豆花(ドウファ)って日本でも一時、健康スイーツとして流行った時期があったと記憶しています。
豆腐のデザートってどんなの?と思って食べたら、豆腐に黒蜜をかけるだけのもので、正直言って美味しくなく、それ以降見向きもしませんでした。

以来、台湾に来ても、どうせ豆花って豆腐のアレでしょ?と思い、自ら食べようとは思うことはありませんでした。

しかしよく見ると、台湾ではいたるところに豆花豆花と書いてあり、「美味しくないとはいえ、本場のものを食べずに嫌いとは言うのはどうか」と思い、なんとなく寄ったお店がありました。
そしてそのお店の豆花を食べた瞬間、その馬鹿な固定観念を思いっきり払拭させてくれ、毎日のように豆花が食べたい!って思わせてくれたのがこちらです。

豆花荘(ドウファヅァン)
IMG_4005
寧夏夜市がある寧夏路と民生西路の交差点近く、赤い看板が目印です。
この付近には、有名な豆花のお店、古早味豆花もあります。
IMG_4006
以来、どこのお店でも私が必ず食べるのは、花生豆花(ファーシェンドウファ)です。

こちらのお店も、 花生豆花が看板メニューです。
招牌(ジャオパイ)とは、看板という意味なので、招牌花生豆花で、看板メニューのピーナツ入り豆花となります。

招牌と付いた料理は結構色々なお店にあるので、迷ったら招牌がついたメニューを選べば、ほぼ間違いは無いでしょう。

尚、ここのカウンターで、食べたいものを言って、お金を払い受け取るタイプのお店です。
日本語は通じませんが、指差しでOKです。
IMG_4012 
お好みで、色々なトッピングが可能です。
IMG_4007
招牌花生豆花(ジャオパイファーシェンドウファ) (冷)35元
IMG_4008
黄色いシャーベットのようなものが上からかかっているのが特徴です。
IMG_4010
べっこう飴のような甘いシャーベットと甘く煮込まれたピーナッツ、豆の味が濃い豆花のコラボは最高です。
日本で食べた豆花は、黒蜜だけで甘くなかったのが理由かもしれません。
甘すぎるのもどうかと思いますが、すべてが程よい甘さで、飽きることなく頂けます。
今回は冷たい、冷的(ビンダ)をいただきましたが、温かい、熱的(ルァーダ)もあります。
また、こちらのお店は冬季限定で生姜汁を加えたものを頂けるようです。

紅豆豆花(ホンドウドウファ)(熱)
IMG_4009
あずきが入った温かい豆花です。
IMG_4011
甘さ控えめで、小豆の歯応えと味がしっかり。
おしるこのようにトロミがありませんが、日本人なら心休まる味です。

正直、豆花はどこで食べても美味しい!というわけではありません。
また、お店によって少しづつ味が違います。
是非、お気に入りのお店を見つけて下さい。


豆花荘

台北市大同區寧夏路49號
営業時間:10:00~翌1:00
定休日:旧正月期間