食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:台北駅

魯肉飯といえば代表的な台湾B級グルメでローカルなイメージがありますが、今回ご紹介するのはそんなローカル魯肉飯をモダンなスタイルのお店でいただけるお店です。場所は台北駅「M8公園路出口」より徒歩3分ほど。許昌街と信陽街の間、南陽街の路地をちょっと入ったところに ... 続きを読む
魯肉飯といえば代表的な台湾B級グルメでローカルなイメージがありますが、今回ご紹介するのはそんなローカル魯肉飯をモダンなスタイルのお店でいただけるお店です。

場所は台北駅「M8公園路出口」より徒歩3分ほど。
許昌街と信陽街の間、南陽街の路地をちょっと入ったところにあります。

北北車魯肉飯(ベイベイチィールーロウファン)
2
路地にはTHEローカルはお店が並んでいますが、他店とは異なるオシャレな外観が特徴的です。
女性でも入りやすいような雰囲気ですね。

中で食べる場合もお持ち帰りの場合も、まずは外側のカウンターに並びましょう。
12


メニューはこちらです。

3
日本語表記もあるので、問題なく注文できますね。

注文の際に中で食べるのかお持ち帰りなのかを伝えます。
中で食べる場合は内用(ネイヨン)、テイクアウトは外帯(ワイタイ)と言えばOKです。

注文後は空いている席に座りましょう。
4

中は10席ほどのかなりコンパクトな店内で、こういったお店では相席が一般的。
空いている席があれば、お隣の方に「OK?」と一声かけて座りましょう。

お箸などはセルフサービスなので必要なものを持っていきます。
5

注文したものが運ばれてきました。
銀色のお盆にのっていて給食のようです。

魯肉飯(小)(ルーロウファン)25元
6
コロコロとしっかり形を残した豚肉が美味しそうです。
7
おもむろにパクっといきましょう。

うん、美味しい!
肉が口の中でとろけるような柔らかさ。
しっかり味が染み込まれていて、白飯に染み出しているタレもおいしい。
小ではなくて大にすればよかったと思うほどペロリと食べてしまいました。


続いてはこちら。

香菇燉雞湯(シャングードゥンジータン)59元
8
日本語メニューには「シイタケと鶏肉のスープ」と書かれており、数量限定とありましたが、19時過ぎに訪れた時にはまだありました。

スープに染み出した鶏の旨味としいたけの旨味が最高にマッチしてます。
9
大きな鶏肉の塊が入っていて食べ応えがあり、日本人も大好きな味でしょう。


続いてはこちら。
筒仔米糕(トンザイミーガオ)35元
10
おこわのような米糕、美味しいですよね。

こちらは個人的に大ヒット!
ご飯自体にも味がしっかりとついており、具も濃厚で美味しい。
シンプルな味付けですが、濃厚な割にしつこくなくてこちらもペロリでした。
小さな握りこぶしくらいの大きさですが、意外とお腹も膨れました。

食べ終わったら、食器は専用棚にセルフで戻しましょう。
11


というわけで、見た目は台湾ローカルフードに見えないオシャレなB級グルメのご紹介でした。
座席は少ないですが回転が早いので、混んでいても少し待てばすぐに座れると思います。
台北駅からも利用しやすい場所にあるのでぜひ行ってみてください。


北北車魯肉飯

営業時間:11:30~21:00
最寄り駅:台北駅

【販売終了しました】台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているお ... 続きを読む
【販売終了しました】
台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。

台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当

100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。

今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファントヮン)をご紹介したいと思います。

場所は台鐵便當が買える台鐵便當本舖の左隣、西3門近くです。

台鐵夢工場(タイティエメンゴンチャン)
IMG_0122
7時の台北駅は人がまばらですが、ここは人が多く、行列ができていることもあります。

こちらメニュー。
IMG_0624
おにぎりは白いもち米を使った排骨、紫黒米を使った素食(ベジタリアン)の2種ともに35元、豆乳は20元ですが、セットで買うと50元になります。

ちなみに紫黒米については、こちらをどうぞ。 
wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒米

ということで、セットで購入してみました。
IMG_0326
排骨飯糰(パイグーファントヮン)
IMG_0327
お米はもち米です。
重量230gと結構重いです。
周りのフィルムを開くと、こんな感じで出てきました。
IMG_0328
その場で店員さんが作っているので製作工程が見えますが、おにぎりというよりは、型枠に入れてギュッと押し込んでいるので押し寿司のような感じです。

フィルムは新幹線をイメージしています。
IMG_0329
実はこちら、以前販売していた時はこんな感じでした。
IMG_9642
海苔をのせる工程に時間が掛かかっており、効率が悪かったので、簡素化したようですね。
さて、お味はというと、排骨の細かいものが入っており、独特の香料がするものの、もち米特有のモチモチ感が味わえ、なかなか美味しいです。
IMG_0330
また中身に堅い豆腐や(豆干)が煮玉子、お漬物(酸菜)が入っており、アクセントの花生粉(ピーナッツ)が香ばしいです。


紫米飯糰(ズーミーファントヮン)
IMG_0625
排骨おにぎりとは違い、三角形です。
(後から気が付きましたが、フィルムに電車の窓のようなものが書いてあるので、こちらも電車をイメージしているようですね)
IMG_0626
周りのフィルムを開くと、綺麗な紫色のお米が出てきました。
IMG_0627
一口食べると、これがまた最高に美味しい!!
紫黒米特有のプチプチした食感が心地よいです。
IMG_0629
中身はエリンギ、素鬆(大豆で出来た細かいもの)、ごぼう、芽生姜など。
エリンギのコリコリした食感、芽生姜とごぼうのカリカリ感、紫黒米の食感といろいろな食感が同時に味わえ、食べていて楽しく、本当に美味しかったです。

こちらは豆漿(ドウジャン)、豆乳です。
IMG_0331
甘さ控えめでなかなか美味しく、おにぎりとはミスマッチかな?と思いましたが、意外に合いました。


ということで、台北駅で販売しているおにぎりのご紹介でした。
排骨も美味しいのですが、なんといっても紫黒米の紫米飯糰(ズーミーファントヮン)が本当に美味しく肉食系の方へもオススメできる一品です。

 【販売終了しました】
台鐵幸福飯糰( 台鐵夢工場旗艦店)

台北市中正區北平西路3號(台北車站西3門)

販売時間:7:00~10:00(平日限定)
 

台北駅。そこは台北における交通の中心として重要な駅であり、そして美味しい場所でもあります。台北駅の2階は様々なレストランやフードコートが入っていますが、昔から愛されており、これを食べないとはじまらない!そんな一品があります。場所は台北駅の1階、中心部から西 ... 続きを読む
台北駅。
IMG_5314
そこは台北における交通の中心として重要な駅であり、そして美味しい場所でもあります。
IMG_6982
台北駅の2階は様々なレストランやフードコートが入っていますが、昔から愛されており、これを食べないとはじまらない!そんな一品があります。

場所は台北駅の1階、中心部から西側に行ったところ。
地図で言うと、赤丸辺り。
BlogPaint
一番近い出口は西3です。
IMG_6981
昼時に行くと行列が出来ているのでわかりやすいと思います。

台鐵便當本舖(タイティエビェンダンベンプー)
IMG_6128
昼前の早い時間ですが、既にお客さんが列を作っていました。

メニューは5つ。
IMG_6130
上の3つは豚肉を揚げた、排骨(パイグー)のお弁当。
他は、魚と素食(ベジタリアン用)の5種。

傳統排骨便當(チュァントンパイグービェンダン)100元
IMG_6591
傳統とは、伝統の繁体字です。
ドーン!と排骨がのってます。
この排骨が最高です。
衣をつけた豚肉を揚げて、醤油ベース?のタレに漬け込んであり、もう最高!
IMG_6593
ご飯は白飯ではなく、炊き込みご飯のようなものです。
しっかりと味がついており、青菜もいい感じに箸休めなります。
また、煮玉子も中まで味が染みこんでおり、素晴らしい仕上がりでした。

八角排骨便當(バージャオパイグービェンダン)80元
IMG_6132
先ほどの傳統排骨より20元安いです。
IMG_6134
ご飯は白ご飯になっている代わりに、キャベツの炒めたもの、小魚の佃煮のようなもの、きゅうりの漬物など、いくつかご飯の上に敷いてありました。
排骨はもちろん同じ味です。
80元と若干安い割には、色々なおかずが入っていて結構豪華です。

懷舊排骨便當(ファイジュウパイグービェンダン)60元
IMG_6793
一番安いこのお弁当。
実はこれが私の一番のお気に入りであったりもします。
IMG_6794
中身はシンプル。これだけです。
駅のベンチでは、皆さんこれを食べている率が高いです。
このシンプルさと安さがいいのかもしれませんね。

私はお腹が空いている時、これを2個、合計120元払ってお腹を満たすことも。


ちなみに地下にも店舗があり、ここでも購入可能です。
IMG_5317


台鐵便當本舖

台北市中正區北平西路3號(台北駅1階)
営業時間:8:30~20:00(売り切れ次第終了)

辛い料理が急に食べたくなる時があります。辛い中華料理といえば四川料理ですね。台北にも有名な四川料理がありますが、今夜は少しリーズナブルに。台北駅のM8番出口からすぐのところにある四川料理屋にやってきました。小魏川菜餐廳(シャオウェイチュァンツァイツァンティ ... 続きを読む
辛い料理が急に食べたくなる時があります。
辛い中華料理といえば四川料理ですね。

台北にも有名な四川料理がありますが、今夜は少しリーズナブルに。
台北駅のM8番出口からすぐのところにある四川料理屋にやってきました。

小魏川菜餐廳(シャオウェイチュァンツァイツァンティン)
IMG_2739
ビルの3階にあります。
エレベーターから降りると、いきなりこんな風景になります。
IMG_2738
 
さてメニューです。
IMG_2727

IMG_2728
日本語のメニューもありましたが、中国語のメニューに比べると品数が少なく値段も書いてありません。
ここは頑張って中国語のメニューで!
でも店員さん、片言の日本語は喋れるようです。

まずは小菜。干絲(ガンスー)
IMG_2729
硬い豆腐を細切りにし、ごま油で野菜とあえたものです。
横浜中華街にある重慶飯店の前菜で食べたのが初めてでした。
そのときからお気に入りなのですが、日本では珍しいため、台湾に来るまでずっと高級品だとずっと思っていました。

麻婆豆腐(マーポードウフ)120元
IMG_2730
これでもか!というほどニンニクが入っていました。
花山椒よりは、豆板醤の辛さが効いています。
ちょっとクセになる味でした。

宮保鶏丁(ゴンバオジーティン)220元
IMG_2731
これは本当に美味しかったです。
揚げた鶏肉と唐辛子、ピーナッツを甘味と酸味のあるソースで炒めてあるようです。
一見辛そうに見えますが、唐辛子の辛味ではなく旨みだけが鶏肉に移っているため辛くありません。
濃厚な味わいで大変気に入りましたっ!

高麗心菜(ガオリーシンツァイ)140元
IMG_2732
キャベツの芯の部分近くのみを炒めたものです。
やわらかく、甘味も多かったです。

肉絲炒飯(ロウスーチャオファン) 多分120元
IMG_2733
普通の炒飯でした。特筆なし。
中国語のメニューには載っておらず、日本語のメニューにしか書いてなかったので、「中華料理には炒飯でしょう!」という日本人のリクエストのみに答えた一品なのでしょう。
四川料理にはやっぱり白飯ですねぇ。。。

酸菜肚片湯(スワンツァイドゥーピェンタン)180元
IMG_2734
酸っぱいスープです。中にモツが入っていました。

銀絲巻(インスージュァン)40元
IMG_2735
揚げパンです。隣の席の人が食べていて、こちらも食べたくなったので追加で頼みました。
まわりカリカリで美味しかったです。
でもちょっと重かったです。

麻婆豆腐on the 炒飯にしてみました。
IMG_2736
でもやっぱり麻婆豆腐はon the 白飯が一番ですね。

サービスデザートの芭樂(バーラー)、グアバです。
IMG_2737
梅パウダーをつけて食べます。
スイカに塩をつけて食べるのと同じで、甘味が増します。

お会計は10%のサービス税を入れて957元でした。(870元+87元)
私は普段お酒は飲まないので、安上がりです。

周りを見渡すと、「何あれ!美味しそう!!」という料理がいっぱい。
もう一回くらい行かないと駄目ですね。
今回は3人で行きましたが、お腹いっぱいになりながらも完食です。


小魏川菜餐廳

台北市中正区公園路13號3F
電話番号:02-2371-8427 ~9
営業時間:11時~14時 17時半~21時