食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


タグ:お家で台湾

台湾ソーセージの香腸をお取り寄せしてお家で食べ台湾をしてみました、甘くて旨味が濃い台湾ソーセージ、絶品です。 ... 続きを読む
台湾B級グルメには数多くの絶品小吃があり、無性に食べたくなるものの一つとして台湾ソーセージがあります。
台湾ソーセージとは日本の一般的なソーセージとは違い、粗挽きの食感と甘い味付けが特徴的で、夜市はもちろん、道端の屋台でも焼いているのをよく見かける小吃です。

有名な一品は香腸を餅米のソーセージで挟んだ大腸包小腸ですね。


ということで今回は台湾でも有名な香腸製造メーカー、黒橋牌の香腸が日本でも購入できるということで、お取り寄せしてみました。

購入できるのはフードストア青木というスーパーで、主に静岡で展開しており、東京は豊洲、横浜にも店舗展開しており、お取り寄せも可能です。


黒橋牌香腸
image
パッケージには台湾No1の文字も見えますね。
1袋に合計10本入っています。

黒橋牌は台湾人ならだれでもが知るといわれる有名なブランドで、
1.100%台湾産豚もも肉使用
2.脂身と赤身の3:7の黄金比率
3.着色料無添加
4.極旨飛伝の調味料で12時間の漬け込み

というこだわりのようで、とっても期待です。
続きを読む

今回の食べ台湾レシピは、台湾風冷やし中華の涼麺(リャンメン)です。ゆで麺を使って3分で作れます! ... 続きを読む
今回は涼麺(リャンメン)の簡単レシピをご紹介したいと思います。

涼麺を「冷やし中華」と表現する場合もありますが、日本の冷やし中華と大きく違うのはコシのないボソボソ麺を使っていることと、具がほとんど入っていないことです。


台湾の涼麺屋さんは24時間営業のお店もあり、朝食や昼食、飲んだ後の〆の麺としても美味しくいただけるお手軽なB級グルメです。

ほぼタレだけの涼麺も多いのですが、それもさみしいので今回は鶏肉が入った鶏絲涼麺(ジースーリャンメン)をスーパーやコンビニで手に入る食材と調味料のみで簡単に作ってみました。
IMG_8415
涼麺の材料(1人分)
・ゆで麺1袋(既に茹でてある中華麺)
・ほぐしサラダチキン(袋半分ほど)
・芝麻醤(大さじ2杯)
・水(大さじ1杯)
・醤油(大さじ1杯)
・酢(大さじ1杯)
・砂糖(小さじ1杯)
・ニンニクチューブ(お好み量)
・きゅうり千切り(お好みで)


涼麺の麺はコシのないボソボソとした食感のほうがタレと絡まりやすいので、スーパーの冷蔵庫コーナーに置いてあるゆで麺で再現することにしました。簡単調理のためにチキンはコンビニのパックのものを使用しましたが、自分で豚肉の細切りを茹でたり、ザーサイを細かく切ったりするなど、アレンジも可能です。
芝麻醤は少し大きめのスーパーの中華食材コーナーに置いてあります。
続きを読む

今回の食べ台湾レシピは、台南名物の棺材版(グヮンツァイバン)です。レトルトを使えば簡単に作れます! ... 続きを読む
今回は台南名物である棺材版(グヮンツァイバン)のレシピをご紹介したいと思います。
FullSizeRender
レトルトを使った手抜きレシピですが、めちゃくちゃ美味しいのでおススメです。

棺材板と言えば夜市でも見かける揚げたトーストにシチューが入っている台南名物です。
食べ台湾でも古い記事ですがご紹介したことがあります。

ちなみに名前の由来は、シチューを入れる器のが棺桶に似ていることからとか。

棺材板の材料(1人分)
・トースト1枚(4枚切りか6枚切りの厚めのもの)
・シチュー
・黒コショウ(お好みで)
・揚げ油(適量)


しかも今回は手抜きでこういう感じで用意致しました。
FullSizeRenderm
ハウスの北海道シチュー(レトルト)です。
パンはセブンブレッドの6枚切り。
続きを読む

今回の食べ台湾レシピは、台湾朝食でも大人気の鹹豆漿(シェンドウジャン)です。寒干大根であるこの「ごんじり」も入れます! ... 続きを読む
お家で食べ台湾シリーズ、今回は個人的に台湾朝ご飯の中でも一番大好きな「鹹豆漿(シェントウジャン)」を作りたいと思います。
IMG_7835

鹹豆漿(シェントウジャン)と言えば、台湾朝ご飯でも大人気の一品。
おぼろ豆腐のような豆乳スープに具材が少し入った、とっても美味しい食べるスープです。

【鹹豆漿の材料】(1杯)
・無調整豆乳:300㏄
・米酢:大さじ1
・醤油:小さじ2
・ごんじり(寒干大根):1個
・仙台麩(油麩):1個

・乾燥桜エビ:適量
・青葱:適量
・ごま油:お好みで
・辣油:お好みで


「え?ごんじりを使用するの!?」と思われるかもしれませんが、鹹豆漿の中に入っているコリコリとした食感である蘿蔔干の代用です。
あの食感を求め、ザーサイやシナチクを使用して作ってみましたが全然味が違うんですよね・・・。
試行錯誤の上、やっとたどり着いたのがこの「ごんじり(寒干大根)」です。続きを読む

今回の食べ台湾レシピは、台湾朝食の定番である台湾風クレープの蛋餅(ダンビン)です。 ... 続きを読む
お家で食べ台湾シリーズ、今回は台湾朝ご飯の定番、「蛋餅」を作りたいと思います。
IMG_7797
蛋餅といっても、揚げたパリッとした蛋餅もあれば、モチモチ生地の蛋餅もあり、お店によって味も食感も違いますが、今回は一般的なフワとした生地の蛋餅を作りたいと思います。
また蛋餅のタレでもある甘いトロミ醤油の醬油膏も再現してみました。

【蛋餅の材料】(2枚)
・強力粉(薄力粉でも可):80g
・片栗粉:大さじ1
・塩:小さじ1
・鶏ガラスープの素:小さじ1
・青葱:適量
・水160㏄
・チーズ(お好みで)


【醬油膏の材料】(蛋餅2枚分)
・醤油:小さじ1
・水:大さじ1
・砂糖:小さじ1
・鶏ガラスープの素:小さじ四分の一程度
・オイスターソース:小さじ四分の一程度
・片栗粉:小さじ半分

(蛋餅そのままでも塩味が効いているので、醬油膏なしでも美味しくいただけます。)

続きを読む

今回の食べ台湾レシピは、鶏肉を使った手軽で美味しい鶏肉飯です。フライドオニオンを使ったタレが味の決め手ですね。 ... 続きを読む
お家で食べ台湾シリーズ、今回はみんな大好き!「鶏肉飯」を作りたいと思います。

IMG_7618

鶏肉飯といえば、白飯の上に鶏肉(または七面鳥)がのったシンプルな逸品。
シンプルなだけにタレが美味しさを左右します。

【鶏肉飯の材料】(2~3人前)
・鶏胸肉:1枚
・塩(大さじ1:茹で鶏用)
・ラード:大さじ1
・醤油:大さじ1
・フライドオニオン:大さじ1
・鶏スープ:大さじ4(鶏の茹でた残り汁を使用)(60㏄)


続きを読む