食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: 台湾の朝食

台湾の美味しい朝ごはんは色々ありますが、その一つとして、サンドウィッチがあります。日本のサンドウィッチとは具や味付けが異なり、バラエティーゆたか。今回は、そんな美味しいサンドウィッチの専門店にやってきました。場所は忠孝復興駅の出口1より徒歩5分ほど。安東街 ... 続きを読む
台湾の美味しい朝ごはんは色々ありますが、その一つとして、サンドウィッチがあります。
日本のサンドウィッチとは具や味付けが異なり、バラエティーゆたか。
今回は、そんな美味しいサンドウィッチの専門店にやってきました。

場所は忠孝復興駅の出口1より徒歩5分ほど。安東街を市民大道の方へ行った先にあります。

早餐研究所(ザオツァンイェンジョウスゥオ)
1
早餐は朝食という意味なので、「朝食研究所」ということになります。

続きを読む

ホテルでの朝食も良いですが、やはり朝食は外で食べるのが台湾ではオススメ。どのお店で食べても朝食は美味しいですが、今回はポリフェノールたっぷりの紫米を使ったおにぎりが美味しいお店をご紹介致します。場所は台北駅の南側、公園路を南に行き、青島西路に入ったすぐの ... 続きを読む
ホテルでの朝食も良いですが、やはり朝食は外で食べるのが台湾ではオススメ。

どのお店で食べても朝食は美味しいですが、今回はポリフェノールたっぷりの紫米を使ったおにぎりが美味しいお店をご紹介致します。

場所は台北駅の南側、公園路を南に行き、青島西路に入ったすぐの所にあります。

青島飯糰(チンダオファントァン)
DSC02598
黄色の看板に赤い文字、上の看板と同じ色合いですが、お店の横に「青島飯糰」と縦の看板があります。

メニューはこのような感じ。
DSC02595
口頭で注文ですが、メニュー表も置いてあるので、指差しでもOKです。
ちなみに、白米はその名の通り白いお米ですがもち米を使用しており、台湾おにぎりでは一般的なもの。
紫米はビタミンやポリフェノールたっぷりで高い抗酸化機能を持つお米を使用しています。
値段も一緒なので、ここは絶対に紫米を頼みましょう!

すでに作ったおにぎりも置いてありますが、基本はその場で握ってくれます。
DSC02597
DSC02596
熱々の出来たてをいただきました。

滷蛋肉鬆(ルーダンロウソン)35元
DSC02599
滷蛋は煮玉子のこと、肉鬆はお肉の田麩(でんぶ)が入っています。

出来たて熱々なので、取扱い注意です。
袋から出すとこんな感じでツヤツヤのおにぎりが現れます。
DSC02600
ちらっと油條が見えますね!
カブっと行くと、紫米のプチプチっとした食感と油條のサクサク感、そして肉鬆の少し甘い感じがとっても美味しいです。
また、中身に酸菜(高菜のようなもの)とコリコリの大根の漬物が入っており、この複雑な味がシンプルなお米とよく合います。

食べ進むと煮玉子が出てきました。
DSC02606
煮玉子もまた味がしみて美味しく、お米とよく合います。

もう一つ頼んでみました。

綜合肉鬆(ゾンハーロウソン)
DSC02602
こちらは名前の通り色々なものがぎっちりと詰まっております。
卵は煮玉子ではなく葱とが入った卵焼きのようなものが入っており、またまわりは海苔で包まれているので、おにぎりというよりは、太巻きという感覚でしょうか。
海苔のアクセントもあり、こちらもまた複雑な味と食感が楽しめるのでオススメです。


ということで、紫米が特徴的な台湾のおにぎりのご紹介でした。
一般的な朝食屋さんでも台湾おにぎりを楽しむ事ができますが、白米がほとんどですので、是非専門店で紫米を味わってみてください。
一つが結構大きめですが、フワッと握ってあるだけなので、1個ペロリと行けちゃいます。


青島飯糰

台北市中正區青島西路13號
営業時間:6:00〜10:00
最寄り駅:台北駅

 

台湾の朝食といえば何でしょう?豆漿と並んで人気の朝食メニューと言えば、蛋餅でしょうか。台湾式クレープとも呼ばれている蛋餅ですが、今回はテイクアウト専門の美味しい蛋餅が食べられるお店をご紹介します。場所は台北駅の裏側(南側)、南陽街沿いにある小さなお店とい ... 続きを読む
台湾の朝食といえば何でしょう?

豆漿と並んで人気の朝食メニューと言えば、蛋餅でしょうか。

台湾式クレープとも呼ばれている蛋餅ですが、今回はテイクアウト専門の美味しい蛋餅が食べられるお店をご紹介します。

場所は台北駅の裏側(南側)、南陽街沿いにある小さなお店というか屋台です。
ちなみにこの一体は補習街と呼ばれ、塾が多いため安くて美味しいファーストフードが数多くあります。

大四方蛋餅(ダースーファンダンピン)
DSC02319
いくつかお店が並んでいますが、写真中央の小さな屋台です。
外に看板はなく、屋台に名前が書いてある程度です。

さてメニューはこちら。
DSC02316

口頭注文ですが、AからEの5種類のみなので、言葉が喋れなくても簡単に注文可能です。
Aは原味蛋餅(ユェンウェイダンピン)25元:普通の蛋餅です。
Bは起司蛋餅(チースーダンピン)35元:蛋餅にチーズが入っています。
Cは蘿蔔糕(ルォボガオ)25元:大根餅で2切れ入っています。
Dは蛋餅と蘿蔔糕(1切れ)35元
Eは起司蛋餅と蘿蔔糕(1切れ)40元
こうしてみると、Eが一番コスパが良さそうですね。

注文するとその場で焼き上げていきます。
DSC02318
袋に入れて出来上がり!ですが、横にソースがあるので忘れずに!
DSC02317
左が甘い醤油ベースのソースで、右がチリソース。
右のチリソースはかなり辛いので、気をつけましょう。

さて、テイクアウト専門店なので、歩きながら食べるかどこかで座って食べるか。

お店の前の南陽街を南下すると二二八公園があるので、そこまで行ってみましょう。
1496581536800
歩いて三分ほどでやってきました。
DSC02320
都会の真中に緑がいっぱいの公園、良いですねー。
取り敢えず腰掛けて購入した蛋餅を食べましょう!

起司蛋餅(チースーダンピン)35元
DSC02321
チーズ入りの蛋餅にしてみました。
チリソースを結構掛けてしまったので、全体的に赤いです。
DSC02322
食べやすいように切り分けられており、写真ではわかりにくいですが、青菜が少し入っているので同時に野菜も摂取できます。
ガブッといくと、フワフワの卵の甘さが口の中に広がり、所々野菜のシャキシャキとして食感が感じられます。
普通の蛋餅よりも卵の量が多いので、とっても美味しい!

食べ進むとチーズゾーンに入りました。
DSC02325
チーズが大好きなので、この溶けたビジュアルがたまりません!
DSC02326
チーズの甘さとチリソースの辛さがナイスマッチで美味しさ最高潮!
一気に食べ進みましたが、味が結構濃厚なので、一つで結構お腹にたまりました。


ということで、袋の中に入れてくれ気軽に買える蛋餅のご紹介でした。
卵とチーズの甘さとチリソースの辛さが本当にナイスマッチングなので是非ご賞味ください。
ただし、チリソースは結構辛いので、入れすぎ注意です。


大四方蛋餅

台北市中正區南陽街3之1號
営業時間:月〜金 7:00〜10:20 土日:7:30〜10:20

ネギ大好き、ネギマニアのAiwanです。いやぁ台湾はホント、ネギ好きにはたまらないネギ天国ですよね。台湾で食べることができるネギ食品と言えば色々ありますが、個人的にはネギクラッカーですが、もう一つオススメするのがネギパンです。台湾のコンビニやパン屋さんでもネギ ... 続きを読む
ネギ大好き、ネギマニアのAiwanです。

いやぁ台湾はホント、ネギ好きにはたまらないネギ天国ですよね。

台湾で食べることができるネギ食品と言えば色々ありますが、個人的にはネギクラッカーですが、もう一つオススメするのがネギパンです。

台湾のコンビニやパン屋さんでもネギパンを見かけることが出来ますが、今回はローカル朝食屋さんでいただける絶品ネギパンをご紹介したいと思います。

場所は八徳路四段沿いと台北市内でも東方面、最寄り駅は南京三民駅となります。

南京豆漿店(ナンジンドウジャンデェン)
DSC01738
黄色の看板が目印ですが、普通に素通りしそうな、朝食屋さんです。
DSC01747
お店の前で口頭注文をし、奥の席でいただくスタイルです。
DSC01739
注文したらその場でお支払い。
DSC01740
空いてる席を見付け、座って待ちましょう。

先ずは台湾の朝食と言えばのこの一品。

鹹豆漿(シェンドウジャン)16元
DSC01742
おぼろ豆腐のような塩っぱい豆乳です。
もう見るからに美味しそう!!!
DSC01743
こちらのはスープタイプで、分離はあまりしてません。
ネギ多目なので私好みであり、塩っぱさが絶妙です。
これが16元なんて、ホント最高です。

そして来ました本命。
DSC01745
こちらのお店、南京豆漿店という名前ですが、正式名称は「南京漿葱焼餅専門店」、葱焼餅の専門店なんですよね。
葱焼餅(ツォンシャオビン)16元
DSC01746
袋から出すとズッシリとした塊がお目見えしました。
ゴマがたっぷりと上から掛かっており、中に見えるおネギ様の姿!!
ガブリと行くと、パンというよりは、粗いパンケーキのような食感で、ホロホロっと生地が口の中でとろけます。
そしてその生地と一緒に中の葱が口の中で甘く溶け出します!
ゴマの香ばしい感じと甘いネギがまた最高。
個人的にはこれにバターをたっぷりと塗って食べたら、バターの塩っぱさと葱の甘さのマッチングとが絶対美味しい・・・なんて思ってしまいました。


蛋餅(ダンピン)16元
DSC01744
蛋餅です。台湾クレープと日本では呼ぶそうですね。
こちらにも葱がたっぷりとはいっており、甘い醤油のタレといただくとこれまたナイスマッチング。
スタンダードな蛋餅ではありますが、これもまた美味しかったです。


ということで、絶品ネギパン、葱焼餅のご紹介でした。
ネギにパン?と疑問符を投げかける方も多いかとは思いますが、これが合うんです!
まぁ私はネギマニアであり、パクチーマニアでもある、青系薬味マニアなので、どんなものに入っていても「美味しい!」とか言ってしまうかもしれませんが、気になった方は是非どうぞ。


南京豆漿店

台北市松山區八德路四段193號
営業時間:6:00〜11:00
最寄り駅:南京三民駅

台湾には台湾式の美味しい朝食がたくさんありますが、今回は最近台湾で人気のお店をご紹介したいと思います。場所は南京復興駅から南京東路を西方面へ。建國北路手前(東側)の道を一本北に入った場所にあります。LoCo Food 楽口福(ラーコーフー)エメラルドグリーンの可愛 ... 続きを読む
台湾には台湾式の美味しい朝食がたくさんありますが、今回は最近台湾で人気のお店をご紹介したいと思います。

場所は南京復興駅から南京東路を西方面へ。建國北路手前(東側)の道を一本北に入った場所にあります。

LoCo Food 楽口福(ラーコーフー)
IMG_2068
エメラルドグリーンの可愛い建物が目立ちます。

朝から行列が絶えないお店です。

こちらお店のメニュー。
IMG_0999
主食は蛋捲と呼ばれるロール系のものとハンバーガー、サンドイッチがあります。
IMG_1001
サイドメニューもいくつかあります。
IMG_2055
注文をカウンターで行い、その場でお支払い。お店の左側に入り口があり、イートインスペースの方に案内されます。
IMG_1015

待つこと数分、やって来ました。

主廚樂口酥皮蛋捲(ジューチューラコウスーピーダンジュン)65元
+蜂蜜芥末脆薯(フォンミージェモーツイシュー)65元
IMG_2058
巻き巻きロール系の一品と、蜂蜜マスタードが掛ったフライドポテトです。

この焼色がたまりませんね。しかも結構ボリューミー。
IMG_2061
そのまま食べてもよいですが、ケチャップをかけても美味しいです。
中にはキャベツかな?野菜とハムとチーズが入っていました。
IMG_2063
パリパリとモチモチの皮とシャキシャキのキャベツ、とろーりチーズとハムがとっても相性良く美味しいです。
このキャベツの感じと小麦粉の皮で

こちらはフライドポテト。
IMG_2059
カリッカリに揚がった美味しいポテトに、マスタードと蜂蜜のソースが掛かっています。
鼻に少しツンとくる味の後に甘味が来て、とっても美味しい!!!

PAUL愛德式燒喜吉(ポールアイダスーシャオシージー)65元
IMG_2064
先ほどの巻き巻きの具がPaulさんの好きなドイツソーセージが入っているものです。
ちなみにPaulさんは店主とか。
 IMG_2065
プリっとした食感の美味しいソーセージ以外にチーズ野菜も入っており、結構食べ応えのある一品でした。

阿嬤的焼肉(アマーダシャオロウ)120元
IMG_1007
おばあさんの焼き肉サンドイッチという意味の一品です。
豚肉の焼いたもの以外に大きめのレタスに卵にきゅうりとベーコンにと、豪華4段重ねのサンドイッチです。
ガブリと行こうにも顎が外れそうなくらい分厚いのですが、頑張りました。
台湾のサンドイッチ、美味しいんですよねー!パンも良い感じに焼けており、豚肉のジューシーな感じも美味しく、とってもボリューミーでした。

醒醒呀KIWI(シンシンヤーキウィ)80元
IMG_1012
前に並んでいた人が二人連続で頼んでいたので、頼みました。
キウイジュースです。
醒醒呀は目を覚ます意味のようなので(多分)目覚めるキウイジュース!って感じなんでしょうか。
キウイの酸っぱくて甘い味が生搾りって感じで美味しかったです。


ということで、ちょっとお洒落な台湾朝食のお店をご紹介致しました。
一品一品が結構大きめで結構お腹いっぱいになりました。
隣の人が食べていたハンバーガーもかなり大きかったので、複数人でシェアするのも良いかもしれません。
ちなみにイートイン(内用)の最低消費量は一人100元なのでご注意下さい。


LoCo Food 楽口福

台北市中山區南京東路三段89巷5-4號
営業時間:6:00~14:00 / 土曜:6:00~15:00
定休日:日曜日
最寄り駅:南京復興駅

台湾のサンドイッチって美味しいですよねー。朝に移動トラックで販売している屋台サンドイッチでもかなりレベルが高く、ついつい買っちゃいます!ということで、今回は炭火焼きサンドイッチのご紹介ですが、チョコレートと豚肉を組み合わせたものなどの変わり種もあるお店で ... 続きを読む
台湾のサンドイッチって美味しいですよねー。

朝に移動トラックで販売している屋台サンドイッチでもかなりレベルが高く、ついつい買っちゃいます!

ということで、今回は炭火焼きサンドイッチのご紹介ですが、チョコレートと豚肉を組み合わせたものなどの変わり種もあるお店です。

場所は、日本人旅行客も多いアンバサダーホテル(台北國賓大飯店)の裏、中山北路と林森北路の中間あたりにある中安公園の前にあります。

可蜜達Comida炭烤吐司(カーミーダータンカオトゥースー)
IMG_2333
Comidaなので、コミダですね!
黄色い看板が目印ですが、お店の前の看板には求人募集が貼ってありましたので見逃し注意です。

こちらがお店の外観です。
オーダーシートをもらい、好きな席に座りましょう。
IMG_2334
休日の早朝ですが、お客さんは絶えません。

こちらオーダーシート。
IMG_2019
数量を書いたら、レジに持って行きお支払い。
レシートに自分の受付番号が書いてあるので、座りながら待ちましょう。
ちなみに、上段のサンドイッチの卵ですが、とろーり半熟か、普通の焼きかを選ぶことが可能です。


先ずは飲み物がやって来ました。

炭焼甘蔗紅茶(タンシャオガンジャーホンチャー)35元
炭焼甘蔗鮮奶茶(タンシャオガンジャナイチャー)50元
IMG_2332
炭焼きキビ砂糖を使った紅茶とミルクティーです。
甘さが独特で、奥のほうで焦げた味がしますが、甘さと苦味が絶妙でとても美味しかったです。
ミルクティーの方が独特の味で、印象的でした。

鬼椒起士豬肉滑蛋吐司(グェジャオチースージューロウフワダントゥースー)65元
IMG_2214
中身はチーズと豚肉と卵の鬼椒という特別な唐辛子を使ったサンドイッチです。
トーストは炭火焼きで、焦げ目がとっても素敵ですね!
熱でトロトロになったチーズが素晴らしい。
IMG_2213
ガブッといくと、鬼椒の独特の辛さが舌にヒリヒリと攻撃をしてきます。
辛さの種類を言うと、ハラペーニョ系の少し酸味のある辛さです。
しかしチーズと豚肉の旨味がその辛さと融合し、サクサクのトーストとフワフワの卵で全体的な調和が生まれ、とても美味しい!!
舌のピリピリっとした感じがたまらなく、何度もガブリと食べたくなるサンドイッチでした。


可可起士豬肉滑蛋吐司(カーカーチースージューロウフワダントゥースー)70元
IMG_2336
こちらチョコレートペーストで有名なNutellaを塗ったサンドイッチです。
IMG_2337
チョコレートに豚肉は正直初めての組み合わせ。それにチーズと卵ですかぁ・・・・。

と、疑問を感じつつもガブリといくと、これはこれは!
IMG_2342
チョコレートの甘さと肉汁が意外と美味しい!まるでパンケーキを食べているような感覚です。
これは食べた人しかわからない組み合わせなので、気になる方は是非お試し下さい。


堅果起士豬肉滑蛋吐司(ジャングオチースージューロウフワダントゥースー)80元
IMG_2339
こちらはナッツ系のペーストが塗ってあるサンドイッチで中身は同じです。
ナッツの香ばしさが、また豚肉とナイスマッチング。
チョコレートよりは斬新でインパクトは少ないですが、こちらの方が馴染みのある味のような感じがしました。


と、一通りサンドイッチを満喫すると隣のお客さんが何やら美味しそうなものを食べているじゃないですか。
メニュー表を見てもそれらしきものがない・・・・?

とうことで店員さんに「アレってどれですか?」と聞いてみました。
「オーダー表にはないのよ。混んでる時は作らない裏メニューよ」とのこと。

お客さんも多くなく、注文OKだったので、追加で頼んでみました。

白起士吐司(バイチースートゥースー)40元
IMG_2344
もうビジュアルからして、恋に落ちそうな姿ですよね。
上からかかっているのは練乳!そして中はチーズ。
IMG_2345
どれだけ甘いの!?と思いつつ食べると、意外にあっさり。
確かに練乳の甘さはありますが、フレンチトースト自体は甘くなく、中はチーズのため、塩味と甘味が合わさって不思議な感覚で美味しい!
味も待ってくクドくなく、ぺろりと食べちゃいました。
これ普通に二皿いけそうです。


ということで、炭火焼きサンドイッチ専門店のご紹介でした。
今回は変わり種含めたサンドイッチをご紹介しましたが、普通のサンドイッチやトーストもあります。とはいえ、是非変わり種を頼みましょう。そしてお店が混んでなければぜひ「白起士吐司」を。
もしお店が混んでいて座る場所もない場合は、外帯(ワイタイ)、つまりテイクアウトをして目の前の公園で食べるのも良いかもしれません。


可蜜達Comida炭烤吐司

台北市中山區林森北路310巷24號
営業時間:7:00〜12:30
定休日:月曜日
https://www.facebook.com/comidatoast/

台湾ローカルフードが美味しいのは当たり前ですが、他の文化が混ざり独自に進化した料理も美味しいのが台湾です。以前ご紹介したフレンチトーストサンドのMr.Lin'sもその一つで、卵を使ったフレンチトーストに豚肉を挟んで食べるサンドイッチは、何とも言えない美味しさがあ ... 続きを読む
台湾ローカルフードが美味しいのは当たり前ですが、他の文化が混ざり独自に進化した料理も美味しいのが台湾です。

以前ご紹介したフレンチトーストサンドのMr.Lin'sもその一つで、卵を使ったフレンチトーストに豚肉を挟んで食べるサンドイッチは、何とも言えない美味しさがあります。

今回ご紹介するのもそんなパンを使ったお店で、鉄板でトーストを焼いたり、お餅をホットサンドにしたものを食べれるお店です。

場所はMRT忠孝復興駅に近い白いSOGO(SOGO復興店)の裏、復興南路から少し右に入った辺りにあります。

扶旺號(Full Want)(フーワンハオ)
IMG_1046
台湾の朝食としてサンドイッチという選択肢が多いように、朝6時から開店していますが、最近かなりの人気のお店なので、いつも人であふれています。

こちらメニュー。
IMG_1036
カウンターにもメニューがあるので、指差しで購入することが可能です。
IMG_1037
尚、いくつかのメニューは限定メニューとして午前10時から15時までしか販売してないものもあります。

カウンターの横には大きな鉄板があり、お肉や目玉焼き、トーストなどを焼いているのが見えます。
IMG_1045
取り敢えず幾つか購入してみました。

オーダーが入ってから作るので、若干時間が掛かります。
IMG_1039
番号が書いたレシートが貰えるので、電光掲示板に番号が表れたらカウンターに取りに行くシステムです。

お店の地下にイートインスペースがあるので、そちらで待ってみました。

待つこと10数分でやってきました。
IMG_1048

辣焼肉蛋捲餅(ラーシャオロウダンジュワンビン)70元
IMG_1051
蛋餅(ダンピン)のように巻いてある、厚めの生地に辛い豚肉が挟まっています。
IMG_1052
手に取ると思った以上にずっしりしていました。
かぶりと行くと、じゅわっと豚肉の肉汁が溢れて来ました。
美味しい!と思った瞬間、辣の名前が付いているようにピリリとした辛さがあと追いでやってきます。
でもこの辛さが心地よく、とっても美味しく頂きました。

去骨鶏腿土司(チューグージトゥイトゥースー)90元
IMG_1053
先ほどの鉄板で焼いていたトーストで挟んだ鶏肉のサンドイッチです。

試しに中身を見てみると、おっとパイナップルが入っていました。
IMG_1054
パイナップルか・・・と思いましたが、取り敢えずこのまま頂きます。

うん、悪くありません。
鶏肉にしっかりと味が付いており、トーストもサクサク&フワフワ。
キャベツもシャキシャキとしており、鶏肉の味とパイナップルの酸味と甘さがいい感じに調和してました。

取り敢えず飲み物と思い、こちらをオーダー。

青蛙奶蓋(チンワーナイガイ)50元
IMG_1050
簡単にいうとミルクティーなのですが、上のクリームがものすごくトロットロ!
写真だとわからないと思いますが、ドロッドロのクリームでこれまた美味しい!
少しづつ溶かしながら飲んでみました。
 
さて前述の通り、限定メニューは時間が決まっているため、別の時間でやってきました。

購入したのは2つのホットサンド。
IMG_1243

先ずはこちら。
焼焼麻糬熱壓土司(シャオシャオマーシューラーヤートゥースー)60元
IMG_1244
パッとみ普通のホットサンド。
中を割るとビヨーンとお餅が!
 IMG_1246
お餅と一緒にピーナッツの粉が入っています。
思ったよりも甘さ控えめで、お餅とトーストの組み合わせって面白いですね。
ふと考えてみると思いっきり炭水化物祭りでした。

搖滾香蕉熱壓土司(ヤングンシャンジャオラートゥースー)60元
IMG_1247
こちらはバナナが入ったホットサンド。
嬉しいことにチョコです!チョコバナナのホットサンドという感じでしょうか。
個人的にこのサクッとしたパンに、ぐにゃっとしたバナナの感触が好きです。
美味しく頂きました。


ということで、サンドイッチやお肉が入った蛋餅系のもの、デザートホットサンドのご紹介でした。
どれも美味しく、なかなか日本ではお目にかかれない組み合わせなので、台湾ローカルフードに若干飽きた方にオススメです。
お店のFacebookを見ると、色々美味しそうなメニューも別途あるので、また是非訪れたいと思います。

IMG_1047
尚、今回訪れた復興店以外に、通化店もあるようです。


扶旺號(Full Want)復興店

台北市大安区復興南路一段133−1號
営業時間:月-木:7:00〜16:00 / 金-日:7:00~19:00
最寄り駅:忠孝復興駅
https://www.facebook.com/fullwant/
 

台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファン ... 続きを読む
台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。

台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当

100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。

今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファントヮン)をご紹介したいと思います。

場所は台鐵便當が買える台鐵便當本舖の左隣、西3門近くです。

台鐵夢工場(タイティエメンゴンチャン)
IMG_0122
7時の台北駅は人がまばらですが、ここは人が多く、行列ができていることもあります。

こちらメニュー。
IMG_0624
おにぎりは白いもち米を使った排骨、紫黒米を使った素食(ベジタリアン)の2種ともに35元、豆乳は20元ですが、セットで買うと50元になります。

ちなみに紫黒米については、こちらをどうぞ。 
wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒米

ということで、セットで購入してみました。
IMG_0326
排骨飯糰(パイグーファントヮン)
IMG_0327
お米はもち米です。
重量230gと結構重いです。
周りのフィルムを開くと、こんな感じで出てきました。
IMG_0328
その場で店員さんが作っているので製作工程が見えますが、おにぎりというよりは、型枠に入れてギュッと押し込んでいるので押し寿司のような感じです。

フィルムは新幹線をイメージしています。
IMG_0329
実はこちら、以前販売していた時はこんな感じでした。
IMG_9642
海苔をのせる工程に時間が掛かかっており、効率が悪かったので、簡素化したようですね。
さて、お味はというと、排骨の細かいものが入っており、独特の香料がするものの、もち米特有のモチモチ感が味わえ、なかなか美味しいです。
IMG_0330
また中身に堅い豆腐や(豆干)が煮玉子、お漬物(酸菜)が入っており、アクセントの花生粉(ピーナッツ)が香ばしいです。


紫米飯糰(ズーミーファントヮン)
IMG_0625
排骨おにぎりとは違い、三角形です。
(後から気が付きましたが、フィルムに電車の窓のようなものが書いてあるので、こちらも電車をイメージしているようですね)
IMG_0626
周りのフィルムを開くと、綺麗な紫色のお米が出てきました。
IMG_0627
一口食べると、これがまた最高に美味しい!!
紫黒米特有のプチプチした食感が心地よいです。
IMG_0629
中身はエリンギ、素鬆(大豆で出来た細かいもの)、ごぼう、芽生姜など。
エリンギのコリコリした食感、芽生姜とごぼうのカリカリ感、紫黒米の食感といろいろな食感が同時に味わえ、食べていて楽しく、本当に美味しかったです。

こちらは豆漿(ドウジャン)、豆乳です。
IMG_0331
甘さ控えめでなかなか美味しく、おにぎりとはミスマッチかな?と思いましたが、意外に合いました。


ということで、台北駅で販売しているおにぎりのご紹介でした。
排骨も美味しいのですが、なんといっても紫黒米の紫米飯糰(ズーミーファントヮン)が本当に美味しく肉食系の方へもオススメできる一品です。

 
台鐵幸福飯糰( 台鐵夢工場旗艦店)

台北市中正區北平西路3號(台北車站西3門)

販売時間:7:00~10:00(平日限定)
 

永和豆漿と言えばどこでもある名前の早餐店(朝食屋さん)ですが、同じようにみえてメニューも味もお店それぞれです。私も数々の朝食屋さんに行きましたが、最近お気に入りの永和豆漿があるのでご紹介したいと思います。場所は、長春路と新生北路の交差点近く、長春路を東へ ... 続きを読む
永和豆漿と言えばどこでもある名前の早餐店(朝食屋さん)ですが、同じようにみえてメニューも味もお店それぞれです。

私も数々の朝食屋さんに行きましたが、最近お気に入りの永和豆漿があるのでご紹介したいと思います。

場所は、長春路と新生北路の交差点近く、長春路を東へ少し行った場所にあります。

永和豆漿(ヨンハードウジャン)
IMG_8294
永和豆漿と言えば、この赤い看板ですよね。
林森北路からも近くなので、行かれたことがある方も多いかもしれません。

外にはオープンスペースで頂ける机もありますが、クーラーの効いた中でも頂けます。
IMG_8295

IMG_8440

さて、こちらオーダー表。
IMG_8286
朝食屋さんは結構口頭オーダーのお店が多いのですが、オーダー表があると安心ですね。

ということで、好きなものにチェックをつけてお店の方に渡しましょう。

鹹豆漿(シェンドウジャン)25元
IMG_8287
甘い豆漿もいいですが、私はやはりこのおぼろ豆腐のような豆漿が好きです。
IMG_8290
若干濃い味付けで、中には揚げパンのような油條(ヨウテャオ)や干大根などが入っています。
お好みで辣油を入れていただくのもありです。
食べ応えがあり、結構お腹にたまる一品です。

起士蛋餅(チースーダンピン)30元
IMG_6858
こちらの蛋餅は一般的な蛋餅で、薄いモチモチっとした皮と一緒に卵を焼いたもので、中にチーズが入っています。
サクサク蛋餅も美味しいですが、このスタンダードのも美味しいですね。

蘿蔔糕(ルォボーガオ)30元
IMG_6859
大根餅です。
普通の大根餅は、正方形のを2枚、両面焼いて・・・という感じですが、こちらのは正方形のを更に3つに切り、全面を焼いてくれるので、周りがカリッカリで美味しいです。
プラス10元で卵も一緒に焼いてくれますが、少し絡めのソースと一緒にとろける黄身と頂く大根餅もなかなか美味しいです。

焼餅豬排蛋(シャオビンジューパイダン)45元
IMG_8288
焼餅とは、パイ生地のようにサクサクのパンのようなもので、一般的には揚げパンのような油條を挟んで頂くのが多いと思いますが、こちらのお店には卵と豬排、焼いた豚肉が挟まっています。
IMG_8289
これがシンプルなのにとっても美味しい!!!
サックサクの焼餅とプルプルとした歯ごたえの豬排、フワフワの卵と、ボリューミーですがとても美味しいです。

饅頭豬排蛋(マンドウジューパイダン)45元
IMG_8441
焼餅豬排蛋が美味しかったので、饅頭のも頂きました。
この饅頭、フワフワの上を行くカプカプといった食感で、これまた最高に美味しいです。
IMG_8444
噛むと豬排からジュワッと肉汁が溢れ、それが饅頭に染み込み更に饅頭を美味しくさせます。
こちらもかなりボリューミーですが、大きさを忘れるくらい夢中で一つ、ペロリと行っちゃいました。


ということで、豬排系の朝食が充実しているお店のご紹介でした。
どれも一品一品作り方が丁寧で、どれも美味しいのが最近お気に入りの理由です。

こちらお店の店主です。
IMG_8285
日本語も片言喋れて気さくな方なのも、また通ってしまう理由の一つです。


永和豆漿

台北市中山區長春路85號
営業時間:19:00〜翌11:00

台湾の朝食は何を食べても美味しいですよね。私は個人的にチーズが大好きなので、チーズ入り蛋餅があるお店によく行きます。今回のご紹介するのはサクサク蛋餅のお店、しかも好きな味の蛋餅にチーズがトッピングでき、餅堡という焼餅をつかったバーガー的な一品もあるお店で ... 続きを読む
台湾の朝食は何を食べても美味しいですよね。

私は個人的にチーズが大好きなので、チーズ入り蛋餅があるお店によく行きます。

今回のご紹介するのはサクサク蛋餅のお店、しかも好きな味の蛋餅にチーズがトッピングでき、餅堡という焼餅をつかったバーガー的な一品もあるお店です。
(現在、餅堡はすべて焼餅となりました)

場所は長安東路と八徳路を縦に通っている、龍江路の小道を少し入った所。
近くにある全聯福利中心(pxmart)の路地を入った場所にあります。

味鼎蛋餅(ウェイディンダンピン)
IMG_8763
改装後、カフェ風のお店になり綺麗な佇まいになりました。

お店に入ってすぐの場所では鉄板で色々と焼いていました。
IMG_6557

さぁ中に入って、好きな席に座りましょう。

オーダーシートは、店員さんから頂けます。

こちらがオーダーシートです。
IMG_7437
好きなものにチェックを入れてお店の方に渡します。

ちなみに色々+10元でチーズ入りが可能です。
右側には焼餅漢堡(シャオビンハンバオ)、焼餅バーガーなるものも書いてあります。

鹹豆漿(シェンドウジャン)25元
IMG_6565
私の大好きな朝食の一つです。
辣油が入って、少し辛めのが大好きです。
IMG_6567
柔らかいおぼろ豆腐のような食感で、とっても美味しく頂きました。

起士蛋餅(チースーダンピン)40元
IMG_6564
チーズ入り蛋餅です。
見るからにサクサクってしてます。
IMG_6566
一切れ持ち上げるとチーズのトロッと感が、幸せを運んできそうです。
トロッとした幸せと一緒に口の中に入れると、サクサクっとした蛋餅と共に、卵の優しい甘さとチーズに塩気が混ざって、とっても美味しかったです。

そのまま頂く蛋餅もいいですが、豆板醤を付けて頂くのも大好きです
IMG_6568
これまたピリリと辛さが効いて更に上の美味しさがやってくる感じです。

もう一つ蛋餅を頂いてみました。

培根蛋餅(ペイグンダンピン)+加起士(ジャーチースー)50元
IMG_7440
ベーコンが入った蛋餅に+10元でチーズを入れてみました。
IMG_7441
動物性の脂とチーズが最高のコンビネーションです。
とっても美味しく頂きました。

(現在、餅堡はすべて焼餅となりました)
培根餅堡(ペイグンピンバオ)40元
IMG_7442
焼餅(シャオピン)に目玉焼きとベーコンが挟まっています。
IMG_7443
これがまた蛋餅とは違う胡麻が効いたサクサクの生地に美味しい目玉焼きとベーコンが挟まっており、ハンバーガーとはまた違った美味しさがあり、かなり美味しいです。
ちなみに+10元でチーズのトッピングも可能です。

紅茶(ホンチャー)15元
IMG_6561
豆漿もいいですが、このような朝ごはんにはとっても甘い紅茶が合います。
もちろん奶茶(ナイチャー)、ミルクティーもいいですね。


ということで、今回はサクサクのチーズ蛋餅と焼餅漢堡(バーガー)が頂ける朝食屋さんのご紹介でした。
私はチーズが本当に大好きなので、こういう一品は本当に大好きです。
サクサクの蛋餅というと、以前ご紹介した「喜多士豆漿店」もサクサクですが、チーズ好きならこちらがオススメです。
焼餅を使ったハンバーガーのような餅堡も美味しいので、是非両方頂いて下さいね。
IMG_8756


味鼎蛋餅

台北市中山區龍江路21巷3號
営業時間:6:00〜13:30
最寄り駅:南京復興駅