食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2011年12月

前回紹介した麻油鶏のお店で頼んだ、米血糕 (ミーシエガオ) について、もう少し紹介したいと思います。道端や夜市で、下記の三文字を掲げたお店をよく見ると思います。米血糕とは、豚や鴨の血をお米に混ぜて固めたお餅のようなもので、ニンニクの効いたお店独自のタレと香 ... 続きを読む
前回紹介した麻油鶏のお店で頼んだ、米血糕 (ミーシエガオ) について、もう少し紹介したいと思います。

道端や夜市で、下記の三文字を掲げたお店をよく見ると思います。
DSC_0041
米血糕とは、豚や鴨の血をお米に混ぜて固めたお餅のようなもので、ニンニクの効いたお店独自のタレと香菜、ピーナッツ粉をまぶして食べる台湾人が大好きな一品です。

でも世界からは異色の料理として知られているようです。

血を混ぜた餅、ということで躊躇しがちですが、以前紹介した「台湾美食文化網」のB級グルメとして掲載されているように、台湾の伝統料理となっています。
台湾美食文化網「米血糕」

お店で頼むと下記のような感じですが、
IMG_2911

夜市の屋台で頼むと・・・
DSC_0042
こんな感じです。
DSC_0043
餅米なので、一本食べると結構お腹が膨れます。

鍋や おでんの中に入れたりも可能です。

私はレバーが臭くて食べれませんが、 米血糕 は臭みがまったくなく美味しく頂けます。

夜市で見かけたら、是非挑戦してみて下さい。

寒い冬、体の温まる料理が食べたいものです。12月に入り、台湾も何気に寒い日があり、鍋等が美味しい季節になりました。鍋ではなく、台湾ならではの体の温まる料理と言えば麻油鶏(ma you jī)でしょう。麻油鶏とは台湾の家庭料理で、米酒と胡麻油で鶏肉を煮込んだ物です。 ... 続きを読む
寒い冬、体の温まる料理が食べたいものです。
12月に入り、台湾も何気に寒い日があり、鍋等が美味しい季節になりました。

鍋ではなく、台湾ならではの体の温まる料理と言えば麻油鶏(ma you jī)でしょう。
麻油鶏とは台湾の家庭料理で、米酒と胡麻油で鶏肉を煮込んだ物です。
産後直後の女性はは、体を冷やしてはいけないようで、これを毎日食べるようです。

南京東路駅近くに、麻油鶏のお店がありました。

全記麻油鶏(チェンジーマーヨージー)
IMG_2917
黄色い看板と、赤い提灯が目印です。
平日の夜、かなり混んでました。
IMG_2916
 外にメニュー表がありました。
IMG_2918
どれも美味しそうです。

 オーダー表です。
IMG_2910

麻油鶏(マーヨージー)(麺線入り)120元
IMG_2912
うーん、これこれ!このお酒っぽいのがいい味です。
でもお酒が苦手な方はきついかもしれません。

四物鶏(スーウージー) (麺線入り)130元 
IMG_2914
こちらはいくつかの生薬が煮込んである薬膳料理です。
生理後の女性がよく食べる料理だそうで、血を作り、巡りを良くさせる効果があるとか。
 
IMG_2915
麺線はこんな感じです。
けっこうコシがあって美味しかったです。

両者とも、鶏肉がすっごい美味しくて、我を忘れてかぶりついてました。

周りをみたら、みなさん頼んでいたので、こちらも頼みました。

米血糕(ミーシエガオ)35元
IMG_2911
米血糕とは、豚の血をお米に混ぜて固めたお餅のようなもの。
ニンニクの効いたタレと香菜、ピーナッツ粉をまぶして食べます。
IMG_2913

全記麻油鶏は混んでるだけあって、とても美味しいお店でした。

食べ終わったあと、全身が温まり、汗掻きながらTシャツ一枚で帰りました。
周りから見たら変な姿だったでしょう。

これから台北も寒くなっていくので、こちらのお店や屋台で麻油鶏を食べて、冬を乗り越えたいと思います。


全記麻油鶏

台北市南京東路3段110號
 

良い薬ほど苦い、と昔からよく言われています。ある日、一ヶ月以上も喉が痛く、咳が続く風邪を引いてしまった時、3日間連続でこのお茶を飲んだところ、咳も止まり良くなった事があり、以来このお茶のファンです。林森北路×長春路の交差点近く、苦茶が飲めるお店があります。 ... 続きを読む
良い薬ほど苦い、と昔からよく言われています。

ある日、一ヶ月以上も喉が痛く、咳が続く風邪を引いてしまった時、3日間連続でこのお茶を飲んだところ、咳も止まり良くなった事があり、以来このお茶のファンです。

林森北路×長春路の交差点近く、苦茶が飲めるお店があります。

苦茶之家(クーチャジージャ)
IMG_2903
 
メニュー表です。
IMG_2902
 お茶以外にも、各種デザートを食べることができます。

苦茶 (クーチャ)50元(2012年8月1日から60元に値上げ)
IMG_2904
36種類の漢方が混ざっているとか。
苦さの表現を文字であらわすのは難しいのですが、期待以上に苦いです。
IMG_5300
見た目は濃いコーヒーのような濃い茶色です。
子供の頃、顆粒の風邪薬がなかなか飲み込めず、風邪薬の味を感じてしまったら吐いてしまうということがありましたが、その頃に感じた苦さの10倍くらいの苦さです。

毎回飲むたびに「こんなに苦かったっけ!?」と思い、なかなか慣れません。

しかし健康に良い!と私は思っているので、私はこのお店の前を通るたびに、罰ゲームのように必ず飲むようにしています。

台湾の美味しい料理を頂いた後にこのお茶を飲むと、料理の後味が全て消えてしまうので、飲むタイミングを考えて頂くようにしてください。


苦茶之家

台北市中山区林森北路263號-3
営業時間:11:00~翌3:00
年中無休

以前ご紹介した林森北路×長春路の交差点近くにある、小籠包が食べられるお店「京鼎楼」の横にも、手軽に牛肉麺や炒飯が食べられるお店があります。伍柒玖牛肉麵(ウーチージョウニョウロウミェン)こちらのお店は、有名ガイドブック等に、必ずと言っていい程紹介されているお ... 続きを読む
以前ご紹介した林森北路×長春路の交差点近くにある、小籠包が食べられるお店「京鼎楼」の横にも、手軽に牛肉麺や炒飯が食べられるお店があります。

伍柒玖牛肉麵(ウーチージョウニョウロウミェン)
IMG_2901
こちらのお店は、有名ガイドブック等に、必ずと言っていい程紹介されているお店です。
日本人が良く泊るホテルが近いという場所柄だと思います。

ではメニューです。
IMG_2893
場所柄かもしれませんが、全体的に高めです。
オーダー表以外に、写真付き(日本語付き)のメニューもあります。

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)150元
IMG_2896

肉絲炒飯(ロースーチャオファン) 
IMG_2898

両方とも、かなりニンニクが効いてます。
横にある唐辛子が入ったニンニク醤油タレを炒飯にぶっかけます。
IMG_2899
もう口の中がニンニクの風味でいっぱいです。
たまにこの風味が味わいたくなり、このお店に来ます。

麻婆豆腐(マーポードウフ)200元
IMG_2900
四川風ではなく、甜麺醤をベースに作っているようで、甘さが先に来て、その後に辛さが来ますが辛くはありません。ニンニクがやっぱり効いてます。
炒飯の上にかけて、麻婆豆腐のせ炒飯にして食べました。 

貢丸湯(ゴンワンタン)40元
IMG_2897
肉団子が私は大好きです。
肉の味が強いのでクセがありますが、美味しかったです。
スープは微妙ですが・・・・。

店名の牛肉麺は、まぁ特別美味しい訳でもなく普通です。
わざわざ遠くからここまで来る必要はないと思います。
私はここの炒飯だけが好きなので、近くに来てご飯に悩んだら、こちらに来る程度です。


伍柒玖牛肉麺

台北市長春路45號 

新生北路と南京東路の交差点近くに週末だけ開かれる、小さな市場があります。新生暇日農市(シンシェンジャールーノンスー)上に通っている快速路の高架下に駐車場があり、そこを使用するようです。食べ物屋もあればフルーツ屋もありますが、農産物がメインです。大体20店舗 ... 続きを読む
新生北路と南京東路の交差点近くに週末だけ開かれる、小さな市場があります。

新生暇日農市(シンシェンジャールーノンスー)
P1050228
上に通っている快速路の高架下に駐車場があり、そこを使用するようです。
P1050217

P1050218
食べ物屋もあればフルーツ屋もありますが、農産物がメインです。
P1050219
大体20店舗くらいの小さい規模です。
P1050222

美味しそうな黄金ピータンが売ってました。
P1050223
1パック(2個入り)、3パックで100元だそうです。
P1050224
交渉して、8パック200元で購入しました。

P1050225
トマトはフルーツという位置づけなので、ミニトマトはフルーツコーナーにありました。

蓮霧(lian wu)、日本名レンブです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%96
P1050221

日本ではあまり見ない、番荔枝(fān li zhī)、日本名は釈迦頭です。
名前のとおり、お釈迦様の頭に似てますね。
P1050220

もの凄い大きい火龍果(huŏ long guŏ)、ドラゴンフルーツです。
P1050226

異国の市場って、日本では見れないものがあって本当に楽しいですよね。


新生暇日農市

南京東路×新生北路近く(高架下)
 

以前ご紹介したMRT善導寺の近くにある、早朝から行列する朝食のお店「阜杭豆漿」に行った際、タクシーの運転手から「来来豆漿は並ばないし、ここより美味しいよ!」と言われました。参照記事:阜杭豆漿 行列が出来る台湾の朝食念願叶って、やっとこられました。茶色のライン ... 続きを読む
以前ご紹介したMRT善導寺の近くにある、早朝から行列する朝食のお店「阜杭豆漿」に行った際、タクシーの運転手から「来来豆漿は並ばないし、ここより美味しいよ!」と言われました。

参照記事:阜杭豆漿 行列が出来る台湾の朝食

念願叶って、やっとこられました。

茶色のライン、MRT木冊線で劍南路まで来て、そこから徒歩10分くらいです。

来来豆漿(ライライドウジャン)
P1050207
お店の前は、こんな感じで美味しそうなものがいっぱいありました。
IMG_2856
休日のお昼前、11時くらいに訪問しましたが、注文に何人か並んでいました。
IMG_2859
メニューです。
ここで好きなのを選んで、口頭で頼み、その場で支払います。
P1050216
言葉がしゃべれない場合は、紙に書いて出すのがいいかもしれません。

左側、熱豆漿(ルァードウジャン)19元。右側、鹹豆漿(シェンドウジャン)27元です。
P1050208
少し焦げた感じの独特の味がこちらの売りだそうです。
私の好きな味です。
豆漿特有の油っぽさが少なく、両方とも飽きる事無く頂けました。

蛋餅(ダンビン)30元
P1050209
蛋餅の蛋の字を見たとき、「どんな虫・・・・!?」と思ったのは私だけではないと思います。
蛋は卵なので悪しからず。
味はサックりもっちりとした皮の中にネギと卵が入ってます。
これも美味かったです。

蘿蔔糕(ルォボーガオ)32元
P1050215
大根餅です。これも普通に美味しかったです。

小籠包(シャオロンバオ)80元
P1050210

P1050214
想像する小籠包とは違い、ミニ肉まんのような感じでした。
中の餡がおいしく、滴るほどではありませんが、スープもいい感じに入ってました。

来来豆漿は20年以上も続くお店ので、こちら台北以外にも、台中、台南、上海に支店があるようです
P1050213
みなさん笑顔で働いていました。
地元に長年愛されるお店って、なんだかいいですね。
IMG_2857
Taiwan No.1 だそうです。

この癖のある味が私は好きです。


来来豆漿

台北市内湖路一段93號
営業時間:24時間
(最寄駅:劍南路)