食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2016年02月

饒河(ラオハー)夜市の名物屋台に胡椒餅がありますが、いつも大行列!参考:[饒河夜市] 福州世祖胡椒餅 饒河夜市名物の胡椒餅夜市で歩きながら頂く胡椒餅は格別ですが、ふとした瞬間に「胡椒餅が食べたい!」と思った時、私はこちらへ買いに来ます。場所は台北駅の南側、 ... 続きを読む
饒河(ラオハー)夜市の名物屋台に胡椒餅がありますが、いつも大行列!

参考:[饒河夜市] 福州世祖胡椒餅 饒河夜市名物の胡椒餅

夜市で歩きながら頂く胡椒餅は格別ですが、ふとした瞬間に「胡椒餅が食べたい!」と思った時、私はこちらへ買いに来ます。

場所は台北駅の南側、重慶南路と開封街一段の交差点にあります。

福州世祖胡椒餅(フージョウスーズーフージャオビン)
IMG_0989
こちら、饒河(ラオハー)夜市の名物屋台と同じ福州世祖胡椒餅の重慶店となります。

焼き上がりのタイミング等が悪いと並んでいることがありますが、土日の昼間に行っても並ぶことなく空いていました。
IMG_0985
しかも焼きたてが出来上がった瞬間。
ナイスタイミングでした。
IMG_0983
メニューは胡椒餅一種類しかないので、個数を告げるだけで購入可能です。
IMG_0984
今回は4つ購入しました。
焼きたてが一番美味しいですが、在住者しか出来ない技として冷凍庫保存も可能です。
食べるときは、電子レンジでチンしたあとにトースターで焼くと、いつでも美味しい胡椒餅を頂くことが出来るのです。
IMG_0986

胡椒餅(フージャオビン)50元
IMG_0990
包み紙の奥から胡椒餅のカリッと感とズッシリした重厚感が伝わってきます。

中から出すと、男性の大きめな握りこぶし大の胡椒餅が現れました。
IMG_0991
表面に見えるゴマの焼けた具合が食欲をそそられます。

肉汁攻撃を食らいたくないので、恐る恐るかぶりついてみました。
IMG_0992
物凄い湯気とともに、中の餡が顔を出します。

胡椒餅の最初の一口、多分周りのカリッカリの生地だけを食べる方も多いと思いますが、これが最高に美味しいんですよね!

顔を出した餡の様子を伺いながら、歯で削ぎ落とすように食べつつ、頂いてみます。
IMG_0993
熱さを我慢しながらの胡椒餅、苦行と快楽の間にいる感じです。
でもこれが最高に美味しい!!!!
重力の関係で、肉汁が食べ進める最後に溜まりつつあるのですが、このジューシーな最後の一口も格別ですね。


ということで、胡椒餅のご紹介でした。
日本人で「胡椒餅嫌い」と言われた方を聞いたことないので、食べたことが無い方は必食の一品ではないでしょうか。
大好きがとまらない、そんな一品です。

IMG_0988


福州世祖胡椒餅(重慶店)

台北市重慶南路一段13號
営業時間:11:30〜22:00
最寄り駅:台北駅
 

ということで、食べ台湾がananデビューを致しました。今回いくつかのご縁をいただき、2月17日発売の「anan(アンアン)2016/2/24号 2000号直前スペシャル第3弾、絶対おいしい! 絶対楽しい! 思い立ったら、弾丸トリップ! 週末、台湾。」に寄稿しております。寄稿内容は「グ ... 続きを読む
ということで、食べ台湾がananデビューを致しました。
IMG_0997

今回いくつかのご縁をいただき、2月17日発売の「anan(アンアン)2016/2/24号 2000号直前スペシャル第3弾、絶対おいしい! 絶対楽しい! 思い立ったら、弾丸トリップ! 週末、台湾。」に寄稿しております。

寄稿内容は「グルメな人のお墨つき! 必食ジャンル別! 世界一おいしい街台北へ。 鍋/小籠包/麺/飯/台湾料理/スイーツ/夜カフェ&バー」のコーナーの一部にて、私が推薦したお店が掲載されています。

とは言え、既に食べ台湾に掲載している内容であり、食べ台湾読者にとっては目新しい情報ではありませんが、他の台湾ツウの方のオススメ店も掲載されているので、ぜひぜひ手にとってご覧下さいね。

今回の「anan(アンアン)2016/2/24号」の詳細内容はこちらからどうぞ。

http://magazineworld.jp/anan/anan-next-1991/


尚、毎度ananの台湾特集本は売り切れ続出するようなので、気になる方は予約購入か早めの購入をオススメします。

amazon anan(アンアン)2016/2/24号[雑誌]


楽天 anan(アンアン)2016/2/24号[雑誌]
anan

皆様、是非読んで下さいね!


マガジンハウス anan(アンアン)
http://magazineworld.jp/anan/


私の場合、大体食べ歩きは週末に行うのですが、先日平日休みを取って雙連駅近くをウロウロしていると、朝から賑わっているお店があったので入っていました。そちらで頂いたのは台湾B級グルメの代名詞である魯肉飯。朝から魯肉飯を食べるのもアリかなと思い食べてみるとこれま ... 続きを読む
私の場合、大体食べ歩きは週末に行うのですが、先日平日休みを取って雙連駅近くをウロウロしていると、朝から賑わっているお店があったので入っていました。

そちらで頂いたのは台湾B級グルメの代名詞である魯肉飯。

朝から魯肉飯を食べるのもアリかなと思い食べてみるとこれまた最高!
これぞ朝魯肉飯。
しかも思わずおかわりしてしまったので、ご紹介したいと思います。

場所は民生東路にある雙連駅の2番出口の真裏、萬全街8巷という通りにあります。

香萬園(シャンマンユエン)
IMG_0140
半屋台のようなお店です。
お店の前には数々の美味しそうなおかずも並んでいますが、ご飯とお味噌汁のように、魯肉飯とスープでいきましょう。

こちらメニューです。
IMG_0138
魯肉飯と普通のスープのセットで40元と激安で頂くことが出来ます。

※魯肉飯が20元から25元に値上げになっています。(2017年2月)

店内にあるカウンターのようなテーブルに座り、口頭で注文です。

魯肉飯(ルーローファン)20元
IMG_0131
硬めに炊かれたご飯に、トロトロの魯肉がかかっています。
味付けは香料の匂いが感じられず、シンプルでとても美味しいです。
一緒に盛られているお漬物のような高菜のようなものもとっても美味です!

金針赤肉焿(ジンジェンチーロウガン)40元
IMG_0135
金針とは花の蕾の部分で、シャキシャキとした食感が美味しく、スープに良く使われています。
Wikipedia情報だと、ワスレグサという花の蕾で、カンゾウの一種だとか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ワスレグサ

ちなみに、こちらのスープ金針以外にお肉の塊も入っており、とろみのあるスープで、結構食べ応えがあります。

ということで、魯肉飯が美味しく、朝食はたくさん食べる方なのでおかわり。

魯肉飯(ルーローファン)20元
IMG_0139
いやー20元って安いですよね。
このトロトロビジュアルがたまりません。
正直お腹に余裕があったので3杯目も行こうかと思ったのですが、40元セット(魯肉飯とスープ)もどんなものかと思ったので、インク団子スープも頼んでみました。

貢丸湯(ゴンワンタン)20元
IMG_0134
プリップリの肉団子です。
こちらも美味しく食べ応えありますが、日本ではなかなかお目にかかれない、金針赤肉焿とのセットのほうが良いかもしれません。


ということで、ついついおかわりをしてしまう魯肉飯のご紹介でした。
1杯20元はお財布に優しくて良いですよね。5杯食べても100元ですからね。
外に並べてあったおかずも美味しそうでしたので、お腹に余裕があれば、魯肉飯とスープとおかずのセットも是非お試し下さい。
IMG_0137

香満園

台北市萬全街8巷口
営業時間:6:00~14:00
定休日:土日祝日
最寄り駅:雙連駅

台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファン ... 続きを読む
台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。

台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当

100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。

今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファントヮン)をご紹介したいと思います。

場所は台鐵便當が買える台鐵便當本舖の左隣、西3門近くです。

台鐵夢工場(タイティエメンゴンチャン)
IMG_0122
7時の台北駅は人がまばらですが、ここは人が多く、行列ができていることもあります。

こちらメニュー。
IMG_0624
おにぎりは白いもち米を使った排骨、紫黒米を使った素食(ベジタリアン)の2種ともに35元、豆乳は20元ですが、セットで買うと50元になります。

ちなみに紫黒米については、こちらをどうぞ。 
wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒米

ということで、セットで購入してみました。
IMG_0326
排骨飯糰(パイグーファントヮン)
IMG_0327
お米はもち米です。
重量230gと結構重いです。
周りのフィルムを開くと、こんな感じで出てきました。
IMG_0328
その場で店員さんが作っているので製作工程が見えますが、おにぎりというよりは、型枠に入れてギュッと押し込んでいるので押し寿司のような感じです。

フィルムは新幹線をイメージしています。
IMG_0329
実はこちら、以前販売していた時はこんな感じでした。
IMG_9642
海苔をのせる工程に時間が掛かかっており、効率が悪かったので、簡素化したようですね。
さて、お味はというと、排骨の細かいものが入っており、独特の香料がするものの、もち米特有のモチモチ感が味わえ、なかなか美味しいです。
IMG_0330
また中身に堅い豆腐や(豆干)が煮玉子、お漬物(酸菜)が入っており、アクセントの花生粉(ピーナッツ)が香ばしいです。


紫米飯糰(ズーミーファントヮン)
IMG_0625
排骨おにぎりとは違い、三角形です。
(後から気が付きましたが、フィルムに電車の窓のようなものが書いてあるので、こちらも電車をイメージしているようですね)
IMG_0626
周りのフィルムを開くと、綺麗な紫色のお米が出てきました。
IMG_0627
一口食べると、これがまた最高に美味しい!!
紫黒米特有のプチプチした食感が心地よいです。
IMG_0629
中身はエリンギ、素鬆(大豆で出来た細かいもの)、ごぼう、芽生姜など。
エリンギのコリコリした食感、芽生姜とごぼうのカリカリ感、紫黒米の食感といろいろな食感が同時に味わえ、食べていて楽しく、本当に美味しかったです。

こちらは豆漿(ドウジャン)、豆乳です。
IMG_0331
甘さ控えめでなかなか美味しく、おにぎりとはミスマッチかな?と思いましたが、意外に合いました。


ということで、台北駅で販売しているおにぎりのご紹介でした。
排骨も美味しいのですが、なんといっても紫黒米の紫米飯糰(ズーミーファントヮン)が本当に美味しく肉食系の方へもオススメできる一品です。

 
台鐵幸福飯糰( 台鐵夢工場旗艦店)

台北市中正區北平西路3號(台北車站西3門)

販売時間:7:00~10:00(平日限定)