食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:台湾フルーツ

世界三大フルーツの一つであるチェリモヤと釈迦頭を掛け合わせた、台湾フルーツのアテモヤのご紹介です。台湾では鳳梨釈迦と呼ばれ、ネットリとした甘さがある珍しい果物です。 ... 続きを読む
海外旅行の現地ツアーや空港送迎など手軽に予約ができるKKdayが、おうちで台湾を味わえるグルメ商品も販売しており、今回は日本ではまだまだ珍しい台湾フルーツの「アテモヤ(鳳梨釈迦)」をお取り寄せしたのでレビューしたいと思います。

アテモヤとは台東名産の「釈迦頭(バンレイシ)」と呼ばれる、お釈迦様の頭のような形をした糖度が高いフルーツと、世界三大フルーツの一つである「チェリモヤ」という、ペルー産の果物を掛け合わせて品種改良した果物です。
ビタミンB2やカリウム、カルシウム、マグネシウムなどを豊富に含んでいることから、栄養価の高いことで注目されているとか。
FullSizeRender

ちなみに下記が釈迦頭です。
お釈迦様の頭の螺髪みたいに見えるが、釈迦頭と呼ばれる由来だとか。

ちなみに、世界三大フルーツは、「マンゴー」、「マンゴスチン」、「チェリモヤ」だそうです。
マンゴー、マンゴスチンは世界三大フルーツの一つと知っていましたが、もう一つはドリアンだと勘違いしていました。(ドリアンは果物の王様ですね)

私も台湾に住んでいた時に釈迦頭は何度か食べましたが、今回のアテモヤ(鳳梨釈迦)は食べたことがなかったのでとっても楽しみです。

尚、アテモヤは下記KKDAYサイトよりお取り寄せ可能です。
続きを読む

今回はそんな誰もが知っている台湾パイナップルではなく、台湾直輸入フルーツの「インドナツメ」をご紹介したいと思います。 ... 続きを読む
台湾パイナップル、ニュースになっていますね。
美味しくて芯まで食べられて大人気!品切れのスーパーも多いとか。
日本への輸入は始まったばかり、スーパーでお見かけする機会もこれから本格化するようです。

そんな大人気の台湾パイナップルですが、今回は日本ではあまり馴染みのない台湾産の「インドナツメ」をご紹介したいと思います。

日本で「ナツメ」というと、乾燥させた紅色の小さい実のことで、お菓子や生薬などに使われるものをイメージするかと思います。ちなみに和名は夏に入って芽が出ること(夏芽)に由来するとか。
今回ご紹介する台湾の「インドナツメ」は、そのナツメとは全く違うもので、りんごを二回りほど小さくしたくらいの大きさで、台湾では「棗子(リーズ)」と呼ばれています。(ちなみに日本でいうナツメは台湾では「紅棗(ホンリー)」と呼ばれています)
学名は「Ziziphus mauritiana」、一般的にはインドナツメ、チニーアップル、ダンクとも呼ばれるそうで、日本での知名度は低いフルーツです。
気になる方はWikipediaをどうぞ。

そんなインドナツメがスーパーで売っていたので購入してみました。
IMG_1114
青リンゴのように見えますが、りんごよりも2回りほど小さいミニサイズです。
続きを読む