食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: 火鍋(麻辣/養生/酸菜)

台湾の方って本当に鍋が好きですよね。台湾の鍋といえばあの辛い味との二色鍋、つまり鴛鴦鍋を浮かべる方も多いかと思います。しかしあの二色鍋は二人で食べるにもちょっと多すぎるし、ましてや1人で二色鍋なんて・・・という要望にお応えするべくお店を今回はご紹介したいと ... 続きを読む
台湾の方って本当に鍋が好きですよね。

台湾の鍋といえばあの辛い味との二色鍋、つまり鴛鴦鍋を浮かべる方も多いかと思います。

しかしあの二色鍋は二人で食べるにもちょっと多すぎるし、ましてや1人で二色鍋なんて・・・という要望にお応えするべくお店を今回はご紹介したいと思います。

場所は延吉街沿い、MRT小巨蛋駅から徒歩10分、忠孝敦化駅からも徒歩10分ほどの場所にあります。

子辣。個人。麻辣(ズラー。ガーレン。マーラー)
IMG_2027
ちょっと変わった名前のお店ですが、一人鍋のお店で、しかも二色鍋が頂けます。

一人鍋専門店なので、カウンター席がほとんどです。
IMG_2009

さてこちらがメニュー。
12072765_1504787969813756_3829601370084147100_n

基本はセットメニューでお肉を選ぶシステムです。
お鍋は、水梨骨湯という鶏の骨や豚骨とフルーツなどを使ったスープと、たくさんのスパイス使った辛い麻辣鍋の2種類です。二色鍋はその2つを同時に頂くことが出来ます。

さてこちらはセットでついてくるお野菜です。
IMG_2010
キャベツやニンジンなどの野菜から、キクラゲなどのきのこ類、豆腐、湯葉、肉団子などなど山盛りです。

こちらが二色鍋!
IMG_2014
麻辣の方からとっても香ばしい鼻にツンとくる辛旨な匂いが漂ってきます。

さて頂く前にこちらで調味料をセットしましょう。
IMG_2011
葱や香菜など、食べ放題です。
また、セットメニューでは、主食として冬粉(ハルサメ)か白飯、玉子麺を選ぶことができ、白飯を選んだ場合は、こちらでセルフサービスで盛ります。

つけダレはもちろん葱と香菜をふんだんに入れたものが私の好みです。
写真は胡麻ダレですが、お店おすすめのレモン醤油というタレも作りました。
IMG_2013
選んだお肉はこちら!
上選五花豬(シャンシュェンフーホワジュー)300元
IMG_2016
肩ロースですね。
脂も良い感じにのっており、美味しそうです!

辛い鍋の方にしゃぶしゃぶーっ。
IMG_2018
葱&香菜をレモン醤油に入れたタレで頂きます。
IMG_2022
んーーーーー!美味しい!
麻辣味の鍋でお肉をしゃぶしゃぶすると、お肉がスパイスの香り纏い、ピリリと辛い唐辛子の風味が舌先を攻撃し、それがまたとっても美味しいです!!!

ちなみに、もう一つの水梨骨湯という辛くない方は、よくある漢方系の味わいではなく、骨のダシが染み渡った味の鍋です。
麻辣が正直結構辛いので、交互に食べると味の強弱が楽しめて美味しく頂けました。

野菜も一気に投入しちゃましょう。
IMG_2019
このお鍋で煮こまれた野菜もとっても美味しいんですよねー!
至福の時間でした。

白飯も美味しかったので、冬粉(ドンフェン)20元を追加注文!
IMG_2025
いろいろなダシが出たスープを思いっきり吸い、とっても美味しかったです。

大満足の鍋のあとは、スイーツもやってきました。
IMG_2023
ナッツがたくさんかかった、ごま風味のプリンで、こちらもとても美味しかったです。


ということで、1人でも二色鍋が楽しめるお店のご紹介でした。
二色鍋が食べたい!でも一人旅だから行けない!!という話をよく聞いていたので、一人旅でも二色鍋が食べたい方にとっては、かなり重宝するお店かと思います。お鍋も牛や豚以外に、羊や海鮮も選べ、また単品で追加注文も可能なので、ぜひぜひ気になる方は訪れてみて下さい。

IMG_2026


子辣。個人。麻辣

台北市松山區延吉街12-1號
営業時間:11:30~14:00 / 17:30~21:15
https://www.facebook.com/zilaspice/
最寄り駅:小巨蛋駅、忠孝敦化駅
 

中国の雲南省にある麗江市はミャンマーやラオスにほど近い内陸の地方ですが、その名物料理である雷魚料理が台北で頂けるということでやってきました。雷魚って、食べるイメージは全然なかったのですが、意外と美味で知られているようです。ちなみに雷魚を含め淡水魚は、一般 ... 続きを読む
中国の雲南省にある麗江市はミャンマーやラオスにほど近い内陸の地方ですが、その名物料理である雷魚料理が台北で頂けるということでやってきました。

雷魚って、食べるイメージは全然なかったのですが、意外と美味で知られているようです。
ちなみに雷魚を含め淡水魚は、一般的に生食厳禁とされていますが、こちらの魚は厳格な管理のもと養殖をされているそうです。

今回はいくつか予約をしないと食べられない品があったので、予約をしてから行きました。
(日本語が堪能な方がいらっしゃいました)

お店の場所はMRT六張犁駅から徒歩5分ほど。
安和路と敦化南路の間の小道にあります。

雲之南麗江斑魚火鍋(ユンズーナンリージャンバンユーホウグオ)
DSC04037
民族系のお洒落なたたずまいのお店です。

中もとてもキレイで、色々な装飾品がありました。
DSC04042
こちら、今まで訪れた台湾などの有名人の写真とサインが書かれていました。
DSC04040
こちら方面には疎いのですが、なんとなく見たことあるような方達がいらっしゃいました。

さてこちらのお店は、雷魚が頂けるということで雷魚鍋がメインです。
メニューは下記からどうぞ。
https://issuu.com/43399/docs/yunzhinan_lite/1
尚、メニューは日本語の記載もあります。

素材や作り方など、色々こだわりがあるそうです。
店主からオススメを聞き、まずは冷菜を色々頼んでみました。

雲式豌豆粉(ユンスーワンドウフェン)120元
DSC04047
エンドウ豆の豆腐風ゼリーだそうです。
素材はエンドウ豆のみを使っているようで、結構しっかりとした硬さでした。
タレも少し辛めの感じで上からの香菜との相性もバッチリ。
なかなか高級感のある味付けでした。

雲式涼拌雪耳(ユンスーリャンバンシュエアー)120元
DSC04048
白きくらげのサラダです。
結構大きな器にモリモリっと盛られていて、これで120元は安いですね!
ほんのりと酸味のある味付けに白ごまが美味しく、コリコリとした優しい歯ごたえがとても美味しかったです。
ちなみに赤いのは唐辛子ではなくミニトマトでした。
尚、冷菜は小皿の30元のもあるようなので、少人数の場合は小さいサイズでもオーダー可能です。

麗江手工涼皮(リージャンショウゴンリャンピー)160元
DSC04052
麗江地方の伝統的な手法で作られたきしめんだそうです。
添加物などまったく入っておらず、全て手作り。
きしめんと聞くとモチモチした歯ごたえかと思いましたが、結構コリコリっとした歯ごたえで、手作りの辣油と絡めて頂くととても美味しかったです。
こちらを作るには4時間ほど掛かるそうなので、要予約の一品です。

雲式大薄片(ユンスーダーポーピェン)220元
DSC04050
豚薄切り肉の雲南風ソースがけです。
ゆで豚の薄切り肉に、酸味の効いたピリ辛のソースが掛かっていました。
こちらも豚肉がコリコリとしていました。
タイ料理にも同じような感じの料理があったかと思いますが、雲南省はミャンマー、ラオス、ベトナムに隣接しているため、色々と似ている気がします。

さてこちらメインの鍋がやってきました。
DSC04061
鍋のスープは4種類から選ぶことができ、基本料金は1人90元です。
今回は、雲式清燉鮮魚湯(ユンスーチンドンシェンユータン)という鮮魚の鍋スープ、つまりシンプルな魚の出汁スープと、雲式老重慶麻辣湯鍋(ユンスーラオジョンチンマーラータングオ)という辛い鍋の2種を選んでみました。

またこちらのお店の看板メニューでもある活雷魚を一匹全部頂けるのも注文してみました。
せっかくなので、その場で料理長が捌いて頂けるテーブルサービスも頼みました。
こちらは、雷魚の刺身、シャブシャブ、切り身を頂くことが出来ます。
こちらも数量限定だそうなので、予約した方が無難です。

そのメニューはこちらです。
raigyo

先ずは綺麗に下ごしらえをした雷魚がやってきました。
DSC04054
それを綺麗に3枚におろします。
DSC04055
おろした半身の尻尾の部分から各4枚ずつ、刺身として切り分けます。
DSC04059
尻尾の部分は一番運動する場所で、一番歯ごたえがあって美味しいそうです。
DSC04060
ワサビ醤油で頂きました。
メチャクチャコリコリです!!!
噛むとコリッコリッと音がするくらい身がしっかりしていますが、薄造りのため程よく噛みきれます。
味は淡水魚の割に、全く生臭くなく、淡白であるものの、奥深い味でした。
久々に美味しい刺身を頂きました。

続いてシャブシャブ用のお魚です。
食べ台湾のinstagramで動画を掲載いたしましたので、こちらをご参照ください。

今日は豪勢に昼から雷魚鍋を食べに来ました。ナイス包丁捌き。

Tabet Aiwanさん(@tabetaiwan)が投稿した動画 -


先ずは身に包丁を入れ、皮の部分を2ミリほど残し、もう一枚身を削ぎ、蝶々のような形にします。
DSC04066
綺麗な薄造りです。
このお皿が大体1匹につき、6,7皿造って頂けます。
DSC04072
ちなみにアラの部分はスープに投入していただき、良い出汁になって頂きましょう。
DSC04062

では雷魚シャブシャブと行ってみましょう。
DSC04074
4秒から5秒シャブシャブするのが一番良いそうです。
DSC04075
キュルンと身が締まって美味しそうになりました。
調味料コーナーから持ってきたタレを付けていただきます。
こちらも食感が最高!!!
皮がちょっと付いているので、その部分が本当にコリコリで素晴らしい食感です。
味は刺し身同様、たんぱくなものの全く臭みがなく、上質な白身魚という感じでしょうか。

雷魚以外にも色々頼んでみました。

野菜盛り合わせ(160元)
DSC04063
キャベツなどの葉物やきのこなど、いくつかの種類が入った野菜の盛り合わせです。

豚肉ロース(梅花豚肉)250元
DSC04064
豚肉のロースです。
普段はバラ肉(白肉片)を頼みがちですが、脂が少なめなロースを頼んでみました。

手工斑魚丸(ソウゴンバンユーワン)220元
DSC04065
雷魚のつみれです。
余計な添加物など入っていない、手作りのつみれです。
魚本来の味がしてとっても美味しかったです。

現做手工蝦滑(シェンズオソウゴンシャーフワ)330元
DSC04068
エビのつみれです。(別メニューでイカもありました)
新鮮なエビを使った手作りのつみれだそうです。
鍋の中に、ポヨポヨっと落とし込んでしばらくすると出来上がり。
DSC04073
口当たりがめちゃくちゃフワフワで、エビ好きの人は絶対すきな一品です。

さて、こちらも先ほどの雷魚です。
DSC04079
雷魚の腹身の部分を切り身として鍋に入れます。
こちらの部位は骨があるので、薄造りが出来ないようです。
お腹の部分だけあって、脂ものっており美味しく頂きました。

尚、今回頼んだシンプルな魚なのダシの鍋と麻辣鍋、それぞれ味付けはというと、シンプルな魚のダシは雷魚のダシという感じなので、素材本来の味を楽しみたいのであれば、こちらでしょうか。
また鍋で色々な具材を煮込めば煮こむほど、味が濃くなって行き、最後は最高のだし汁が出来上がったという感じです。

また麻辣については、辛いけれども旨味のあるスパイシーな味付けなので、こちらで食材を煮込むとより複雑な味を楽しむことが出来ます。
辛い!というよりは、旨辛な感じですが、食べたあとは結構舌がヒリヒリとします。

別のオススメのお魚があったのでもう一品頼んでみました。

鱈斑魚片(シュエバンユーピェン)250元
DSC04084
マナマズだそうです。
これがまた溶ろけるような口当たりで美味しい!
味は淡白ですが、全然臭みはなく、個人的にかなり好きなお魚でした。
雷魚を頼まない場合は、こちらの魚をメインに鍋を頂くそうです。

〆に何かをと思い、メニューを見たら米線があったので、頼んでみました。

雲式豚肉米線(ユンスージューロウミーシェン)180元
DSC04067
麺は汁なしや有り、麻辣味など色々な種類がありました。
今回は豚肉にしましたが、雷魚のダシで作った米麺もあるので、鍋は多いけど雷魚を試してみたいという場合は、良いかもしれませんね。
中の米線は、米粉で出来た手作りの麺だそうで、モチモチっとした食感が美味しいです。
スープも具も余計な味がせず、かなり美味しい麺でした。
ぜひ次回は、別の麺も試してみたいと思います。

麗江烤餌塊(リージャンカオアークヮイ)150元
DSC04088
焼き餅です。
もち米ではなく、普通の米を潰して焼いたお餅だそうで、真ん中にある練乳を付けて頂きました。
お餅とは別の食感で、物凄く柔らかく、そして練乳がとても美味しかったです。


ということで、思いっきり雷魚を堪能してみました。
肉か魚かを問われたら、迷うことなく肉を選ぶ私ですが、魚も美味しいなと思えた日でした。
やはり新鮮な魚が美味しいのは当たり前だとは思いますが、あの刺し身のコリコリ感は素敵でした。
雷魚鍋を食べなくても、米線の単品も可能なので、1人でも訪れやすいかと思います。
尚、冒頭に記載したとおり、日本では淡水魚の生食は寄生虫の可能性があるため、なかなか口にしないのが一般的だそうですので、ご自身の判断でお願い致します。

DSC04044
お店の入り口に描かれた麗江地方の絵。


雲之南麗江斑魚火鍋

台北市大安区安和路二段184巷8號
営業時間:11:30~15:00 / 17:30~21:30
定休日:月曜日(不定休)
電話番号:02-27371116
http://www.yunzhinan.com.tw/jp/
最寄り駅:六張犁駅
 

火鍋って日本では辛い鍋という意味で使われがちですが、鍋料理自体が火鍋であって、辛い鍋は麻辣火鍋(マーラーホーグォ)というと、台湾に来てはじめて知りました。辛い料理と言えば四川料理。四川の麻辣火鍋ってどんだけ辛いんだろう?と思っていましたが、台湾でも頂ける ... 続きを読む
火鍋って日本では辛い鍋という意味で使われがちですが、鍋料理自体が火鍋であって、辛い鍋は麻辣火鍋(マーラーホーグォ)というと、台湾に来てはじめて知りました。

辛い料理と言えば四川料理。
四川の麻辣火鍋ってどんだけ辛いんだろう?と思っていましたが、台湾でも頂けるようで行ってみました。

以前は台北市内の別の場所にあったようですが、長安東路と建國北路の交差点近くに移転したようです。

台北以外に、台中や台南にもいくつか店舗があるお店です。

老四川(ラオスーチョァン)
IMG_7186
平日の少し遅目の時間に行きましたが、予約は必須のようで、並んでいました。

30分ほど待たされて入店。
IMG_7207
かなり雰囲気のある店内です。
IMG_7188

養生八寶茶(ヤンセンバーバオチャー)というお茶が先ず出てきました。
IMG_7195
少し甘めですが香りが良かったです。

さて、メニュー。
ばっちり日本語のがありました。
IMG_7191
鍋は辛い麻辣鍋と辛くない養生鍋と2種類選べますが、勿論両方入ったものを頼みます。
鍋の値段は1人100元。
最低消費金額は650元で、白飯や麻辣鍋に入っている鴨血、豆腐は無料です。

細かい中国語のメニューはこちらから。
http://www.oldsichuan.com.tw/menu.aspx

こちらもお通しの前菜です。
川味涼粉(チョァンウェイリャンフェン)
IMG_7189
見た目ものすごく辛そうでしたが、花山椒の香りが強く、トゥルンとした麺のようなものが入ってました。
辛味はそれほどでもなく、ちょっと塩気がプラスで欲しいかなという味付けです。

尚、これら以外に、ピーナッツとゴボウと2種類の小菜も出されました。

さて来ました鍋!
IMG_7193
辛い&辛くないの2種類鍋です。
天国と地獄みたいな絵図です。
IMG_7201
さて、鍋の味の第一印象です。
麻辣鍋は、辛いです。ただひたすら辛いです。
奥に旨味成分が眠っているのですが、辛さが先に来ます。
ちょっと塩味薄いかなという感じです。

養生鍋は、嫌な匂いではない漢方の味がして結構あっさりしてました。
飲めば飲むほど元気になりそうな味です。

では、今回頂いた具材です。

鴨血(ヤーシェ)
IMG_7202
これは無料です。
食べても食べてもどんどん追加してくれます。
正直、今まで食べた鴨血の中で一番美味しかったかも!
元々臭みがなく、プリンプリンという食感で無味に近い食べ物ですが、これは奥が甘かったです。
個人的に元気になりそうな食材なので、いっぱい頂きました。
これだけで結構おなかいっぱいになります。

手工丸子の盛り合わせ(230元)
IMG_7197
冷凍で凍っている為、取り敢えず先にすべて鍋にぶち込みましょう。
どれも、本当に美味しかったです。
特に手前左のかな?イカ団子がコリッコリのプリップリで最高でした。

台湾風揚げパン(55元)
IMG_7198
油條(ヨーテャオ)です。
これ、なんでこんなに鍋に合うんでしょうね?ってくらい美味しいですよね。
IMG_7204
ぐちゃぐちゃにフヤケたのも、半分カリカリのもいい感じです。
この辛味を纏った油條、辛さの奥に甘味があり・・・。

レタス(85元)
IMG_7200
鍋にはレタスは最高に美味しいですよね!
ということで投入したのですが、これが大失敗でした。
麻辣鍋の表面に浮かんでいる辛味成分満載の油を全部レタスが纏ってしまい、ものすごく辛かったです。
養生鍋に入れて、とても美味しく頂きました。

豚肩ロース肉(210元)
IMG_7199
薄めのシャブシャブって感じのお肉で、普通に美味しかったです。

鴨血と一緒にオンTHEライスにしてみました。
IMG_7205
肉を食べるとご飯が進みますが、鴨血は進みませんねぇ。

スペアリブ(170元)
IMG_7203
これも冷凍なので、10分くらい煮込んで下さいねとのこと。
IMG_7206
骨付き肉なので、味はすごくいいんですが、結構固かったです・・・。
箸で掴んで肉をそぎ落としてましてが、途中からは手掴みで頂きました。

辛くて熱くて、でも店内はクーラーガンガン。
それでも、やはり辛さが勝って大汗です。
口の中もヒリヒリという状態でやってきました食後のデザート。

いちごカキ氷(無料)
IMG_7209
いちごシロップではなく、いちごジャムなんでしょうかね?
練乳と共にかかってました。
もう甘くて美味しくて、辛さが飛んで行きました。

パッションフルーツカキ氷(無料)
IMG_7210
これは酸っぱいかな?と思いきや甘かったです。

カキ氷を食べた後は、口の辛さと火照ったからがいつの間にかなくなっており、すっきりでした。

尚、残った鍋は袋に入れて頂き、お持ち帰りと致しました。


ということで、四川鍋のお店でした。
かなり辛くてヤラれた感でいっぱいですが、本場の四川鍋はもっと辛いんだろうなぁと思います。

個人的な話で、辛いものを食べるとお腹がゆるくなる体質なんですが、なぜかここのは全くそういうのがなく、翌朝も元気でした。
良い食材を使い、漢方が沢山はいっているからなんでしょうかね?


老四川(長安東路店)

台北市長安東路二段112號
営業時間:11:30~翌1:30
電話番号:02-2515-2222
http://www.oldsichuan.com.tw/

ビジネス街の松江路沿いに、食べ放題鍋のお店があります。結構お気に入りなんですが、食べ放題はつい食べ過ぎてしまうので、最近はここぞという時しか行けてません・・・。犇鱻涮涮鍋(ベンシャンシュヮンシュヮングオ)犇=牛、鱻=魚、涮涮鍋=しゃぶしゃぶっていう感じで ... 続きを読む
ビジネス街の松江路沿いに、食べ放題鍋のお店があります。
結構お気に入りなんですが、食べ放題はつい食べ過ぎてしまうので、最近はここぞという時しか行けてません・・・。

犇鱻涮涮鍋(ベンシャンシュヮンシュヮングオ)
IMG_6643
犇=牛、鱻=魚、涮涮鍋=しゃぶしゃぶっていう感じですかね。

値段は300元+10%サービス税。
IMG_6613
鍋のスープは3種類から選べます。
麻辣(マーラー)鍋という辛いやつ、日式(ルースー)鍋で昆布ダシかな?、素食(スーシュー)で肉系のダシを使ってないもの。

手前麻辣、鍋のスープが真っ赤っ赤です。
奥が日式、いいダシ出ています。
IMG_6614
では、食べ放題の戦闘開始です。
海鮮類があったり
IMG_6621
魚の皮や、モツ系?のような、ちょっと変わった具材や
IMG_6629
練りもの!
これが台湾は最高に美味しいと思います。
IMG_6618
もちろん野菜もあれば
IMG_6620
肉もあります。
IMG_6619
肉は牛肉、豚肉、羊肉の三種あります。

ちなみにタレはこんな感じ。
IMG_6623
手前の茶色いのは沙茶醤(サーチャージャン)という蝦のペースト状の調味料や、五香等をピーナッツ油で炒めた調味料で、台湾では鍋はこれ!みたいな感じがあります。

生キクラゲが美味しいので、いっぱい持ってきてみました。
IMG_6622
一人用鍋でグツグツにながら、ワクワク状態です。
IMG_6624
麻辣は正直辛いです・・・。
表面的には薄いピンと突き抜けた辛さではありますが、ダシが良い感じなので、飽きることなく頂けました。

二皿目。海鮮やモツ?を中心に取って来ました。
ちなみに右奥は、鴨血です。
 IMG_6630
三皿目。
豚バラ肉とレタス、鉄板の組み合わせです。
IMG_6632
白飯や魯肉飯も食べ放題。
IMG_6639
炭水化物を食べたら負けだと思ってるので、一度も食べたことはありませんが・・・。

尚、私が一番好きな食材はこれ。
ウインナー。
IMG_6626
このチープな感じがたまりません。
ピンク色なんで、原材料に疑問符が付きますが、気にしない事にします!

もちろん飲料は飲み放題ですが、ビールはありません。
IMG_6637
ケーキやフルーツも食べ放題ですが、ケーキは正直残念な味です・・・。
IMG_6636
アイスも食べ放題♪
IMG_6638
基本、ここまでたどり着ける機会は殆どありませんが・・・・。


という感じのお店です。
台湾の方でかなり賑わっており、待つこともしばしば。
サービス税入れて330元が高いか安いか分かれると思いますが、私のお気に入りのお店です。


犇鱻涮涮鍋

台北市中山區松江路95號2樓
営業時間:11:00~23:00(ラスト入店21:30)

行天宮からほど近い、松江路と民権東路の交差点近くに、以前から超超気になっていた鍋屋さんがありました。言葉が喋れないのでシステムが良くわからず、入るのに勇気が必要だったので、ずーっと行けず仕舞い。意を決して行ってみました。松江自助火鍋城(ソンジャンジジュゥ ... 続きを読む
行天宮からほど近い、松江路と民権東路の交差点近くに、以前から超超気になっていた鍋屋さんがありました。

言葉が喋れないのでシステムが良くわからず、入るのに勇気が必要だったので、ずーっと行けず仕舞い。

意を決して行ってみました。

松江自助火鍋城(ソンジャンジジュゥホゥグオチェン)
IMG_6001
黄色い看板に赤い文字・・・。
ますます入りづらい雰囲気です。 
でもとりあえず入店。
IMG_5999
 真夏の暑い平日の夜でしたが、ものすごい人で溢れました。

 人数を確認され、空いている席に取り敢えず座ります。

まずおばちゃんから肉の種類を聞かれます。
「鶏豬牛羊?(ジージューニョウヤー)」と。
「豬肉(ジュウロウ)!」を頼むことにしました。

そして鍋に入れる好きな具材を取りに行きます。
IMG_5987
一応メニューが貼ってありますが、どれがどれだかわからないけど、美味しそうなのを選びます。
料金は回転寿司のように、お皿の色で違うようです。
IMG_5989
で、好きな具材を自分の席に持って行くと、慣れた手つきでお店の人が炒めてくれます。
IMG_5988
玉ねぎと肉をササッと炒め、特製のタレのようなものをかけてました。
そして具材を全部入れ、スープを注ぎます。
IMG_5992
グツグツ煮込んで出来上がり!
IMG_5994
豆腐やキクラゲ、エリンギ、キャベツに練りもの等など。
色は薄めですが、良い感じです。

タレは自分で好きなようにミックスします。
IMG_5991
日本語も書いてありました。

さて実食!
まずは豚肉です。
IMG_5995
沙茶醤(サーチャージャン)という、ピーナッツ風味のタレで大量の香菜と食べるのが美味いのです。

練りものその1
IMG_5996
 豚肉とキノコの肉ボールです。
台湾のコレって、すごい歯ごたえがあって、本当に美味しいんですよね。
ここのも最高に美味しかったです。

練りものその2
IMG_5997
魚のすり身とイカの団子です。
これもイカがコリコリして最高でした。

スープは、色々な食材のダシが出て、和風のような洋風のような、なかなかコクのある味でした。
決して「THE台湾!」という味ではありませんが、日本にありそうでなさそうな。
家で作れそうで作れなさそうな。
でも美味しい!

途中で食材が足りなくなったら、自分で勝手に持ってきて投入です。

尚、お会計はおじちゃんが皿の種類と枚数を数え計算してくれ、本日のお会計は2人で570元でした。


松江自助火鍋城
 
台北市松江路315號
営業時間:11:00~翌1:00

美味しいモンゴル鍋が食べたい!少し日は経ちますが、先日行った 天香回味 依頼、安くて美味しいモンゴル鍋を探しています。台北市内の街中でよく見かけるこの看板。小蒙牛(シャオメンニョー) 別名、Little Mongolian、 麻辣養生鍋食べ放題のお店です。モンゴル式の麻辣 ... 続きを読む
美味しいモンゴル鍋が食べたい!

少し日は経ちますが、先日行った 天香回味 依頼、安くて美味しいモンゴル鍋を探しています。

台北市内の街中でよく見かけるこの看板。
小蒙牛(シャオメンニョー) 
IMG_4235
別名、Little Mongolian、 麻辣養生鍋食べ放題のお店です。
モンゴル式の麻辣鍋ってことでしょうかね?

ということで、南京店にやってきました。
南京東路×新生北路の交差点の東側、お土産がそろう新東陽の二階です。
IMG_4203
日本語一切通じません・・・。
私たちのしがない中国語でも意思疎通が難しく、なんとか頼めました。
食べ放題で499元です。
プラス10%のサービス料。
IMG_4206
食べ放題なのですが、オーダー式で、食べたいものを左にチェックを入れます。
IMG_4204
鴨血、臭豆腐。
IMG_4208
臭豆腐はかなり臭く、美味しくは頂けませんでした。
やはり揚げ臭豆腐じゃないと苦手かな・・・。

海鮮や練り物、凍豆腐など
IMG_4209
野菜盛り、お肉などなど。
IMG_4211
IMG_4216
お肉が大きくてビックリです。
これだけ大きいお肉が食べ放題なのも珍しいです。
IMG_4215
冬虫夏草のようなものも入っていました。
本物の冬虫夏草ではなく、モドキで、効能も殆どないとか。
IMG_4217
以下、食べた食材の写真アップでいきます。
IMG_4218
IMG_4219
IMG_4222
IMG_4223
IMG_4224
IMG_4225
IMG_4226
尚、ジュース飲み放題です。
IMG_4227
IMG_4230
アイスも食べ放題です。
IMG_4231
ケーキも食べ放題です。
IMG_4232
IMG_4228

いやー食べた食べた!
こういう食べ放題のお店って、デザートに辿り着く前に食べ過ぎて、デザートまで美味しく頂けないんですよね・・・。

で、気になる鍋の味はというと、まぁ食べ放題にありがちな味です。
可もなく不可もなくといったとこでしょうか。

麻辣麺は辛さが強く、コクがない。
養生鍋はレトルトっぽい味がして、少々コクがなくて薄めです。

でも、かなり大きい肉が食べ放題ということは気に入りました。

やっぱりモンゴル鍋と言ったらは天香回味なんですかねぇ。
あそこは食べ放題ではなく値段も高めなだけに、やっぱり美味しいと思います。


小蒙牛

台北市南京東路二段20號2樓
営業時間:月~金11:00~14:00 17:00~24:00
土日祝日 11:00~24:00
電話番号:02-2536-1333
他店舗は下記から
http://www.mongobeef.com.tw/ 

腰の角度90度でお辞儀をすることで有名なお店、鼎王麻辣鍋(ディンワンマーラーグォ)。http://www.tripodking.com.tw/ 本店は台中で、台北支店は、南京東路と光復南路の交差点近くの一軒のみでしたが、最近長安東路と建國北路付近に支店がオープンしました。休日にはお店の ... 続きを読む
腰の角度90度でお辞儀をすることで有名なお店、鼎王麻辣鍋(ディンワンマーラーグォ)。
http://www.tripodking.com.tw/ 

本店は台中で、台北支店は、南京東路と光復南路の交差点近くの一軒のみでしたが、最近長安東路と建國北路付近に支店がオープンしました。
IMG_4341
休日にはお店の前に人だかりが出来ていたので、平日の夜に電話予約をして行きました。
予約なしだと並ぶ可能性が高そうです。
IMG_4338
清潔感のある高級そうな綺麗な店内です。

さてメニューです。
IMG_4310
鍋底は麻辣か酸菜の2種類から選べます。
また辛さや酸っぱさも、大中小で選べます。 
二種類を堪能できる、鴛鴦鍋(おしどりなべ)(ユンエングォ)も勿論あります。
 
具のメニュー 
IMG_4311
IMG_4312
IMG_4313
IMG_4314
IMG_4315
IMG_4316
IMG_4317
IMG_4318

こちら調味料コーナー。
でも薬味がネギだけでちょっと寂しいかな・・・。 
でも嬉しいことに、白い御飯は食べ放題です。
IMG_4319
ネギマニアなので、麻辣用の醤油ベースのタレと、酸菜用の腐乳が入ったタレ、両方にネギを大量にいれました。
IMG_4321
 
鴛鴦鍋(ユンエングォ)麻辣150元+酸菜110元×2名(人数)=370元
IMG_4324
お店の人が、千層凍豆腐(チェンツェンドンドウフ)60元と、招牌川丸子(ジャオパイジュアンワンズ)208元を入れてくれました。
IMG_4322

梅花猪肉(バイホヮジューロウ)288元
IMG_4326
台湾の牛肉はオーストラリア産、アメリカ産がメインで、正直美味しいと思ったことは少なく、台湾の豚は甘くて本当に美味しいので、鍋の時は必ず豚を食べます。

総合手工包(ジョンハーショウゴンバオ)180元
IMG_4323
4種類の団子です。
 
一品鮑魚(イーピンバオユー)180元
IMG_4328
アワビです。

養生総合菇(ヤンシェンジョンハーグー)160元
IMG_4327
シメジと白いシメジ、舞茸が入ってました。

完成図
IMG_4329

オンザライスにして食べてみました。
IMG_4331
ネギが甘く美味しいため、何度もおかわりしてしまいました。

千層凍豆腐(チェンツェンドンドウフ) 
IMG_4330
名前通り凍らせる事により、すが入っているので、味がものすごく染みています。
麻辣の汁をガッツリと吸い込んでいますが、豆腐の甘みで緩和されるため、美味しく頂けました。

招牌川丸子(ジャオパイジュアンワンズ) 
IMG_4332
一口食べた瞬間にスパイシーな味が口に広がります。
うーん、レモングラスなのかなぁ? タイ料理と思わせる味で、何気に好きです。

麻辣鍋の中に入っている鴨血と豆腐は食べ放題です。
IMG_4334
ここの鴨血はプリンプリンしているのにとろける感じあり、とても美味しかったです。
豆腐は、臭豆腐のように見えましたが、全く臭みがなく、なかなか美味しかったです。

また、酸菜鍋の中身に入っている酸っぱい白菜の漬物も、お店の人がナイスタイミングで、スープと共に足してくれます。

さてお会計。
IMG_4335
これにサービス税10%が入り、1591元でした。


時間制限も1時間半と少々駆け足な感じの食事で、残りはお持ち帰りにして頂きましたが、サービスも店員さんの態度も良く、気持よくお腹いっぱいになりました。

味はと言うと、麻辣鍋はまぁ美味しいと思いますが、これといって独創的な味ではなく、万人受けする味でした。
今回は辛さ控えめの小辣を頼みましたが、まぁまぁ辛かったです。
食材にこだわっているので、スープ自体も体に良いものがいっぱい入っているとは思いますが、スープにスパイシーさが足りないかな・・・と私は個人的に思いましたが、油、塩、コレステロールを抑え、カルシウム、繊維質が多く含まれているので、健康を意識したスープなのは間違いありません。
でも食材は最高に美味しいです。

酸菜鍋は美味しいと思いますが、ちょっとスープにあっさり感があり、控えめな味でした。
個人的には四平小館の方が、より濃厚で複雑な味を楽しめると思います。
あそこは薬味も色々な種類がありますしね。

でも、やはり一度で二度美味しい鴛鴦鍋で、酸菜鍋を食べたい!ということであれば、ここですかね。
尚、あまったスープはお持ち帰りが可能で、中に入っていた鴨血や豆腐、白菜等は、最初の量まで継ぎ足してから包んでくれます。
我が家は、しばらく家鍋が続きそうです。


鼎王麻辣火鍋 台北長安店

台北市中山區長安東路二段131-1號
電話番号:02-2507-8018、02-2507-8318
営業時間:11:00~翌4:00
定休日:なし
 

台湾には色々な鍋がありますが、日本では中々味わえない酸菜白肉鍋(スヮンツァイバイローグォ)がオススメです。酸っぱい白菜の漬物を主な材料として使っている鍋で、酸っぱくてあと引く鍋です。色々なお店で酸菜白肉鍋を楽しめますが、専門店が松江路と四平街の交差点近く ... 続きを読む
台湾には色々な鍋がありますが、日本では中々味わえない酸菜白肉鍋(スヮンツァイバイローグォ)がオススメです。
酸っぱい白菜の漬物を主な材料として使っている鍋で、酸っぱくてあと引く鍋です。

色々なお店で酸菜白肉鍋を楽しめますが、専門店が松江路と四平街の交差点近くにあります。

四平小館(シーピンシャォグワァン)
IMG_4160
松江路と四平街の交差点を西側に少し入った場所にあります。
四平小館の文字がLED装飾されているので、かなり目立ちます。

以前行ったときは予約なしでも余裕だったのですが、気温が低く日曜の夜だったことから、1時間以上待たされました・・・。

さて、メニューです。
IMG_4161
酸菜白肉鍋の大きさは3種類から選ぶことが出来ます。
今回は4人でいったので、中を選ぶことにしました。
中だと、お肉が二皿ついてきます。

追加の食材のページ。 
IMG_4162
お肉は、豚肉、牛肉、羊肉の3種から選べます。

一品料理も少々。
IMG_4163
鍋ってどうしても大人数・・・ということがないように、夜でも一人鍋が可能です。
IMG_4164

さて、来ました。
酸菜白肉鍋(中)1360元
IMG_4168
この形の鍋、いいですよねー。
真ん中に炭が入っていて、ずーっと良い温度で煮えています。
IMG_4169
食材がこれでもか!というほど、溢れてます。
エビ、牡蠣、練り物が数種類、豆腐やマロニーちゃんぽいもの、鴨血等が入っています。

今回は二皿とも、豚肉を選びました。
IMG_4170
何だかんだ、豚肉が一番美味しいと思います。

調味料コーナーです。
IMG_4165
自分で好きなものを好きなだけ入れて、オリジナルのタレを作ることが可能です。
私は香菜マニア、ネギマニアなので、二種類作ってみました。
IMG_4171IMG_4172
美味い!美味い!言いながら全て完食。
IMG_4175
このスープ、あと引く美味しさで食べても食べても飽きません。
食べ過ぎても、胃がもったりとせず、爽やかです。
IMG_4176

日本人ウケする味なので、日本で出したら結構流行るかもしれませんね。

よくある食べ放題の鍋屋にも、酸菜鍋を選ぶことができますが、やっぱり専門店の味は全然違います。

鍋はやっぱり冬に食べたいものですが、クーラーの当たり過ぎで、体が冷えた夏に食べるのもアリでしょう。


四平小館

台北市四平街45號
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:30 
電話番号:02-2561-1412

日本にも支店がある、モンゴル火鍋で有名な天香回味(ティエンシャンホイウェイ)。私が台北に赴任して間もない頃に来たのが初めて。その時の印象は一言、「高い」「台湾って食事が安く食べれるのに、野菜ひと皿で○○元ってどういうこと?」と思って以来、足を運ぶことはあ ... 続きを読む
日本にも支店がある、モンゴル火鍋で有名な天香回味(ティエンシャンホイウェイ)。

私が台北に赴任して間もない頃に来たのが初めて。
その時の印象は一言、「高い」

「台湾って食事が安く食べれるのに、野菜ひと皿で○○元ってどういうこと?」と思って以来、足を運ぶことはありませんでした。

どんな味だったかすっかり忘れたので、約2年ぶりに来てみました。

天香回味
IMG_4003

階段で2階に上がると、お店があります。
IMG_4002
お店に入ると、上記写真の鐘を「ぼ~~ん」と鳴らしてくれます。

さて、メニューです。
メニュー表に薄いカバーがしてあり、少々見えにくいと思いますが、ご了承下さい。
IMG_3976
鍋の種類は3つ。
天香というスパイスが効いたもの。
回味という薬膳鍋。
あとは素食(ベジタリアン用)
大は380元、小は300元。
まぁ、お客の殆どは天香回味の2種が楽しめるものを頼むと思います。
(2種類でも同じ値段)

他のメニューです。
IMG_3977
IMG_3978
IMG_3979
IMG_3980
IMG_3981

左は飲料、右にはお得なセットもあるようです。
IMG_3982
IMG_3983
 
鍋は勿論、2種入ったものを頼みました。
IMG_3984
 
取り合えず、豚バラ肉、鶏肉、キャベツ、ネギ、豆腐、霊芝茸。
IMG_3986
食材を入れた感じ。
IMG_3987
久々に食べましたが、美味しいです。
特にツケダレはなく、スープで煮込んだ食材を、そのまま口に運ぶタイプのものです。

スパイスの効いた天香の方は、 スパイスが濃厚だけど見た目程辛くなく、コクもしっかりあります。
白い回味の方は、人参の漢方がしみ出した味で、元気になりそうな味がします。

特に美味しかった霊芝茸
IMG_3990
アワビのようにコリコリで、味もしっかり染み込んでました。

追加で豚肉、湯葉、鴨血を頼みました。
IMG_3989
ごはんも追加。
IMG_3988

いい感じに煮込まれてます。
IMG_3994
尚、途中でお店の方がスープを足してくれるのですが、天香も回味も、スープ自体は一緒のようで、同じヤカンからスープを足してました。

さて、日本人の方は敬遠しがちな鴨血(ヤーシエ)
IMG_3992
この独特の歯ごたえが好きです。
甘味があって美味しかったです。

スープも美味しくて、何度もおかわりして飲みました。
IMG_3995
天香と回味の両方を1対1の割合で混ぜると、ちょうどよい味になりました。
尚、ツレは「ちょっと塩味が強いかも」とのこと。

最後に出てきたサービスのデザート。
IMG_3996
一瞬、カエルの卵に見えますが、夜市のジューススタンドでも見かけるアレです。
山粉圓(サンフェンユエン)、日本ではバジルシードと呼ばれているものです。
宿便除去・便秘解消の効果があるとされているようです。
温かく甘いスープの中に入ってました。

さて、お会計。
IMG_3998
サービス税が10%はいって、1705元。(二人で)

少々お高く感じましたが、日本に比べると全然安いでしょう。

美味しい薬膳火鍋で絶対元気になりたい!大事な相手が食べたい!という場合は、ハズレることが絶対にない、こちらをお勧め致します。

でももっとリーズナブルで同じくらい美味しいモンゴル鍋、絶対あるはずなので、是非探してみたいと思います。
IMG_3985


天香回味(南京総店)


台北市南京東路一段16號2F
営業時間:11時~24時
電話番号:02-2511-7275
http://www.tansian.com.tw/ 

辛い火鍋、麻辣火鍋(マーラーフォーグオ)をたらふく食べたいわん!たらふく食べる=食べ放題、吃到飽(ツーダオバオ)の店じゃないと!ということで、お洒落なエリア、忠考復興駅近くの火鍋屋に行ってきました。MKと聞くと、タイスキのチェーン店を想像しますが、あのMKと ... 続きを読む
辛い火鍋、麻辣火鍋(マーラーフォーグオ)をたらふく食べたいわん!

たらふく食べる=食べ放題、吃到飽(ツーダオバオ)の店じゃないと!

ということで、お洒落なエリア、忠考復興駅近くの火鍋屋に行ってきました。
P1050001
MKと聞くと、タイスキのチェーン店を想像しますが、あのMKとここは全く関係ない台湾の火鍋のお店です。
土日は予約がないと多分1時間くらい待たされる程の人気店でした。
お店はこじんまりとしておりますが、カップルや若者が多かったです。

お馴染みの二色鍋。白い方はかつお出汁です。
P1040993

食べ放題なので、こちらから好きな食材を好きなだけ選ぶことが可能です。
P1040991

肉や野菜以外に、練り物や海鮮もあります。
P1040999

取りあえず、肉中心で持ってきました。
P1040994

ツケダレはこちらから。
大好きなパクチーとネギを大量に入れたいと思います。
P1040990

こちらは麻辣火鍋の下に必ず入っている鴨血(yā xiĕ)。
P1040995

鴨血とは、鴨の血を固めたもので、はじめてみた時は「苦手・・・」と思いました。
というのが私はレバーが何よりも嫌いで、あの臭みに耐えられないのです。
しかし鴨血は全く臭みがありません。
プリンプリンの歯ごたえが良く、とてもおいしいです!
多分、10個くらい塊を頂きました。

ハーゲンダッツのアイスクリームが食べ放題です。
P1040998

大体、台北の火鍋食べ放題の相場は、300元~500元でしょうか。

値段が400元後半のお店の
麻辣火鍋は色々なスパイスが入り複雑な味で美味しく、またハーゲンダッツの食べ放題がついていると思います。

こちらの麻辣火鍋も色が濃く、様々なスパイスを味わえることが出来ました。
でも肉の種類や、鍋の具が少々少ないかな?と思います。
尚、ジュースや炭酸類は飲み放題ですが、アルコール類は有料です。

場所柄ということもありますが、若者が集まる店ということで音楽も大音量で流れ、お店の規模も小さいので、ファミリー向けではなく、ゆっくり楽しむというお店ではありません。
 
値段は二人で990元(税込)でした。

尚、MKは1号店、2号店とあり、2号店のみ食べ放題です。


MK麻辣火鍋(2号店)

台北市大安路一段52巷7號
02-87716802
営業時間:11:30~01:00
定休日:旧正月