小籠包と言えば、上海料理を代表する中華点心料理の一つで、台湾には鼎泰豊というニューヨーク・タイムス紙で「世界の10大レストラン」に選ばれた有名店がありますが、たまには変わった小籠包でも食べようかな。。。

ということでやって来ました。

場所は、中正紀念堂の近く、杭州南路二段の横道をちょっと入ったところにあります。

盛園(シェンユェン)
IMG_6662
お客さんでかなり賑わっており、少し待ちました。

さてオーダー表です。
IMG_6664
日本人ように見やすい写真付きメニューもありました。
IMG_6681
席から調理場が見える席でした。
IMG_6670
では小籠包を食べる準備をするために、タレを取りに行きましょう。
IMG_6666
私は醤油と少量の酢、生姜、辣醤を入れて準備完了。
IMG_6667

酸辣湯(サンラータン)35元
IMG_6671
安っ!
これで35元はホントローカル価格です。
ちょうど良い酸っぱさですが、辛味は少々足りません。
マイルドで美味しかったです。

牛肉餡餅(ニョーロウシャンビン)40元
IMG_6672
周りを見渡すと、皆さん食べていたこの一品。
IMG_6673
端っこを少し噛むと、中からお約束の如く溢れ出す肉のジュース。
皮はモチモチのカリカリ!
カリカリでモチモチでジューシーで牛肉の餡が、牛肉らしい味がして美味いです。
牛肉の臭みが嫌いな人はダメかもしれませんが、美味しかったです。
案の定、熱い肉汁で上顎の皮が剥けました。

大餅捲牛肉(ダーピンジュヮンニョーロウ)110元
IMG_6674
牛肉をとネギを甘いソースの甜麺醤で巻いたロールです。
IMG_6678
北京ダックの牛肉バージョンと思って頂ければと思います。
これもなかなか美味しかったです。
これ日本の和牛でやったら、ものすごい美味しいと思います・・・。

さて、来ました。

絲瓜小籠湯包(シーグヮショウロンタンバオ)120元
IMG_6675
来ましたヘチマ小籠包。
小籠包じゃなくて、スープが多めってことで小籠湯包。
8個で120元。1個15元ってことですね。
IMG_6676
ジュワーっと溢れ出るこのスープ。
最高です。
さて、お味はというと、ヘチマの味が全面に出ていて、なかなか美味いです。
ヘチマの味ってちょっと青臭いんですよね。このヘチマの味がお好きであればオススメしますが、小籠包から溢れ出る肉々しいジュースを味わいたい!ということであれば、普通の小籠包が良いかと思います。

蝦仁焼売(シャーレンシャオマイ)180元
IMG_6677
Oh,このタイミングでこの大きさ・・・。
IMG_6680
皮が分厚く、かなりボリューミーです。
味はというと、前記の通り皮が分厚く、ジューシーさも欠けていて、普通かなと。
お腹が減っていたらもう少し美味しく頂けたかもしれませんが。

もう食べられない・・・。
ううう、お腹いっぱい・・・。
でももう一品頼んでいました。

豆沙鍋餅(ドウサーグォビン)90元
IMG_6683
ピザサイズの餡入り中華クレープは厳しい!!
と思いきや・・・
IMG_6684
これ、最高でした。
私は胡麻団子が大好きで、日本の某中華ファミリーレストランでは、必ず頼むほど。
胡麻団子のどの部分が好きかというと、少し揚げすぎてしまい、餅の部分がカリっとして油がジュワっと滲みでて、その上から中の餡子がかぶさってくるという、モチモチの部分ではないアノ部分です。
この豆沙鍋餅は油で焼いてあるので、カリっとした部分が全体的に広がっており、噛む度にカリッ、ジュワッと口の中で餡子と油が広がり、そして胡麻の香ばしさが後追いでやってきます。
満腹状態でこのデザートを迎えましたが、一瞬で食べきりました。


ということで、私の個人的な総評を言えば、ヘチマ小籠包よりこの餡入り中華風クレープ、豆沙鍋餅が大ヒットでした。

何だか思いっきりカロリー高めな感じがしますが、ヘチマ小籠包はヘルシーな感じがするので、プラマイゼロということにします。
 

盛園

台北市杭州南路二段25巷1號
営業時間:11:30~14:30 16:30~21:30
定休日:旧暦の元旦前後