食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:油飯

油飯とは台湾風おこわのようなもので、日本人の口に合う美味しいご飯です。 ... 続きを読む
油飯ってご存知でしょうか。
漢字だけで判断すると、油たっぷりのご飯って感じですが、日本でいうおこわです。
台湾では子供が生まれたときに内祝いとして配る縁起の良い食べ物として有名で、もちろん日常的にも食べる一品です。

その油飯(ヨーファン)で有名なのが迪化街の永楽市場内にある「林合發油飯店」というお店ですが、こちらはテイクアウトのみ。
お店で食べられる美味しい油飯といえば、こちらでしょう!

四神湯も絶品で、景美夜市内にあります。

今回はそんな油飯の中でも、油飯が愛してやまない、とっても美味なお店をご紹介致します。
場所は大橋頭駅から徒歩ですぐの場所、民権西路沿いにあります。

珠記大橋頭油飯(ジュージーダーチャオトウヨウファン)
8667F4B5-32FA-4EF5-ACC9-7C651AE6263D
お店の入り口が道路からだいぶ奥まったところにあるので、赤い文字の看板が目印です。

続きを読む

(店舗移転の為、記事を更新致しました。)今回も景美夜市です。更に景美街を南方面、奥へ奥へと進んでみましょう。狭い路地にはところ狭しと美味しそうなお店が並んでいます。そして、ゴチャゴチャとした場所を抜けると一軒の店舗があります。以前は屋台でしたが、店舗にな ... 続きを読む
(店舗移転の為、記事を更新致しました。)
今回も景美夜市です。

更に景美街を南方面、奥へ奥へと進んでみましょう。

狭い路地にはところ狭しと美味しそうなお店が並んでいます。
そして、ゴチャゴチャとした場所を抜けると一軒の店舗があります。以前は屋台でしたが、店舗になりました。
DSC01278
とりあえず列の最後尾に並びましょう。

こちらメニュー。
DSC01268
以前の屋台で利用されていたものをそのまま使用しています。

自分の番が来たら、食べたいものを口頭で告げその場でお金を支払います。
テイクアウトの人も多いので、その場で食べたい場合は内用(ネイヨン)と言いましょう。
こんな感じでトレイの上に載せて頂けます。DSC01269
こぼさないよう、空いてるテーブルを見付けて着席。

では頂きましょう。
と、その前にこちらテーブル調味料です。
DSC01270
DSC01275

油飯(小)(ヨウファン)35元
DSC01273
小サイズでも小さいお碗に山盛りです。
香菜がのっかっており、赤い甘酸っぱいはタレはおこのみで、自分でかけましょう。
DSC01277
もうね、これ最高でした。
一口食べただけで、笑みがこぼれ、後は無言で一杯全部、一気に頂きました。
まぁ日本で言うおこわのようなものですが、ここのはもち米の炊き加減も、味付けも、具もすべて最高!!正直毎日食べても良いかなって程、気に入りました!
ちなみに大サイズもありますが、大きめのどんぶりに山盛りでした。

雙管四神湯(シャングヮンスーシェンタン)
DSC01272
こちらのお店の看板料理だそうです。
四神湯(スーシェンタン)とは、薬膳スープの一種でハトムギと腸が具として入っています。
こちらのお店にある雙管四神湯の特徴としては、写真のように腸の中に腸を入れ込んでおり、独特の触感を作っているようです。はっきり言って、こちらのスープ、とっても美味しいです。
スープ事体に独特の匂いがありますが、全然嫌な匂いはなく、塩味もしっかり効いており、グビグビ飲めます。
そしてこちらの腸もとっても歯ごたえがよく、コリコリとしており、臭みもなくてとっても美味しく頂けました。

蚵仔麺線(小)(オアミェンシェン)40元
DSC01274
牡蠣が入った麺線です。

この牡蠣、プリップリのプリンプリンでした。
麺線の味付けは程よい濃さでとっても美味しいです。
牡蠣もさすが海のミルクというだけある感じで、小さくても濃厚でした。

大蒜と辣椒、烏酢を味を見ながら少量ずつ入れてみます。
DSC01276
辛さもちょうどよく味がビシッと決まった気がします。
美味しい!!!牡蠣の麺線とっても美味しい!!
個人的に牡蠣が大好きなので、とっても気に入りました。
今回は小を選びましたが、大でもいいかも・・・。
いや、食べ過ぎか・・・。

ということで、絶品の油飯、蚵仔麺線、雙管四神湯のご紹介でした。
行列が出来ているのも納得でした。
本当に美味しかったです。


高雙管四神湯

台北市文山區景美街139號 
営業時間:16:00〜23:00
定休日:月曜日

Facebookページ