食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2017年08月

寧夏夜市へとやってきました。新しいお店が生まれ、そして消え・・・という夜市にも競争社会がある中、長年地元の人たちにも愛され続けている鶏肉飯を、今宵はいただきたいと思います。場所は寧夏夜市の真ん中辺りです。まだ17時過ぎということで時間は早いのですが、週末と ... 続きを読む
寧夏夜市へとやってきました。

新しいお店が生まれ、そして消え・・・という夜市にも競争社会がある中、長年地元の人たちにも愛され続けている鶏肉飯を、今宵はいただきたいと思います。

場所は寧夏夜市の真ん中辺りです。

まだ17時過ぎということで時間は早いのですが、週末ということで賑わっています。

方家鶏肉飯(ファンジャージーロウファン)
DSC02794
 台湾に何度か来られている方は、絶対食べたことがあるお店でしょう。

屋台があるメイン通り裏手にテーブルと椅子が配置してあるので、先ずは場所を確保。
DSC02804
こちらがメニュー、テーブルに貼られています。
DSC02795
座ると店員さんがやってくるので、指差しして注文すればOKです。

ちなみに下に書かれている「禁外食及酒」は他店から持ってきたご飯やお酒は禁止という意味です。

鶏肉飯(ジーロウファン)30元
DSC02802
これこれこれっ!
DSC02797
手で割いたような細い鶏肉が、薄い塩味のような濃い鶏肉の出汁のような、そんな味わいのタレが絡んでいます。
そしてそのタレがご飯に染み込んでて、最高!
口の中に鶏肉の風味がフワッと広がり、一口、また一口と箸が進みます。
日本人は絶対好きな味ですね。

魯肉飯(ルーロゥファン)30元
DSC02803
多くの人が鶏肉飯を注文すると思いますが、魯肉飯も絶品です。
DSC02796
トロットロに煮込まれた豚肉は脂分多めですが、味が濃くて独特の魯肉飯風味も感じられます。
鶏肉飯よりも肉に噛みごたえがないので、サラサラっと完食してしまいます。

魯豆腐(ルードウフ)30元
DSC02800
個人的にはこれが一番大好きです。
豆腐の煮込んだものなのですが、豆腐がトロットロな上に、思いっきり汁を吸ってるのでこれが美味しい!!
大きな塊が2個くるため、結構お腹いっぱいになりますが、これをオンTHE鶏肉飯や魯肉飯にしていただくと最高です。

苦瓜排骨湯(クーグワパイグータン)50元
DSC02801
スープまで食べるとかなりボリューミーになってしまいますが、白苦瓜のスープが無性に食べたくなったので注文してみました。
スープは透き通った豚ベースの出汁で、これまた最高です。
下水湯(シャーシュェイタン)も良いのですが、苦瓜のニガニガしい口当たりが結構好きなんですよね。
白苦瓜はトロットロに煮込まれており、美味しかったです。


ということで、みんな大好き鶏肉飯!の寧夏夜市にある方家をご紹介致しました。
かなり日本人の舌に合うので、「この店が一番好きです!」という方も多いかと思います。
観光夜市ということもあり、お店の方も外国人には慣れているので、台湾初心者の方も、先ずはここで夜市と屋台の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。


※最近日本人観光客のマナがー悪いという評判をよく耳にします。混んでるお店でも平気で長居をする、朝から缶ビールをお店に持ち込んで酒盛りをする(しかも後片付けをしない)など、他のお客様の迷惑になるような行為が多いようです。今回のお店には「お酒禁止」の文字が貼られているように、飲酒禁止、外からの持ち込み禁止のお店も中にはあります。屋台でビールが飲みたくなるのは個人的には否定しませんが、夜市はビールを飲む場所ではなく、お店の料理を楽しむ場所です。お店のルールを守ることはもちろん、混んでるお店や屋台の場合は周りをよく見て、ぜひマナーを守るようお願い致します。


方家鶏肉飯

台北市大同区寧夏夜市
営業時間:17:00〜翌1:00
店番号:060

夏のスタミナ補給で食べる食材といえば、鰻ですよね!ご存知の方も多いかと思いますが、台湾産のうなぎが日本で結構流通しているように、台湾ではうなぎの養殖が盛んです。「日本のうなぎは高くて食べられないので、台湾に来た時には必ず食べるんです」と、大阪から来られた ... 続きを読む
夏のスタミナ補給で食べる食材といえば、鰻ですよね!

ご存知の方も多いかと思いますが、台湾産のうなぎが日本で結構流通しているように、台湾ではうなぎの養殖が盛んです。

「日本のうなぎは高くて食べられないので、台湾に来た時には必ず食べるんです」
と、大阪から来られたある旅行者の方が仰っていました。

「台湾旅行で鰻をリーズナブルに食べる」という選択肢も面白いかと思い、今回ご紹介したいと思います。

場所は中山駅からほど近い、日本人飲み屋街でも有名な林森北路(リンセンペールー)沿いの小道、通称七條通りにあります。

肥前屋(フェイチェンウー)
DSC00892
平日のお昼に開店と同時にやってきたので空いていますが、中は満員です。
DSC00896
ちなみに、休日は長蛇の列が出来、普通に30人くらいは並ぶこともあります。

店員さんに人数を告げ、席に案内されます。
こちらメニュー。
DSC00893
DSC00895
うなぎ以外に一品料理や定食系のメニューもあります。
尚、日本語メニューもあり、店員さんもほんの少しだけ喋れる人もいました。
DSC00894
ここで頼むのは勿論うなぎ一択でしょう!

待つことしばしば、やってきました。

鰻魚飯(マンユーファン)(大)480元
DSC00900
お味噌汁とお漬物がついてきます。

ドーンっと大きいのが2枚。ということは一匹分入っています。
DSC00898
一匹まるまる入って480元は安いですよね。

身がプリッとしていて、ふっくら焼きあがっていますね。
DSC00899
スッと箸が入るほど柔らかく、焼けた良い匂いがします。
DSC00906
口の中にそっと入れると、フワッと香ばしい匂いと共に鰻特有の淡白でありながら濃い味わいが広がってきます。
正直、メチャクチャ美味しいです。
ご飯もしっかりと硬めに炊かれ、鰻のタレも絶妙な味わいです。
これでこの値段は素晴らしい!!


鰻魚飯(マンユーファン)(小)250元
DSC00901
ちなみにこちらは半身が入った小サイズ。
一匹食べられない!という方はこちらが良いかもしれませんね。
DSC00903
小サイズでも脂がしっかりと乗ってます。
DSC00910

小と大を比べるとこんな感じでしょうか。
DSC00902
大の方が見た目が美味しそうですね!


ということで、台湾で味わえるリーズナブルな鰻のご紹介でした。
どうしても海外でいただく日本料理は「日式」と言われるように、現地の人が好む味付けになっており、日本人が食べると「コレジャナイ!」感が満載ですが、このうなぎは違和感なくいただけると思います。
連日の台湾料理で胃が疲れ、スタミナ付けたい時に台湾うなぎを味わってみてはいかがでしょうか。
DSC00911

DSC00913


肥前屋

台北市中山北路一段121巷13號
営業時間:11:00~14:30 / 17:00~21:00
定休日:月曜日
最寄り駅:中山駅

台湾の美味しい朝ごはんは色々ありますが、その一つとして、サンドウィッチがあります。日本のサンドウィッチとは具や味付けが異なり、バラエティーゆたか。今回は、そんな美味しいサンドウィッチの専門店にやってきました。場所は忠孝復興駅の出口1より徒歩5分ほど。安東街 ... 続きを読む
台湾の美味しい朝ごはんは色々ありますが、その一つとして、サンドウィッチがあります。
日本のサンドウィッチとは具や味付けが異なり、バラエティーゆたか。
今回は、そんな美味しいサンドウィッチの専門店にやってきました。

場所は忠孝復興駅の出口1より徒歩5分ほど。安東街を市民大道の方へ行った先にあります。

早餐研究所(ザオツァンイェンジョウスゥオ)
1
早餐は朝食という意味なので、「朝食研究所」ということになります。

続きを読む

今回ご紹介するのはローカル小籠包です。肉汁溢れるタイプではありませんが、モチモチした食感が美味しかったです。 ... 続きを読む
美味しい小籠包が食べられるお店は色々ありますが、最近はローカル小籠包にハマっています。

ということで、今回は中正紀念堂近くにある小籠包が美味しいお店にやってきました。
場所は中正紀念堂駅から南門市場を通り過ぎ、寧波西路を進むこと5分ほどで到着します。

四海包子店(スーハイバオズディエン)
1
お店の前に積み上げられている蒸籠が目印です。

続きを読む