食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: スイーツ/デザート

食べ台湾読者からの情報で、正式開店は4月27日→22日に早まったようです。先日のブログにもチラッと書きましたが、マンゴーかき氷をいち早く食べることが出来る「冰讃」の営業が本日より開始されるという情報を元に先程行ってきましたが、本日(4月15日)と明日はプ ... 続きを読む
食べ台湾読者からの情報で、正式開店は4月27日→22日に早まったようです。

先日のブログにもチラッと書きましたが、マンゴーかき氷をいち早く食べることが出来る「冰讃」の営業が本日より開始されるという情報を元に先程行ってきましたが、本日(4月15日)と明日はプレオープンだそうで、正式な営業開始日は4月27日(予定)となりました。

過去記事はこちらです。

2014年の記事
冰讃 期間限定のマンゴーかき氷屋の2014年度の営業がはじまりました

2015年の記事
冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がはじまりました 

2016年の記事
冰讃 マンゴーかき氷が今年も始まりました!2016年度の冰讃は本日より営業開始です

ということで、本日はプレオープン!

場所はMRTの雙連駅から西側に少し行った雙連街の中、左側。
早速開店前から突撃してみました。

到着は10時20分、すでに前に1名いらっしゃいました。

その後続々とお客さんが並び始め、開店直前はこのような感じ!
冰讃(ビンザン)
DSC02225
日本人のお客さんに大人気ですねー!

今年のメニューはこのような感じ。
DSC02226
芒果雪花冰が150元、芒果牛奶冰120元と、それぞれ30元と20元の値上げです。

店内はいつものこのような感じ。
DSC02228
今年から番号札ではなく、自分のものが出来上がると、ピピピピっと音と振動で教えてくれるこちらが導入されました。
DSC02227
カウンターでメニューを見ながら注文し、お金を払い、番号を持って好きな席に座ります。

暫く待つと音と振動でお知らせしてくれ、取りに行きます。
DSC02229
きゃーーーーー!黄金色のジュエリーたち!!!
今年も君たちに出会えて嬉しいです♡

では早速頂いてみましょう!!

芒果牛奶冰(マングオニョウナイビン)120元
DSC02232
普通の氷を削ったかき氷の上にマンゴー、そしていっぱいの練乳がかかったかき氷。

どの角度からみても美しいマンゴー。
DSC02234
愛おしすぎる!
DSC02236
マンゴーは切立て。
「その者練乳の衣を纏いて金色の野に降りたつべし」的なフレーズが頭を過りました。

ではいただいてみましょう!
おおおおおお!マンゴー!!!!
やはり4月という季節と本日は急遽プレオープンという現実もあり、マンゴーの甘さはまだまだという感じでしょうか。
でもこれだけ甘くても全然OKでしょう!美味しいーーー!
個人的にはこの練乳の甘さとマンゴーのマッチングが大好きです。

続いてこちら。

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)150元
DSC02231
台湾かき氷の代名詞でもある雪の花のようなかき氷、雪花冰。
こちらはミルク味の氷をフワッフワに削ったかき氷で、口の中でとろけるかき氷の上に、ラブリーなマンゴーたちがいます。

この輝き!!
DSC02235
白いステージの上で踊っています(※実際は踊ってません)

ミルクの甘さとマンゴーの甘さがお皿の上でペアスケーティング!
口溶けの良い雪花冰もとっても美味でした!


ということで、今年の初物のマンゴーかき氷を頂きました。
正直甘さはまだまだでしたが、この時期でこのマンゴーをいただけるのは最高ですね!
これから先、どんどん甘くなっていくはずなので、今年もとっても楽しみです!
以上、冰讃のレポートでした!
DSC02224


冰讃

台北市雙連街2號
営業時間:11:00~22:30(マンゴー売り切れ次第終了) 
最寄り駅:雙連駅

暑い夏に食べるスイーツと言えば、かき氷!!ということで、今回はかき氷を食べに来ました。かき氷と言っても色々ありますが、今回はコーンかき氷です。場所は、以前ご紹介した「萬國酸菜麺」へ入る路地のほぼ隣、西門町駅近くの漢口街沿い、漢中街と西寧南路のちょうど中間 ... 続きを読む
暑い夏に食べるスイーツと言えば、かき氷!!

ということで、今回はかき氷を食べに来ました。

かき氷と言っても色々ありますが、今回はコーンかき氷です。

場所は、以前ご紹介した「萬國酸菜麺」へ入る路地のほぼ隣、西門町駅近くの漢口街沿い、漢中街と西寧南路のちょうど中間辺りに位置しています。

楊記花生玉米冰(ヤンジーファーシェンユーミービン)
DSC00642
オープンなスペースに机が並んでいます。
DSC00641
こちらメニュー。
DSC00636
左側が人気メニューですね。
マンゴーかき氷やパイナップルかき氷もあるようですが、やはりここはお店の名前にもなっているメニューにしましょう!

カウンターで好きなモノを頼み、お支払い。かき氷を受取って着席します。

花生玉米冰(ファーシェンユーミービン)85元
DSC00637
うーん!コーン!

半分はピーナッツ!
DSC00638
コーンとピーナッツのハーフ&ハーフ!
 DSC00639
見た目のインパクトはなかなかです。

コーンは甘いですよねぇ。甘いからかき氷の具としてみる。その安易な発想はどうなんだろう!?
もしかしたら、デザートコーン的な、とっても甘いコーンなのかも!?
と思いながら一口。
DSC00640
これ、普通にコーンですね。
コーン缶のコーンを、少しやわらかくしたコーンです。
グニャッグニャッとした食感も、まさしくコーン。
甘みも特に突き抜けているわけではなく、甘くて美味しいコーンです。
ピーナッツも結構あまさ控えめなので、ピーナッツとコーンを一緒に口に入れるとコーンが勝ちます。
デザートとしてのかき氷を食べているのですが、なんとなくおやつにコーンを食べている感覚に陥ります。これは、食べた人しかわからない感覚ですね・・・。


ということで、コーンかき氷のご紹介でした。
老舗の50年以上続くかき氷屋さんで頂くコーンかき氷、添加物などは一切使用していないそうで、素材の甘味を活かしたかき氷は素朴な味わいでした。
アリかナシかと言ったら、個人的には全然アリです。
コーンかき氷、食べた人にしかわからないこの感覚、ぜひ経験してみてください。


楊記花生玉米冰
営業時間:11:00~22:00
最寄り駅:西門町
 

サニーヒルズと言えばパイナップルケーキの有名店で、日本の南青山にも支店があります。こちらのパイナップルケーキはとっても美味しいパイナップルジャムを、ブランド卵とフランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を使った生地にギッシリと詰め込んでおり、とっても ... 続きを読む
サニーヒルズと言えばパイナップルケーキの有名店で、日本の南青山にも支店があります。

こちらのパイナップルケーキはとっても美味しいパイナップルジャムを、ブランド卵とフランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を使った生地にギッシリと詰め込んでおり、とっても美味しいですよね。

そのサニーヒルズより、8月より台湾限定で新製品が発売されたので早速購入してみました。

サニーヒルズの場所は、 民生東路五段にある道を南に少し入った、民生公園の近くにあります。

SunnyHills 微熱山丘(ウェイラーサンチョウ)
DSC01146
緑の木々に囲まれたとっても素敵な店舗です。
DSC01151
8月1日より新発売ということで、開店時にはたくさんの人が並んでいました。
発売からしばらくは開店と同時に買わないと、なかなか買えないかもしれません。

今回のお目当てはこちら。蜜豐糖蛋糕(ミーフェンタンダンガオ)
DSC01137
右側がそのカステラです。

2種類あるので、早速買ってみました。
DSC01153
原味という蜂蜜味のカステラ(300元)と、蜂蜜味のカステラに老梅という梅が入ったカステラ(350元)の2種類です。

先ずは原味を食べてみましょう。
成分表はこんな感じです。
DSC01155
卵に小麦粉、サトウキビ系のもの、蜂蜜、麦芽糖、人参ジュース、ラム酒が材料のようです。
要冷蔵で7度以下での保存、賞味期限は5日間となっています。
DSC01156
それでは開封してみましょう。
DSC01157
蜂蜜の濃い匂いがふわ〜と漂ってきます。
すでに蜂の巣のような形で切れ込みが入っています。オシャレですね!
DSC01158
では早速頂いてみましょう。
DSC01159
手に取るとシットリしているカステラの印象を受けます。
そして生地がしっかりとしており、全体的に弾力性があります。
ガブッといくと、口当たりは結構軽くて、一口噛む事に、蜂蜜の濃厚な味わいがだんだんと口の中に広がっていきます。
砂糖の甘さではなく、蜂蜜の甘さが口に広がり、最後まで心地よい蜂蜜の味が残ります。
とは言え濃い甘みではないので、もう一つ!と手が伸びでしまうほど、いくつでも食べられそうです。

もう一つの老梅味のカステラを頂いてみましょう。
成分表はこちら。
DSC01161
材料は先ほどとほぼ一緒。梅が追加されていますね。カロリーも追加されいるので、若干高いです。
中を開けてみましたが、見た目は全く一緒。
DSC01162
梅が練りこまれているのかな?と思いつつガブッといくと中に入っていました。
DSC01164
濃い梅のジャムのような若干酸っぱい感じのものです。
周りのカステラは先程の原味と同じですが、梅の酸っぱさと蜂蜜カステラの甘さが良いハーモニーです。
原味の蜂蜜カステラと好みが分かれそうですが、原味の方が万人受けしそうですね。
両方共とても美味しく頂きました。

さて、サニーヒルズといえば試食ですよね。
DSC01131
このパイナップルの中身、素敵ですよね!
DSC01133
今回も美味しいパイナップルケーキを堪能しながら、美味しいお茶を頂きました。


ということで、サニーヒルズの新製品のご紹介でした。
要冷蔵で保存期限も短いので、若干おみやげには厳しいかもしれませんが、新しいサニーヒルズの定番商品になりそうですね。
ご興味がある方、ぜひご賞味下さい。


SunnyHills 微熱山丘

台北市民生東路五段36巷4弄1號1樓
営業時間:10:00〜20:00
http://www.sunnyhills.com.tw

台湾と言えばタピオカミルクティー!ということで、今回は台湾全土で精力的に展開中のカラフルタピオカが頂けるドリンクスタンドにやってきました。場所はMRT南京三民駅から南京東路五段123巷を少々北西に入った場所にあります。2016年7月現在は台北に3店舗展開しているよう ... 続きを読む
台湾と言えばタピオカミルクティー!

ということで、今回は台湾全土で精力的に展開中のカラフルタピオカが頂けるドリンクスタンドにやってきました。

場所はMRT南京三民駅から南京東路五段123巷を少々北西に入った場所にあります。
2016年7月現在は台北に3店舗展開しているようですが、これからもっと増えそうですね。

丸作食茶(ワンズオスーチャ)
DSC00653
独創的な店舗なので、遠くからでも目立ちますね。
丸い白いのがタピオカでしょうか。

こちらのお店は、お店でタピオカを作っているようで、店舗のテレビではその工程の映像が放映されていました。
作りたてのタピオカは食感が良くてとっても美味しいので期待です。

カウンターで好きなものを選び番号札をもらい、引き取るタイプのお店です。
DSC00647
カウンターの上には綺麗なドリンクの写真が!
マンゴーパールというのも有りましたが、7月中旬から発売のようです。とっても美味しそうですねー。
DSC00643
さて、こちらがメニュー。
DSC00648
店員さんのオススメは、初めての来店であれば、左上の「丸作獨味のコーナー」がオススメとのこと。
また氷の量と砂糖の量も注文時に選ぶことが出来ます。
私のオススメの飲み方は普通の「正常」は甘すぎるので、微糖(ウェイタン)を選びます。まぁまぁ甘くてもOKであれば、半糖(バンタン)でも良いでしょう。また氷の量は少冰(サオビン)という少々すくなめの氷の量を選んでいます。

100元以上の購入はパチンコをすることが可能です。
DSC00650
トッピング無料など色々ありましたが、「買一送一」券が当たりました。
次回に一つ買ったらもう一つ無料でもらえる券です。ラッキー!

注文が終わりお支払いをすると、番号札をもらえます。待つこと数分、自分の番号札が電光掲示板に表示されたら引き換えに行きましょう。

丸三鮮奶緑(ワンサンシェンナイリュー)(Mサイズ)60元
DSC00655
緑茶ミルクティーです。
中に三種類のタピオカが入っています。
DSC00656
焦糖はキャラメル味のタピオカ、仙人掌はサボテンの実のタピオカ、白玉は白いタピオカが入っています。
では飲んでみましょう!フッて吸うと、ドプドプっとタピオカが口の中に流れ込んできました。
タピオカがとっても柔らかい!そして美味しい!
噛めば噛むほど甘い味が出るタピオカ!
正直口の中ではどれがサボテンのタピオカかわかりませんでしたが、とっても美味しいです!

鮮搾百香白玉(シェンジャーバイシャンバイユー)(M)50元
DSC00657
新鮮なパッションフルーツと白いタピオカのドリンクです。
DSC00658
パッションフルーツにはβカロテンやビタミン葉酸などが豊富に含まれているので、大好きなフルーツの一つです。さっぱりしたものも飲みたかったので、頼んでみました!
ズルズルっと飲むとパッションフルーツの種と白いタピオカが流れ込んできました。
ガリガリという種と、プニプニのタピオカの食感が味わえます。
ドリンク自体はパッションフルーツの酸っぱい味が楽しめ、口の中がとってもすっきりしました。


ということで、カラフルなタピオカがとっても素敵なドリンクスタンドのご紹介でした。
今回は緑茶ミルクティーを頼みましたが、普通のミルクティー(紅茶)やミルクだけのものなど、スタンダードなメニューもありますし、鉄観音や冬瓜、抹茶などもあり、色々楽しめそうです。
台湾全土に店舗展開を積極的に行っているようなので、今後も楽しみですね。
DSC00654

ちなみに2016年7月時点では、台北には南京店以外に内湖と東区にも店舗があるようです。
http://www.bobatea.com.tw/stores/north/


丸作食茶(南京店)

台北市松山區南京東路五段123巷1-4號
営業時間:11:00~22:00 
最寄り駅:南京三民駅
http://www.bobatea.com.tw/

今回ご紹介するのは、士林駅近くのマンゴーかき氷です。芒果雪花冰は見た目も口当たりもトロケました。 ... 続きを読む
食べ台湾読者より美味しい情報を頂きました。

「士林駅からすぐの場所に、美味しいマンゴーかき氷のお店があります。台湾人の友人に連れて行ってもらったのですが、最近のお気に入りなので是非訪問してみてください!」

ということで早速行ってみました。

場所は士林駅の1番出口をそのままMRT高架を上に見ながら歩き、横断歩道で中正路を渡って少し行くとあります。

GomanMango
DSC00284
福寿街を真っ直ぐ行くと左側に見えました。
黄色のマンゴーのような色のお店が目印です。

ちなみに、高架の下をそのまま行ってもお店に行くことができるように、左右どちらからでも入れる造りになっています。
DSC00304
取り敢えず遠くからでも目立つマンゴー色なので、マンゴー色のお店を目指しましょう。

中もマンゴー色で統一されており、綺麗な店内です。
DSC00306

こちらメニュー。
DSC00303
カウンターで注文をしてお支払い。
好きな席に座って待ちましょう!

待つこと数分やってきました。

芒果雪花冰(マングオシュエホワビン)170元
DSC00292
どーーん!かなり大きく大量のマンゴーが!
全体的にトロンとしており、「とろけるマンゴーかき氷」というビジュアルですね。

こんなに大量のマンゴー・・・、と思いきや片側半分だけ盛られていました。
DSC00290
美味しい情報として送られてきた写真はまた違う盛り方だったので、店員さんのアドリブが入るようですね!尚、こちらのかき氷は雪花氷なので、味付きの氷をフワフワの雪のように削ったものになります。

ちなみにマンゴー以外にマンゴーゼリーとパンナコッタ?ココナッツプリンかな?も盛られています。
DSC00291
お味はというと、見た目ほど甘さはクドくありません。
マンゴーは甘いけれども少し酸味もある感じで、バクバクと食べられました。


雪花氷は、上はフワッフワの状態で口に入れるとふわ〜っと溶けていきます。
食べ進めると、下の方はスムージーのようなシャワシャワした食感の氷になっており、また違った美味しさを楽しむことが出来ました。
DSC00302
1人で1つは若干厳しいかもしれませんが、お腹に余裕があればイケルでしょう。


芒果刨冰(マングオバオビン)130元
DSC00294
はい、もう一つのマンゴーかき氷も頼んでみました。
こちら普通の氷を削ったかき氷です。
雪花氷のように氷に味がついているわけではなく、また黒糖も甘さが控えめなので、マンゴー本来の味を楽しむことが出来ます。
DSC00295
一番上にのっているマンゴーアイスもとっても美味しく、黒糖やマンゴーとは違った甘さがあり全体的にすっきりとした味わいでした。
雪花氷よりもガリガリとした氷のため食べ応えはありますが、これはこれで1人1つは多分余裕でイケルと思います。


ということで、美味しい情報を元に伺ったマンゴーかき氷のお店でした。
マンゴーかき氷以外に普通の黒糖かき氷やバナナやストロベリーかき氷、豆腐デザートの豆花もあるので、色々な人も楽しめるかと思います。
マンゴーは台湾各地から取り寄せており、マンゴーかき氷の販売はだいたい5月から11月までだそうです。


GomanMango

台北市士林区福寿街9號
営業時間:11:30〜22:00
定休日:月曜日
最寄り駅:士林駅
https://www.facebook.com/Pengsentice/ 

MRT行天宮駅と実際の行天宮の間付近に、いつも行列を作っている一つの屋台があります。多い時には何10メートルも行列が伸びることもあり、昔ならではのお餅を販売している屋台です。場所はMRT行天宮駅3番出口を北上し、松江路297巷の角、セブンイレブンの隣にあります。不老 ... 続きを読む
MRT行天宮駅と実際の行天宮の間付近に、いつも行列を作っている一つの屋台があります。

多い時には何10メートルも行列が伸びることもあり、昔ならではのお餅を販売している屋台です。

場所はMRT行天宮駅3番出口を北上し、松江路297巷の角、セブンイレブンの隣にあります。

不老客家麻糬(ブーラオカージャーモージー)
IMG_1301
小雨が降るこの日も行列がありました。
さて行列の最後尾に並びましょう。

待つこと10分少々、屋台に近づいて来ました。
IMG_1289
メニューは6種類あります。
花生(ピーナッツ)、芝麻(ゴマ)、紅豆(アズキ)、芋頭(タロイモ)、椰香(ココナッツ)、原味(中身なし)。

その場で手作りをしており、ピーナッツ粉の良い香りが漂ってきます。
IMG_1290
尚、価格は1個10元。
総合(ゾンハー)で頼むと、全種類を1つずつ購入することができました。
IMG_1293
6種類なので6個入りですが、原味、つまり中身が何も入っていないものは小さいのが3個入っています。

ではどれが何味が見た目では分かり難いのですが、ガブッと行ってみましょう。

芝麻(ジーマー)
IMG_1294
こちらは黒ゴマが入っていました。
ガブッと食べると、ゴフッと咽てしまう黒ゴマです。
モッチモチの餅がとっても柔らかく、ゴマがシャリシャリでした。

花生(ファーシェン)
IMG_1295
ピーナッツです。
中身もまわりもピーナッツです。
こちらも、ゴフッと咽てしまいます。
全体的に優しい味でしたが、結構食べ応えありました。

椰香(ヤーシャン)
IMG_1296
ココナッツ味ですが、ココナッツバターのようなものが入っていました。
中身がココナッツの味とバターのようなクリーミーな味があり、個人的にはこれが一番好きです。

紅豆(ホンドウ)
IMG_1297
アズキですね。
一番スタンダードな中身の一つですが、台湾のアズキは甘みが少なく、ほんのりと甘い程度です。
豆独自の甘みを感じることができて、こちらも美味しかったです。

芋頭(ユイトウ)
IMG_1298
タロイモペーストが入っています。
甘いタロイモとほんのりと甘いお餅と、こちらも中々美味しかったです。

原味(ユェンウェイ)
IMG_1299
中身のない、小さめのお餅です。
パクっと一口で行けますが、この時点で全種類食べるいるとずっしりと重いです。
とはいえ、モッチモチで柔らかく、美味しく頂きました。


ということで、行列の絶えない屋台のお餅屋さんのご紹介でした。
全種類買っても60元なので、手軽に買えるおやつという感じでしょうか。
とはいえ、全種類食べるとかなり食べ応えがあるのでご注意下さい。
尚、夏場に訪れる際、営業していない場合があるので、下記Facebookのページもご参考の上、訪れてみてください。


不老客家麻糬

台北市松江路297巷
営業時間:13:00~19:30
定休日:下記FBで確認ください
最寄り駅:行天宮駅
https://www.facebook.com/不老客家麻糬
*7月から9月くらいまでの夏の期間は営業停止します
 

今回も2016年のマンゴーかき氷を開始したお店のご紹介です。場所は全聯(pxmart)中山松江店があるMRT行天宮駅の4番出口を出て、錦州街を西に2分ほど歩いた場所にあるこちらのお店です。黒岩黒砂糖刨氷(ヘイヤンヘイシャータンバオビン)お店の看板にもふりがなで「くろいわ ... 続きを読む
今回も2016年のマンゴーかき氷を開始したお店のご紹介です。

場所は全聯(pxmart)中山松江店があるMRT行天宮駅の4番出口を出て、錦州街を西に2分ほど歩いた場所にあるこちらのお店です。

黒岩黒砂糖刨氷(ヘイヤンヘイシャータンバオビン)
IMG_1733
お店の看板にもふりがなで「くろいわ」と書いてありますね。

外にマンゴーかき氷始まりました!的な看板が出ていました。
IMG_1730
こちらカウンター越しのメニュー表。
IMG_1710
日本語メニューもありました。
IMG_1731
カウンターで注文してお支払い、好きな席で頂きます。

今回はマンゴーかき氷以外に8つのトッピングが出来る八寶冰も頼んでみました。
トッピングの場合は、こちらの中から好きなモノを選ぶ感じです。
IMG_1712

こちらカウンター横にあったマンゴーの箱です。
IMG_1729
住所を調べてみると屏東県からの出荷のようですね。

マンゴーかき氷はその場でマンゴーを剥いてくれるので、若干時間が掛かりました。

芒果冰(マングォビン)100元
IMG_1716
やってきました、マンゴーかき氷!
こちら、マンゴーを発掘するタイプのかき氷です。
IMG_1717
ちなみに氷は味がついた雪花氷ではなく、普通の氷です。
上からかかっている練乳、素敵な輝きですね。
まるで白いマグマ!
そして全体的に茶色いこの黒糖シロップも素敵です。

さてこちらマンゴーちゃん。
IMG_1718
マンゴーは若干まだ色が薄いものの、甘くて美味しい!!!
そして柔らかいです。
やはりこの食感は生マンゴーにしか出せませんね。

中をホジホジすると、黒糖部分が出てきました。
IMG_1725
この黒糖の甘さと練乳の甘さ、そしてマンゴーの甘さが、別の方向性がある甘みで美味しいんですよね。
個人的にはここにアンコの甘さが加わったら・・・・と妄想してみたり。
しかしこれで100元とはお買い得ですね。
不作でマンゴーが急騰している2016年ですが、良心的な価格で嬉しい限りです。


八寶冰(バーバオビン)80元
IMG_1713
8種のトッピングを選べるというのは、とっても楽しいですね!

トッピングの代表格といえばタピオカでしょうか。
IMG_1715
キュッキュッとした食感がタピオカは最高ですね。

緑豆や紅豆など豆で攻めてみた感じです。
IMG_1726
黒糖のシロップがたっぷりかかっており、トッピングの量もかなり多いので結構お腹いっぱいになります!
とはいえ、黒糖の甘みがしつこくないので、飽きることなく頂けました。
8種のトッピングで80元とはとっても良心的でお財布も大満足です。


ということで黒糖がメインのかき氷のご紹介でした。
黒糖と練乳の組み合わせはとっても美味しいです。
そこに台湾の甘いマンゴーが加わると、旨さ数倍になります。
100元という価格も魅力的なので、黒糖好きは是非訪れてみてください。


黒岩黒砂糖刨冰


台北市中山區錦州街195號
営業時間:11:00~23:00
最寄り駅:行天宮駅
 

マンゴーかき氷の季節がやって来ましたねー。先日はマンゴーかき氷ファンも多い冰讃がOPENしましたが、TwitterやFacebook経由でも質問を頂いていた 「緑豆蒜啥咪」のマンゴーかき氷が今日から始まりました!緑豆蒜啥咪のマンゴーかき氷といえば、ぶつ切りの大きいマンゴーが ... 続きを読む
マンゴーかき氷の季節がやって来ましたねー。

先日はマンゴーかき氷ファンも多い冰讃がOPENしましたが、TwitterFacebook経由でも質問を頂いていた 「緑豆蒜啥咪」のマンゴーかき氷が今日から始まりました!

緑豆蒜啥咪のマンゴーかき氷といえば、ぶつ切りの大きいマンゴーがゴロゴロと入った人気上昇中のお店です。
個人的にシャーミーと呼ぶ大好きなお店の一つで、「今年はいつからマンゴーかき氷が始まるの?」「6月半ばくらいよー」と聞いていたものの、今日たまたま訪れてみたら「今日マンゴー入荷したよ!!」とのこと!!

昨年の記事:緑豆蒜啥咪 切りたての大きなマンゴーがゴロゴロ入っているマンゴーかき氷
 
2016年のGWに間に合ったようで良かったですね!

ということで、今年もご紹介したいと思います。 

場所は四平街のアーケード付近、松江路と長春路の交差点よりも少し南東側に入った、六福ホテルの裏辺りにある小さな黄色看板が目印のお店です。 

緑豆蒜啥咪(リュイドウスヮンシャーミー)
IMG_1679
赤い提灯が目印ですね。

こんな横断幕的なものも掲げていただいてます。
IMG_1676
食べ台湾を見て訪れられた方も多いそうで、とても光栄です。
ちなみに昨年、お隣でマンゴーかき氷を食べられている日本人の方とお話しをしたところ、食べ台湾読者の方で、素敵なご縁を頂きました。

さて、取り敢えずお店の中に入りましょう。
IMG_1667
カウンターで注文し、好きな席に座るという流れです。

さてこちらがマンゴーかき氷のメニュー。
(2016年5月に初旬に150元から180元に値上げとなりました)
IMG_1666
今年は不作でマンゴーの価格が跳ね上がっているそうで、値上げとなったそうです。

こちら愛しの愛文マンゴーさんたちです。
IMG_1668
「マンゴーはここの地方のが最高に美味しいのよ」とお店の方が言われている、屏東県枋山地区の愛文マンゴーです。
IMG_1669
箱の外からでも良い香りがします。

こちらマンゴーを剥いているところです。
IMG_1670
おおおお、かぶりつきたいという欲求が・・・・。

さて我慢しながら待つこと数分、やってきました。

枋山愛文芒果冰(ファンサンアイウェンマングオビン)150元→180元
IMG_1671
マンゴー2個分のマンゴーがのったマンゴーかき氷です。
これぞマンゴーマウンテン。
マンゴーが光り輝いており、まるで宝石です。
こんな贅沢にマンゴーをのせて良いのでしょうか?
ラグジュアリーマンゴーマウンテン。

裏面もどっさり!
IMG_1672
フワッとマンゴーを全体的にのせているので、シャッターチャンスを逃すと、写真のようにマンゴーマウンテンがゴロゴロと崩れてくるのでご注意ください。

かき氷は普通の氷ですが、個人的にはやっぱりこっち派ですね。
IMG_1673
甘すぎない練乳と控えめの黒糖が最高に美味しいです。
またこのマンゴー、なんとまろやかでトロトロなんでしょう。
良くある筋っぽいマンゴーとは大間違い、口の中でとろけます。
まるで大トロマンゴー。
食べても食べても夏だけに飽きが来ず、一杯食べきっても「もっと食べたい!」と思わせるマンゴーかき氷、素晴らしいですね。


マンゴーは契約農場から定期的に入荷するものの、お店の在庫がなくなった場合は一時的に販売出来なくなることもあるそうなのでご注意ください。

台湾の夏は始まったばかり。
ぜひ台湾の愛文マンゴーをたっぷり使ったマンゴーマウンテンかき氷、楽しんでください。


緑豆蒜啥咪

台北市中山區伊通街106巷6-1號
営業時間:月~金 12:00~20:30 / 土祝 13:00~19:30 
定休日:毎月最終日曜日
最寄り駅:松江南京駅
http://www.waahat.com.tw/
https://www.facebook.com/waahat

夏といえばマンゴーかき氷!とうことで、夏はもう少し先ですが、この季節がやってきました。今回は4月から10月くらいまでのフレッシュマンゴーがたくさんのった、安くて美味しいマンゴーかき氷が食べられる有名店である冰讃に来ました。昨年の開店は4月15日だったので、ほぼ ... 続きを読む
夏といえばマンゴーかき氷!

とうことで、夏はもう少し先ですが、この季節がやってきました。

今回は4月から10月くらいまでのフレッシュマンゴーがたくさんのった、安くて美味しいマンゴーかき氷が食べられる有名店である冰讃に来ました。

昨年の開店は4月15日だったので、ほぼ昨年と同じですね!

過去記事はこちらです。

2014年の記事
冰讃 期間限定のマンゴーかき氷屋の2014年度の営業がはじまりました

2015年の記事
冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がはじまりました

場所はMRTの雙連駅から西側に少し行った雙連街の中、左側にあります。
IMG_1575
本日は営業開始日ということで、開店前から並んでいました。

まだまだ暑い台湾ではありませんが、マンゴーかき氷を目指して入りましょう!!

買い方はこのような感じです。
IMG_1567

こちらメニュー
IMG_1571
IMG_1570
マンゴーかき氷はそれぞれ昨年より20元値上げしてますね。

カウンターで好きなものをオーダーし番号札を頂き、空いている席に座りましょう。

待つこと数分、カウンターの奥ではマンゴーをせっせとカットされていました。
IMG_1573
出来上がったので取りに行きます。

おーーー!!これこれ、これです!!
IMG_1577

待ちに待った黄金色のジュエリー達です。

白いステージで輝いていますねー!

眺めているだけでも満足ですが、欲求は尽きません、早速頂きましょう!

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)120元
IMG_1579
台湾かき氷の代名詞でもある雪花冰。
味付きの氷をフワフワに削ったかき氷で、名前通りの雪の花のような氷です。
IMG_1587
ミルクの味の口当たりが優しい氷で、口の中に入れるとトロトロっと溶けていきます。

こちらマンゴー。
IMG_1582
最愛のマンゴーです。
マンゴーがとても輝いています。

早速一口。
IMG_1586
おおお、甘い!!
まだ時期が時期なので、最熟したマンゴーを100とすれば、まだ70くらいでしょうか。
でもぜんぜんこの甘さで充分ですね。


続いてこちら。

芒果牛奶冰(マングオニョウナイビン)100元
IMG_1580
こちらは先ほどの雪花冰とは違い、普通の氷を削っただけではありますが、練乳がたくさん掛かっており、味もクドくないので、個人的にはこちらが好きです。

このマンゴーの輝き!
IMG_1581
目がクラクラしますね!!

これでもか!というほどマンゴーが大量に入っており身体中がマンゴーになりました。
とても美味しかったです。
大満足です。


ということで、一足先に夏の台湾スイーツの代名詞、マンゴーかき氷をご紹介しました。
旅行者の中には「滞在中毎日冰讃に行きました!」という方がいるように、旅行者に愛されているお店です。
今回訪れたのは4月なので、まだマンゴーの甘さは若干控えめではありましたが、これから台湾の温度が上昇するに連れ、マンゴーの糖度も上がると思うとワクワクします。

今年は何回マンゴーかき氷が食べられるかな!?
再掲載のお店もあると思いますが、今年も色々なマンゴーかき氷のお店をご紹介したいと思います!

ちなみにお店の端にはマンゴーの箱がありました。
IMG_1568
店内もマンゴーの香りで包まれており、とても幸せな気分になれました。
IMG_1569


冰讃

台北市雙連街2號
営業時間:11:00~22:30(マンゴー売り切れ次第終了) 
最寄り駅:雙連駅
 

初めてグアバを食べた時、想像していた味と全然違ってビックリ&ガッカリした人は私だけではないはずです。私が想像していたグアバは、甘くてねっとりしていて、味はそう、日本でも飲めるあのグアバジュースの味でした。しかし実際は甘くなく、若干青臭い感じで、今でこそ結 ... 続きを読む
初めてグアバを食べた時、想像していた味と全然違ってビックリ&ガッカリした人は私だけではないはずです。
私が想像していたグアバは、甘くてねっとりしていて、味はそう、日本でも飲めるあのグアバジュースの味でした。

しかし実際は甘くなく、若干青臭い感じで、今でこそ結構好きですが、初めて食べた時はがっかりでした。

そんなグアバの概念を変えるグアバを頂けるお店を紹介致します。

場所は松江南京駅からほど近い四平街のアーケード内、ちょうど真ん中くらいにある屋台です。

原郷人甘草芭樂(ユエンシャンレンガンツァオバーラー)
IMG_0234
四平街アーケードのちょうど真ん中辺りにあります。
平日のお昼時だと行列ができているほど人気の屋台です。

芭樂(バーラー)、つまりグアバが陳列されています。
IMG_0233
このグアバは産地直送の新鮮なグアバだそうです。

色合いもとてもみずみずしくて美味しそうです!
IMG_0231
注文は簡単で、一袋2個入りで一份(イーフェン)と口頭で言いましょう。

注文を受けるとおじさんが手際よく、2個グアバを選び、ヘタの部分繰り抜き、2つに切り分けます。
IMG_0346
2つに切ったら中の種の部分をくり抜き、食べやすい大きさに切っていきます。
IMG_0347
切ったら容器の中に入れ、粉をスプーンで少々。
 IMG_0348
容器の中でよーくかき混ぜて終了。
IMG_0349
このようなビニール袋に入れてくれるので、歩きながらいただきましょう。
IMG_0235
切っただけのグアバとは違い、切り口がとてもみずみずしいです。
IMG_0238
そしてこのテカリ!光り輝いています。
IMG_0239
初めて食べた時は、グアバ自体を何か甘い液に漬けてあると思ったほど甘く、そして歯ごたえがコリコリ&プリプリしていてビックリしました。
店主に聞くと、「新鮮なグアバと独自で配合した甘草(カンゾウ)と砂糖を使うと、このような濃厚な甘さがでるんであって、特別なことは何もしてないよ」とのことでした。
ちなみに、甘草(カンゾウ)はマメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥した生薬で、それ自体に独特の甘みがあり、解毒作用があるとか。
味の例えは難しいのですが、この粉がグアバ本来の甘みを数倍に引き立て、何かがグアバに起きているんだと思います・・・。

またグアバはビタミンCの宝庫で、果物の中で第2位だそうです。(1位はアセロラ)
美容と健康にもよいとのことで、私も最近積極的にダイエットに取り入れている一品です。


ということで、美味しいグアバのご紹介でした、
グアバを食べてガッカリした人も、食べたことない人も必食の一品です。
街中でも同じようなグアバを切って売っている屋台を結構見かけますが、個人的にはここのグアバが大好きです。


原郷人甘草芭樂

台北市中山區四平街84號1樓
営業時間:12:00〜20:00
定休日:日曜日
http://www.phone-yes.com.tw/nmarket_shop.php?gaid=1&gasid=66&id=6838
最寄り駅:松江南京駅