食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2016年06月

台湾のサンドイッチって美味しいですよねー。朝に移動トラックで販売している屋台サンドイッチでもかなりレベルが高く、ついつい買っちゃいます!ということで、今回は炭火焼きサンドイッチのご紹介ですが、チョコレートと豚肉を組み合わせたものなどの変わり種もあるお店で ... 続きを読む
台湾のサンドイッチって美味しいですよねー。

朝に移動トラックで販売している屋台サンドイッチでもかなりレベルが高く、ついつい買っちゃいます!

ということで、今回は炭火焼きサンドイッチのご紹介ですが、チョコレートと豚肉を組み合わせたものなどの変わり種もあるお店です。

場所は、日本人旅行客も多いアンバサダーホテル(台北國賓大飯店)の裏、中山北路と林森北路の中間あたりにある中安公園の前にあります。

可蜜達Comida炭烤吐司(カーミーダータンカオトゥースー)
IMG_2333
Comidaなので、コミダですね!
黄色い看板が目印ですが、お店の前の看板には求人募集が貼ってありましたので見逃し注意です。

こちらがお店の外観です。
オーダーシートをもらい、好きな席に座りましょう。
IMG_2334
休日の早朝ですが、お客さんは絶えません。

こちらオーダーシート。
IMG_2019
数量を書いたら、レジに持って行きお支払い。
レシートに自分の受付番号が書いてあるので、座りながら待ちましょう。
ちなみに、上段のサンドイッチの卵ですが、とろーり半熟か、普通の焼きかを選ぶことが可能です。


先ずは飲み物がやって来ました。

炭焼甘蔗紅茶(タンシャオガンジャーホンチャー)35元
炭焼甘蔗鮮奶茶(タンシャオガンジャナイチャー)50元
IMG_2332
炭焼きキビ砂糖を使った紅茶とミルクティーです。
甘さが独特で、奥のほうで焦げた味がしますが、甘さと苦味が絶妙でとても美味しかったです。
ミルクティーの方が独特の味で、印象的でした。

鬼椒起士豬肉滑蛋吐司(グェジャオチースージューロウフワダントゥースー)65元
IMG_2214
中身はチーズと豚肉と卵の鬼椒という特別な唐辛子を使ったサンドイッチです。
トーストは炭火焼きで、焦げ目がとっても素敵ですね!
熱でトロトロになったチーズが素晴らしい。
IMG_2213
ガブッといくと、鬼椒の独特の辛さが舌にヒリヒリと攻撃をしてきます。
辛さの種類を言うと、ハラペーニョ系の少し酸味のある辛さです。
しかしチーズと豚肉の旨味がその辛さと融合し、サクサクのトーストとフワフワの卵で全体的な調和が生まれ、とても美味しい!!
舌のピリピリっとした感じがたまらなく、何度もガブリと食べたくなるサンドイッチでした。


可可起士豬肉滑蛋吐司(カーカーチースージューロウフワダントゥースー)70元
IMG_2336
こちらチョコレートペーストで有名なNutellaを塗ったサンドイッチです。
IMG_2337
チョコレートに豚肉は正直初めての組み合わせ。それにチーズと卵ですかぁ・・・・。

と、疑問を感じつつもガブリといくと、これはこれは!
IMG_2342
チョコレートの甘さと肉汁が意外と美味しい!まるでパンケーキを食べているような感覚です。
これは食べた人しかわからない組み合わせなので、気になる方は是非お試し下さい。


堅果起士豬肉滑蛋吐司(ジャングオチースージューロウフワダントゥースー)80元
IMG_2339
こちらはナッツ系のペーストが塗ってあるサンドイッチで中身は同じです。
ナッツの香ばしさが、また豚肉とナイスマッチング。
チョコレートよりは斬新でインパクトは少ないですが、こちらの方が馴染みのある味のような感じがしました。


と、一通りサンドイッチを満喫すると隣のお客さんが何やら美味しそうなものを食べているじゃないですか。
メニュー表を見てもそれらしきものがない・・・・?

とうことで店員さんに「アレってどれですか?」と聞いてみました。
「オーダー表にはないのよ。混んでる時は作らない裏メニューよ」とのこと。

お客さんも多くなく、注文OKだったので、追加で頼んでみました。

白起士吐司(バイチースートゥースー)40元
IMG_2344
もうビジュアルからして、恋に落ちそうな姿ですよね。
上からかかっているのは練乳!そして中はチーズ。
IMG_2345
どれだけ甘いの!?と思いつつ食べると、意外にあっさり。
確かに練乳の甘さはありますが、フレンチトースト自体は甘くなく、中はチーズのため、塩味と甘味が合わさって不思議な感覚で美味しい!
味も待ってくクドくなく、ぺろりと食べちゃいました。
これ普通に二皿いけそうです。


ということで、炭火焼きサンドイッチ専門店のご紹介でした。
今回は変わり種含めたサンドイッチをご紹介しましたが、普通のサンドイッチやトーストもあります。とはいえ、是非変わり種を頼みましょう。そしてお店が混んでなければぜひ「白起士吐司」を。
もしお店が混んでいて座る場所もない場合は、外帯(ワイタイ)、つまりテイクアウトをして目の前の公園で食べるのも良いかもしれません。


可蜜達Comida炭烤吐司

台北市中山區林森北路310巷24號
営業時間:7:00〜12:30
定休日:月曜日
https://www.facebook.com/comidatoast/

水餃子の皮はトロケるようなフワフワ派ですか?それとも弾力とコシのあるプルプル派ですか?個人的にこれは究極の質問です。コシのある水餃子は、ガッツリ食べたいときは良いのですが、やはり口に入れた瞬間に笑みが溢れるのは、トロケる水餃子でしょうか。今回は、そんなフ ... 続きを読む
水餃子の皮はトロケるようなフワフワ派ですか?それとも弾力とコシのあるプルプル派ですか?

個人的にこれは究極の質問です。

コシのある水餃子は、ガッツリ食べたいときは良いのですが、やはり口に入れた瞬間に笑みが溢れるのは、トロケる水餃子でしょうか。

今回は、そんなフワフワ派の方もプルプル派の方も、両方とも満足できる水餃子のお店をご紹介致します。

場所は金山南路と済南路の左に入って少し行った場所、MRTだと忠孝新生駅と善導寺駅からそれぞれ徒歩7,8分の場所にあります。

巧之味手工水餃(チャオジーウェイソウゴンシュエイジャオ)
IMG_2188
巧之味、たくみのあじ!っていう感じですね。

お店はとても綺麗ですが、最近リニューアルをしており、実はかなり前から続いている老舗です。
IMG_2187
お店の入り口右側はテイクアウトコーナーです。
取り敢えず、カウンターでオーダーシートを頂き、空いてる席に座ります。
IMG_2170
オーダーシートに食べたいものの数と自分が座っている席の番号を書き、店員さんに手渡しましょう。
尚、餃子は3種類、それぞれ5個単位でのオーダーが可能です。

机には日本語で書かれているメニューもありました。
IMG_2185
またお店の入り口には夏季限定で、仙草密とう飲み物がありました。
IMG_2173
お店の奥には数々の小菜が陳列されています。
IMG_2172
仙草も小菜もそれぞれセルフサービスです。

また、お箸や調味料もセルフサービスなので、餃子が茹で上がるまでに好きな調味料を調合して待ちます。
IMG_2171

待つこと数分、やって来ました。

干貝水餃(ガンベイシュエイジャオ)1個8元
IMG_2178
皮に海藻を練りこんだものだそうで、濃い緑色がとっても輝いています。

先ずは何も付けずにガブッと頂きましょう。
IMG_2182
程よい噛みごたえの中から、鼻に抜ける緑の味、そして後追いで干貝と豚の餡の味が来ました。
おおお、これは美味しい!!
しっかりとした皮なのに、ツルリと噛み切れるこの程よい弾力加減、そして口の中に広がる餃子らしくない風味。
とても美味しいです。タレなど要りません。
ただ色々な風味が繊細でなかなかわかりにくいので、ゆっくり味わって見てください。

続いてはこちら。

招牌水餃(ザオパイシュエイジャオ)1個6元
IMG_2179
食べ台湾のコアな読者の方はお馴染みかと思いますが、招牌とは看板、つまり看板メニューのことです。
お店で何を食べるか迷った場合の法則として、招牌の文字が書いてあるものを頼むか、オーダーシートの一番上を選べば、間違いないでしょう。

ということで、ガブッといきます。
IMG_2183
ほっほっほーこれはこれは。
餃子の餡についてキャベツ派かニラ派か聞かれたら、私は断然ニラ派です。
でもこのキャベツ餃子、美味しいーー!
なんか、こう複雑だけれども優しい味なんですよね。
と思ったらメニューをよく見ると黄ニラが入っているじゃないですか!
黄ニラとキャベツの組み合わせ、流石です。

続きまして、最後はこちら。

韮菜水餃(ジョウツァイシュエイジャオ)1個6元
IMG_2180
皮の後ろから透けてみえるアイツはニラ!

ガブッといきましょう。
IMG_2186
これこれ、これぞ水餃子!という感じの味です。
ニラの独特な味わいに、豚肉の肉々しい餡が最高のマッチングです。
ジューシー度はそれほど高くはありませんが、味がしっかりしていて、こちらも個人的にはタレ不要ですね。

さて、餃子以外にスープも頼んでみましょう。

総合丸子湯(ゾンハーワンズータン)30元
IMG_2175
メニューには、健康志向のお客様にご提供する野菜、厳選された魚肉を使用していると記載されていました。
見た目以上にあっさりしており、つみれも結構あっさり系。肉、魚、中にそぼろがはいった魚の3種類のつみれを楽しむことができます。

酸辣湯(スワンラータン)30元
IMG_2174
この酸辣湯、美味しいです。
普段私が台湾で酸辣湯を食べるときはどうしてもお酢を追加してしまうのですが、酸っぱさと胡椒辛さが調度良く、そしてコクがあってとっても美味しかったです。


ということで、餃子三種類が楽しめるお店をご紹介致しました。
干貝水餃は、とても美味しいので必食ですね
また全種類食べた場合、全部で15個か・・・・という方は、是非オーダー表の三段目にある、招牌と韮菜が半々で食べることが出来るものもご活用ください。


巧之味手工水餃

台北市中正區済南路二段6號
営業時間:11:00~21:00
(現在人手不足の為、営業時間が15:00~になっていますのでご注意下さい)
最寄り駅:忠孝新生駅、善導寺駅

食べ台湾読者の皆様、こんにちは。Aiwanです。いつも食べ台湾をご覧頂き、誠にありがとうございます。食べ台湾は2011年より書き始め、お陰様で9月で丸5年を迎えることになります。食べ台湾を書き始めたきっかけはこちらに記載してありますが、台湾の生の情報を発信したいとい ... 続きを読む
食べ台湾読者の皆様、こんにちは。

Aiwanです。

いつも食べ台湾をご覧頂き、誠にありがとうございます。

食べ台湾は2011年より書き始め、お陰様で9月で丸5年を迎えることになります。

食べ台湾を書き始めたきっかけはこちらに記載してありますが、台湾の生の情報を発信したいという気持ちで書き始めました。

この約5年間、更新が滞っていた時期もありましたが、今まで食べ続け、書き続けることができたのも、日々食べ台湾をご覧頂いている読者の方と、Facebookinstagram、ブログへのコメントやメッセージを送って頂いた皆様お陰で御座います。

本当に今までありがとうございました!!


あ、いや、食べ台湾終了!って話ではなく、心機一転頑張るって話です。


既にパソコンから食べ台湾をご覧頂きの方はお気づきかと思います。

サイトの構成やバナーが少し変わりました。
tabetaiwan-2600x640 - コピー
というのも、Livedoor Blog公式ブロガーになったのです!!!!!

食べ台湾の文字の上に輝く「公式」の文字!

これで、一応一人前のブロガーになれたと思うので、今後は「食べ台湾ブロガー」という肩書を使うことにしたいと思います!


そして、今後の食べ台湾では色々企画をし、より多くの台湾情報を伝えて行くことを考えています。


1.食べ台湾のスピンオフ

食べ台湾を読むと台湾に行き台湾になることは間違いないと思いますが、今後は「食」以外に、違うテーマでも行き台湾になるブログを現在作成中です。

また食に関係はしますが、私の大好きなスーパーマーケットなどで買える調味料など、詳細レポやお料理を紹介するブログも作ろうかなーなんて思っています。


2.Aiwanとしてもう少し露出を増やす(かも)

台湾生活で、私が食べ台湾を書いているということは公言していません。知っている人は、極僅かの友人や一緒に食事などをしたことがある食べ台湾読者の方のみです。
とは言え、せっかくある程度認知されて来ているブログになったので、この機会にもう少し露出、色々な方面の方たちと面白い企画ができたら面白いんじゃないかな?と思っています。

ということで、積極的に色々な方とお会いしたいのでご連絡お待ちしております。


3.一緒に食べ台湾を盛り上げてくれる方いませんか?

最近読者寄稿を試験的に掲載しておりますが、そういった寄稿というのもアリですし、一緒に食べ歩きを手伝ってくれたり、一緒に食べ台湾を盛り上げてくれる方がいれば嬉しいな!なんて思ってます。
LINE、Facebook、Mailなどで、ぜひご連絡を!

LINE QRCode
lineQR


4.動画も色々作ってみたいです

過去にブログに何度か動画を掲載したことがありました。別にYoutuberになろうとは思っていませんが、撮影から編集まで一応素人レベルでは出来るので、また動画なども作って紹介したりしたいですね。

えっ?いやいや、私は動画に出演はしないですよー。
顔出しする→アクセスが一気に減る、というのが怖いので(笑)

食べ台湾で露出したい方がいれば大募集です。


ということで、ブログ構成も一新して、新生食べ台湾!になったわけでは御座いますが、個人的な意見を尊重し生の情報を提供する、という当初からのスタンスは変わらないまま貫きたいと思っています。

そしてこれからも美味しい情報をご提供しつつ、「ああ、これ美味しそう!食べてみたい・・・・。でもかなりローカルなお店だし、大丈夫かなぁ・・・・?ふむふむ、なるほど、こうやって頼むのか・・・。よし、じゃあ、台湾行っちゃおう!」なんて思って頂けるような、そんなブログをこれからも目指して行きたいと思います。


あとこの場で再度紹介したいと思いますが、「食べ台湾!台北食べ歩きMAP」というものがあります。
map0905
こちらはGoogle Mapにて、今まで紹介したお店などを一覧出来る地図です。
あまり知られていないようなので、是非ご活用下さいね!
(iPhoneのGoogleMap APPには非対応のようなので、ブラウザ上でご覧下さい)


今後共、どうぞ食べ台湾を宜しくお願いいたします!

tabetaiwan-logo

食べ台湾
Aiwan 
 

寧夏夜市の入口というか出口というか、屋台が並んでいる通りの南側、南京西路側の端に常に人だかりが出来ている屋台があります。發發東山鴨頭(ファーファードンシャンヤートウ)鴨を主体とした屋台で、好きな食材を選び、全部素揚げをしてもらうシステムです。人だかりが出 ... 続きを読む
寧夏夜市の入口というか出口というか、屋台が並んでいる通りの南側、南京西路側の端に常に人だかりが出来ている屋台があります。

發發東山鴨頭(ファーファードンシャンヤートウ)
IMG_2265
鴨を主体とした屋台で、好きな食材を選び、全部素揚げをしてもらうシステムです。
人だかりが出来ている理由としては、皆さん揚げ上がりを待っているからです。

看板の下にはメニューと金額が書いてあります。
IMG_2271
どのメニューがどれかなかなか分かりにくいですが、高くても60元(鴨舌頭)なので、取り敢えず好きなモノを選んでみましょう。

一度醤油ベースの味付けで煮こまれた食材ですが、串に刺されたものや、野菜が挟まれたものなど色々あります。
IMG_2266
奥には豆干(ドウガン、豆腐の硬いもの)や、豬血糕(ジューシエガオ、豚の血をもち米で固めたもの)などもありました。
IMG_2267
取り敢えずボウルを取り、トングで好きな食材を入れていきましょう。
IMG_2268
入れ終わったら店員さんにボウルを渡し、その場でお支払いをします。

お支払いをすると番号札を貰えます。
IMG_2269
番号札の番号が呼ばれたら引き取るシステムですが、中国語で呼ばれます。
また番号も1、2、3…と番号順ではないので、言葉に自信がない人は自分の食材が入ったボウルの行方を見守りながら、自分のが出来上がるタイミングを待ちましょう。
あとはお会計を先にした人を覚えておくというのも有効ですね。

屋台の奥では、順番にそれぞれの食材が揚げられていきます。
IMG_2275
揚げ終わると、屋台のまな板の上でガンガンと食べやすい大きさに切り分けられます。

そして番号が呼ばれます。
私の場合は「54」だったので「ウーシュースーハオ!!」と言われました。
IMG_2276
「要不要辣?(ヤオブヤオラー?)」
「辛くする?」と聞かれるので、辛いのが好きであれば「要(ヤオ)、苦手であれば「不要(ブヤオ)」と答えましょう。
デフォルトだと辛い赤い粉が少々、あとから胡椒をドバっとかけてくれます。

出来上がりはこんな感じです。
IMG_2277
袋の外から揚げたての熱気が伝わって来ます。
串で食べたいものを刺して、バクっと頂くと胡椒の味がピリリと効いてビールが欲しくなること間違いなし!

と、このままじゃ中身が見えないので一旦家に戻って皿の上にあけてみました。
IMG_2278
なぜソーセージ?と思われるかもしれませんが、はい、普通のソーセージです。
このチープ感がとっても大好きなので、私はついつい頼んでしまいます・・・。

こちらは鴨の頭です。
IMG_2279
食べやすいように、頭部を一刀両断してありますが、どこがどの部分かわかりません。
取り敢えず骨はありますが、ガブッと噛み付き、柔らかくて歯で削ぎ落とせる部分は食べてみましょう。
皮っぽい部分や、内部の部分、舌の部分などそれぞれ全然味が違い、そしてこれがまた美味でした。
また他の食材もカラッと揚げられており、噛むとジュワッと脂が滴る感じです。


ということで、鴨の頭などの素揚げを堪能してみました。
寧夏夜市の入口にある屋台なので「見たことあるけど、試したことない!」という方も多いのではないでしょうか?
鴨の頭はハードルが高い!という場合は、手羽の部分など馴染みがある部位も多いので、是非試してみてください。


發發東山鴨頭

台北市大同区寧夏夜市
営業時間:17:00〜24:00
店番号:139