食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:台湾観光局

台湾北東部にある宜蘭(イーラン)にて夏休み恒例の子供イベント「宜蘭国際童玩芸術祭」が開催されています。「宜蘭国際童玩芸術祭」 http://www.yicfff.tw/jp/1996年に第一回目が開催され、今年で20周年。7月4日から8月23日まで開催され、今年は「飛」をテーマ ... 続きを読む
台湾北東部にある宜蘭(イーラン)にて夏休み恒例の子供イベント「宜蘭国際童玩芸術祭」が開催されています。

「宜蘭国際童玩芸術祭」 http://www.yicfff.tw/jp/

1996年に第一回目が開催され、今年で20周年。
7月4日から8月23日まで開催され、今年は「飛」をテーマに、水のエリアを中心に音と光が躍動する音楽やゲームイベントが行われているようです。
g-sky-1
 (宜蘭県政府文化局提供)
 
g-cloud-1
 (宜蘭県政府文化局提供)

台北から宜蘭までタクシーなら約1時間で行けますし、またバスや電車などの公共機関でもアクセスは容易です。
詳しい行き方は下記に掲載されています。


また宜蘭といえば温泉街の礁渓温泉も近いので温泉とセットに訪れるのも良いですね。
宜蘭のお土産やグルメについては、宜蘭県政府の記事をご参照ください。
 


また別の情報ですが、2015年8月9日まで台東鹿野高台にて「台湾国際熱気球フェスティバル」が開催されています。
 
「台湾国際熱気球フェスティバル」:http://balloontaiwan.taitung.gov.tw/
 a142b1fd6bc049e5b979c3669f0faefa
 (台東県政府提供)

こちらも合わせて台湾情報として是非チェックしてください。


台湾観光局

今年も台湾観光局からの依頼を頂きましたので、台湾観光情報をお届けいたします。第一回目の記事は「福隆砂彫刻フェスティバル2015」のご紹介です。 (交通部観光局東北角提供)砂彫刻とは、砂浜の砂を使ったお城等を造形する芸術であり、日本だと鳥取砂丘などでコンテスト ... 続きを読む
今年も台湾観光局からの依頼を頂きましたので、台湾観光情報をお届けいたします。

第一回目の記事は「福隆砂彫刻フェスティバル2015」のご紹介です。 
11000425
(交通部観光局東北角提供)

砂彫刻とは、砂浜の砂を使ったお城等を造形する芸術であり、日本だと鳥取砂丘などでコンテストが行われているようです。

台湾では東部にある福隆一体は黄金海岸と呼ばれ、福隆海岸の砂は砂彫刻、つまりサンドアートに適しているそうで、毎年5月から6月に砂彫刻フェスティバルが開催されており、年々規模が拡大しています。

http://www.necoast-nsa.gov.tw/user/Article.aspx?Lang=3&SNo=03000063

ちなみに世界砂像連盟(WSSA)という連盟もあるように、世界で活躍しているサンドアーティストもいるそうですね。

11000427
(交通部観光局東北角提供)

11000426
(交通部観光局東北角提供)


今年は5月2日から7月12日まで行われているようです。
banner_410x123

砂彫刻フェスティバル特設サイト(中文・英語)

海岸も台湾鉄道福隆駅より徒歩数分ですので、台北からのんびり台湾鉄道に乗って行くのも良いかもしれません。


台湾観光局

台湾観光局の記事は今回が最終回。最終回の第10回目となる記事は「アート村(彩絵村)」のご紹介です。台湾各地には街中に絵が描かれたアート村が点在していますが、中でも有名なのが台中にある虹の村、彩虹眷村でしょう。彩虹眷村(ツァイホンジュヮンチュン)(提供:台中観 ... 続きを読む
台湾観光局の記事は今回が最終回。
最終回の第10回目となる記事は「アート村(彩絵村)」のご紹介です。

台湾各地には街中に絵が描かれたアート村が点在していますが、中でも有名なのが台中にある虹の村、彩虹眷村でしょう。

彩虹眷村(ツァイホンジュヮンチュン)
Filedata635495864468378042
(提供:台中観光政府)

この村に住む黄永阜というおじさんがなんとなく絵を書き始めたのがキッカケだそうで、今では数多くの観光客が訪れる場所となっています。
Filedata635495864793014612
(提供:台中観光政府) 
Filedata635495865109071167
(提供:台中観光政府) 
Filedata635495865332775560
(提供:台中観光政府) 

一度見たら夢に見そうなサイケデリックでカラフルなこの村、台中に行ったらぜひ一度は訪れてみたいスポットの1つですね。


彩虹眷村

台中市南屯區春安路56巷

無料開放していますが、住宅地なので早朝深夜の訪問は控えましょう。


次は猫好きには堪らない、猫のアート村のご紹介です。

頂渓猫村(ディンシーマオチュン)
IMG_8607
猫村といっても、実際の猫がいるわけではなく、猫のアート村です。

ここの村に実際に居た猫を題材とした絵本、「屋根の上の猫」を区長が発行し優秀賞を受賞しました。
その後、題材にした猫は亡くなってしまいましたが、こちらの村が地域振興プロジェクトの対象となった為、絵本の世界を村造り、猫村となったそうです。

猫の壁画はもちろん、だまし絵やオブジェになっているものもあります。
IMG_8596

IMG_8595

 IMG_8591

IMG_8606


場所は雲林県の斗六という駅から車orタクシーで20分程の場所にあります。
なかなか遠くて訪れるのが難しいと思いますが、猫好きの方は是非訪れてみてください。


頂渓猫村

雲林縣虎尾鎮頂溪里過溪56-2號

こちらも無料開放していますが、住宅地なので早朝深夜の訪問は控えましょう。




 

台湾観光局の記事、第9回目は「台湾の芸術と文化産業」についての内容です。台北市内には古くに建てられた建物や家屋が大切に保存されており、ショップ、カフェ、レストランや観光地として今でも多くが活躍しています。下記の「國際光點」というサイトでは台湾の文化や芸術に ... 続きを読む
台湾観光局の記事、第9回目は「台湾の芸術と文化産業」についての内容です。


台北市内には古くに建てられた建物や家屋が大切に保存されており、ショップ、カフェ、レストランや観光地として今でも多くが活躍しています。

下記の「國際光點」というサイトでは台湾の文化や芸術に触れられるスポットが紹介されており、私が訪れたことがある場所をいくつかご紹介したいと思います。

國際光點
http://intlspotlight.taiwan.net.tw/st_northern1_jp.html


「食養山房」
nor2_pic02
(台湾観光局提供)
 
食べ台湾でもかなり以前にご紹介した、都会の喧騒から離れた山奥にあるレストランです。
「食養山房 山奥にある隠れ家創作レストラン」

こちらでは茶師の指導で茶禅を体験でき、オリエンタルな文化に浸ることが出来ます。

新北市汐止區汐萬路3段350巷7號
電話番号:02-2646-2266

 
「華山1914文化創意産業園區」
d127e92f

酒造工場だった建物が改装され、中国茶や原住民の雑貨買えるショップやレストラン等があり、またイベント会場としても生まれ変わり、活躍しています。

尚、敷地内には台湾料理で有名な「青葉」の食べ放題のレストランがあります。

「青葉新楽園 味良し雰囲気良しの有名台湾料理店のバイキング」
最寄り駅:MRT忠孝新生駅


「青田七六」
P1050710

P1050705

1931年に日本人の農学者が設計し住居とした和洋折衷の家屋で、中でお食事を頂くことが出来ます。
尚、内部の見学時には床板保護のため靴下の着用が必要です。(現地で購入可能)

開放時間:11:30~21:00
定休日:(毎月第一月曜日)
 
最寄り駅:MRT東門駅5番出口より徒歩10~15分


台湾観光局依頼による記事、今回は第8回目です。今回は「台湾ランタンフェスティバル2015」についてお届けします。旧暦のお正月をお祝いする台湾では、旧暦1月15日の「元宵節」にはランタンや爆竹で盛大に祝う習慣があり、台湾ランタンフェスティバルでは毎年その年の干支の ... 続きを読む
台湾観光局依頼による記事、今回は第8回目です。

今回は「台湾ランタンフェスティバル2015」についてお届けします。


旧暦のお正月をお祝いする台湾では、旧暦1月15日の「元宵節」にはランタンや爆竹で盛大に祝う習慣があり、台湾ランタンフェスティバルでは毎年その年の干支のランタンが製作され、元宵節の夜を彩ります。

台湾ランタンフェスティバル2015
JP(1)
開催期間:2015年2月27日 金曜日 ~ 3月15日 日曜日

場所:台中の3会場

1. 台湾新幹線烏日駅

2. 台中公園

3. 豊原廟東

詳しくは公式サイトにて、
http://2015taiwanlantern.net (中国語と英語のみ)

ここ数年のメインランタンは下記のような感じです。

2013年(巳年)で蛇
160M
(台湾観光局提供)

2014年(午年)で馬
phoca_thumb_l_DSC_0110
(台湾観光局提供)

そして今年の2015年(未年)は羊、ということで羊の巨大ランタンが会場に現れます。


下記映像は、2014年に行われたランタンフェスティバルの様子です。

 
写真コンテストも開催されるようなので、期間中に撮影された写真を応募されてみるのも良いですね。

下記には日本語サイトがあるので、こちらへもどうぞ。
http://www.taiwan.net.tw/2015taiwanlantern/JP



台湾観光局依頼による記事、今回は第7回目です。今回も前回に引き続き、ポルトガルで開催された観光フィルムフェスティバル「ART&TUR」にて受賞した台湾観光動画のご紹介を致します。「いいね!台湾」 ショッピング編花布はポップでこれぞアジアン雑貨と思わせる柄の布です ... 続きを読む
台湾観光局依頼による記事、今回は第7回目です。

今回も前回に引き続き、ポルトガルで開催された観光フィルムフェスティバル「ART&TUR」にて受賞した台湾観光動画のご紹介を致します。

「いいね!台湾」 ショッピング編


花布はポップでこれぞアジアン雑貨と思わせる柄の布です。
この布を使った雑貨を探される方も多いと思います。
迪化街周辺の布屋さんでは長さを指定する以外にもハンドメイドに十分なサイズの端切れが置いてあるお店もあるので、少量で色々な種類を買うことも出来るので、おすすめです。

「いいね!台湾」 ロマン編


「いいね!台湾」 文化編


ロマン編と文化編で紹介されている願いを書いてランタンを空に飛ばす「天燈」は台湾のローカル線「平溪線」沿線で楽しむことができます。
また九份の玄関口「瑞芳」から延びているので、九份とセットで郊外1日観光するのがおすすめですね。
 
平溪線は神奈川県を走る江ノ電と交流があり江ノ電の1日乗車券で平溪線の1日周遊券に交換ができます。
http://www.enoden.co.jp/info/heikeisen.html
(2015年3月31日まで)

「いいね!台湾」 ロハス編


太極拳やコミュニティーサイクルなどロハスな台湾が紹介されている動画です。

ということで、前後編で動画のご紹介を致しました。

動画をみると行き台湾な気分になると思います。
思い立ったが台湾吉日、ということで、是非台湾へお越しください!