食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:鹽水鶏

台湾で無性に食べたくなるものがいくつかあります。今回は「台湾ビールが飲みたい!」と思ったのですが、「じゃあおつまみはあれが食べたい!」と思ったら最後、どうしても食べたくなってしまい寧夏夜市までやって来ました。個人的には美味しい鶏肉と野菜がたくさん摂取でき ... 続きを読む
台湾で無性に食べたくなるものがいくつかあります。

今回は「台湾ビールが飲みたい!」と思ったのですが、「じゃあおつまみはあれが食べたい!」と思ったら最後、どうしても食べたくなってしまい寧夏夜市までやって来ました。

個人的には美味しい鶏肉と野菜がたくさん摂取できるので、とってもヘルシーな一品!と思っていますが、ビール飲んでたらヘルシーではないんですけどね。

場所は寧夏夜市のちょうど真ん中辺り、お店番号は100番です。

原味珍塩水鶏(ユェンウェイジェンユェンスェイジー)
IMG_3671
どこの夜市でも一店舗は見かけることができる、ポピュラーな食べ物です。

屋台にはこのような感じで鶏肉を中心に、様々な野菜が陳列されています。
IMG_3665
IMG_3666
買い方は簡単、取り敢えずトングとボウルを取り、勝手に好きな食材をドシドシ入れていきましょう。
IMG_3667
そして、オバちゃんに手渡します。
 
食材をガシガシ包丁で食べやすい大きさに切って、塩ダレに浸けたり様々な調味料とあえてくれます。
IMG_3669
尚、今回選んだのは、鶏のモモ肉以外に、ボンジリ&キンカン。
野菜は、キャベツとキュウリ、ブロッコリー、そしてキクラゲです。

辛さを聞かれるのですが、私はいつも微辣(ウェイラー)でお願いしています。
尚、まったく辛くない不辣(ブラー)からはじまり、不辣(ブラー)<微辣(ウェイラー)<小辣(シャオラー)<中辣(ジョンラー)<大辣(ダーラー)の順で辛くなります。
辛さが調節出来るようなお店では結構使える単語ですので、覚えておくと便利かもしれません。
小辣でも結構辛い料理の場合もあるため、 個人的には微辣を頻繁に使っています。

辛さの量も調節しつつ、様々な調味料や胡椒やらなんやらを投入し、激しくかき混ぜて出来上がったものを袋に入れてくれます。
IMG_3672
中身はこんな感じです。
IMG_3673
袋からそのまま竹串で食べるのも楽しいのですが、今回は家に持ち帰りお皿に出してみました。
IMG_3675
カレー皿に山盛り!で、合計210元のお会計でした。

味は塩胡椒の味がベースです。
あとはニンニクや様々な調味料が複雑に絡み合い、美味しいの一言です!
鶏肉も脂がのってるし、キャベツもキュウリもシャキシャキ!
そしてこのピリ辛味にビールがススムススム。

料理的には冷たくて時間が経っても美味しいので、旅行者の方はホテルに持ち帰り、ホテル飲みのおつまみにもピッタリの一品かもしれません。
私個人的には鶏肉が大好きなので、毎日でも食べたいです。


原味珍塩水鶏

台北市大同区寧夏夜市
営業時間:18:30〜24:30
店番号:100