私がよく行く大好きな豚足屋といえば、四平街にある富覇王(フーバーワン)というお店ですが、そこから徒歩圏内にもう一軒、極上の豚足が味わえるお店があるとのことで、行ってみました。

場所は、南京東路と吉林路の交差点から南へ一本入った裏通りにあります。

麒麟極品猪脚(チーリンジーピンジュージャオ)
IMG_8987
裏通りの為、結構見つけにくいかもしれません。
茶色の看板でなかなか渋さを感じます。

さて、席に勝手に座りオーダー表に食べたいものを記入。
IMG_8975
一番下の段、お弁当やセットもあるようですね。

取り敢えず食べたいものにチェックを入れて、店員さんに手渡します。


潤油豆腐(ルンヨウドウフ)25元
IMG_8977
タレが掛かった揚げ豆腐です。
こちらのお店のタレは、甘過ぎず塩っぱ過ぎずですが、味は薄いほうだと感じました。

麒麟魯蛋(チーリンルーダン)10元
IMG_8979
煮玉子です。
よく味が染みていて、美味しかったです。

原汁魯肉飯(ユェンジュールーロウファン)20元
IMG_8978
大きめのトロットロの肉と脂が載ってます。
では一口。うーん、美味い!
あ、でもピリリと辛味がある。
IMG_8980
よく見ると、唐辛子の刻んだものが入っていました。
これが辛味の原因のようですが、この辛さがたまりません。
私が慣れきっているからかもしれませんが、八角臭さも全然なく、美味しく頂けました。

麒麟腿扣(チーリントゥイコウ)90元
IMG_8981
モモ肉の部分ですかね。
骨がなく食べやすく、もう全体がトロットロでした。
しかもこの量!
正直多すぎて、途中で飽きてきたくらいです。

腐乳鶏腿(フールージートゥイ)65元
IMG_8983
これ、美味い!!
腐乳とは、豆腐を麹をつけて塩水で発酵させたものですが、多分これを使って煮込んでるんでしょうか。
肉がトロットロで、ほのかに麹っぽい甘さを感じます。
IMG_8985
鶏の中で一番皮が好きなんですが、この皮もトロトロの上に程よい弾力。
この皮でご飯を包んで食べたい!なんて思っちゃいました。

燙青菜(タンチンツァイ)30
IMG_8982
これはレタスに似たA菜ですかね。
シャキシャキしていて美味しかったです。

香菇貢丸湯(シャングーゴンワンタン)30元
IMG_8984
台湾で一般的に頂けるスープですが、相変わらず肉団子がプリっプリです。
香菇=椎茸なので、椎茸が混ぜてありますが、こちらも美味。


ということで、トロトロの豚足とピリリと辛い魯肉飯を頂けるお店でした。

お昼時は混んでいるのを見かけましたが、夕食時は空いていたので、穴場かもしれません。
IMG_8976

IMG_8986


麒麟極品猪脚

台北市松江路108巷25號
営業時間:11:00~20:30
定休日:日曜日