食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:台湾

2017年も始まりました、台湾ウェルカムプレゼント。さて、今年第一弾のウェルカムプレゼントは 個人旅行に便利な「桃園国際空港-台北市内」空港バス無料乗車引換券です。詳細は下記からどうぞ。https://go-taiwan.net/index.php/campaign/517-welcome2017.html空港バス引換 ... 続きを読む
2017年も始まりました、台湾ウェルカムプレゼント。

img_busticket2017

さて、今年第一弾のウェルカムプレゼントは 個人旅行に便利な「桃園国際空港-台北市内」空港バス無料乗車引換券です。

詳細は下記からどうぞ。

https://go-taiwan.net/index.php/campaign/517-welcome2017.html

空港バス引換券は抽選方式で、応募期間である2017年1月18日(水)~2月28日(火)までで、全6回、合計3000名の方にプレゼントされるようです。
以前は、応募するともれなく貰えたプレゼントですが、ここ数年は抽選方式になりました。

尚、空港バスは引換券は、一回の当選に付き2枚プレゼントされるそうなので、往復での利用が可能です。

引換券が利用可能となる空港バス運行会社は、大有バス長栄バス国光客運バス建明客運(飛狗バス)で、片道でだいたい120元なので、240元ほどお得になるプレゼントとなります。

応募はインターネットで出来るようなので、台湾旅行を予定されている方で、桃園空港を利用される方であれば、是非応募してみてくださいね。

詳細は下記からどうぞ!

tit_campaign2017


台湾観光協会

http://www.go-taiwan.net/ 

 

(キャンペーンは終了致しました)台湾観光局企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼントとして、今年も電子マネーカードである悠遊カード(EasyCard)のプレゼント企画が8月8日よりはじまりました。例年希望者プレゼントだったこの企画、今年から毎週500名様、総勢5000名 ... 続きを読む
(キャンペーンは終了致しました)

台湾観光局企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼントとして、今年も電子マネーカードである悠遊カード(EasyCard)のプレゼント企画が8月8日よりはじまりました。

例年希望者プレゼントだったこの企画、今年から毎週500名様、総勢5000名様に当たる抽選方式になったようです。

台湾ウェルカムプレゼントキャンペーン2016 抽選で毎週500名様、総勢5000名様に当たる 台湾観光局2016オリジナルデザイン「悠遊カード(EasyCard)」プレゼント!

img_easycard2016_ohbear

悠遊カード(EasyCard)は地下鉄などの台北MRTや市内バス、提携公共バス、台湾鉄道(一部路線)などの乗車に使える他、コンビニエンスストアなどのお買い物にも利用可能です。また今年から高雄のMRTも利用可能となりました。

このキャンペーンで当たる非売品の同カードには、既にNT$50がチャージされており、また駅の専用機などでチャージすれば何度でも利用できるとのこと。

別途利用に登録は必要ですがレンタルサイクル、YOUBIKEの利用も可能です。
http://www.youbike.com.tw


応募資格は下記の通りです

・日本発着で台湾旅行が予約確約済みの日本人を含む外国籍旅行者の方(既に台湾旅行の予約を確約済みの方に限ります)
・専用の応募フォームから必要事項をご入力のうえご応募が可能な方
・応募される週よりご出発日が二週間以上先の方
・応募は1回のご旅行に際し1枚のお申込みとなります。(応募内容の不備、重複応募、期限超過申請などが発覚した場合は、応募受付は無効となります)
・同企画の当選権利は1回のみとし、既に当選された方で本プレゼント実施期間中に訪台旅行予約が複数回ある方でも応募は1回のみを原則とします。


応募スケジュールは下記の通りです
1470635854115

今年から抽選になりましたが、毎週500枚、総勢5000枚のプレゼントですので、当たる確率は高そうですね!?

台湾旅行にとても便利な悠遊カード、お持ちでない方は是非この機会にGETして下さい。

*悠遊カード公式HP(中国語)
http://www.easycard.com.tw/

お申込み詳細はこちら
http://go-taiwan.net/index.php/campaign/welcome2016.html

(キャンペーンは終了致しました)
台湾観光協会
http://go-taiwan.net/

先日、日本に一時帰国する機会があり、実家へのおみやげに何が欲しいか聞いたところ、生のパイナップルが良いとのこと。生のパイナップルって日本へ持ち帰れるの!?ということで植物防疫所のホームページより、旅行者用簡易検索情報で「海外から野菜や果物を持ち込む際の規 ... 続きを読む
先日、日本に一時帰国する機会があり、実家へのおみやげに何が欲しいか聞いたところ、生のパイナップルが良いとのこと。

生のパイナップルって日本へ持ち帰れるの!?

ということで植物防疫所のホームページより、旅行者用簡易検索情報で「海外から野菜や果物を持ち込む際の規制」について調べてみました。

台湾の輸入規制一覧はこちらから調べることが出来ます。

見てみると確かに台湾からはパイナップルやココヤシ、ドリアン、タマリンドなどのフルーツの他、コリアンダー(香菜)やバジル、ニンニク、レモングラスなどが入国時に審査を受け、合格すれば持ち込むことが可能とのこと。

ということで、良いパイナップルを買おうと思い、以前ご紹介した希望広場へとやってきました。
DSC04390
一通り見て、美味しそうなこちら、1つ200元の高級パイナップルを発見。
DSC04391
パイナップル専門農家で、こだわりのあるパイナップルとのこと。

3つ購入してみました。
DSC04400
この3つを袋に入れ、新聞紙にくるみ、ダンボールに入れて日本へと持ち込んでみました。
尚、今回は預け入れ荷物として運びます。スーツケースの中に入れて運んでも問題ありません。
また台湾での出国時の検査は特に必要ありません。
IMG_2382
IMG_2383
今回は台北松山空港から羽田国際空港の便でしたので、羽田国際空港にある植物検疫所に向かいました。
税関検査カウンターを通る手前、荷物ターンテーブルの端にカウンターがあります。
以前、魯肉飯の缶詰とインスタント牛肉麺を持ち込んで立ち寄った、動物検疫所に併設されています。

参考:【コラム】台湾から魯肉飯の缶詰を日本に持ち込んで良いか実際に試してみました

先ず、検疫官の方に「台湾からパイナップルを持ち込んだのですが、調べて頂けますか?」と尋ねたところ、「わかりました、調べてみます。持ち込まれたパイナップルを拝見しますね。」ということで、ダンボールをあけ、実際に持ち込んだパイナップルをお見せました。
検疫官の方は一つ一つ、葉の周りやパイナップルの底の部分を見て、虫がいないかなどをチェックされました。パイナップル1つに掛かった時間は1つ1分以内程度。一通り検査をされたところ全部合格、植物検査合格証印が押された証明書を貼って頂きました。今回の所要時間は3分程度しか掛からずすぐに終わりました。
DSC00179
これで無事、持ち込むことが可能です!!
ちなみに、「マンゴーの持ち込みは出来ないと思いますが、皮を剥いてカットしてタッパーに入れて、カットフルーツとして持ち込むことは可能ですか?」と聞いたところ、「例えカットしたとしてもマンゴーの日本への個人持ち込みは出来ないんですよ」とのこと。
やっぱりそうなんですねー、勉強になりました!ちなみに、この季節のライチも禁止ですのでご注意下さい。

ということで、実家に持ち帰り、冷蔵庫で一晩冷やして早速一緒に頂きました。
台湾の果物屋さんのように、丸ごとのまま皮は剥けないので、2つに割って皮を縦に切り裂いてもらいます。
DSC00182
DSC00180
写真を取るなら、ということで盛ってもらいました。
DSC00186
1つ食べてみると、「なにこれ!?全然日本で食べるパイナップルと違う!!」と驚いていました。
日本で一般的に流通しているパイナップルは酵素が強く、口がヒリヒリするし、繊維質も強くて硬いけど、これはぜんぜん違う!芯まで食べられてとっても美味しい!と満足頂けました。
DSC00187
兄のAniwanと姉のAnewanにもプレゼントしたところ、とっても美味しかった!とのこと。
おみやげで喜んで貰えると、やっぱり嬉しいですね!


ということで、今回はパイナップルを実際に持ち帰ってみました。
結構かさ張りますが、日本ではなかなか口に出来ないと思うので、この夏のおみやげは生パイナップルで決まりですね!
尚、日本へ持ち帰る際は、必ず植物検疫を受けてください。また検疫の結果次第では、持ち込みが出来るとは限りませんのでご了承下さい。尚、前述の通りパイナップル以外でも検疫を通せば日本に持ち帰れるフルーツはありますが、不明な場合は必ず植物防疫所に問い合わせるようにして下さい。

本内容は2016年6月時点での記録です。海外から日本へ植物を持ち込みをする際は、必ず植物防疫所のホームページを確認の上、自己責任でお願い致します。


植物防疫所

http://www.maff.go.jp/pps/

今回は食べ台湾読者から多くの要望を頂いている、エビ釣りについて取り上げたいと思います。エビ釣りとは、屋内の釣り堀でエビを釣り、その場で釣ったエビを焼いて食べることができるファミリーでも楽しめるアクティビティーです。ちなみにエビは釣り放題、料金は時間制で竿 ... 続きを読む
今回は食べ台湾読者から多くの要望を頂いている、エビ釣りについて取り上げたいと思います。

エビ釣りとは、屋内の釣り堀でエビを釣り、その場で釣ったエビを焼いて食べることができるファミリーでも楽しめるアクティビティーです。
ちなみにエビは釣り放題、料金は時間制で竿や餌は料金に含まれています。

ちなみに私のエビ釣り歴は、台湾に赴任した初めての週末に連れて行って頂いてからなので、現在で6年ほど。
食べ台湾で取り上げようとずっと思っていましたが、良い釣り堀は台北市内からアクセスが悪く、市内にあるものも小規模のため躊躇していたのですが、今回松山空港方面、濱江市場のすぐ近くのエビ釣り場を見つけたのでご紹介に踏み切りました。

位置的には前述の通り濱江市場近く、民族東路を挟んだ対面あたりにあります。

新豪釣蝦(シンハオデャオシャー)
IMG_1143
入口の両側は車関係のお店で、写真の看板から奥に入った場所にエビ釣り場があります。

ちなみにエビ釣りは釣蝦(デャオシャー)と言います。
IMG_0286
ではお店の中に入ってみましょう。

お店の奥にプールのような釣り堀が広がっています。
IMG_0120
入口右側にカウンターがあり、こちらで希望の時間を言い、料金を支払います。
IMG_0263
支払うと、竿とトレイを貸してもらえます。
IMG_0110
取り敢えず竿とトレイを持って、好きな場所を確保。

場所を確保したら、こちらのトレイにカウンター横の冷蔵庫から餌になる小さいエビを取り出しましょう。
IMG_0109
ちなみにレバーも餌としておいてあるのですが、個人的には使用が面倒臭いので、エビオンリーで勝負しています。

では仕掛けを用意しましょう。

竿は先から釣り糸が延び、途中に浮きがあり、先端には針が2つ付いています。
イメージとしては、浮きから垂れ下がる針のうち、上の針が釣り堀の底に当たり、下の針がゆらゆらと揺れる感じです。

取り敢えず浮きから針の長さを調節する必要があるので、まずは水深がどれくらいか竿を手持ち部分から釣り堀に垂直に突き刺してみます。
IMG_0112
竿を垂直に入れることで、大体の水深がわかるかと思います。

ここで、竿についている目印になる輪ゴムがあるので、それに水深を合わせましょう。
(上記写真、青いのは釣ったエビを入れる網のカゴ、スカリです。こちらも事前に用意しましょう)

合わせたら、竿から伸びている浮きをその目標となる輪ゴムに当ててみましょう。
IMG_0115
そうすると、竿の手持ちの底の部分に釣り糸が垂れるので、長すぎれば浮きをずらして短く、短ければ伸ばして調度よい感じに調節します。
写真だとこんな感じになります。
IMG_0266
まぁ正直大体はこの作業をしなくても、貸してもらえる竿の針の位置は丁度良い高さに最初からなっているので、この作業を省いても構いません。

針の位置を合わせたら、勝負開始!

取り敢えず餌のエビを針につけましょう。
IMG_0116
上と下の針、両方につけます。

つけたら、そっと水の中に投げ込みましょう。
IMG_0117
水面にゆらゆらと揺れる浮き、取り敢えず反応があるまで待ちます。
IMG_0255
ゆらゆら・・・・と揺れる浮き、突然浮きがスッと水面に沈みます!
IMG_0258
これぞ水中のエビちゃんが餌に反応した瞬間。

しかし考えてみてください。
魚は餌をみたらパクっ!って行くと思いますが、エビはどうでしょう。
小さい爪のある手でワサワサと口の前に持ってきてから、モグモグと食べるのだと思います。

ということで、水面に沈んだからと言って、一気に竿を引いても早すぎる可能性があるので、ここは少し泳がせます。
個人的な感覚では体内時計で6秒。
6秒心の中で数えたあと、一気に竿を引くと物凄い引きを感じることが出来るでしょう。
うまい具合に釣れると青い綺麗なエビが現れます。
IMG_0259
どーん!と釣れました!!

取り敢えずビールでも飲みながら連れたエビちゃんを眺めます。
IMG_0252
ちなみに、ビールや飲み物はカウンター横の冷蔵庫からセルフで取り出し、カウンターでお支払いです。
IMG_0264

さて、エビの姿を楽しんだら針を外す作業に入るのですが、正直これが大変です。

というのもこちらのエビは手が長く、普通に針を取ろうとすると思いっきりこの青い手の先にある爪で挟んできて、地味にかなり痛いです。(怪我をするほどではありません)

なので、取り敢えずこのようにして上から抑えこみましょう。
IMG_0260
抑えこんだら、両手をたたむようにして、気を付け!を強制的にさせ、身体と一緒に両手を掴みます。
掴んで身動きが取れなくなったら、口に引っかかっている針を取り、青いカゴに入れて取り敢えず一匹という感じです。

この作業を繰り返し、取り敢えず釣れるだけ釣りましょう!!
IMG_0267
ということで、今回は2時間で13匹です。

初めてエビ釣り行った時は2時間で3匹だった記憶があります・・・。
ちなみに母親、mamawanが台湾に来た時に初めてエビ釣りに連れて行った時は、2時間で19匹釣ってました。

尚、こちらのエビ釣り上は時間制で、時間が来ると電光掲示板に支払い時に頂いたレシートに記載されている番号が表示され「お時間ですよ」とお知らせしてくれます。

時間が来たらトレイと竿を先ず返しましょう。
延長の場合は、その場で延長時間を払えばOKです。


ということで竿を返したら、釣ったエビを食べたいと思います!

まずはお店の奥にある流しで軽く水洗い。
IMG_0268
水洗いのあとは串打ちです。
IMG_0269
串の打ち方ですが、以前他のお客さんから教えて頂いた、頭から刺すやり方をしています。
IMG_0272
エビの頭にある一番硬い角の真下で、目の間からまっすぐ刺す感じ。
このように刺すとエビが締まるんだとか。
もちろん、お尻から刺すのもOKですので、お好きにどうぞ。

串に刺したら全体的に塩をふり準備完了!

それでは焼きましょう。

お店の端にコンロがあるので、まずはバナーのコックを開けてライターでこのように火をつけます。
IMG_0273
コンロは上から焼くタイプなので、焼く場所のガスを開けこのようにします。
IMG_0274
そうすると、ふわっと火が点きます。
IMG_0275
今回は別の食事があるので、焼くのは4匹のみ。
残りはお持ち帰りを致しました。
IMG_0276
良い焼色になるよう見守りつつ、時々クルクルと回転させましょう。
IMG_0278
いい色ですねー。
香ばしい匂いがプンプンと広がります。

中までしっかりと火を通し出来上がり!!
IMG_0279
いやー!美味しそう!
プリプリと太っており、焼けた塩の匂いがたまりません。
焼きたてなのでアッツアツです。

身もプリップリです!
IMG_0283
頭の硬い部分をはがすと、味噌も沢山入っています!
IMG_0284
いやー、甲殻類バンザイ!プリン体バンザイ!!

ワサビ醤油を付けて頂くことも可能ですが、個人的には塩のみが大好きです。

最高!!!

ちなみに、こちらでは釣ったエビを食べる以外に、普通にお食事のオーダーも可能で、円卓があるので宴会も出来ます。
IMG_0257
ビール飲みながらはもちろん、炒飯食べながらエビ釣りをすることも可能です。

また、ダーツなどもあったりします。
IMG_0262


ということで、エビ釣りのご紹介でした。
正直釣り方を書いていて、なかなか上手く伝えることができないなぁと思いましたが、簡単に言えば餌を付けて針を入れるだけです。
あとはうまい具合にエビちゃんの口に針を引っ掛けて釣り上げればなんとかなるでしょう。
ぜひ一度は台湾でエビ釣り、挑戦してみてください!

もし「食べ台湾エビ釣り教室」など、需要があれば開催を考えます。(教えられるほど上手くはありませんが)
もしくはエビ釣りオフ会とか?
興味があれば最近開設した@LINE経由(記事最下部に書いてあります)で、コンタクト頂ければ幸いです。


新豪釣蝦

台北市民族東路91號
24時間営業
 

ということで、食べ台湾がananデビューを致しました。今回いくつかのご縁をいただき、2月17日発売の「anan(アンアン)2016/2/24号 2000号直前スペシャル第3弾、絶対おいしい! 絶対楽しい! 思い立ったら、弾丸トリップ! 週末、台湾。」に寄稿しております。寄稿内容は「グ ... 続きを読む
ということで、食べ台湾がananデビューを致しました。
IMG_0997

今回いくつかのご縁をいただき、2月17日発売の「anan(アンアン)2016/2/24号 2000号直前スペシャル第3弾、絶対おいしい! 絶対楽しい! 思い立ったら、弾丸トリップ! 週末、台湾。」に寄稿しております。

寄稿内容は「グルメな人のお墨つき! 必食ジャンル別! 世界一おいしい街台北へ。 鍋/小籠包/麺/飯/台湾料理/スイーツ/夜カフェ&バー」のコーナーの一部にて、私が推薦したお店が掲載されています。

とは言え、既に食べ台湾に掲載している内容であり、食べ台湾読者にとっては目新しい情報ではありませんが、他の台湾ツウの方のオススメ店も掲載されているので、ぜひぜひ手にとってご覧下さいね。

今回の「anan(アンアン)2016/2/24号」の詳細内容はこちらからどうぞ。

http://magazineworld.jp/anan/anan-next-1991/


尚、毎度ananの台湾特集本は売り切れ続出するようなので、気になる方は予約購入か早めの購入をオススメします。

amazon anan(アンアン)2016/2/24号[雑誌]


楽天 anan(アンアン)2016/2/24号[雑誌]
anan

皆様、是非読んで下さいね!


マガジンハウス anan(アンアン)
http://magazineworld.jp/anan/


いつでもどこでも美味しいお茶を飲みたい!今回はそんな時に便利なグッズをご紹介したいと思います。ご紹介するのは、台湾茶で有名な天仁茗茶のネームで販売しているものですが、生活雑貨屋さんでもTravel Buddyの名前で売っています。茗風隨意杯(ミンフェンスイーイーベイ ... 続きを読む
いつでもどこでも美味しいお茶を飲みたい!

今回はそんな時に便利なグッズをご紹介したいと思います。

ご紹介するのは、台湾茶で有名な天仁茗茶のネームで販売しているものですが、生活雑貨屋さんでもTravel Buddyの名前で売っています。

茗風隨意杯(ミンフェンスイーイーベイ)
IMG_3124
550元でした。

中はこのような感じで、説明書とボトル、ボトルの袋が入っています。
IMG_1560
こちらのボトル、ポリカーボネイト製なので137度まで耐える事ができ、割れにくいのが特徴です。

使用方法はこちらの箱の通り。
IMG_1561
ペットボトルの底を開けると、中に茶こしが入っているので、そこに茶葉を入れる感じです。

中の説明書には、それぞれの茶葉における適当な温度や時間などが記載されていました。
IMG_1562
水出し茶もいいですね!

ペットボトルにはTravel Buddyの刻印がしてあります。
IMG_1563
天仁茗茶の名前部分はシールでした・・・。
IMG_1564
では早速使用してみましょう。

今回は迪化街で購入した小口サイズになっているプーアル茶を使用してみました。
IMG_1590
そこの蓋を開けて、茶葉を入れます。
IMG_1591
お湯を注ぐとすぐに色が変わり、プーアル茶の良い匂いが漂ってきました。
IMG_1594
茶葉の量が多かったのか、すぐに色が変わり、美味しいプーアル茶を直ぐに飲むことが出来ました。

耐熱性なので変形する心配はありませんし、ボトル事体は結構熱くなるものの、持てないほどは熱が伝わってこないので、持ち歩きにも便利です。

ということで、いつでもどこでも美味しい台湾茶が飲める茶こし付きボトルのご紹介でした。
最近は美味しいお茶がコンビニなどで手軽に買えますが、やはり自分で茶葉から抽出したお茶は美味しいですよね。
今回のプーアル茶はもちろん、緑茶や烏龍茶、紅茶、香片(ジャスミン茶)など、お気に入りのお茶を持ち歩きたいときにオススメです。

日本でも買えるかどうか調べたら、ネットでも販売しているようです。
為替の関係もありますが、送料等含めたら若干台湾の方が安いので、ぜひ旅行の際に探してみてください。