食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2015年04月

美味しいおかずには、やはり白飯が欠かせません。ホカホカの白飯の上に、美味しいおかずの乗せて口の中にかき込む。最高です。ということで、今回はご飯が何杯あっても足りないおかずが食べられるお店のご紹介です。場所は長春東路沿い、松江路と長春路の交差点を西に行った ... 続きを読む
美味しいおかずには、やはり白飯が欠かせません。

ホカホカの白飯の上に、美味しいおかずの乗せて口の中にかき込む。

最高です。

ということで、今回はご飯が何杯あっても足りないおかずが食べられるお店のご紹介です。

場所は長春東路沿い、松江路と長春路の交差点を西に行った場所にあります。

紹香園(シャオシャンユェン)
IMG_6365
一見普通の食堂って感じですが、看板が古そう=昔からあるお店=とっても美味しい!という感じでしょうか。
IMG_6368

さて、こちらメニューです。
一品料理も色々あります。
IMG_6366
鍋もありますね。
IMG_6367

注文をすると、いきなりこちらの肉味噌が出てきます。
IMG_6369
この肉味噌を使った料理が色々あり、このお店の魂というのでしょうか。
肉味噌は作り置きしてあるようで、少々冷たいです。
そのまま味わうと、唐辛子のピンとした辛さが肉の甘さと調和して、とってもビールか白飯が欲しくなります。

ということで、予め頼んで置いた白飯の上にオンTHEライスして頂きましょう!
白飯(バイファン)10元
IMG_6372
ホカホカの白飯の上に乗せ、肉味噌をほぐしながら頂きます。
唐辛子の辛さと肉の旨味が白飯にピッタリ!!
取り敢えずこの肉味噌だけで白飯一杯頂きました。

紹子豆腐(シャオズドウフ)160元
IMG_6370
紹子豆腐となると肉味噌豆腐、ということで辛くないことも多いのですが、こちらの肉味噌は辛いので辛い肉豆腐になります。
まぁ見た目、思いっきり麻婆豆腐ですけどね。

こういう料理は普通で頂くのも良いですが、やはりオンTHEライスです。
IMG_6374
これはこれは、最高の麻婆豆腐丼が完成しました。
麻婆豆腐と言えば、個人的には「樺慶四川菜餐廰」のも大好きですが、この量でこの価格、このクオリティーは素晴らしいです。
肉味噌のピリっという辛さが嫌味なく口の中に残り、ご飯がいくらあっても足りません。

干扁四季豆(ガンビェンスージードウ)200元
IMG_6371
個人的は話で恐縮ですが、私は台湾に来るまでインゲンが嫌いでした。
しかし台湾でこの干扁四季豆という料理に出会い、今では大好きな野菜の一つとなりました。
で、この干扁四季豆という料理はインゲンとひき肉の炒めものです。
油通ししたインゲンと肉味噌を炒めあわせた一品ですね。
コリコリとしたインゲンの食感と、美味しい肉味噌の組み合わせ、鉄板で美味しかったです。

當紅炸子鶏(ダンホンジャーズージー)(半隻)450元
IMG_6375
半隻なので半身で、大好きなパリパリチキンです。
作りたてなので、香ばしい匂いが漂ってきます。

このテリテリ感!
皮がパリパリなのがわかりますでしょうか?
IMG_6376
噛むと皮がパリパリーっと音を立て、中の身はとってもジューシーで最高に美味しいです!
骨近くの肉って本当に美味しいですよね。
素手で掴んで、歯でそぎ落としながら美味しく頂きました。

麻辣鶏(マーラージー)260元
IMG_9065
これ、最高に美味しいです。
見た目よりも辛さが控えめで、鶏がとても柔らかく、鶏本来の甘さが全体にあります。
鶏の甘さとタレの辛さが絶妙で、これこそオンTHEライス!
IMG_9067
最高に美味しかったです。
この麻辣鶏、本当にオススメです。
このタレだけを白飯に掛けて頂いても良いくらい・・・。


ということで、結局ご飯は3杯程頂いたお店のご紹介でした。
あの肉味噌は、持って帰りたいくらいです。
(と思ったら300元でお持ち帰り用に販売していますが、日本には持って帰れないのでご注意下さい。
火鍋もこちらの肉味噌を使った鍋のようなので、暑い夏に大汗かいてヒーヒー言いながら是非味わってみたいですね。
メニューも豊富なので色々頂いてみたいです。
IMG_6377


紹香園

台北市中山區長春路147號之3
営業時間:02-2525-9099
電話番号:11:30~14:00 / 17:30~21:30

2016年の記事はこちらから http://www.tabetaiwan.com/archives/48368851.html今年もマンゴーかき氷の季節がやってきました。ということで、4月から10月くらいまでのフレッシュマンゴーが美味しい季節のみしか営業してないお店へ!2014年の記事はこちら。冰讃 期間限定のマ ... 続きを読む
2016年の記事はこちらから http://www.tabetaiwan.com/archives/48368851.html

今年もマンゴーかき氷の季節がやってきました。

ということで、4月から10月くらいまでのフレッシュマンゴーが美味しい季節のみしか営業してないお店へ!

2014年の記事はこちら。
冰讃 期間限定のマンゴーかき氷屋の2014年度の営業がはじまりました

場所はMRTの雙連駅から西側に少し行った雙連街の中、左側にあります。

冰讃(ビンザン) 
IMG_6618

では早速中に入りオーダーしましょう。
IMG_6619
今年のマンゴーかき氷は100元と80元。
台湾の物価は年々上がっていますが、昨年より値段は据え置きです。

尚、好きなかき氷に10元プラスするとトッピングをのせることができます。
IMG_6630


お支払いが済んだら好きな席で待ちます・・・。
IMG_6621
カウンターの奥から包丁でマンゴーをその場で切っている音が、カタンカタンと響きます。

そして待つこと数分、やってきました!
IMG_6622
オレンジ色の宝石達です。

では頂きましょう!

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)100元
IMG_6625
雪花冰は台湾かき氷の代名詞でもある、味が付いた氷をフワフワに削ったかき氷です。
それこそ雪の花のような氷。
IMG_6628
ミルクの優しい甘い氷で、口の中に入れるとトロトロと溶けていきます。

そしてマンゴー。
マンゴーがとても輝いています。
IMG_6626
甘い!!
口に入れた瞬間にマンゴーの芳醇な香りと甘さが口いっぱいに広がります。
とても甘いくせににクドくないこの甘さ。
マンゴーってやはり最高ですね!

続いてこちら。

芒果牛奶冰(マングオニョウナイビン)80元
IMG_6623
こちらは普通の氷なので、甘さ控えめですが、練乳がいっぱいかかっているので、それなりに甘いです。
IMG_6629
やはりマンゴーがとても輝いています!
IMG_6627
これでもか!というほどマンゴーが大量に入っており身体中がマンゴーになりました。
とても美味しかったです。
大満足です。


ということで、台湾の夏の代名詞、マンゴーかき氷のご紹介でした。
これから夏にかけてマンゴーがとっても美味しくなる季節。
今年は何回マンゴーかき氷が食べられるでしょうか!?
5月くらいからライチも出まわるので、それも楽しみです。
やはり台湾は夏が一番ワクワクしますね!!

ちなみにお店の端にはマンゴーの箱がありました。
IMG_6632
中を覗くとマンゴー!
IMG_6635


冰讃

台北市雙連街2號
営業時間:11:30~23:00 

私の中で、買い食いの代名詞といえば肉まんでしょう。でもこちらでは、半屋台のようなお店で購入しても、お店の中で座って頂くこともできます。言わずと知れた名店ですが、場所は忠孝東路と復興南路の交差点にある忠孝復興駅近く、緑色SOGOの横、復興南路沿いにあります。姜 ... 続きを読む
私の中で、買い食いの代名詞といえば肉まんでしょう。

でもこちらでは、半屋台のようなお店で購入しても、お店の中で座って頂くこともできます。

言わずと知れた名店ですが、場所は忠孝東路と復興南路の交差点にある忠孝復興駅近く、緑色SOGOの横、復興南路沿いにあります。

姜太太包子店(ジャンタイタイバオズディェン)
IMG_6464
ビルとビルの路地に屋台のような感じでお店が出ていますが、隣のビルの二階で作っています。

頂ける包子は写真付きで下記のような感じ。
IMG_6463
ちなみに二階のイートインスペースには、日本語のメニューもあります。
IMG_6476

買い方は口頭注文。
その場でお支払いしましょう。

ということで、今回はイートインスペースで頂くことにしました。
隣のビルの階段を上がっていくと、
IMG_6465
とても綺麗なスペースが現れます。
IMG_6482

横では包子を作る光景も見ることが出来ます。
IMG_6468

では座っていただきましょう。

鮮肉包(シェンロウバオ)16元
IMG_6477
肉まんです。
中にはゴロッとした肉餡の塊が出てきました。
IMG_6478
味もしっかりと付いている餡で、しかもプルンプルン。
肉々しくて、そしてジューシーで美味しいです!
こういう餡、大好きです。

紅豆沙包(ホンドウサーバオ)16元
IMG_6473
あんまんです。

中からアンコは、滑らかなこしあん。
IMG_6474
甘くてとっても美味しく、2、3個余裕でいけちゃいそうです。
あんまんはやはり蒸したてが一番美味しいですよね。

もう一つ頂きましょう。
雪裡紅肉包(シュエリーホンロウバオ)
IMG_6470
カラシ菜肉まんと日本語メニューに記載がありますが、雪裡紅とはアブラナ科アブラナ属の野菜の一種だそうで、雪の中でも芽を出す強い野菜だそうです。
中を割るとこんな感じです。
IMG_6471
食感はシャキシャキとしており、歯ごたえがありますが、かなり青々しい味がします。

ということで私はテーブル調味料を拝借。
IMG_6469
左にある唐辛子醤油を垂らしてみることにします。
IMG_6472
味にアクセントが付き、とっても美味しくなりました。
でも個人的にはやっぱり肉派なので、鮮肉包が一番好きですね。


ということで、包子の有名店のご紹介でした。
極上の肉まんを歩きながら食べてもよし、座ってゆっくり食べれるもよしということで、立地もとてもよくいつも行列ができています。
鮮肉包は肉汁度は高くないものの、ある程度肉汁が入っているので、肉汁で火傷しないように気をつけてください。
IMG_6475



姜太太包子店

台北市復興南路一段180號
営業時間:6:00~19:00 土曜:6:00~18:00
定休日:日曜日
最寄り駅:忠孝復興駅

 

臭豆腐3連続記事、今回で一旦終了です。以前ご紹介した阿泉麺線が初心者向きということであれば、今回の臭豆腐はある程度慣れている人の方が良いかもしれません。場所は雙連駅横の雙連朝市を北上し、錦西街を西へ行った承徳路の手前の場所にあります。宋上好脆皮臭豆腐(ソン ... 続きを読む
臭豆腐3連続記事、今回で一旦終了です。

以前ご紹介した阿泉麺線が初心者向きということであれば、今回の臭豆腐はある程度慣れている人の方が良いかもしれません。

場所は雙連駅横の雙連朝市を北上し、錦西街を西へ行った承徳路の手前の場所にあります。

宋上好脆皮臭豆腐(ソンシャンハオツイピーチョウドウフ)
 IMG_6437
黄色い水煎包の看板の方が目立ちますね。
この距離でもあの匂いが漂ってきます。
近づいてみましょう。

お店の前にはテイクアウトの人が何人かいました。
IMG_6438
取り敢えずお店の前のテーブルを確保し、注文をしに行きましょう。
IMG_6442
メニューは大か小かの2種類。
IMG_6439
大の方がお得っぽいので大を選んでみました。

脆皮臭豆腐(ツイピーチョウドウフ)(大)90元
IMG_6443
ちなみに脆皮とはクリスピーの意味で、以前ご紹介したクリスピードーナツも脆皮でした。
ということで、今回はクリスピー臭豆腐ということになります。

こちらの臭豆腐は特に小さく切り分けておらず、四角のまま出てきます。
そして、真ん中に穴を空け、タレが中に入っています。
IMG_6444
噛むと肉汁ならぬ臭豆腐汁がジュッ!!っと溢れだしてきます。
しかもクリスピーなだけに、周りがパリッパリに揚げられており、揚げたてなので中から溢れる汁も熱い!
味はというと、タレがかなり独特で、ニンニクは勿論ウスターソース?のような風味があります。
臭豆腐の匂いも結構ありますが、泡菜とタレが程よく絡み合って素敵な味になりました。

さて、辣椒醤を入れようかなと思ったらこちらがありました。
IMG_6440
かかっているタレと見た目は変わりませんが、辛味が効いたタレです。
IMG_6445
これが結構あと引く辛さで、食べれば食べるほど口の中が辛くなっていきます。
よく見るとニンニクも結構大量に入っており、口の中が辛味と臭味とニンニクでいっぱいです。
熱い辛い美味しいの三拍子で、ヒィヒィフゥフゥ言いながらの完食です。


ということで、今回はパリッパリのクリスピー臭豆腐のご紹介でした。
パリパリの食感と噛むと溢れだす臭豆腐汁が特徴的でした。
個人的にはパリパリに揚げられているよりも、カリカリっと揚がった臭豆腐の方がボリューム感もあって好みです。
こちらの臭豆腐は臭味も結構強いので、お好きな方は是非!


宋上好脆皮臭豆腐

台北市大同區錦西街86號
営業時間:月~土 16:00~翌1:00 / 日 16:00~00:00
最寄り駅:雙連駅

(閉店致しました)前回ご紹介した阿泉麺線の臭豆腐に続いて、今回も臭豆腐のご紹介です。しかも阿泉麺線の隣のお店です。場所は同じく場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。站前美食棧(ジャンチェンメイシュージャン)塾が周りに多いので、いつ ... 続きを読む
(閉店致しました)

前回ご紹介した阿泉麺線の臭豆腐に続いて、今回も臭豆腐のご紹介です。

しかも阿泉麺線の隣のお店です。

場所は同じく場所は台北駅の南側にある、三越の裏辺り、許昌街沿いにあります。

站前美食棧(ジャンチェンメイシュージャン)
IMG_6337
塾が周りに多いので、いつも学生でこの辺りは賑わっています。
IMG_6338
お店の前には大量の揚がった臭い豆腐が。

さて、お店に入るとレジがあり、こちらで好きなモノを告げレシート(番号付き)をもらい、呼ばれたら商品と交換するというタイプのお店です。
IMG_6432
臭豆腐以外にも麺線や魯肉飯、オカズとセットになったものもあります。
臭豆腐、魯肉飯、スープのセット(100元)というメニューも。

店内は結構広く、席数もたくさんあります。
IMG_6434

今回は臭豆腐(大)55元と大腸麺線(大)55元がセットで100元になるメニューを頼んでみました。

臭豆腐(チョウドウフ)+大腸麺線(ダーチャンミェンシェン)100元
IMG_6328
大きめの豆腐が4つ、それぞれを4つに切ったものが発酵したキャベツのお漬物、泡菜(パオツァイ)と一緒に盛られています。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなりカリカリです。
IMG_6330
割り箸で持つと、揚がった部分がシャリシャリと音を立てています。

もちろん食べる時は辣椒醤と一緒に頂きましょう。
IMG_6335
底に溜まっているタレも一緒に付けて頂きます。
IMG_6331
食べた瞬間、口の中は臭豆腐独特の匂いで充満しますが、すぐに泡菜と辣椒醤が打ち消し、口の中は最高の瞬間を迎えます。
しかも周りはカリカリで食感は最高!
豆腐一つ一つがボリュームがあり、個人的にはかなり好きな臭豆腐の一つです。

こちら大腸麺線です。
 IMG_6332
左側に見える茶色の細かいのはニンニクです。
かなり多めに入っているので、食べる前に好みで少し別皿に移すことをオススメします。

味はもちろんカツオ出汁で、麺はトロットロ。
IMG_6333
ガツンとカツオ節が効いていないので、こちらも個人的には好きな味です。
大腸もまったく臭味を感じず、とても美味しかったです。
ニンニクも多分甘い醤油に漬けてあるようで、麺線の中でとてもよい味を出していました。


ということで2回連続で臭豆腐のご紹介でした。
隣の阿泉麺線とこちらのお店で臭豆腐と麺線の味比べをするのも面白いですね。
臭豆腐の意見では、臭味とカリカリ度はこちらの方に軍配があがりました。
そういう意味では、初心者向きの臭豆腐ではないかもしれません。


ちなみに席にあるこれは、写真のように取り出したお箸の袋を入れましょう。
IMG_6436

(閉店致しました)
站前美食棧

台北市中正區許昌街26-2號
営業時間:11:00~23:30