食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:士林市場

連続して士林夜市(シーリンイエースー)のお店を紹介してきましたが、胃袋もそろそろ一杯なので今回で一旦お休みです。今回ご紹介するのは、名前だけは知ってる!という方も多いと思う、おなじみのコレです。大腸包小腸(ダーチャンバオシャオチャン)漢字を読み取ると、大 ... 続きを読む
連続して士林夜市(シーリンイエースー)のお店を紹介してきましたが、胃袋もそろそろ一杯なので今回で一旦お休みです。

今回ご紹介するのは、名前だけは知ってる!という方も多いと思う、おなじみのコレです。

大腸包小腸(ダーチャンバオシャオチャン)
IMG_4619
漢字を読み取ると、大腸が包む小腸となります。
何故この名前になったのかは良くわかりませんが、ある店主がもち米の腸詰と普通の腸詰が好きすぎて、同時に食べようと思ったことが始まりのようです。
IMG_4618
白いのがもち米の腸詰、米腸(ミーチャン)、赤っぽいのが普通の腸詰、香腸(シャンチャン)と言い、別々で売っているお店も沢山あります。

原味、つまり特別な味が付いてないものを買ってみました。
大腸包小腸(ダーチャンバオシャオチャン)50元
IMG_4620
もち米の腸詰に切り目を入れ、香草や高菜っぽい酸菜(スヮンツァイ)を詰めて、普通の腸詰を挟んでいます。

想像していた味でした。
台湾の腸詰、香腸は甘いのが特徴のため、好き嫌いが分かれるかもしれません。
この甘さに、酸っぱい酸菜、高菜や香菜の香りが混ざります。
米腸には特に味が付いてませんが、モチモチッとした食感と、プリっとした米腸の皮があります。

台湾ならではの有名な一品ではありますが、大好きでまた食べたい!というわけでもないかな・・・と。
尚、今回は美食広場の地下の店舗に行きましたが、士林市場には沢山の店舗があります。

大腸包小腸

士林市場(美食広場)地下一階 

みんな大好き!士林夜市(シーリンイエスー)にやってきました。思い起こせば初めてこの夜市に訪れた際にMRTを使ったのですが、士林夜市はMRT劍潭(ジェンタン)駅の近くという下調べをせずに行き、MRT士林駅の近くにあるとすっかり思い込んでいて1時間くらいさまよったのを ... 続きを読む
みんな大好き!士林夜市(シーリンイエスー)にやってきました。

思い起こせば初めてこの夜市に訪れた際にMRTを使ったのですが、士林夜市はMRT劍潭(ジェンタン)駅の近くという下調べをせずに行き、MRT士林駅の近くにあるとすっかり思い込んでいて1時間くらいさまよったのを思い出します。

さて、士林夜市の美食広場(士林市場)です。
IMG_4639
士林夜市は街全体が夜市のようになっていますが、こちらの美食広場は最近移転し新しくなりました。
建物の前で、日本のテレビクルーが撮影していました。
IMG_4616
建物の一階と地下にお店が広がっています。 
地下に降りると地図がありました。
IMG_4617
休日の夜だった為、人でごった返しています。

炒飯好きなので、炒飯を探すと目に止まったお店。

坤霖號(クンリンハオ)
IMG_4629
メニューはこんな感じです。
IMG_4621
肉絲蛋炒飯(ロースーダンチャオファン)70元
IMG_4624
肉が多めですが、少々米が固かったです。
IMG_4627
でも美味しく頂けました。
席の隣で鍋振ったり、行き交う人達が覗きこむので、普段とは違う面白い調味料となりました。

沙茶牛肉炒麺(サーチャーニョーローチャオミェン)90元
IMG_4625
沙茶醤(サーチャージャン)という蝦のペースト状の調味料や、五香等をピーナッツ油で炒めた調味料を使った麺です。
IMG_4626
沙茶醤の独特な味があります。
好き嫌いがわかれる味かもしれません。
IMG_4622
正直、超美味しい!というわけではありませんでしたが、士林夜市の独特な雰囲気を充分味わえる、ローカル色たっぷりのお店でした。


坤霖號

士林市場(美食広場)地下一階