食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: コラム

食べ台湾読者の皆さま、そして老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺中毒の皆さま新年あけましておめでとうございます(少々遅くなりすみません)新年一発目の記事は何にしようかと悩んだ挙句、いたずらに日が過ぎてしまったので、あたためていたこちらの記事を書こうと思います。「老牌 ... 続きを読む
食べ台湾読者の皆さま、そして老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺中毒の皆さま

新年あけましておめでとうございます(少々遅くなりすみません)

新年一発目の記事は何にしようかと悩んだ挙句、いたずらに日が過ぎてしまったので、あたためていたこちらの記事を書こうと思います。

「老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺を何倍にも美味しく食べる方法」です。

続きを読む

先日台湾から出国する際、台湾桃園国際空港を利用致しました。こちらの桃園空港の第1ターミナルに、プライオリティパスで入れるラウンジ「プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)」があります。ちなみにプライオリティパスは、楽天プレミアムカードを取得し頂いた ... 続きを読む
先日台湾から出国する際、台湾桃園国際空港を利用致しました。

こちらの桃園空港の第1ターミナルに、プライオリティパスで入れるラウンジ「プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)」があります。

ちなみにプライオリティパスは、楽天プレミアムカードを取得し頂いたラウンジカードです。 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

そのプライオリティパスを使用し、実際に先日ラウンジを利用したのでご紹介したいと思います。

プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)
IMG_2792
場所はターミナルに向かう途中にある階段で上にあがるとすぐの場所にあります。
貴賓室、VIP Loungeがそれです。
IMG_2794
第1ターミナルにはA側B側とそれぞれにあります。
IMG_2793

受付でプライオリティーカードを見せて入りましょう。
中はメチャクチャ豪華です。
IMG_2790
そしてとっても広々。
IMG_2780
IMG_2779

パソコンなどが出来る、パテーションで区切った半個室のようなのもありました。
IMG_2789
取り敢えず席を確保して、無料で頂けるお食事と飲み物を取りに行きましょう。

お食事というよりは軽食が頂けるサービスですので、メニューは正直多くはありませんが、ビュッフェ形式のものやデザートなどがありました。
IMG_2775
IMG_2782
こちらオーダー式のもの。
IMG_2774
飲み物も各種ありました。
IMG_2777
IMG_2776
ちなみに正面は生ビールサーバーです。
飲むつもりなかったのですが、味見程度に頂きました。
IMG_2786

こちらお料理として頂いたもので、魯肉飯です。
IMG_2781
20元で食べる屋台の魯肉飯とは少々違い、お肉の塊などが入っていました。
味としては、海外で食べる魯肉飯って感じです。

こちらはLaksa。
IMG_2783
マレーシアやシンガポールで食べられる香辛料とココナッツミルクが効いた麺です。
大好きな麺料理なので、とっても美味しく頂きました。
ちなみに横は野菜不足な気がして頂いたシーザーサラダです。

取り敢えず小腹を満たして、ソファでゆっくりします。
IMG_2785
金曜の午後でしたが、全然お客さんはいませんでした。

と、携帯を見ると電池が減っているので充電しようとしたら、嬉しいUSB充電器付き。
IMG_2784
コンセントにそのまま挿せるので、良いですね!


ということで、桃園空港のラウンジのご紹介でした。

プライオリティーカードさえあれば、無料で使えるこのラウンジ、この日は格安航空券のLCCでの移動でしたが、とってもリッチな気分に浸れ、食事も飲み物もそこそこ充実しており、とっても素晴らしかったです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

IMG_2787

プライオリティパス


公式サイト台湾のラウンジ一覧


*桃園空港第2ターミナルにもプラザプレミアムラウンジがあり、利用可能です。
*松山空港の場合は 「TRANSASIA VIP LOUNGE」が利用できます。

 

夏の飲み物と言えばビール!!ビール大好きーーーー!!!ということで、先日の7月29日から31日に高雄で開催されたビールパラダイス(啤酒節)に参加してきました。台湾のビール好きにはたまらないこのイベント啤酒節は今年で8回目、台湾アーティストのライブなどを楽しみな ... 続きを読む
夏の飲み物と言えばビール!!
ビール大好きーーーー!!!

ということで、先日の7月29日から31日に高雄で開催されたビールパラダイス(啤酒節)に参加してきました。
DSC00988
台湾のビール好きにはたまらないこのイベント啤酒節は今年で8回目、台湾アーティストのライブなどを楽しみながら、ビールが飲めるイベントで、今年は台湾ビールはもちろん、各国のビール会社などが参加、おつまみなどを提供する屋台や居酒屋なども出店していました。
13734570_10201856774136468_66701026_n

場所は高雄にある、高雄夢時代というショッピングモール近くの道を封鎖して行われました。

今回出店していたビール会社はというと

台湾啤酒
DSC00958

Haineken
DSC00949

KIRIN
DSC00946

ASAHI
DSC00927

青島啤酒
DSC00931

Budweiser
DSC00943

Corona
DSC00928

Carlsberg
DSC00947

Guiness
DSC00944

VODKA
DSC00932
などなど。

また高雄の地ビールなども出店していました。
DSC00972

DSC00976
サーファー酒造という工場で作っているようですが、芳醇な甘い口当たりでとても美味しかったです。

ちなみにこのビールパラダイス、入場料として当日券400元を払わなければなりませんが、ビール引き換え券がついており、またビールを購入する場合は、コンビニなどの半額くらいで飲むことが出来ます。

また、お店によっては、ビールを沢山買うと非売品グッズなどがもらえたりして、ビールファンなら集めたいものがたくさんありました。


開催日の初日、ライブ会場からぐるっと回ってみた様子を動画に収めてみました。


そしてビールといえば下酒菜(シャージョウツァイ)、おつまみですよね。

会場には台湾らしいおつまみや屋台、沖縄からの出店など、たくさんの種類が売っていました。
DSC00923

ber1

中でも私のお気に入りは、燒酒螺(シャオジョウルオ)という巻き貝のおつまみ。
DSC00982
夜市でもちょこちょこ見かけたこともあるのではないでしょうか。
DSC00983
小さい巻き貝で、穴からスッと吸うと中の貝がポンッと出てきます。
DSC00984
ニンニク風味で最高に美味しいです。ただ量が多くて、2,3個食べてビールを飲む!を繰り返すと、大変な量のビールが体内に入ってくるのでご注意を!


また、本気で美味しかったおつまみは、下酒菜比賽という大会で1位に選ばれたというこちら。
DSC00977
藏湘居酒屋というお店で出されている、藏湘鶏骨花(チャンシャンジーグーホワ)
DSC00978
揚げた鶏の軟骨とイカ、玉ねぎ、青唐辛子を胡椒味で炒めたもので、鶏軟骨の甘さ、玉ねぎ独特の辛味、唐辛子の辛味がとても美味しく、日本の居酒屋でも出したら確実に人気のでる味だと思います。

他、下記のものなど、色々食べてみました。
ber5
ber3
ber2

またビールといえばたくさんのビールお姉さんもいらっしゃいました。
せっかくなので、各社のびーるお姉さんを撮影したみたので、良かったらどうぞ!!
beer3
beer2
Beer1


ということで、飲んで楽しい食べて楽しいビールパラダイスでした。
DSC00925

次回は2017年の夏に開催すると思いますが、興味ある方は是非どうぞ!!


高雄啤酒節2016

http://event.udn.com/ulive/beerparadise/



どうも、Aiwanです。突然ですが、占いって信じますか?私は・・・・信じます。というかいつも信じざるを得ない判定をされるので・・・。ということで、今回は相当前にもチラッと記事にしたことがあるオーラ占いをご紹介したいと思います。ただご紹介するのも面白くないので( ... 続きを読む
どうも、Aiwanです。

突然ですが、占いって信じますか?

私は・・・・信じます。というかいつも信じざるを得ない判定をされるので・・・。

ということで、今回は相当前にもチラッと記事にしたことがあるオーラ占いをご紹介したいと思います。

ただご紹介するのも面白くないので(私の占い結果を公表してもアレなので)、私の友人の秋山さんを連れて来ました。
DSC00538
今回ご紹介する占いは、写真で自分のオーラの状況を見て頂き、今の自分に何が必要か、どんな考え方が必要か等をアドバイス頂く占いです。また自分に合ったパワーストーンを教えてもらうことがき、それで自分の足りないパワーを補うという感じのものです。

占いは1回300元、しかも300元はパワーストーンを買うときに差し引いて頂けます。

但し、基本は中国語、英語での診断も可能ですが、日本語は通じませんのでご注意。

場所は松山駅から徒歩5分ほど、八徳路四段を東に歩き、新矽谷站前大樓ビルの3階にあります。
(詳しい行き方はページ最下部に記載しておきます)

淳貿企業有限公司(BLANCO)
DSC00717
ビルのエレベーターで3階に上がると、外に大きいパワーストーンの塊がおいてあります。

お店の中には数々の水晶やパワーストーングッズがおいてあります。
DSC00712

先ずは受付で「拍照」(パイザオ)、つまり写真(オーラ)を撮ってくれと言うと、名前を書かされます。
DSC00516
こちらで代金の300元を払うと、奥の別室に通されます。

奥にはカメラと椅子があり、そちらに座らされます。
IMG_7764
椅子に座り、椅子の横の手形のマークの場所にまず左手を乗せます。
DSC00517
左手の次は右手を乗せましょう。
DSC00518
両手を乗せて、少し待ちます。身体の微電流を機械が感じ取るのでしょうか。
DSC00519
撮影される方から、両手を膝の上に乗せるよう指示され、そのままパシャッと撮影完了。
DSC00520
撮影の所要時間は1分も掛かりません・・・。
ちなみに使用するのはポラロイドカメラですが、最近フィルムの生産が終わってしまったようで、今後自社開発した装置をしようされるとか。

撮影が終わると、こちらの場所に通されます。
DSC00523
すぐに、オーラの占いをして頂ける先生がやってきました。

こちらが徐華晃先生。
DSC00535
私は今まで15回くらい占って頂きましたが、いつも的確なアドバイスを言ってくれます。
ちなみに先日仕事で悩んでいた時に占ってしてもらったのですが、まず第一声「仕事辞めたいでしょ?」と言われたことは内緒です・・・・。
また個人的に今まで30人以上の方を連れて来ましたが、ズバズバと色々言い当て、9割5分の方は満足して帰られました。
残りは当たっていないのか、それとも真意を直球で言われて嫌になったか、真意は分かりません。

ということで、先ずはオーラの原点となるチャクラの説明を受けました。
DSC00527
チャクラとは身体のエネルギーである「気」のことで、身体には7つの主要なチャクラがあると言われています。
詳しくは下記のサイトが詳しく書いてあったので、ご参照下さい。
参考:チャクラと「気」 http://chakra.kaiun-kofuku.com

では撮影されたオーラ写真を見てましょう。
DSC00537
水色と緑色のオーラをまとっていますね。
オーラの色や形、濃さなどを総合的に判断するそうです。
写真を見た徐先生は「うん、とても良いね。ビジネスはとっても良好」とのこと。
「しかし心がクール過ぎて、相手を選んでしまうため、良いチャンスも無駄にしていることが多い。また仕事もいつも自分が自分がと、他人に任せようとしないので、より濃い人間関係が作れてない。」などと言われていました。
必要なパワーストーンは、アメジスト(紫水晶)アマゾナイト(天河石)とのこと。
アメジストは、人と人との関係を良くし、より良い環境を作り上げることが出来るそうです。
また、アマゾナイトは、WIN-WINの関係を作り上げ、今後のビジネスにおいて益々の発展が望めるとのことでき、それぞれより良い財運を呼びこむことが出来るようになるそうです。

ちなみにこちらは以前友人4名を連れて行った時のそれぞれのオーラです。
IMG_8690
見事に全員違う色ですね。
それぞれ良いことも悪いことも言われ、満足していました。

ということで、オーラ占いをして頂いたら、好きなパワーストーンを買いましょう。
DSC00713
石の値段は正直あまりわかりませんが、かなり良心的な値段かと思います。
アメジストのブレスレットは、数百元から1500元くらいまで。
DSC00714
もちろん、1万元以上する高価な石のものもあります。
私はこちらで、メテオライトという隕石が入ったブレスレットを買いました。
DSC00719
尚、前記の通り撮影代300元は購入金額より割引をして頂くことが出来ます。特に何も買わなければ、占い料300元のみになりますが、300元以下の商品もあるので、購入したほうがお得かもしれません。
また複数購入(4つ)で最大40%近く割引をしていただくことが出来るので、結構お安く買えたりも出来ます。


ということで、オーラ占いのご紹介でした。
日本語が通じないということで、かなりハードルが上がりますが、英語が出来れば問題なく占って頂くことが出来ると思います。ちなみに今回占って頂いた徐先生は、毎日15時くらいから出勤されるそうです。
また最近は個人ガイドなどのインターネットサービスも色々あるようなので、それを活用し通訳として一緒に行って頂くのも良いかもしれません。
尚、近くに饒河街夜市もあるので、オーラ占いから夜市という流れで、いつも日本からの友人をアテンドするコースとして活用しております。


こちら行き方です。
松山駅の4番出口を出たら右方向(東方向)に歩いて行き、ひとつ目の大きな交差点にこちらのビルがあります。
DSC00512
尚、こちらのビル、土日は正面玄関がクローズしているので、裏口から入らなければなりません。
裏口は、ビルの左側の小道を進みます。
DSC00513
裏口があるので、こちらからビルに入りましょう。
DSC04327
奥の警備員さんがいる辺りにエレベーターがあるので、そちらから3階へ。
DSC00515
エレベーターで上に上がると、左手にお店があります。
DSC00717

 

BLANCO(淳貿企業有限公司)

(02) 2788-9231
営業時間:12:00~21:00 
 

先日、日本に一時帰国する機会があり、実家へのおみやげに何が欲しいか聞いたところ、生のパイナップルが良いとのこと。生のパイナップルって日本へ持ち帰れるの!?ということで植物防疫所のホームページより、旅行者用簡易検索情報で「海外から野菜や果物を持ち込む際の規 ... 続きを読む
先日、日本に一時帰国する機会があり、実家へのおみやげに何が欲しいか聞いたところ、生のパイナップルが良いとのこと。

生のパイナップルって日本へ持ち帰れるの!?

ということで植物防疫所のホームページより、旅行者用簡易検索情報で「海外から野菜や果物を持ち込む際の規制」について調べてみました。

台湾の輸入規制一覧はこちらから調べることが出来ます。

見てみると確かに台湾からはパイナップルやココヤシ、ドリアン、タマリンドなどのフルーツの他、コリアンダー(香菜)やバジル、ニンニク、レモングラスなどが入国時に審査を受け、合格すれば持ち込むことが可能とのこと。

ということで、良いパイナップルを買おうと思い、以前ご紹介した希望広場へとやってきました。
DSC04390
一通り見て、美味しそうなこちら、1つ200元の高級パイナップルを発見。
DSC04391
パイナップル専門農家で、こだわりのあるパイナップルとのこと。

3つ購入してみました。
DSC04400
この3つを袋に入れ、新聞紙にくるみ、ダンボールに入れて日本へと持ち込んでみました。
尚、今回は預け入れ荷物として運びます。スーツケースの中に入れて運んでも問題ありません。
また台湾での出国時の検査は特に必要ありません。
IMG_2382
IMG_2383
今回は台北松山空港から羽田国際空港の便でしたので、羽田国際空港にある植物検疫所に向かいました。
税関検査カウンターを通る手前、荷物ターンテーブルの端にカウンターがあります。
以前、魯肉飯の缶詰とインスタント牛肉麺を持ち込んで立ち寄った、動物検疫所に併設されています。

参考:【コラム】台湾から魯肉飯の缶詰を日本に持ち込んで良いか実際に試してみました

先ず、検疫官の方に「台湾からパイナップルを持ち込んだのですが、調べて頂けますか?」と尋ねたところ、「わかりました、調べてみます。持ち込まれたパイナップルを拝見しますね。」ということで、ダンボールをあけ、実際に持ち込んだパイナップルをお見せました。
検疫官の方は一つ一つ、葉の周りやパイナップルの底の部分を見て、虫がいないかなどをチェックされました。パイナップル1つに掛かった時間は1つ1分以内程度。一通り検査をされたところ全部合格、植物検査合格証印が押された証明書を貼って頂きました。今回の所要時間は3分程度しか掛からずすぐに終わりました。
DSC00179
これで無事、持ち込むことが可能です!!
ちなみに、「マンゴーの持ち込みは出来ないと思いますが、皮を剥いてカットしてタッパーに入れて、カットフルーツとして持ち込むことは可能ですか?」と聞いたところ、「例えカットしたとしてもマンゴーの日本への個人持ち込みは出来ないんですよ」とのこと。
やっぱりそうなんですねー、勉強になりました!ちなみに、この季節のライチも禁止ですのでご注意下さい。

ということで、実家に持ち帰り、冷蔵庫で一晩冷やして早速一緒に頂きました。
台湾の果物屋さんのように、丸ごとのまま皮は剥けないので、2つに割って皮を縦に切り裂いてもらいます。
DSC00182
DSC00180
写真を取るなら、ということで盛ってもらいました。
DSC00186
1つ食べてみると、「なにこれ!?全然日本で食べるパイナップルと違う!!」と驚いていました。
日本で一般的に流通しているパイナップルは酵素が強く、口がヒリヒリするし、繊維質も強くて硬いけど、これはぜんぜん違う!芯まで食べられてとっても美味しい!と満足頂けました。
DSC00187
兄のAniwanと姉のAnewanにもプレゼントしたところ、とっても美味しかった!とのこと。
おみやげで喜んで貰えると、やっぱり嬉しいですね!


ということで、今回はパイナップルを実際に持ち帰ってみました。
結構かさ張りますが、日本ではなかなか口に出来ないと思うので、この夏のおみやげは生パイナップルで決まりですね!
尚、日本へ持ち帰る際は、必ず植物検疫を受けてください。また検疫の結果次第では、持ち込みが出来るとは限りませんのでご了承下さい。尚、前述の通りパイナップル以外でも検疫を通せば日本に持ち帰れるフルーツはありますが、不明な場合は必ず植物防疫所に問い合わせるようにして下さい。

本内容は2016年6月時点での記録です。海外から日本へ植物を持ち込みをする際は、必ず植物防疫所のホームページを確認の上、自己責任でお願い致します。


植物防疫所

http://www.maff.go.jp/pps/

台北最大の夜市と言えば「士林夜市」ですね。MRT剣潭駅の目の前から広がるあの熱気、 誰でも心がワクワクするかと思います。じゃあ昼間の士林どうなってるのか!?ということで日曜の昼間に行ってみました。今回の目的地は観光客でいつもごった返している士林市場の美食区が ... 続きを読む
台北最大の夜市と言えば「士林夜市」ですね。

MRT剣潭駅の目の前から広がるあの熱気、 誰でも心がワクワクするかと思います。

じゃあ昼間の士林どうなってるのか!?ということで日曜の昼間に行ってみました。

今回の目的地は観光客でいつもごった返している士林市場の美食区があるこちらの建物です。1階にはゲームなどを含めた屋台、地下には色々なお店が広がっている場所です。
DSC04340
夜は色々なお店が出ているのですが、昼間は普通にその名の通り市場なんですよね。
DSC04342
肉や魚や果物など、色々売っていました。

ではお目当ての美食区がある地下に降りてみましょう。
こちらの地下街は、月から木は15:00から24:00、金土日は11:30から24:00まで開いています。
DSC04377
今回入ったのは、日曜日のお昼12:00。
地下の電気は点いているものの、人も全然いません。
ただ、いくつかのお店には空いていました。全体の3割程度が開店しているという感じです。

ぐるっと回ってみましたが、やはりお客さんは全然いません。
DSC04376
ということで、一際明るい場所にあったこちらのお店に入ってみることにしました。
DSC04369
外には美味しそうな食材が並んでいます。
DSC04375
出るときには数組入ってきましたが、ガラガラで、ほぼ貸切状態でした。
DSC04367 copy
となりが棺桶トーストの官財板のお店です。
DSC04374
そして正面がフルーツジュースのお店です。
DSC04371
経営が同じのようで、メニューをそれぞれ渡され、何でも頼み放題の状態でした。

取り敢えずそれぞれのメニューです。
DSC04350
DSC04351
DSC04370
オーダー表もありますが、お客さんは他にいないため、ゆっくり選ばせて頂きました。

オーダーが終わると、調理に取り掛かられていましたが、出てくるのがとても早かったです。
DSC04349

待つこと数分、やってきたのはこちら。

脆皮臭豆腐(ツイピーチョウドウフ)50元
DSC04352
私の大好きな台湾小吃の一つ、臭豆腐です。
匂いを嗅ぐだけで絶対無理!という話をよく聞きますが、個人的には是非一度試して頂きたいですね。
ちなみにこちらのは、そこそこ臭く、周りもカリッと揚がっていて美味しかったです。

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)70元
DSC04353
70元で美味しい炒飯が食べられるって素敵ですよね。
しかもお米パラパラで、とっても美味しいです。コスパも良く大満足です。

台南担仔麺(タイナンタンツーミェン)50元
DSC04361
50元なので小サイズが出てくると思ったら、思いっきり普通のサイズが出てきました。
これで50元は安い!しかし量が多い・・・!
麺はコシのあまり無い麺ですが、まぁこれはこれでアリでしょう。
あっさりと頂くことが出来ました。

蝦仁煎(シャーレンチェン)50元
DSC04362
このビジュアルと言えば、牡蠣のが有名ですが、今回はエビのを頼んでみました。
牡蠣のようにミルキーな濃いインパクトの有る味はありませんが、あのプルプルの食感は味わえました。
牡蠣が食べられない人は、こちらで楽しむのも良いですね。

次の品はお隣のお店からやってきました。
棺桶トーストの官財板です。
過去記事はこちら:[士林夜市] 官財板 揚げた食パンにシチューを挟んだ台南名物

牛肉起士(ニョウロウチースー)60元
DSC04363
見た目カリッカリです。
中をワクワクしながらあけると、とろーりチーズと牛肉が見えてきました。
DSC04366
サックサクに揚がったトーストの中にシチューが入っています。
ガブッと行くと、サクッ、ジュワ~、トローな感じです。やっぱり美味しいですねぇこれは。

お次は正面のお店からやってきました。

西瓜牛奶(シーグワニョウナイ)
DSC04368
スイカミルクです。パパイヤミルクとは違い、かなりあっさりとした口当たりでしたが、美味しいスイカの季節だとほのかな甘味がとても癒やされます。


ということで、士林市場の美食区をゆっくりと満喫してみました。
休日の夜は、人人人!でごった返しており、熱気と人で酔いそうになるので、また違う雰囲気を持つ昼間の美食区はお薦めです。
ただ、開いているお店が少ないので、もし色々選択肢が欲しい場合は、早めの夜の時間に訪れるのもアリですね。

昼食後、士林夜市周辺も歩いてみました。
剣潭駅を少し先に進み、あの辺りから夜市が始まるのかな?というアノ場所はこんな感じ。
DSC04384
日曜の昼間ですが、全然人がいません。

屋台がいくつも連なっているあの場所はと言うと
DSC04383
車通りはあるものの、屋台は全然ありません。

中央の通りはこのような感じ。
DSC04378

特に何もありませんが、普段人でごった返している場所を昼間通るのも面白いですね。

以上、士林夜市の昼間のレポートでした。


士林市場地下美食区

台北市士林区基河路101號
営業時間:月-木15:00~24:00 / 金土日11:30~24:00

旅行中にスマートフォンで地図を見たりブログをチェックしたりと、海外でのデータ通信は今や必須となりました。特に台湾旅行中では、食べ台湾のチェックや食べ台湾MAPは必須ですよね。台湾旅行でのデータ通信は、空港や市内でのSIMカード購入やモバイルWifiルーターのレンタ ... 続きを読む
旅行中にスマートフォンで地図を見たりブログをチェックしたりと、海外でのデータ通信は今や必須となりました。
特に台湾旅行中では、食べ台湾のチェックや食べ台湾MAPは必須ですよね。

台湾旅行でのデータ通信は、空港や市内でのSIMカード購入やモバイルWifiルーターのレンタル、ホテルや市内の無料Wifiに接続するなど、いくつか選択肢があります。

今回、私の兄(Aniwanとでもしておきましょう)が台湾に遊びに来ることになり「台湾旅行中にスマートフォンを使いたい。」というので、モバイルWifiルーターを借りることにしました。
 
旅行中のスマートフォンの利用目的は、主に地図などの閲覧やLINEやTwitterなどリアルタイムでつぶやいたりすることなので、常時接続が出来ることが条件となります。空港のカウンターでのSIMカード購入も良いのですが、いつ見てもカウンター周りに人が多く購入までに時間が掛かり、また今回は兄以外にも同行者がおり、複数台で同時に使用することがあるので、複数台での同時接続が出来ることがレンタルの決め手です。

また、出来るだけ安くしたいという希望から、安さで定評のあるiVideo社のモバイルWifiルーターをレンタルすることにしました。
wifi
 

日本のWifiレンタル会社と同様に日本の空港での受け取りや、自宅までの郵送等、iVideo新宿支店での受け取りも可能ですが、今回は台湾の空港受け取り、コンビニで郵送返却をする方法で借りることにしました。

各種受け取り方については下記に記載がしてあります。

では実際にレンタルしてみたいと思います。

先ずはiVideoのHPにアクセスし、レンタル申し込みをクリック、会員登録を行います。
会員登録が済んだら、モバイルルーターの好きな機種を選びます。
kisyu
基本料金に一日分のレンタル料金を加算した金額が合計料金となります。
一日29元から98元まで3種類のモバイルルーターを借りることが出来ます。
今回借りたのは、高速通信の4Gも対応可能なHuawei E5776 + CHT 4G LTEの機種。
バッテリーは10時間持ち、5秒で起動するなどなかなかのスペックです。

次に受け取り場所を選びます。
uketori
今回は桃園空港第2ターミナル到着だったので、上から2番目の「桃園国際空港・第2ターミナル地下2階のフードコートにある(セブン-イレブン)」を選択しました。
日本での受け取りの場合は、日本の各種空港にある郵便局や自宅までの配送などを選択できます。

次にレンタル期間の選択をし、支払いとなります。
harau
今回は長期旅行でのレンタルとなり、期間は9日間、料金は基本料金490元に1日98元を9日間で合計1372元でした。
デポジット(保証金)の表示もされますが、こちらはレンタルが完了するとキャンセルされるので、実際に引き落としになることはありません、
checkout
支払いが完了すると直ちに登録したメールに支払い通知が来ます。
uketori
赤枠部分に中国語でコンビニでの受け取りに必要な言葉が書かれているので、店員さんもこちらを見ればわかるので安心なので、予め印刷しておくのがよいでしょう。


ということで、Wifiルーターの受け取りに桃園空港第2ターミナルのコンビニにやってきました。
桃園空港地下2Fにあるセブンイレブンです。
konbini
カウンターで先ほどの紙を店員に見せ、名前確認(パスポートでOK)をして頂くと、こちらの小包を頂けます。
uketori
開封すると、ケースに入ったモバイルWifiルーターや充電器、使用説明書、返却用の袋が入っていました。
 nakami
Wifiのスイッチを入れるとフル充電状態。
wifi
Wifiの裏にあるネットワークIDとパスワードを確認。
uramen
スマートフォン(今回はiPhone)でネットワークIDを探します。
空港なので無料Wifiも飛び交っていますが、上から4段目がモバイルWifiルーターのIDですね。
wifi

裏面に記載されたパスワードを入力して接続完了です。
pass

 試しに食べ台湾にアクセスしてみると、問題なく閲覧出来ました。
tabetaiwan

通信速度はというと、WEBページや地図の読み込みなど、全くストレスはありません。
また地下鉄や屋内でも電波が途絶えることなく、通信は問題なく利用できました。
尚、モバイルWifiルーターの電池は朝から入れっぱなしでTwitterや動画閲覧、WEBチェックなど頻繁に使っていると、夜に息切れしてしまいましたが、通常使いであれば問題ないでしょう。

台湾旅行中はフルに活用出来、兄も大満足でしたが、楽しかった台湾旅行も終わりということで、返却してみます。

返却方法は同封されていた返却用の袋にモバイルWifiルーター一式を入れ、封をします。
henkyaku
 これを空港や近くのセブンイレブンに持っていくのですが、出荷票をセブンイレブンの端末から印刷する必要があります。

こちらセブンイレブンのibonです。
ibon
同封されている説明書にも記載されていますが、端末から「購物/寄貨」をタッチ。
ibon2
 赤枠部分に書かれている退貨便代碼を入力します。
 ibon3
隣のコピー機から、出荷票が印刷されてくるので、こちらと一緒にレジへ持って行くだけでOKです。
henkyakusyo
これで、返却完了です。
 
申込時の通知メールにも返却方法が記載されているので、こちらもご参照ください。


ということで、台湾で安く借りることができるモバイルWifiルーターをレポートしてみました。
申し込みから受け取り、モバイルWifiルーターの使用、返却までまったく問題なく簡単に利用できました。
日本での受け取りも出来るようなので、帰りの飛行機のドアが閉まる最後の最後まで使いたい方や、台湾での受け取り・返却に自信がない方は、往復送料が200元かかりますが、こちらを利用するのも良いかもしれません。


iVideo 
 


食べ台湾でもご紹介したことがある、魯肉飯の缶詰。「安い」「手軽」「台湾っぽい」ということで、日本へのお土産に買われた方も多いかと思います。しかし動物検疫所からは、「中国、韓国、ロシア、モンゴル、台湾などに旅行した際、おみやげとしてハム、ソーセージなどの肉 ... 続きを読む
食べ台湾でもご紹介したことがある、魯肉飯の缶詰
「安い」「手軽」「台湾っぽい」ということで、日本へのお土産に買われた方も多いかと思います。

しかし動物検疫所からは、

「中国、韓国、ロシア、モンゴル、台湾などに旅行した際、おみやげとしてハム、ソーセージなどの肉製品を持って帰りたい」というお問い合わせが多くみられます。

しかし、これらの国々において、現在、口蹄疫(FMD)、鳥インフルエンザなどの家畜の悪性伝染病が発生していることから、これらの地域から肉製品を持込むことはできません。

持込みできる物であっても、検査証明書を取得する必要がありますが、アジアの空海港の免税売店で販売されているものには、日本に持込むために必要な検査証明書が添付されていることはありません

これらのことから、現状では肉製品を、おみやげとして日本に持って帰ることはできません。

引用:http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html


と案内されています。

これだけを読むと日本への持ち込みは禁止されているような印象を受けますが、果たして魯肉飯の缶詰は日本へ持ち込むことは可能なのでしょうか?
写真 1
今回日本へ一時帰国をしたため、食べ台湾オフ会の景品用として購入した魯肉飯の缶詰を持ち込み、空港の動物検疫所へ立ち寄って実際に聞いてみました。

こちらが今回持ち込んだ、魯肉飯の缶詰です。
写真 1
今回立ち寄ったのは、羽田国際空港にある動物検疫所です。
税関検査カウンターを通る手前、荷物ターンテーブルの端にありました。

先ず、検疫官の方に「台湾から肉の缶詰を持ち込んだのですが、大丈夫でしょうか?」と尋ねたところ、「缶詰であれば基本は大丈夫ですが、取りあえず拝見させて下さい」とのこと。
そして今回持ち込んだ魯肉飯の缶詰を見せたところ、「消費期限が3年あり、常温での保存が可能な缶詰なので大丈夫です」と判断頂きました。

消費期限の長さに特について特に決まりはないそうですが、常温で長期保存が可能な調理済みの缶詰は、基本的に持ち込み可能との判断を頂きました。


尚、缶詰以外に満漢大餐シリーズのインスタントラーメンも持っていたので、こちらもついでに聞いてみました。
満漢大餐シリーズは、肉がゴロゴロ入ったパウチ式の具が入っているためです。
写真 2
ここの判断に相当時間が掛かってしまい、30分以上待たされてましたが、結果的には問題なしとのことで、日本へ持ち込むことは可能でした。

尚、パウチ式のものについては、現在検討を行っているため、将来的に持ち込みが制限される可能性もあるようです。持ち込む前に動物検疫のホームページをチェックして頂くか、問い合わせをして頂きたいとのことでした。

ということで、無事に持ち込むことができました。
こんな感じで「検査済」のマークも貼って頂きました。
写真 4
尚、上記の商品は日本への持ち込みが可能でしたが、もちろんハム・ソーセージなどの肉製品の持ち込みは禁止されています。

南門市場等で買える金華ハム(金華火腿)はもちろん、真空パックになっているベーコンの燻製(常温保存)や台湾ソーセージの香腸も持ち込みは不可なので気を付けて下さい。
写真 2
また、自分が日本へ持ち込もうとしている商品について持ち込み可能かどうか不安が有る場合は、遠慮なく問い合わせ、もしくは空港カウンターへ寄って下さいとのことでした。

台湾に限らず、外国から色々なお土産を持ち込むときに注意してください。

*本内容は動物検疫所羽田空港支所の了承を得て記事に致しました。


動物検疫所
http://www.maff.go.jp/aqs/index.html

「インスタントラーメンにプリンを入れると美味しい」「考えただけでも気持ち悪いけど、実際にやったら美味しかった」そんな内容がTwitter等々で最近話題になっていましたが、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版でもニュースとして取り上げられるほど流行っているような ... 続きを読む
「インスタントラーメンにプリンを入れると美味しい」

「考えただけでも気持ち悪いけど、実際にやったら美味しかった」

そんな内容がTwitter等々で最近話題になっていましたが、ウォール・ストリート・ジャーナル日本版でもニュースとして取り上げられるほど流行っているようなので、本当に美味しいのか実際に私もやってみました。

思いもよらない組み合わせと見た目の悪さで、躊躇してしまう人も多いかもしれませんが、よくよく考えるとプリンの原材料は卵や牛乳なので、食材としては全然大丈夫でしょう。

多少カラメルの部分が気になりますが、タイラーメンに砂糖を入れるのは当たり前ですし、チーズ味噌ラーメンも個人的には大好きなので、決して不味い組み合わせではないと思います。


取り敢えずセブン-イレブンで下記の2つを購入です。
IMG_2708
インスタントラーメンは、以前食べ台湾でもご紹介した統一企業の肉骨茶を使用してみました。
そしてプリンは統一布丁という商品です。

取り敢えず普段通りにラーメンを作る準備をします。
IMG_2709
そして、お湯を注ぐ前にこのプリンをどん!
IMG_2711
IMG_2712
と入れてみました。

お湯を注いで規定時間の3分ほど待ちましょう。
が、プリンが大きくて蓋が閉じない・・・。
IMG_2714
取り敢えず3分待ちました。

出来上がり!
IMG_2715
うーん、正直見た目は微妙ですね。
ラーメンの上にプリンがのった光景が見慣れてないからでしょう。
匂いは肉骨茶ラーメンの匂いに、遠くでプリンの甘いカスタード的な匂いがします。

ではプリンを崩しましょう。
IMG_2716
見た目がより悪くなりました。
取り敢えず全部グチャグチャにかき混ぜます!
IMG_2717
出来上がりました。
スープの見た目が濃厚です。

麺をあげてみると、溶けきってないカラメル部分が絡んできます。
IMG_2718
では頂いてみましょう。

おおおお、これは!!!

全然デザート的な味ではありません。
濃厚なインスタントラーメン、でも食べたことがない味って感じです。
塩っぱさの後から少し甘さが追いかけてきます。
全く辛くない日本の担々麺って感じのようでもあります。
作る過程を見なければ、8割の人が美味しいって感じると個人的には思います。

でもプリンが冷たかった分、アツアツの熱湯を注いでも若干ラーメンが冷めていたので、鍋で煮込む等をすればより美味しく頂けるかと思います。

メディアで取り上げられた様子はこちらです。



結論!

私は好きです。
濃厚でクリーミーな味わい!

これ、日本のラーメンで作ってもイケるかもしれませんが、薄味の醤油ラーメン等よりも、スパイシーな麺の方がマッチング度高いと思います。


実際に私がいる会社の台湾人達に、このラーメンプリンの件を聞いたら誰も知らなかったので、話題になってるのは一部なのかもしれませんね・・・。


今回使用した材料

統一麺肉骨茶
統一布丁
 

台湾に来るまで、パワーストーンといえば、肩こりに良いと言われるトリマリンと、金運アップのルチルクォーツを持っていました。でもインターネットで格安で購入し、正直本物ともわからない品物です。台湾に来て、はじめてパワーストーンを手に入れるきっかけとなったのは、 ... 続きを読む
台湾に来るまで、パワーストーンといえば、肩こりに良いと言われるトリマリンと、金運アップのルチルクォーツを持っていました。でもインターネットで格安で購入し、正直本物ともわからない品物です。

台湾に来て、はじめてパワーストーンを手に入れるきっかけとなったのは、駐在しはじめた時に、会社の先輩にオーラ写真館へ連れて行ってもらったことです。
お世辞でも綺麗とは言えないビルに入っており、私も何度も友人や家族を連れて行きますが、初めて行く人は「こんなとこにあるの????」とビックリされてしまいます。
尚ここは、日本語が一切通じないし、ガイドブックやブログでも見かけたことがないので、日本人は勿論、観光客もいません。

場所はMRT松山駅近く。
八徳路四段を歩き、中坡北路を少しはいったビルの3階にあります。
IMG_7389
内容は300元でオーラ写真を撮ってもらい、それを鑑定(占い)し、今の自分に必要なパワーストーンを教えてもらうという流れです。
尚、パワーストーンを買う際は写真代300元を引いてくれます。
また、2つ以上買うと割引率があがり、4つ買うと3割引き近くで買えることができます。
観光客向けのお土産店とは違い、まったく押し売り等はありません。

鑑定をして頂ける方は日本語は話せないため、コミュニケーションは中国語がメイン。あとは多少の英語です。 
(英語が話せる方は、毎日16時以降の出勤とのことです。)

相場は、日本人が良くいくパワーストーン屋よりは全然安いです。
全て浄化をしているそうで、偽物もないので安心して購入できそうです。

こちらのオーラ占いが出来るビルはこちらです。
IMG_7388

店内の様子やHPは下記からどうぞ。
http://www.blancoage.com/subject/index.php?subject_id=5


BLANCO(
淳貿企業有限公司)

台北市八德路四段768巷7號3F之1
(02) 2788-9231
営業時間:12:00~21:00