食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2014年09月

台湾で無性に食べたくなるものがいくつかあります。今回は「台湾ビールが飲みたい!」と思ったのですが、「じゃあおつまみはあれが食べたい!」と思ったら最後、どうしても食べたくなってしまい寧夏夜市までやって来ました。個人的には美味しい鶏肉と野菜がたくさん摂取でき ... 続きを読む
台湾で無性に食べたくなるものがいくつかあります。

今回は「台湾ビールが飲みたい!」と思ったのですが、「じゃあおつまみはあれが食べたい!」と思ったら最後、どうしても食べたくなってしまい寧夏夜市までやって来ました。

個人的には美味しい鶏肉と野菜がたくさん摂取できるので、とってもヘルシーな一品!と思っていますが、ビール飲んでたらヘルシーではないんですけどね。

場所は寧夏夜市のちょうど真ん中辺り、お店番号は100番です。

原味珍塩水鶏(ユェンウェイジェンユェンスェイジー)
IMG_3671
どこの夜市でも一店舗は見かけることができる、ポピュラーな食べ物です。

屋台にはこのような感じで鶏肉を中心に、様々な野菜が陳列されています。
IMG_3665
IMG_3666
買い方は簡単、取り敢えずトングとボウルを取り、勝手に好きな食材をドシドシ入れていきましょう。
IMG_3667
そして、オバちゃんに手渡します。
 
食材をガシガシ包丁で食べやすい大きさに切って、塩ダレに浸けたり様々な調味料とあえてくれます。
IMG_3669
尚、今回選んだのは、鶏のモモ肉以外に、ボンジリ&キンカン。
野菜は、キャベツとキュウリ、ブロッコリー、そしてキクラゲです。

辛さを聞かれるのですが、私はいつも微辣(ウェイラー)でお願いしています。
尚、まったく辛くない不辣(ブラー)からはじまり、不辣(ブラー)<微辣(ウェイラー)<小辣(シャオラー)<中辣(ジョンラー)<大辣(ダーラー)の順で辛くなります。
辛さが調節出来るようなお店では結構使える単語ですので、覚えておくと便利かもしれません。
小辣でも結構辛い料理の場合もあるため、 個人的には微辣を頻繁に使っています。

辛さの量も調節しつつ、様々な調味料や胡椒やらなんやらを投入し、激しくかき混ぜて出来上がったものを袋に入れてくれます。
IMG_3672
中身はこんな感じです。
IMG_3673
袋からそのまま竹串で食べるのも楽しいのですが、今回は家に持ち帰りお皿に出してみました。
IMG_3675
カレー皿に山盛り!で、合計210元のお会計でした。

味は塩胡椒の味がベースです。
あとはニンニクや様々な調味料が複雑に絡み合い、美味しいの一言です!
鶏肉も脂がのってるし、キャベツもキュウリもシャキシャキ!
そしてこのピリ辛味にビールがススムススム。

料理的には冷たくて時間が経っても美味しいので、旅行者の方はホテルに持ち帰り、ホテル飲みのおつまみにもピッタリの一品かもしれません。
私個人的には鶏肉が大好きなので、毎日でも食べたいです。


原味珍塩水鶏

台北市大同区寧夏夜市
営業時間:18:30〜24:30
店番号:100
 

松青(MATSUSEI)は2015年末に全て全聯(PXMart)に買収され、店舗は一部全聯(PXMart)、もしくは閉店となりました。こちらの晴光店は残念ながら閉店です。全聯(PXMart)情報はこちらからどうぞ。お土産買うならやっぱりスーパー 全聯(pxmart)中山松江店(行天宮駅)これ ... 続きを読む
松青(MATSUSEI)は2015年末に全て全聯(PXMart)に買収され、店舗は一部全聯(PXMart)、もしくは閉店となりました。こちらの晴光店は残念ながら閉店です。

全聯(PXMart)情報はこちらからどうぞ。

お土産買うならやっぱりスーパー 全聯(pxmart)中山松江店(行天宮駅)


これまでも何度か台湾のスーパーをご紹介致しましたが、少々日系色の強いスーパーである松青超市をご紹介したいと思います。

ちなみに、松青超市は株式会社フレッセイと味全食品との合弁会社で展開しているスーパーで、商品の内容が結構内容が洗練されているイメージが強いです。

今回は、林森北路の北方面、農安街との交差点近くにある、24時間営業の晴光店(チングヮンディェン)にやってきました。

松青超市(ソンチンチャオシー)
IMG_3554
緑色の看板が目印です。

まずお店に入るとお惣菜コーナーがあります。
IMG_3552
前菜系から、揚げ物、香腸などおつまみに持って来いのものがたくさんあります。
IMG_3551

ペットボトルに入った色々な風味のピーナッツ。
IMG_3550

デパートでも見かける、高級なお醤油系や調味料などもあります。
IMG_3549

オススメはこちらのピーナッツバター。
IMG_3547
食べ台湾読者の方から教えて頂いたのですが、舌の毛穴が詰まるような感じがするほど濃厚です。
右下に、馬総統も好きという触れ込みが書いてありますね。
粒入りと普通の二種、真ん中は黒ゴマペーストです。

もう一つオススメが、黄金泡菜。
IMG_3546
台湾キムチです。
以前のカルフール編でもご紹介しましたが、好きな人はハマる一品です!
韓国のキムチとはちがい、クリーミーな感じです。
食べたあとは強烈なニンニク臭がするので、ご注意を。

ちょっとお洒落なオリーブオイルと蜂蜜。
IMG_3545

カロリーが実は高い、こんにゃくロールも売ってました。
IMG_3543

煮込み料理に使う、乾物系のパックなど。
IMG_3542

肉骨茶、薑母鴨などの元もありました。
IMG_3541

タピオカは日本でも買えますが、やっぱり安いですね。
IMG_3540

粉系の調味料もたくさんあります。
IMG_3538

お茶系も色々。
IMG_3537

生のフルーツを絞って、そのままペットボトルに入れるという商品を見つけました。
IMG_3536
599元か・・・・試すにはうーん!!

お土産と言えば、MJ(マズイジュースの略)。
IMG_3535
アスパラジュースは、相変わらず慣れませんね。

写真右上、鵝鳥脂もありました。
IMG_3534

私の大好きな麺線も売ってました。
IMG_3533
いつか自分で作ってみたいです。

お!超オススメのタロイモ&タケノコクラッカーです。
IMG_3532
個人的にはタロイモの方があと引く美味しさですね。


ということで、ザックリと回ってみました。
松青は日系ということで、陳列も綺麗で店内も統一感があって見やすいです。
じっくり探すと、お!っという商品がありますし、こちらの店舗は24時間なので、ゆっくりお買い物をするのに便利ですね。

あのピーナツバターはオススメなので、ピーナッツバター好きは是非どうぞ!


と、いうことで、頂好(Wellcome)、全聯福利中心(pxmart)、家楽福(カルフール)、松青超市(MATSUSEI)、好市多(Costco)、JASONSと色々書いてきましたが、なんとなく台北にあるスーパーの地図というのを作ってみました。
是非ご活用下さい。

台北市内スーパーマーケット地図


尚、台湾から何でも日本へ持ち込み出来るとは限りませんので、自己責任でお願い致します。
不安な方は下記から調べるか、問い合わせるようお願いいたします。

税関:http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm 
動物検疫: http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html
植物検疫: http://www.pps.go.jp/travelerss/view/imp/list.html?id=15


松青(MATSUSEI)は2015年末に全て全聯(PXMart)に買収され、店舗は一部全聯(PXMart)、もしくは閉店となりました。こちらの晴光店は残念ながら閉店です。

松青超市 晴光店


台北市中山區林森北路575之1號
営業時間:24時間
年中無休
 

思い立ったが台湾吉日!最近は日本台湾間のLCCも増えたということで、週末台湾をされる方も多いとか。日本と台湾との距離が益々近くなって嬉しい限りです。さて、食べ台湾でも何度か勝手にご紹介しているウェルカムプレゼントなどを企画され、また台湾の魅力を世界に広めるた ... 続きを読む
思い立ったが台湾吉日!

最近は日本台湾間のLCCも増えたということで、週末台湾をされる方も多いとか。
日本と台湾との距離が益々近くなって嬉しい限りです。

さて、食べ台湾でも何度か勝手にご紹介しているウェルカムプレゼントなどを企画され、また台湾の魅力を世界に広めるため精力的に活動している台湾観光局ですが、この度「食べ台湾」も正式に台湾観光局のお手伝いをすることになりました!

今後は定期的に台湾観光局のイベント等の告知をしていきたいと思います。


ということで第一回目のイベント情報はこちらです!

金田一少年の事件簿にも出演したことがある、呉尊(ウー・ズン)と一緒に美しい夕日と景色を楽しみながら、忘れられない思い出を作りましょう!というイベントが2014年10月4日に行われます。

君に届け~幸せ溢れる高雄港

banner2014_4_3
 
1、日時:2014年10月4日(土曜日)
2、会場:高雄展覧館にて(受付:13:00~15:00)
3、イベント内容:
 (1) ファンミーティング:15:00~17:00
 (2) ふれあいタイム:17:00~18:00
4、対象:外国籍のお客様を優先とさせていただきます
5、費用:無料

尚、高雄ガス爆発事件の後、高雄の観光業が大きく影響された為、南台湾の観光を復興するために今回のイベントの開催地を高雄で行うことになったようです。

港町として有名な高雄、私も何度か訪れたことがありますが、台北とは違う雰囲気でとても過ごしやすい街です。呉尊のファンに限らず、日程が合う方は是非イベントに参加してはいかがでしょうか?


尚、イベントの参加にはこちらの「旅行心台湾」というページより会員登録と参加申し込みが必要となります。
01-01

「旅行心台湾」も台湾観光局が運営しているサイトで、台湾観光局イメージキャラクター羅志祥や台湾観光親善大使リン・チーリン、日本からはNMB48などが、台湾の魅力を動画などで紹介しているサイトです。
31
41-01


旅行心台湾
http://aziofu.com.tw/index.asp

台湾観光局


毎回前を通る度に「ステキで美味しそうなお店だな」と思っていたお店にやってきました。場所は松江南京駅近く、南京東路と伊通街の交差点から北へちょっと入った辺り。以前ご紹介した色々巻いて美味しい種福園のちょうど裏辺りになります。ちなみに江浙料理とは、台湾におけ ... 続きを読む
毎回前を通る度に「ステキで美味しそうなお店だな」と思っていたお店にやってきました。

場所は松江南京駅近く、南京東路と伊通街の交差点から北へちょっと入った辺り。
以前ご紹介した色々巻いて美味しい種福園のちょうど裏辺りになります。

ちなみに江浙料理とは、台湾における六大料理の一つだそうです(六大料理:北方料理(北方菜)、江浙料理(江浙菜)、台湾料理(台菜)、広東料理、湖南料理、四川料理)
詳細はWikipediaをご参照下さい。

蘭姥姥小吃(ランラオラオシャオツー)
IMG_3516
白い看板と綺麗な店構えが印象的でした。

さてこちらがメニューです。
IMG_3517
主なメニューは写真付きで分かりやすかったです。
IMG_3518
もちろん文字のメニューもあります。
IMG_3519
一皿の大きさも小中大とあるので、少人数で来ても色々楽しめそうです。

今回はおとな3名でやって来ました。

先ずは直ぐに出てくる小菜(シャオツァイ)を頼んでみました。

青椒釀肉(チンジャオニャンロウ)200元 
烤麩(カオフー)100元
IMG_3521
手前が青唐辛子の肉詰めです。
青唐辛子と言っても、全然辛くありませんでしたが、中には当たりもありました。
クセのない味でとっても美味しく、こちらのお店のレベルの高さがいきなり伺えました。
奥は日本で言うお麩のようなものを甘く似たものです。
小菜でたまに見かけますが、こちらも甘く煮られており、前菜として美味しく頂きました。

紅葱烤排(ホンツォンカオパイ)(小)400元
IMG_3520
お店の看板メニューの一つである、骨付き豚肉を柔らかく煮たものです。
タレがとっても美味しく、そして肉も柔らかく煮こまれているのにとってもジューシー。

青江菜飯(チンジャンツァイファン)20元
IMG_3522
白ご飯ではなく、青菜がまぶしてあるご飯を頼んでみました。
ほのかに香る青菜の匂いがとっても爽やかで、おかずなしでも美味しく頂けました。

でもやはり、先ほどの紅葱烤排のタレがとっても美味しかったのでオンTHEライスにしてみます。
IMG_3523
お、美味しすぎる!
ということで、この量のお肉だけで一杯完食です。

蘿蔔牛筋(ルォーボーニョウジン)250元
IMG_3524
こちらもお店の看板メニュー。
簡単に言えば大根と牛すじの煮込みです。
例えるのであれば、牛肉麺の上にのっているプルプルの牛筋の最強に美味しいバージョンと言ったとこでしょうか。
少々分かりにくいのですが、筋の部分が極限まで煮こまれており、THEコラーゲン状態になっています。
IMG_3525
筋肉に有りがちな牛の臭みは一切消えており、口の中で全てが溶け出していきます・・・。
煮こまれたスープも、極上の牛肉麺スープのようで、一つで二度美味しい一品でした。

醃篤鮮湯(ヤンドゥシェンタン)300元
IMG_3526
金華ハムやタケノコ、豚足等などが煮込まれたスープです。
全ての旨味成分がスープに溶け出しているものの、何度飲んでも全く飽きない、そんな不思議なスープです。
中くらいの大きさの鍋で出てきましたが、美味しすぎて半分は私一人で飲んだ気がします・・・。

黄魚(ホヮンユゥ)500元(時価)
IMG_3527
日本だとキグチと呼ばれている海水魚です。
私の好きな清蒸という調理方法等色々選べましたが、今回はシンプルに焼きでお願いしました。
と言っても、フライパンで焼いた感じです。
黄魚は海水魚の為くさみもなく、中身はフワフワの白身で、とても美味しく頂けました。

開陽白菜(カイヤンバオツァイ)200元
IMG_3528
白菜と干海老の炒めものです。
空芯菜等の野菜もありましたが、ちょっと変わった野菜を食べてみたかったので、こちらを選んでみました。
干海老の海鮮ダシがとても効いており、塩気もちょうどよくこちらも美味しく頂けました。


ということで、かなりレベルの高い江浙料理のお店のご紹介でした。
味はもちろん、お店の清潔感やサービス等、かなり良かったのでここはかなりおすすめのお店となりました。
来台当初から気になっていたお店だったので、もっと早く訪れれば・・・と今更ながら後悔してますが、今後はプライベートやビジネスでも、安心して利用できそうなのでこれから頻繁に訪れたいと思います。



蘭姥姥小吃

台北市中山區伊通街66巷3號
営業時間:11:30~14:00 /  17:00~21:00
電話:02-2506-3874 
 

東坡肉(ドンポーロー)といえば、トロトロのお肉が印象的ですがレストランで頂くもので、一品が大きく一人で食べるのは無理・・・。そんな要望にお応えすべく、今回は手軽に東坡肉をオンザライスで頂けるお店をご紹介したいと思います。場所は忠孝西路を西門町方面に行く手 ... 続きを読む
東坡肉(ドンポーロー)といえば、トロトロのお肉が印象的ですがレストランで頂くもので、一品が大きく一人で食べるのは無理・・・。
そんな要望にお応えすべく、今回は手軽に東坡肉をオンザライスで頂けるお店をご紹介したいと思います。

場所は忠孝西路を西門町方面に行く手前、道が直角に南に曲がる付近にある延平南路沿いにあります。

鄭記豬脚飯(ジェンジージュージャオファン)
IMG_3238
看板には50年も続く老店と書かれており、年季が入っています。

こちらメニューです。
IMG_3228
おっと、新しい看板には60年老店と書かれていました。
オーダーは口頭でし、お店隣りにある飲食スペースに座って、商品が来たらその場でお支払いするシステムです。
IMG_3225
尚、スープはセルフサービスで飲み放題です。
IMG_3229
今回のスープは檳榔の花のスープで、とても美味しく頂けました。

東坡肉飯(ドンポーロウファン)100元
IMG_3220
ドーンとやってきました。
東坡肉以外に、煮玉子や酸菜、キャベツ、キュウリ、辛い大根の漬物等々がのっています。

東坡肉は子供の拳くらい、大きめの角煮って感じの大きさです。
IMG_3222
取り敢えず一口ガブっといきましょう。
レストランで食べるような高級東坡肉の全体がトロトロしている感じこそありませんが、コラーゲン部分はトロッとしており、お肉もとても柔らかく八角の味も抑えられています。
この大きさではちょっと物足りないかなーとも思いましたが、お肉以外の野菜達がとってもいい味をだしており、またご飯の量も適量で煮汁が染み込んでいたので、とても美味しく頂きました。

豬脚飯(ジュージャオファン)100元
IMG_3219
こちらは豚足の方です。
メインの豚足以外は、東坡肉飯と同じです。

こちらがプリプリの豚足。
IMG_3224
味付けは基本東坡肉と同じようですが、こちらの方がよりコラーゲン部分が多いです。

こちらは東坡肉飯にも入っている煮玉子。
IMG_3226
黄身の部分まで煮汁が染みこんでおり、とっても美味しかったです。

どうせならメニュー制覇しようと思いましたが、また丼ぶりはキツイなと思いましたが、メニューの30元引きで単品オーダーも可能とのことで、こちらも頂きました。

虱目魚(シームーユー)(単品オーダー)110元
IMG_3221
虱目魚は食べ台湾でもちょくちょく出てくるお魚で、「サバヒー」という名で台湾では親しまれています。
メニューには無刺、つまり骨なしと書いてあったので骨を気にすることなくバクバク頂けます。
で、肝心のお味はというと、最高でした。
脂がこれでもか!という程のっており、身もプリプリ、東坡肉とかと同じ煮汁を使っているようで醤油ベースの濃い味付けがたまりませんでした。


ということで、お手軽に東坡肉を頂けるお店のご紹介でした。
個人的にはかなりのお気に入りとなり、以前ご紹介した私の大好きな知高飯を彷彿とさせる感じの一品でした。
コストパフォーマンス的にはあちらの方が上(知高飯70元)ではありますが、こちらはボリュームがあり、またスープは飲み放題だし・・・というところで、若干悩むところです。
ガッツリ行きたい方は、是非単品で虱目魚を頂いてみてください。
IMG_3227

尚、延平南路の東側は博愛路で別名カメラ街、写真一番右に見えるのがこちらのお店です。
IMG_3240



鄭記豬脚飯

台北市中正區延平南路22號
営業時間:11:00〜22:00
定休日:日曜日
 

台湾観光協会企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼント第4弾として、台湾で特産記念品と交換できる引換券の配布がはじまったようです。 特産記念品の引換は、桃園、台北松山、台中、高雄の各空港の指定免税店内の専用コーナーにて、日本帰国時、1枚につき1点の特産記念 ... 続きを読む
台湾観光協会企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼント第4弾として、台湾で特産記念品と交換できる引換券の配布がはじまったようです。

 img_gift2013

特産記念品の引換は、桃園、台北松山、台中、高雄の各空港の指定免税店内の専用コーナーにて、日本帰国時、1枚につき1点の特産記念品と交換できるそうです。
img_exchange

引換券の申込方法等の詳細は下記からどうぞ。
http://go-taiwan.net/index.php/campaign/welcome-present.html

尚、引換券は先着順で配布し、在庫がなくなり次第配布を終了するようです。
有効期限は、2015年2月28日まで。

毎年行われている本企画、プレゼント内容は結構充実してるようなので、台湾旅行を計画されているかたは是非申請してみてくださいね。