食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:民生東路

涼麺と言えば、日本でいう冷やし中華ですが、やっぱり最初に食べたときのあの麺のポソポソ感が衝撃的ですよね。この麺じゃなければ涼麺じゃない!とまで思うようになりましたが、涼麺にコシを求めてはいけません。今回は、濃厚な自家製ダレがたっぷりとのっかった涼麺のお店 ... 続きを読む
涼麺と言えば、日本でいう冷やし中華ですが、やっぱり最初に食べたときのあの麺のポソポソ感が衝撃的ですよね。

この麺じゃなければ涼麺じゃない!とまで思うようになりましたが、涼麺にコシを求めてはいけません。

今回は、濃厚な自家製ダレがたっぷりとのっかった涼麺のお店へとやって来ました。

場所は、MRT行天宮駅3番出口を出て、錦州街を東方面へ5分ほど歩き少し南へ行った所にあります。

俺老郷涼麺 (アンラオシャンリャンミェン)
 外観
入口横に厨房があり、先に注文をしてから席に着きます。

続きを読む

サニーヒルズと言えばパイナップルケーキの有名店で、日本の南青山にも支店があります。こちらのパイナップルケーキはとっても美味しいパイナップルジャムを、ブランド卵とフランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を使った生地にギッシリと詰め込んでおり、とっても ... 続きを読む
サニーヒルズと言えばパイナップルケーキの有名店で、日本の南青山にも支店があります。

こちらのパイナップルケーキはとっても美味しいパイナップルジャムを、ブランド卵とフランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を使った生地にギッシリと詰め込んでおり、とっても美味しいですよね。

そのサニーヒルズより、8月より台湾限定で新製品が発売されたので早速購入してみました。

サニーヒルズの場所は、 民生東路五段にある道を南に少し入った、民生公園の近くにあります。

SunnyHills 微熱山丘(ウェイラーサンチョウ)
DSC01146
緑の木々に囲まれたとっても素敵な店舗です。
DSC01151
8月1日より新発売ということで、開店時にはたくさんの人が並んでいました。
発売からしばらくは開店と同時に買わないと、なかなか買えないかもしれません。

今回のお目当てはこちら。蜜豐糖蛋糕(ミーフェンタンダンガオ)
DSC01137
右側がそのカステラです。

2種類あるので、早速買ってみました。
DSC01153
原味という蜂蜜味のカステラ(300元)と、蜂蜜味のカステラに老梅という梅が入ったカステラ(350元)の2種類です。

先ずは原味を食べてみましょう。
成分表はこんな感じです。
DSC01155
卵に小麦粉、サトウキビ系のもの、蜂蜜、麦芽糖、人参ジュース、ラム酒が材料のようです。
要冷蔵で7度以下での保存、賞味期限は5日間となっています。
DSC01156
それでは開封してみましょう。
DSC01157
蜂蜜の濃い匂いがふわ〜と漂ってきます。
すでに蜂の巣のような形で切れ込みが入っています。オシャレですね!
DSC01158
では早速頂いてみましょう。
DSC01159
手に取るとシットリしているカステラの印象を受けます。
そして生地がしっかりとしており、全体的に弾力性があります。
ガブッといくと、口当たりは結構軽くて、一口噛む事に、蜂蜜の濃厚な味わいがだんだんと口の中に広がっていきます。
砂糖の甘さではなく、蜂蜜の甘さが口に広がり、最後まで心地よい蜂蜜の味が残ります。
とは言え濃い甘みではないので、もう一つ!と手が伸びでしまうほど、いくつでも食べられそうです。

もう一つの老梅味のカステラを頂いてみましょう。
成分表はこちら。
DSC01161
材料は先ほどとほぼ一緒。梅が追加されていますね。カロリーも追加されいるので、若干高いです。
中を開けてみましたが、見た目は全く一緒。
DSC01162
梅が練りこまれているのかな?と思いつつガブッといくと中に入っていました。
DSC01164
濃い梅のジャムのような若干酸っぱい感じのものです。
周りのカステラは先程の原味と同じですが、梅の酸っぱさと蜂蜜カステラの甘さが良いハーモニーです。
原味の蜂蜜カステラと好みが分かれそうですが、原味の方が万人受けしそうですね。
両方共とても美味しく頂きました。

さて、サニーヒルズといえば試食ですよね。
DSC01131
このパイナップルの中身、素敵ですよね!
DSC01133
今回も美味しいパイナップルケーキを堪能しながら、美味しいお茶を頂きました。


ということで、サニーヒルズの新製品のご紹介でした。
要冷蔵で保存期限も短いので、若干おみやげには厳しいかもしれませんが、新しいサニーヒルズの定番商品になりそうですね。
ご興味がある方、ぜひご賞味下さい。


SunnyHills 微熱山丘

台北市民生東路五段36巷4弄1號1樓
営業時間:10:00〜20:00
http://www.sunnyhills.com.tw

私の場合、大体食べ歩きは週末に行うのですが、先日平日休みを取って雙連駅近くをウロウロしていると、朝から賑わっているお店があったので入っていました。そちらで頂いたのは台湾B級グルメの代名詞である魯肉飯。朝から魯肉飯を食べるのもアリかなと思い食べてみるとこれま ... 続きを読む
私の場合、大体食べ歩きは週末に行うのですが、先日平日休みを取って雙連駅近くをウロウロしていると、朝から賑わっているお店があったので入っていました。

そちらで頂いたのは台湾B級グルメの代名詞である魯肉飯。

朝から魯肉飯を食べるのもアリかなと思い食べてみるとこれまた最高!
これぞ朝魯肉飯。
しかも思わずおかわりしてしまったので、ご紹介したいと思います。

場所は民生東路にある雙連駅の2番出口の真裏、萬全街8巷という通りにあります。

香萬園(シャンマンユエン)
DSC03302

半屋台のようなお店です。
お店の前には数々の美味しそうなおかずも並んでいます。
IMG_4596
IMG_4595

野菜関係は一皿10元とこれも激安。

こちらメニューです。
IMG_4601

魯肉飯と普通のスープのセットで45元と激安で頂くことが出来ます。

店内にあるカウンターのようなテーブルに座り、口頭で注文です。

魯肉飯(ルーローファン)25元
IMG_4597

硬めに炊かれたご飯に、トロトロの魯肉がかかっています。
味付けは香料の匂いが感じられず、シンプルでとても美味しいです。
一緒に盛られているお漬物のような高菜のようなものもとっても美味です!

青菜と高麗菜(それぞれ10元)
IMG_4599
一皿10元で野菜もいただきましょう。
軽く油で炒めてあるだけのシンプルなものですが、これもまた美味しいですね。

金針赤肉焿(ジンジェンチーロウガン)40元
IMG_0135
金針とは花の蕾の部分で、シャキシャキとした食感が美味しく、スープに良く使われています。
Wikipedia情報だと、ワスレグサという花の蕾で、カンゾウの一種だとか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ワスレグサ

ちなみに、こちらのスープ金針以外にお肉の塊も入っており、とろみのあるスープで、結構食べ応えがあります。

ということで、魯肉飯が美味しく、朝食はたくさん食べる方なのでおかわり。

魯肉飯(ルーローファン)25元
IMG_0139
いやー20元って安いですよね。
このトロトロビジュアルがたまりません。
正直お腹に余裕があったので3杯目も行こうかと思ったのですが、40元セット(魯肉飯とスープ)もどんなものかと思ったので、インク団子スープも頼んでみました。

貢丸湯(ゴンワンタン)20元
IMG_4600

プリップリの肉団子です。
こちらも美味しく食べ応えありますが、日本ではなかなかお目にかかれない、金針赤肉焿とのセットのほうが良いかもしれません。


ということで、ついついおかわりをしてしまう魯肉飯のご紹介でした。
1杯20元はお財布に優しくて良いですよね。5杯食べても100元ですからね。
外に並べてあったおかずも美味しそうでしたので、お腹に余裕があれば、魯肉飯とスープとおかずのセットも是非お試し下さい。
IMG_0137

香満園

台北市萬全街8巷口
営業時間:6:00~13:00
定休日:土日祝日
最寄り駅:雙連駅

杭州小籠湯包といえば、以前食べ台湾でもご紹介した中正紀念堂の近くにある美味しくて有名な小籠包のお店ですが、民生東路にも店舗があるのでやってきました。場所は復興北路と民生東路の交差点を民生東路の東側に少し入った場所。ちょうど西華飯店(シャーウッドホテル)の ... 続きを読む
杭州小籠湯包といえば、以前食べ台湾でもご紹介した中正紀念堂の近くにある美味しくて有名な小籠包のお店ですが、民生東路にも店舗があるのでやってきました。

場所は復興北路と民生東路の交差点を民生東路の東側に少し入った場所。
ちょうど西華飯店(シャーウッドホテル)の斜め前辺りになります。

杭州小籠湯包(ハンジョウショウロンタンバオ)
IMG_7644
マンションの1階、という感じで赤い店構えが目立ちます。

ちなみに民生東路から見るとこんな感じです。
IMG_7645
手前に問がある奥まった場所にあるので、白い杭州小籠湯包の看板を目印にしましょう。

さて店内。
IMG_7643
中正紀念堂店は、ローカルな感じで椅子も背もたれがなく、低いテーブルがあるお店ですが、こちらはかなりモダン的。
とても清潔感があり、落ち着く感じで、お店の接客態度も素晴らしく感じました。
IMG_7624
さてメニュー。
IMG_7625
IMG_7626
日本語メニューもあり、好きなモノをオーダー表に記入して、店員さんに渡します。
IMG_7628
中正紀念堂店のメニューとを見比べるとこちらのほうが多く感じます。
また小籠湯包各種も8個入りだけでなく、4個入りもあるので少人数で色々食べたい場合はかなり重宝しますね。

今回は頼みませんでしたが、アワビ小籠包やツバメの巣小籠包などもありました。
IMG_7631

乾煸四季豆(ガンビエンスージードウ)80元
IMG_7629
最近の食べ台湾にも頻繁に出没する、あると必ず頼んでしまう一つです。
甘くて美味しいインゲンに、ピリ辛のひき肉がとても合います。

小籠湯包(ショウロンタンバオ)150元
IMG_7632
やってきました、小籠包。
小籠包よりもスープが多い小籠湯包ですね。
レンゲの上に乗せて箸で横っ腹に穴を開けると、スープが流れだしてきました。
IMG_7633
野菜のスープも混ざっているようで、黄金色と翡翠色素敵な色の組み合わせです。
スープだけを先ずすすると、ものすごい濃厚な旨味が口の中に広がります。
いや、本当に美味しいです。
千切りの生姜と酢醤油で頂くのもさっぱりして美味しいのですが、濃い味を堪能するのであれば、何も付けずに頂くのが美味しいですね。

絲瓜蝦仁湯包(スーグワシャーレンタンバオ)240元
IMG_7637
瓜とエビが入った小籠包です。
中を割ると、瓜とエビの細かく刻んだんのが澄んだスープと一緒に流れてきました。
IMG_7638
餡事体が硬くないのか、全体的にフワッフワな感じで口の中に放り込むと、瓜独特の青みとエビの旨味が広がります。
かなりサッパリしていても、旨味だけは十分あってなかなか美味しく頂けました。

肉絲蛋炒飯−古早味(ロースーダンチャオファン グオザオウェイ)210元
IMG_7634
普通の炒飯は塩味のようですが、こちらのは古早味、つまり昔ながらの炒飯という意味で、味付けは醤油ベースで、辣椒も少し入ってピリ辛の味付けです。
これが本当に美味しい!!!
塩味もしっかりと効いており、個人的にはかなり大好きな炒飯です。

元盅鶏湯(ユェンゾンジータン)150元
IMG_7635
こちらも定番の一品、鳥スープです。
色が少し濁っていたのは椎茸でもダシをとっているようで、けれど鶏の旨味を邪魔しない程度で、鶏の旨みたっぷりでとっても美味しく頂きました。
中に入っている鶏肉もダシガラではなく、身がプリプリで美味しかったです。

三鮮鍋貼(サンシェングオティエ)150元
IMG_7639
とても綺麗な羽がついたエビと豚肉の焼き餃子です。
ガブッといくと、肉汁攻撃をされました。
またこの豚肉とエビの相性の良いこと。
付属の甘辛タレで頂くのも良いのですが、個人的には小籠包と同じく酢醤油で頂くのがオススメです。
酢醤油で食べたらこれまた美味しい!
ということで、白飯ではありませんが、オンTHE炒飯にしてみました。
IMG_7642
最高ですね。
小籠包を食べずに、炒飯と鍋貼(焼き餃子)だけを食べに来るのもありかもしれませんね。


ということで、杭州小籠湯包の民生東路店のご紹介でした。
料理も個人的には、中正紀念堂店よりも丁寧に作られている感じがしました。
あちらにはない一品料理もあったので、色々試してみたいですね。
お店が綺麗で品数も豊富、接客態度が素晴らしい、予約が出来るということで、個人的に今度頻繁に利用させて頂くお店になりそうです。


杭州小籠湯包(民生東路店)

台北市民生東路3段118號
営業時間:11:00〜21:00
電話番号:02−6613−0666
最寄り駅:南京復興駅
http://www.thebestxiaolongbao.com

(値段とメニューは記事掲載時点のもので、現状と変更がある場合が御座いますのでご了承下さい)久々にホテルバイキングにやってきました。食べ過ぎてしまうので封印していたのですが、取り敢えず台北の有名ホテルのバイキングは制覇しておかないと。ということで、今回訪れ ... 続きを読む
(値段とメニューは記事掲載時点のもので、現状と変更がある場合が御座いますのでご了承下さい)

久々にホテルバイキングにやってきました。

食べ過ぎてしまうので封印していたのですが、取り敢えず台北の有名ホテルのバイキングは制覇しておかないと。

ということで、今回訪れたのは松山空港からほど近い、民生東路にある台北西華飯店(シャーウッドホテル)の地下にあるバイキングです。

こちらのバイキングも人気があるようなので、予約したほうが良いかもしれません。

B-one
IMG_4854
名前の通り、ホテルの地下一階にあります。

取り敢えず料理を物色しに行きましょう。

中央に楕円形のカウンターがあり、そこを中心に料理が陳列されています。
IMG_4832

まず目に入ったのがシーフードコーナー
IMG_4815
貝やら蟹やらエビなどなど、プリン体のオンパレードです。

お隣には刺し身コーナーもあります。
IMG_4826
分厚く切り分けられているので、台湾のお刺身、結構好きです。

ヘルシーにサラダコーナー
IMG_4816
サラダではお腹いっぱいにしたくないな、と思ったりも。

アルコールコーナーを発見。
IMG_4819
赤ワインとアサヒの生ビールが飲み放題のようです。

お肉のグリルや温野菜
IMG_4822

ビーフシチューや天ぷら
IMG_4823

豚の丸焼きもありました
IMG_4827
人気の一品らしく、早めの確保が良いですね。
奥にはピザが見えます。

魚や蟹おこわもその場で調理して頂けます
IMG_4833
調理してもらう場合は、テーブルにあるこのクリップを置いておくとOKです。
IMG_4839

お隣にはダックやカレー、グラタンもありました。
IMG_4825

こちら中華コーナー
IMG_4821
白飯に合いそうなオカズが色々ありました。
IMG_4829

手前に見えるのは麻辣臭豆腐と鴨血ですね
IMG_4828

こちらは鍋コーナー
IMG_4835
お好きな具材を入れ、煮込んで頂けます。

こちらはデザートコーナー
IMG_4831

フルーツもモチロン有ります。
IMG_4817

ケーキやタルトもたくさん種類がありました。
IMG_4834

マカロンタワーやホワイトチョコのチョコファウンテンもあります。
IMG_4846

ハーゲンダッツのアイスクリームもあります。
IMG_4820
もちろんトッピングもし放題です。


はい、ということで、先ずはビールを頂きましょう!
IMG_4851

健康を考え、先ずはサラダを頂きます。
IMG_4836
魚介をトッピングしてシーフードサラダの出来上がり。

お刺身も一緒に頂きます。
IMG_4837
なかなか新鮮で美味しかったです。

エビや蟹も一緒に頂きます。
IMG_4841

クリップを置いて10分少々で蟹おこわの登場。
IMG_4840
中を開けるとカニ味噌がチラリ。
IMG_4842
小ぶりの蟹でしたが、味が濃くて美味しかったです。

ピザやスペアリブ、グラタンなど。
IMG_4843
スペアリブは骨からホロッとお肉が落ちるほど柔らかく、ピザやグラタンはチーズも多めで美味しいです。

ローストビーフです。
IMG_4844
THE肉!って感じですね。

こちらもクリップを持って行って調理頂いた鍋です。
IMG_4845
麻辣味にしたのですが、口から火が出るほど辛かったです。

豪華デザート盛り。
IMG_4847
各種何気にかなりレベルが高いスイーツで、とっても美味しくいただきました。


過去のホテルバイキング記事を見ても、以前はもっと食べていたように思いますが、「バイキング=元を取りにいく」という考えをやめ、「バイキング=好きな食事を美味しく頂く」という考え方に変え、少し大人になってみることに。

とは言え、一品一品レベルが高い料理だったので、少量でもとっても満足出来ました。
アルコールも料金内に含まれているバイキングは希少なので、オススメのホテルバイキングです。
尚、食事内容は季節や時期によって色々変わるようです。
IMG_4858

料金:
ランチ料金:月曜~金曜:大人950元+10% / 子供450元+10%
 土日祝日:大人1150元+10% / 子供550元+10%
ディナー料金:月曜~木曜:大人1050元+10% / 子供480元+10%
 金土日祝日:大人1150元+10% / 子供550元+10%
週末アフタヌーンティー:大人560元+10% / 子供360元+10%


B-one
台北シャーウッドホテル
(台北西華飯店)地下一階

台北市松山区民生東路三段111号
営業時間: 朝食06:30~10:00 / 昼食11:30~14:30 / 夕食18:00~21:30
 アフタヌーンティー(土日祝日のみ)15:00~17:00
電話番号:02-2718-1188 
http://www.sherwood.com.tw/dining/b-one.htm
 

炒飯。それは日本人であれば誰もが好む中華料理と言っても、過言ではないかと思います。 そんな誰にも愛される炒飯ですが、台北に台湾で一番美味しいと言われている炒飯があるようなので、是非記事にして下さいという依頼が入りました。場所は民生東路四段と光復北路の交差 ... 続きを読む
炒飯。

それは日本人であれば誰もが好む中華料理と言っても、過言ではないかと思います。
 
そんな誰にも愛される炒飯ですが、台北に台湾で一番美味しいと言われている炒飯があるようなので、是非記事にして下さいという依頼が入りました。

場所は民生東路四段と光復北路の交差点から近くの場所。
頑張れば松山空港からもそう遠くない距離のところに、そのお店はありました。

民生炒飯(ミンセンチャオファン)
IMG_2510
お店というよりも、ほぼ屋台です。
半屋外には四角テーブルが2つ有りました。

事前情報では、開店の30分前の10時半から整理券を配る等々、かなり敷居が高いような話を聞いたのですが、私が到着したのは10時40分くらい。
すでに先客の男性が一人おり、注文をしていました。
私もなんとなく彼の後ろ立ってたら、「注文何?」と中国語で聞かれたので、食べたいものを告げるとOKと言われたので、座って待っていました。

こちらはメニューです。
IMG_2509
チャーハン以外に麺やあんかけご飯もあるようです。

ちなみにテーブルはこんな感じ。
IMG_2512
ちょっと斜めに傾いているのも、いい雰囲気を醸し出しています。

肉絲炒飯(ロースーチャオファン)90元
IMG_2514
取り敢えずスタンダードなこちらを頼んでみました。
細切りの豚肉が結構多めに感じます。

お米はパラパラという感じではありませんが、一つ一つ独立した感じがあります。
IMG_2515
一口食べて納得です。
ご飯が結構硬めに炊かれているようで、全体的にモチモチとした感触です。
味付けは極めてシンプル。
油と豚肉からの旨味と卵の甘味を塩胡椒で上手に調和されており、うんうんと頷きながら頂きました。

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)100元
IMG_2516
こちらもまたシンプルな炒飯です。
先ほどの炒飯に比べると、肉の旨味からエビの旨味に変わった感じです。
コシがあるお米とプリプリのエビ、良い組み合わせです。

牛肉炒飯(ニョウロウチャオファン)120元
IMG_2518
薄切りの牛肉と空芯菜が混じった炒飯です。
味付けは先程の2種と違い、蝦のペースト状の調味料や、五香等をピーナッツ油で炒めた調味料である沙茶醤を使っているようです。
この沙茶醤は好みが分かれる味ではありますが、牛肉の旨味と空芯菜のシャキシャキ感が炒飯をより美味しくさせていました。
よりスパイシーな味を求め、テーブルに置いてあった辣椒醤を投入してみます。
IMG_2520
ググっと美味しさがUPしたと同時に、見た目以上に辛さもUPしたので、入れすぎ注意です。

尚、一番美味しいと言われている理由は、TV局の投票で一位になったからだそうです。

下記、琉球新聞の記事です。
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-215757-storytopic-1.html

そしてこちらが中文ですが、台湾の美味しい炒飯TOP10。
http://travel.yam.com/Article.aspx?sn=51693

ということで、台湾で一番美味しいと言われている炒飯のお店のご紹介でした。
個人的な感想を言えば、日本人が美味しいと思う炒飯とは、また別の美味しさがある炒飯でした。
気になる方はぜひ、開店前に余裕を持って行って試してみてください。

尚、食べ終わるころにはどんどん人が来て、小さいお店のまわりには人が結構集まっており、テイクアウトで持ち帰る人も多かったです。
IMG_2521


民生炒飯

台北市民生東路五段27巷
営業時間:11:00~14:00/17:00~21:30
定休日:日曜祝日