前回紹介した麻油鶏のお店で頼んだ、米血糕 (ミーシエガオ) について、もう少し紹介したいと思います。

道端や夜市で、下記の三文字を掲げたお店をよく見ると思います。
DSC_0041
米血糕とは、豚や鴨の血をお米に混ぜて固めたお餅のようなもので、ニンニクの効いたお店独自のタレと香菜、ピーナッツ粉をまぶして食べる台湾人が大好きな一品です。

でも世界からは異色の料理として知られているようです。

血を混ぜた餅、ということで躊躇しがちですが、以前紹介した「台湾美食文化網」のB級グルメとして掲載されているように、台湾の伝統料理となっています。
台湾美食文化網「米血糕」

お店で頼むと下記のような感じですが、
IMG_2911

夜市の屋台で頼むと・・・
DSC_0042
こんな感じです。
DSC_0043
餅米なので、一本食べると結構お腹が膨れます。

鍋や おでんの中に入れたりも可能です。

私はレバーが臭くて食べれませんが、 米血糕 は臭みがまったくなく美味しく頂けます。

夜市で見かけたら、是非挑戦してみて下さい。