食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: 炒飯・麺・餃子

台湾にはたくさんの市場があり、人々の活気に満ちています。地元の方達の生活が垣間見れるような場所に訪れるののって、わくわくしますよね!今回ご紹介するのは、そんな市場のひとつ、 南門市場の中にあるフードコートの人気店です。場所は、中正紀念堂駅2番出口からすぐ。 ... 続きを読む
台湾にはたくさんの市場があり、人々の活気に満ちています。
地元の方達の生活が垣間見れるような場所に訪れるののって、わくわくしますよね!

今回ご紹介するのは、そんな市場のひとつ、 南門市場の中にあるフードコートの人気店です。

場所は、中正紀念堂駅2番出口からすぐ。
こちら、南門市場の入り口。
ビルの中にある、台北市では最大級の市場です。
写真 2018-12-20 18 55 34


続きを読む

台湾には数々の美味しい粉もの料理があり、麺料理も種類が豊富です。何度通ってもまた食べたくなってしまうお店もありますよね。今回はスープと麺の組み合わせがとってもユニークな麺料理がいただけるお店をご紹介いたします。場所は、西門駅1番出口から徒歩5分ほど。昆明街 ... 続きを読む
台湾には数々の美味しい粉もの料理があり、麺料理も種類が豊富です。
何度通ってもまた食べたくなってしまうお店もありますよね。

今回はスープと麺の組み合わせがとってもユニークな麺料理がいただけるお店をご紹介いたします。

場所は、西門駅1番出口から徒歩5分ほど。昆明街にそのお店はあります。

何家排骨酥(ハージエパイグースー)
写真 2019-01-26 14 17 20


続きを読む

涼麺と言えば、日本でいう冷やし中華ですが、やっぱり最初に食べたときのあの麺のポソポソ感が衝撃的ですよね。この麺じゃなければ涼麺じゃない!とまで思うようになりましたが、涼麺にコシを求めてはいけません。今回は、濃厚な自家製ダレがたっぷりとのっかった涼麺のお店 ... 続きを読む
涼麺と言えば、日本でいう冷やし中華ですが、やっぱり最初に食べたときのあの麺のポソポソ感が衝撃的ですよね。

この麺じゃなければ涼麺じゃない!とまで思うようになりましたが、涼麺にコシを求めてはいけません。

今回は、濃厚な自家製ダレがたっぷりとのっかった涼麺のお店へとやって来ました。

場所は、MRT行天宮駅3番出口を出て、錦州街を東方面へ5分ほど歩き少し南へ行った所にあります。

俺老郷涼麺 (アンラオシャンリャンミェン)
 外観
入口横に厨房があり、先に注文をしてから席に着きます。

続きを読む

街なかでたまに見かけるこういうお店。鶏や鴨が丸々一匹吊られていたり、チャーシューの塊がどーん!とあったり、美味しそうで心惹かれますよね。これは燒臘店(シャオラーディェン)と呼ばれるチャーシューや鶏、鴨をローストしたものを専門に提供する店で持ち帰り専門や、 ... 続きを読む
街なかでたまに見かけるこういうお店。
IMG_5280
鶏や鴨が丸々一匹吊られていたり、チャーシューの塊がどーん!とあったり、美味しそうで心惹かれますよね。
これは燒臘店(シャオラーディェン)と呼ばれるチャーシューや鶏、鴨をローストしたものを専門に提供する店で持ち帰り専門や、食堂付きのお店などもあります。
食堂付きといえば、「激ウマ!食べ台湾」でもご紹介した九記何師傅もお気に入りです。

今回は最近気に入っているテイクアウト専門店をご紹介したいと思います。
お肉が最高に美味しく、お弁当もボリュームたっぷりで最高なんです!

場所はMRT古亭駅、羅斯福路(ルォスーフールー)沿いにあります。
7番出口からが一番近いですね。

呉記南京板鴨(ウージーナンジンバンヤー)
IMG_5277
赤の看板に白い文字なのでよく目立ちます。


続きを読む

シンプル・イズ・ベストの代表でもある乾麺。スープも具もない乾麺ですが、なぜかふとした瞬間に食べたくなります。台湾の麺はコシがあまりなく、日本のかん水が入ったシコシコ麺に慣れていると物足りない感もありますが、食べ慣れるとあの白い麺を欲します。今回ご紹介する ... 続きを読む
シンプル・イズ・ベストの代表でもある乾麺。

スープも具もない乾麺ですが、なぜかふとした瞬間に食べたくなります。

台湾の麺はコシがあまりなく、日本のかん水が入ったシコシコ麺に慣れていると物足りない感もありますが、食べ慣れるとあの白い麺を欲します。

今回ご紹介するのは、乾麺の有名店、延平南路沿いにあります。

小南門福州傻瓜乾麺(シャオナンメンフーゾウシャングワガンミェン)
DSC02352
やはり乾麺は朝イチに食べたくなるもの。
休日の早朝なので、人はまばらです。

続きを読む

台湾は麺の種類が豊富ですよね。中でもこちらは朝食にピッタリな、究極のシンプル麺をご紹介致します。場所は南海路から泉州街へ入り、しばらく進んだ左手。バイクがたくさん停まっている一角があります。林家乾麺(リンジャーガンミェン)車やバイクで乗りつけてささっと食 ... 続きを読む
台湾は麺の種類が豊富ですよね。
中でもこちらは朝食にピッタリな、究極のシンプル麺をご紹介致します。

場所は南海路から泉州街へ入り、しばらく進んだ左手。
バイクがたくさん停まっている一角があります。

林家乾麺(リンジャーガンミェン)
DSC02550
車やバイクで乗りつけてささっと食べていく地元のお客さんでいつも賑わっています。

半分屋外のようなお店は、歩道にもテーブルがずらり。
厨房が歩道に面しているスタイルですが、この手のお店にしてはとても清潔感があります。

さて、空いている席に座ったら、オーダーしましょう。
メニューはこちらです。
DSC02563
これだけです。
乾麺(大・中・小)と魚丸湯(玉子入り/玉子なし)、そしてセルフの小菜のみ。
これだけで勝負!!というお店って美味しいんですよね

注文は口頭です。
日本語は通じませんが、麺であれば「ダーワン(大碗)/ジョンワン(中碗)/シャオワン(小碗)」とサイズを言えばOK。

続けて「タン(湯)?」と聞いてくれるので、スープが欲しければ、魚丸湯(ユーワンタン)か蛋包湯(ダンバオタン)と言う感じです。

尚、お会計は食べ終わってから。
座っていたテーブルを指差せば大丈夫です。


待つこと数分。
まずはこちらがやってきました。

蛋包魚丸湯 (ダンバオユーワンタン)35元
DSC02553
玉子入りの魚丸湯で、魚丸は2つ入っています。
最初に透き通ったスープを一口。
うん、魚介の出汁が効いていますが、かなりあっさりとしています。

次にメインの魚丸を一口。
DSC02555
白い魚のすり身部分はプリプリッと弾力のあるタイプ。
ガブッといくと熱いので要注意です。
そして中にはふわふわの豚肉が入っており、しっかりとした醤油ベースの濃い味付け。
薄味のスープとのコントラストがとてもいい感じです。

乾麺(ガンミェン)(小碗)30元
DSC02559
熱々の茹でたて麺がやってきました。
見た感じは日本の冷麦ぐらいの太さで、色もそんな感じで白くてツヤツヤとしています。
DSC02560
具はねぎのみ。タレは底のほうにあるので、まずはしっかりと混ぜます。
DSC02561
あまり色味は変化しませんが、しっかりと全体を混ぜたところでいただきます。

麺は冷麦よりもしっかりとしたコシがあり、モチモチしています。
何と言ってもこのタレ!お醤油ベースでこちらも魚系の出汁が効いており、濃くないのに旨味たっぷり。
香辛料の風味はありません。
このタレが麺の表面にうっすらと染み入って一体化し、どんどん箸が進んでしまいます。

このまま食べ切ってしまいそうになりますが、テーブル調味料の登場です。
DSC02558
「高級ナヨウジコショウビン」には胡椒、横には豆板醤、奥にはウスターソースのような味の烏酢です。
DSC02562
辛味を足すと全体の旨味が引き立ち、ねぎとの相性もバッチリです。
朝から辛いのいっちゃう!?って感じですが、辛味で身体の神経が起きる感じがして、個人的にはありですね。

ちなみに食べ終わったときに横のおっちゃんをみたら、魚丸湯の玉子をすくって、麺へオン!
そういう食べ方もあるのか・・・・!!!と勉強になりました。


ということで、地元の方たちに愛されてやまない、シンプルやみつき絶品乾麺と魚丸湯のご紹介でした。
人気店なので相席になることもありますが、回転は早いです。
最寄りの中正紀念堂から少し歩きますが、行ってみる価値ありだと思います。
近くには小籠包の美味しい黄龍荘(ホンロンジャン)がありますので、ブランチのはしご、なんていうのもいいですね。


林家乾麺

営業時間:火曜〜金曜:6:00~13:30 16:30〜19:30 土日:6:00~13:30
定休日:月曜日
最寄り駅:中正紀念堂