食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


今回も2016年のマンゴーかき氷を開始したお店のご紹介です。場所は全聯(pxmart)中山松江店があるMRT行天宮駅の4番出口を出て、錦州街を西に2分ほど歩いた場所にあるこちらのお店です。黒岩黒砂糖刨氷(ヘイヤンヘイシャータンバオビン)お店の看板にもふりがなで「くろいわ ... 続きを読む
今回も2016年のマンゴーかき氷を開始したお店のご紹介です。

場所は全聯(pxmart)中山松江店があるMRT行天宮駅の4番出口を出て、錦州街を西に2分ほど歩いた場所にあるこちらのお店です。

黒岩黒砂糖刨氷(ヘイヤンヘイシャータンバオビン)
IMG_1733
お店の看板にもふりがなで「くろいわ」と書いてありますね。

外にマンゴーかき氷始まりました!的な看板が出ていました。
IMG_1730
こちらカウンター越しのメニュー表。
IMG_1710
日本語メニューもありました。
IMG_1731
カウンターで注文してお支払い、好きな席で頂きます。

今回はマンゴーかき氷以外に8つのトッピングが出来る八寶冰も頼んでみました。
トッピングの場合は、こちらの中から好きなモノを選ぶ感じです。
IMG_1712

こちらカウンター横にあったマンゴーの箱です。
IMG_1729
住所を調べてみると屏東県からの出荷のようですね。

マンゴーかき氷はその場でマンゴーを剥いてくれるので、若干時間が掛かりました。

芒果冰(マングォビン)100元
IMG_1716
やってきました、マンゴーかき氷!
こちら、マンゴーを発掘するタイプのかき氷です。
IMG_1717
ちなみに氷は味がついた雪花氷ではなく、普通の氷です。
上からかかっている練乳、素敵な輝きですね。
まるで白いマグマ!
そして全体的に茶色いこの黒糖シロップも素敵です。

さてこちらマンゴーちゃん。
IMG_1718
マンゴーは若干まだ色が薄いものの、甘くて美味しい!!!
そして柔らかいです。
やはりこの食感は生マンゴーにしか出せませんね。

中をホジホジすると、黒糖部分が出てきました。
IMG_1725
この黒糖の甘さと練乳の甘さ、そしてマンゴーの甘さが、別の方向性がある甘みで美味しいんですよね。
個人的にはここにアンコの甘さが加わったら・・・・と妄想してみたり。
しかしこれで100元とはお買い得ですね。
不作でマンゴーが急騰している2016年ですが、良心的な価格で嬉しい限りです。


八寶冰(バーバオビン)80元
IMG_1713
8種のトッピングを選べるというのは、とっても楽しいですね!

トッピングの代表格といえばタピオカでしょうか。
IMG_1715
キュッキュッとした食感がタピオカは最高ですね。

緑豆や紅豆など豆で攻めてみた感じです。
IMG_1726
黒糖のシロップがたっぷりかかっており、トッピングの量もかなり多いので結構お腹いっぱいになります!
とはいえ、黒糖の甘みがしつこくないので、飽きることなく頂けました。
8種のトッピングで80元とはとっても良心的でお財布も大満足です。


ということで黒糖がメインのかき氷のご紹介でした。
黒糖と練乳の組み合わせはとっても美味しいです。
そこに台湾の甘いマンゴーが加わると、旨さ数倍になります。
100元という価格も魅力的なので、黒糖好きは是非訪れてみてください。


黒岩黒砂糖刨冰


台北市中山區錦州街195號
営業時間:11:00~23:00
最寄り駅:行天宮駅
 

マンゴーかき氷の季節がやって来ましたねー。先日はマンゴーかき氷ファンも多い冰讃がOPENしましたが、TwitterやFacebook経由でも質問を頂いていた 「緑豆蒜啥咪」のマンゴーかき氷が今日から始まりました!緑豆蒜啥咪のマンゴーかき氷といえば、ぶつ切りの大きいマンゴーが ... 続きを読む
マンゴーかき氷の季節がやって来ましたねー。

先日はマンゴーかき氷ファンも多い冰讃がOPENしましたが、TwitterFacebook経由でも質問を頂いていた 「緑豆蒜啥咪」のマンゴーかき氷が今日から始まりました!

緑豆蒜啥咪のマンゴーかき氷といえば、ぶつ切りの大きいマンゴーがゴロゴロと入った人気上昇中のお店です。
個人的にシャーミーと呼ぶ大好きなお店の一つで、「今年はいつからマンゴーかき氷が始まるの?」「6月半ばくらいよー」と聞いていたものの、今日たまたま訪れてみたら「今日マンゴー入荷したよ!!」とのこと!!

昨年の記事:緑豆蒜啥咪 切りたての大きなマンゴーがゴロゴロ入っているマンゴーかき氷
 
2016年のGWに間に合ったようで良かったですね!

ということで、今年もご紹介したいと思います。 

場所は四平街のアーケード付近、松江路と長春路の交差点よりも少し南東側に入った、六福ホテルの裏辺りにある小さな黄色看板が目印のお店です。 

緑豆蒜啥咪(リュイドウスヮンシャーミー)
IMG_1679
赤い提灯が目印ですね。

こんな横断幕的なものも掲げていただいてます。
IMG_1676
食べ台湾を見て訪れられた方も多いそうで、とても光栄です。
ちなみに昨年、お隣でマンゴーかき氷を食べられている日本人の方とお話しをしたところ、食べ台湾読者の方で、素敵なご縁を頂きました。

さて、取り敢えずお店の中に入りましょう。
IMG_1667
カウンターで注文し、好きな席に座るという流れです。

さてこちらがマンゴーかき氷のメニュー。
(2016年5月に初旬に150元から180元に値上げとなりました)
IMG_1666
今年は不作でマンゴーの価格が跳ね上がっているそうで、値上げとなったそうです。

こちら愛しの愛文マンゴーさんたちです。
IMG_1668
「マンゴーはここの地方のが最高に美味しいのよ」とお店の方が言われている、屏東県枋山地区の愛文マンゴーです。
IMG_1669
箱の外からでも良い香りがします。

こちらマンゴーを剥いているところです。
IMG_1670
おおおお、かぶりつきたいという欲求が・・・・。

さて我慢しながら待つこと数分、やってきました。

枋山愛文芒果冰(ファンサンアイウェンマングオビン)150元→180元
IMG_1671
マンゴー2個分のマンゴーがのったマンゴーかき氷です。
これぞマンゴーマウンテン。
マンゴーが光り輝いており、まるで宝石です。
こんな贅沢にマンゴーをのせて良いのでしょうか?
ラグジュアリーマンゴーマウンテン。

裏面もどっさり!
IMG_1672
フワッとマンゴーを全体的にのせているので、シャッターチャンスを逃すと、写真のようにマンゴーマウンテンがゴロゴロと崩れてくるのでご注意ください。

かき氷は普通の氷ですが、個人的にはやっぱりこっち派ですね。
IMG_1673
甘すぎない練乳と控えめの黒糖が最高に美味しいです。
またこのマンゴー、なんとまろやかでトロトロなんでしょう。
良くある筋っぽいマンゴーとは大間違い、口の中でとろけます。
まるで大トロマンゴー。
食べても食べても夏だけに飽きが来ず、一杯食べきっても「もっと食べたい!」と思わせるマンゴーかき氷、素晴らしいですね。


マンゴーは契約農場から定期的に入荷するものの、お店の在庫がなくなった場合は一時的に販売出来なくなることもあるそうなのでご注意ください。

台湾の夏は始まったばかり。
ぜひ台湾の愛文マンゴーをたっぷり使ったマンゴーマウンテンかき氷、楽しんでください。


緑豆蒜啥咪

台北市中山區伊通街106巷6-1號
営業時間:月~金 12:00~20:30 / 土祝 13:00~19:30 
定休日:日曜日(開店する場合もアリ)
最寄り駅:松江南京駅
http://www.waahat.com.tw/
https://www.facebook.com/waahat

胡椒餅って美味しいですよね!!あの肉汁は憎らしいほど攻撃的ですが、愛さずにはいられない・・・そんな一品ですよね。ということで日々美味しい胡椒餅を探し求めていますが、今回はMRTに乗り、三重國小駅までやってきました。松江南京駅から5駅、民権西路駅から2駅の場所で ... 続きを読む
胡椒餅って美味しいですよね!!

あの肉汁は憎らしいほど攻撃的ですが、愛さずにはいられない・・・そんな一品ですよね。

ということで日々美味しい胡椒餅を探し求めていますが、今回はMRTに乗り、三重國小駅までやってきました。松江南京駅から5駅、民権西路駅から2駅の場所です。

今回ご紹介するのはその三重國小駅から3分ほど、龍門路にあるビルの1階にあるお店です。
尚、住所は台北市ではなく、お隣の新北市になります。

龍門胡椒餅(ロンメンフージャオビン)
IMG_1318
黄色い看板が目印です。
IMG_1317
メニューは3つ。
それぞれ頼んでみましょう。
IMG_1302

先ずはこちら。

胡椒餅(フージャオビン)35元
IMG_1308
なんでしょう、持った感じがいつもの胡椒餅のような攻撃的な硬さはなく、パイのようにフワッとしています。

焦げたゴマが眩しいですねー!
IMG_1309
裏にある炭の焦げ目がまた素敵です。
IMG_1310
では一口頂いてみましょう。

全体的に柔らかくフワフワしているので、肉汁ブシュッ!っと感が少なそうなので、思いっきりガブリとしてみました。
IMG_1311
やっぱり熱いです!
でも、私の知っているカリカリっとしたパン生地のような胡椒餅はそこになく、フワトロっとした生地で、どこか優しい感覚に包まれました。
そして、とっても美味しい!!

粗びきの肉にトロトロの大きなネギ達。
IMG_1313
肉汁が多めなので、手にも肉汁が滴り落ちてきますが、この肉汁がこの生地にシュッと吸い込まれ、全体的にジューシーな胡椒餅に仕上がっています。
中の餡は若干少なめの印象で、一つ食べてもお腹に余裕はありました。

甜餅(ティェンビン)12元
IMG_1303
取り敢えず3種類のメニューだったので、制覇してみようと思い買ってみました。

カリッカリのパイ生地の中に、甜い餡が入っているシンプルなものでした。
IMG_1304
どこか懐かしい、そんな雰囲気の一品です。

小酥餅(シャオスービン)12元
IMG_1305
コロっとした丸いお菓子のようなものです。

と思ったらなかにはネギが入っていました。
IMG_1306
 えっ、と思いましたが、ネギ好きなら全然ありですね。
中がとろける感じで、意外と美味しかったです。
 

ということで、フワッとトロッとした龍門胡椒餅の胡椒餅のご紹介でした。
このカリカリしていない胡椒餅、なかなか美味しいです。
胡椒餅好きの人は多いと思いますが、ぜひ三重(サンチョン)の方まで足を伸ばしてみて、この胡椒餅を味わってみてください。


龍門胡椒餅

新北市三重区龍門路30號
営業時間:14:00〜19:30
定休日:日曜日
最寄り駅:三重國小駅
 

夏といえばマンゴーかき氷!とうことで、夏はもう少し先ですが、この季節がやってきました。今回は4月から10月くらいまでのフレッシュマンゴーがたくさんのった、安くて美味しいマンゴーかき氷が食べられる有名店である冰讃に来ました。昨年の開店は4月15日だったので、ほぼ ... 続きを読む
夏といえばマンゴーかき氷!

とうことで、夏はもう少し先ですが、この季節がやってきました。

今回は4月から10月くらいまでのフレッシュマンゴーがたくさんのった、安くて美味しいマンゴーかき氷が食べられる有名店である冰讃に来ました。

昨年の開店は4月15日だったので、ほぼ昨年と同じですね!

過去記事はこちらです。

2014年の記事
冰讃 期間限定のマンゴーかき氷屋の2014年度の営業がはじまりました

2015年の記事
冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がはじまりました

場所はMRTの雙連駅から西側に少し行った雙連街の中、左側にあります。
IMG_1575
本日は営業開始日ということで、開店前から並んでいました。

まだまだ暑い台湾ではありませんが、マンゴーかき氷を目指して入りましょう!!

買い方はこのような感じです。
IMG_1567

こちらメニュー
IMG_1571
IMG_1570
マンゴーかき氷はそれぞれ昨年より20元値上げしてますね。

カウンターで好きなものをオーダーし番号札を頂き、空いている席に座りましょう。

待つこと数分、カウンターの奥ではマンゴーをせっせとカットされていました。
IMG_1573
出来上がったので取りに行きます。

おーーー!!これこれ、これです!!
IMG_1577

待ちに待った黄金色のジュエリー達です。

白いステージで輝いていますねー!

眺めているだけでも満足ですが、欲求は尽きません、早速頂きましょう!

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)120元
IMG_1579
台湾かき氷の代名詞でもある雪花冰。
味付きの氷をフワフワに削ったかき氷で、名前通りの雪の花のような氷です。
IMG_1587
ミルクの味の口当たりが優しい氷で、口の中に入れるとトロトロっと溶けていきます。

こちらマンゴー。
IMG_1582
最愛のマンゴーです。
マンゴーがとても輝いています。

早速一口。
IMG_1586
おおお、甘い!!
まだ時期が時期なので、最熟したマンゴーを100とすれば、まだ70くらいでしょうか。
でもぜんぜんこの甘さで充分ですね。


続いてこちら。

芒果牛奶冰(マングオニョウナイビン)100元
IMG_1580
こちらは先ほどの雪花冰とは違い、普通の氷を削っただけではありますが、練乳がたくさん掛かっており、味もクドくないので、個人的にはこちらが好きです。

このマンゴーの輝き!
IMG_1581
目がクラクラしますね!!

これでもか!というほどマンゴーが大量に入っており身体中がマンゴーになりました。
とても美味しかったです。
大満足です。


ということで、一足先に夏の台湾スイーツの代名詞、マンゴーかき氷をご紹介しました。
旅行者の中には「滞在中毎日冰讃に行きました!」という方がいるように、旅行者に愛されているお店です。
今回訪れたのは4月なので、まだマンゴーの甘さは若干控えめではありましたが、これから台湾の温度が上昇するに連れ、マンゴーの糖度も上がると思うとワクワクします。

今年は何回マンゴーかき氷が食べられるかな!?
再掲載のお店もあると思いますが、今年も色々なマンゴーかき氷のお店をご紹介したいと思います!

ちなみにお店の端にはマンゴーの箱がありました。
IMG_1568
店内もマンゴーの香りで包まれており、とても幸せな気分になれました。
IMG_1569


冰讃

台北市雙連街2號
営業時間:11:00~22:30(マンゴー売り切れ次第終了) 
最寄り駅:雙連駅
 

「希望広場」にやってきました。こちらは、各地の農産物や特産物、有機野菜などを購入できる市場で、土日のみ開いていますが、個人的にこちらに出店している各種屋台料理が好きなので、今回取り上げてみました。食べ台湾のinstagramでも何度かアップしてますが、アノ魚料理と ... 続きを読む
「希望広場」にやってきました。

こちらは、各地の農産物や特産物、有機野菜などを購入できる市場で、土日のみ開いていますが、個人的にこちらに出店している各種屋台料理が好きなので、今回取り上げてみました。

食べ台湾のinstagramでも何度かアップしてますが、アノ魚料理とか大好きなんですよね・・・。

場所ですが、以前は新生南路と八徳路の交差点付近にありましたが、今は林森南路と北平東路の交差点の近くにあります。

希望廣場(シーワングヮンチャン) 
IMG_1273
以前のような簡易的なテントではなく、雨でも濡れることなくお買い物が出来そうです。

さて、こちらの北側にこのような場所があり、座りながら各種屋台料理を堪能することが出来ます。
IMG_1139
昼時はかなり混みますので、相席は必須です。

尚、毎週出店しているお店が若干違うので、ご注意下さい。

では色々と覗いてみましょう。

イカ団子やタロイモの揚げものが売っていました。
IMG_1129

こちら、台湾ソーセージ。
IMG_1128
生のニンニクをカジリながら食べると最高ですよね。

炭火で焼いた魚もあります。
IMG_1127

原住民の料理もありました。
IMG_1266
豚肉のやいたものと、手前は鳩です。

IMG_1125

さて、今回はこちらを頂いてみました。
IMG_1120
ティラピアを一度揚げて、醤油ベースのタレに着けた一品。
これが最高に美味しいんです。
IMG_1121
小骨が少ないので食べやすく、身もしっかりしていて、美味しい!
唐辛子やニンニクが良いアクセントになっており、こちらに来たら必ず食べます。

かぼちゃ米粉
IMG_1119
カボチャが入ったビーフンです。
ビーフンがホントシャキシャキとしていて歯ごたえがあり、またカボチャが甘く、なかなか美味しかったです。

肉圓(バーワン)
IMG_1122
肉圓です。
肉の餡がプルプルの透明な皮に包まれ、甘めのタレと一緒に頂く一品。
たまに、八角のような漢方のような、独特の味がする肉圓があるため、あまり積極的に食べることがありませんが、こちらのはとても美味しかったです。

四神湯(スーシェンタン)
IMG_1123
腸とハトムギ、蓮の実などが入っている漢方スープです。
結構独特の味がし、好き嫌いが分かれる一品だと思いますが、こちらは万人受けしそうな味でした。

イカ団子とタロイモの揚げたもの。
IMG_1124
蓮の間にペースト状のタロイモが挟まれていたため、カリカリという食感も楽しむことが出来ました。

お餅(麻糬)
IMG_1126
ピーナッツの粉にまぶされたお餅です。
この極限まで柔らかい食感がたまりませんね。

かなりお腹いっぱいです・・・。

農産物・特産物も見てみましょう。

通路も広く、各店見やすいです。
IMG_1132
美味しそうなパイナップルもありました。
IMG_1133
その場でカットしてくれます。

糖度最強の釈迦頭もありました。
IMG_1134

台湾バナナ。
IMG_1135
重さで販売してくれるので、バラ売りも可能です。

その場で食べられるコーン。
IMG_1136
有機のコーンって、本当に甘いですよね!!

皮蛋もありました。
IMG_1137
美味しい皮蛋は本当に美味しいので、是非一度お試し下さい。
普通の皮蛋に戻れなくなります。

最近おもいっきりハマっている黒ピーナッツ。
IMG_1269
普通のピーナッツよりも香ばしく、本当に美味しいです。
見かけたら是非お試し下さい。
私の一押しです。

台湾コーヒーもありますね。
IMG_1270
その場で一杯飲めたらいいんですけどねぇ。

こちらは有機のアロエジュースが売っていました。
IMG_1131
久々にアロエを頂きましたが、美味しいですねー!


ということで、希望廣場のご紹介でした。
美味しいものが色々食べられ、特産物をお土産にと、ホント楽しい場所です。
農産物も有機が殆どなので、バナナやパイナップルなど、その場でカットして頂けるのもいいですね。
同じようなお店が並んでおり、種類的には少ないかもしれませんが、是非一度足を運んでみてください。


希望廣場農民市集

台北市林森北路-北平東路交差点
営業時間: 土曜:10:00〜19:00 日曜:10:00〜18:00
土曜日と日曜日のみ開催 
http://www.ehope.org.tw 

今回は寧夏夜市へとやってきました。寧夏夜市は美食夜市としても知られており、中山駅から西訪問に行った南京西路と重慶北路の交差点近くに位置しています。こちらの夜市内には、私のお気に入りの揚げパン・サンドイッチや、臭豆腐の店などいくつかありますが、今回は海外ニ ... 続きを読む
今回は寧夏夜市へとやってきました。

寧夏夜市は美食夜市としても知られており、中山駅から西訪問に行った南京西路と重慶北路の交差点近くに位置しています。

こちらの夜市内には、私のお気に入りの揚げパン・サンドイッチや、臭豆腐の店などいくつかありますが、今回は海外ニュースで奇食としても取り上げられたことがある、豬血糕というものをご紹介したいと思います。

豬血糕(ジューシエガオ)とは名前の通り、豚の血を使った食べ物で、台湾でもポピュラーな一品です。

今回ご紹介するお店は、寧夏夜市の南側、両側に屋台が並んだ場所ではなく、そこよりも若干南側の左手にあります。

豬太郎(ジュータイラン)
IMG_1146
台湾では、豚を豬と書くので、日本語で言えば「ブタタロウ」って感じで、ラーメン屋にありそうな名前ですね。

内湖の方にある、内湖737巷夜市のお店のようです。
IMG_1147
内湖737巷夜市については、いつかレポートしたいと思います。

では取り敢えず1つ頼んでみましょう。

蒸気がムンムンとあがる箱の中から黒光したお持ちのような塊をだし、辛い味噌のようなものを漬け、香菜(パクチー)とピーナッツの粉をまぶしてくれます。
IMG_1149

豬血糕(ジューシエガオ)35元
IMG_1151
一支(イージー)で35元、三支(サンジー)なら100元になります。

取り敢えず一口ガブッといきましょう。
IMG_1152
ピーナッツ粉のほのかな甘さと辛味噌タレ、パクチーの青さがとても調和した味付けです。
ちなみに、豬血糕自体はそこまで味がないため、全体の味自体は先程のタレとピーナッツのみ。
食感はモチモチクニュクニュしており、私は個人的に大好きです。

紙袋に豬血糕の歴史のようなものが書いてありました。
IMG_1154
食における伝統の概念として、鴨肉を食べることが滋養補強とされており、鴨の血も無駄にせず食べていたことで、鴨血糕というものが生まれましたと。しかし鴨の単価が高く、鴨の血が手に入りづらいので、鴨の代わりに豚の血を使い、豬血糕ができた、ようなことが書いてある気がします。
(間違っていたらスミマセン)

ちなみに聞いた話ではありますが、動物なりの血を食することで、自分の悪い血を出すという考え方があるようです。

日本では血を食べるということ自体一般的ではありませんが、台湾では麻辣鍋に入っている鴨血(ヤーシエ)などは普通に食べられているので、ぜひこちらの豬血糕も試してみてはいかがでしょうか。
鴨血もとってもオススメなので、ぜひ両方食べてみてください。


豬太郎


台北市大同区寧夏夜市
最寄り駅:中山駅
 

台湾ローカルフードが美味しいのは当たり前ですが、他の文化が混ざり独自に進化した料理も美味しいのが台湾です。以前ご紹介したフレンチトーストサンドのMr.Lin'sもその一つで、卵を使ったフレンチトーストに豚肉を挟んで食べるサンドイッチは、何とも言えない美味しさがあ ... 続きを読む
台湾ローカルフードが美味しいのは当たり前ですが、他の文化が混ざり独自に進化した料理も美味しいのが台湾です。

以前ご紹介したフレンチトーストサンドのMr.Lin'sもその一つで、卵を使ったフレンチトーストに豚肉を挟んで食べるサンドイッチは、何とも言えない美味しさがあります。

今回ご紹介するのもそんなパンを使ったお店で、鉄板でトーストを焼いたり、お餅をホットサンドにしたものを食べれるお店です。

場所はMRT忠孝復興駅に近い白いSOGO(SOGO復興店)の裏、復興南路から少し右に入った辺りにあります。

扶旺號(Full Want)(フーワンハオ)
IMG_1046
台湾の朝食としてサンドイッチという選択肢が多いように、朝6時から開店していますが、最近かなりの人気のお店なので、いつも人であふれています。

こちらメニュー。
IMG_1036
カウンターにもメニューがあるので、指差しで購入することが可能です。
IMG_1037
尚、いくつかのメニューは限定メニューとして午前10時から15時までしか販売してないものもあります。

カウンターの横には大きな鉄板があり、お肉や目玉焼き、トーストなどを焼いているのが見えます。
IMG_1045
取り敢えず幾つか購入してみました。

オーダーが入ってから作るので、若干時間が掛かります。
IMG_1039
番号が書いたレシートが貰えるので、電光掲示板に番号が表れたらカウンターに取りに行くシステムです。

お店の地下にイートインスペースがあるので、そちらで待ってみました。

待つこと10数分でやってきました。
IMG_1048

辣焼肉蛋捲餅(ラーシャオロウダンジュワンビン)70元
IMG_1051
蛋餅(ダンピン)のように巻いてある、厚めの生地に辛い豚肉が挟まっています。
IMG_1052
手に取ると思った以上にずっしりしていました。
かぶりと行くと、じゅわっと豚肉の肉汁が溢れて来ました。
美味しい!と思った瞬間、辣の名前が付いているようにピリリとした辛さがあと追いでやってきます。
でもこの辛さが心地よく、とっても美味しく頂きました。

去骨鶏腿土司(チューグージトゥイトゥースー)90元
IMG_1053
先ほどの鉄板で焼いていたトーストで挟んだ鶏肉のサンドイッチです。

試しに中身を見てみると、おっとパイナップルが入っていました。
IMG_1054
パイナップルか・・・と思いましたが、取り敢えずこのまま頂きます。

うん、悪くありません。
鶏肉にしっかりと味が付いており、トーストもサクサク&フワフワ。
キャベツもシャキシャキとしており、鶏肉の味とパイナップルの酸味と甘さがいい感じに調和してました。

取り敢えず飲み物と思い、こちらをオーダー。

青蛙奶蓋(チンワーナイガイ)50元
IMG_1050
簡単にいうとミルクティーなのですが、上のクリームがものすごくトロットロ!
写真だとわからないと思いますが、ドロッドロのクリームでこれまた美味しい!
少しづつ溶かしながら飲んでみました。
 
さて前述の通り、限定メニューは時間が決まっているため、別の時間でやってきました。

購入したのは2つのホットサンド。
IMG_1243

先ずはこちら。
焼焼麻糬熱壓土司(シャオシャオマーシューラーヤートゥースー)60元
IMG_1244
パッとみ普通のホットサンド。
中を割るとビヨーンとお餅が!
 IMG_1246
お餅と一緒にピーナッツの粉が入っています。
思ったよりも甘さ控えめで、お餅とトーストの組み合わせって面白いですね。
ふと考えてみると思いっきり炭水化物祭りでした。

搖滾香蕉熱壓土司(ヤングンシャンジャオラートゥースー)60元
IMG_1247
こちらはバナナが入ったホットサンド。
嬉しいことにチョコです!チョコバナナのホットサンドという感じでしょうか。
個人的にこのサクッとしたパンに、ぐにゃっとしたバナナの感触が好きです。
美味しく頂きました。


ということで、サンドイッチやお肉が入った蛋餅系のもの、デザートホットサンドのご紹介でした。
どれも美味しく、なかなか日本ではお目にかかれない組み合わせなので、台湾ローカルフードに若干飽きた方にオススメです。
お店のFacebookを見ると、色々美味しそうなメニューも別途あるので、また是非訪れたいと思います。

IMG_1047
尚、今回訪れた復興店以外に、通化店もあるようです。


扶旺號(Full Want)復興店

台北市大安区復興南路一段133−1號
営業時間:月-木:7:00〜16:00 / 金-日:7:00~19:00
最寄り駅:忠孝復興駅
https://www.facebook.com/fullwant/
 

ここ数年、台湾では毎年フルーツビールの新作が販売されていますが、以前からいちごビールというものがありました。しかし限定品とのことで、購入方法がわからなかったのですが、先日ふとSOGOの地下にあるCitySuperを覗くと普通に販売していたので購入してみました!というこ ... 続きを読む
ここ数年、台湾では毎年フルーツビールの新作が販売されていますが、以前からいちごビールというものがありました。

しかし限定品とのことで、購入方法がわからなかったのですが、先日ふとSOGOの地下にあるCitySuperを覗くと普通に販売していたので購入してみました!

ということで、新発売ではありませんが、レポートしたいと思います。

poster
ちなみにこちらのいちごは、完全無農薬栽培で育てたイチゴだそうです。

草莓啤酒(ツァオメイピージョウ)150元
IMG_1276
販売しているのはこの小瓶のみ。
330mlで150元は結構いい値段ですね。

レトロな雰囲のラベル。
IMG_1277
果汁は9%。

さて成分表です。
IMG_1278
アルコール度数は3.5%。
主要原料にも、完全無農薬いちご果汁の記載があります。

さて開けて飲んでみましょう。
IMG_1279
栓抜きであけるとシュポッと気持ちの良い音がします。
瓶の先から嗅いでみましたが、特に強い香りはしません。

グラスに注ぐと、ほのかないちごの香りがしてきました。
例えると高級ないちごジャムを嗅いでいるようなほんのりと優しい香りです。

シュワっとした泡と一緒に一口飲んでみると、先ず最初にホップのほのかな苦味を感じます。
その後いちごの甘さがその苦さを打ち消し、喉の奥までほのかな甘さが広がります。
後味も甘すぎないいちごの香りで終わり、かなり美味しいです。
美味しくてグビグビいくと、速攻で飲みきってしまいました・・・。
アルコール3.5%とはいえ、ほぼアルコールを感じないので、飲み過ぎ注意ですね。

ちなみに今回は緑色のSOGO(復興館)の地下にあるCitySuperで購入しました。
IMG_1173
今回は135元で購入することができましたが、定価は150元です。

冷蔵の棚にもいちごビールもありました。
IMG_1175
他のクラフトビールもあったので、普通の台湾ビールに飽きたら飲んでみるのも楽しいかもしれませんね。

尚、台北市内で購入できる場所は下記からどうぞ。
http://www.thetaste.com.tw/p4-products_detail3.php?tp=3

購入場所:CitySuper SOGO復興館


完莓主義-自然栽培無農藥工法

http://www.thetaste.com.tw/index.php
Facebook 
 

今回は食べ台湾読者から多くの要望を頂いている、エビ釣りについて取り上げたいと思います。エビ釣りとは、屋内の釣り堀でエビを釣り、その場で釣ったエビを焼いて食べることができるファミリーでも楽しめるアクティビティーです。ちなみにエビは釣り放題、料金は時間制で竿 ... 続きを読む
今回は食べ台湾読者から多くの要望を頂いている、エビ釣りについて取り上げたいと思います。

エビ釣りとは、屋内の釣り堀でエビを釣り、その場で釣ったエビを焼いて食べることができるファミリーでも楽しめるアクティビティーです。
ちなみにエビは釣り放題、料金は時間制で竿や餌は料金に含まれています。

ちなみに私のエビ釣り歴は、台湾に赴任した初めての週末に連れて行って頂いてからなので、現在で6年ほど。
食べ台湾で取り上げようとずっと思っていましたが、良い釣り堀は台北市内からアクセスが悪く、市内にあるものも小規模のため躊躇していたのですが、今回松山空港方面、濱江市場のすぐ近くのエビ釣り場を見つけたのでご紹介に踏み切りました。

位置的には前述の通り濱江市場近く、民族東路を挟んだ対面あたりにあります。

新豪釣蝦(シンハオデャオシャー)
IMG_1143
入口の両側は車関係のお店で、写真の看板から奥に入った場所にエビ釣り場があります。

ちなみにエビ釣りは釣蝦(デャオシャー)と言います。
IMG_0286
ではお店の中に入ってみましょう。

お店の奥にプールのような釣り堀が広がっています。
IMG_0120
入口右側にカウンターがあり、こちらで希望の時間を言い、料金を支払います。
IMG_0263
支払うと、竿とトレイを貸してもらえます。
IMG_0110
取り敢えず竿とトレイを持って、好きな場所を確保。

場所を確保したら、こちらのトレイにカウンター横の冷蔵庫から餌になる小さいエビを取り出しましょう。
IMG_0109
ちなみにレバーも餌としておいてあるのですが、個人的には使用が面倒臭いので、エビオンリーで勝負しています。

では仕掛けを用意しましょう。

竿は先から釣り糸が延び、途中に浮きがあり、先端には針が2つ付いています。
イメージとしては、浮きから垂れ下がる針のうち、上の針が釣り堀の底に当たり、下の針がゆらゆらと揺れる感じです。

取り敢えず浮きから針の長さを調節する必要があるので、まずは水深がどれくらいか竿を手持ち部分から釣り堀に垂直に突き刺してみます。
IMG_0112
竿を垂直に入れることで、大体の水深がわかるかと思います。

ここで、竿についている目印になる輪ゴムがあるので、それに水深を合わせましょう。
(上記写真、青いのは釣ったエビを入れる網のカゴ、スカリです。こちらも事前に用意しましょう)

合わせたら、竿から伸びている浮きをその目標となる輪ゴムに当ててみましょう。
IMG_0115
そうすると、竿の手持ちの底の部分に釣り糸が垂れるので、長すぎれば浮きをずらして短く、短ければ伸ばして調度よい感じに調節します。
写真だとこんな感じになります。
IMG_0266
まぁ正直大体はこの作業をしなくても、貸してもらえる竿の針の位置は丁度良い高さに最初からなっているので、この作業を省いても構いません。

針の位置を合わせたら、勝負開始!

取り敢えず餌のエビを針につけましょう。
IMG_0116
上と下の針、両方につけます。

つけたら、そっと水の中に投げ込みましょう。
IMG_0117
水面にゆらゆらと揺れる浮き、取り敢えず反応があるまで待ちます。
IMG_0255
ゆらゆら・・・・と揺れる浮き、突然浮きがスッと水面に沈みます!
IMG_0258
これぞ水中のエビちゃんが餌に反応した瞬間。

しかし考えてみてください。
魚は餌をみたらパクっ!って行くと思いますが、エビはどうでしょう。
小さい爪のある手でワサワサと口の前に持ってきてから、モグモグと食べるのだと思います。

ということで、水面に沈んだからと言って、一気に竿を引いても早すぎる可能性があるので、ここは少し泳がせます。
個人的な感覚では体内時計で6秒。
6秒心の中で数えたあと、一気に竿を引くと物凄い引きを感じることが出来るでしょう。
うまい具合に釣れると青い綺麗なエビが現れます。
IMG_0259
どーん!と釣れました!!

取り敢えずビールでも飲みながら連れたエビちゃんを眺めます。
IMG_0252
ちなみに、ビールや飲み物はカウンター横の冷蔵庫からセルフで取り出し、カウンターでお支払いです。
IMG_0264

さて、エビの姿を楽しんだら針を外す作業に入るのですが、正直これが大変です。

というのもこちらのエビは手が長く、普通に針を取ろうとすると思いっきりこの青い手の先にある爪で挟んできて、地味にかなり痛いです。(怪我をするほどではありません)

なので、取り敢えずこのようにして上から抑えこみましょう。
IMG_0260
抑えこんだら、両手をたたむようにして、気を付け!を強制的にさせ、身体と一緒に両手を掴みます。
掴んで身動きが取れなくなったら、口に引っかかっている針を取り、青いカゴに入れて取り敢えず一匹という感じです。

この作業を繰り返し、取り敢えず釣れるだけ釣りましょう!!
IMG_0267
ということで、今回は2時間で13匹です。

初めてエビ釣り行った時は2時間で3匹だった記憶があります・・・。
ちなみに母親、mamawanが台湾に来た時に初めてエビ釣りに連れて行った時は、2時間で19匹釣ってました。

尚、こちらのエビ釣り上は時間制で、時間が来ると電光掲示板に支払い時に頂いたレシートに記載されている番号が表示され「お時間ですよ」とお知らせしてくれます。

時間が来たらトレイと竿を先ず返しましょう。
延長の場合は、その場で延長時間を払えばOKです。


ということで竿を返したら、釣ったエビを食べたいと思います!

まずはお店の奥にある流しで軽く水洗い。
IMG_0268
水洗いのあとは串打ちです。
IMG_0269
串の打ち方ですが、以前他のお客さんから教えて頂いた、頭から刺すやり方をしています。
IMG_0272
エビの頭にある一番硬い角の真下で、目の間からまっすぐ刺す感じ。
このように刺すとエビが締まるんだとか。
もちろん、お尻から刺すのもOKですので、お好きにどうぞ。

串に刺したら全体的に塩をふり準備完了!

それでは焼きましょう。

お店の端にコンロがあるので、まずはバナーのコックを開けてライターでこのように火をつけます。
IMG_0273
コンロは上から焼くタイプなので、焼く場所のガスを開けこのようにします。
IMG_0274
そうすると、ふわっと火が点きます。
IMG_0275
今回は別の食事があるので、焼くのは4匹のみ。
残りはお持ち帰りを致しました。
IMG_0276
良い焼色になるよう見守りつつ、時々クルクルと回転させましょう。
IMG_0278
いい色ですねー。
香ばしい匂いがプンプンと広がります。

中までしっかりと火を通し出来上がり!!
IMG_0279
いやー!美味しそう!
プリプリと太っており、焼けた塩の匂いがたまりません。
焼きたてなのでアッツアツです。

身もプリップリです!
IMG_0283
頭の硬い部分をはがすと、味噌も沢山入っています!
IMG_0284
いやー、甲殻類バンザイ!プリン体バンザイ!!

ワサビ醤油を付けて頂くことも可能ですが、個人的には塩のみが大好きです。

最高!!!

ちなみに、こちらでは釣ったエビを食べる以外に、普通にお食事のオーダーも可能で、円卓があるので宴会も出来ます。
IMG_0257
ビール飲みながらはもちろん、炒飯食べながらエビ釣りをすることも可能です。

また、ダーツなどもあったりします。
IMG_0262


ということで、エビ釣りのご紹介でした。
正直釣り方を書いていて、なかなか上手く伝えることができないなぁと思いましたが、簡単に言えば餌を付けて針を入れるだけです。
あとはうまい具合にエビちゃんの口に針を引っ掛けて釣り上げればなんとかなるでしょう。
ぜひ一度は台湾でエビ釣り、挑戦してみてください!

もし「食べ台湾エビ釣り教室」など、需要があれば開催を考えます。(教えられるほど上手くはありませんが)
もしくはエビ釣りオフ会とか?
興味があれば最近開設した@LINE経由(記事最下部に書いてあります)で、コンタクト頂ければ幸いです。


新豪釣蝦

台北市民族東路91號
24時間営業
 

(2016年7月24日から8月31日まで休業中です)個人的に台湾最強、ラーメン二郎を彷彿とさせる麺と言えば、老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺ですが、今回ご紹介するのは、刻みニンニクを入れるとめちゃくちゃ美味しくなり、また食べたくなる、そんな麺をご紹介したいと思います。場所 ... 続きを読む
(2016年7月24日から8月31日まで休業中です)

個人的に台湾最強、ラーメン二郎を彷彿とさせる麺と言えば、老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺ですが、今回ご紹介するのは、刻みニンニクを入れるとめちゃくちゃ美味しくなり、また食べたくなる、そんな麺をご紹介したいと思います。

場所はMRT西門町駅から徒歩5分ほど、衡陽路沿いのかなり狭い路地裏を抜けた所にあり、老牌牛肉拉麺大王と同じくらい分かりにくい場所です。
行き方は記事の最後に書きます。

龍記搶鍋麺(ロンジーチャングオミェン)
IMG_1224
店内は清潔感があります。

メニューはこちら二種類のみ。
IMG_1210
肉絲麺(ロースーミェン)は肉の細切りが入ったもの、芙蓉麺(フーロンミェン)は肉そぼろが入った麺です。
大小のサイズも選ぶことが出来、店員さんに口頭で注文しましょう。

小菜もお店の奥に幾つかあるので、こちらはセルフサービス。
IMG_1207

取り敢えず店員さんオススメの豚足を持ってきました。
IMG_1208
ガッツリと八角が効いている豚足です。
個人的にはかなり美味しかったです。

待つこと数分、やって来ました。

芙蓉麺(フーロンミェン)(小サイズ)90元
IMG_1213
肉そぼろが乗っており、あんかけラーメンのようになっています。
IMG_1214
具は、キャベツやトマトなどの野菜が中心。
かなりヘルシーであっさり感があるようなイメージですが、スープには野菜の旨みがいっぱい溶け出しており、一口スープを飲むと「美味しい!」と思うこと間違いなしです。
IMG_1218
麺はかん水なしの台湾によくある麺ですが、コシが強くとても美味しい。
IMG_1219
あっさり系と思いきや、肉そぼろを混ぜ込むと肉の旨みも広がり、塩気もバッチリで、かなり美味しいです。

さて卓上調味料を見てみましょう。
IMG_1211
右からニンニク、辣油、酢とあります。
しかもニンニクは刻みニンニク!!
「ニンニクいれますか?」なんて自問自答しそうです。

ということで、ニンニクをスプーン一杯を投入。
IMG_1220
ここで一気に麺全体の雰囲気が変わりました。
肉と野菜の旨みが溶け出したスープは、ニンニクのちからを借りて数段レベルアップ。
優しいイメージのスープが、荒々しさを出し、めちゃくちゃ美味しくなりました。
個人的にはもう三杯くらいニンニクを入れたかったのですが、この後予定があるので次の調味料へ。

辣油です。
取り敢えず辣油もスプーン一杯
IMG_1221
今度は辛さという武器を纏い、攻撃的な麺になってきました。
でも野菜の甘味が辣油のせいで、打ち消されてしまうような感じもあります。

では最後の調味料、酢を入れましょう。
IMG_1222
どのくらい入れるかわからないので、取り敢えず2プッシュくらい入れてみました。
するとまた一気に全体の雰囲気が変わりました。
お酢の酸っぱさであっさり感が増しすものの、辣油とニンニクが後追いで来て、複雑な味となります。
しかしお酢は後戻りが出来ない調味料なので、レンゲなどで味を確かめながら入れると良いかもですね。

肉絲麺(ロースーミェン)(小サイズ)90元
IMG_1215
こちらは肉そぼろではなく、細切り肉が入っています。
IMG_1216
肉の味付けはほぼ芙蓉麺(フーロンミェン)の肉そぼろと一緒ですが、そぼろとは違いスープにしみ出さないとので、個人的には芙蓉麺(フーロンミェン)の方がオススメです。

ということで、ニンニクを入れることで格段に美味しくなる麺のご紹介でした。
野菜と肉の旨みが溶け出したスープに、ニンニクの相性は抜群!
ニンニク、スプーン何杯が最高の比率なのか、研究してみたいと思います。
老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺が麺キングであれば、龍記搶鍋麺の芙蓉麺は麺クイーンとも言えるくらい大好きです。

あ、ちなみに食べ台湾読者ならよくご存知かと思いますが、割り箸の袋はこのようにはさみましょう。
IMG_1212

では、龍記搶鍋麺の行き方です。

MRT西門町駅から行く場合は、4番出口を出てまっすぐ衡陽路を東方向に歩きます。

牛肉麺ストリートの桃源街を越えると、右側にこのような場所があります。
IMG_1230
龍記搶鍋麺の看板がありますが、かなり見落としやすいのでご注意。

路地は、ひと1人が通れるくらいの狭さです。
IMG_1228
路地の壁に看板があります。

ちなみにこの路地は84巷という番号です。
IMG_1227
路地の隣は衡陽路86號という番号なので、この数字を頼りに歩くと良いかもしれません。

路地を抜けると、左側に調理場、右側にお店という感じです。
IMG_1225

どうしても路地が見つけられない場合は、博愛路沿いを歩くと、博愛路160巷という路地があるので、そこから入っていくことも可能です。
IMG_1206
狭い路地から行く雰囲気がなかなか楽しいので、ぜひ路地から行くことをおすすめします。


龍記搶鍋麺

台北市衡陽路84巷5號
営業時間:10:30〜14:00 / 16:30〜20:00
定休日:日曜日
最寄り駅:西門駅
https://www.facebook.com/LongJiQiangGuoMian/
 

絶品魯肉飯が食べられる私の大好きなお店「My灶」の店主から美味しい情報を頂きました。「あそこの胡椒餅が本物の胡椒餅だよ。ぜひ一回食べてごらん、最高だから!」と。ということで、やってきました。場所は通化街を少し南に行った通化街171巷沿い、同じ通りに小籠包の有名 ... 続きを読む
絶品魯肉飯が食べられる私の大好きなお店「My灶」の店主から美味しい情報を頂きました。

「あそこの胡椒餅が本物の胡椒餅だよ。ぜひ一回食べてごらん、最高だから!」と。

ということで、やってきました。

場所は通化街を少し南に行った通化街171巷沿い、同じ通りに小籠包の有名店、明月湯包の綺麗な方の店舗があります。
MRTだと六張犁駅からが一番近いでしょうか。

碳烤赤肉胡椒餅(タンカオチーロウフージャオビン)
IMG_0548
ポツンとお店というか屋台が一つ。
この通り、結構車の行き来が激しいのでご注意を。

メニューは2つ。
胡椒餅(フージャオビン)と葱花焼餅(ツォンホワシャオビン)。
IMG_0546
葱花焼餅も食べようと思ったのですが、焼き上がりに30分以上はかかるというので、今回は断念。

胡椒餅はあと5分で出来るよとのことなので、ワクワクしながら出来上がるのを待ってみました。
IMG_0542
胡椒餅といえばこの釜ですよね。
炭と小麦粉が焼けた香ばしい匂いが辺りに広がります。
IMG_0544

赤肉胡椒餅(チーロウフージャオビン)40元
IMG_0549
見た目以上にずっしりとしており、感触はげんこつのようにカチカチです。

中からだすと、表面のゴマが食欲をわかせます。
IMG_0550
胡椒餅はとても攻撃的で、トラウマがあるので、ここはやる気持ちを抑え慎重にいただきましょう。

まずは、狙いを定めて、中の餡に到達しないよう周りのカリカリの生地部分のみを頂きます。
IMG_0551
この生地だけの時点で美味しい!
アツアツのカリカリで、なんでこんなに美味しいのでしょう。
と思いつつ、餡が出てきました。
とその瞬間、写真ではわかりにくいですが、噴火口のように湯気がドバっと上がってきました。
危ない危ない・・・。

ではフーフーしながら餡を頂きます。
IMG_0552
胡椒MAX!
ここまでガツンと胡椒が効いてる胡椒餅は初めてです。
これぞ胡椒餅!なんでしょうね。
しかもネギマニアの私としては、写真の通りネギもたくさん入っており、胡椒辛さとネギの風味がこれまた最高です。

また、恐れていた胡椒餅の肉汁攻撃は殆ど無く、手も汚れることなく頂けました。
IMG_0553
ということで、通化街の胡椒餅のご紹介でした。
気持ち良いほど口の中が胡椒のピリピリ感で満たされる、そんな胡椒餅です。
好き嫌いがはっきりわかれそうですが、胡椒好きなら絶対オススメです。
明月湯包からすぐなので、小籠包からの胡椒餅という食べ歩きコースも良いですね!



碳烤赤肉胡椒餅

台北市大安區通化街171巷4號
営業時間:7:00〜19:00
定休日:日曜日
 

饒河(ラオハー)夜市の名物屋台に胡椒餅がありますが、いつも大行列!参考:[饒河夜市] 福州世祖胡椒餅 饒河夜市名物の胡椒餅夜市で歩きながら頂く胡椒餅は格別ですが、ふとした瞬間に「胡椒餅が食べたい!」と思った時、私はこちらへ買いに来ます。場所は台北駅の南側、 ... 続きを読む
饒河(ラオハー)夜市の名物屋台に胡椒餅がありますが、いつも大行列!

参考:[饒河夜市] 福州世祖胡椒餅 饒河夜市名物の胡椒餅

夜市で歩きながら頂く胡椒餅は格別ですが、ふとした瞬間に「胡椒餅が食べたい!」と思った時、私はこちらへ買いに来ます。

場所は台北駅の南側、重慶南路と開封街一段の交差点にあります。

福州世祖胡椒餅(フージョウスーズーフージャオビン)
IMG_0989
こちら、饒河(ラオハー)夜市の名物屋台と同じ福州世祖胡椒餅の重慶店となります。

焼き上がりのタイミング等が悪いと並んでいることがありますが、土日の昼間に行っても並ぶことなく空いていました。
IMG_0985
しかも焼きたてが出来上がった瞬間。
ナイスタイミングでした。
IMG_0983
メニューは胡椒餅一種類しかないので、個数を告げるだけで購入可能です。
IMG_0984
今回は4つ購入しました。
焼きたてが一番美味しいですが、在住者しか出来ない技として冷凍庫保存も可能です。
食べるときは、電子レンジでチンしたあとにトースターで焼くと、いつでも美味しい胡椒餅を頂くことが出来るのです。
IMG_0986

胡椒餅(フージャオビン)50元
IMG_0990
包み紙の奥から胡椒餅のカリッと感とズッシリした重厚感が伝わってきます。

中から出すと、男性の大きめな握りこぶし大の胡椒餅が現れました。
IMG_0991
表面に見えるゴマの焼けた具合が食欲をそそられます。

肉汁攻撃を食らいたくないので、恐る恐るかぶりついてみました。
IMG_0992
物凄い湯気とともに、中の餡が顔を出します。

胡椒餅の最初の一口、多分周りのカリッカリの生地だけを食べる方も多いと思いますが、これが最高に美味しいんですよね!

顔を出した餡の様子を伺いながら、歯で削ぎ落とすように食べつつ、頂いてみます。
IMG_0993
熱さを我慢しながらの胡椒餅、苦行と快楽の間にいる感じです。
でもこれが最高に美味しい!!!!
重力の関係で、肉汁が食べ進める最後に溜まりつつあるのですが、このジューシーな最後の一口も格別ですね。


ということで、胡椒餅のご紹介でした。
日本人で「胡椒餅嫌い」と言われた方を聞いたことないので、食べたことが無い方は必食の一品ではないでしょうか。
大好きがとまらない、そんな一品です。

IMG_0988


福州世祖胡椒餅(重慶店)

台北市重慶南路一段13號
営業時間:11:30〜22:00
最寄り駅:台北駅
 

ということで、食べ台湾がananデビューを致しました。今回いくつかのご縁をいただき、2月17日発売の「anan(アンアン)2016/2/24号 2000号直前スペシャル第3弾、絶対おいしい! 絶対楽しい! 思い立ったら、弾丸トリップ! 週末、台湾。」に寄稿しております。寄稿内容は「グ ... 続きを読む
ということで、食べ台湾がananデビューを致しました。
IMG_0997

今回いくつかのご縁をいただき、2月17日発売の「anan(アンアン)2016/2/24号 2000号直前スペシャル第3弾、絶対おいしい! 絶対楽しい! 思い立ったら、弾丸トリップ! 週末、台湾。」に寄稿しております。

寄稿内容は「グルメな人のお墨つき! 必食ジャンル別! 世界一おいしい街台北へ。 鍋/小籠包/麺/飯/台湾料理/スイーツ/夜カフェ&バー」のコーナーの一部にて、私が推薦したお店が掲載されています。

とは言え、既に食べ台湾に掲載している内容であり、食べ台湾読者にとっては目新しい情報ではありませんが、他の台湾ツウの方のオススメ店も掲載されているので、ぜひぜひ手にとってご覧下さいね。

今回の「anan(アンアン)2016/2/24号」の詳細内容はこちらからどうぞ。

http://magazineworld.jp/anan/anan-next-1991/


尚、毎度ananの台湾特集本は売り切れ続出するようなので、気になる方は予約購入か早めの購入をオススメします。

amazon anan(アンアン)2016/2/24号[雑誌]


楽天 anan(アンアン)2016/2/24号[雑誌]
anan

皆様、是非読んで下さいね!


マガジンハウス anan(アンアン)
http://magazineworld.jp/anan/


私の場合、大体食べ歩きは週末に行うのですが、先日平日休みを取って雙連駅近くをウロウロしていると、朝から賑わっているお店があったので入っていました。そちらで頂いたのは台湾B級グルメの代名詞である魯肉飯。朝から魯肉飯を食べるのもアリかなと思い食べてみるとこれま ... 続きを読む
私の場合、大体食べ歩きは週末に行うのですが、先日平日休みを取って雙連駅近くをウロウロしていると、朝から賑わっているお店があったので入っていました。

そちらで頂いたのは台湾B級グルメの代名詞である魯肉飯。

朝から魯肉飯を食べるのもアリかなと思い食べてみるとこれまた最高!
これぞ朝魯肉飯。
しかも思わずおかわりしてしまったので、ご紹介したいと思います。

場所は民生東路にある雙連駅の2番出口の真裏、萬全街8巷という通りにあります。

香萬園(シャンマンユエン)
IMG_0140
半屋台のようなお店です。
お店の前には数々の美味しそうなおかずも並んでいますが、ご飯とお味噌汁のように、魯肉飯とスープでいきましょう。

こちらメニューです。
IMG_0138
魯肉飯と普通のスープのセットで40元と激安で頂くことが出来ます。

※魯肉飯が20元から25元に値上げになっています。(2017年2月)

店内にあるカウンターのようなテーブルに座り、口頭で注文です。

魯肉飯(ルーローファン)20元
IMG_0131
硬めに炊かれたご飯に、トロトロの魯肉がかかっています。
味付けは香料の匂いが感じられず、シンプルでとても美味しいです。
一緒に盛られているお漬物のような高菜のようなものもとっても美味です!

金針赤肉焿(ジンジェンチーロウガン)40元
IMG_0135
金針とは花の蕾の部分で、シャキシャキとした食感が美味しく、スープに良く使われています。
Wikipedia情報だと、ワスレグサという花の蕾で、カンゾウの一種だとか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ワスレグサ

ちなみに、こちらのスープ金針以外にお肉の塊も入っており、とろみのあるスープで、結構食べ応えがあります。

ということで、魯肉飯が美味しく、朝食はたくさん食べる方なのでおかわり。

魯肉飯(ルーローファン)20元
IMG_0139
いやー20元って安いですよね。
このトロトロビジュアルがたまりません。
正直お腹に余裕があったので3杯目も行こうかと思ったのですが、40元セット(魯肉飯とスープ)もどんなものかと思ったので、インク団子スープも頼んでみました。

貢丸湯(ゴンワンタン)20元
IMG_0134
プリップリの肉団子です。
こちらも美味しく食べ応えありますが、日本ではなかなかお目にかかれない、金針赤肉焿とのセットのほうが良いかもしれません。


ということで、ついついおかわりをしてしまう魯肉飯のご紹介でした。
1杯20元はお財布に優しくて良いですよね。5杯食べても100元ですからね。
外に並べてあったおかずも美味しそうでしたので、お腹に余裕があれば、魯肉飯とスープとおかずのセットも是非お試し下さい。
IMG_0137

香満園

台北市萬全街8巷口
営業時間:6:00~14:00
定休日:土日祝日
最寄り駅:雙連駅

台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファン ... 続きを読む
台北駅の美味しいものと言えば、台鐵便當が一番最初に思いつくかと思います。

台鐵便當本舖 電車に乗らなくても絶対食べたい台湾鉄道の排骨弁当

100元以下で買える各種お弁当は本当に美味しくて大好きです。

今回はお弁当ではなく、朝限定で販売しているおにぎり、飯糰(ファントヮン)をご紹介したいと思います。

場所は台鐵便當が買える台鐵便當本舖の左隣、西3門近くです。

台鐵夢工場(タイティエメンゴンチャン)
IMG_0122
7時の台北駅は人がまばらですが、ここは人が多く、行列ができていることもあります。

こちらメニュー。
IMG_0624
おにぎりは白いもち米を使った排骨、紫黒米を使った素食(ベジタリアン)の2種ともに35元、豆乳は20元ですが、セットで買うと50元になります。

ちなみに紫黒米については、こちらをどうぞ。 
wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/黒米

ということで、セットで購入してみました。
IMG_0326
排骨飯糰(パイグーファントヮン)
IMG_0327
お米はもち米です。
重量230gと結構重いです。
周りのフィルムを開くと、こんな感じで出てきました。
IMG_0328
その場で店員さんが作っているので製作工程が見えますが、おにぎりというよりは、型枠に入れてギュッと押し込んでいるので押し寿司のような感じです。

フィルムは新幹線をイメージしています。
IMG_0329
実はこちら、以前販売していた時はこんな感じでした。
IMG_9642
海苔をのせる工程に時間が掛かかっており、効率が悪かったので、簡素化したようですね。
さて、お味はというと、排骨の細かいものが入っており、独特の香料がするものの、もち米特有のモチモチ感が味わえ、なかなか美味しいです。
IMG_0330
また中身に堅い豆腐や(豆干)が煮玉子、お漬物(酸菜)が入っており、アクセントの花生粉(ピーナッツ)が香ばしいです。


紫米飯糰(ズーミーファントヮン)
IMG_0625
排骨おにぎりとは違い、三角形です。
(後から気が付きましたが、フィルムに電車の窓のようなものが書いてあるので、こちらも電車をイメージしているようですね)
IMG_0626
周りのフィルムを開くと、綺麗な紫色のお米が出てきました。
IMG_0627
一口食べると、これがまた最高に美味しい!!
紫黒米特有のプチプチした食感が心地よいです。
IMG_0629
中身はエリンギ、素鬆(大豆で出来た細かいもの)、ごぼう、芽生姜など。
エリンギのコリコリした食感、芽生姜とごぼうのカリカリ感、紫黒米の食感といろいろな食感が同時に味わえ、食べていて楽しく、本当に美味しかったです。

こちらは豆漿(ドウジャン)、豆乳です。
IMG_0331
甘さ控えめでなかなか美味しく、おにぎりとはミスマッチかな?と思いましたが、意外に合いました。


ということで、台北駅で販売しているおにぎりのご紹介でした。
排骨も美味しいのですが、なんといっても紫黒米の紫米飯糰(ズーミーファントヮン)が本当に美味しく肉食系の方へもオススメできる一品です。

 
台鐵幸福飯糰( 台鐵夢工場旗艦店)

台北市中正區北平西路3號(台北車站西3門)

販売時間:7:00~10:00(平日限定)
 

鴨って美味しいですよね。私は肉よりも脂身の方が気になる性格なのですが、個人的に鴨の脂は素晴らしいと思います。ということで、今回は絶品の鴨肉の麺を頂けるお店をご紹介したいと思います。しかし、お店に名前はありません。場所は長安東路沿い、松江路と吉林路の間くら ... 続きを読む
鴨って美味しいですよね。

私は肉よりも脂身の方が気になる性格なのですが、個人的に鴨の脂は素晴らしいと思います。

ということで、今回は絶品の鴨肉の麺を頂けるお店をご紹介したいと思います。

しかし、お店に名前はありません。

場所は長安東路沿い、松江路と吉林路の間くらにあります。

無名鴨肉麺(ウーミンヤーロウミェン)
IMG_0151
お店の名前がないので、看板もありません。
「鴨肉麺60」と表示されており、食事時はお客さんで賑わっているのでわかりやすいと思います。
*写真は55になっていますが、値上げをしたたため現在60元に変更し、本記事の値段も変更致しました。

外にもいくつかテーブルが並んでおり、少数で行くと相席になる確率は高いです。
IMG_0143

こちらメニュー。
IMG_0142
口頭で店主に告げ、その場で支払います。

衛生面が気になる方もいらっしゃるかと思いますが、お店横にもこのように机が並んでいます。
IMG_0144

待つこと数分、やってきました。

鴨肉麺(米粉)(ヤーロウミェン・ミーフェン)60元
IMG_0145
鴨肉麺の米粉、つまりビーフンバージョンです。

個人的に鴨肉麺と言えば、麺よりも米粉の方が好きです。
IMG_0148
理由はこの細くて歯ごたえのある麺に、スープが良く絡むんですよね。
しかもこの鴨肉麺のスープは、鴨のダシ、鴨の脂が染み出していて、本当に美味しいんです。
そのシンプルで奥深いスープがこの麺に絡みつき・・・・。
最高に美味しいです。

鴨肉はこのような塊が入っており、燻製のような香りがします。
IMG_0150
部位にもよると思いますが、骨は大体が取られており、とても食べやすいです。
やみつきの味です。

鴨肉麺(ヤーロウミェン)60元
IMG_0146
こちら先ほどの米粉ではない、普通の麺です。
よくある白い麺ではなく、卵麺というのでしょうか。
黄色みがある麺ですが、日本の拉麺のようなコシはあまりありません。
IMG_0149
でもこれもまた美味しいんですよね。
米粉ほどではありませんが、麺にスープが絡み、鴨の風味を麺全体で味合うことができます。


ということで、お店の名前がない、無名鴨肉麺のご紹介でした。
55元でこのクオリティーはさすが台湾ですよね。
地元の人で賑わっているのも、美味しさの証拠ですね。
若干ハードルが高いですが、とっても美味しいので、お薦めです。

IMG_0152


無名鴨肉麺

台北市長安東路二段33之6號
営業時間:不明(昼時と夕食時は営業)
定休日:土日・祝
最寄り駅:松江南京
 

2016年も始まってから少々経ちましたが、食べ台湾2015年の総まとめでも書いておこうと思います。最初に2015年のアクセス数ですが、2015年の1年間で5,286,032 PVのアクセスを頂きました。2011年9月から始めたブログも4年が経ち、1日平均14,000PVまで成長した次第です。では201 ... 続きを読む
2016年も始まってから少々経ちましたが、食べ台湾2015年の総まとめでも書いておこうと思います。

kako-sZV7xO0LHbqVQYA7


最初に2015年のアクセス数ですが、2015年の1年間で5,286,032 PVのアクセスを頂きました。
2011年9月から始めたブログも4年が経ち、1日平均14,000PVまで成長した次第です。

では2015年に最も読まれたTOP10個別記事(ページ単位)を見てみたいと思います。
(集計:2015年1月1日~2015年12月31日、Google analytics):

1位:85,646PV お土産買うならやっぱりスーパー カルフール(家楽福)編

2位:57,701PV お土産買うならやっぱりスーパー 頂好編パート2

3位:37,007PV 世紀豆漿大王 雙連朝市でお腹が空いたら朝食は美味しい豆漿屋へ

4位:35,767PV 龍山寺 台湾最強のパワースポットで縁結び

5位:32,386PV 小北百貨 寧夏夜市を楽しんだらお土産買いに24時間営業の生活雑貨屋へGO!

6位:26,195PV 金峰魯肉飯 中正紀念堂近くにあるいつも混んでる魯肉飯のお店
http://www.tabetaiwan.com//archives/34974357.html

7位:24,339PV お土産買うならやっぱりスーパー 24時間営業の頂好(Wellcome)忠孝店編

8位:23,593PV The Nine オークラプレステージ台北のパイナップルケーキ

9位:23,319PV 冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がはじまりました

10位:22,956PV 黄記魯肉飯 雙城街の綺麗なお店の魯肉飯と鶏肉飯やトロトロ角煮丼

となりました。
個別に振り返りながら見て行きたいと思います。


1位:お土産買うならやっぱりスーパー カルフール(家楽福)編
こちらの記事は2014年に書いた記事ですが、24時間営業で店舗も広いということで、観光客に人気のスーパーです。電気製品から生活雑貨、お菓子などのおみやげなどなんでも揃うのでとても便利ですよね。
私もスーパーに行きたい!という友人が居た場合は、結構頻繁に紹介したり連れて行きます。

2位:お土産買うならやっぱりスーパー 頂好編パート2
http://www.tabetaiwan.com/archives/22001511.html
林森北路にある欣欣百貨の地下にあるスーパー紹介コーナーの2回目記事としに2013年に書いた記事です。現在はJASONSとして運営されていますが、観光客向けコーナーなどもありとても便利な頂好でした。

3位:世紀豆漿大王 雙連朝市でお腹が空いたら朝食は美味しい豆漿屋へ
最近テレビでも頻繁に雙連朝市が紹介されているようで、雙連朝市の日本人率が相当高くなったこともあり、雙連朝市で検索をかけると上位に掲載されてくるようです。とはいえ、こちらの朝食は台湾ローカルの朝食を楽しめるお店でもあり、しかも美味しいのでオススメの1店です。

4位:龍山寺 台湾最強のパワースポットで縁結び
龍山寺といえば台北最古のお寺でも知られ、そしてたくさんの神様がいるので色んなご利益があることで有名です。最近は環境問題を配慮した影響か、香炉の数が減り、お線香も3本だけで回るようになりました。何度行ってもこの龍山寺の雰囲気は心を落ち着かせるので、私も頻繁に行きます。

5位:小北百貨 寧夏夜市を楽しんだらお土産買いに24時間営業の生活雑貨屋へGO!
http://www.tabetaiwan.com/archives/42159727.html
美食夜市でも有名な寧夏夜市の中にある生活雑貨屋さんです。喜ばれそうなお土産から、もらって困るお土産までなんでも揃います。もちろんお土産だけではなく、日常生活でも必要なものも揃うので、私も寧夏夜市に行ったら必ず立ち寄るスポットとなっています。

6位:金峰魯肉飯 中正紀念堂近くにあるいつも混んでる魯肉飯のお店
B級グルメの代名詞でもある魯肉飯。老舗の有名店といえばここです。地元のお客様でいつもいっぱい、お店の雰囲気もローカルなので、台湾を肌と舌で感じながら頂けるし、観光スポットの中正紀念堂も近いので観光とグルメと一気に楽しめるお店です。

7位:お土産買うならやっぱりスーパー 24時間営業の頂好(Wellcome)忠孝店編
頂好(Wellcome)スーパーの24時間営業をしている店舗です。SOGOなどもある忠孝復興駅からほど近く、また地下の店舗ですが面積も広いし、観光客向けお土産コーナーも充実しているので、頂好(Wellcome)好きであれば、一度は立ち寄りたい店舗ですね。

8位:The Nine オークラプレステージ台北のパイナップルケーキ
高級日系ホテルであるオークラプレステージ台北の1階に入っているお店のパイナップルケーキです。果肉たっぷりのパイナップル餡がとても美味しく、また周りの生地がサクサクしており、本当に美味しいです。パッケージもとてもオシャレなので、贈呈用としても人気が高いお土産です。

9位:冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がはじまりました
台湾スイーツの代名詞でもあるマンゴーかき氷。フレッシュマンゴーしか使用しないため、期間限定でOPENすることも有名なお店です。価格は年々物価上昇に伴い上がってきていますが、それでもリーズナブルに頂けます。他のお店では、一年中マンゴーかき氷を食べられることが出来ますが、やはりフレッシュマンゴーに勝るものはありません。マンゴーの季節こそ、台湾に来るべき季節なのかもしれませんね。

10位:黄記魯肉飯 雙城街の綺麗なお店の魯肉飯と鶏肉飯やトロトロ角煮丼
魯肉飯はものによっては八角のようなスパイスが効いており、日本人の口に合わないこともあるかもしれませんがこちらのお店の魯肉飯は日本人の口に比較的合うかもしれません。また鶏肉がのった鶏肉飯も絶品で、何を食べても美味しく、かなりオススメの1店です。


最近はLCCなどが増便され、ますます台湾と日本が近くなってきており、日本でも台湾ブームが継続しているそうですね。
台湾政府も、観光客向けにウェルカムプレゼントを実施したり、台湾往復航空券をプレゼントする“I❤台湾(アイ・ラブ・タイワン)”キャンペーンなどを実施したりと力を入れています。
(ちなみに、食べ台湾読者の方からご連絡頂き、食べ台湾で“I❤台湾(アイ・ラブ・タイワン)”キャンペーンを知り、応募をしたら当選したそうです!おめでとうございます♪)

2016年は桃園空港から台北市内までのMRTが開通したりなどと、空港からのアクセスが容易になるようなので、今年も台湾ブームが引き続き続きそうですね!

遅くなりましたが、どうぞ今年も宜しくお願い致します。

Aiwan


台湾観光局:http://jp.taiwan.net.tw/
台湾観光協会:http://www.go-taiwan.net/

刀削麺って美味しいですよね。大好きです。刀削麺の何が好きかというと、あの不揃いの太さでしょうか。硬くてモチモチしているところもあれば、ワンタンの皮のようにツルツルっとしていたり。一つの麺で色々な食感が楽しめるのが、刀削麺ならではの美味しい部分ですね。とい ... 続きを読む
刀削麺って美味しいですよね。大好きです。

刀削麺の何が好きかというと、あの不揃いの太さでしょうか。

硬くてモチモチしているところもあれば、ワンタンの皮のようにツルツルっとしていたり。
一つの麺で色々な食感が楽しめるのが、刀削麺ならではの美味しい部分ですね。

ということで今回は刀削麺、しかも炒めた刀削麺、炒刀削麺が絶品のお店をご紹介したいと思います。

場所はMRT大安駅から10分ほど、瑞安街にあります。

山西御品刀削麺館(サンシーユーピンダオシャオミェングヮン)
IMG_0364
赤オレンジ色の看板が目印です。 

食事時はいつも満席で賑わっています。
IMG_0350

オーダー表をもらい、席に座りましょう。
IMG_0351
好きなものにチェックを入れ、店員さんに渡しましょう。

こちらセルフサービスの小菜です。
IMG_0352
ご飯が来るまでこちらを食べて待ちましょう。
IMG_0353

半筋半肉刀削麺(バンジンバンロウダオシャオミェン)140元
IMG_0354
お肉半分、筋肉半分の麺です。
IMG_0356
スープは若干八角の効いた牛肉麺らしい味で美味しく、麺はもちろん刀削麺。
モチモチっとした部分とツルツルっとした部分が美味しく、やはり最高です。
お肉もトロトロに煮こまれており、このボリュームでこの価格は嬉しいです。

牛肉炒刀削麺(にヨウロウチャオダオシャオミェン)120元
IMG_0358
ドーン!とこのボリューム。
油で炒めた醤油ベースの美味しい匂いが湯気とともに上がってきます。
IMG_0359
一口食べると、うーん最高!
台湾で頂く炒麺は、結構ベチャベチャっとした感じのが多いのですがこちらのしっかりと炒められており、味も濃い目で日本人好みの味付けです。
刀削麺らしいチュルチュルっとした部分の麺に味が染み渡り、このボリュームでも足りないくらい最後まで美味しく頂きました。

韭黃水餃(ジョウホヮンスェイジャオ)60元
IMG_0360
大きめの水餃子が10個です。
IMG_0361
中の餡は黄韭で、皮がモッチモチ!
白飯が欲しくなりました。
 

ということで、絶品刀削麺のご紹介でした。
今まで炒刀削麺を色々と食べてきましたが、正直私の心をぐっと掴んだ味付けでかなり好みです。
駅からも離れており、若干行きにくいですが、美味しい刀削麺を食べるのであればお勧めのお店です。

山西御品刀削麺館

台北市大安區瑞安街208巷24弄6號
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~20:30

 

初めてグアバを食べた時、想像していた味と全然違ってビックリ&ガッカリした人は私だけではないはずです。私が想像していたグアバは、甘くてねっとりしていて、味はそう、日本でも飲めるあのグアバジュースの味でした。しかし実際は甘くなく、若干青臭い感じで、今でこそ結 ... 続きを読む
初めてグアバを食べた時、想像していた味と全然違ってビックリ&ガッカリした人は私だけではないはずです。
私が想像していたグアバは、甘くてねっとりしていて、味はそう、日本でも飲めるあのグアバジュースの味でした。

しかし実際は甘くなく、若干青臭い感じで、今でこそ結構好きですが、初めて食べた時はがっかりでした。

そんなグアバの概念を変えるグアバを頂けるお店を紹介致します。

場所は松江南京駅からほど近い四平街のアーケード内、ちょうど真ん中くらいにある屋台です。

原郷人甘草芭樂(ユエンシャンレンガンツァオバーラー)
IMG_0234
四平街アーケードのちょうど真ん中辺りにあります。
平日のお昼時だと行列ができているほど人気の屋台です。

芭樂(バーラー)、つまりグアバが陳列されています。
IMG_0233
このグアバは産地直送の新鮮なグアバだそうです。

色合いもとてもみずみずしくて美味しそうです!
IMG_0231
注文は簡単で、一袋2個入りで一份(イーフェン)と口頭で言いましょう。

注文を受けるとおじさんが手際よく、2個グアバを選び、ヘタの部分繰り抜き、2つに切り分けます。
IMG_0346
2つに切ったら中の種の部分をくり抜き、食べやすい大きさに切っていきます。
IMG_0347
切ったら容器の中に入れ、粉をスプーンで少々。
 IMG_0348
容器の中でよーくかき混ぜて終了。
IMG_0349
このようなビニール袋に入れてくれるので、歩きながらいただきましょう。
IMG_0235
切っただけのグアバとは違い、切り口がとてもみずみずしいです。
IMG_0238
そしてこのテカリ!光り輝いています。
IMG_0239
初めて食べた時は、グアバ自体を何か甘い液に漬けてあると思ったほど甘く、そして歯ごたえがコリコリ&プリプリしていてビックリしました。
店主に聞くと、「新鮮なグアバと独自で配合した甘草(カンゾウ)と砂糖を使うと、このような濃厚な甘さがでるんであって、特別なことは何もしてないよ」とのことでした。
ちなみに、甘草(カンゾウ)はマメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥した生薬で、それ自体に独特の甘みがあり、解毒作用があるとか。
味の例えは難しいのですが、この粉がグアバ本来の甘みを数倍に引き立て、何かがグアバに起きているんだと思います・・・。

またグアバはビタミンCの宝庫で、果物の中で第2位だそうです。(1位はアセロラ)
美容と健康にもよいとのことで、私も最近積極的にダイエットに取り入れている一品です。


ということで、美味しいグアバのご紹介でした、
グアバを食べてガッカリした人も、食べたことない人も必食の一品です。
街中でも同じようなグアバを切って売っている屋台を結構見かけますが、個人的にはここのグアバが大好きです。


原郷人甘草芭樂

台北市中山區四平街84號1樓
営業時間:12:00〜20:00
定休日:日曜日
http://www.phone-yes.com.tw/nmarket_shop.php?gaid=1&gasid=66&id=6838
最寄り駅:松江南京駅
 

行天宮駅4番出口の真横に全聯系列(pxmart)の新しいimartが最近出来たのでご紹介したいと思います。ちなみに相当前に南京店をご紹介したことがありますが、そちらよりキレイで新しく、店舗も大きいし、営業時間も朝の7時から夜23時までやっているのでお土産探しには、お勧め ... 続きを読む
行天宮駅4番出口の真横に全聯系列(pxmart)の新しいimartが最近出来たのでご紹介したいと思います。

ちなみに相当前に南京店をご紹介したことがありますが、そちらよりキレイで新しく、店舗も大きいし、営業時間も朝の7時から夜23時までやっているのでお土産探しには、お勧めの店舗となりそうです。

尚、2015年末に台湾のスーパー松青(MATSUSEI)が全聯グループに買収され、店舗の一部は閉店、もしくは全聯系列(pxmartかimart)に変わったそうなのでご注意下さい。

全聯(imart)中山松江店
IMG_0201
行天宮4番出口の真横です。
雨でもほぼ濡れずに店内に入ることが出来そうです。

店内は天井が高く、またとても綺麗です。
IMG_0156

他店舗ではあまりお目にかかれない、お惣菜や肉まんなども置いてありました。
IMG_0157

IMG_0186

IMG_0185

では店内をぐるっと回ってみましょう。

先ずは生鮮品。
IMG_0158
フルーツや野菜などが陳列されています。

牛乳や豆乳など種類も豊富です。
IMG_0199
奥は肉類など。

飲料コーナー
IMG_0159

IMG_0161
冷えているアルコール類もたくさんあります。
IMG_0160

続いてお菓子コーナー
IMG_0171
チョコを中心とした棚です。

スナック類やネギクラッカーもたくさん

IMG_0178

IMG_0165
お菓子の位置づけの海苔もあります。
IMG_0177

インスタントラーメンコーナー
IMG_0175

缶詰や調味料のコーナー
IMG_0181

IMG_0182
醤油もたくさんの種類がありますね。

こちらは生活雑貨コーナー
IMG_0184


IMG_0183

IMG_0170

台湾産品コーナー
IMG_0164

IMG_0172

IMG_0173
Made In Taiwanのお土産がたくさん並んでいます。


ではおすすめ品を幾つかピックアップしてみたいと思います。

尚、スーパーと言えば何度もご紹介している頂好(WellCome)家楽福(カルフール)などもあるので、ぜひご参考下さい。

台湾と言えばのピーナッツ、の缶詰。
IMG_0174
豆花などと一緒に食べるトロトロのピーナッツです。
無添加なのでそこまで甘くはありませんが、豆腐にこれをかけたら花生豆花の出来上がり!に理論上はなるとは思います。

紅豆水(ホンドウシュエイ)
IMG_0176
小豆の煮汁を飲むと綺麗で健康に痩せられる!というのが一時期台湾でも流行りました。
私もちょっと試して見ましたが、痩せる小豆の水を飲んでいるから大丈夫!→いつもより余計たくさん食べる→体重が減らない、というスパイラルです。
ダイエットってそんなもんですよね。

杏仁や黒ゴマの飲み物。
IMG_0179
熱湯を注ぎ、穀物系の自然な甘さを感じながら頂きます。
スープなのかデザートなのかわからない位置づけです。

各種インスタント調味料
IMG_0180
気軽に辛い鶏料理の宮保鶏丁などを作れる調味料です。
日本で言うCookなんとか的なものですね。
とはいえ、日本でもお馴染みの李錦記製で、香港のスーパーでもよく見かけることが出来ます。

タケノコクラッカー
IMG_0187
ビールのおつまみに最適ですね。
こちらメーカー違いますが、以前のレポートです。
冬筍餅 安くてサクサク美味い!タケノコクラッカー
たまにハズレもありますが、こちらのは美味しいです。

Buenoチョコレート
IMG_0188
Kinder社のチョコレートで、多分日本では未発売。
中にヘーゼルナッツが入っていて、とっても甘くて美味しいです。
ホワイトチョコバージョンもありますが、私はこちらのスタンダードが好きです。

のど飴各種
IMG_0189
缶入りや箱入りなど種類が幾つかあります。
漢方系の味や、物凄く甘いものなど、色々種類があるので、ぜひ色々試して下さい。

麻辣鍋の素
IMG_0192
辛い火鍋、麻辣鍋の素です。
安くてパウチ式で軽いので、辛いもの好きの人へのお土産に最適ですね。
私はまだ食べてませんが、食べ台湾読者の方からinstagram経由での情報だと、とっても美味しいそうです。

元気豚の缶詰
IMG_0193
以前ご紹介した魯肉飯の缶詰とは若干違う、辛い豚肉そぼろです。
ご飯の上に掛けて食べたり、豆腐と一緒に炒めれば麻婆豆腐にもなりそうです。
魯肉飯と同様、常温での缶詰なので、日本への持ち帰りは可能だと思われます。
参考:【情報】台湾から魯肉飯の缶詰を日本に持ち込んで良いか実際に試してみました

辣油
IMG_0194
中に唐辛子など色々入っている食べる辣油っぽい辣油です。
そこまで辛く、味わいが奥深いので結構オススメです。
ちなみのその左側にある朝天辣油は、ほんの少しだけで激辛になるアカンやつです。

茶葉蛋、滷味の素
IMG_0195
茶葉蛋と言えば、コンビニの匂いのもとですが、八角が嫌いな人でも、一度食べると結構病み付きになる一品です。
そんな茶葉蛋を日本に帰って作る方も多いようで、自分へのお土産として買われている品です。

顔パックたくさん
IMG_0196
台湾製の顔パックです。
日本よりも安いものもあり、結構モノが良いとか。
IMG_0197
男性が女性へのお土産に悩んだら、取り敢えず顔パックを買っておけば良さそうな気がします。
分かりませんけど・・・。


と、いうことで、物色してみました。
おみやげ品の注意として何度も書いていますが、台湾から何でも日本へ持ち込み出来るとは限りませんので、自己責任でお願い致します。
不安な方は下記から調べるか問い合わせるようお願いいたします。

税関:http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm 
動物検疫: http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html
植物検疫: http://www.maff.go.jp/pps/j/introduction/import/index.html


全聯(imart)中山松江店

台北市中山區松江路318號1樓
営業時間:7:00〜23:00
最寄り駅:行天宮駅
http://www.pxmart.com.tw/px/index.px


食べ台湾読者の皆様、いつも食べ台湾をご覧頂き誠にありがとうございます。今年も今年であっという間に1年が過ぎて行きましたが、食べ台湾を書き始めたのが2011年、この4年間もあっという間に過ぎていった気がします。もともと食べ台湾は、「食べ台湾について」のページにも ... 続きを読む
食べ台湾読者の皆様、いつも食べ台湾をご覧頂き誠にありがとうございます。

今年も今年であっという間に1年が過ぎて行きましたが、食べ台湾を書き始めたのが2011年、この4年間もあっという間に過ぎていった気がします。

もともと食べ台湾は、「食べ台湾について」のページにも記載してあるとおり、もともと食べることが好きな私の趣味と苦い経験を元に、生の情報を発信できれば、という思いで書き始めました。

2011年9月から書き始め、お陰さまでたくさんの方に読んで頂き、「旅行中に色々読ませて頂き、役に立ちました!」とか「ブログを読んでいたら無性に行きたくなり、航空券を買いました!」とか、嬉しいお知らせもたくさん頂くことができました。

これからも台湾旅行に少しでもお役立てれば!と思っております。


ということで、新しい試みで食べ台湾LINEを始めてみました。
tabetaiwan_favicon
IDは @aiwan です。

どう運用していくかはわかりませんが、新しい情報の発信などをしてみたい思います。

また読者の方から何かあれば、是非気軽にお声掛けや質問などして頂ければと思います。
(全部ご返答できるかわかりませんが・・・)

LINEを通じて食事会なども開催できたらなーなどとも。

またLINEで更新通知も受け取ることが可能です。
こちらもぜひ活用くださいね!



ということで、新しい2016年もいっぱい食べ歩きたいと思います!

今年1年ありがとうございました!

良いお年をお迎え下さい!


なんとなく、Aiwan似顔絵ボツ案(笑)

kao6 - コピー  kao4 - コピー

2015年
Aiwan