食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:行天宮

台湾でいただくサンドイッチの美味しさは、これまでも何度もご紹介してきましたが、台湾のサンドイッチは日本ではなかなか見ない具の組み合わせが楽しいですよね。 今回は、私の大好きな濃厚ピーナッツバター、福源花生醤を使ったサンドイッチがあると聞いて、こちらのお店 ... 続きを読む
台湾でいただくサンドイッチの美味しさは、これまでも何度もご紹介してきましたが、台湾のサンドイッチは日本ではなかなか見ない具の組み合わせが楽しいですよね。 

今回は、私の大好きな濃厚ピーナッツバター、福源花生醤を使ったサンドイッチがあると聞いて、こちらのお店にやって来ました。

ちなみに福源花生醤が買えるお店はこちら
http://www.tabetaiwan.com/archives/52647578.html

場所は、行天宮駅から徒歩数分程。
裏通りの十字路の角にあります。 

良粟商號 (リャンスーシャンハオ) 

写真 2018-10-15 9 20 58
オープンして6か月というこちらのお店ですが、朝7:00の開店前から地元のお客さんが数人待つような人気店です。


続きを読む

台湾にはさまざまな麺がありますが、ガッツリ食べたい時は牛肉麺を選ぶことが多いです。だしの効いたスープを味わいつつ、麺をすすってお肉をガブリ。この時期、今日は寒いなぁという日もこれで温まりますよね。今回は、行天宮駅からすぐの松江市場、その中にある小さな牛肉 ... 続きを読む
台湾にはさまざまな麺がありますが、ガッツリ食べたい時は牛肉麺を選ぶことが多いです。
だしの効いたスープを味わいつつ、麺をすすってお肉をガブリ。
この時期、今日は寒いなぁという日もこれで温まりますよね。

今回は、行天宮駅からすぐの松江市場、その中にある小さな牛肉麺屋さんをご紹介いたします。
松江市場は行天宮駅4番出口を出て直ぐの場所にあります。

お店の場所は松江市場の地下2階。
沈記牛肉麺(シェンジーニュウロウミェン)
写真 2018-01-13 16 01 21
お昼過ぎともなると市場のお店は続々と店じまいしていきますが、こちらのお店は営業中です。

続きを読む

MRT行天宮駅と実際の行天宮の間付近に、いつも行列を作っている一つの屋台があります。多い時には何10メートルも行列が伸びることもあり、昔ならではのお餅を販売している屋台です。場所はMRT行天宮駅3番出口を北上し、松江路297巷の角、セブンイレブンの隣にあります。不老 ... 続きを読む
MRT行天宮駅と実際の行天宮の間付近に、いつも行列を作っている一つの屋台があります。

多い時には何10メートルも行列が伸びることもあり、昔ならではのお餅を販売している屋台です。

場所はMRT行天宮駅3番出口を北上し、松江路297巷の角、セブンイレブンの隣にあります。

不老客家麻糬(ブーラオカージャーモージー)
IMG_1301
小雨が降るこの日も行列がありました。
さて行列の最後尾に並びましょう。

待つこと10分少々、屋台に近づいて来ました。
IMG_1289
メニューは6種類あります。
花生(ピーナッツ)、芝麻(ゴマ)、紅豆(アズキ)、芋頭(タロイモ)、椰香(ココナッツ)、原味(中身なし)。

その場で手作りをしており、ピーナッツ粉の良い香りが漂ってきます。
IMG_1290
尚、価格は1個10元。
総合(ゾンハー)で頼むと、全種類を1つずつ購入することができました。
IMG_1293
6種類なので6個入りですが、原味、つまり中身が何も入っていないものは小さいのが3個入っています。

ではどれが何味が見た目では分かり難いのですが、ガブッと行ってみましょう。

芝麻(ジーマー)
IMG_1294
こちらは黒ゴマが入っていました。
ガブッと食べると、ゴフッと咽てしまう黒ゴマです。
モッチモチの餅がとっても柔らかく、ゴマがシャリシャリでした。

花生(ファーシェン)
IMG_1295
ピーナッツです。
中身もまわりもピーナッツです。
こちらも、ゴフッと咽てしまいます。
全体的に優しい味でしたが、結構食べ応えありました。

椰香(ヤーシャン)
IMG_1296
ココナッツ味ですが、ココナッツバターのようなものが入っていました。
中身がココナッツの味とバターのようなクリーミーな味があり、個人的にはこれが一番好きです。

紅豆(ホンドウ)
IMG_1297
アズキですね。
一番スタンダードな中身の一つですが、台湾のアズキは甘みが少なく、ほんのりと甘い程度です。
豆独自の甘みを感じることができて、こちらも美味しかったです。

芋頭(ユイトウ)
IMG_1298
タロイモペーストが入っています。
甘いタロイモとほんのりと甘いお餅と、こちらも中々美味しかったです。

原味(ユェンウェイ)
IMG_1299
中身のない、小さめのお餅です。
パクっと一口で行けますが、この時点で全種類食べるいるとずっしりと重いです。
とはいえ、モッチモチで柔らかく、美味しく頂きました。


ということで、行列の絶えない屋台のお餅屋さんのご紹介でした。
全種類買っても60元なので、手軽に買えるおやつという感じでしょうか。
とはいえ、全種類食べるとかなり食べ応えがあるのでご注意下さい。
尚、夏場に訪れる際、営業していない場合があるので、下記Facebookのページもご参考の上、訪れてみてください。


不老客家麻糬

台北市松江路297巷
営業時間:13:00~19:30
定休日:下記FBで確認ください
最寄り駅:行天宮駅
https://www.facebook.com/不老客家麻糬
*7月から9月くらいまでの夏の期間は営業停止します
 

今回も2016年のマンゴーかき氷を開始したお店のご紹介です。場所は全聯(pxmart)中山松江店があるMRT行天宮駅の4番出口を出て、錦州街を西に2分ほど歩いた場所にあるこちらのお店です。黒岩黒砂糖刨氷(ヘイヤンヘイシャータンバオビン)お店の看板にもふりがなで「くろいわ ... 続きを読む
今回も2016年のマンゴーかき氷を開始したお店のご紹介です。

場所は全聯(pxmart)中山松江店があるMRT行天宮駅の4番出口を出て、錦州街を西に2分ほど歩いた場所にあるこちらのお店です。

黒岩黒砂糖刨氷(ヘイヤンヘイシャータンバオビン)
IMG_1733
お店の看板にもふりがなで「くろいわ」と書いてありますね。

外にマンゴーかき氷始まりました!的な看板が出ていました。
IMG_1730
こちらカウンター越しのメニュー表。
IMG_1710
日本語メニューもありました。
IMG_1731
カウンターで注文してお支払い、好きな席で頂きます。

今回はマンゴーかき氷以外に8つのトッピングが出来る八寶冰も頼んでみました。
トッピングの場合は、こちらの中から好きなモノを選ぶ感じです。
IMG_1712

こちらカウンター横にあったマンゴーの箱です。
IMG_1729
住所を調べてみると屏東県からの出荷のようですね。

マンゴーかき氷はその場でマンゴーを剥いてくれるので、若干時間が掛かりました。

芒果冰(マングォビン)100元
IMG_1716
やってきました、マンゴーかき氷!
こちら、マンゴーを発掘するタイプのかき氷です。
IMG_1717
ちなみに氷は味がついた雪花氷ではなく、普通の氷です。
上からかかっている練乳、素敵な輝きですね。
まるで白いマグマ!
そして全体的に茶色いこの黒糖シロップも素敵です。

さてこちらマンゴーちゃん。
IMG_1718
マンゴーは若干まだ色が薄いものの、甘くて美味しい!!!
そして柔らかいです。
やはりこの食感は生マンゴーにしか出せませんね。

中をホジホジすると、黒糖部分が出てきました。
IMG_1725
この黒糖の甘さと練乳の甘さ、そしてマンゴーの甘さが、別の方向性がある甘みで美味しいんですよね。
個人的にはここにアンコの甘さが加わったら・・・・と妄想してみたり。
しかしこれで100元とはお買い得ですね。
不作でマンゴーが急騰している2016年ですが、良心的な価格で嬉しい限りです。


八寶冰(バーバオビン)80元
IMG_1713
8種のトッピングを選べるというのは、とっても楽しいですね!

トッピングの代表格といえばタピオカでしょうか。
IMG_1715
キュッキュッとした食感がタピオカは最高ですね。

緑豆や紅豆など豆で攻めてみた感じです。
IMG_1726
黒糖のシロップがたっぷりかかっており、トッピングの量もかなり多いので結構お腹いっぱいになります!
とはいえ、黒糖の甘みがしつこくないので、飽きることなく頂けました。
8種のトッピングで80元とはとっても良心的でお財布も大満足です。


ということで黒糖がメインのかき氷のご紹介でした。
黒糖と練乳の組み合わせはとっても美味しいです。
そこに台湾の甘いマンゴーが加わると、旨さ数倍になります。
100元という価格も魅力的なので、黒糖好きは是非訪れてみてください。


黒岩黒砂糖刨冰


台北市中山區錦州街195號
営業時間:11:00~23:00
最寄り駅:行天宮駅
 

行天宮駅4番出口の真横に全聯系列(pxmart)の新しいimartが最近出来たのでご紹介したいと思います。ちなみに相当前に南京店をご紹介したことがありますが、そちらよりキレイで新しく、店舗も大きいし、営業時間も朝の7時から夜23時までやっているのでお土産探しには、お勧め ... 続きを読む
行天宮駅4番出口の真横に全聯系列(pxmart)の新しいimartが最近出来たのでご紹介したいと思います。

ちなみに相当前に南京店をご紹介したことがありますが、そちらよりキレイで新しく、店舗も大きいし、営業時間も朝の7時から夜23時までやっているのでお土産探しには、お勧めの店舗となりそうです。

尚、2015年末に台湾のスーパー松青(MATSUSEI)が全聯グループに買収され、店舗の一部は閉店、もしくは全聯系列(pxmartかimart)に変わったそうなのでご注意下さい。

全聯(imart)中山松江店
IMG_0201
行天宮4番出口の真横です。
雨でもほぼ濡れずに店内に入ることが出来そうです。

店内は天井が高く、またとても綺麗です。
IMG_0156

他店舗ではあまりお目にかかれない、お惣菜や肉まんなども置いてありました。
IMG_0157

IMG_0186

IMG_0185

では店内をぐるっと回ってみましょう。

先ずは生鮮品。
IMG_0158
フルーツや野菜などが陳列されています。

牛乳や豆乳など種類も豊富です。
IMG_0199
奥は肉類など。

飲料コーナー
IMG_0159

IMG_0161
冷えているアルコール類もたくさんあります。
IMG_0160

続いてお菓子コーナー
IMG_0171
チョコを中心とした棚です。

スナック類やネギクラッカーもたくさん

IMG_0178

IMG_0165
お菓子の位置づけの海苔もあります。
IMG_0177

インスタントラーメンコーナー
IMG_0175

缶詰や調味料のコーナー
IMG_0181

IMG_0182
醤油もたくさんの種類がありますね。

こちらは生活雑貨コーナー
IMG_0184


IMG_0183

IMG_0170

台湾産品コーナー
IMG_0164

IMG_0172

IMG_0173
Made In Taiwanのお土産がたくさん並んでいます。


ではおすすめ品を幾つかピックアップしてみたいと思います。

尚、スーパーと言えば何度もご紹介している頂好(WellCome)家楽福(カルフール)などもあるので、ぜひご参考下さい。

台湾と言えばのピーナッツ、の缶詰。
IMG_0174
豆花などと一緒に食べるトロトロのピーナッツです。
無添加なのでそこまで甘くはありませんが、豆腐にこれをかけたら花生豆花の出来上がり!に理論上はなるとは思います。

紅豆水(ホンドウシュエイ)
IMG_0176
小豆の煮汁を飲むと綺麗で健康に痩せられる!というのが一時期台湾でも流行りました。
私もちょっと試して見ましたが、痩せる小豆の水を飲んでいるから大丈夫!→いつもより余計たくさん食べる→体重が減らない、というスパイラルです。
ダイエットってそんなもんですよね。

杏仁や黒ゴマの飲み物。
IMG_0179
熱湯を注ぎ、穀物系の自然な甘さを感じながら頂きます。
スープなのかデザートなのかわからない位置づけです。

各種インスタント調味料
IMG_0180
気軽に辛い鶏料理の宮保鶏丁などを作れる調味料です。
日本で言うCookなんとか的なものですね。
とはいえ、日本でもお馴染みの李錦記製で、香港のスーパーでもよく見かけることが出来ます。

タケノコクラッカー
IMG_0187
ビールのおつまみに最適ですね。
こちらメーカー違いますが、以前のレポートです。
冬筍餅 安くてサクサク美味い!タケノコクラッカー
たまにハズレもありますが、こちらのは美味しいです。

Buenoチョコレート
IMG_0188
Kinder社のチョコレートで、多分日本では未発売。
中にヘーゼルナッツが入っていて、とっても甘くて美味しいです。
ホワイトチョコバージョンもありますが、私はこちらのスタンダードが好きです。

のど飴各種
IMG_0189
缶入りや箱入りなど種類が幾つかあります。
漢方系の味や、物凄く甘いものなど、色々種類があるので、ぜひ色々試して下さい。

麻辣鍋の素
IMG_0192
辛い火鍋、麻辣鍋の素です。
安くてパウチ式で軽いので、辛いもの好きの人へのお土産に最適ですね。
私はまだ食べてませんが、食べ台湾読者の方からinstagram経由での情報だと、とっても美味しいそうです。

元気豚の缶詰
IMG_0193
以前ご紹介した魯肉飯の缶詰とは若干違う、辛い豚肉そぼろです。
ご飯の上に掛けて食べたり、豆腐と一緒に炒めれば麻婆豆腐にもなりそうです。
魯肉飯と同様、常温での缶詰なので、日本への持ち帰りは可能だと思われます。
参考:【情報】台湾から魯肉飯の缶詰を日本に持ち込んで良いか実際に試してみました

辣油
IMG_0194
中に唐辛子など色々入っている食べる辣油っぽい辣油です。
そこまで辛く、味わいが奥深いので結構オススメです。
ちなみのその左側にある朝天辣油は、ほんの少しだけで激辛になるアカンやつです。

茶葉蛋、滷味の素
IMG_0195
茶葉蛋と言えば、コンビニの匂いのもとですが、八角が嫌いな人でも、一度食べると結構病み付きになる一品です。
そんな茶葉蛋を日本に帰って作る方も多いようで、自分へのお土産として買われている品です。

顔パックたくさん
IMG_0196
台湾製の顔パックです。
日本よりも安いものもあり、結構モノが良いとか。
IMG_0197
男性が女性へのお土産に悩んだら、取り敢えず顔パックを買っておけば良さそうな気がします。
分かりませんけど・・・。


と、いうことで、物色してみました。
おみやげ品の注意として何度も書いていますが、台湾から何でも日本へ持ち込み出来るとは限りませんので、自己責任でお願い致します。
不安な方は下記から調べるか問い合わせるようお願いいたします。

税関:http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm 
動物検疫: http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html
植物検疫: http://www.maff.go.jp/pps/j/introduction/import/index.html


全聯(imart)中山松江店

台北市中山區松江路318號1樓
営業時間:7:00〜23:00
最寄り駅:行天宮駅
http://www.pxmart.com.tw/px/index.px


蛋餅といえば、クレープのようなモチモチの生地にフワフワの卵と一緒に焼いた、台湾朝食の定番です。お店のよってはチーズや葱が入っており、日本人も好きな一品ではないでしょうか。今回の蛋餅は定番のモチモチではなく、サクサクな一品をご紹介したいと思います。場所は松 ... 続きを読む
蛋餅といえば、クレープのようなモチモチの生地にフワフワの卵と一緒に焼いた、台湾朝食の定番です。
お店のよってはチーズや葱が入っており、日本人も好きな一品ではないでしょうか。

今回の蛋餅は定番のモチモチではなく、サクサクな一品をご紹介したいと思います。

場所は松江路と民権東路の交差点、行天宮がある場所から東へ一本入った所にあります。


喜多士豆漿店(シードォスードウジャンデェン)
 IMG_4695
赤い看板が目印です。
店頭ではお店の方が大きな鉄板で色々焼いている姿が見られます。

では中に入りオーダ表をもらい、好きな席に着席しましょう。
IMG_4683
オーダー表に水性ペンで好きなモノを記載し、自分の座っている席番号を右下に記載しましょう。

鹹豆漿(シェンドウジャン)25元
IMG_4689
豆漿のお店で私は必ず頼む、台湾朝食の鉄板です。
個人的には普通の甘い豆漿よりもこちらの方が好きです。
IMG_4691
おぼろ豆腐のような食感が最高で、半分寝ているお腹を優しく起こしてくれる気がします。
塩加減も絶妙で、久々に美味しい鹹豆漿を頂きました。

蛋餅(ダンピン)30元
IMG_4684
見るからにサクサクしていそうな蛋餅です。
油の香ばしいにおいがしてきます。

そのまま食べても大丈夫ですが、せっかくなのでテーブル調味料を使いましょう。
IMG_4685
大蒜油膏(ニンニクが入った甘いとろみ醤油)と辣椒醤(チリソース)です。
ニンニクが苦手な方は、普通の油膏(ヨーガオ)もあります。
IMG_4686
断面図はこんな感じで、サクサクの中にモチっとした食感もあり、中にフワフワの卵と葱も入っています。
大蒜油膏と辣椒醤と一緒に頂くととってもイイお味で、卵の甘みとよく合い、とっても美味しいです。

こちら先ほどの蛋餅の更に上を行く蛋餅。
蛋餅油條(ダンピンヨーテャオ)45元
IMG_4954
先ほどのサクサク蛋餅にジュワッと香ばしいあの揚げパンのような油條を挟んでしまった一品です。
挟むという表現よりは、巻いたという表現が良いですね。
IMG_4955
こんな感じで手に持って頂くことが出来ます。

同じく大蒜油膏と辣椒醤で頂きましょう。
IMG_4957
先ほどのサクサクモチモチフワフワに加え、ジャリッという食感とジュワっと油が染み出る感覚が追加されます。
油條がジューシーなので、食べ応えがかなりあり、結構お腹にたまるのでご注意を。

飯糰(ファントヮン)30元
IMG_4687
台湾式おにぎりです。
これも朝食では鉄板ですね。
IMG_4688
中は具だくさん。
サクサクになるまで揚げた油條やご飯とよく合う肉髭(ロウソン)などが入っています。
ご飯はもち米なので、普通のお米よりもモチっとした食感がよく、食べやすいです。

蘿蔔糕(ルォボーガオ)15元
IMG_4692
こちらも定番、大根餅ですね。
写真は一つを4つに切ってあり、ちょっとだけ大根餅を食べたいなというときにはいいですね。


ということで、とっても美味しい蛋餅のお店のご紹介でした。
サクサク蛋餅は、普通のモチモチ蛋餅よりも食べ応えがあるので、ズッシリと来ました。
朝からしっかりと食べて、一日元気に過ごせる台湾朝食、ぜひお試し下さい。


喜多士豆漿店

台北市中山區民權東路二段71巷15號
営業時間:6:00~11:00 
定休日:月曜日(第5月曜日は開店)