食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2012年02月

糖朝といえば、日本でも有名な飲茶のお店で、香港スイーツが楽しめるとか。日本では青山や高島屋に入っているようですね。台湾にもいくつか店舗があるようですが、忠孝東路と敦化南路の交差点近くの台北支店にやってきました。糖朝(タンツァオ)平日のお昼時でしたが、結構 ... 続きを読む
糖朝といえば、日本でも有名な飲茶のお店で、香港スイーツが楽しめるとか。
日本では青山や高島屋に入っているようですね。
台湾にもいくつか店舗があるようですが、忠孝東路と敦化南路の交差点近くの台北支店にやってきました。

糖朝(タンツァオ)
IMG_3968
平日のお昼時でしたが、結構混んでいました。
IMG_3965
内装も綺麗で、清潔感のあるお店です。
IMG_3966
さて、メニューです。日本語も記載してあります。
平日ということで、平日ランチメニューが頂けます。
私が大好きな酢豚&炒飯のコラボ、甘酢豚肉のせご飯が今回の目的です!
IMG_3942
メニューが相当多いので、主要なものだけを載せます。
といってもかなり量が多いので、スイーツと飲茶、炒飯のページを載せることにします。
先ず、スイーツ類
IMG_3943
IMG_944
IMG_3945
IMG_3946
飲茶、色々
IMG_3947
IMG_3948
IMG_3949
炒飯とかお粥とか
IMG_3950
炒麺も。
IMG_3951

相方は、一目見て「美味しそう!」と決めたこれ。
オイスターソース味の生姜と葱入りつけ麺(150元)
IMG_3953
オイスターソースは後からかけるタイプです。
IMG_3954
オイスターソースの味が絡んだ麺です。
IMG_3960
葱がシャキシャキだけど、ネギ辛くなく、結構美味しかったです。
でも、味がオイスターソースオンリーな感じで、ちょっと飽きそうな感じがします。

さて、お待ちかね。
甘酢豚肉のせご飯(220元)
IMG_3956
結構、うつわが小さめで、ドカン!というインパクトはありません。
IMG_3959
うーん。
酸っぱいんだけど、甘いんだけど、ちょっと足りない。
中途半端な味かな・・・と。
酢豚として食べたら失格の味です。
ご飯にかけてあるので、少し味を控えめにしているのかな?とも思いましたが。

日替わりのスープ。
薬膳入りスペアリブスープです。
IMG_3955
普通に美味しかったです。

追加で頼んだ春巻き(70元)
IMG_3958
これはこれで、普通に美味しかったです。


甘酢豚肉のせご飯に相当な期待を込めて行ったため、ちょっとがっかりでした。
でも、以前会食で利用した際は、結構美味しく頂き、満足した覚えがあるので、今日がたまたま運が悪かったのか、それとも、 甘酢豚肉のせご飯はハズレなのか。
人気のお店なので、美味しいことには間違いないと思います。

次回はスイーツを中心に食べに行こうと思います。


糖朝

台北市忠孝東路四段201號2樓
(上記住所へ移転しました)

営業時間:24時間営業
年中無休
電話番号:02-2772-2889
http://www.sweetdynasty.com.tw/ 

台湾には色々な鍋がありますが、日本では中々味わえない酸菜白肉鍋(スヮンツァイバイローグォ)がオススメです。酸っぱい白菜の漬物を主な材料として使っている鍋で、酸っぱくてあと引く鍋です。色々なお店で酸菜白肉鍋を楽しめますが、専門店が松江路と四平街の交差点近く ... 続きを読む
台湾には色々な鍋がありますが、日本では中々味わえない酸菜白肉鍋(スヮンツァイバイローグォ)がオススメです。
酸っぱい白菜の漬物を主な材料として使っている鍋で、酸っぱくてあと引く鍋です。

色々なお店で酸菜白肉鍋を楽しめますが、専門店が松江路と四平街の交差点近くにあります。

四平小館(シーピンシャォグワァン)
IMG_4160
松江路と四平街の交差点を西側に少し入った場所にあります。
四平小館の文字がLED装飾されているので、かなり目立ちます。

以前行ったときは予約なしでも余裕だったのですが、気温が低く日曜の夜だったことから、1時間以上待たされました・・・。

さて、メニューです。
IMG_4161
酸菜白肉鍋の大きさは3種類から選ぶことが出来ます。
今回は4人でいったので、中を選ぶことにしました。
中だと、お肉が二皿ついてきます。

追加の食材のページ。 
IMG_4162
お肉は、豚肉、牛肉、羊肉の3種から選べます。

一品料理も少々。
IMG_4163
鍋ってどうしても大人数・・・ということがないように、夜でも一人鍋が可能です。
IMG_4164

さて、来ました。
酸菜白肉鍋(中)1360元
IMG_4168
この形の鍋、いいですよねー。
真ん中に炭が入っていて、ずーっと良い温度で煮えています。
IMG_4169
食材がこれでもか!というほど、溢れてます。
エビ、牡蠣、練り物が数種類、豆腐やマロニーちゃんぽいもの、鴨血等が入っています。

今回は二皿とも、豚肉を選びました。
IMG_4170
何だかんだ、豚肉が一番美味しいと思います。

調味料コーナーです。
IMG_4165
自分で好きなものを好きなだけ入れて、オリジナルのタレを作ることが可能です。
私は香菜マニア、ネギマニアなので、二種類作ってみました。
IMG_4171IMG_4172
美味い!美味い!言いながら全て完食。
IMG_4175
このスープ、あと引く美味しさで食べても食べても飽きません。
食べ過ぎても、胃がもったりとせず、爽やかです。
IMG_4176

日本人ウケする味なので、日本で出したら結構流行るかもしれませんね。

よくある食べ放題の鍋屋にも、酸菜鍋を選ぶことができますが、やっぱり専門店の味は全然違います。

鍋はやっぱり冬に食べたいものですが、クーラーの当たり過ぎで、体が冷えた夏に食べるのもアリでしょう。


四平小館

台北市四平街45號
営業時間:11:30~14:30、17:00~22:30 
電話番号:02-2561-1412

日本からの友人が来た場合、私が必ずと言っていい程連れていくのが、北京ダックのお店です。日本で北京ダックは、本当に高価な物なので、気軽に食べに行くことは出来ませんが、台湾では、北京ダックがリーズナブルに食べることができます。私の好きなお店の一つに、日本から ... 続きを読む
日本からの友人が来た場合、私が必ずと言っていい程連れていくのが、北京ダックのお店です。

日本で北京ダックは、本当に高価な物なので、気軽に食べに行くことは出来ませんが、台湾では、北京ダックがリーズナブルに食べることができます。

私の好きなお店の一つに、日本からの友人2名を連れ、4人でやってきました。
場所は、南京東路と復興北路の交差点近く。

北京ダックを頂く場合は、要予約のお店です。 
日本語は通じにくいで、もし電話での予約が難しいのであれば、出向いて筆談すればなんとか可能です。

北平陶然亭餐廳(ベイピンタオランティンツァンティン)
IMG_4055
黄色い看板が目印、ビルの二階に入っています。
IMG_4054
金曜日だったのか、満員状態。
活気があるお店です。

さてメニューです。かなり種類があります。
前菜や鶏肉、豚肉等など様々な種類があり目移りします。
IMG_4027
メインの北京ダック
IMG_4028
皮で包む以外の食べ方も出来ます。
IMG_4029
IMG_4030

こちらは麺類、ご飯類です。
IMG_4037

日本語のメニューもありました。
でも、値段が書いてありません・・・。
IMG_4038
さて、食べましょう!

先ず、北京ダックを頼むとサービスで出てくる、キャベツと香草とピーナッツ&ニンニクの和え物。
松柏長青(ソンバイチャンチン)無料サービス
IMG_4040
香菜が食べれないとかなりキツイ一品ですが、相当美味いです。 

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)120元
IMG_4041
普通に美味しかったです。
でも炒飯でお腹を満たしちゃダメですよね!

京都排骨(ジンドゥパイグー)(小)250元
IMG_4042
酢豚好きの私には、最高の一品でした。
甘酸っぱいソースに豚の骨付き肉が絡まって・・・。
んー!炒飯にかけて食べました。

蘿蔔絲餡餅(ルォボースーシャンビン)30元/1個
IMG_4046
IMG_4050 
大根の饅頭です。期待せず普通にガブっといったら、中の汁が顔に飛び火傷しました。
ジュージー度は半端無く、美味しすぎて中身を未確認のまま完食です。
こちらのお店のイチオシメニューだそうです。

さて、お待ちかねの烤鴨(カオヤー)900元
IMG_4043
目の前でアッツアツの鴨に包丁を入れ、見事な手さばきで切り分けて頂けます。
IMG_4044
肉も一緒に切り取って頂きます。
下の写真は、鴨の顔です。
IMG_4045
頭からガブ!っとわけにはいきませんが、脳味噌を頂きます。

この輝く皮が最高ですよね・・・。
IMG_4047
餅に甜麺醤を塗り、ネギと鴨を一緒に包んで・・・。
IMG_4048
至福の一口です。
日本だったら、あって2巻きですかね。
それを量に拘らずに食べられる・・・。最高です。

さて、北京ダックの食べ方は1吃2吃3吃と、プラス100元していくと、色々な調理をしていただくことが出来ます。

2吃目、鴨肉絲炒銀芽(ヤーロースーチャオインヤァ)100元
IMG_4049
モヤシと鴨肉の炒めもの 
ちょっと肉は少なめですが、モヤシがシャキシャキでいい鴨のダシで炒めた味です。

3 吃目、酸菜鴨架湯(スヮンツァイヤージァタン)100元
IMG_4053 
残りの鴨の骨を煮込んでだ、酸味のあるスープです。
見た目ほど濃厚ではなく、後味すっきりで結構私は好きです。

尚、スープを頼まない場合は、甘辛ソースで炒めたものなど、選ぶことが可能です。

4 吃目、溜黄菜(リゥホヮンツァイ)100元
IMG_4051
 鴨の脂で卵を炒め、スープっぽくトロみのあるものです。 
IMG_4052
これ、出会ってしまいました。
久々に美味しい、新しい一品に出会いました。

食感は歯ごたえのあるデザートクリームのような。
味は、超濃厚な茶碗蒸しのような。
奥の方で鴨の旨味が出た脂を感じ、なんとも言えない至福を味わえます・・・。

何回かこちらのお店に行ったことがありますが、これを頼んだのは今回が初めて。
こんな美味しいのがあったのに頼まなかったなんて!と、悔やまれます。
少々大袈裟に聞こえますが、私が本当に気に入った一品です。


やっぱり美味しかったです。北京ダック。
お連れした友人も大満足だったようで、それ以上に私もお腹いっぱいで大満足でした。

人数集まらないと北京ダックってなかなか食べられないので、一人や二人でも食べられるようなお店、次回は探してみたいと思います。
尚、食べ切れない場合は持ち帰ることも可能ですし、北京ダックのテイクアウトも可能です。
(一回テイクアウトして自宅で食べたことがあります。)


北平陶然亭餐廳

台北市復興北路86號2階
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:旧正月期間
電話番号:02-2778-7805 ~7

「美味しい」と巷で評判の餃子に行ってみました。何でも焼き餃子の量が半端無く、一人では食べきれないとのこと。場所は、中山北路と民権東路の交差点近く。常青餃子館(チャンチンジャオズグヮン)レトロな門構え。なかなか味のある雰囲気で、昔懐かしい食堂っていう感じで ... 続きを読む
「美味しい」と巷で評判の餃子に行ってみました。
何でも焼き餃子の量が半端無く、一人では食べきれないとのこと。
場所は、中山北路と民権東路の交差点近く。

常青餃子館(チャンチンジャオズグヮン)
IMG_4069
レトロな門構え。
なかなか味のある雰囲気で、昔懐かしい食堂っていう感じです。
IMG_4062
有名店って割には、土曜の食事時でも人はまばらでした。

さてメニューです。
IMG_4059
IMG_4060
中国語、日本語、英語、すべて書いてあります。
値段は、ちょっと全体的に高めの感じがあります。
IMG_4061

排骨炒飯(パイグーチャオファン)165元
IMG_4063
IMG_4068
炒飯自体は、可もなく不可もなく。焦がした卵の味が強く、卵たまごしてる味でした。
排骨は塩分多めでしたが、カリッとサクッと揚げてあり、美味しかったです。

炒青菜(チャオチンツァイ)(小)100元
IMG_4064
ホウレンソウの炒めたものでした。
ちょっと油がきつかったかな、という感じです。

酸辣湯(スヮンラータン)(小)70元
IMG_4065
酸っぱくも辛くもなかったので、横の調味料を少し足しました。
トマトが入っているようで、出汁の良い風味が出ていました。

鍋貼(豚)(グォティエ)280元
IMG_4066
見た目はかなりのインパクトがあります。
いい色にこんがり焼けて、期待を持ってパクっ!
IMG_4067
んー。
皮はパリっとしたあとにモチッとした食感ではなく、 フニャっという食感があります。
焼き餃子というか揚げ餃子に近いものがあるのかな・・・と。
でも完璧に揚げきっていいるわけではないので、全体的にパリパリではなく、上記のようなフニャっとした皮の食感があり、またちょっと時間が経つと中の肉汁が皮を湿らせ、食感がフニャッと感のみになってしまい、ちょっと中途半端かも。

私個人的な好みは、ガブッと噛むと肉汁が溢れ出し、アチチと言いながら食べた断面図から肉汁が醤油皿に滴り落ち、モチモチの皮と一部油で揚がったパリパリの皮、中の餡にそれぞれ違う食感があり、口の中で色んな水分が混じり合って白いご飯が食べたくなる餃子。

20個で280元、1個14元か・・・と思いながら、取り敢えず完食です。

合計615元。615元・・・。
値段相応の満足感はというと、うーん。

今のところ、私の一番の好みは華北餃子館です。 


常青餃子館

台北市中山區中山北路二段183巷1之4號
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30
定休日:第2、第4月曜日
最寄り駅:中山國小
 

(四平街店は移転致しました http://www.dpark.com.tw)最近、四平街にOPENしたジューススタンドが、 美味しいと評判のようです。果物憩席(D-Park)(グォウーチーシー)青い看板が目印です。テイクアウトが専門ですが、お店の中にいくつかテーブルと椅子が置いてあり、店 ... 続きを読む
(四平街店は移転致しました http://www.dpark.com.tw

最近、四平街にOPENしたジューススタンドが、 美味しいと評判のようです。

果物憩席(D-Park)(グォウーチーシー)
IMG_3810
青い看板が目印です。
IMG_3807
テイクアウトが専門ですが、お店の中にいくつかテーブルと椅子が置いてあり、店内で食べたり飲んだりすることも可能です。
IMG_3809
看板犬の可愛い子がいました。
人懐っこく、 凄いおとなしい子でした。

さてメニューです。
IMG_3808
お勧めだという、キウイとレモンのジュースを頂きます。
試しにマスカルポーネのワッフルも頼んでみました。

奇異檸檬切打(ジーイーニンモェンチエダ)65元
IMG_3811
爽やかでかなり美味い!!!
下はレモン ジュース、上はキウイのシャーベット&ジュース。

台湾では果物のジューススタンドが数多くあり、どこでも新鮮なジュースが飲めますが、ここはなかなか凝った
美味しいジュースでした。

マスカルポーネのワッフル。
馬士卡邦(マースーカーバン)方鬆餅瓦酚(ファンソンビンワーフェン)95元
IMG_3812
外来語の漢字の発音は難しいですね・・・・。
IMG_3813
2個入りのを頼みました。
IMG_3815
ワッフルは出来立てなので、フワフワ。
もっとシットリしていてもいいかな?と思いました。
マスカルポーネも普通のマスカルポーネで、ピスタチオの粉が少々かかっていました。


ジュースはとても美味しかったです。ぜひぜひ、色々な種類を試してみたいと思います。
ワッフルは、 気が向いたら食べようかなという感じで、まぁまぁでした。


ちなみに下記は別の日に頂いたマンゴージュース。IMG_4022
85元と少々お高めに感じますが、超美味しかったです。
マンゴーシャーベットや、ゼリー、タピオカ等が入っており、様々な食感が楽しめます。

(四平街店は移転致しました http://www.dpark.com.tw

果物憩席(D-Park)

台北市中山區伊通街104號之1
営業時間:月~金:11時半~21時半 土:11時~21時半
Facebook:  http://www.facebook.com/dpark.tw 

道を歩いていると、路上で見かけるこんな屋台。滷味(ルーウェイ)という、台湾の煮物の屋台です。日本のおでんのようなものと言った方が良いかもしれません。松江路にある六福客桟の近くに、平日限定で出没する屋台があります。奥が六福客桟です。鶏の手羽があったり、ねり ... 続きを読む
道を歩いていると、路上で見かけるこんな屋台。
IMG_3785
滷味(ルーウェイ)という、台湾の煮物の屋台です。
日本のおでんのようなものと言った方が良いかもしれません。

松江路にある六福客桟の近くに、
平日限定で出没する屋台があります。
IMG_3790
奥が六福客桟です。

鶏の手羽があったり、ねりものがあったり。
IMG_3786
 
もみじ(鶏の足)もありますねぇ。あとは野菜やしらたきも。
IMG_3787
 
煮玉子や大根等の野菜、豆腐のようなものもあります。
IMG_3788
 
細かい名前はわかりませんが、いくつか指差しで頼んでみました。
こんな感じに袋の中に入れてくれました。
IMG_3791
食べやすいようにハサミで切って入れてくれるので、歩きながら食べることも可能です。
家にもって帰って食べました。
IMG_3793

まずは鶏の心臓
IMG_3794
かなり巨大です。コリコリのプリプリで美味しかったです。

砂肝
IMG_3795
 こちらもコリコリで癖がありません。

ブロッコリー
IMG_3797
 ちょうどよい硬さで茹でてあり、煮物の味も染み込んでます。

湯葉、かな。
IMG_3798
 歯ごたえあって、美味しく頂きました。

豆腐
IMG_3799
はんぺんのような豆腐で、歯ごたえがフワフワで、一番これが美味しかったです。
本当に豆腐なのか、定かではありません・・・・。

大根
IMG_3800
 味が染み込み、トロトロでこれも最高に美味しかったです。

いやー!美味かった。
合計135元。


私がはじめて食べたのは、まだ言葉が全然出来なかった頃。
美味しそうな匂いと見た目にひかれ、頑張って買ったことを思い出します。

オバちゃんがすごい優しくて「これも美味しいよ!」と色々お勧めしてくれます。 
IMG_3789
こういう屋台のものは、もちろん手作りなんでしょうね。
是非、末永く続けていって欲しいと思います。


滷味姐姐(ルーウェイジェジェ)

場所はこの辺
GoogleMap