食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:臭豆腐

最近は臭豆腐鍋が食べられるお店も日本に進出したということで、少しずつテレビでも露出がでてきている臭豆腐ですが、無性に臭豆腐が食べたくなる夜があります。泡菜たっぷり乗せた臭豆腐を口に入れ、台湾ビールで流し込む。最高ですね。今回は信義地区、101にもほど近い場所 ... 続きを読む
最近は臭豆腐鍋が食べられるお店も日本に進出したということで、少しずつテレビでも露出がでてきている臭豆腐ですが、無性に臭豆腐が食べたくなる夜があります。

泡菜たっぷり乗せた臭豆腐を口に入れ、台湾ビールで流し込む。
最高ですね。

今回は信義地区、101にもほど近い場所にある通化夜市(臨江街にある夜市なので、臨江街夜市とも呼ばれています)にある人気の臭豆腐屋台をご紹介致します。

位置的には夜市の中心である臨江街という道沿い、中心の交差点付近にあります。

一口金酥臭豆腐(イーコウジンスーチョウドウフ)
 E07E8111-19F7-442A-830B-30EB8A114E74
黄色の看板が目印です。
続きを読む

臭豆腐といえば、世界の奇妙な食べ物として取り上げられるほどの異臭を放つ食べ物ですが、私は大好きです。以前から、「臭豆腐の最高峰である生臭豆腐がある」と臭豆腐好きの同僚の台湾人から聞いていたものの、なかなかお店に足が向くことはありませんでした。しかし最近「 ... 続きを読む
臭豆腐といえば、世界の奇妙な食べ物として取り上げられるほどの異臭を放つ食べ物ですが、私は大好きです。

以前から、「臭豆腐の最高峰である生臭豆腐がある」と臭豆腐好きの同僚の台湾人から聞いていたものの、なかなかお店に足が向くことはありませんでした。

しかし最近「うぉぉぉ臭豆腐が無性に食べたい!!!」と禁断症状が出るくらい好きになったので行ってみました。

場所は松隆路と永吉路の交差点、南東側付近にあります。
MRTだと市政府駅から徒歩12分程歩きます。

戴記獨臭之家(ダイジードウチョウズージャー)
DSC00551
黄色に赤字の看板と赤いネオンが目印です。
DSC00552
外まで独特の香りがプンプンします。
早速中に入ってみましょう。

かなりアットホームなお店です。
DSC00550
お店もこじんまりしており、10人も座ったらいっぱいになる程度。

店の奥にカウンターがあるので、そこで口頭注文です。
DSC00539
色々ありますが、写真で表示してあるこの3種の臭豆腐がオススメのようです。

取り敢えずこの3種、行ってみました。

涼拌臭豆腐(リャンバンチョウドウフ)35元
DSC00540
いきなりやって来ました。生臭豆腐。
作り方は日本のくさやのように、独特の発酵汁に漬け込むそうですが、こいつは強烈そうです。
しかもなんでしょう、このおどろおどろしい色は!!
DSC00541
意を決してて一口・・・・・!!!
なんですかこれ、美味しいじゃないですか。しかも全然臭くない!
微かに臭豆腐独特のあの匂いはしますが、上にかかっているネギやら甘い醤油も相まって絶妙な美味しさが出てます。
例えると・・・チーズのような、豆腐のような。発酵した独特の口触りで、美味しいです。
取り敢えず、これを食べながらビールなんて最高ですね。
かなり癖になる味です。

招牌炸臭豆腐(ザオパイザーチョウドウフ)65元
DSC00542
看板メニューの揚げ臭豆腐のようです。
正方形の豆腐を半分に割って揚げているようですね。箸で持つとカリッカリなのがわかります。
DSC00543
取り敢えずガブッといくと、ジューシー感よりもカリカリ感が全面に出てきました。
DSC00544
しかもとっても香ばしい!
先程の生臭豆腐のように、ただ臭いというわけではなく、奥深い発酵の味わいが口の広がります。
これもまた美味しい!
一緒に出てくる泡菜と食べれば、これまた至福の時間が訪れます。

そして最後はこちら。

清蒸臭豆腐(チンゼンチョウドウフ)60元
DSC00546
小サイズを頼みました。土鍋に入ってグツグツと煮えてます。

中からゴロっと臭豆腐が出てきました。今までで一番臭豆腐らしい匂いが漂ってきます。
DSC00548
箸で食べやすい大きさに切り分け、口の中に入れると、これまた美味しい!!!
醤油ベースのスープで煮込まれた臭豆腐、ネギやえのきも一緒に入っており、味付けがなんとなく日本風の懐かしい味でした。
もちろん臭豆腐独特の臭みがありますが、全然ありの味です。


ということで、色々な種類の臭豆腐が楽しめるお店のご紹介でした。
臭豆腐は食べ台湾でも何度かご紹介してますが、9割の人が多分食べず嫌いかと思います。
今までで何度も友人を台湾で案内しましたが、全員が「あ、意外と美味しいね。結構好きかも」という感じで、完全拒否の人はいませんでした。
何度も言いますが、食べす嫌いは人生損してると思うので、ぜひ興味を持たれたら臭豆腐、最初は揚げたやつを試してみてくださいね。
あ、ちなみにこの生臭豆腐をいきなり食べる、というのもありかもしれませんが、お店はあの独特な匂いで充満してるので、慣れてないと若干厳しいかもしれません。


戴記獨臭之家

台北市永吉路120巷3弄2號
営業時間:12:00〜22:00
定休日:火曜日
最寄り駅:市政府駅

臭豆腐3連続記事、今回で一旦終了です。以前ご紹介した阿泉麺線が初心者向きということであれば、今回の臭豆腐はある程度慣れている人の方が良いかもしれません。場所は雙連駅横の雙連朝市を北上し、錦西街を西へ行った承徳路の手前の場所にあります。宋上好脆皮臭豆腐(ソン ... 続きを読む
臭豆腐3連続記事、今回で一旦終了です。

以前ご紹介した阿泉麺線が初心者向きということであれば、今回の臭豆腐はある程度慣れている人の方が良いかもしれません。

場所は雙連駅横の雙連朝市を北上し、錦西街を西へ行った承徳路の手前の場所にあります。

宋上好脆皮臭豆腐(ソンシャンハオツイピーチョウドウフ)
 IMG_6437
黄色い水煎包の看板の方が目立ちますね。
この距離でもあの匂いが漂ってきます。
近づいてみましょう。

お店の前にはテイクアウトの人が何人かいました。
IMG_6438
取り敢えずお店の前のテーブルを確保し、注文をしに行きましょう。
IMG_6442
メニューは大か小かの2種類。
IMG_6439
大の方がお得っぽいので大を選んでみました。

脆皮臭豆腐(ツイピーチョウドウフ)(大)90元
IMG_6443
ちなみに脆皮とはクリスピーの意味で、以前ご紹介したクリスピードーナツも脆皮でした。
ということで、今回はクリスピー臭豆腐ということになります。

こちらの臭豆腐は特に小さく切り分けておらず、四角のまま出てきます。
そして、真ん中に穴を空け、タレが中に入っています。
IMG_6444
噛むと肉汁ならぬ臭豆腐汁がジュッ!!っと溢れだしてきます。
しかもクリスピーなだけに、周りがパリッパリに揚げられており、揚げたてなので中から溢れる汁も熱い!
味はというと、タレがかなり独特で、ニンニクは勿論ウスターソース?のような風味があります。
臭豆腐の匂いも結構ありますが、泡菜とタレが程よく絡み合って素敵な味になりました。

さて、辣椒醤を入れようかなと思ったらこちらがありました。
IMG_6440
かかっているタレと見た目は変わりませんが、辛味が効いたタレです。
IMG_6445
これが結構あと引く辛さで、食べれば食べるほど口の中が辛くなっていきます。
よく見るとニンニクも結構大量に入っており、口の中が辛味と臭味とニンニクでいっぱいです。
熱い辛い美味しいの三拍子で、ヒィヒィフゥフゥ言いながらの完食です。


ということで、今回はパリッパリのクリスピー臭豆腐のご紹介でした。
パリパリの食感と噛むと溢れだす臭豆腐汁が特徴的でした。
個人的にはパリパリに揚げられているよりも、カリカリっと揚がった臭豆腐の方がボリューム感もあって好みです。
こちらの臭豆腐は臭味も結構強いので、お好きな方は是非!


宋上好脆皮臭豆腐

台北市大同區錦西街86號
営業時間:月~土 16:00~翌1:00 / 日 16:00~00:00
最寄り駅:雙連駅

(閉店致しました)前回ご紹介した阿泉麺線の臭豆腐に続いて、今回も臭豆腐のご紹介です。しかも阿泉麺線の隣のお店です。場所は同じく場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。站前美食棧(ジャンチェンメイシュージャン)塾が周りに多いので、いつ ... 続きを読む
(閉店致しました)

前回ご紹介した阿泉麺線の臭豆腐に続いて、今回も臭豆腐のご紹介です。

しかも阿泉麺線の隣のお店です。

場所は同じく場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。

站前美食棧(ジャンチェンメイシュージャン)
IMG_6337
塾が周りに多いので、いつも学生でこの辺りは賑わっています。
IMG_6338
お店の前には大量の揚がった臭い豆腐が。

さて、お店に入るとレジがあり、こちらで好きなモノを告げレシート(番号付き)をもらい、呼ばれたら商品と交換するというタイプのお店です。
IMG_6432
臭豆腐以外にも麺線や魯肉飯、オカズとセットになったものもあります。
臭豆腐、魯肉飯、スープのセット(100元)というメニューも。

店内は結構広く、席数もたくさんあります。
IMG_6434

今回は臭豆腐(大)55元と大腸麺線(大)55元がセットで100元になるメニューを頼んでみました。

臭豆腐(チョウドウフ)+大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)100元
IMG_6328
大きめの豆腐が4つ、それぞれを4つに切ったものが発酵したキャベツのお漬物、泡菜(パオツァイ)と一緒に盛られています。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなりカリカリです。
IMG_6330
割り箸で持つと、揚がった部分がシャリシャリと音を立てています。

もちろん食べる時は辣椒醤と一緒に頂きましょう。
IMG_6335
底に溜まっているタレも一緒に付けて頂きます。
IMG_6331
食べた瞬間、口の中は臭豆腐独特の匂いで充満しますが、すぐに泡菜と辣椒醤が打ち消し、口の中は最高の瞬間を迎えます。
しかも周りはカリカリで食感は最高!
豆腐一つ一つがボリュームがあり、個人的にはかなり好きな臭豆腐の一つです。

こちら大腸麺線です。
 IMG_6332
左側に見える茶色の細かいのはニンニクです。
かなり多めに入っているので、食べる前に好みで少し別皿に移すことをオススメします。

味はもちろんカツオ出汁で、麺はトロットロ。
IMG_6333
ガツンとカツオ節が効いていないので、こちらも個人的には好きな味です。
大腸もまったく臭味を感じず、とても美味しかったです。
ニンニクも多分甘い醤油に漬けてあるようで、麺線の中でとてもよい味を出していました。


ということで2回連続で臭豆腐のご紹介でした。
隣の阿泉麺線とこちらのお店で臭豆腐と麺線の味比べをするのも面白いですね。
臭豆腐の意見では、臭味とカリカリ度はこちらの方に軍配があがりました。
そういう意味では、初心者向きの臭豆腐ではないかもしれません。


ちなみに席にあるこれは、写真のように取り出したお箸の袋を入れましょう。
IMG_6436

(閉店致しました)
站前美食棧

台北市中正區許昌街26-2號
営業時間:11:00~23:30 
 

臭豆腐(チョウドウフ)といえば、臭い食べ物で有名な食べ物ですが、私は大好きです。何が美味しいかというと、辣醤(辛いタレ)と泡菜(漬物のようなもの)とニンニクが効いたタレと一緒に、熱々カリカリの揚げられた豆腐を一緒に口に入れると、豆腐自体の若干臭さが他の食 ... 続きを読む
臭豆腐(チョウドウフ)といえば、臭い食べ物で有名な食べ物ですが、私は大好きです。

何が美味しいかというと、辣醤(辛いタレ)と泡菜(漬物のようなもの)とニンニクが効いたタレと一緒に、熱々カリカリの揚げられた豆腐を一緒に口に入れると、豆腐自体の若干臭さが他の食材とからみ合って鼻から抜け、なんとも言えないハーモニーを生み出すんです。

まだ食べたことがない人は是非、一度はトライして欲しいのですが、やっぱりあの臭いは苦手・・・。
そんな人に是非食べて頂きたいのが、今回のお店です。

場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。

阿泉麺線(アーチュァンミェンセン)
IMG_6418
黄色い看板が目印です。(二軒ほどよこに移転し、場所が変わっています。)
正直この周辺には独特のあの臭いが充満しています。

お店はかなり小さいです。
IMG_6431
中に入って注文しましょう。
メニューは臭豆腐と大腸麺線の2種類でそれぞれ大小あります。
IMG_6419
英語で臭豆腐は、発酵した豆腐ということでfermented tofuなんですね。
まぁ、smelly tofu じゃ売れなさそうです・・・。

注文をすると、その場でサクっと揚げて頂けます。
IMG_6429

先ず来たのはこちら。

大腸麺線(小)(ダーチャンミェンシェン)50元
IMG_6421
台湾のソウルフード、麺線です。
カツオ節がかなり効いており、大腸は臭味が全然なくとても美味しいです。
IMG_6426
スープのようにつるつると頂きましょう。
歯ごたえの少ない麺が喉をツルツルと入っていって、至福の時間が味わえます。

さて各テーブルには調味料があるので、それを入れてみましょう。
IMG_6420
一番右が麺線によく合う烏酢という、ちょっとウスターソースのような味がする黒酢です。
IMG_6427
お好みで入れると更に美味しくなります。
ちなみに真ん中にあるのは、麺線に入れる辣椒醤ですが、入れると相当辛くなるのでご注意を。

臭豆腐(大)(チョウドウフ)60元
IMG_6423
来ました来ました!
見るからにカリカリっと揚がっています。

もちろん臭豆腐にはこちらの赤い辣椒醬を入れましょう。
IMG_6424
底に大蒜がたっぷり入った甘みのある醤油ベースのタレが溜まっているので、ヒタヒタに漬けて全部一緒に頬張ります。
IMG_6428
臭豆腐がカラッと揚がったザクザク感と、泡菜のシャキシャキとした食感がそれぞれマッチングし、口の中で美味しい音を立てます。
そして臭豆腐の独特の味、泡菜の酸っぱい味、辣椒醬の辛味とニンニクダレがそれぞれ良い感じになり、一つ食べると、もう一つ、もう一つと箸が止まりません。

しかも今まで食べた臭豆腐の中でもかなり臭味が少ない方なので、初めて臭豆腐を食べる人にも良いかもしれません。

本記事を見て、「一回くらいなら食べてみようかな・・・!?」と思った方は、是非食べてみてください。
臭豆腐の美味しさの意味が見つけられるかもしれませんよ。


阿泉麺線

台北市許昌街26之3號
営業時間:11:30~23:30
最寄り駅:台北駅

夜市、豆腐と来たらアレです。豆腐デザートの豆花ではありませんよ。日本人の大半は匂いだけでやられてしまう臭豆腐です。何度か食べ台湾でも取り上げていますが、食べず嫌いは人生損をしていると思います。本記事を読まれて臭豆腐に興味を持って頂けたら、是非一度はご賞味 ... 続きを読む
夜市、豆腐と来たらアレです。

豆腐デザートの豆花ではありませんよ。

日本人の大半は匂いだけでやられてしまう臭豆腐です。

何度か食べ台湾でも取り上げていますが、食べず嫌いは人生損をしていると思います。
本記事を読まれて臭豆腐に興味を持って頂けたら、是非一度はご賞味下さい!

ということで、寧夏夜市にやってきました。

場所は夜市の北側、位置的に魯肉飯で有名な髭鬚張魯肉飯の前あたりにあります。

一品香豆腐(イーピンシャンドウフ)
IMG_4390
メニューはシンプルに臭豆腐と麺線だけ。
IMG_4391
油で揚げられている臭豆腐から、芳しい香りが漂ってきます。

取り敢えず屋台の裏側にまわり、空いてる席に座りましょう。
店員さんに口頭で注文です。

大腸麺線(ダーチャンミェンセン)40元
IMG_4385
西門で有名な麺線のお店、阿宗麺線と同じく鰹出汁が効いている味付けです。
大腸もプリンとしており、なかなか美味しかったです。
IMG_4386
味付けに物足りない場合は、テーブル調味料の辣椒を投入しましょう。
グッと味が引き締まって、美味しくなります。

臭豆腐(チョウドウフ)
IMG_4384
こちらのお店は大きめの豆腐を揚げたあとに4つに切っているようです。
高温の油で揚げているのか、まわりがカラッと揚がっています。

甘めの味とニンニクが絡まったタレで頂きましょう。
IMG_4388
まわりがカリッカリなのに、中がフワッとジューシーです。
臭豆腐特有の匂いはするものの、全然嫌な感じがしません。
キャベツの酸っぱいお漬物と一緒に食べると、これまた最高の組み合わせとなります。
お好みで辣椒といっしょに頂くと、味が引き締まってとっても美味しいです。

いやー美味しい!本当に美味しい!
このカリカリ感、わかりますでしょうか!?
IMG_4389
臭豆腐は色々頂きましたが、個人的に上位のお味です。
台湾のソウルフードの臭豆腐、是非一度は食べてみてください。
人生観変わる!とまではいきませんが、臭豆腐を食べに台湾に行きたくなるくらいハマるかもしれません。


一品香豆腐

台北市大同区寧夏夜市
店番号:022