麺線(アーチュァンオアミェンシェン)
IMG_1655
営業時間は朝の7時からやっているので、朝ごはんとして食べに来るのも良いかもしれませんね。

さてメニュー。
IMG_1874
ここは勿論全部入りの総合を頂きたいと思います。

注文の仕方はお店に入りながら口頭で言う感じ。
IMG_1654
親切に写真付きメニューも用意されているので、メニュー片手に指さしでもOKだと思います。

総合麺線(ゾンハーミェンシェン)60元
IMG_1649
牡蠣と大腸が入った麺線です。
牡蠣は台湾らしい小ぶりの牡蠣で、プリプリしていて濃厚、大腸は魯肉飯のような味付けで煮こまれており、かなり柔らかいです。
全体的な味付けとしては、鰹だしがほんのり効いていて、若干薄めでしょうか。

テーブルには色々な調味料がのっているので好みで味の調整が可能です。
IMG_1653
取り敢えずニンニクと辣油、そして麺線に合うウスターソースのような味の烏酢(ウーツー)を投入してみます。
IMG_1651
うん!自分好みの味になってきました。
辣油はかなり効くので少な目に。
ニンニクと烏酢は多めが良いかもしれませんね。


麺線で有名店といえば阿宗麺線ですが、あちらはガツンと鰹ダシが来て、大腸も歯ごたえアリのプリプリなのに対し、こちらは牡蠣入りで全体的に優しいお味な感じです。
麺線はやっぱり美味しいですね。
台湾に来たら必食のメニューでしょう。

 
阿川蚵仔麺線

台北市大同区民生西路198之17號
営業時間:7:00~17:00
定休日:日曜日