食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: お店・食堂

台湾のローカルグルメはたくさんありますが、なかなか観光客は手を出しにくいのが滷味(ルーウェイ)。醤油ベースに五香粉などの香辛料が入ったタレでグツグツ煮込んだ具材は、味が染みてほっとする味。日本でいうおでんみたいな存在です。夜市や屋台などでサクッと買うこと ... 続きを読む
台湾のローカルグルメはたくさんありますが、なかなか観光客は手を出しにくいのが滷味(ルーウェイ)。
醤油ベースに五香粉などの香辛料が入ったタレでグツグツ煮込んだ具材は、味が染みてほっとする味。日本でいうおでんみたいな存在です。
夜市や屋台などでサクッと買うことが多い滷味ですが、買い方も簡単でゆっくり座って食べれるお店にやってきました。

場所は忠孝復興路と市民大道を繋ぐ、安東街沿いにあります。

滷滷味 Luluway(ルールーウェイ)
16

続きを読む

お腹いっぱいでも思わず食べてしまうデザート。台湾もそんなデザートの宝庫ですが、やっぱり台湾の代表デザートと言えば豆花ですよね。口当たり抜群のトゥルンとした豆腐と好きなトッピングをいただく。想像しただけでまた食べたくなります。そんな美味しい豆花屋さん、今回 ... 続きを読む
お腹いっぱいでも思わず食べてしまうデザート。
台湾もそんなデザートの宝庫ですが、やっぱり台湾の代表デザートと言えば豆花ですよね。

口当たり抜群のトゥルンとした豆腐と好きなトッピングをいただく。
想像しただけでまた食べたくなります。

そんな美味しい豆花屋さん、今回ご紹介するお店は贔屓にしている方も多いかと思います。

場所は市民大道沿いで、MRT忠孝復興駅と忠孝敦化駅からそれぞれ徒歩8分ほどと、若干アクセスが悪いですが、いつも人が耐えない人気店です。

庄頭豆花担(ジュヮントウドウファダン)
DSC00449
黄緑色の素敵なお店構え。
昼間は緑が映えてとてもきれいな色が見られます。 

中はテーブル席がいくつかあります。
DSC00445
 カウンターで好きなものを注文し、その場でお支払となります。
DSC00439
注文は基本口頭となりますが、まず豆花を選びましょう。

豆花は黒豆を使ったものか普通のがあるので、黒豆花(ヘイドウファ)か、白豆花(バイドウファ)を選択します。
DSC00438
 その後はトッピングタイム。
価格はどれをトッピングしてもも50元なので、好きなものを指差しすればOK。
DSC00440
もりもり過ぎるのもお腹が膨れるので、いくつか厳選してみました。 

緑豆と芋圓、花生と寒天のようなものをトッピング。

豆花(ドウファ)50元
DSC00441
 若干分かりづらいですが、豆花の色は少し灰色がかっていました。
DSC00444
トロンとした口触りの豆花。
大豆の味がしっかりしているものの、甘いきび砂糖のスープが大豆の味を優しくします。
この美味しさがツルツルといっちゃうんですよね。
緑豆と芋圓、花生も甘く美味しくとっても豆花と合います。

お次のトッピングはこちら。
DSC00442
ハトムギに紅豆、そして蓮の実。
こちらもそれぞれ甘く美味しく味付けされており、気分的にはヘルシーデザートを頂いているような気分。
DSC00443
豆花ってヘルシーデザート!って思われがちですが、甘いシロップを使い、トッピングも色々のせるとカロリー的には結構行きそうな気がします・・・。
でも、身体がとっても喜んでいる気がする、そんなデザートですね。

ということで台湾の定番デザート、豆花のご紹介でした。
トッピングの種類がありすぎると、どうしても定番トッピングを選びがちですが、ぜひ色々試して、自分好みの組み合わせを見付けてくださいね。
 

庄頭豆花担

台北市松山區市民大道四段73號
営業時間:12:00~22:00 / 金土:~23:00

台湾の朝ごはんの代表選手、蛋餅(ダンピン)。食べ台湾でも数々の美味しい蛋餅を紹介してきましたが、どのお店もそれぞれに個性があり、食べ比べてみたくなりますよね。今回ご紹介するのは、 テイクアウト専門店のサクサクボリューミーな蛋餅です。場所は、MRT科技大樓站か ... 続きを読む
台湾の朝ごはんの代表選手、蛋餅(ダンピン)。

食べ台湾でも数々の美味しい蛋餅を紹介してきましたが、どのお店もそれぞれに個性があり、食べ比べてみたくなりますよね。

今回ご紹介するのは、 テイクアウト専門店のサクサクボリューミーな蛋餅です。

場所は、MRT科技大樓站から徒歩1分、復興南路二段の小道を入った場所にあります。

BOX巴克斯(バークース)
写真 2017-10-22 9 51 40

巴克斯と書いて「バークース」=ボックス。
ペーパーボックスに入れてくれる外帯(ワイタイ)、つまりテイクアウトのお店なので、こじんまりとした、シンプルな店構えです。

メニューはこちら。
写真 2017-10-22 9 51 04
上段の盒子というのも蛋餅と並ぶこのお店の看板商品です。

注文はとっても簡単。こちらの食券機で食券を買います。
写真 2017-10-22 9 51 55
台湾で食券機って結構珍しいんですよね。しかも液晶モニター付だし。
ボタンを押してから、お金を入れるのが、日本とは若干違いますかね。

お店の方に食券を渡して、出来上がりを待ちましょう。
盒子は出来上がったものがストックされていますが、蛋餅は注文後に焼いてくれるので10分ほどかかるので、ゆっくり待ちましょう。

さあ、出来上がりを受け取ってお持ち帰り。
まずは蛋餅から。

玉米猪肉蛋餅(ユーマイジューロウダンピン)80元
写真 2017-10-22 10 27 05
程よく焼き色のついた生地が、パイのような軽やかな層になっているのがわかります。

断面はこんな感じ。
写真 2017-10-22 10 28 39
中の具は、コーン、豚肉、そしてチーズ。

この厚みが最高!
写真 2017-10-22 10 28 08
厚焼き玉子くらいあります。

一口ほおばると、生地のサクッとした食感に続いてコーンの甘みがプチプチと広がり、その後からチーズと豚肉のしょっぱさが追いかけてきます。
コーンとチーズのナイスコンビな時間差攻撃です。
蛋餅にコーン、他の具との相性もよく、なかなかいい仕事してます。


調味料もいってみましょう。

こんな感じで持ち帰れます。
写真 2017-10-22 10 37 54
かけてみました。
写真 2017-10-22 10 39 16
茶色いほうは醤油膏。
甘くてとろみのある醤油です。合わないわけがありませんね。
赤いほうはとっても辛い!
少量でもかなりパンチがありますが、小魚の風味があり、辛さにぐんと味わいをプラスしています。


お次はこちら。

烤韮菜盒子(カオジョウツァイハーズ)50元
写真 2017-10-22 10 29 32
カルツォーネのような半月形をしています。

中はこんな感じです。
写真 2017-10-22 10 33 46
ニラ入りにしたので、がっつりニラが詰まっているのかと思いきや、春雨、豆干、炒り玉子なども入っていて、優しい味わいで食べやすい。
先ほどの蛋餅と比べて生地は薄く、脂っこさも全くなくて、具沢山なのに軽くてとってもヘルシーな感じです。

こちらにももちろん、赤いほうを。
写真 2017-10-22 10 45 48
先ほどの優しい味から一気にパンチが加わり、美味しくて一気に平らげてしまいました。


というわけで、ボリューム満点の蛋餅とヘルシーなニラ入りのニラ饅頭的な台湾版カルツォーネのご紹介でした。
なおこちらのお店、朝ごはんメニューながら土日は15時まで、平日であれば19時半まで営業しています。
おやつにはもちろん、蛋餅をつまみながらビール、なんていうのも合いそうですね。


BOX巴克斯

営業時間: 月〜金 7:00〜19:30 / 土日 8:00〜15:00
最寄駅:科技大樓站
※國父記念館站近くにも店舗があります。

台湾は本当に鶏肉が美味しいですよね。今回はそんな美味しい鶏肉をパクチーやニンニクをふんだんに使った鶏料理、「山東焼鶏」が美味しいお店をご紹介します。場所は西門にある中山堂の裏辺り。衡陽路から延平南路に入り、路地をまがったところにあります。蘇記餃子館(スー ... 続きを読む
台湾は本当に鶏肉が美味しいですよね。

今回はそんな美味しい鶏肉をパクチーやニンニクをふんだんに使った鶏料理、「山東焼鶏」が美味しいお店をご紹介します。

場所は西門にある中山堂の裏辺り。衡陽路から延平南路に入り、路地をまがったところにあります。

蘇記餃子館(スージージャオズグヮン)
DSC02577
かなり分かりにくい場所です。

路地に入る前に白に青字で「蘇記餃子館」の看板があるので、ここをまがる感じです。
DSC02578

さて中に入りましょう。
DSC02566
丸テーブルもいくつかあります。

空いてる席に促され、メニューを拝見。
DSC02564
こちらのお店の名前が「蘇記餃子館」というように餃子がメインのお店です。
表面には主食の麺類や炒飯類などがあります。

裏はこちら。
DSC02568
一品料理などがあります。

紙に食べたいものを書いて、店員さんに渡しましょう。

まずはこちら。


山東焼鶏(シャンドンシャオジー)1/4サイズ 170元
IMG_2586
パクチーとニンニクたっぷりのお酢ベースのタレに、焼いた鶏を和えた冷菜です。
丸鶏の4分の1サイズで、部位は鶏のモモ部分がメイン。
お肉は食べやすいように骨から外してありました。

もう見るからに、食べたあとにニンニク臭がきつそうです。
DSC02570
ガブッといくと、見た目よりも全然あっさり。
お酢ベースのタレが爽やかさを運びつつ、鶏肉とニンニクの旨味が口の中に広がります。
DSC02575
底にはキュウリもあり、サラダ感覚でパクパクという感じでしょうか。
白飯が食べたい!というよりは、ちょびちょびビールを飲みながら頂きたくなりました。
とっても美味しくて、食べれば食べるほどもっと食べたくなる、そんな一品でした。

韮菜水餃(ジョウツァイシュェイジャオ)60元
DSC02571
餃子屋さんですからね。餃子もいただきましょう。
こちらは韮がはいった韮餃子。個人的に餡はキャベツよりも韮派です。

テーブル調味料はこちら。
DSC02567
餃子のタレを作りましょう。
DSC02573
私が何だかんだで辿り着いたのは、豆板醤:醤油:胡麻油の三種。
お酢をいれるとどうしても爽やかさがでてしまうので、これだけでいただくとひたすら濃厚な餃子が楽しめます。

ガブッと行くとジュワっと肉汁&韮汁が溢れてきました。
DSC02572
水餃子の魅力はこの肉汁ですよねー。
韮たっぷりでとっても好みの餃子です。
これもビールと一緒にいただきたいですね!!


ということで山東焼鶏が美味しいお店をご紹介致しました。
山東焼鶏、ニンニクとパクチーと鶏が好きであれば、絶対に食べましょう!
これでもか!という量のニンニクを使っているので、胃が弱い方は若干ご注意を。
今回は餃子と一緒にいただきましたが、炒飯と一緒にいただくのも良いですね。


蘇記餃子館

台北市延平南路101巷5號
営業時間:11:00〜14:00 / 17:00〜20:00
定休日:日曜日
最寄り駅:西門

台湾は麺の種類が豊富ですよね。中でもこちらは朝食にピッタリな、究極のシンプル麺をご紹介致します。場所は南海路から泉州街へ入り、しばらく進んだ左手。バイクがたくさん停まっている一角があります。林家乾麺(リンジャーガンミェン)車やバイクで乗りつけてささっと食 ... 続きを読む
台湾は麺の種類が豊富ですよね。
中でもこちらは朝食にピッタリな、究極のシンプル麺をご紹介致します。

場所は南海路から泉州街へ入り、しばらく進んだ左手。
バイクがたくさん停まっている一角があります。

林家乾麺(リンジャーガンミェン)
DSC02550
車やバイクで乗りつけてささっと食べていく地元のお客さんでいつも賑わっています。

半分屋外のようなお店は、歩道にもテーブルがずらり。
厨房が歩道に面しているスタイルですが、この手のお店にしてはとても清潔感があります。

さて、空いている席に座ったら、オーダーしましょう。
メニューはこちらです。
DSC02563
これだけです。
乾麺(大・中・小)と魚丸湯(玉子入り/玉子なし)、そしてセルフの小菜のみ。
これだけで勝負!!というお店って美味しいんですよね

注文は口頭です。
日本語は通じませんが、麺であれば「ダーワン(大碗)/ジョンワン(中碗)/シャオワン(小碗)」とサイズを言えばOK。

続けて「タン(湯)?」と聞いてくれるので、スープが欲しければ、魚丸湯(ユーワンタン)か蛋包湯(ダンバオタン)と言う感じです。

尚、お会計は食べ終わってから。
座っていたテーブルを指差せば大丈夫です。


待つこと数分。
まずはこちらがやってきました。

蛋包魚丸湯 (ダンバオユーワンタン)35元
DSC02553
玉子入りの魚丸湯で、魚丸は2つ入っています。
最初に透き通ったスープを一口。
うん、魚介の出汁が効いていますが、かなりあっさりとしています。

次にメインの魚丸を一口。
DSC02555
白い魚のすり身部分はプリプリッと弾力のあるタイプ。
ガブッといくと熱いので要注意です。
そして中にはふわふわの豚肉が入っており、しっかりとした醤油ベースの濃い味付け。
薄味のスープとのコントラストがとてもいい感じです。

乾麺(ガンミェン)(小碗)30元
DSC02559
熱々の茹でたて麺がやってきました。
見た感じは日本の冷麦ぐらいの太さで、色もそんな感じで白くてツヤツヤとしています。
DSC02560
具はねぎのみ。タレは底のほうにあるので、まずはしっかりと混ぜます。
DSC02561
あまり色味は変化しませんが、しっかりと全体を混ぜたところでいただきます。

麺は冷麦よりもしっかりとしたコシがあり、モチモチしています。
何と言ってもこのタレ!お醤油ベースでこちらも魚系の出汁が効いており、濃くないのに旨味たっぷり。
香辛料の風味はありません。
このタレが麺の表面にうっすらと染み入って一体化し、どんどん箸が進んでしまいます。

このまま食べ切ってしまいそうになりますが、テーブル調味料の登場です。
DSC02558
「高級ナヨウジコショウビン」には胡椒、横には豆板醤、奥にはウスターソースのような味の烏酢です。
DSC02562
辛味を足すと全体の旨味が引き立ち、ねぎとの相性もバッチリです。
朝から辛いのいっちゃう!?って感じですが、辛味で身体の神経が起きる感じがして、個人的にはありですね。

ちなみに食べ終わったときに横のおっちゃんをみたら、魚丸湯の玉子をすくって、麺へオン!
そういう食べ方もあるのか・・・・!!!と勉強になりました。


ということで、地元の方たちに愛されてやまない、シンプルやみつき絶品乾麺と魚丸湯のご紹介でした。
人気店なので相席になることもありますが、回転は早いです。
最寄りの中正紀念堂から少し歩きますが、行ってみる価値ありだと思います。
近くには小籠包の美味しい黄龍荘(ホンロンジャン)がありますので、ブランチのはしご、なんていうのもいいですね。


林家乾麺

営業時間:火曜〜金曜:6:00~13:30 16:30〜19:30 土日:6:00~13:30
定休日:月曜日
最寄り駅:中正紀念堂

魯肉飯と言えば色々な名店がありますが、こちらのお店のファンも多いかと思います。場所は西門町の漢中街沿いにあります。天天利美食坊(ティェンティエンリメイシーファン)このレトロなお店構えもまた雰囲気があって良いですよね。 ... 続きを読む
魯肉飯と言えば色々な名店がありますが、こちらのお店のファンも多いかと思います。

場所は西門町の漢中街沿いにあります。

天天利美食坊(ティェンティエンリメイシーファン)
DSC01896
このレトロなお店構えもまた雰囲気があって良いですよね。


続きを読む