食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:インスタントラーメン

久々のインスタントラーメン編です。久々に食べたくなり、台所を漁ったら、以前名前買いをした乾麺(汁なし麺)を発見しました。維力 大乾麺 地獄辣椒風味(ウェイリー ダーガンミェン ディーユーラージャオフェンウェイ)26元ちょっと待てよと、自問自答。ただでさえ暑いの ... 続きを読む
久々のインスタントラーメン編です。

久々に食べたくなり、台所を漁ったら、以前名前買いをした乾麺(汁なし麺)を発見しました。

維力 大乾麺 地獄辣椒風味(ウェイリー ダーガンミェン ディーユーラージャオフェンウェイ)26元
IMG_9988
ちょっと待てよと、自問自答。
ただでさえ暑いのに、この地獄辣椒風味なんて食べたら、汗がとまらなくなるんじゃないかと。
いやしかし、夏の暑い時こそ辛いもの!
辛いものを食べた方が、後で体温下がりやすいとも聞いたことあるし。

えーい開封。
IMG_9989
噂に聞いたことがあったカップが二重になったインスタントラーメンでした。
もう一つのカップには、付属のスープを入れて楽しむことが出来るというもの。

お湯を麺の方のカップに8分目まで入れ、空のカップには、湯包(付属のスープ粉末)を入れて3分待つようです。
IMG_9990
ちなみに麺の湯は捨てるのではなく、こちらのカップに入れ、スープとして頂くようです。
IMG_9992
(と、説明書きに記載してあった気がしたのでそうしてみました)

さて、麺の方には付属の肉醤包と辣椒粉を入れましょう。
IMG_9993
と、ここで激辛料理に有りがち、匂いでムセました。
全部投入してから少々後悔、辣椒粉は味を見ながら徐々に入れれば良かったです・・・。

さて、完成図です。
IMG_9995
麺を一口。
あれ、あまり辛くない?
IMG_9996
と思ったら、後から来ました。
まぁ何とか耐えられる辛さですが、美味しい!
うん、麺も歯ごたえがありとても美味しい!と思ってもう一口食べると、どんどん唇が痛くなってきます。
では次にスープを、と思って口に入れたら痛い!!
辛いものを食べた時に熱いものを食べると痛くなる、アレがやってきました。
痛さをこらえスープを飲むと、ワカメが入っていてこれまた結構美味しいです。
辛い美味い!熱い痛い!の繰返しで完食です。

あらためて台湾のインスタントラーメンのレベルの高さがわかりました。
辣椒粉はお好みで調節するべきですね。

ちなみに、スーパーで見たらパッケージが少し変更になっていました。
IMG_9997


維力 大乾麺

大乾麺 地獄辣椒風味
★★★★☆

以前はオーダーしても半年待ちもざらで、幻のインスタントラーメンとして有名だった、阿舎食堂のインスタントラーメンを久々に食べてみました。今回食べたのはこれ。阿舎食堂 外省乾麺(アーシーシータン ワイシェンガンミェン)(5袋入り)値段はお店によってまちまちで、5 ... 続きを読む
以前はオーダーしても半年待ちもざらで、幻のインスタントラーメンとして有名だった、阿舎食堂のインスタントラーメンを久々に食べてみました。

今回食べたのはこれ。

阿舎食堂 外省乾麺(アーシーシータン ワイシェンガンミェン)(5袋入り)
IMG_20121210_185951
値段はお店によってまちまちで、5袋入りで100元前後。
IMG_8021
ハローキティーバージョンってのもありました。

今回食べたのは、外省乾麺の中でも、「沙茶」味です。
下記サイトを見るように、様々な味があります。
http://www.a-sha.com/index.php?route=product/category&path=35

こうやってみると、地獄麻辣や油葱辣なんて特に美味しそう!!!

ちなみに台北駅には専門店もあります。
IMG_7900

阿舎食堂の麺はいくつか種類があり、一部透明な部分があり麺を確認することができます。
今回選んだ外省乾麺は平らな麺で、袋の中の調味料のパックが見えます。

裏側のパッケージはこんな感じ。 
IMG_20121210_191604
茹で時間や調味料の成分などがシリーズ毎に書かれてありました。
この外省乾麺は茹で時間4分、調味料の中身は「醤油、香油」だそうです。

麺はおなじみの白い麺。 
IMG_20121210_190047
調味料のパックはひとつだけです。
IMG_20121210_190015
パックの中身は少しの油分と醤油のような液体。
わずかに固形分も見えます。

お湯で麺を4分間茹で、どんぶりに入れます。
調味料を上からかけてよくかき混ぜましょう。
IMG_20121211_191515
すごくシンプルな出来上がりです。
調味料は、醤油と香油とありましたが、ところどころに肉の繊維らしきものがちらほら。
 
早速、食べてみました。

うん、美味しいです。
 
4分煮込むタイプの麺だけあって、シコシコした麺です。
八角などの強めの香辛料の味や香りはせず、沙茶の味です。
沙茶は食べ台湾でもチョクチョクでてくる調味料です。
ご存知無い方はこちらの記事をどうぞ。

まぁいくら食べても飽きのこない味で、一気に食べてしまいました。
一つじゃちょっと足りないかな・・・・。

ちょっとした夜食や、小腹が空いた時にちょうどいいですね!
そんなこと言ってるから、ダイエットが成功しないんですけど・・・。

次回は絶対、地獄麻辣食べよっと。


阿舎食堂

阿舎食堂 外省乾麺
★★★★★

おなじみ高級インスタントラーメンの満漢大餐 (マンハンダーツァン)。今回は袋に入ったコレをレビューしたいと思います。麻辣鍋牛肉麺(マーラーグォニョウロウミェン)38元升級版(シェンジーバン)と書いてあります。つまりアップグレード版。どうアップグレードしたのか ... 続きを読む
おなじみ高級インスタントラーメンの満漢大餐 (マンハンダーツァン)。

今回は袋に入ったコレをレビューしたいと思います。

麻辣鍋牛肉麺(マーラーグォニョウロウミェン)38元
IMG_20121020_100502
升級版(シェンジーバン)と書いてあります。
つまりアップグレード版。
どうアップグレードしたのかはわかりませんが、パッケージは真っ赤なんで伊達じゃない!ってことでしょうか・・・。
嗚呼、いたるところに炎の絵が書いてある・・・。それに炎に包まれた「升級版」の文字。
世界共通で「炎」は辛い象徴ですよね。袋を開ける前から危険を感じます。

さて、おそるおそる袋をあけると満漢大餐シリーズにお馴染みの三種類のパックが出てきました。
IMG_20121020_100551
手前右から、レトルトパックの牛肉、調味料の粉、調味油の3種類です。
ここまではお馴染みの風景ですが、パックも真っ赤で炎の絵も・・・

さて調理。
500ccの水で麺を茹でます。
取り敢えず3分間茹でるのですが、鍋の蓋の上にレトルトパックをのせて温めてみます。

どんぶりに残りの調味料を入れ、茹でた麺とお湯を注ぎかき混ぜます。
そして最後にレトルトパックの牛肉をそっと乗せました。
IMG_20121020_102523
牛肉は袋麺とは思えない厚みの牛肉が5つほど。

スープは予想に反して赤というよりも茶色。

匂いもわずかに八角のスパイシーな香りがするだけで、危険な香りはしません。

最初にお肉を食べてみました。
牛肉の味はしっかり感じられますが、薄い味付けでやはり八角の味です。
麺は薄い平麺でやや透明感があります。
カップの中にあるものとは違う印象です。

一口食べてみました。

Oh!!!

味が頭のてっぺんにザックリと突き刺さりました!
唐辛子ではなく山椒の刺激が強烈です。
スープを飲んでみましたが、既に麻痺しているからから味がよくわかりません。
ヒリヒリして麻痺状態。
汗がドバドバ出てきます・・・。
IMG_20121020_101826
調味料の粉のパックをよく見ると「依個人口味 請酌量添加」の文字・・・。
好みで量を調節してね☆って意味のようですね・・・。

何も読まずに全部入れてしまいました。

痺れてわからなくなるので味云々よりも、汗をかきたい人、しびれたい人にお勧めです。
カプサイシン作用で痩せるかも?


統一企業 満漢大餐

満漢大餐 升級版麻辣鍋牛肉麺
★★★☆☆

高級インスタントラーメンの、満漢大餐 (マンハンダーツァン)。このシリーズを買えば、ハズレはない!と勝手に思っています。今回は、珍肉麺の文字に惹かれて、コレを買ってみました。満漢大餐 杭州東坡珍肉麺(マンハンダーツァン ハンジョウドンポージェンローミェン ... 続きを読む
高級インスタントラーメンの、満漢大餐 (マンハンダーツァン)。

このシリーズを買えば、ハズレはない!と勝手に思っています。

今回は、珍肉麺の文字に惹かれて、コレを買ってみました。

満漢大餐 杭州東坡珍肉麺(マンハンダーツァン ハンジョウドンポージェンローミェン)52元
IMG_20120928_181723

珍肉ってなんだろう?と、材料を見ると猪、つまり豚の文字を発見しました。

さて、蓋をあけると高級の印、三種類のパックが出てきました。
IMG_20120928_181819
手前右から、レトルトパックの豚肉、調味料の粉、調味油の3種です。

豚肉の袋を触ると予想以上の厚みがありました。
レトルトの肉は蓋の上で温めるのが普通のやり方なのですが、しっかり温めたかったので、ほかの調味料とともにカップに入れてみました。
IMG_20120928_182101
予想以上の厚みと大きさの豚肉の塊がごろごろ。

さて、3分経ちました。
牛肉麺に付きものの強烈な八角の香りがせず、甘い醤油と豚の角煮や胡椒の香りがします。
IMG_20120928_183545
最初にお肉を食べてみました。
パッケージ写真よりも厚みがあり、豚肉の甘みがあって結構おいしいです。

麺はというと、やや平たい中太麺で喉越しがいい感じです。
調味油がやや赤みを帯びていたのですが、辣さもさほど感じません。
スープは豚骨ベースのようですが、八角の味が感じられないので、苦手な方も大満足できるかもしれません。

いやぁ、これは美味い。
流石、満漢大餐!

これは、かなり気に入った一品となりました!


統一企業 満漢大餐

満漢大餐 杭州東坡珍肉麺
★★★★★

何度かインスタントラーメンの実食レビュー記事を書いていますが、台湾人の食べ台湾読者から「味味A排骨鶏湯麺が最高に美味しいから食べてみて!」とコメントを頂いたので食べてみました。味味A 排骨鶏湯麺(23元)パッケージはこんな感じ。Aマークの服を着ているキャラがち ... 続きを読む
何度かインスタントラーメンの実食レビュー記事を書いていますが、台湾人の食べ台湾読者から「味味A排骨鶏湯麺が最高に美味しいから食べてみて!」とコメントを頂いたので食べてみました。

味味A 排骨鶏湯麺(23元)
IMG_6461
パッケージはこんな感じ。
Aマークの服を着ているキャラがちょっと可愛いです。

さて中を開けると、調味料は2種類入っていました。
IMG_6462
調味粉と調味油。

2つとも中に入れ、お湯を注いで3分。
出来上がりました。
IMG_6463
見た感じも匂いも、独特な感じはなく、至って普通です。
麺は中細の縮れ麺、そぼろっぽいお肉が少量ですが入ってました。
IMG_6464
まず一口。
うん、八角の味はなし。結構美味しい。

そして二口。
美味しい美味しい、なんだか安心する味。

そして三口。
あれ?食べたことあるかも・・・・?

よくよく味わってみると、カップヌードル醤油味というか、チキンラーメンというか。
これぞ、カップラーメンのスタンダード!という感じでした。


私も日本で美味しいインスタントラーメンはと聞かれたら、多分チキンラーメンをオススメするように、「美味しいスタンダード」は台湾でも同じなのかもしれませんね。

今度は上から卵を落としてみようかな・・・と思います。


味味A

味味A 排骨鶏湯麺
★★★☆☆ 

統一企業から出ている麺は数多くありますが、パッと目についたコレを買ってみました。肉骨茶(ロウグーチャー) 23元肉骨茶というとバクテーというぶつ切りの豚バラ肉や内蔵を野菜と一緒に土鍋で煮込んだマレーシア料理を思い出させます。肉骨茶風味と書いてあるので、それに ... 続きを読む
統一企業から出ている麺は数多くありますが、パッと目についたコレを買ってみました。

肉骨茶(ロウグーチャー) 23元
IMG_6143
肉骨茶というとバクテーというぶつ切りの豚バラ肉や内蔵を野菜と一緒に土鍋で煮込んだマレーシア料理を思い出させます。
肉骨茶風味と書いてあるので、それに近いものなのでしょう。

中には調味料が2種のみ。
IMG_6145
まぁ23元だからそうでしょう。

粉末と液体の調味料を中に入れ、お湯を注ぎます。
IMG_6146
「お湯をカップの8分目くらいまで入れ・・・」との調理方法の説明がありました。
ということで、中身のカップにはどのレベルまでお湯を注げばいいかの線が書いて有りません。

待つこと3分。
出来上がりました。
IMG_6147
ちょっとお湯が少なかったかも!?
でも、濃い目が好きなので良しとします。

麺は、好きな感じです。
これぞインスタント!という感じの柔らかめの麺です。

味は、沙茶醤油が少し入ってるようですが、なんだろうなぁ。
食べたことがあるようなないような、そんな感じの味です。
肉骨茶とは、少々違う感じで、日本のインスタントには絶対にない味ですね。
後味がピリリと辛く、あと引く味でした。


統一麺

統一麺 肉骨茶
★★☆☆☆