食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:北投

南国と思われがちの台湾ですが、こちらにも冬季があり、あつあつの火鍋を囲んだり、のんびりゆっくりと温泉に浸かりたい、そんな気分になる季節があります。 そこで冬の台湾を楽しむべく、毎年冬季に台湾全国で開催されている「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」をご紹介 ... 続きを読む
南国と思われがちの台湾ですが、こちらにも冬季があり、あつあつの火鍋を囲んだり、のんびりゆっくりと温泉に浸かりたい、そんな気分になる季節があります。
 
そこで冬の台湾を楽しむべく、毎年冬季に台湾全国で開催されている「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」をご紹介します。

ちなみに台湾は言わずと知れた温泉大国で、冷泉・熱泉・独泉・海底泉など多様な泉質があり、私の友人は台湾旅行に来ると、台北から近い温泉地に毎朝バスに乗って行き、温泉と食を楽しまれています。


「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」
 ohbear
(提供:観光局)

この「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」は2015年10月2日から2016年1月31日まで開催される、台湾全土の温泉業者と協力し、地元グルメとディープな旅行情報を組み合わせた総合プロモーション活動です

「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」

この活動は毎年台湾全国にある温泉地が厳選され、今年は17箇所の温泉地が選ばれました。また今年のイベントでは180軒以上の「温泉マーク」を取得した業者と特色ある旅館、レストランが優待サービスを実施するようです。
 
また温泉パスポートは、台湾全土の各ビジターセンターで無料入手でき(ダウンロードも可能)指定店では、優待価格で温泉を楽しむことができるようです。
onsen
(提供:観光局)

「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」のWEBサイトでは、温泉地の名店として旅館やホテルのご紹介、温泉特典として各地のイベント情報、温泉小旅行として温泉エリア図や温泉グルメなどの紹介、温泉ミニ知識や温泉パスポートのダウンロードも可能です。

ちなみにこちらがプロモーション動画です。


では今回の台湾温泉美食カーニバルで選ばれたひとつ、北投温泉をご紹介致しましょう。

台北市内からMRTで30分程度とアクセス良好でありながら、温泉だけでなく観光スポットも充実している本格的な温泉地です。

淡水線 北投駅(温泉地は、淡水線を乗り換えて1駅先の新北投駅に行きます)
IMG_3045
北投温泉の特徴は、エリアに異なる泉質が3つもあり、まるで全国津々浦々の温泉地を一堂に集結したかのようなバラエティーに富んでいる点です。

泉質は大きく分類すると下記3種類です。

白色硫黄泉
 鉄泉
(提供:観光局)

慢性皮膚病、関節炎、慢性婦人病に効き、行義路と湖山里の温泉にあります。

緑色硫黄泉
 白色硫黄泉
(提供:観光局)

皮膚病、痛風、筋肉痛に効果があり、地熱谷と新北投の温泉ホテルの殆どはこの泉質です。

鉄泉
 緑色硫黄泉
(提供:観光局)

非常に希少な泉源です。神経痛、皮膚病、リウマチに効果があり、龍鳳温泉、鳳凰温泉及び湖山里にあります。

北投温泉には、リーズナブルな公衆浴場から豪華な高級ホテルの温泉施設まで、実にさまざまな施設を有しています。
最後に、北投温泉は1896年3月、日本の大阪出身の平田源吾氏が最初に温泉旅館を開いたことで発展してきた温泉地です。そのため、古きよき日本の佇まいを今に残す温泉施設もあります。
北投は、台湾でありながら日本文化と台湾文化の融合も感じられる稀有な温泉地です。
この機会にどうぞ「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」のWEBサイトをチェックしつつ、北投まで足を運ばれて、台湾の涼やかな季節もご堪能ください。

「湯どころ−台湾温泉美食カーニバル」


台湾観光局

「日本で今話題になっている金魚ティーパックが台湾で売っているので、是非買いに行って下さい!」と、食べ台湾読者の方からご依頼を頂きました。以前どこかのサイトで見たことがありましたが、最近日本で凄く話題になったようですね。ということでMRT淡水線に乗り、温泉で有 ... 続きを読む
「日本で今話題になっている金魚ティーパックが台湾で売っているので、是非買いに行って下さい!」と、食べ台湾読者の方からご依頼を頂きました。

以前どこかのサイトで見たことがありましたが、最近日本で凄く話題になったようですね。

ということでMRT淡水線に乗り、温泉で有名な北投駅で下車してお店へとやってきました。

子村荘園 CHARM VILLA(ズーツヮンジュワンユェン)
IMG_3058
北投の駅から徒歩で10分くらい、ちょっと分かりにくい場所だったので、行き方は本記事の最後に書いておきます。

お店はかなり小さく、製作場も併設しているようです。
噂の金魚ティーパックが展示してありました。
IMG_3054
IMG_3053
お茶は金宣茶、玫瑰蜜香紅茶、蜜香紅茶の3種類があるようです。
IMG_3055
お店の入り口には金魚が泳いでいました。
IMG_3056
こちらが価格表です。
IMG_3051
全て手作業で作っており、インターネットでも販売しているため品切れを起すことが多いとのこと。
尚、金魚ティーパック以外に檜で作った製品も販売していました。
IMG_3057

個別に袋詰めしてあるティーパックが欲しかったのですが、生憎品切れとのことで、蜜香紅茶の12個入りを購入してみました。

小金魚 蜜香紅茶(シャオジンユー ミーシャンホンチャ)460元
IMG_3076
正方形の箱の中にパックと説明書が入っていました。

パックを開けるとこんな感じの可愛らしい金魚が12匹出てきました。
IMG_3077
つぶらな瞳がカワイイですねー!
IMG_3078
さて、熱湯を器に入れ、早速金魚を泳がしてみることにします。
IMG_3081
こんな感じでビジュアル的に素敵な仕上がりとなりました。
さて肝心の紅茶はというと、紅茶の独特な良い香りの奥に甘い匂いもします。
もちろんお砂糖も何も入れずに頂きましたが、口に入れた瞬間に甘さが一瞬香りますが、紅茶独特の深い香りがあとからやってきて、口いっぱいに広がる感じです。

泳がせているととってもカワイイので動画を撮影してみました。


その辺の屋台でビーサン履きながら食べているような私にとっては、とってもオシャレ過ぎる一品でしたが、女性ウケすること間違いないですね。
お土産にするのであれば一つ一つ袋詰されているティーパックが良かったのですが、今回買いに行った際も品切れていたので、購入される方はご留意下さい。
Facebookやメール、電話で購入の予約も出来るようです。
https://www.facebook.com/CHARMVILLA8
メール:charmvilla@charmvilla.com
電話番号:02-28910101

下記、お店への行き方です。

先ずMRT淡水線の北投駅で下車します。
IMG_3045
駅から出たら、取り敢えず北に向かいます。
改札を出て左側の道路を真っ直ぐ道なりに歩きます。
IMG_3064
どんどん歩るくとMRTを潜るような感じになり、左手にMRTの高架が見えます。
IMG_3047
交差点も渡り、どんどん進みます。
MRTの高架を左にみながら進む感じです。
IMG_3048
だんだんと道が狭くなってきます。
IMG_3049
しばらく進むとこんな路地にぶつかりますが、道なりに狭い左の道へ行きましょう。
IMG_3061
ちなみにこの場所で右を向くとこんな銅像があったりします・・・。
IMG_3050
そしてここから50mほど進み右に曲がると・・・。
IMG_3060
お店に到着です。
IMG_3058
尚、MRT北投駅にはレンタルサイクルのYou-Bikeもあったので、自転車でお店に行くのも良いですね。
IMG_3059


子村荘園 CHARM VILLA

台北市北投區豐年路二段137號
TEL: 02-2891-0101
営業時間:10:00~19:00
http://www.charmvilla.com/
https://www.facebook.com/CHARMVILLA8