食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:復興南路

台湾ローカルフードが美味しいのは当たり前ですが、他の文化が混ざり独自に進化した料理も美味しいのが台湾です。以前ご紹介したフレンチトーストサンドのMr.Lin'sもその一つで、卵を使ったフレンチトーストに豚肉を挟んで食べるサンドイッチは、何とも言えない美味しさがあ ... 続きを読む
台湾ローカルフードが美味しいのは当たり前ですが、他の文化が混ざり独自に進化した料理も美味しいのが台湾です。

以前ご紹介したフレンチトーストサンドのMr.Lin'sもその一つで、卵を使ったフレンチトーストに豚肉を挟んで食べるサンドイッチは、何とも言えない美味しさがあります。

今回ご紹介するのもそんなパンを使ったお店で、鉄板でトーストを焼いたり、お餅をホットサンドにしたものを食べれるお店です。

場所はMRT忠孝復興駅に近い白いSOGO(SOGO復興店)の裏、復興南路から少し右に入った辺りにあります。

扶旺號(Full Want)(フーワンハオ)
IMG_1046
台湾の朝食としてサンドイッチという選択肢が多いように、朝6時から開店していますが、最近かなりの人気のお店なので、いつも人であふれています。

こちらメニュー。
IMG_1036
カウンターにもメニューがあるので、指差しで購入することが可能です。
IMG_1037
尚、いくつかのメニューは限定メニューとして午前10時から15時までしか販売してないものもあります。

カウンターの横には大きな鉄板があり、お肉や目玉焼き、トーストなどを焼いているのが見えます。
IMG_1045
取り敢えず幾つか購入してみました。

オーダーが入ってから作るので、若干時間が掛かります。
IMG_1039
番号が書いたレシートが貰えるので、電光掲示板に番号が表れたらカウンターに取りに行くシステムです。

お店の地下にイートインスペースがあるので、そちらで待ってみました。

待つこと10数分でやってきました。
IMG_1048

辣焼肉蛋捲餅(ラーシャオロウダンジュワンビン)70元
IMG_1051
蛋餅(ダンピン)のように巻いてある、厚めの生地に辛い豚肉が挟まっています。
IMG_1052
手に取ると思った以上にずっしりしていました。
かぶりと行くと、じゅわっと豚肉の肉汁が溢れて来ました。
美味しい!と思った瞬間、辣の名前が付いているようにピリリとした辛さがあと追いでやってきます。
でもこの辛さが心地よく、とっても美味しく頂きました。

去骨鶏腿土司(チューグージトゥイトゥースー)90元
IMG_1053
先ほどの鉄板で焼いていたトーストで挟んだ鶏肉のサンドイッチです。

試しに中身を見てみると、おっとパイナップルが入っていました。
IMG_1054
パイナップルか・・・と思いましたが、取り敢えずこのまま頂きます。

うん、悪くありません。
鶏肉にしっかりと味が付いており、トーストもサクサク&フワフワ。
キャベツもシャキシャキとしており、鶏肉の味とパイナップルの酸味と甘さがいい感じに調和してました。

取り敢えず飲み物と思い、こちらをオーダー。

青蛙奶蓋(チンワーナイガイ)50元
IMG_1050
簡単にいうとミルクティーなのですが、上のクリームがものすごくトロットロ!
写真だとわからないと思いますが、ドロッドロのクリームでこれまた美味しい!
少しづつ溶かしながら飲んでみました。
 
さて前述の通り、限定メニューは時間が決まっているため、別の時間でやってきました。

購入したのは2つのホットサンド。
IMG_1243

先ずはこちら。
焼焼麻糬熱壓土司(シャオシャオマーシューラーヤートゥースー)60元
IMG_1244
パッとみ普通のホットサンド。
中を割るとビヨーンとお餅が!
 IMG_1246
お餅と一緒にピーナッツの粉が入っています。
思ったよりも甘さ控えめで、お餅とトーストの組み合わせって面白いですね。
ふと考えてみると思いっきり炭水化物祭りでした。

搖滾香蕉熱壓土司(ヤングンシャンジャオラートゥースー)60元
IMG_1247
こちらはバナナが入ったホットサンド。
嬉しいことにチョコです!チョコバナナのホットサンドという感じでしょうか。
個人的にこのサクッとしたパンに、ぐにゃっとしたバナナの感触が好きです。
美味しく頂きました。


ということで、サンドイッチやお肉が入った蛋餅系のもの、デザートホットサンドのご紹介でした。
どれも美味しく、なかなか日本ではお目にかかれない組み合わせなので、台湾ローカルフードに若干飽きた方にオススメです。
お店のFacebookを見ると、色々美味しそうなメニューも別途あるので、また是非訪れたいと思います。

IMG_1047
尚、今回訪れた復興店以外に、通化店もあるようです。


扶旺號(Full Want)復興店

台北市大安区復興南路一段133−1號
営業時間:月-木:7:00〜16:00 / 金-日:7:00~19:00
最寄り駅:忠孝復興駅
https://www.facebook.com/fullwant/
 

台湾で頂くタピオカといえばタピオカミルクティーを連想すると思いますが、今回は別のタピオカスイーツをご紹介したいと思います。場所は忠孝復興駅から徒歩数分、白SOGO(SOGO忠孝店)の裏辺りにあります。美好年代 BELLE EPOQUE(メイハオニェンダイ)ちなみに近くに2号店 ... 続きを読む
台湾で頂くタピオカといえばタピオカミルクティーを連想すると思いますが、今回は別のタピオカスイーツをご紹介したいと思います。

場所は忠孝復興駅から徒歩数分、白SOGO(SOGO忠孝店)の裏辺りにあります。

美好年代 BELLE EPOQUE(メイハオニェンダイ)
IMG_8910
ちなみに近くに2号店もあります。

中はレトロな感じの素敵な雰囲気です。
IMG_8898
IMG_8895

さて、こちらメニュー。
IMG_8896
IMG_8897
スイーツ以外にパスタやピザなども頂けますが、ここはスイーツを頂きましょう。

待つこと数分、先にやってきたのはこちら。

経典OREO鬆餅塔(ジンディエンオレオソンビンター)250元
IMG_8899
ドーン!というよりは、ドカーン!とやってきました。
かなり大きく、そして分厚いです。
男性の手のひらサイズでしょうか・・・。
巨大なハンバーガーの如く、中にはオレオクリームがぎっちりと挟まっています。
IMG_8900
取り敢えず落ち着いて、備え付けの牛乳クリームを垂らしてみます。
IMG_8901
そしてナイフで優雅に切って頂きましょう。
IMG_8906
オレオです。
とってもオレオです。
オレオ風味のパンケーキに、オレオクリームなので、口の中はいつもオレオです。
備え付けのアイスクリームもオレオなので、何を食べてもオレオな感じです。
個人的にオレオは大好きなので最高に幸せですが、オレオが普通の方は終始オレオなので厳しいかもしれませんね。

取り敢えず口直しにこちら。

印象拿鐵(インシャンナーティエ)135元
IMG_8907
拿鐵、つまりラテです。
甘いスイーツを頂きながら砂糖を入れない、少し苦目のラテを頂くのはいいですね。

さてお次は本命のこちら。

珍珠奶茶鬆餅塔(チェンジューナイチャーソンビンター)230元
IMG_8902
タピオカミルクティーパンケーキです。
盛り方と色がとても芸術的ですよね。
上にキラキラと光るブラックタピオカ、まるで黒真珠です。
IMG_8904
そして、豪華三段重ねのパンケーキの間にもタピオカとクリーム。
IMG_8903
見た目だけでもお腹いっぱいになりそうですが、取り敢えず頂きましょう。
IMG_8905
タピオカモッチモチ!
パンケーキもほんのりと紅茶風味なので、これぞ食べるタピオカミルクティーという感じでしょうか。
クリームは甘すぎず、全体的に甘さに調和がとれている感じで、とっても美味しいです。


ということで、タピオカミルクティーパンケーキとオレオパンケーキを頂いてみました。
オレオパンケーキがかなりボリューミーで、食べている最中にオレオをちょっと嫌いになりかけてしまいましたが、そう思った自分はオレオ好き失格ですね。
またタピオカパンケーキは、見た目も味もオシャレなので、タピオカ好きは是非こちらを。
隣の席で、山盛りポテトにナチョチーズが掛かったものや、チーズたっぷりのピザなどもあり、とっても美味しそうだったので、台湾料理に飽きたらそういうのも頂くのも良いかもしれません。 


美好年代BELLE EPOQUE

台北市大安路一段52巷23號
電話番号:02-2775-3393
営業時間:11:00〜22:00
最寄り駅:忠孝復興駅
 
2号店:台北市大安路一段51巷16號

私の中で、買い食いの代名詞といえば肉まんでしょう。でもこちらでは、半屋台のようなお店で購入しても、お店の中で座って頂くこともできます。言わずと知れた名店ですが、場所は忠孝東路と復興南路の交差点にある忠孝復興駅近く、緑色SOGOの横、復興南路沿いにあります。姜 ... 続きを読む
私の中で、買い食いの代名詞といえば肉まんでしょう。

でもこちらでは、半屋台のようなお店で購入しても、お店の中で座って頂くこともできます。

言わずと知れた名店ですが、場所は忠孝東路と復興南路の交差点にある忠孝復興駅近く、緑色SOGOの横、復興南路沿いにあります。

姜太太包子店(ジャンタイタイバオズディェン)
IMG_6464
ビルとビルの路地に屋台のような感じでお店が出ていますが、隣のビルの二階で作っています。

頂ける包子は写真付きで下記のような感じ。
IMG_6463
ちなみに二階のイートインスペースには、日本語のメニューもあります。
IMG_6476

買い方は口頭注文。
その場でお支払いしましょう。

ということで、今回はイートインスペースで頂くことにしました。
隣のビルの階段を上がっていくと、
IMG_6465
とても綺麗なスペースが現れます。
IMG_6482

横では包子を作る光景も見ることが出来ます。
IMG_6468

では座っていただきましょう。

鮮肉包(シェンロウバオ)16元
IMG_6477
肉まんです。
中にはゴロッとした肉餡の塊が出てきました。
IMG_6478
味もしっかりと付いている餡で、しかもプルンプルン。
肉々しくて、そしてジューシーで美味しいです!
こういう餡、大好きです。

紅豆沙包(ホンドウサーバオ)16元
IMG_6473
あんまんです。

中からアンコは、滑らかなこしあん。
IMG_6474
甘くてとっても美味しく、2、3個余裕でいけちゃいそうです。
あんまんはやはり蒸したてが一番美味しいですよね。

もう一つ頂きましょう。
雪裡紅肉包(シュエリーホンロウバオ)
IMG_6470
カラシ菜肉まんと日本語メニューに記載がありますが、雪裡紅とはアブラナ科アブラナ属の野菜の一種だそうで、雪の中でも芽を出す強い野菜だそうです。
中を割るとこんな感じです。
IMG_6471
食感はシャキシャキとしており、歯ごたえがありますが、かなり青々しい味がします。

ということで私はテーブル調味料を拝借。
IMG_6469
左にある唐辛子醤油を垂らしてみることにします。
IMG_6472
味にアクセントが付き、とっても美味しくなりました。
でも個人的にはやっぱり肉派なので、鮮肉包が一番好きですね。


ということで、包子の有名店のご紹介でした。
極上の肉まんを歩きながら食べてもよし、座ってゆっくり食べれるもよしということで、立地もとてもよくいつも行列ができています。
鮮肉包は肉汁度は高くないものの、ある程度肉汁が入っているので、肉汁で火傷しないように気をつけてください。
IMG_6475



姜太太包子店

台北市復興南路一段180號
営業時間:6:00~19:00 土曜:6:00~18:00
定休日:日曜日
最寄り駅:忠孝復興駅

 

無性に小籠包が食べたくなる日がやってきました。台湾に住み始めてから月に1回くらい、この禁断症状がでます。今回は、最近日本にも出店した、マンゴーかき氷で有名なマンゴーチャチャの本店が対面にある、光復南路にある小籠包屋さんにやって来ました。北大行(ベイダーハン ... 続きを読む
無性に小籠包が食べたくなる日がやってきました。

台湾に住み始めてから月に1回くらい、この禁断症状がでます。

今回は、最近日本にも出店した、マンゴーかき氷で有名なマンゴーチャチャの本店が対面にある、光復南路にある小籠包屋さんにやって来ました。

北大行(ベイダーハン)
IMG_1843
赤い看板が目立ち、清潔感のある綺麗なお店です。

さて、席に座りオーダー表。
IMG_1844
好きなものに食べたい数量を記載。

写真付きのメニューもありました。
IMG_1845
写真が掲載されているのがオススメってことでしょうかね。

テーブル調味料はこんな感じです。
IMG_1846
この辣椒(ラージャオ)、アカンやつですね。
入れすぎ注意です。

肉絲蛋炒飯(ロースーダンチャオファン)110元
IMG_1848
お米パラパラで美味しいです。
卵の甘さが全体的に染み渡っていて、ガッツリ食べたくなりました。
自分で中々出せないこの味、やはり炒飯は外で食べるのが美味しいですね。

小籠包(シャオロンバオ)140元
IMG_1849
10個140元なので、1個14元計算ですね。
他店と比べても、結構大きいです。

レンゲから少しはみ出るくらいのこの大きさ。
IMG_1851
箸で外を割ると、黄金スープが染み出してきました。
スープの味は、ギュッと濃縮された肉の旨味成分の宝庫で、口に肉々しい味がひろがります。

ということで、あっさり系で食べたい方は、こんな感じで刻み生姜を入れると良いかもしれません。
IMG_1853
最近は生姜有りで小籠包を食べるほうが好きになりました。
小籠包の濃い味と、生姜のあっさりとした味のミックスが癖になります。

元盅土鶏湯(ユェンゾンドゥージータン)130元
IMG_1854
小籠包屋さんに行くと、結構な確率であるこのスープ。
私の一番好きなスープと言っても過言ではないほど好きです。
鶏の味がこれでもか!と凝縮されているにも関わらず、澄み渡った色のスープ。
出汁が出きっていると思いきや、ジューシーで柔らかい鶏肉。

こちらのお店のは特に私好みの味で、大好きな好きなコラーゲンが豊富な足の部分も入っていました。
IMG_1858
私も最初に出会った時は、うわ!!って思いましたが、慣れるとツルツルしていて美味しいんですよね。
THEコラーゲンって感じなので、美容には良いと思っています。

青菜(チンツァイ)50元
IMG_1855
高麗菜(ガオリーツァイ)のキャベツ、空芯菜(コンシンツァイ)、菠菜(ボーツァイ)のほうれん草から選べたので、菠菜を頼んでみました。
シャキシャキでとっても美味しいです。

蝦仁焼売(シャーレンシャオマイ)190元
IMG_1856
190元と小籠包に比べて少々お高めですが、かなり大きい焼売です。
蝦が色鮮やかに蒸し上げられておりますが、若干エビの味が濃かったです。


ということで、味が濃くて大きめの小籠包のお店のご紹介でした。
小籠包は自分で作るのが難しいですが、炒飯やこの鶏スープ、是非習得したいですね。
炒飯は絶対に表には出ない、魔法の粉があるんだ・・・・と信じてやみません。


北大行

台北市光復南路427號
営業時間:11:00~14:00/ 17:00~20:30
定休日:月曜日 
 

永和豆漿大王(ヨンハンドウジャンダーワン)この「永和豆漿大王」というお店は台北市内でも様々な場所で見かけますが、全てが同じお店というわけではなく、一つ一つ値段やメニューの内容も違っており、台北市内ではこちらの永和豆漿大王が人気店だそうです。場所はMRT大安駅 ... 続きを読む
永和豆漿大王(ヨンハンドウジャンダーワン)

この「永和豆漿大王」というお店は台北市内でも様々な場所で見かけますが、全てが同じお店というわけではなく、一つ一つ値段やメニューの内容も違っており、台北市内ではこちらの永和豆漿大王が人気店だそうです。

場所はMRT大安駅から復興南路を5分ほど南に行った、瑞安街の交差点近くです。

永和豆漿大王  (ヨンハンドウジャンダーワン) 
IMG_5657
赤い看板が目印です。
従業員もかなり多くの方がいらっしゃいました。
IMG_5653
手前は外帯(テイクアウト)、奥が内用(イートイン)の窓口です。

さてメニューです。
IMG_5643
IMG_5642
まぁだいたい基本は同じですね。

ということで、毎度おなじみのコレです。
鹹豆漿(シェンドウジャン) 30元
IMG_5644
ここの鹹豆漿は量がかなり多かったです。 
IMG_5647
しばらくするとおぼろ豆腐になってきました。
飲む、というよりは食べる感じの固まり具合です。

葱花蛋(ツォンホアダン)10元
IMG_5645
何となく頼んでみましたが、まぁ字の通り、葱が入った卵焼きでした。
普通に美味しかったです。

焼餅油條夾蛋 (シャオビンヨーティャオジャーダン)30元
IMG_5646
サクサクの焼餅(薄いパン生地のようなもの)にカリカリの油條が挟まっているものですが、これまたサクサクカリカリで美味しいです。
量がでるようで、回転が早いの両方共出来立てでした。

厨房が見える席に座っていたので食べながら調理風景をみていました。
IMG_5648 
写真右側の男性は、飯糰(ファントヮン)と呼ばれる、おにぎりのようなものを作っているのですが、大きい油條を丸々一本、慣れた手つきでご飯の中に握り込んでいるのをみていて、既にお腹いっぱいなのにも関わらず、食べてみたくなってきたので買ってみました。

飯糰(ファントヮン)35元
IMG_5650
おにぎりのというよりは、手巻きと太巻きの間くらいの太さで細長く、ご飯はもち米を使っています。
IMG_5652
中身はこんな感じで、油條以外には、豚肉を繊維状にした肉鬆(ロウソン)等が入っていました。
これはこれで美味しかったのですが、さすがに量が多過ぎました・・・。


日曜日の9時くらいに行ったのですが、お客さんが引っ切り無しに来ていました。
また、顔をTV等で拝見したことある台北市議員の方や、明らかに場違いなブランド物を身につけている方々も、
黒塗りの高級車を横付けして、普通に並んで買っている光景を見かけました。

そんな庶民からセレブまでもが通う朝食屋さんでした。

ここは少々遠くても、行く価値アリです。


永和豆漿大王

台北市大安區復興南路二段102號

暑い。なんて暑いんだろう。こんな暑い日は辛いものを食べていっぱい汗をかこう!ということで、四川料理のお店にやってきました。台北市内に何店舗かありますが、今回は復興南路と八徳路の交差点近くにある復興店にやってきました。KiKi餐廳(キキツァンティン)お店の外観 ... 続きを読む
暑い。
なんて暑いんだろう。
こんな暑い日は辛いものを食べていっぱい汗をかこう!

ということで、四川料理のお店にやってきました。
台北市内に何店舗かありますが、今回は復興南路と八徳路の交差点近くにある復興店にやってきました。

KiKi餐廳(キキツァンティン)
IMG_4929
お店の外観はオシャレで四川料理のお店っぽくありません。

店内も何だかオシャレカフェのような作りでした。
IMG_5019
さてメニューです。
英語も書いてあるので、わかりやすいです。
尚、辛さは「*」マークの量によって変わるようです。
IMG_5013
IMG_5014
IMG_5015
IMG_5016
IMG_5017
IMG_5018

蒼蠅頭(ツァンイントウ)220元 辛さ***
IMG_5002
四川料理の有名な一品です。
名前は蒼い蝿の頭と、変な感じですが、ニラ(茎の部分)、挽肉、唐辛子、ニンニク、豆豉やそのた香辛料と炒めたものです。
一口食べて、辛ウマッ!物凄く白飯が欲しくなりました。
でもこれだけを食べ続けるのは・・・・うーん辛い・・・。

成都酸辣湯(ツェンドォスワンラータン)200元 辛さ**
IMG_5003
見た目は普通なんですが、結構辛いです。
胡椒の辛さではなく、辣油の辛さです。
でも味わいが深く美味しく頂けました。
でも辛い・・・。

銀絲巻(インスージュワン)40元
IMG_5005
辛さの中のオアシス!
練乳つけて美味しいです!
IMG_5007
すぐに食べきってしまいました・・・。

麻婆豆腐(マーボードウフ)200元 辛さ***
IMG_5008
辛いだけの麻婆豆腐でした。
ちょっと求めていたものとは違ったので、ちょっとがっかりです。

でもオンTHEライスで食べてみました。
IMG_5009
まぁ、普通に美味しかったです。
かなり辛かったですが・・・・。

辣子鶏丁(ラーズジーティン)330元 辛さ***
IMG_5010
見た目、すごいインパクトです。
大きめの唐辛子と一緒に鶏を揚げ、パウダー状の辛を眩した感じです。
ジュワっと肉汁が飛び出す唐揚げで、味は本当に美味しかったです。
ビール好きの人はおつまみに最高でしょう。
でもコレが意外に意外、見た目ほどにの激辛ではありませんでした。
まぁ勿論それなりに辛いですけどね・・・

さて、料理は出揃いました。
テーブルの上はこんな感じです。
IMG_5011
全然、箸が進んでません・・・・。

そして唐辛子だけ、そっと別皿に・・・
IMG_5012
そんなこんなで、辛さに完敗です。
こう見ると、全部辛さマークが付いているものしか頼んでませんね。
もちろん辛くない料理もあったので、ちょっとオーダーに失敗です。
食べきれなかった分はお持ち帰りにして、後日頂きました。

今回特に気に入ったのは蒼蝿頭ですね。
これ、自分で作れそうな感じがします。
IMG_5020
 
KIKI Restautant

台北市復興南路一段28號
営業時間:11:50~15:00、17:15~23:00 
定休日:なし
電話:(02)2752-2781