食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: 小吃

魯肉飯と言えば色々な名店がありますが、こちらのお店のファンも多いかと思います。場所は西門町の漢中街沿いにあります。天天利美食坊(ティェンティエンリメイシーファン)このレトロなお店構えもまた雰囲気があって良いですよね。 ... 続きを読む
魯肉飯と言えば色々な名店がありますが、こちらのお店のファンも多いかと思います。

場所は西門町の漢中街沿いにあります。

天天利美食坊(ティェンティエンリメイシーファン)
DSC01896
このレトロなお店構えもまた雰囲気があって良いですよね。


続きを読む

魯肉飯といえば代表的な台湾B級グルメでローカルなイメージがありますが、今回ご紹介するのはそんなローカル魯肉飯をモダンなスタイルのお店でいただけるお店です。場所は台北駅「M8公園路出口」より徒歩3分ほど。許昌街と信陽街の間、南陽街の路地をちょっと入ったところに ... 続きを読む
魯肉飯といえば代表的な台湾B級グルメでローカルなイメージがありますが、今回ご紹介するのはそんなローカル魯肉飯をモダンなスタイルのお店でいただけるお店です。

場所は台北駅「M8公園路出口」より徒歩3分ほど。
許昌街と信陽街の間、南陽街の路地をちょっと入ったところにあります。

北北車魯肉飯(ベイベイチィールーロウファン)
2
路地にはTHEローカルはお店が並んでいますが、他店とは異なるオシャレな外観が特徴的です。
女性でも入りやすいような雰囲気ですね。

中で食べる場合もお持ち帰りの場合も、まずは外側のカウンターに並びましょう。
12


メニューはこちらです。

3
日本語表記もあるので、問題なく注文できますね。

注文の際に中で食べるのかお持ち帰りなのかを伝えます。
中で食べる場合は内用(ネイヨン)、テイクアウトは外帯(ワイタイ)と言えばOKです。

注文後は空いている席に座りましょう。
4

中は10席ほどのかなりコンパクトな店内で、こういったお店では相席が一般的。
空いている席があれば、お隣の方に「OK?」と一声かけて座りましょう。

お箸などはセルフサービスなので必要なものを持っていきます。
5

注文したものが運ばれてきました。
銀色のお盆にのっていて給食のようです。

魯肉飯(小)(ルーロウファン)25元
6
コロコロとしっかり形を残した豚肉が美味しそうです。
7
おもむろにパクっといきましょう。

うん、美味しい!
肉が口の中でとろけるような柔らかさ。
しっかり味が染み込まれていて、白飯に染み出しているタレもおいしい。
小ではなくて大にすればよかったと思うほどペロリと食べてしまいました。


続いてはこちら。

香菇燉雞湯(シャングードゥンジータン)59元
8
日本語メニューには「シイタケと鶏肉のスープ」と書かれており、数量限定とありましたが、19時過ぎに訪れた時にはまだありました。

スープに染み出した鶏の旨味としいたけの旨味が最高にマッチしてます。
9
大きな鶏肉の塊が入っていて食べ応えがあり、日本人も大好きな味でしょう。


続いてはこちら。
筒仔米糕(トンザイミーガオ)35元
10
おこわのような米糕、美味しいですよね。

こちらは個人的に大ヒット!
ご飯自体にも味がしっかりとついており、具も濃厚で美味しい。
シンプルな味付けですが、濃厚な割にしつこくなくてこちらもペロリでした。
小さな握りこぶしくらいの大きさですが、意外とお腹も膨れました。

食べ終わったら、食器は専用棚にセルフで戻しましょう。
11


というわけで、見た目は台湾ローカルフードに見えないオシャレなB級グルメのご紹介でした。
座席は少ないですが回転が早いので、混んでいても少し待てばすぐに座れると思います。
台北駅からも利用しやすい場所にあるのでぜひ行ってみてください。


北北車魯肉飯

営業時間:11:30~21:00
最寄り駅:台北駅

寧夏夜市へとやってきました。新しいお店が生まれ、そして消え・・・という夜市にも競争社会がある中、長年地元の人たちにも愛され続けている鶏肉飯を、今宵はいただきたいと思います。場所は寧夏夜市の真ん中辺りです。まだ17時過ぎということで時間は早いのですが、週末と ... 続きを読む
寧夏夜市へとやってきました。

新しいお店が生まれ、そして消え・・・という夜市にも競争社会がある中、長年地元の人たちにも愛され続けている鶏肉飯を、今宵はいただきたいと思います。

場所は寧夏夜市の真ん中辺りです。

まだ17時過ぎということで時間は早いのですが、週末ということで賑わっています。

方家鶏肉飯(ファンジャージーロウファン)
DSC02794
 台湾に何度か来られている方は、絶対食べたことがあるお店でしょう。

屋台があるメイン通り裏手にテーブルと椅子が配置してあるので、先ずは場所を確保。
DSC02804
こちらがメニュー、テーブルに貼られています。
DSC02795
座ると店員さんがやってくるので、指差しして注文すればOKです。

ちなみに下に書かれている「禁外食及酒」は他店から持ってきたご飯やお酒は禁止という意味です。

鶏肉飯(ジーロウファン)30元
DSC02802
これこれこれっ!
DSC02797
手で割いたような細い鶏肉が、薄い塩味のような濃い鶏肉の出汁のような、そんな味わいのタレが絡んでいます。
そしてそのタレがご飯に染み込んでて、最高!
口の中に鶏肉の風味がフワッと広がり、一口、また一口と箸が進みます。
日本人は絶対好きな味ですね。

魯肉飯(ルーロゥファン)30元
DSC02803
多くの人が鶏肉飯を注文すると思いますが、魯肉飯も絶品です。
DSC02796
トロットロに煮込まれた豚肉は脂分多めですが、味が濃くて独特の魯肉飯風味も感じられます。
鶏肉飯よりも肉に噛みごたえがないので、サラサラっと完食してしまいます。

魯豆腐(ルードウフ)30元
DSC02800
個人的にはこれが一番大好きです。
豆腐の煮込んだものなのですが、豆腐がトロットロな上に、思いっきり汁を吸ってるのでこれが美味しい!!
大きな塊が2個くるため、結構お腹いっぱいになりますが、これをオンTHE鶏肉飯や魯肉飯にしていただくと最高です。

苦瓜排骨湯(クーグワパイグータン)50元
DSC02801
スープまで食べるとかなりボリューミーになってしまいますが、白苦瓜のスープが無性に食べたくなったので注文してみました。
スープは透き通った豚ベースの出汁で、これまた最高です。
下水湯(シャーシュェイタン)も良いのですが、苦瓜のニガニガしい口当たりが結構好きなんですよね。
白苦瓜はトロットロに煮込まれており、美味しかったです。


ということで、みんな大好き鶏肉飯!の寧夏夜市にある方家をご紹介致しました。
かなり日本人の舌に合うので、「この店が一番好きです!」という方も多いかと思います。
観光夜市ということもあり、お店の方も外国人には慣れているので、台湾初心者の方も、先ずはここで夜市と屋台の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。


※最近日本人観光客のマナがー悪いという評判をよく耳にします。混んでるお店でも平気で長居をする、朝から缶ビールをお店に持ち込んで酒盛りをする(しかも後片付けをしない)など、他のお客様の迷惑になるような行為が多いようです。今回のお店には「お酒禁止」の文字が貼られているように、飲酒禁止、外からの持ち込み禁止のお店も中にはあります。屋台でビールが飲みたくなるのは個人的には否定しませんが、夜市はビールを飲む場所ではなく、お店の料理を楽しむ場所です。お店のルールを守ることはもちろん、混んでるお店や屋台の場合は周りをよく見て、ぜひマナーを守るようお願い致します。


方家鶏肉飯

台北市大同区寧夏夜市
営業時間:17:00〜翌1:00
店番号:060

美食ストリートの延平北路三段にやってきました。夜は延三夜市と知られている、ローカル食満載ストリートです。今回は筒仔米糕という、円柱状に蒸し上げられたおこわのような一品が食べられるお店をご紹介したいと思います。場所は延平北路三段の入り口を200mほど北に行った ... 続きを読む
美食ストリートの延平北路三段にやってきました。
夜は延三夜市と知られている、ローカル食満載ストリートです。

今回は筒仔米糕という、円柱状に蒸し上げられたおこわのような一品が食べられるお店をご紹介したいと思います。

場所は延平北路三段の入り口を200mほど北に行った場所にあります。

大橋頭筒仔米糕(ダーチャオドウトンズーミーガオ)
DSC02259
最寄り駅が大橋頭駅の通り、大橋頭とはこちらの地名です。
お昼時はいつも人でごった返しています。

先ずは列に並びましょう。
DSC02238
カウンターで口頭注文をし、その場でお支払致します。
DSC02242
米糕は肥肉(フェイロう)つまり脂多めか、痩肉(ソウロウ)つまり脂少なめの肉かを選ぶことが出来ます。
綜合(ゾンハー)を頼むと両方いただくことができますが、一つの器に二個乗ってきますので、別々のお皿で行きたい場合は、それぞれ頼むと良いでしょう。
 
カウンターの前では大きな蒸籠で、たくさんの米糕を蒸し上げていました。
DSC02243
お支払が終わると、空いている席に通されます。

待つこと数分、やってきました。

肥肉米糕(フェイロウミーガオ)30元
 DSC02246
大きさは350ml缶の半分くらいでしょうか。
もう見るからに脂多めのお肉がのっています。
お味はと言うと、見た目よりも全然あっさり。薄味のおこわと言う感じです。
お肉はとっても柔らかいものの、少なめなので、1個じゃ物足りないかもしれません。

痩肉米糕(ソウロウミーガオ)30元
DSC02248
こちらは脂少なめの赤身肉が乗っていますが、実は半分は煮玉子です。
玉子を4分の1くらいに割ったものが入っています。
DSC02255
基本全体的なお味は一緒ですが、お肉が赤みの部分&玉子が入っているのでちょっとだけ食べ応えがあります。とは言え、アクセントが欲しい!という時はテーブル調味料ですね。
DSC02249
奥が見た目からそうだけど、全然辛くなく甘みのあるソース。
手前は、ちょっとかけるだけでもガツンと辛味が来るソース。
DSC02256
お好みでかけましょう!
油飯にかけるソースと同じ原理ですね。油飯といえば、景美夜市のお店が大好きです。

蚵仔豬血湯(アーズジューシエタン)70元
DSC02250
牡蠣と豚の血を固めた豬血が入ったスープです。
豚の血!?と思う方も多いかもしれませんが、血を食べることで自分の悪い血を外に出すという考え方があり、滋養強壮にも効果的で、世界の料理でも血料理は珍しくはありません。
DSC02253
というか、このスープがめちゃくちゃ美味しいです。
豚の血も全然臭みがなく、とってもプルプルの食感で美味しい!!
そして牡蠣!牡蠣が結構大きめのがたくさん入っており、生姜が強めのスープと相性バッチリ。
食べ歩きをされる場合は、米糕1つとこのスープで決まりですね。


ということで、絶品の米糕のご紹介でした。
個人的には肥肉の方が好みですが、これ一つではお腹いっぱいにはならないため、おやつ程度でいただくのも良いかもしれません。


大橋頭筒仔米糕
 
営業時間:8:00〜16:00
https://www.facebook.com/dqtfood/
 

こちら本日放映したおは朝で紹介したお店です。今まで色々な場所でチキンを食べてきましたが、ここのチキンは個人的に最強のチキンと言っても過言ではないかもしれません。その場で炭火で焼き上げて、胡椒とチリペッパーをまぶして食べる。もう絶対にビールが欲しくなること ... 続きを読む
こちら本日放映したおは朝で紹介したお店です。
今まで色々な場所でチキンを食べてきましたが、ここのチキンは個人的に最強のチキンと言っても過言ではないかもしれません。

その場で炭火で焼き上げて、胡椒とチリペッパーをまぶして食べる。
もう絶対にビールが欲しくなること間違い無し!!

そんな絶品チキンがいただけるお店をご紹介致します。

場所は景美夜市内、景美上海生煎包の横を入った奥側左にあります。

景美鄭碳烤(ジンメイジェンタンカオ)
DSC01801
お店が若干わかりにくいかもしれませんが、お店の前には鶏の様々な部位がずらり。
DSC01804

DSC01792

DSC01794
買い方は簡単。
先ずはボウルを手に取り、好きな食材をトングで入れていきます。
DSC01795
DSC01796
ある程度入れたら、座っているおばちゃんに手渡します。
DSC01798
どれがいくらか計算してもらえ、その場でお支払い。
DSC01799
このような紙をもらえます。
DSC01800
焼きあがるまでしばらく待ちましょう。混んでるときは20分位かかる場合もあります。
尚、頂いた紙の左上には25番と書いてあるように、これが自分の番号になります。

待つこと10分くらいで自分のが焼きあがりました。

先ずはぼんじり(30元)
DSC01808
もうメチャクチャ美味しい!!
この甘辛の醤油ベースのタレが最高に美味しく、ギュッと詰まった鶏の脂が最高です。
骨も噛めるほどの硬さで、丸ごと食べられました。

レバー(20元)
DSC01809
黒く焼きあがっています。
このレバーも、全然臭みを感じず、とっても美味しい!!

鶏のモツ(20元)
DSC01810
これもまた歯ごたえがあって美味しいです。
もう全部美味し過ぎ!

鶏の骨付きモモ肉(80元)
DSC01814
食べる時に食べやすいように切ってくれました。
これが最高に美味しいです。
ジューシーな上に、お肉がフワッフワで美味しく、炭火で焼きあがった香ばしさがたまりません。
焼きあがった時に振りかける
近くにコンビニがあったので、ビールを買いに駆け込んでしまいました。


ということで、景美夜市にある絶品チキンのご紹介でした。
先日放送されたおはよう朝日ですにでもご紹介したこちらのチキン、常に行列が出来ており、地元の人に愛されているお店でした。
景美夜市に訪れた際には、ぜひ覗いてみて下さい。


景美鄭碳烤

台北市文山區景文街51號
営業時間:18:20〜24:00 / 土日〜翌01:00
定休日:月曜日
 

個人的に夜市で食べる大好きなスープと言えば、豚のバラ骨や背骨の部分を煮込んだ「薬燉排骨」ですが、今回は中身が豚の骨ではなく、巨大な魚が入ったスープをご紹介致します。魚といっても、ドーンっとぶつ切りが入っているおり、見た目のインパクトがかなりある一品です。 ... 続きを読む
個人的に夜市で食べる大好きなスープと言えば、豚のバラ骨や背骨の部分を煮込んだ「薬燉排骨」ですが、今回は中身が豚の骨ではなく、巨大な魚が入ったスープをご紹介致します。

魚といっても、ドーンっとぶつ切りが入っているおり、見た目のインパクトがかなりある一品です。

場所は美味しいものが沢山あることで、個人的に最近大注目の「延三夜市」(ユエンサンイエスー)。
MRT大橋頭駅近く、延平北路三段の通りを奥に北上した昌吉街付近にあります。

良友枸杞土虱(リャンヨウゴンチートゥースー)
DSC01177
見た目はよくある食堂という感じでしょうか。

続きを読む