食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: 小籠包

台湾の朝ごはんは色々ありますが、朝小籠包というのも台湾朝ごはんを楽しむ一つです。今回は著書:もっと激ウマ! 食べ台湾 地元の人が通い詰める最愛グルメ100軒 でもご紹介をした、ふわふわの小籠包をご紹介したいと思います。場所は台北市の隣、新北市の三重(サンチョン ... 続きを読む
台湾の朝ごはんは色々ありますが、朝小籠包というのも台湾朝ごはんを楽しむ一つです。

今回は著書:もっと激ウマ! 食べ台湾 地元の人が通い詰める最愛グルメ100軒 でもご紹介をした、ふわふわの小籠包をご紹介したいと思います。

場所は台北市の隣、新北市の三重(サンチョン)にあります。
オレンジ色のMRT大橋頭駅の横を流れる川を渡ればすぐに新北市、三重國小駅から徒歩五分ほどあるいたところにそのお店があります。

順昌鮮肉小龍包(シュンチャンシェンロウシャオロンバオ)
IMG_5622
地元の方が引っ切り無しに訪れていました。

続きを読む

台湾のローカル食堂でいただくごはん、 その雰囲気がスパイスとなり、ご飯がとてもおいしく感じられますよね。地元のお客さんに交じって注文して、 その雰囲気を全身で感じながら看板料理をいただくと身体全体で台湾を感じることができます。今回はそんなローカルな雰囲気満 ... 続きを読む
台湾のローカル食堂でいただくごはん、 その雰囲気がスパイスとなり、ご飯がとてもおいしく感じられますよね。
地元のお客さんに交じって注文して、 その雰囲気を全身で感じながら看板料理をいただくと身体全体で台湾を感じることができます。

今回はそんなローカルな雰囲気満点ながら難易度は低めな、 美味しい小籠包と定食がいただけるお店をご紹介いたします。

場所は、大橋頭駅から4、5分ぐらいでしょうか。
蘭州街へ入り、蘭州公園を通り過ぎた先にあります。

宜蘭正常鮮肉小籠(湯)包  (イーランゼンチャンシェンロウタンバオ)
写真 2019-01-25 12 52 46
ずらりと並んだ赤い提灯と黄色い看板が目印です。
看板の向かって左側がレジと厨房、右側がテーブル席になります。
お店についたら、まずは左側へ。

続きを読む

小籠包、台湾で美味しいものの代表格ですよね。高級店からローカル店、薄皮にふわふわ皮、肉肉しい系にトロトロ系、・・・色々なタイプがあり、どんなに食べ歩いても飽きることがありません。今回は、ちょっと変わり種、チーズ入り小籠包が食べられるお店をご紹介致します。 ... 続きを読む
小籠包、台湾で美味しいものの代表格ですよね。

高級店からローカル店、薄皮にふわふわ皮、肉肉しい系にトロトロ系、・・・色々なタイプがあり、どんなに食べ歩いても飽きることがありません。

今回は、ちょっと変わり種、チーズ入り小籠包が食べられるお店をご紹介致します。
個人的にチーズが大好きなので、超オススメのお店です。

場所は大安路を市民大道から南へ数分下っていくと、左手にあります。

阿琪師小籠包(アーチーシーシャオロンバオ)
写真 2018-10-14 18 12 07
赤提灯が目印。
ほぼ屋台のようなとても小さなお店です。

続きを読む

台北市からみて北東にある内湖(ネイフー)に、737夜市があります。正式名称は「内湖737巷夜市美食商圈」英語だと 737Lane Food Street です。こちらの夜市、以前寧夏夜市でご紹介した豬血糕のお店がある夜市です。「豬太郎 もち米に豚の血を練り込んだ豬血糕は一度食べる ... 続きを読む
台北市からみて北東にある内湖(ネイフー)に、737夜市があります。

正式名称は「内湖737巷夜市美食商圈」
英語だと 737Lane Food Street です。

こちらの夜市、以前寧夏夜市でご紹介した豬血糕のお店がある夜市です。
「豬太郎 もち米に豚の血を練り込んだ豬血糕は一度食べるべき」

今回はこの夜市の屋台から始まり、お店まで構えるようになった小籠包のお店をご紹介したいと思います。

場所は737夜市の名前の由来にもなっている内湖路一段737巷を結構奥まで行くとあります。
最寄り駅は茶色の木柵線、港墘站です。

居和熹(ジーハーシー)
DSC02520
なんとか小籠包!とか、なんとか湯包!という名前になっていないので、パッとみても小籠包屋さんとわかりませんね。

中に入りカウンターで注文してお会計するタイプのお店です。

メニューはこちら。
DSC02521
シンプルに小籠湯包と蒸餃子、酸辣湯に小菜があります。

中はこのような感じ。
DSC02524
清潔感がありきれいなお店です。
ただ人気のお店なのでかなり混んでいます。

注文したものが来るまでに、調味料を用意しましょう!
DSC02522
手前のは、唐辛子やにんにく、葱など混ぜた特製醤油です。

こちらと千切り生姜を持ってきてみました。
DSC02525
これを白飯に乗っけて食べたら美味しそう!!!
と、忠南飯館を彷彿とさせる醤油です。

待つこと数分、やってきました。

小籠湯包(シャオロンタンバオ)90元
DSC02530
作りたて包みたての蒸したて小籠包です。
見た目はツルッとした皮ではなく、フワッと系の皮を使っているようですね。

レンゲはあるものの、プラスチックで小さく乗せられないので、小皿に乗せてみました。
DSC02531
ジュワッと溢れるスープレベルは若干少ないものの、フワッと感はかなりスゴイです。
ガブッといくと、まず最初に胡椒のピリ辛な味わいが口に広がります。
そしてピリリとしたまま肉汁の甘さが広がり、鼻に抜けていきます。
ツルツルの水餃子のような皮よりも、フワッとした柔らかい皮が好きなので、個人的は好きですが、胡椒辛さが結構特徴的で、特製唐辛子醤油もつけて食べると、色々な辛さが出てきてこれまた美味しいです。


鮮菜肉蒸餃(シェンツァイロウジュージャオ)70元
DSC02527
大振りの蒸し餃子が10個で70元はローカル価格で良いですね!
小籠包とは違い、ツルっとした皮で包まれています。
DSC02529
中は野菜多めの餡で大振り。
皮がそこそこ分厚く、そして餡がフワッと包まれていますが、皮が結構お腹に来ます。
こちらもそこそこ胡椒の味わいが強く、ピリッとした辛さが口に広がりました。

招牌酸辣湯(ザオパイサンラータン)35元
DSC02523
招牌は看板という意味なので、看板メニューの酸辣湯ってことですね。
一般的な酸辣湯より味が深くコクがあり、結構美味しかったです。


ということで、737夜市の小籠包をご紹介致しました。
屋台からはじまり店舗を構える程になったサクセスストーリーの小籠包、地元の方に愛されているのが混み具合でよくわかりました。
ピリッと胡椒の味が強いので好き嫌い分かれるかもしれませんが、フワフワ感が特徴的なので是非食べてみて下さい。


居和熹

台北市内湖路一段737巷71號
営業時間:11時00分~14時00分 / 17時00分~22時30分
土日:11時00分~14時00分 / 16時00分~22時30分
定休日:月曜日
https://www.facebook.com/JIHEXI2015/

今回ご紹介するのはローカル小籠包です。肉汁溢れるタイプではありませんが、モチモチした食感が美味しかったです。 ... 続きを読む
美味しい小籠包が食べられるお店は色々ありますが、最近はローカル小籠包にハマっています。

ということで、今回は中正紀念堂近くにある小籠包が美味しいお店にやってきました。
場所は中正紀念堂駅から南門市場を通り過ぎ、寧波西路を進むこと5分ほどで到着します。

四海包子店(スーハイバオズディエン)
1
お店の前に積み上げられている蒸籠が目印です。

続きを読む

台湾の朝食は美味しいものがたくさんあり、何を食べようか迷うと思いますが、小籠包を朝食に食べるというもの、なかなか美味しいプランです。ちなみに小籠包の有名店である鼎泰豊の本店はいつも混んでいますが、土日は9時に開店するので、並ばずに朝小籠包をすることも可能で ... 続きを読む
台湾の朝食は美味しいものがたくさんあり、何を食べようか迷うと思いますが、小籠包を朝食に食べるというもの、なかなか美味しいプランです。

ちなみに小籠包の有名店である鼎泰豊の本店はいつも混んでいますが、土日は9時に開店するので、並ばずに朝小籠包をすることも可能です。

今回はそんな朝小籠包をローカル店で!ということで、ご紹介するのは、圓山駅から徒歩6分ほど、大龍街沿いにあるこちらのお店です。

萬世香小籠包豆漿店(ワンシーシャンシャオロンバオドウジャンディエン)
DSC02607
お店の名前に小籠包と朝食の代名詞である豆漿の名前が入っています。

お店の前には簡易的な調理場があり、大量の蒸籠が積まれています。
DSC02618
小籠包は10粒入っていて80元。
DSC02619
注文は口頭で。
その場でお支払して、好きな席に座りましょう。
DSC02617
奥には小さなテーブルと椅子がありますが、お店の外にもあるので、お天気良ければ外でいただくのも良いですね。

こちらテーブル調味料です。
DSC02611
小籠包と言えば、千切りの生姜ですが、こちらには置いてありません。

待つこと数分、蒸したてがやってきました。

小籠包(シャオロンバオ)80元
DSC02612
ぷっくりとした可愛らしい小籠包ちゃんが10粒入っています。

お箸でつまむと、皮は薄めではなくフワフワっとした感じが伝わってきます。
DSC02615
取り敢えず何もつけずにガブッと行きましょう!
DSC02614
カプっとした食感とともに、じゅわっと肉汁が染みてきました。
皮は肉まんよりも薄めではありますが、フワフワの生地。
餡はお肉の濃厚な味わいとともに、中にはいっている葱の甘みが広がり美味しい!!!
個人的には調味料なしでも美味しいですが、醤油に豆板醤を入れていただくのも美味しいです。

小籠包のお供にはこちら。

豆漿(ドウジャン)15元
DSC02608
一般的な豆漿、つまり豆乳ですが、甘みは少し抑えめでしょうか。
肉々しいお味に、この甘い豆漿がとってもよく合いますね!


ということで、朝からいただくローカル小籠包のご紹介でした。
朝は6時から営業しているので、朝イチから空っぽのお腹に小籠包を豆漿で流し込むという、幸せな一日をスタートできるのも台湾の良いところですね。
尚、こちらのお店は午前中のみの営業のため、朝小籠包をぜひ味わいに行ってみてください。
DSC02620


萬世香小籠包豆漿店(大龍店)

台北市大同區大龍街270號
営業時間:6:00〜10:00
最寄り駅:圓山駅