食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


2011年11月

ちょっと特別な日だったので、特別なディナーをしに行きました。ということで、台湾の友人から勧められた食養山房(シーヤンシャンファン)へ。メニューは1200元の一つだけ、予約も必ず必要です。(予約は英語or日本でも可です)景色が良いという事で、昼間の予約をしたかっ ... 続きを読む
ちょっと特別な日だったので、特別なディナーをしに行きました。

ということで、台湾の友人から勧められた食養山房(シーヤンシャンファン)へ。
P1050102

メニューは1200元の一つだけ、予約も必ず必要です。
(予約は英語or日本でも可です)

景色が良いという事で、昼間の予約をしたかったのですが、1カ月先まで一杯。
仕方がなく、夜の18時で予約を致しました。

台北市内中心部からタクシーで約40分(料金600元くらい)、山の奥の奥へとやってきました。
敷地の入り口に誘導員の方が立っており、予約名を聞かれ、駐車場へと案内されました。

真っ暗だったので写真は取れず、お店のエントランスはこんな雰囲気です。
P1050091

通された部屋は半個室のタイプでした。
靴を脱いで畳の椅子に座ります。
P1050092

P1050093

本日のコースメニューです。
P1050094

自家製絞り立てジュース、パッションフルーツ入り
P1050100
赤いグアバのジュースでした。パッションフルーツがほんのり酸っぱく、すっと飲めました。

手作り山菜の三種盛り合わせ
P1050103
右からトコブシの煮たもの、落花生豆腐、カラスミを挟んだ揚げ餅。
カラスミが特に美味しかったです。

ホタテの貝柱茶碗蒸し
P1050104
ホタテの貝柱をもどしたものがゴロゴロ入っており、茶碗蒸しというよりは、お豆腐のような感じでした。

(以下から、カメラのモードを変えたのでちょっと色合いが違います・・・・)

お刺身、サラダの盛り合わせ
P1050109
生牡蠣やウニ、甘エビ等、新鮮なものが山盛りでした。温野菜もとても美味しかったです。
一つ新しい発見がありました。スプラウトとバナナをクレープの皮で包み、イクラがのったものがありました。バナナの味を感じたときはビックリしましたが、合いました。スプラウトのシャキシャキの食感とバナナの甘み、イクラの塩っぱさが融合して、新しい美味しさを感じることが出来ました。

季節の果物酢
P1050110果物ではなく、花のお酢でした。
花の名前を聞いたのですが、意味が分からず。。。

アンチョビおいなりさん、紅海老と唐辛子ソース
P1050113

P1050114
海老はプリプリで美味しかったです。
アンチョビというよりは、オイルサーディンだと思います。黄色いソースは多分アボカドです。

季節の果物酢 桑のリキュールと生木耳入り
P1050115
ちょっとパッとしない味でした。ほんのり木耳の味は感じましたが・・・・。

旬の食材チャーハン、イタリア産サラミ巻き
P1050116

P1050117
これ最高に美味しかったです。サラミの塩味がチャーハンをもっと美味しくしてます。
こんな少量じゃなく、もっと食べたい!と思いました。

蓮の花、鶏肉の土鍋スープ
P1050119

P1050126
全体的に蓮の味が強く、鶏肉の美味しさが蓮の味で消されてしまったようなスープです。
でも鶏肉自体が本当に美味しく、黄色い脂身がトロットロで最高でした。

はと麦の冷えスープに緑豆のゼリー
P1050129

P1050130
ゼリーというよりは、芋餅といった感じで、デザートでこれは重いです・・。

フルーツ盛り合わせ
P1050131
ドラゴンフルーツ、キウイ、梨です。

蓮のお茶と、クルミを挟んだドライナツメ
P1050134
クルミが美味しかったけど、もうお腹いっぱい!


18時に入ってたっぷり2時間のお食事タイムでした。
これで一人1200元(+サービス税10%)は良いと思います。
夜の訪問だったので景色が楽しめませんでしたが、昼に行けばもっと楽しめたでしょう。

次回は昼に訪問したいと思います。


食養山房

新北市汐止區汐萬路3段350巷7號
電話番号:02-2862-0079 02-2246-2266
営業時間:昼 12:00~15:00 夜18:00~21:00
定休日:月曜 旧正月期間

南京東路と林森北路の交差点を中心に、数々の飲み屋や居酒屋、日本料理屋などが並んでいます。林森北路の西側にある天津街と六條通りの交差点近くにお茶屋が一軒あります。ガイドブックにも載ってるお店ではありますが、日本語が通じ、試飲をしながらお茶のうんちくも教えて ... 続きを読む
南京東路と林森北路の交差点を中心に、数々の飲み屋や居酒屋、日本料理屋などが並んでいます。

林森北路の西側にある天津街と六條通りの交差点近くにお茶屋が一軒あります。

ガイドブックにも載ってるお店ではありますが、日本語が通じ、試飲をしながらお茶のうんちくも教えて頂けるので、安心して行けるお店の一つです。

新純香(シンチュンシャン)
BlogPaint

店内には色々なお茶が大量に並んでいます。
IMG_2510

IMG_2509

IMG_2504

試飲をさせて頂きました。
メニュー表です。
IMG_2499
値段表は100g単位ですが、50g単位でも購入可能です。
IMG_2502

IMG_2506

お茶菓子も色々な種類があり、サンプルを頂くことが可能です。
 IMG_2500

金萱茶です。
IMG_2503
後味がミルクのような濃厚な香りがするお茶です。

1人で来られていた方と相席をして試飲をしていたのですが、その方の希望でプーアル茶の限量極品(100g1350元)を試飲させて頂くことに。

個人的な味覚で申し訳ないのですが、プーアル茶って土の匂いというかカビ臭く、後味も喉に残って好きではありません・・・・。
IMG_2742
そんな固定観念、一瞬で消えてしまいました。
なんと濃厚、なんとスッキリ。
プーアル茶の良い部分だけが喉にすっと入り、お腹の奥で広がる感じで、嫌な味がまったく残りません。

でも100g1350元。聞けば40年熟成させているとのこと。
大切な方へのお土産にいつか買おうと思います。

ガツガツ勧めてきたり、絶対に買えー!というオーラを出すお店ではなく、皆さんとても暖かくゆったりとした時間が流れるお店です。
でも、試飲するからには何か買わなければいけない!と思ってしまうのは私だけでしょうか。


新純香

台北市中山北路一段105巷13−1號
電話番号:(02)2543-2932
営業時間:10時~22時

林森北路×南京東路の交差点を通ると、いつも気になっていた緑色の看板をしたパイナップルケーキ、鳳梨酥(feng li sū)のお店があります。基隆に本店があり有名だよーと友人からは聞いていたのですが。李製餅家(李家大房)です。(リージービンジャー(リージャダーファン ... 続きを読む
林森北路×南京東路の交差点を通ると、いつも気になっていた緑色の看板をしたパイナップルケーキ、鳳梨酥(feng li sū)のお店があります。
基隆に本店があり有名だよーと友人からは聞いていたのですが。

李製餅家(李家大房)です。(リージービンジャー(リージャダーファン))
IMG_2722
見難いですが、NOKIAの看板の横です。

1個13元
IMG_2723
まとめ買いをすると、割安になるようで、12個150元、24個300元、36個450元で売っていました。

包装は紙に包まれているだけです。
IMG_2724
開ける前からいい香りが漂ってきています。

中身はこんな感じです。
IMG_2725
まわりはパサっとした感じで、中の餡はネットリ固めです。
酸味が少し強くパイナップルの味はしっかりとします。

まぁ、13元ならこんなもんでしょう、という感じです。
安いのでばら撒きのお土産にいいかもしれません。


李製餅家 (李家大房)

台北市林森北路156號
営業時間:10時半~21時半頃

辛い料理が急に食べたくなる時があります。辛い中華料理といえば四川料理ですね。台北にも有名な四川料理がありますが、今夜は少しリーズナブルに。台北駅のM8番出口からすぐのところにある四川料理屋にやってきました。小魏川菜餐廳(シャオウェイチュァンツァイツァンティ ... 続きを読む
辛い料理が急に食べたくなる時があります。
辛い中華料理といえば四川料理ですね。

台北にも有名な四川料理がありますが、今夜は少しリーズナブルに。
台北駅のM8番出口からすぐのところにある四川料理屋にやってきました。

小魏川菜餐廳(シャオウェイチュァンツァイツァンティン)
IMG_2739
ビルの3階にあります。
エレベーターから降りると、いきなりこんな風景になります。
IMG_2738
 
さてメニューです。
IMG_2727

IMG_2728
日本語のメニューもありましたが、中国語のメニューに比べると品数が少なく値段も書いてありません。
ここは頑張って中国語のメニューで!
でも店員さん、片言の日本語は喋れるようです。

まずは小菜。干絲(ガンスー)
IMG_2729
硬い豆腐を細切りにし、ごま油で野菜とあえたものです。
横浜中華街にある重慶飯店の前菜で食べたのが初めてでした。
そのときからお気に入りなのですが、日本では珍しいため、台湾に来るまでずっと高級品だとずっと思っていました。

麻婆豆腐(マーポードウフ)120元
IMG_2730
これでもか!というほどニンニクが入っていました。
花山椒よりは、豆板醤の辛さが効いています。
ちょっとクセになる味でした。

宮保鶏丁(ゴンバオジーティン)220元
IMG_2731
これは本当に美味しかったです。
揚げた鶏肉と唐辛子、ピーナッツを甘味と酸味のあるソースで炒めてあるようです。
一見辛そうに見えますが、唐辛子の辛味ではなく旨みだけが鶏肉に移っているため辛くありません。
濃厚な味わいで大変気に入りましたっ!

高麗心菜(ガオリーシンツァイ)140元
IMG_2732
キャベツの芯の部分近くのみを炒めたものです。
やわらかく、甘味も多かったです。

肉絲炒飯(ロウスーチャオファン) 多分120元
IMG_2733
普通の炒飯でした。特筆なし。
中国語のメニューには載っておらず、日本語のメニューにしか書いてなかったので、「中華料理には炒飯でしょう!」という日本人のリクエストのみに答えた一品なのでしょう。
四川料理にはやっぱり白飯ですねぇ。。。

酸菜肚片湯(スワンツァイドゥーピェンタン)180元
IMG_2734
酸っぱいスープです。中にモツが入っていました。

銀絲巻(インスージュァン)40元
IMG_2735
揚げパンです。隣の席の人が食べていて、こちらも食べたくなったので追加で頼みました。
まわりカリカリで美味しかったです。
でもちょっと重かったです。

麻婆豆腐on the 炒飯にしてみました。
IMG_2736
でもやっぱり麻婆豆腐はon the 白飯が一番ですね。

サービスデザートの芭樂(バーラー)、グアバです。
IMG_2737
梅パウダーをつけて食べます。
スイカに塩をつけて食べるのと同じで、甘味が増します。

お会計は10%のサービス税を入れて957元でした。(870元+87元)
私は普段お酒は飲まないので、安上がりです。

周りを見渡すと、「何あれ!美味しそう!!」という料理がいっぱい。
もう一回くらい行かないと駄目ですね。
今回は3人で行きましたが、お腹いっぱいになりながらも完食です。


小魏川菜餐廳

台北市中正区公園路13號3F
電話番号:02-2371-8427 ~9
営業時間:11時~14時 17時半~21時

美味しい小籠包食べに鼎泰豊(ディンタイフォン)行ってもいいけど、並ぶのは嫌だなぁ。そんな時、手軽に行けるのが京鼎楼(ジンディンロウ)です。多分お客の80%くらいが日本人というくらい、日本人が好んでいくお店です。まぁ正直な所、こういう有名店はローカルに比べる ... 続きを読む
美味しい小籠包食べに鼎泰豊(ディンタイフォン)行ってもいいけど、並ぶのは嫌だなぁ。
そんな時、手軽に行けるのが京鼎楼(ジンディンロウ)です。
多分お客の80%くらいが日本人というくらい、日本人が好んでいくお店です。

まぁ正直な所、こういう有名店はローカルに比べると値段が高いので、出張者が来たとき以外滅多に行かないんですけどね。
ローカル小籠包の紹介は別の機会に・・・・。

ということで、 林森北路×長春路の交差点近くにあるお店に来ました。
京鼎楼(ジンディンロウ)
IMG_2720

日本語のメニューもありますが、大体頼むのは決まってます。
IMG_2635
 
小籠湯包(シャオロンタンバオ)280元
IMG_2637
小籠包と小籠湯包の違いは、中にスープが入っているかどうか。
普通の小籠包にも勿論スープが入っていますが、湯包はかなり入ってます。

小籠湯包付属のスープ
IMG_2641
懐かしいラーメン屋の醤油スープのような味です。

酸辣湯(大)(スワンラータン)150元
IMG_2638
ここの鶏スープが美味しいんですが、今回は酸辣湯っていう気分でした。

蝦仁蛋炒飯(シャーレンダンチャオファン) 180元
IMG_2639
お約束の一品です。卵だけの蛋炒飯もシンプルで美味しいです。

空芯菜(コンシンツァイ)140元
IMG_2636
結構な量のニンニクが入っていますが、それほど臭くはありません。
慣れてしまっただけかもしれませんが・・・・。

東坡肉(ドンポーロウ)
IMG_2640
八角もそこまで強くないので、日本人好みの味だと思います。

日本語も通じるし、どのガイドブックにも必ず載ってるし、安心してお食事が出来るお店です。
ガイドブックやインターネットサイトによっては、割引券とかついてるので、忘れずに!!
 

京鼎楼

台北市中山区長春路47號
電話:(02)2523-6639
営業時間:11:00~14:30、17:00~深夜0:00
http://jin-din-rou.net/
 

台北では毎年、牛肉麺コンテストというのを開催しており、そのコンテストで何度も賞を取っているお店、洪師父麺食桟(ホンスーフミェンスージャン)に行ってきました。建國北路と長春路の交差点、六福客桟から徒歩3分くらいの所にあります。メニューです。一番上が名物、888 ... 続きを読む
台北では毎年、牛肉麺コンテストというのを開催しており、そのコンテストで何度も賞を取っているお店、洪師父麺食桟(ホンスーフミェンスージャン)に行ってきました。
P1050076
建國北路と長春路の交差点、六福客桟から徒歩3分くらいの所にあります。
P1050078

メニューです。
P1050077
一番上が名物、888元もする牛肉麺です。
物凄い大きい骨付き肉がドーン!と載っているもののようですが、私は未だ食べたことはありません。
今度お財布に余裕がある時でも挑戦してみます!

全体的に見ても、若干高めの値段設定です。
麺は自家製麺・細麺・ビーフンから選べるようです。
P1050089

牛肉麺コンテスト2007年入賞の五花牛麺(ウーファンニョーミェン)260元(大盛り+20元)
P1050082
澄んだスープにバラ肉とカルビ肉?と思われる良質なお肉がのっています。
スープは良質の牛肉が染み出した味で、もちろん八角の味もせず、日本人好みの味です。

酸白菜牛肉(スワンバイツァイニューロウ)140元
P1050081
酸っぱい白菜がのっている牛肉麺です。
値段が違うだけに、上の五花牛麺の方が全然美味しいです。

自家製麺。モチモチツルツルのシコシコでした。
P1050083

途中で炒め高菜(無料)をいっぱい入れて、味を変えてみます。
P1050084

以前書いた「甘記蕃茄刀削麺」、「林東芳牛肉麺」ともにお勧めの一店です。

尚、2011年の牛肉麺節(牛肉麺コンテスト)では30店が選ばれたようです。
http://www.tbnf.tw/news.php?id=20
この30店、全部制覇したら太りそう・・・。


洪師父麺食桟

台北市建國北路二段72號(長春路口)
電話番号:(02)2500-6850
営業時間:11時~24時
http://www.taiwannoodle.com.tw/