食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:長春路

永和豆漿と言えばどこでもある名前の早餐店(朝食屋さん)ですが、同じようにみえてメニューも味もお店それぞれです。私も数々の朝食屋さんに行きましたが、最近お気に入りの永和豆漿があるのでご紹介したいと思います。場所は、長春路と新生北路の交差点近く、長春路を東へ ... 続きを読む
永和豆漿と言えばどこでもある名前の早餐店(朝食屋さん)ですが、同じようにみえてメニューも味もお店それぞれです。

私も数々の朝食屋さんに行きましたが、最近お気に入りの永和豆漿があるのでご紹介したいと思います。

場所は、長春路と新生北路の交差点近く、長春路を東へ少し行った場所にあります。

永和豆漿(ヨンハードウジャン)
IMG_8294
永和豆漿と言えば、この赤い看板ですよね。
林森北路からも近くなので、行かれたことがある方も多いかもしれません。

外にはオープンスペースで頂ける机もありますが、クーラーの効いた中でも頂けます。
IMG_8295

IMG_8440

さて、こちらオーダー表。
IMG_8286
朝食屋さんは結構口頭オーダーのお店が多いのですが、オーダー表があると安心ですね。

ということで、好きなものにチェックをつけてお店の方に渡しましょう。

鹹豆漿(シェンドウジャン)25元
IMG_8287
甘い豆漿もいいですが、私はやはりこのおぼろ豆腐のような豆漿が好きです。
IMG_8290
若干濃い味付けで、中には揚げパンのような油條(ヨウテャオ)や干大根などが入っています。
お好みで辣油を入れていただくのもありです。
食べ応えがあり、結構お腹にたまる一品です。

起士蛋餅(チースーダンピン)30元
IMG_6858
こちらの蛋餅は一般的な蛋餅で、薄いモチモチっとした皮と一緒に卵を焼いたもので、中にチーズが入っています。
サクサク蛋餅も美味しいですが、このスタンダードのも美味しいですね。

蘿蔔糕(ルォボーガオ)30元
IMG_6859
大根餅です。
普通の大根餅は、正方形のを2枚、両面焼いて・・・という感じですが、こちらのは正方形のを更に3つに切り、全面を焼いてくれるので、周りがカリッカリで美味しいです。
プラス10元で卵も一緒に焼いてくれますが、少し絡めのソースと一緒にとろける黄身と頂く大根餅もなかなか美味しいです。

焼餅豬排蛋(シャオビンジューパイダン)45元
IMG_8288
焼餅とは、パイ生地のようにサクサクのパンのようなもので、一般的には揚げパンのような油條を挟んで頂くのが多いと思いますが、こちらのお店には卵と豬排、焼いた豚肉が挟まっています。
IMG_8289
これがシンプルなのにとっても美味しい!!!
サックサクの焼餅とプルプルとした歯ごたえの豬排、フワフワの卵と、ボリューミーですがとても美味しいです。

饅頭豬排蛋(マンドウジューパイダン)45元
IMG_8441
焼餅豬排蛋が美味しかったので、饅頭のも頂きました。
この饅頭、フワフワの上を行くカプカプといった食感で、これまた最高に美味しいです。
IMG_8444
噛むと豬排からジュワッと肉汁が溢れ、それが饅頭に染み込み更に饅頭を美味しくさせます。
こちらもかなりボリューミーですが、大きさを忘れるくらい夢中で一つ、ペロリと行っちゃいました。


ということで、豬排系の朝食が充実しているお店のご紹介でした。
どれも一品一品作り方が丁寧で、どれも美味しいのが最近お気に入りの理由です。

こちらお店の店主です。
IMG_8285
日本語も片言喋れて気さくな方なのも、また通ってしまう理由の一つです。


永和豆漿

台北市中山區長春路85號
営業時間:19:00〜翌11:00

夏はやっぱり生ビール!ということで、台湾生ビールを飲みながら、鶏の丸焼き(桶仔鶏)をかぶりつけるお店にやってきました。場所は長春路と慶城街の交差点にあります。交流協会台北事務所のすぐ近くです。起家荘鶏老闆養生膳桶仔鶏(チージャージョヮンジーラオバンヤンセ ... 続きを読む
夏はやっぱり生ビール!

ということで、台湾生ビールを飲みながら、鶏の丸焼き(桶仔鶏)をかぶりつけるお店にやってきました。

場所は長春路と慶城街の交差点にあります。
交流協会台北事務所のすぐ近くです。

起家荘鶏老闆養生膳桶仔鶏(チージャージョヮンジーラオバンヤンセンシャントンジー)
IMG_7593
鶏老闆の提灯が目印ですね。
一見、日本式の居酒屋にも見える佇まいですが、そとにはドラム缶が並んでいます。
IMG_7598
桶仔鶏(トンズージー)とは、このようなドラム缶で一気に焼き上げる鶏の丸焼きです。
しかもこちらの薬膳という名前がついているので、元気になりそうな桶仔鶏です。

中はそこまで広くありませんが、暗めで落ち着いた雰囲気です。
IMG_7612
さてオーダー表です。
IMG_7600
桶仔鶏は約50分掛かるとのことで、飲みながら気長に待ちましょう。
(尚、予約をしておけばすぐに頂くことも可能です)

冷蔵庫には色々な飲み物もあります。
IMG_7599
好きなものを持ってきて頂くこともできますがやはりここは生ビール。

台湾鮮啤酒(タイワンシェンピージョウ)90元
IMG_7608
500mlの生ビールです。
ビールって最初の一口が最高に美味しいんですよね!!
グビグビグビっ!ぷはーーー!!!!っと。
もう最高です。

左:四季豆(スージードウ)70元
右:羊肉串-孜然(ヤンロウチュアン-ジーラン)140元
IMG_7601
インゲンの焼いたものと、クミンシードで味付けしてある羊肉です。

インゲンは安定の美味しさ。
台湾胡椒がまた香ばしくてビールによく合う!

羊肉はこれまたスパイシーで最高です。
クミンがとっても香ばしく、羊肉の臭味も消えてこれまたビールによく合う!

鶏の丸焼きをかぶりつきながらビールをと思っていたのに、サイドメニューで既に満足状態です。

筊白筍(シャオバイスン)70元
IMG_7602
焼きマコモダケです。
こちらも台湾で初めて口にした食材ですが、コリコリフワフワしている食感のあまい筍って感じでとっても美味しいんですよね。

桶仔鶏(トンズージー)650元
IMG_7603
来ました来ました鶏の丸焼き!
香ばしいとてもよい匂いがします。
クルッとヒックリ返すと、照りっ照りです。
IMG_7606
丸焼きなので、顔の部分もありますね。
IMG_7604
軍手とビニールの手袋を装着し、パキパキと肉を解体していきましょう。
IMG_7605
でもとっても熱いので火傷注意です。

なんとか解体できました。
IMG_7607
なかに薬膳の袋を詰めて焼き上げているようで、とてもよい匂いがしてきます。
熱々の鶏肉をがぶりといくと、とっても柔らかく、とてもジューシー。
ビールを飲むのを忘れて鶏肉に夢中になってしまいました。

付属の鶏から出た脂を肉につけて頂くのも、これまた濃厚な味になって美味しいです。
IMG_7613

鶏肉を食べていたら、気になるメニューがあったので注文しました。

鶏油拌飯(ジーヨウバンファン)30元
IMG_7610
鶏油御飯かと思ったら、醤油のような黒いタレがかかっていました。
このタレ、若干納豆のような発酵した匂いがついており、なかなかの味です。

鶏油と言えばこっちの方が・・・ということで、先ほどの鶏油を投入してみました。
 IMG_7614
物凄く濃厚な鶏油御飯の出来上がりです。
とても美味しくいただきました。


ということで鶏の丸焼き、 桶仔鶏と一緒に台湾生ビールを頂けるお店のご紹介でした。
居酒屋のような雰囲気ですが、家族連れで桶仔鶏を頼んでコーラを飲んでいる方もいたので、桶仔鶏だけを堪能したい方にもオススメのお店です。
いや、逆にこれはコーラにも合う一品ですね。
鶏肉が一匹丸ごとで大きいので、サイドメニューを頼みすぎると食べきれなくなるので注意です。


起家荘鶏老闆養生膳桶仔鶏

台北市松山區長春路454號
営業時間:17:00~翌1:00
電話:02-2717-5777
最寄り駅:南京復興
Facebook 
 

こちらに移転いたしました。http://www.tabetaiwan.com/archives/54480522.html美味しいおかずには、やはり白飯が欠かせません。ホカホカの白飯の上に、美味しいおかずの乗せて口の中にかき込む。最高です。ということで、今回はご飯が何杯あっても足りないおかずが食べられ ... 続きを読む
こちらに移転いたしました。
http://www.tabetaiwan.com/archives/54480522.html

美味しいおかずには、やはり白飯が欠かせません。

ホカホカの白飯の上に、美味しいおかずの乗せて口の中にかき込む。

最高です。

ということで、今回はご飯が何杯あっても足りないおかずが食べられるお店のご紹介です。

場所は長春東路沿い、松江路と長春路の交差点を西に行った場所にあります。

紹香園(シャオシャンユェン)
IMG_6365
一見普通の食堂って感じですが、看板が古そう=昔からあるお店=とっても美味しい!という感じでしょうか。
IMG_6368

さて、こちらメニューです。
一品料理も色々あります。
IMG_6366
鍋もありますね。
IMG_6367

注文をすると、いきなりこちらの肉味噌が出てきます。
IMG_6369
この肉味噌を使った料理が色々あり、このお店の魂というのでしょうか。
肉味噌は作り置きしてあるようで、少々冷たいです。
そのまま味わうと、唐辛子のピンとした辛さが肉の甘さと調和して、とってもビールか白飯が欲しくなります。

ということで、予め頼んで置いた白飯の上にオンTHEライスして頂きましょう!
白飯(バイファン)10元
IMG_6372
ホカホカの白飯の上に乗せ、肉味噌をほぐしながら頂きます。
唐辛子の辛さと肉の旨味が白飯にピッタリ!!
取り敢えずこの肉味噌だけで白飯一杯頂きました。

紹子豆腐(シャオズドウフ)160元
IMG_6370
紹子豆腐となると肉味噌豆腐、ということで辛くないことも多いのですが、こちらの肉味噌は辛いので辛い肉豆腐になります。
まぁ見た目、思いっきり麻婆豆腐ですけどね。

こういう料理は普通で頂くのも良いですが、やはりオンTHEライスです。
IMG_6374
これはこれは、最高の麻婆豆腐丼が完成しました。
麻婆豆腐と言えば、個人的には「樺慶四川菜餐廰」のも大好きですが、この量でこの価格、このクオリティーは素晴らしいです。
肉味噌のピリっという辛さが嫌味なく口の中に残り、ご飯がいくらあっても足りません。

干扁四季豆(ガンビェンスージードウ)200元
IMG_6371
個人的は話で恐縮ですが、私は台湾に来るまでインゲンが嫌いでした。
しかし台湾でこの干扁四季豆という料理に出会い、今では大好きな野菜の一つとなりました。
で、この干扁四季豆という料理はインゲンとひき肉の炒めものです。
油通ししたインゲンと肉味噌を炒めあわせた一品ですね。
コリコリとしたインゲンの食感と、美味しい肉味噌の組み合わせ、鉄板で美味しかったです。

當紅炸子鶏(ダンホンジャーズージー)(半隻)450元
IMG_6375
半隻なので半身で、大好きなパリパリチキンです。
作りたてなので、香ばしい匂いが漂ってきます。

このテリテリ感!
皮がパリパリなのがわかりますでしょうか?
IMG_6376
噛むと皮がパリパリーっと音を立て、中の身はとってもジューシーで最高に美味しいです!
骨近くの肉って本当に美味しいですよね。
素手で掴んで、歯でそぎ落としながら美味しく頂きました。

麻辣鶏(マーラージー)260元
IMG_9065
これ、最高に美味しいです。
見た目よりも辛さが控えめで、鶏がとても柔らかく、鶏本来の甘さが全体にあります。
鶏の甘さとタレの辛さが絶妙で、これこそオンTHEライス!
IMG_9067
最高に美味しかったです。
この麻辣鶏、本当にオススメです。
このタレだけを白飯に掛けて頂いても良いくらい・・・。


ということで、結局ご飯は3杯程頂いたお店のご紹介でした。
あの肉味噌は、持って帰りたいくらいです。
(と思ったら300元でお持ち帰り用に販売していますが、日本には持って帰れないのでご注意下さい。
火鍋もこちらの肉味噌を使った鍋のようなので、暑い夏に大汗かいてヒーヒー言いながら是非味わってみたいですね。
メニューも豊富なので色々頂いてみたいです。
IMG_6377

こちらに移転いたしました。
http://www.tabetaiwan.com/archives/54480522.html

紹香園


台北市中山區長春路147號之3
営業時間:02-2525-9099
電話番号:11:30~14:00 / 17:30~21:30

(閉店致しました)今回はふらっと歩いていた時に見付け、そのまま引き寄せられるように入った牛肉麺のお店をご紹介したいと思います。場所は松江路と長春路の交差点を西に少し行ったところにあります。牛不花(ニョウブホワ)なかなかオシャレで綺麗なお店です。中も、日本 ... 続きを読む
(閉店致しました)

今回はふらっと歩いていた時に見付け、そのまま引き寄せられるように入った牛肉麺のお店をご紹介したいと思います。

場所は松江路と長春路の交差点を西に少し行ったところにあります。

牛不花(ニョウブホワ)
IMG_6322
なかなかオシャレで綺麗なお店です。
中も、日本の小洒落たラーメン屋さんのような雰囲気でした。
IMG_6306

さてメニューはこちら。
IMG_6307
IMG_6308
小菜も色々ありますね。

お水と一緒にこちらタケノコクラッカーを頂きました。
IMG_6310


棒棒鶏(バンバンジー)80元
IMG_6312
取り敢えず先に小菜がやってきました。
キュウリと細切りの鶏肉にゴマだれと辣油がのっています。
味は、まぁバンバンジーですよね。
辣油の量が結構あったので、段々と口の中が火事になってきて、大変でした。

招牌雪花腱心雙拼麺(ザオパイシェホワジェンシンシュヮンピンミェン)210元
IMG_6313
色々メニューはありましたが、ここは困ったときの招牌(ザオパイ)、看板メニューを頂きます。
先ずはスープを一口頂きましょう。
これ、好きな味です!!
白いスープの牛肉麺といえば、清敦牛肉麺となりますが、そのスープとはぜんぜん違います。
似ているものといえば、韓国料理のソルロンタンやコムタンといった、牛骨をガンガン煮こんだスープでしょうか。

麺はこんな感じの白い麺です。
IMG_6315
ツルツルしていて歯ごたえもあって美味しかったです。

上のお肉はこんな感じの塊。
IMG_6319
食べごたえがありました。
メニュー1番の牛五花だと、具が牛のばら肉になるようです。

雪花牛肉燥拌麵(シェホワニョウロウザオバンミェン)
IMG_6316
こちら、炸醤麺のようなものです。
取り敢えず混ぜ混ぜしてみます。
IMG_6317
すると中の肉燥(そぼろ肉)が麺と交じり合いました。
麺はコシがあるツルツルの麺で、なかなか美味しかったです。

注文時に「にんにく(蒜頭(スヮントウ))要りますか?」と言われて頂いたおろしニンニクを投入してみました。
IMG_6318
これが大正解。
ニンニクってスゴイですね。
普通でもなかなか美味しかった麺が10倍位美味しくなりました。
そう、私が1番美味しく、そして究極のB級グルメだと思うあの炸醤麺を彷彿とさせる味です。
調子にのって、辣油も投入してみました。
IMG_6321
うん、個人的にはニンニクだけでOKかもしれませんね。
ちなみにこちらの麺を頼むと、他の麺と同じスープが付いてきます。
いやー、このスープ、個人的に大好きな味です。


ということで、お店もとっても綺麗で、個人的にかなりハマる味の麺が頂けるお店でした。
しかしニンニクという調味料の大切さをあらためて実感しました。
もし肉燥拌麵を頼むのであれば、蒜頭(スヮントウ)、ニンニクを入れて味わってみてください。

(閉店致しました)
牛不花

台北市長春路149-1號
営業時間: 11:00〜14:30 / 17:00〜21:00 
最寄り駅:松江南京駅


台湾ビールが美味しいこの頃です。美味しい食事を頂きながらの台湾ビールは最高ですね!ちなみに私の場合は、飲みながら白飯も食べるタイプです。美味しい料理にビールか白飯か? そんな選択は出来ないので、両方・・・。そんな感じで飲むと、相当お腹一杯になってしまいま ... 続きを読む
台湾ビールが美味しいこの頃です。

美味しい食事を頂きながらの台湾ビールは最高ですね!

ちなみに私の場合は、飲みながら白飯も食べるタイプです。

美味しい料理にビールか白飯か? 
そんな選択は出来ないので、両方・・・。

そんな感じで飲むと、相当お腹一杯になってしまいますが、そんな状態でも締めとして食べたくなる、そんな逸品をご紹介したいと思います。

場所は夜中でも活気のある林森北路沿い、長春路の交差点を少し北に行った右側にあります。

高家荘米苔目(ガオジャージョンミータイムー)
IMG_2221
こちら北側から撮った写真です。
南側から来ると、少々わかり辛いかもしれません。

半屋外の席や、小道の奥にも食べられるスペースがあります。

取り敢えず「内用請排隊」、つまり「中で食べられる方はこちらにお並び下さい」と書かれているので、こちらに並びましょう。
IMG_2222
席に案内されたら好きなモノを口頭で注文しましょう。

頼むものはもちろん、お店の名前にも入っているお目当てのもの。

米苔目(ミータイムー)30元
IMG_2216
米で出来た麺というか、なんというか。

米苔目とは溶き米粉とさつまいも粉を混ぜて、竹でできた「米苔」でこね、「米苔」の穴からところてんのように押し出した細長い麺を鍋の中で茹でたもの、だそうです。

小さなお椀なので、量もちょうど良い感じです。
IMG_2219
食感はプルンプルンだけど、柔らかくモチっとした食感、若干透き通っているのが素敵です。
一本一本が短く、割り箸でもつかみにくいので、レンゲを上手く使って頂きました。
スープは、少しエビのダシ?が入っている感じのあっさりとした味で、これもまた飲んだ後に最高です。

テーブル調味料はこんな感じでした。
IMG_2218
胡椒を入れるとグッと味が引き締まりますので、お好みでどうぞ。


ということで、飲んだ後に最適な米苔目、しかも飲み屋に近い立地のお店のご紹介でした。
米苔目以外にも紅焼大腸や紅焼肉だとか、他にも沢山ありどれも美味しいです。
もちろん私みたいに30元をお支払いして、米苔目だけを食べるのも全然ありなので、是非気軽に食べてみてください。

朝方の5時まで開店しているので、朝方まで飲んでもこれで締められますね。


高家荘米苔目

台北市林森北路279號
営業時間:19:00~翌5:00

 

今回は某旅行代理店の方に教えて頂いたお店をご紹介したいと思います。いやはや、こんな所にこんなお店があるとは知りませんでした。場所は中山北路と長春路の交差点少し南に行き、ちょうどリージェントホテル(晶華台北酒店)の目の前あたり、車一台が通れるか通れないくら ... 続きを読む
今回は某旅行代理店の方に教えて頂いたお店をご紹介したいと思います。

いやはや、こんな所にこんなお店があるとは知りませんでした。

場所は中山北路と長春路の交差点少し南に行き、ちょうどリージェントホテル(晶華台北酒店)の目の前あたり、車一台が通れるか通れないくらいの路地の奥にあります。

新長春川菜館(シンチャンチュンチェンツァイグヮン)
IMG_0805
見た感じかなりローカルな感じの店構えです。

ちなみに路地の入口はこんな感じ。
IMG_0806
中山北路がかなり華やかなだけに、夜だと若干淋しげな路地です。

さて、お店に入り着席。
店員さん、日本語堪能ということで、メニューも日本語バッチリ!
IMG_0796
でも値段が書いてないのが、少々不安ですね。
中国語のメニューにはもちろん記載があるので、値段を確認しながらの注文が良いかもしれません。
IMG_0791
と言っても、全体的にリーズナブルで経済的なお値段です。

お会計後に分かったのですが、小サイズと中サイズが混合していたようです。
注文する時は、それも確認したほうが良いかもしれません。
ということで、今回の値段表記は、一応小サイズで掲載しています。

蒜泥白肉(スヮンニーバイロー)170元
IMG_0797
豚肉にニンニクのソースがかかった四川料理です。
この蒜泥白肉の四文字を見かけると必ず頼んでしまう一品です。
こちらの豚肉は結構厚切りです。
一口食べただけで口の中にニンニク風味が広がります。
白ご飯が欲しい!いや、ビールがほしい!そんな気分にさせました。

地瓜葉(ディーグヮーイエ)130元
IMG_0798
さつま芋の葉っぱです。
ニンニクが効いていますが、葉自体には癖がなく、少しトロンとしていて結構好きです。

糖醋排骨(タンツーパイグー)200元
IMG_0799
私の一番好きな中華料理は「酢豚」です。
このソースをご飯に掛けて食べるのが大好きで、1周間連続でも飽きずに食べられる自信があります。
こちらのお店の酢豚は、文字の通り排骨を使った一品。
骨があって少々食べにくいのですが、お肉の一番美味しい部分は骨近くにあり!ということで、美味しく頂けました。
ちなみに私は、酢豚の中にパイナップルがあっても許せるタイプです。

蝦仁蛋炒飯(シャーレンダンチャオファン)80元
IMG_0800
炒飯80元!いいですねぇ。
値段だけにエビは少なかったものの、いい味だしてました。
THE炒飯という感じです。
もちろん、オンTHE炒飯にして、酢豚を頂きました。

薑絲蛤仔湯(ジャンスーハーズータン)100元
IMG_0801
生姜の千切りが入ったアサリのスープです。
シンプルな味わいにアサリの奥深いダシが溶け込んでおり、体が温まるスープでした。

酥炸鮮蚵(スージャーシェンアー)180元
IMG_0803
牡蠣の揚げたものです。
台湾の牡蠣は小ぶりですが、味がギュッと凝縮されていて美味しいんですよね。
お皿の手前に盛ってある胡椒と一緒に頂くのですが、この胡椒が好きか嫌いかで、食べられる料理の範囲がかなり変わってくると思います。
口の中がTHE台湾!って感じで、ビールが飲みたくなりました。

客家小炒(カージャーシャオチャオ)210元
IMG_0802
もう一品!と思ったので、お店のかたにオススメを聞いたらこちらでした。
台湾ごちそうナビにも掲載されている定番料理の一つ、客家料理の炒めものです。
スルメイカ、豚肉(塩豚?)、ネギがニンニクと唐辛子と一緒にシンプルに炒められていました。
これもご飯orビールが欲しくなる一品でした。
今回はノンアルコールの日だったので、炒飯で我慢しましたが、ビールのおつまみで食べたら最高ですね!

ということで、今回はえ?こんな路地裏にあるの?っていうお店のご紹介でした。
地元の方でも賑わっており、他のテーブルを覗いたら、見た目で美味しそうな料理ばかり。
今回は頼みませんでしたが、麻婆茄子がなんとなく美味しそうでした・・・・。
これから何回か通い、色々頼んでお気に入りの一品を見つけたいと思います。


新長春川菜館

台北市中山區中山北路二段36巷5號
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~21:00
電話番号:02−25652292
定休日:月曜日
最寄り駅:中山駅