食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2014年04月

MRT雙連駅近くの雙連朝市。ここはMRTの出口からすぐの所にあるため利便性も良く、また一本道で見やすいため観光客の方も訪れやすい朝市かと思います。朝市に出ている屋台も良いのですが、今回は朝市とはちょうど反対側、遊歩道を挟んで西側の萬全街にある豆漿屋さんで朝食を ... 続きを読む
MRT雙連駅近くの雙連朝市

ここはMRTの出口からすぐの所にあるため利便性も良く、また一本道で見やすいため観光客の方も訪れやすい朝市かと思います。

朝市に出ている屋台も良いのですが、今回は朝市とはちょうど反対側、遊歩道を挟んで西側の萬全街にある豆漿屋さんで朝食を頂くことにしましょう!

世紀豆漿大王(スージードウジャンダーワン)
IMG_1928
朝早かったので、年季の入った看板も朝日で輝いています。

さてメニュー。
IMG_1918
口頭注文でその場支払いという感じでしょうか。
店員さんが多いので、かなりオペレーションが早いです。

注文したものを全部トレイに載せ、好きな席に座りましょう!


鹹豆漿(シェンドウジャン)20元
IMG_1919
安いですねー!
最近25元のお店で頂くことが多かったので20元とは。

おぼろ豆腐のようにフワフワで、程よい塩加減で素敵です。
IMG_1923
この鹹豆漿は台湾の朝食では鉄板ですよね。
中に入っている油條がトロンとなって、ホント大好きです。

焼餅油條(サオビンヨウテャオ)30元
IMG_1920
あらためてメニューを見て気が付きましたが、メニューに載ってませんね・・・。
これも鉄板の朝食、焼いたサクサクの生地に、フワッとサクッとした油條が挟んであります。

様々なお店でこの焼餅油條を食べてきましたが、ここのはレベルが高い!
特にこちらのお店を記事にするつもりはなく、ふらっと入って買ってみたのですが、個人的に気に入ったので、翌日再訪してこちらの記事を書いている次第です。

飯糰(ファントヮン)30元
IMG_1921
写真では小さく見えますがもち米のおにぎりで、太巻き半分くらい。
結構ずっしりときます。
中にはカリカリの油條と葱入り玉子焼き、他様々な具が入っており、こちらもとても美味しく頂きました。

豆漿(ドウジャン)(中)20元
IMG_1922
朝焼けをバックに豆乳です。
良い言い方だと豆の味が濃い、悪い言い方だと豆臭い豆乳でした。
個人的には鹹豆漿がやっぱり好きですね。

肉包(ロウバオ)15元
IMG_1924
手作りではないと思いますが、もちろんその場で蒸してます。

肉汁で火傷をしたこと数知れず、最近はいつも恐る恐る噛み進んでいます。
IMG_1925
残念、肉汁少な目でした。
しかしこちらの肉包もなかなか美味しいです。
粗挽きのお肉に結構黒胡椒の辛味が効いており、たまに有りがちな独特の調味料臭みもなく、とても美味しくいただきました!


ということで、とっても美味しい豆漿の朝食屋さんでした。
朝早いのにお客さんが多いのは、やはりそれなりの理由がありますね。
朝市を歩きまわってお腹が減ったら、豆漿屋へ駆け込みましょう。

IMG_1926


世紀豆漿大王

台北市大同區萬全街16號
営業時間:4:00~11:30

台北のパワースポットである龍山寺、私も月に一回くらいお参りに来ています。あの辺りは、華西街夜市があったりと夜は色々と怪しく楽しい地域なのですが、日中に来た場合は、お参りがてら、胡椒餅はどうでしょうか。買いに行くと大体30分以上は待たされることが多いので、胡 ... 続きを読む
台北のパワースポットである龍山寺、私も月に一回くらいお参りに来ています。

あの辺りは、華西街夜市があったりと夜は色々と怪しく楽しい地域なのですが、日中に来た場合は、お参りがてら、胡椒餅はどうでしょうか。

買いに行くと大体30分以上は待たされることが多いので、胡椒餅を予約してから龍山寺にお参りというコースが良いかもしれません。

福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)
IMG_1579
場所がわからなく断念した、との話も聞くので、簡単に行き方を説明したいと思います。

わかりやすいのがMRT龍山寺の一番出口から。
25
赤い枠が一番出口とお店の場所です。

一番出口から地上に上がって出てきて、左を向くとこんな感じの景色が現れます。
IMG_1581
左を向いたら真っ直ぐ、正面の青い看板の建物の右側辺りへ向かいます。

そうすると建物と建物の間に路地があるので、覗いてみましょう。
路地の奥、左側に薄っすら白いLEDの看板が見えるのがわかりますでしょうか。
IMG_1580
そこが福州元祖胡椒餅です。

さて、買い方です。
IMG_1578
タイミングが良いと勿論すぐに購入することができますが、土日は待つことが多いです。

お店のおばちゃんに個数を告げ、お金を払うとこんな感じの番号札をもらうことが出来ます。
焼き上がりの時間も日本語で教えてくれます。
IMG_1584
そして焼き上がりの時間に来て、番号札と交換です。

胡椒餅(フージャオビン)45元
IMG_1585
女性の握りこぶしよりちょっと大きいくらいの小ぶりの胡椒餅です。

もちろん焼きたてなので、ホカホカです。
IMG_1587
肉汁の洗礼を受けると思い、恐る恐る噛んでみました・・・。
しかし皮が結構厚く、そして危惧していた肉汁攻撃も受けずに餡へ到達。
IMG_1588
餡の印象は甘い!
かなり粗びき歯ごたえのある肉に、胡椒と葱の味、そして甘めの餡が、固めのパンのような生地と絡みます。
結構噛みごたえあるので、小ぶりでもお腹にズシっと来ますね。

地元で50年以上も愛されている胡椒餅、龍山寺へ来た際には小腹が減ったらおやつに良いかもしれません。

IMG_1589
 

福州元祖胡椒餅

台北市萬華區和平西路三段89巷2弄5號
営業時間:9:30~19:00
 

マンゴーが美味しい季節のみ、4月から11月の期間限定で営業しているかき氷のお店にやってきました。こちらのお店、フレッシュマンゴーしか使わないので、マンゴーの季節であるこの時期しかお店を開きません。ちなみに2014年の営業は4月15日(記事更新の本日)から11月頃まで ... 続きを読む
マンゴーが美味しい季節のみ、4月から11月の期間限定で営業しているかき氷のお店にやってきました。
こちらのお店、フレッシュマンゴーしか使わないので、マンゴーの季節であるこの時期しかお店を開きません。

ちなみに2014年の営業は4月15日(記事更新の本日)から11月頃まで。

場所はMRTの雙連駅からほど近い、民生西路から雙連街に入った左側にあります。

冰讃(ビンザン)
IMG_2046

さて、メニューです。
IMG_2031
マンゴーかき氷以外に、フルーツのかき氷屋フルーツジュースもあります。
IMG_2032
お店に入るとカウンターがあるので、そこで好きなモノを告げ、お支払い。

おばちゃん、簡単な日本語は通じます。
IMG_2033
本日から開店ということで、トッピング等陳列はしてありませんでしたが、+10元で希望のトッピングが可能です。
IMG_2034

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)100元
IMG_2038
雪花冰は台湾かき氷でお馴染みの、味のついた氷を雪のようにフワフワの状態に削ったものです。
こちらのお店の雪花冰はミルク味の氷でした。

マンゴーはこんな感じに輝き、練乳もかかっています。
IMG_2039
一口食べるとマンゴーの甘味が口に広がります。
この瞬間、本当に幸せ・・・。
雪花冰、中には物凄く甘く、途中で頭が痛くなるものもありますが、こちらのは思った以上にあっさりです。

芒果牛奶冰(マングオニョウナイビン)80元
IMG_2036
こちらの氷は普通の氷、味が付いていません。
マンゴーの甘さと練乳の甘さで頂く氷って感じです。
IMG_2037
雪花冰に比べてやはり甘さ控えめですね。
結構粗めの氷なので、口溶けを味わうのであれば、雪花冰の方がお勧めかもしれません。

ということで、期間限定のマンゴーかき氷のお店のご紹介でした。
台北にはマンゴーかき氷を1年中食べることができるお店は多数ありますが、フレッシュマンゴーに拘り、低価格のお店も良いですね。

フレッシュマンゴーということで、これからの季節、どんどんマンゴーが甘くて美味しくなっていくので楽しみです。


冰讃

台北市雙連街2號
営業時間:11:30~23:00 
 

龍山寺からほど近い、華西街夜市にやってきました。華西街夜市といえば、怪しい匂いがする夜市で有名で、以前は蛇のスープを頂きに来たことがあります。過去記事:亜州毒蛇研究所 毒蛇の肉!血!毒!を食す今回も怪しい食材を求め、スタミナ料理でお馴染みのスッポンを食べに ... 続きを読む
龍山寺からほど近い、華西街夜市にやってきました。

華西街夜市といえば、怪しい匂いがする夜市で有名で、以前は蛇のスープを頂きに来たことがあります。

過去記事:亜州毒蛇研究所 毒蛇の肉!血!毒!を食す

今回も怪しい食材を求め、スタミナ料理でお馴染みのスッポンを食べに来ました。

ちなみに台湾ではスッポンのことを鼈(ビエ)とか甲魚(ジャーユー)と言うそうです。

今回のお店は、華西街のアーケード内の真ん中ら辺にあります。

亜州鼈専門店(ヤージョウビエジュァンメンディエン)
IMG_1731
お店の前には「NO PICTURE」の看板がぶら下がってましたが、食事後に写真OKか聞いたら、全然撮って構わないよーとのことでした。
一種の観光スポットにもなっているので、写真だけ撮って帰る方が多いのでしょうかね。

さてお店の中はこんな感じで、ちょっぴりゴージャス感があります。
IMG_1721
壁には各種スープについての説明が書いてありました。
IMG_1730

薬燉鼈肉湯(やくそずスッポンスウプ)
中国朝代皇帝皇后様 強壮強精に使う尊い御用品

だそうです。

ツバメの巣のスープも効能が高そうで気になりますねー!

ちなみに四物湯は食べ台湾でも何度か紹介しているスープです。

さてメニュー。
IMG_1723
ページをめくると、普段あまり目にしたことの無い色々な食材が出てきました。
一部閲覧注意的なものもあったので、こちらのページのみとしておきます。

待つこと数分、やってきました。

薬燉鼈肉湯(ヤオトンビエロウタン)250元
IMG_1725
こんな感じのセットです。

左から鼈の卵、鼈の胆汁、鼈の血となり、各種お酒で割ってありました。
IMG_1724
おや?血のグラスの中に怪しいカプセルが入ってる・・・?
ま、取り敢えず気にせず、左から一気してみました。

卵はミルキーな感じで、飲みやすく、胆汁はちょっとフルーティー。
血は思ったほど生臭くなく、各種飲みやすかったです。
しかし空きっ腹にこの三種の酒割りは胃にガツンと来ましたね。
一気に身体がホカホカしてきました。

さて、次にスープを頂きましょう!
甲羅ドーン。
IMG_1727
多分水掻きの部分、ドーン。
IMG_1726
足の爪ドーン。
IMG_1728
頭が入ってないかビクビクしましたが、見当たらず。
ちょっとホッとした反面、残念だったり。

さて、多少骨が多いものの、食べるところは沢山ありました。
漢方の匂いが結構強いので臭みは全然ありません。
かなり煮こんである感じで、若干肉はパサッとしていました。
しかしプルプルの部分はコラーゲンの代名詞であるだけに口の中でとろけます。

スープはこんな感じの透き通った茶色のスープ。
IMG_1729
漢方の味が結構するので、苦手な人は苦手かもしれませんね。
個人的には可もなく不可もなくといった感じ。
ただスッポンのエキスが染みだしていると思うと、薬だと思って全部飲み干してしまいました。

食べ終わる頃には全身大汗。
特にお腹部分が熱く、体の芯から発熱している気がします。
最初の酒割り&スープが熱かったという説もありますが。
しかし翌日も身体が熱かったので、スッポン効果は多分あるのでしょうね!

暑い季節にはスッポンです!
安価でスタミナをつけるのであればお勧めです。
次回はスッポン鍋とか別の料理を頂きたいと思います。


亞州鼈専門店

台北市華西街45號
営業時間:14:30~24:30
電話番号:02-2308-9990
 

麺線を一言で説明すると、「かつおダシの素麺スープ」でしょうか。はじめて頂いた時は衝撃的でした。スープなの?麺なの?という曖昧さ、ガツンとくるかつおダシ。具も大腸と牡蠣という豊富な具。日本人であれば、多くの方が美味しい!って思うのではないでしょうか。さて今 ... 続きを読む
麺線を一言で説明すると、「かつおダシの素麺スープ」でしょうか。

はじめて頂いた時は衝撃的でした。
スープなの?麺なの?という曖昧さ、ガツンとくるかつおダシ。
具も大腸と牡蠣という豊富な具。
日本人であれば、多くの方が美味しい!って思うのではないでしょうか。

さて今回は、寧夏夜市の近くにあるものの、朝から夕方までしか開いていない、麺線の店のご紹介です。

場所は寧夏夜市の北側の民生西路沿い、美味しい牡蠣オムレツのお店「頼鶏蛋蚵仔煎」を正面に見て左に行ったところにあります。

阿川蚵仔麺線(アーチュァンオアミェンシェン)
IMG_1655
営業時間は朝の7時からやっているので、朝ごはんとして食べに来るのも良いかもしれませんね。

さてメニュー。
IMG_1874
ここは勿論全部入りの総合を頂きたいと思います。

注文の仕方はお店に入りながら口頭で言う感じ。
IMG_1654
親切に写真付きメニューも用意されているので、メニュー片手に指さしでもOKだと思います。

総合麺線(ゾンハーミェンシェン)60元
IMG_1649
牡蠣と大腸が入った麺線です。
牡蠣は台湾らしい小ぶりの牡蠣で、プリプリしていて濃厚、大腸は魯肉飯のような味付けで煮こまれており、かなり柔らかいです。
全体的な味付けとしては、鰹だしがほんのり効いていて、若干薄めでしょうか。

テーブルには色々な調味料がのっているので好みで味の調整が可能です。
IMG_1653
取り敢えずニンニクと辣油、そして麺線に合うウスターソースのような味の烏酢(ウーツー)を投入してみます。
IMG_1651
うん!自分好みの味になってきました。
辣油はかなり効くので少な目に。
ニンニクと烏酢は多めが良いかもしれませんね。


麺線で有名店といえば阿宗麺線ですが、あちらはガツンと鰹ダシが来て、大腸も歯ごたえアリのプリプリなのに対し、こちらは牡蠣入りで全体的に優しいお味な感じです。
麺線はやっぱり美味しいですね。
台湾に来たら必食のメニューでしょう。

 
阿川蚵仔麺線

台北市大同区民生西路198之17號
営業時間:7:00~17:00
定休日:日曜日

 

(在庫が無くなったため、2014年7月24日18:00までの受付をもって終了したようです)台湾観光協会企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼントとして、今年も悠遊カード(EasyCard)のプレゼント企画が4月1日からはじまりました。悠遊カード(EasyCard)は台北MRTや市内バ ... 続きを読む
(在庫が無くなったため、2014年7月24日18:00までの受付をもって終了したようです)

台湾観光協会企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼントとして、今年も悠遊カード(EasyCard)のプレゼント企画が4月1日からはじまりました。

img_easycard

悠遊カード(EasyCard)は台北MRTや市内バス、提携公共バス、台湾鉄道(一部路線)などの乗車に使える他、セブンイレブンやファミリーマート等のコンビニやドラッグストア、スーパーマーケットなどでのお買い物にも利用可能です。

しかもNTD50が最初からチャージされています!

また最近台北で多く見かけるレンタルサイクル、YOUBIKEの利用も可能です。
http://www.youbike.com.tw

台湾旅行では持っていて損はない悠遊カード(EasyCard)、台湾にお越しの際はぜひお申し込みを!

*悠遊カード公式HP(中国語)
http://www.easycard.com.tw/use/use11.asp 

(在庫が無くなったため、2014年7月24日18:00までの受付をもって終了したようです)
お申込み詳細はこちら
[参照:台湾観光協会HP]
http://www.go-taiwan.net/index.php/campaign/welcome-present