食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:香草

台湾には色々な鍋がありますが、日本では中々味わえない酸菜白肉鍋(スヮンツァイバイローグォ)がオススメです。酸っぱい白菜の漬物を主な材料として使っている鍋で、酸っぱくてあと引く鍋です。色々なお店で酸菜白肉鍋を楽しめますが、専門店が松江路と四平街の交差点近く ... 続きを読む
台湾には色々な鍋がありますが、日本では中々味わえない酸菜白肉鍋(スヮンツァイバイローグォ)がオススメです。
酸っぱい白菜の漬物を主な材料として使っている鍋で、酸っぱくてあと引く鍋です。

色々なお店で酸菜白肉鍋を楽しめますが、専門店が松江路と四平街の交差点近くにあります。

四平小館(シーピンシャォグワァン)
IMG_4160
松江路と四平街の交差点を西側に少し入った場所にあります。
四平小館の文字がLED装飾されているので、かなり目立ちます。

以前行ったときは予約なしでも余裕だったのですが、気温が低く日曜の夜だったことから、1時間以上待たされました・・・。

さて、メニューです。
IMG_4161
酸菜白肉鍋の大きさは3種類から選ぶことが出来ます。
今回は4人でいったので、中を選ぶことにしました。
中だと、お肉が二皿ついてきます。

追加の食材のページ。 
IMG_4162
お肉は、豚肉、牛肉、羊肉の3種から選べます。

一品料理も少々。
IMG_4163
鍋ってどうしても大人数・・・ということがないように、夜でも一人鍋が可能です。
IMG_4164

さて、来ました。
酸菜白肉鍋(中)1360元
IMG_4168
この形の鍋、いいですよねー。
真ん中に炭が入っていて、ずーっと良い温度で煮えています。
IMG_4169
食材がこれでもか!というほど、溢れてます。
エビ、牡蠣、練り物が数種類、豆腐やマロニーちゃんぽいもの、鴨血等が入っています。

今回は二皿とも、豚肉を選びました。
IMG_4170
何だかんだ、豚肉が一番美味しいと思います。

調味料コーナーです。
IMG_4165
自分で好きなものを好きなだけ入れて、オリジナルのタレを作ることが可能です。
私は香菜マニア、ネギマニアなので、二種類作ってみました。
IMG_4171IMG_4172
美味い!美味い!言いながら全て完食。
IMG_4175
このスープ、あと引く美味しさで食べても食べても飽きません。
食べ過ぎても、胃がもったりとせず、爽やかです。
IMG_4176

日本人ウケする味なので、日本で出したら結構流行るかもしれませんね。

よくある食べ放題の鍋屋にも、酸菜鍋を選ぶことができますが、やっぱり専門店の味は全然違います。

鍋はやっぱり冬に食べたいものですが、クーラーの当たり過ぎで、体が冷えた夏に食べるのもアリでしょう。


四平小館

台北市四平街45號
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:30 
電話番号:02-2561-1412

前回紹介した麻油鶏のお店で頼んだ、米血糕 (ミーシエガオ) について、もう少し紹介したいと思います。道端や夜市で、下記の三文字を掲げたお店をよく見ると思います。米血糕とは、豚や鴨の血をお米に混ぜて固めたお餅のようなもので、ニンニクの効いたお店独自のタレと香 ... 続きを読む
前回紹介した麻油鶏のお店で頼んだ、米血糕 (ミーシエガオ) について、もう少し紹介したいと思います。

道端や夜市で、下記の三文字を掲げたお店をよく見ると思います。
DSC_0041
米血糕とは、豚や鴨の血をお米に混ぜて固めたお餅のようなもので、ニンニクの効いたお店独自のタレと香菜、ピーナッツ粉をまぶして食べる台湾人が大好きな一品です。

でも世界からは異色の料理として知られているようです。

血を混ぜた餅、ということで躊躇しがちですが、以前紹介した「台湾美食文化網」のB級グルメとして掲載されているように、台湾の伝統料理となっています。
台湾美食文化網「米血糕」

お店で頼むと下記のような感じですが、
IMG_2911

夜市の屋台で頼むと・・・
DSC_0042
こんな感じです。
DSC_0043
餅米なので、一本食べると結構お腹が膨れます。

鍋や おでんの中に入れたりも可能です。

私はレバーが臭くて食べれませんが、 米血糕 は臭みがまったくなく美味しく頂けます。

夜市で見かけたら、是非挑戦してみて下さい。