台湾の美味しい朝ごはんは色々ありますが、その一つとして、サンドウィッチがあります。
日本のサンドウィッチとは具や味付けが異なり、バラエティーゆたか。
今回は、そんな美味しいサンドウィッチの専門店にやってきました。

場所は忠孝復興駅の出口1より徒歩5分ほど。安東街を市民大道の方へ行った先にあります。

早餐研究所(ザオツァンイェンジョウスゥオ)
1
早餐は朝食という意味なので、「朝食研究所」ということになります。


では早速、注文をしましょう。
メニューはお店の扉に手書きで書かれているものがあります。
英語の記載もあるので、サンドウィッチに何が入っているのか想像しやすいですね。
5
レジ横にもありました。
6
注文は口頭で行い、その場でお支払い。
外にはお持ち帰りのオーダーできるところもありますが、今回は店内でいただくので、席で待ちましょう。
3

注文とお支払いを済ませ、席で待ちましょう。
まずは飲み物が出てきました。

鮮奶茶(シェンナイチャー)45元
7
ミルクティーです。
鮮奶と書いてあるので、脱脂粉乳を使ったミルクティーではなく、きちんと生牛乳を使っています。
甘さもそこそこ、茶葉の濃い味わいがして、とっても美味しいです。

そして、待つこと数分、やって来ました。

莓果牛肉(メイグオニョウロウ) 85元
IMG_9154

かなりボリューミーなサンドウィッチです。
ちなみにお皿が富士山で可愛い。

今回注文したのは莓果牛肉はブルーベリーと牛肉のコンビネーション。
中の肉はハンバーガーのパティのように分厚いです。
パンにはブルーベリージャムが塗られています。
9
パンは少しだけトーストされており、少しサクッとしつつフワフワの絶妙な状態です。
ガブッと一口行くと、うんうん、結構スパイシーで美味しい。
お肉に塩コショウできちんと味がつけられており、あとからブルーベリーの甘さが来ます。
そして最後にブルベリーの酸味が口に残る感じ。
分厚い肉を食べたのに、野菜がかなりシャキシャキで量も多いので、すごくバランスの取れた感じです。

ちなみに肉にベリー系のジャムといえば、IKEAのスウェーデンミートボールが思い浮かばれます。
肉にジャム!?と思いがちですが、結構合うのでぜひ。


お次はこちら。

蘋果馬鈴薯起士(ピングォマリンシューチースー)65元
10
蘋果はりんご、馬鈴薯はポテト、起士はチーズという3つのコンビネーション。
ポテトとチーズだけなら想像できますが、ここにりんごの酸味と甘みが複雑に絡み合い、後味がさっぱりしていて美味しいです。


ということで、朝食研究所という店名のサンドウィッチ屋さんのご紹介でした。
まさに店名のとおり、研究を重ねて開発されたメニューだと思います。
こちらのお店には紅醬牛肉(トマトソースビーフ)や自燻培根蘋果起士蛋(スモークベーコンアップルチーズ)など、まだまだ気になるメニューが盛沢山です。

ちなみに外にはテラスにようなかわいらしい席が数席あるので、朝の風を浴びながらぜひ食べてみてください。
2
もし座席が空いていなければ、目の前に公園がありますので、そこで食べても良いかもしれません。


早餐研究所(Breakfast Laboratory)

台北市復興南路一段122巷8-3號

営業時間:7:30~11:00
定休日:月曜日
Facebook
最寄り駅:忠孝復興駅