台湾でいただくサンドイッチの美味しさは、これまでも何度もご紹介してきましたが、台湾のサンドイッチは日本ではなかなか見ない具の組み合わせが楽しいですよね。 

今回は、私の大好きな濃厚ピーナッツバター、福源花生醤を使ったサンドイッチがあると聞いて、こちらのお店にやって来ました。

ちなみに福源花生醤が買えるお店はこちら
http://www.tabetaiwan.com/archives/52647578.html

場所は、行天宮駅から徒歩数分程。
裏通りの十字路の角にあります。 

良粟商號 (リャンスーシャンハオ) 

写真 2018-10-15 9 20 58
オープンして6か月というこちらのお店ですが、朝7:00の開店前から地元のお客さんが数人待つような人気店です。


注文は入り口入ってすぐのレジ横でします。

こちらメニュー。
写真 2018-10-15 8 27 41
左側は飲み物系でサンドイッチは右側ですね。

花生醤のサンドは、豚肉、鶏肉、ベーコンの3種類。 
メニューは指差し注文でOKです。
その場でお支払いも済ませて、店内の座席へ移動しましょう。


可愛らしいイラストもありました。
写真 2018-10-15 8 30 51
福源花生醬は新竹で作られているんですよね。

店内はとってもおしゃれで清潔感たっぷりです。

写真 2018-10-15 8 29 39

まずはドリンクが運ばれてきました。 

良粟紅茶(リャンヨウホンチャ)30元
写真 2018-10-15 8 33 43
ほどよい甘さの紅茶です。
やはり茶葉から作る紅茶は違いますねー。美味しい。

そしてサンドイッチがやってきました。

炭燒花醬雞腿排蛋吐司(タンシャオファージャンジートイパイダントゥースー)85元
写真 2018-10-15 8 47 03
白い紙に包まれています。食べやすそうでいいですね。
おすすめメニューの花生醬とチキンがはいったサンドイッチです。
写真 2018-10-15 8 47 30
厚めのパンの内側には、しっかりと福源花生醬が塗られているのが見えます。
そしてパン以上に分厚いチキンと半熟の黄身!おいしそう! 
写真 2018-10-15 8 50 28
手に取って口元に近づけると、ピーナッツのいい香りがします。
ガブッといくと、パンは外側サクッと中はふわふわ、チキンはプリップリ。
写真 2018-10-15 8 52 29
炭焼きのチキンは照り焼きソースの下味がついていて、とろける卵と相性抜群です。
素材のひとつひとつにこだわりを感じますね。
そして全体をピーナッツの風味がしっかりと包んでいて、うんうん、おいしい!
見た目通り結構ボリューミーなのですが、ペロリといってしまいました。

他のメニューも気になり、追加オーダー。

炭燒花肉蛋吐司(タンシャオファーロウダントゥースー)65元 
写真 2018-10-15 8 34 49
花生醬の豚肉バージョンです。
こちらは黄身がさらにトロトロ、パンにじゅわっとしみてます。
醤油の効いた香ばしい豚肉は柔らかく、花生醬との相性がとってもいい!
個人的には、こっちのほうが好きかも!と思いました。


ということで、福源花生醤を使った美味しいサンドイッチのご紹介でした。
大人気のこちらのお店、行列ができることもあり、日曜日だとお昼前に完売してしまうこともあるそうです。
平日のオープン直後は空いています。
ゆっくり食べられるので、そこが狙い目かもしれません。


良粟商號

営業時間:7:00~14:00
定休日:土曜日
※臨時休業情報などはFacbookで確認してくださいね。
最寄り駅:行天宮駅