食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:豆乳

こちらのお店は、移転いたしました。下記の記事をご参照下さい。新鮮豆漿 移転して新しくなった新鮮豆漿に行ってみました中正紀念堂裏には、以前ご紹介した盛園豆漿もありますが、愛國東路を挟んだ反対側に一軒、こちらにも豆漿店があります。新鮮豆漿店(シンシェンドウジャ ... 続きを読む
こちらのお店は、移転いたしました。
下記の記事をご参照下さい。

新鮮豆漿 移転して新しくなった新鮮豆漿に行ってみました


中正紀念堂裏には、以前ご紹介した盛園豆漿もありますが、愛國東路を挟んだ反対側に一軒、こちらにも豆漿店があります。

新鮮豆漿店(シンシェンドウジャンディエン)
IMG_6997
かなりローカルチックなたたずまいです。
半屋外で食べられるお店っていいですよねぇ。
IMG_6996
店の外では、おじさんが油條(ヨウテャオ)を揚げていました。

さて中に入ると奥にメニューが見えます。
IMG_6987
よく見ると横にちゃんとした日本語が書いてありました。
IMG_6993
ここは口頭で頼むタイプです。
おばちゃんに食べたいものを言い、席に座ります。

鹹豆漿(シェンドウジャン)30元
IMG_6988
30元はちょっとお高めかなーと思いますが、味は抜群。
色々なお店の鹹豆漿を食べてきましたが、かなり上位に入ります。

卓上には調味料があるので、お好みで辣油を追加するのもOKです。
IMG_6989

焼餅夾蛋餅(シャオビンジャーダンビン)35元
IMG_6991
焼餅というパリパリのパン生地の焼いたやつに、卵を使ったモチっとした蛋餅が挟んであります。
IMG_6992
パリッモチッフワっと焼餅、蛋餅、中の卵焼きと、色々な食感が一度に来ます。
味は、この中では卵が一番強い程シンプルで、卵の甘さが口の中に広がります。
これも、色々なところで食べましたが、上位に入る旨さでした。

お店はかなり小さく、ゴチャゴチャっとしている感じでしたが、地元の人に愛されてるようで、引っ切り無しにお客さんが来てました。
IMG_6994
いやー美味しかったです。
新鮮豆漿店で鹹豆漿、盛園豆漿で小籠包というはしごコースがいいかもしれませんね。
そのあとは、中正紀念堂でお散歩でしょうかね。

こちらのお店は、移転いたしました。
下記の記事をご参照下さい。

新鮮豆漿 移転して新しくなった新鮮豆漿に行ってみました


新鮮豆漿店

台北市愛國東路160號
営業時間:4:00~13:00頃

週末、いつもより早く目が覚めました。と言っても9時過ぎ。よし!久々に、豆漿の有名店、阜杭豆漿に行こう!ということで、MRT善導寺まで来たのですが、階段上がって外まで長蛇の列だったので、そのままスルー。お腹の気分は豆乳なので、近くの豆漿屋さんへ来ました。永和豆 ... 続きを読む
週末、いつもより早く目が覚めました。と言っても9時過ぎ。

よし!久々に、豆漿の有名店、阜杭豆漿に行こう!
ということで、MRT善導寺まで来たのですが、階段上がって外まで長蛇の列だったので、そのままスルー。
お腹の気分は豆乳なので、近くの豆漿屋さんへ来ました。

永和豆漿(ヨンハントウジャン)
IMG_4593
位置的には、阜杭豆漿がある華山市場の左にある、紹興南街に入って50m程の左側です。
IMG_4586
(阜杭豆漿は外まで長蛇の列・・・)

同じように行列に並ぶのを諦めた人たちなのか、お店はかなり賑わっていました。

さて、壁に貼ってあるメニューです。
IMG_4588
「お持ち帰りの外帯(ワイタイ)」か「中で食べる意味の内用(ネイヨン)」か聞かれたので、内用と答え、ほしい物を口頭で言いその場でお支払いをします。

台湾生活も少しは慣れたので、何を食べたいか口頭で言えるようにはなっていますが、なかなか旅行者難しいもの。よく見ると、日本人と思われる方々へはメニュー表を配り、席に付いてからオーダーを取っていました。

鹹豆漿(シェントウジャン)23元
IMG_4589
美味いです。
塩味というか少々酸っぱいソースやら、油条やら色々入ってます。
これ、どこで食べても本当に美味しいですよね。
しかも23元。
日本で食べたら、普通に500円以上は取られる気がします。

油条(ヨウテャオ)14元
IMG_4590
揚げパンのようなものです。
甘い豆乳に浸して食べても美味しいです。
噛むとジュワっと油が染み出してきます。
やっぱり揚げたてが一番ですね。

温豆漿 (ウェントウジャン)18元
IMG_4592
写真は飲みかけの豆漿です。
熱豆漿(ルァートウジャン)はアツアツのもの、 温豆漿(ウェントウジャン)は人肌に温かいという違いがあります。
癖のないすっきりとした味わいで、グビグビいけます。
 
起司蛋餅(チースーダンピン)26元
IMG_4591
蛋餅とは、甘くないクレープのような生地と卵焼きを一緒にしたもので、こちらも台湾の朝御飯の定番です。
その蛋餅の中に起司、つまりチーズを入れて焼き上げたもので、洋食の朝ごはんのような不思議な感覚で、とっても美味しいです。


台湾の朝御飯は種類が豊富で、どこで食べても本当に美味しいですよね。
残念ながら家の近くに豆漿のお店がないのですが、あったら毎日通ってもいいくらいです。
今回あらためて豆漿の美味しさを認識しました。
次回も美味しい豆漿を求めて、足を伸ばしてみたいと思います。


永和豆漿
台北市中正區紹興南街5號之3

台湾は朝御飯をいっぱい食べて、一日のエネルギーを補う文化があります。朝御飯の種類は多様で、手軽に食べれるお握りや小龍包、卵焼きを入れたクレープのようなもの、そーめんをカツオ出汁で煮込んだラーメンのようなもの等々、多種多様です。豆乳も朝御飯の一つ。インター ... 続きを読む
台湾は朝御飯をいっぱい食べて、一日のエネルギーを補う文化があります。
朝御飯の種類は多様で、手軽に食べれるお握りや小龍包、卵焼きを入れたクレープのようなもの、そーめんをカツオ出汁で煮込んだラーメンのようなもの等々、多種多様です。

豆乳も朝御飯の一つ。インターネットで「台北 豆乳」と調べると、必ず上位にあがってくるのが、阜杭豆漿(フーハンドウジャン)

記事を読むと、朝5時半の時点で行列が形成され、閉店の12時くらいまでずっと混んでいるとのこと。

取りあえず、日曜の朝に行ってきました。
現地についたのが、7時半頃。
忠孝東路にあるMRT善導寺5番出口からすぐです。今回はタクシーで行ったので、忠孝東路×紹興街で降ろしてもらいました。
 
ここ、黄色い看板の華山市場の2階です。
IMG_2292

噂通り、ずらーっと人が並んでいるので、最後尾に並びます。
IMG_2293

注文カウンターの横には、厨房がガラス張りになっていて見ることができます。
IMG_2294

パンを丸型の窯で焼いているところです。
IMG_2295

やっと注文カウンターに到着です。約40分並びました。
IMG_2296

カウンターのおばちゃんは、こちらが日本人だとわかるとメニュー表を出してくれるそうです。
取りあえず、私は事前に発音も調べておいたので、普通の台湾人と一緒で、口頭で注文です。

スタンダードの豆乳である豆漿(ドウジャン)、塩味がついた豆乳の鹹豆漿(シェンドウジャン)、台湾風おにぎりの飯糰(ファンタァン)パンの間に油條と呼ばれる揚げパンと卵焼きが入った厚餅蛋夾油條(ホウビンダンジャーヨウテャオ)を頼みました。
IMG_2298

3人で行ったので、一人一つと思いましたが、大間違い。
一人で豆乳とパンを食べるのはきつく、周りを見渡すと、2、3人で一つのパンをシェアしている人たちもいました。 残した分はお持ち帰りです。

今回は日本から家族が来ていたという事で、「評判の良い朝ごはんを食べさせたい」という思いで行きましたが、個人的な感想としては、早起きして長時間ならんで「また来週も行こう!」とは、なかなか思えません。
友人や家族が遊びに来て、「美味しい豆乳が食べたい!」と言ったら行く程度かな、と思います。
 
でも、今まで食べた豆漿の中では一番おいしかったと思います。

ちなみに、帰りのタクシーの運転手に話しかけられ、このお店のことについて話したところ、内湖区にある来来豆漿というお店の方が、もっと美味しいし並ばないと言われました。

今度行ってみたいと思います。


阜杭豆漿

台北市忠孝東路一段108號2樓之28
02-2392-2175
営業時間:5:30~11:00頃
定休日:第2,4月曜、旧暦の端午節、中秋節、年末年始