食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2013年09月

(2015年現在、最近はこちらの屋台を見かけなくなりましたのでご注意下さい)台湾の朝食は色々レパートリーがあり、いつも悩みどころです。今回は四平街と一江街の交差点に出店している、飯糰(ファントヮン)、おにぎりの屋台にやってきました。ビジネス街松江路から一本入 ... 続きを読む
(2015年現在、最近はこちらの屋台を見かけなくなりましたのでご注意下さい)
台湾の朝食は色々レパートリーがあり、いつも悩みどころです。

今回は四平街と一江街の交差点に出店している、飯糰(ファントヮン)、おにぎりの屋台にやってきました。

ビジネス街松江路から一本入った中にある一江公園前にあります。
IMG_0202
さてメニュー。
IMG_0203
メニューはシンプルに4つ。
上から普通のお握り、卵を加えたもの、肉を加えたもの、肉と卵を加えたもの。

ここは肉と卵が入ってる総合を頂きましょう。
IMG_0204
煮玉子か焼き卵を選ぶことができ、またスパイシーな大根の漬物の量も調整可能です。

総合飯糰(ゾンハーファントヮン)45元
IMG_0205
横長のラグビーボールのような形のお握りです。
IMG_0207
大きさは男性の握りこぶしよりもちょっと大きいくらい巨大です。

握りたてなのでホッカホカ!というか、結構熱いです。
IMG_0208
台湾のおにぎりってもち米を使っているので、ご飯がキラキラと光っています。

ガブっと一口。
IMG_0209
もち米のモチモチした食感と、色々な具が混ざり合って、素敵な味がします。
中身は肉と卵以外だと、酸菜やピーナッツの粉、カリカリの油條、スパイシーな大根の漬物などが入っていました。
IMG_0210
食べ進めると、綺麗な色した煮玉子も出てきたりと、色々な味を楽しむことが出来ました。
また、全体的に味に統一感があり、正直変なスパイスも使っていないので、日本人の口に合う味だと思います。


ということで朝食にいただくおにぎりの屋台をご紹介しましたが、正直大きすぎ・・・。
女性であれば二人で1つくらいがちょうど良いかもしれませんね。
本当に美味しいので食べ過ぎ注意です。


一江公園飯糰

場所:一江公園前
営業時間:早朝~9:30頃まで
定休日:日曜日
 (2015年現在、最近はこちらの屋台を見かけなくなりましたのでご注意下さい)

林森北路で飲んだあと、今夜は何で締めようか。水餃子も捨てがたいのですが、最近はここに来ています。場所は天津街と六條通りの角あたり。六條通魷魚焿(リョーティャオトンヨウユーガン)以前はとてもローカルな店構えでしたが、リニューアルしておしゃれになりました。お ... 続きを読む
林森北路で飲んだあと、今夜は何で締めようか。
水餃子も捨てがたいのですが、最近はここに来ています。

場所は天津街と六條通りの角あたり。

六條通魷魚焿(リョーティャオトンヨウユーガン)
IMG_9916
以前はとてもローカルな店構えでしたが、リニューアルしておしゃれになりました。
IMG_9914
お店もとても綺麗で清潔です。

さて、オーダー表。
IMG_9907
基本的なスープの味は同じ。
メインとなる具と中身、サイズを選ぶことが出来ます。
中身は湯(スープのみ)、麺、米麺、冬麺、板條、飯の6種類。

総合魷魚焿・飯(ゾンハーヨウユーガン・ファン)70元
IMG_9908
迷ったら色々な具が入っている総合ですね。
今回は飯にしてみました。
IMG_9910
鰹出汁とスルメイカの濃厚なスープがメインとなったこのスープ。
このスープを一口飲んで、ハマりました。
練り物は歯ごたえ抜群でイカや魚のすり身でできています。
ご飯は雑炊というよりもお茶漬けって感じですが、スープはサラっとしておらずトロンととろみがかかっているので、なかなか冷めず結構熱いです。

さてテーブル調味料。
IMG_9912
途中から辣醤を足してみました。
IMG_9913
これまたピリっと辛くなって、ススムススム。
最高です。
酢を足しても美味しかったかもしれません!

サイドメニューに熱々の魯味(ルーウェイ)も頂きました。
IMG_9911
専門店には負けてしまいますが、普通に美味しく頂きました。


ということで、スルメイカのとろみスープのご紹介でした、
お店もすごく清潔で入りやすいので、林森北路界隈で小腹が減ったら是非試して下さい。
もちろん飲んだあと限定ではなく、普通にお昼や夕食でいただくのもオススメです。

ちなみに、四平街のアーケード近くにも支店があります。
IMG_0180



六條通魷魚焿

台北市中山北路一段105巷6號之1
営業時間: 11:00~翌3:00

四平街店
台北市四平街55號
 

西門には数多くのお店があるため、いつも何を食べようかとウロウロしていると、結局決められず手軽に食べられる阿宗麺線の本店でサクッと食べてしまうことが多いです。たまには別のお店でも・・・と思い、道端に看板を持ったおばちゃんが居たので、そのお店に行きました。中 ... 続きを読む
西門には数多くのお店があるため、いつも何を食べようかとウロウロしていると、結局決められず手軽に食べられる阿宗麺線の本店でサクッと食べてしまうことが多いです。

たまには別のお店でも・・・と思い、道端に看板を持ったおばちゃんが居たので、そのお店に行きました。

中華路と漢中街の間の路地にありました。

玉林鶏腿大王(ユーリンジートゥイダーワン)
IMG_9928
お店の入り口は小さいので、黄色の丸い看板が目印です。

適当な席に座り、オーダー表です。
IMG_9929
ご飯のセットは4種類ありました。
あとは麺もあるようです。

やはりここは店名にもなっている鶏腿飯(ジートゥイファン)120元は食べないとですね。

オーダー後、まずはご飯プレートがやってきました。
IMG_9931
小菜4種とご飯。
タレがかかっていて、魯肉飯のようになってました。
IMG_9932
さてさて来ました、鶏腿!
IMG_9933
食べやすいように3つに切ってあります。
IMG_9937
サックサックに揚がっていて、中も結構ジューシーです。
甘酸っぱいタレが最初からかかっていますが、個人的には何も付けないが好きですかね。
食べきる最後までパリッパリで、美味しくいただきました。

排骨飯(パイグーファン)110元
IMG_9934
こちらもカラッとあがっています。
IMG_9938
肉の下味がちょっと好みではなく、タレもちょっと微妙かな・・・と。
やっぱり店名になっている鶏腿が美味しいですね!!
IMG_9936
ちなみに、スープやお箸などはセルフサービスです。
IMG_9939
ということで、西門で鶏腿を頂きました。
やっぱり排骨飯よりも鶏腿飯が個人的には好きです。
排骨飯が看板メニューの君悦排骨でもやっぱり鶏腿飯派なんですよね・・・。


玉林鶏腿大王

台北市中華路一段114巷9號
営業時間:11:00~21:00

最近の週末は朝に散歩をするのが恒例で、色々なところを練り歩いています。今回は、長春路と龍江路付近にやってきました。龍江を来たにちょっと入った所にあり、フラッと立ち寄った手作り肉まんのスープが半端無かったのでご紹介したいと思います。好滋味手工包子店(ハオジ ... 続きを読む
最近の週末は朝に散歩をするのが恒例で、色々なところを練り歩いています。

今回は、長春路と龍江路付近にやってきました。

龍江を来たにちょっと入った所にあり、フラッと立ち寄った手作り肉まんのスープが半端無かったのでご紹介したいと思います。

好滋味手工包子店(ハオジーウェイショウゴンバオズディェン)
IMG_0028
道路の角に赤い看板が掲げてあるので、実はちょっと前から気になってました。

手工、つまり手作りということで、その場で包み、蒸籠を使って蒸しているようです。
IMG_0026
さてメニュー。
好きなモノを口頭で注文します。
IMG_0021

鮮肉包(シェンロウバオ)15元
IMG_0022
大きさは女性の握りこぶしくらいです。

ガブっといきました。
IMG_0024
ドボドボドボー!っと肉汁が滴り落ちます。
写真じゃちょっと分かりにくいのですが、中身はスープの海でした。
中の餡も、良い感じに味付けがしてあり、これで15元?と思うほどの満足さです。
久々に感動モノの肉まんを食べた気がします。

韮菜肉包(ジョーツァイローバオ)15元
IMG_0023
韮が入った肉まんです。
肉と韮と、あとは春雨が入っていました。
これもまた激ウマです。
私の大好きな屋台の包子屋さんを彷彿とさせる韮と春雨のハーモニー。
これもまた久々に感動した肉まんでした。

酸菜肉包(スヮンツァイローバオ)15元
IMG_0027
ガブっと一口、口に広がる高菜!!
前の2つが良すぎたのか・・・。
まぁこれはこれでありですかね。


ということで、絶品肉まんでした。
手工=手作りは流石に美味しいです!
その辺にあるような普通の包子屋さんでしたが、侮れませんね。


ちなみに近くに市場があるので、肉まん食べて市場を回るという朝の良い散歩コースになりそうです。
IMG_0029
 

好滋味手工包子店

台北市龍江路174號
営業時間:6:30~20:00
定休日:日曜日
 

前回ご紹介した40元かき氷に続き、今回は50元炒飯のご紹介です。食事とデザート、合わせても90元!格安ですねぇ。場所は長安東路と建国北路の交差点からちょっと奥に入った一角。夜は閑散としてますが、お昼時は周りのオフィスビルからの人で賑わっています。家厨小館(ジャ ... 続きを読む
前回ご紹介した40元かき氷に続き、今回は50元炒飯のご紹介です。

食事とデザート、合わせても90元!格安ですねぇ。

場所は長安東路と建国北路の交差点からちょっと奥に入った一角。
夜は閑散としてますが、お昼時は周りのオフィスビルからの人で賑わっています。

家厨小館(ジャーチューシャオグヮン)
IMG_0012
看板も小さいので目立ちませんが、「一律50元」を目指してください。

適当な席に座り、オーダー表に記載します。
IMG_0002
炒飯、炒麺、燴飯(あんかけご飯)、湯麺、炒米粉をそれぞれ好きな具材でいただく事ができるようです。

壁にもメニューです。
IMG_0011
うーん。壁には70元とか書いてあって、一律50元じゃないの!?
と不安になりましたが、結局は一律50元でした。

席には胡椒と辣醤がありました。
IMG_0004
お店の入り口で鍋を振っているのが見えました。
IMG_0003

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)50元
IMG_0005
蝦は小さめですが、プリプでした。
IMG_0006
お味の方は、化学の旨みが強く感じましたが、結構好きな方です。
胡椒もいい感じで効いており、これで50元はコストパフォーマンス良いですね。

羊肉炒飯(ヤンロウチャオファン)50元
IMG_0007
沙茶醤を使った羊肉の炒飯でした。
羊肉のくさみは沙茶醤でいい感じに中和されておりますが、人によってはこの沙茶醤は嫌いな人も多いかもしれませんね。

アクセントを付けたいので、辣醤を投入しました。
IMG_0008
炒飯を食べる時にこの調味料投下をよくやるんですが、これが炒飯によく合うこと!!

葱爆肉絲(ツォンバオロースー)110元
IMG_0010
やっぱり炒飯だけでは寂しいので、オカズ肉を頼んでみました。
葱と肉の炒めものですが、味付けは生姜がちょっと効いていて美味しかったです。

お店の中こそお客さんは少なかったものの、テイクアウトのお客さんはかなり多かったです。
50元炒飯はかなりコストパフォーマンス高いですね。

次回は、炒飯以外の炒麺とかも試してみたいです。


家厨小館

台北市長安東路二段129巷5號


暑い夏の夜。美味しくて冷たいデザートが食べたくなります。冷たいデザートとしてマンゴーかき氷も美味しいですが、ローカルのかき氷もまた美味しく、なんだかんだ行ってしまうお店があります。場所は松江路側の四平街アーケードからちょっと行った小道に入ったところです。 ... 続きを読む
暑い夏の夜。
美味しくて冷たいデザートが食べたくなります。

冷たいデザートとしてマンゴーかき氷も美味しいですが、ローカルのかき氷もまた美味しく、なんだかんだ行ってしまうお店があります。

場所は松江路側の四平街アーケードからちょっと行った小道に入ったところです。

濃富利冰品(ノンフーリービンピン)
IMG_0020
看板も小さく普通に通り過ぎてしまう、ちょっと小さめのお店です。

私がなぜこのお店が気に入っているかというと、四種で一律40元!
IMG_0015
安いですよねー。
ちなみに、かき氷以外に豆花もあります。

こんな感じでトッピングが並んでいるので、好きなものを指差しでお願いします。
IMG_0016
お兄さんがこんな感じでどんどんトッピングを乗せてくれます。
IMG_0017
出来上がり!
IMG_0018
仙草と緑豆、紅豆にあともう一つ。
ちなみに氷はクラッシュアイス並みにガリガリの氷です。
なんだか懐かしい雰囲気に浸れます。

別のトッピングバーション。
IMG_0019
ビジュアルに拘らず好きなものを乗せたら、ちょっと微妙な感じのものが出来ました。
白いうどんみたいなのは、甘いモチモチしたものでした。
米苔目かな・・・?

これなんだろう!?というトッピングもあるので、おっかなびっくり楽しいお店です。
四平街にフラッと来られ、ガリガリした氷を食べたくなったら、ぜひどうぞ!


濃富利冰品

台北市四平街59號
営業時間:11:00~20:00