食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


カテゴリ: 屋台

台北の横にある新北市三重区の絶品B級グルメです。 ここの蛋餅は本当に美味しいので絶対に食べに行きましょう。 ... 続きを読む
台北市の西側を流れる淡水河。
MRT蘆州線でこの河を渡るとすぐに新北市の三重区に入ります。

食べ台湾の2巻目にも書いていますが、台北市内とはまた違ったローカル感を味わうことができ、絶品B級グルメの宝庫でもあります。

今回はB級グルメの中でも朝食に食べる蛋餅をご紹介致します。
普通の蛋餅は鉄板で焼きますが、こちらのは油で揚げる揚げ蛋餅。

場所はMRT台北橋から徒歩数分、正義南路沿いにあります。

三重蛋餅大王(サンチョンダンピンダーワン)
B065A5E4-28CC-4C89-B856-7F1988AAC7B1
店名が書いてある看板はありませんが、ここだけ賑わっているのですぐにわかるかと思います。

続きを読む

台湾B級グルメの中でも大人気の麺線。 今回は、ベジタリアン向けの素食麺線のご紹介です。 ... 続きを読む
台湾B級グルメの中でも人気の麺線(ミエンシェン)。
カツオ出汁の効いたトロットロのスープに入った、ソーメンのような歯ごたえのない麺。
具はモツや牡蠣などが入っており、それをレンゲで食す。
小腹が減った時にピッタリのグルメですが、今回は素食、つまりベジタリアン用の麺線をご紹介いたします。

場所は台北駅の北側にある華陰街沿い、承徳路と太原路の間にそのお店はあります。

古早味冰/素麺線(店名不明)
91E6F78D-B017-4AAA-BE52-296F0F2689CC
GoogleMap上には「古早味冰/素麺線」との記載がありますが、店名は特になさそうです。
道の角にお店があるので、黄色い看板が目立ちます。
続きを読む

小籠包、台湾で美味しいものの代表格ですよね。高級店からローカル店、薄皮にふわふわ皮、肉肉しい系にトロトロ系、・・・色々なタイプがあり、どんなに食べ歩いても飽きることがありません。今回は、ちょっと変わり種、チーズ入り小籠包が食べられるお店をご紹介致します。 ... 続きを読む
小籠包、台湾で美味しいものの代表格ですよね。

高級店からローカル店、薄皮にふわふわ皮、肉肉しい系にトロトロ系、・・・色々なタイプがあり、どんなに食べ歩いても飽きることがありません。

今回は、ちょっと変わり種、チーズ入り小籠包が食べられるお店をご紹介致します。
個人的にチーズが大好きなので、超オススメのお店です。

場所は大安路を市民大道から南へ数分下っていくと、左手にあります。

阿琪師小籠包(アーチーシーシャオロンバオ)
写真 2018-10-14 18 12 07
赤提灯が目印。
ほぼ屋台のようなとても小さなお店です。

続きを読む

コンローファンは煮豚バラ飯のことで、日本人なら絶対大好きな一品です。 ... 続きを読む
9月27日に発売致します『もっと激ウマ!食べ台湾』

その表紙がこちら
IMG_8139
今回は、この表紙に採用された超テリテリで美味しそうな豚バラ肉丼、焢肉飯(コンローファン)を本も少しチラ見せしながらご紹介したいと思います。

ちなみに焢肉飯の紹介ページはこのような感じ。
IMG_8140
各料理のうんちくや解説を文章でお伝えし、イラストや美味しそうな料理の絵を使いながらご紹介しています。

続きを読む

朝食天国の台湾。何度も食べ台湾では申し上げていますが、ホテルで食べてはもったいない!ぜひ、街に繰り出して「美味しそう!」と思ったものを食べましょう。さて今回ご紹介するのは、台湾おにぎりである飯糰(ファントヮン)です。具沢山でファンの方も多いかと思いますが ... 続きを読む
朝食天国の台湾。

何度も食べ台湾では申し上げていますが、ホテルで食べてはもったいない!
ぜひ、街に繰り出して「美味しそう!」と思ったものを食べましょう。

さて今回ご紹介するのは、台湾おにぎりである飯糰(ファントヮン)です。
具沢山でファンの方も多いかと思いますが、今回は甜飯糰という甘いおにぎりをご紹介致します。

場所は台北駅近く、忠孝西路と公園路の交差点を少し南に行き、許昌街を超えた場所にあります。

飯糰霸(ファントヮンバー)
DSC03207

お店全体がメニューに囲まれています。


続きを読む

ふとした瞬間に食べたくなる台湾小吃の個人的No.1は「胡椒餅」です。おやつにしては量が多いし、主食で食べるにしてはちょっと物足りない。でもお腹がいっぱいでも食べたくなるし、デザートの後でもかぶりつきたい。そんな魔性の胡椒餅、美味しいですよねー。ということで、 ... 続きを読む
ふとした瞬間に食べたくなる台湾小吃の個人的No.1は「胡椒餅」です。

おやつにしては量が多いし、主食で食べるにしてはちょっと物足りない。

でもお腹がいっぱいでも食べたくなるし、デザートの後でもかぶりつきたい。

そんな魔性の胡椒餅、美味しいですよねー。

ということで、今回は大龍街夜市というローカル夜市の入り口付近にある屋台をご紹介します。
昼間でも営業しているので、近くの保安宮にお参りしたついでふらっと訪れるのも良いですね。

場所は、酒泉街と大龍街の交差点にあります。

大龍胡椒餅(ダーロンフージャオビン)
DSC02496
赤い看板が目印です。

ごちゃごちゃしている地帯で、どれが屋台化わかりにくいですが、近くに行くと写真付きの看板があり、そこが屋台となります。

続きを読む