食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


台湾は美味しいB級グルメがたくさんありますが、日本人好みの一品と言えば「麺線」でしょうか。日本でも専門店が出来ているくらい日本人からも支持されており、私も大好き。もちろん台湾人も好きな一品で、屋台でも大人気です。今回は学生街でもある公館駅からほど近く、麺線 ... 続きを読む
台湾は美味しいB級グルメがたくさんありますが、日本人好みの一品と言えば「麺線」でしょうか。
日本でも専門店が出来ているくらい日本人からも支持されており、私も大好き。
もちろん台湾人も好きな一品で、屋台でも大人気です。

今回は学生街でもある公館駅からほど近く、麺線だけを売るお店にやってきました。

場所は公館駅の裏辺り、汀州路沿いにあります。

 兄弟蚵仔麺線(ションディーアーズーミェンシェン)
1
白い看板に赤い文字。台湾でよく見るパターンの看板です。

メニューはとても潔く「麺線」しかなく、自身のほどが伺われます。
2
 小碗か大碗のどちらかを選ぶだけなので注文するのも簡単です。

店頭にいる店員さんに口頭で伝えるシステムです。 
店内はこんな感じ。
4
5

好きな席に座って待ちましょう。

待つこと数分、やってきました。 

麺線小椀(ミェンシェンシャオワン)45元
6
トロットロのスープ、たまりません。
ここのお店は麺がどっさり入っており、小でも結構ボリューミーです。

中をほじくると豚の大腸や牡蠣が出てきました。
7
 スープは麺線特有のカツオ風味を感じますが、その中に牡蠣のダシも効いており、良い調和です。
そしてどことなく懐かしい気分にさせるピリ辛味もあり、これもまた食欲を煽ります。
上には香菜(シャンツァイ)、やっぱり麺線にはこれですね。
具の大腸は臭みもほとんどなくコリコリ。牡蠣も小さいサイズなのに、ギュッと味が詰まっていてこれまた最高です。 

こちらテーブル調味料。
8
烏酢と呼ばれるウスターソースを感じる酢と辣油を加えてみます。
9
 味がひきしまりピリリとしてこれまた美味しさアップ。
烏酢の酸味が麺線のダシの味を引き立て、辣油が舌を刺激してあと引く味にさせます。
食べ終わったら、店員さんに大椀(ダーワン)か小椀(シャオワン)か、どちらを食べたか自己申告してお支払いです。


ということで、麺線専門店のご紹介でした。 
麺線と言えば臭豆腐がセットで売られているお店も多いですが、こちらは麺線のみ、お店でゆっくり座って食べれるのもありがたいです。
麺線って麺料理なのか、主食なのか、おやつなのか時々考えてわからなくなりますが、小腹が空いたときに食べるのが一番ですね。


兄弟蚵仔麺線
 
営業時間:10:00~8:30
定休日:月曜日
電話:02-2367-1335
最寄り駅:公館
 

(閉店致しました)刀削麺と言えば、不揃いな麺が特徴的でモチモチやプルプルの部分が美味しいのですが、今回はその刀削麺のお店だけれども、餃子や小籠包、数々のその他料理が楽しめるお店をご紹介したいと思います。場所は忠孝復興駅と忠孝敦化駅の間辺り。敦化北路の横道 ... 続きを読む
(閉店致しました)
刀削麺と言えば、不揃いな麺が特徴的でモチモチやプルプルの部分が美味しいのですが、今回はその刀削麺のお店だけれども、餃子や小籠包、数々のその他料理が楽しめるお店をご紹介したいと思います。

場所は忠孝復興駅と忠孝敦化駅の間辺り。敦化北路の横道を少し入った場所で、以前ご紹介した参和院の丁度裏手辺りです。

参和院 オシャレ系な台湾居酒屋で美味しい台湾料理とハリネズミ点心を頂く

山西刀削麺之家(シャンシーダオシャオミェンジージャー)
 DSC01082
赤い看板が目印です。
店の入口は小さめですが、なかはかなり広いです。
DSC01062

オーダーシートを頂き、席に座ります。オーダーシートにはかなりのメニューが記載されており、目移りしてしまいます・・・。
DSC01059

そんな時は壁には一面に並んでいる各種料理の写真を参照しても良いですね。
DSC01067
店員さんの態度が若干無愛想なところはありますが、そこはご愛嬌。

オーダーシートをカウンターのおばさんに手渡し、料理を待ちましょう!

木須炒刀削麺(ムースーチャオダオジャオミェン)120元
DSC01068
写真では若干見づらいですが、キクラゲと豚肉、卵を一緒に炒めた刀削麺の炒麺です。
刀削麺の麺がかなり極太で、歯ごたえバッチリ!
醤油ベースの味付けで、極太刀削麺にもしっかり味が染みてました。

蕃茄半筋半肉麺(ファンチエバンジンバンロウミェン)180元
DSC01071
トマト刀削麺です。中身の具は半分お肉、半分すじ肉です。
刀削麺は、やはり歯ごたえバッチリ。コシのある刀削麺が好きな方は大満足でしょう。
DSC01073
スープは若干八角が効いた、牛肉麺のスタンダードな感じです。
具のお肉は柔らかく、そしてすじ肉はプルップルのコラーゲン祭りでした。

小籠湯包(シャオロンタンバオ)100元
DSC01074
小籠包です。若干皮が厚めですが、刀削麺と同じく食べ応えがある感じです。
中のスープは、洗練さはありませんが、肉汁たっぷり!
DSC01075
別途頼んだ白飯(10元)に乗せて、小籠包オンTHEライスをしてみました!
DSC01076
餃子ライスは当たり前ですが、小籠包ライスはなかなか機会がなかったので、ちょっと感動。
小籠包にお好きな調味料を掛け白飯で頂くと、何となく水餃子ライスな感覚・・・!?

鮮肉鍋貼(シェンロウグオティエ)100元
DSC01077
細長い餃子が10個です。
そしてこの焼き餃子、めちゃくちゃ美味しかったです。
正直、小籠包オンTHEライスが若干物足りなかったのですが、この餃子を食べて改めて「餃子には白飯が必須」ということを思い知らされました。
DSC01078
噛むと周りの皮がカリカリっと歯に当たった後、中の餡からジュワッと肉汁が滴り、口の中を幸せでいっぱいにしてくれる・・・。

はい、オンTHEライス。
DSC01080
とっても幸せです。


ということで、刀削麺のお店だけど、色々なメニューがあるお店のご紹介でした。
餃子と白飯で110元!これだけを食べに来ても良いかもしれません。
今回は一品物のメニューは頼みませんでしたが、写真の通り色々あるので、お腹に余裕があるなら、餃子ライスにおかず一品、という食べ方もありかもしれませんね。
白飯も餃子も一般的には「主食」の為、日本で言う「焼きそば定食」みたいな感じではありますが、絶対餃子には白飯ですよね。でも小籠包には白飯じゃないと今回わかりました。

(閉店致しました)
山西刀削麺之家


台北市敦化南路一段190巷21號
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~21:00
最寄り駅:忠孝復興 or 忠孝敦化

暑い夏に食べるスイーツと言えば、かき氷!!ということで、今回はかき氷を食べに来ました。かき氷と言っても色々ありますが、今回はコーンかき氷です。場所は、以前ご紹介した「萬國酸菜麺」へ入る路地のほぼ隣、西門町駅近くの漢口街沿い、漢中街と西寧南路のちょうど中間 ... 続きを読む
暑い夏に食べるスイーツと言えば、かき氷!!

ということで、今回はかき氷を食べに来ました。

かき氷と言っても色々ありますが、今回はコーンかき氷です。

場所は、以前ご紹介した「萬國酸菜麺」へ入る路地のほぼ隣、西門町駅近くの漢口街沿い、漢中街と西寧南路のちょうど中間辺りに位置しています。

楊記花生玉米冰(ヤンジーファーシェンユーミービン)
DSC00642
オープンなスペースに机が並んでいます。
DSC00641
こちらメニュー。
DSC00636
左側が人気メニューですね。
マンゴーかき氷やパイナップルかき氷もあるようですが、やはりここはお店の名前にもなっているメニューにしましょう!

カウンターで好きなモノを頼み、お支払い。かき氷を受取って着席します。

花生玉米冰(ファーシェンユーミービン)85元
DSC00637
うーん!コーン!

半分はピーナッツ!
DSC00638
コーンとピーナッツのハーフ&ハーフ!
 DSC00639
見た目のインパクトはなかなかです。

コーンは甘いですよねぇ。甘いからかき氷の具としてみる。その安易な発想はどうなんだろう!?
もしかしたら、デザートコーン的な、とっても甘いコーンなのかも!?
と思いながら一口。
DSC00640
これ、普通にコーンですね。
コーン缶のコーンを、少しやわらかくしたコーンです。
グニャッグニャッとした食感も、まさしくコーン。
甘みも特に突き抜けているわけではなく、甘くて美味しいコーンです。
ピーナッツも結構あまさ控えめなので、ピーナッツとコーンを一緒に口に入れるとコーンが勝ちます。
デザートとしてのかき氷を食べているのですが、なんとなくおやつにコーンを食べている感覚に陥ります。これは、食べた人しかわからない感覚ですね・・・。


ということで、コーンかき氷のご紹介でした。
老舗の50年以上続くかき氷屋さんで頂くコーンかき氷、添加物などは一切使用していないそうで、素材の甘味を活かしたかき氷は素朴な味わいでした。
アリかナシかと言ったら、個人的には全然アリです。
コーンかき氷、食べた人にしかわからないこの感覚、ぜひ経験してみてください。


楊記花生玉米冰
営業時間:11:00~22:00
最寄り駅:西門町
 

先日台湾から出国する際、台湾桃園国際空港を利用致しました。こちらの桃園空港の第1ターミナルに、プライオリティパスで入れるラウンジ「プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)」があります。ちなみにプライオリティパスは、楽天プレミアムカードを取得し頂いた ... 続きを読む
先日台湾から出国する際、台湾桃園国際空港を利用致しました。

こちらの桃園空港の第1ターミナルに、プライオリティパスで入れるラウンジ「プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)」があります。

ちなみにプライオリティパスは、楽天プレミアムカードを取得し頂いたラウンジカードです。 
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

そのプライオリティパスを使用し、実際に先日ラウンジを利用したのでご紹介したいと思います。

プラザプレミアムラウンジ(Plaza Premium Lounge)
IMG_2792
場所はターミナルに向かう途中にある階段で上にあがるとすぐの場所にあります。
貴賓室、VIP Loungeがそれです。
IMG_2794
第1ターミナルにはA側B側とそれぞれにあります。
IMG_2793

受付でプライオリティーカードを見せて入りましょう。
中はメチャクチャ豪華です。
IMG_2790
そしてとっても広々。
IMG_2780
IMG_2779

パソコンなどが出来る、パテーションで区切った半個室のようなのもありました。
IMG_2789
取り敢えず席を確保して、無料で頂けるお食事と飲み物を取りに行きましょう。

お食事というよりは軽食が頂けるサービスですので、メニューは正直多くはありませんが、ビュッフェ形式のものやデザートなどがありました。
IMG_2775
IMG_2782
こちらオーダー式のもの。
IMG_2774
飲み物も各種ありました。
IMG_2777
IMG_2776
ちなみに正面は生ビールサーバーです。
飲むつもりなかったのですが、味見程度に頂きました。
IMG_2786

こちらお料理として頂いたもので、魯肉飯です。
IMG_2781
20元で食べる屋台の魯肉飯とは少々違い、お肉の塊などが入っていました。
味としては、海外で食べる魯肉飯って感じです。

こちらはLaksa。
IMG_2783
マレーシアやシンガポールで食べられる香辛料とココナッツミルクが効いた麺です。
大好きな麺料理なので、とっても美味しく頂きました。
ちなみに横は野菜不足な気がして頂いたシーザーサラダです。

取り敢えず小腹を満たして、ソファでゆっくりします。
IMG_2785
金曜の午後でしたが、全然お客さんはいませんでした。

と、携帯を見ると電池が減っているので充電しようとしたら、嬉しいUSB充電器付き。
IMG_2784
コンセントにそのまま挿せるので、良いですね!


ということで、桃園空港のラウンジのご紹介でした。

プライオリティーカードさえあれば、無料で使えるこのラウンジ、この日は格安航空券のLCCでの移動でしたが、とってもリッチな気分に浸れ、食事も飲み物もそこそこ充実しており、とっても素晴らしかったです。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

IMG_2787

プライオリティパス


公式サイト台湾のラウンジ一覧


*桃園空港第2ターミナルにもプラザプレミアムラウンジがあり、利用可能です。
*松山空港の場合は 「TRANSASIA VIP LOUNGE」が利用できます。

 

突然ですが私は路地が大好きです。アジアの路地と聞くとちょっと危険な香りがしますが、台湾の路地は魅惑がいっぱい。そして今回も路地の奥にあるお店のご紹介です。場所は西門町駅近く、漢口街沿いの漢中街と西寧南路のちょうど中間辺りです。萬國酸菜麺(マングォスヮンツ ... 続きを読む
突然ですが私は路地が大好きです。

アジアの路地と聞くとちょっと危険な香りがしますが、台湾の路地は魅惑がいっぱい。
そして今回も路地の奥にあるお店のご紹介です。

場所は西門町駅近く、漢口街沿いの漢中街と西寧南路のちょうど中間辺りです。

萬國酸菜麺(マングォスヮンツァイミェン)
DSC00635
道路からだと看板が見えるのですが、歩道からはうっかりしていると見逃します。

とはいえ歩道にはこの看板があるので、これを頼りに探して下さい。
DSC00616
この看板の通り、矢印の方向を向くとこんな景色が見えます。
DSC00634
いや、絶対夜だったら無理無理という雰囲気ですが、このお店は13時まで。
なので、夜は開いてないのでご安心を。

そして路地の奥には意外と広いお店が広がっています。
DSC00618
先ずは入り口付近にあるこのメニュー表で口頭注文をしましょう。
 DSC00617
大中小があるのが良いですね。

ここはシンプルに乾麺でいきます。但しオーダーは追加で卵を注文致します。

オーダーが終わると席に座って、出来上がるのを待ちましょう。

酸菜乾麺+蛋(スヮンツァイミェン、ジャーダン)小 50元+10元
DSC00626
乾いた麺、つまりスープ無し麺です。目玉焼きを追加致しました。
麺はシンプルなストレート麺。コシがかなりあって美味しいです。
DSC00627
酸菜は乾いた感じのもので、青っぽい香りがします。なかなかシンプルで美味しいです。
なんとなく麺を堪能したら、ここからが真骨頂、マゼマゼしましょう。
DSC00628
もう目玉焼きの原型がなくなるくらい、思いっきりグチャグチャに混ぜましょう。
DSC00630
このまま食べても良し。しかしやはりここは調味料コーナーへ。
右がニンニクのツボ。真ん中が豆板醤です。
DSC00621
それぞれを麺の上にドンッ!
DSC00631
そして軽く混ぜたらおもむろに麺をすすりましょう。
DSC00632
なんということでしょう。あのシンプルな麺が一気に複雑になりました。
卵の甘みと酸菜の青い香り、そしてニンニクと豆板醤が麺に絡み合うぅ!
ふと、ニンニクの風味があのラーメンを彷彿とさせました。
特に麺のコシぃ!そして舌に絡み合うニンニクぅ!そう、二郎です。
久しく食べてないので幻味が口の中で現れたのかもしれません・・・。
しかしこの飛躍的な進化は素晴らしい!この酸菜乾麺、最高です。

酸菜蛋餛飩湯麺(スワァンツァイダンフンドゥンタンミェン)80元
DSC00623
酸菜が入ったスープ麺にワンタンと卵が入ったものになります。

麺は先ほどと同じ平べったいストレート麺。
DSC00624
至ってシンプル!けれどこれもなかなか美味しい!
ワンタンも小ぶりでしたが、旨みが凝縮してました。
DSC00629
しかしやはり先程の乾麺のインパクトが強すぎました。

こちらは小菜コーナー。
DSC00622
帰り際にふと他のお客さんと見ると、モツっぽい小皿(上段のオレンジ皿)に、ニンニクと豆板醤をかけ、それを混ぜつつ、麺に入れている姿を発見。
「ふむ。なるほど、そういう食べ方もあるんだな」と思った次第です。次回はそれを試してみたいと思います。


ということで、路地裏に広がるミステリーで頂く、素晴らしい乾麺のご紹介でした。
ラーメン二郎を彷彿とさせる麺と言えば、老牌牛肉拉麺大王ですが、これもまたそれを彷彿とさせる一品ではないでしょうか!?是非ニンニクマシマシで試してみてください!


萬國酸菜麺
 
営業時間:6:00~13:00
 

夜市にはたくさんの美味しいものがありますが、寧夏夜市の台湾おにぎりも絶品の一つです。場所は屋台が連なるメインの通りではなく、北側の民生西路まで出て、右に少し行った場所にあります。阿婆飯糰(アーポーファントヮン)いつも行列が出来ているので直ぐわかると思いま ... 続きを読む
夜市にはたくさんの美味しいものがありますが、寧夏夜市の台湾おにぎりも絶品の一つです。

場所は屋台が連なるメインの通りではなく、北側の民生西路まで出て、右に少し行った場所にあります。

阿婆飯糰(アーポーファントヮン)
DSC00335
いつも行列が出来ているので直ぐわかると思います。

飯糰とはおにぎりのことで、シンプルに一つ。
飲み物は3種類から選ぶことができます。
DSC00334
取り敢えず列の最後尾に並びましょう。

列は中々進みません。
おばあさんが1人で作っていましたが、途中から二人体制になり、一気に列が進みました。
DSC00332
素敵な手さばきでおにぎりを握っていきます。
途中、「要不要辣?(ヤオブヤオラー)?」と聞かれました。
辛くする?しない?の意味です。

【食べ台湾とっさの一言講座】
屋台などのお店でよく耳にするこの問いかけ、食べ台湾のコア読者であれば、なんどか書きましたがおさらいしましょう。
要(ヤオ)は英語で言うwant、 不がつくとdon't want になります。
辣(ラー)はspicy という意味なので、辛いのがwant なのか don't wantなのかどっち?という意味になります。
なのでここで、要辣(ヤオラー)と答えると、「辛いのを要する」となって辛くなり、不要辣(ブヤオラー)だと「辛いは不要」となり唐辛子などが一切入らなくなります。
ちなみに、辛いのも五段活用があり、不辣(ブラー)、微辣(ウェイラー)、小辣(シャオラー)、中辣(ジョンラー)、大辣(ダーラー)と決めれる場合がありますが、私は基本、微辣(ウェイラー)を活用することが多いです。
辛すぎても嫌だし、辛くないと本当の味じゃなさそうだし、「ちょっとだけスパイシーなやつ」がいいですね。

ということで、ここでも微辛(ウェイラー)と答えてみました。
DSC00333
品物を受取、お支払いをしたので、少し離れた場所で頂きましょう!!!

飯糰(ファントヮン)40元
DSC00338
おっと早速唐辛子がこんにちは!ってしてますね。あ、夜だからこんばんは!

台湾おにぎりの特徴は、やはりお米でしょうか。
もち米を使っているのが特徴で、また三角ではなく大きな俵型です。
DSC00343
もう我慢できないのでガブリといきましょう。

もち米に歯ごたえがあって美味しい!そして、中身も最高!
DSC00344
先ずは蘿蔔乾と呼ばれる、干し大根の細かいやつの食感がコリコリしています。これが若干辛く、とっても美味しい!!
あとは、真ん中にみえる細長い揚げパンのような油條(ヨウテャオ)です。
DSC00345
この油條、食感がとっても良く、カリカリというわけでもなく、フワフワというわけでもなく、絶妙でした。
お米がモチモチで中の大根がコリコリ、油條が良い食感で油で揚げてあるため、ガブッといくとジュワっという感じです。
正直何味かを問われると、表現しにくいです・・・。でも並ぶ価値は確実にある台湾おにぎりかと思います。

お口直しに、豆漿紅茶(ドウチャンホンチャ)20元
DSC00336
ミルクの代わりに豆乳を使った甘い紅茶です。
これもなかなか美味しいのですが、豆乳は結構お腹にズッシリと来るので、食べ歩きをするのであれば控えたほうが良いかもしれません。


ということで、寧夏夜市で行列が絶えない、絶品台湾おにぎりのご紹介でした。
台湾おにぎりというと、朝に食べるようなイメージですが、夜市で食べるのも良いですね!結構ボリューミーですが、袋に入っているので、少し食べたらまた袋の上から握りなおして少し経ってから頂けるのも良いですね。


阿婆飯糰

台北市大同區民生西路198號付近
営業時間:17:30くらい~売切れまで

美食なものがたくさんある寧夏夜市にやってきました。以前、鴨のお店「發發東山鴨頭」をご紹介した際、「隣の美味しそうな串焼きのお店の注文方法がわからないので、是非記事にして欲しい!」という食べ台湾読者からの要望を頂いたので、今回はそちらをご紹介したいと思いま ... 続きを読む
美食なものがたくさんある寧夏夜市にやってきました。

以前、鴨のお店「發發東山鴨頭」をご紹介した際、「隣の美味しそうな串焼きのお店の注文方法がわからないので、是非記事にして欲しい!」という食べ台湾読者からの要望を頂いたので、今回はそちらをご紹介したいと思います。

屋台の場所は、屋台が並んでいる通りの南側、南京西路側の端から数軒目にあります。

微笑碳烤(ウェイシャオタンカオ)
DSC00313
10元!と書いてありますが、全部が全部10元ではないのでご注意を。

取り敢えず様々な食材が串に刺さってますね。
DSC00308
DSC00309
野菜からお肉から、色々刺さってます。
DSC00311
一応値段も書いてありますが、色々買ってもそれほど高くはなりませんので、ご安心を。
DSC00310
買い方は簡単です。
赤いおけのようなものに、好きな食材を入れて、お店の人に渡すだけ。
DSC00312
お店の人に渡すとすぐにお会計です。お金を支払うと、引換券がもらえます。
DSC00314
番号は中国語で呼ばれる為、お店の人に顔を覚えててもらうか、自分の桶の行方を見守りましょう。
正面は人通りが多く待ちにくいので、後ろに回ってきました。
DSC00319
自分のものが焼かれているのをじっと見守ります。
DSC00316
今回わかったことは、焼いているだけかと思ったら、一度揚げてるんですね!
写真の左側で一度素揚げしてから、隣で炎をあげながらタレをかけつつ焼いてます。
DSC00318
待つこと10分程、私の分が出来上がりました!
DSC00320
アッツアツ&香ばしい匂いが漂ってきます。
DSC00322
人が少ないところに移動して早速頂きましょう。

先ずは豆干、豆腐の堅いやつですね。
DSC00323
日本の焼き鳥よりももっと醤油ベースの味が強く、ビールが欲しくなります!!
いや、白飯でもいけそう!

続いては豚のばら肉。
DSC00324
これは鉄板ですね。ビールと白飯、誰か持ってきて!

取り敢えず片手で持てるだけ持って、撮影してみました。
キャベツやらインゲンやら、ソーセージ等色々あります。
DSC00326
一度素揚げしたことで、ぱりっと香ばしくなった上に、タレをつけて焼いているので、串焼きとも違う香ばしさが出ていたんですね。
ビールか白飯が絶対欲しくなる味付けで、かなり美味しいかったです。


ということで、夜市の串焼き屋台のご紹介でした。
肉はもちろん、野菜や肉団子系、魚などもあり沢山の食材から色々選べて楽しいですね。是非お気に入りの一品を見つけて下さい。
ちなみに私はキャベツが一番のお気に入りです。


微笑碳烤

台北市大同区寧夏夜市
営業時間:17:00〜24:00
店番号:133

夏の飲み物と言えばビール!!ビール大好きーーーー!!!ということで、先日の7月29日から31日に高雄で開催されたビールパラダイス(啤酒節)に参加してきました。台湾のビール好きにはたまらないこのイベント啤酒節は今年で8回目、台湾アーティストのライブなどを楽しみな ... 続きを読む
夏の飲み物と言えばビール!!
ビール大好きーーーー!!!

ということで、先日の7月29日から31日に高雄で開催されたビールパラダイス(啤酒節)に参加してきました。
DSC00988
台湾のビール好きにはたまらないこのイベント啤酒節は今年で8回目、台湾アーティストのライブなどを楽しみながら、ビールが飲めるイベントで、今年は台湾ビールはもちろん、各国のビール会社などが参加、おつまみなどを提供する屋台や居酒屋なども出店していました。
13734570_10201856774136468_66701026_n

場所は高雄にある、高雄夢時代というショッピングモール近くの道を封鎖して行われました。

今回出店していたビール会社はというと

台湾啤酒
DSC00958

Haineken
DSC00949

KIRIN
DSC00946

ASAHI
DSC00927

青島啤酒
DSC00931

Budweiser
DSC00943

Corona
DSC00928

Carlsberg
DSC00947

Guiness
DSC00944

VODKA
DSC00932
などなど。

また高雄の地ビールなども出店していました。
DSC00972

DSC00976
サーファー酒造という工場で作っているようですが、芳醇な甘い口当たりでとても美味しかったです。

ちなみにこのビールパラダイス、入場料として当日券400元を払わなければなりませんが、ビール引き換え券がついており、またビールを購入する場合は、コンビニなどの半額くらいで飲むことが出来ます。

また、お店によっては、ビールを沢山買うと非売品グッズなどがもらえたりして、ビールファンなら集めたいものがたくさんありました。


開催日の初日、ライブ会場からぐるっと回ってみた様子を動画に収めてみました。


そしてビールといえば下酒菜(シャージョウツァイ)、おつまみですよね。

会場には台湾らしいおつまみや屋台、沖縄からの出店など、たくさんの種類が売っていました。
DSC00923

ber1

中でも私のお気に入りは、燒酒螺(シャオジョウルオ)という巻き貝のおつまみ。
DSC00982
夜市でもちょこちょこ見かけたこともあるのではないでしょうか。
DSC00983
小さい巻き貝で、穴からスッと吸うと中の貝がポンッと出てきます。
DSC00984
ニンニク風味で最高に美味しいです。ただ量が多くて、2,3個食べてビールを飲む!を繰り返すと、大変な量のビールが体内に入ってくるのでご注意を!


また、本気で美味しかったおつまみは、下酒菜比賽という大会で1位に選ばれたというこちら。
DSC00977
藏湘居酒屋というお店で出されている、藏湘鶏骨花(チャンシャンジーグーホワ)
DSC00978
揚げた鶏の軟骨とイカ、玉ねぎ、青唐辛子を胡椒味で炒めたもので、鶏軟骨の甘さ、玉ねぎ独特の辛味、唐辛子の辛味がとても美味しく、日本の居酒屋でも出したら確実に人気のでる味だと思います。

他、下記のものなど、色々食べてみました。
ber5
ber3
ber2

またビールといえばたくさんのビールお姉さんもいらっしゃいました。
せっかくなので、各社のびーるお姉さんを撮影したみたので、良かったらどうぞ!!
beer3
beer2
Beer1


ということで、飲んで楽しい食べて楽しいビールパラダイスでした。
DSC00925

次回は2017年の夏に開催すると思いますが、興味ある方は是非どうぞ!!


高雄啤酒節2016

http://event.udn.com/ulive/beerparadise/



(キャンペーンは終了致しました)台湾観光局企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼントとして、今年も電子マネーカードである悠遊カード(EasyCard)のプレゼント企画が8月8日よりはじまりました。例年希望者プレゼントだったこの企画、今年から毎週500名様、総勢5000名 ... 続きを読む
(キャンペーンは終了致しました)

台湾観光局企画による台湾旅行者へのウェルカムプレゼントとして、今年も電子マネーカードである悠遊カード(EasyCard)のプレゼント企画が8月8日よりはじまりました。

例年希望者プレゼントだったこの企画、今年から毎週500名様、総勢5000名様に当たる抽選方式になったようです。

台湾ウェルカムプレゼントキャンペーン2016 抽選で毎週500名様、総勢5000名様に当たる 台湾観光局2016オリジナルデザイン「悠遊カード(EasyCard)」プレゼント!

img_easycard2016_ohbear

悠遊カード(EasyCard)は地下鉄などの台北MRTや市内バス、提携公共バス、台湾鉄道(一部路線)などの乗車に使える他、コンビニエンスストアなどのお買い物にも利用可能です。また今年から高雄のMRTも利用可能となりました。

このキャンペーンで当たる非売品の同カードには、既にNT$50がチャージされており、また駅の専用機などでチャージすれば何度でも利用できるとのこと。

別途利用に登録は必要ですがレンタルサイクル、YOUBIKEの利用も可能です。
http://www.youbike.com.tw


応募資格は下記の通りです

・日本発着で台湾旅行が予約確約済みの日本人を含む外国籍旅行者の方(既に台湾旅行の予約を確約済みの方に限ります)
・専用の応募フォームから必要事項をご入力のうえご応募が可能な方
・応募される週よりご出発日が二週間以上先の方
・応募は1回のご旅行に際し1枚のお申込みとなります。(応募内容の不備、重複応募、期限超過申請などが発覚した場合は、応募受付は無効となります)
・同企画の当選権利は1回のみとし、既に当選された方で本プレゼント実施期間中に訪台旅行予約が複数回ある方でも応募は1回のみを原則とします。


応募スケジュールは下記の通りです
1470635854115

今年から抽選になりましたが、毎週500枚、総勢5000枚のプレゼントですので、当たる確率は高そうですね!?

台湾旅行にとても便利な悠遊カード、お持ちでない方は是非この機会にGETして下さい。

*悠遊カード公式HP(中国語)
http://www.easycard.com.tw/

お申込み詳細はこちら
http://go-taiwan.net/index.php/campaign/welcome2016.html

(キャンペーンは終了致しました)
台湾観光協会
http://go-taiwan.net/

熱々の胡椒餅は冬にハフハフして食べるのが一番ですが、夏の暑い時期に汗ダラダラかきながら食べるのも、素敵なものです。ということで、今回は南京復興駅近くにある屋台で頂ける、絶品胡椒餅をご紹介したいと思います。場所は南京復興駅にあるブラザーホテルの東側、269巷の ... 続きを読む
熱々の胡椒餅は冬にハフハフして食べるのが一番ですが、夏の暑い時期に汗ダラダラかきながら食べるのも、素敵なものです。

ということで、今回は南京復興駅近くにある屋台で頂ける、絶品胡椒餅をご紹介したいと思います。

場所は南京復興駅にあるブラザーホテルの東側、269巷の入り口にあります。
IMG_2037
IMG_2036
GoogleMapには「李文斌胡椒餅」と表記されており、看板にも「李」の文字があるので、李さんという方が店主でしょう。
IMG_2034
その場で餡の詰め込みから成形、焼きまで全て行っています。
 IMG_2035
オフィス街の中にあり、多くのビジネスマンやOLの方が数個買っていく姿を見かけました。

1個45元でした。焼きたてなので、熱々です!
IMG_2038
持った瞬間、ズッシリとした重厚感と堅く焼き上げられたガチガチした感触を感じました。
この焼色、たまりませんね。
IMG_2039
さて、ガブッと行くと確実に顔面肉汁の刑がもれなくプレゼントされるので、ここは慎重に。
前記の通り皮がガチガチに硬いので、前歯でそげ落とすように穴を開けていきます。
穴が開通したら、周りの皮を少しずつ削りつつ、中の餡とご対面です。
IMG_2040
見えてきました、素敵な餡。餡が一番ステキなんですが、とても攻撃的なので、フーフーしながら頂きます。
うん!ネギの甘さとピリリとした胡椒の突き出た辛さがとっても相性良く、美味しい!!
ある程度冷めたら、周りの皮と一緒にガブッといきましょう。もう最高に幸せです。

皮がガッチリとしているお陰で、中の肉汁が下から漏れだすことはありませんでした。
ということで、胡椒餅の底には大量の肉汁が!
IMG_2042
ネギのエキスがタップリの為、若干緑色に見えますね。
しかしこの肉汁がかなり大量です。最後は大量の肉汁を飲むという状態でしょうか。
肉汁を口いっぱいに感じながら食べる胡椒餅、最高です!
しかしこれ、最初の一口で思いっきり肉汁をぶちまけたらどうなっていたことやら・・・。


ということで、今回は肉汁が大量の胡椒餅をご紹介致しました。
胡椒餅の記事を書く度に、初めて食べた胡椒餅の事を思い出します。
何も知らずに焼きたての胡椒餅を大口でガブッ!肉汁の洗礼を浴びて、顔と着ていたスーツが肉汁祭。いやぁ懐かしいですねぇ。
あれから胡椒餅経験値は上がったので、本気の火傷をすることは今こそありませんが、「アチチ!アチッ!!」なんて言いながら食べる胡椒餅は本当に熱くて攻撃的ではありますが、いくら熱くて火傷をしたとしても、美味しくて笑顔がこぼれるんですよねぇ。

胡椒餅最高!


南京東路胡椒餅

台北市南京東路三段269巷口
営業時間:13:00~18:30
定休日:土日
最寄り駅:南京復興駅

サニーヒルズと言えばパイナップルケーキの有名店で、日本の南青山にも支店があります。こちらのパイナップルケーキはとっても美味しいパイナップルジャムを、ブランド卵とフランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を使った生地にギッシリと詰め込んでおり、とっても ... 続きを読む
サニーヒルズと言えばパイナップルケーキの有名店で、日本の南青山にも支店があります。

こちらのパイナップルケーキはとっても美味しいパイナップルジャムを、ブランド卵とフランスエシレ産の発酵バター、こだわりの小麦粉を使った生地にギッシリと詰め込んでおり、とっても美味しいですよね。

そのサニーヒルズより、8月より台湾限定で新製品が発売されたので早速購入してみました。

サニーヒルズの場所は、 民生東路五段にある道を南に少し入った、民生公園の近くにあります。

SunnyHills 微熱山丘(ウェイラーサンチョウ)
DSC01146
緑の木々に囲まれたとっても素敵な店舗です。
DSC01151
8月1日より新発売ということで、開店時にはたくさんの人が並んでいました。
発売からしばらくは開店と同時に買わないと、なかなか買えないかもしれません。

今回のお目当てはこちら。蜜豐糖蛋糕(ミーフェンタンダンガオ)
DSC01137
右側がそのカステラです。

2種類あるので、早速買ってみました。
DSC01153
原味という蜂蜜味のカステラ(300元)と、蜂蜜味のカステラに老梅という梅が入ったカステラ(350元)の2種類です。

先ずは原味を食べてみましょう。
成分表はこんな感じです。
DSC01155
卵に小麦粉、サトウキビ系のもの、蜂蜜、麦芽糖、人参ジュース、ラム酒が材料のようです。
要冷蔵で7度以下での保存、賞味期限は5日間となっています。
DSC01156
それでは開封してみましょう。
DSC01157
蜂蜜の濃い匂いがふわ〜と漂ってきます。
すでに蜂の巣のような形で切れ込みが入っています。オシャレですね!
DSC01158
では早速頂いてみましょう。
DSC01159
手に取るとシットリしているカステラの印象を受けます。
そして生地がしっかりとしており、全体的に弾力性があります。
ガブッといくと、口当たりは結構軽くて、一口噛む事に、蜂蜜の濃厚な味わいがだんだんと口の中に広がっていきます。
砂糖の甘さではなく、蜂蜜の甘さが口に広がり、最後まで心地よい蜂蜜の味が残ります。
とは言え濃い甘みではないので、もう一つ!と手が伸びでしまうほど、いくつでも食べられそうです。

もう一つの老梅味のカステラを頂いてみましょう。
成分表はこちら。
DSC01161
材料は先ほどとほぼ一緒。梅が追加されていますね。カロリーも追加されいるので、若干高いです。
中を開けてみましたが、見た目は全く一緒。
DSC01162
梅が練りこまれているのかな?と思いつつガブッといくと中に入っていました。
DSC01164
濃い梅のジャムのような若干酸っぱい感じのものです。
周りのカステラは先程の原味と同じですが、梅の酸っぱさと蜂蜜カステラの甘さが良いハーモニーです。
原味の蜂蜜カステラと好みが分かれそうですが、原味の方が万人受けしそうですね。
両方共とても美味しく頂きました。

さて、サニーヒルズといえば試食ですよね。
DSC01131
このパイナップルの中身、素敵ですよね!
DSC01133
今回も美味しいパイナップルケーキを堪能しながら、美味しいお茶を頂きました。


ということで、サニーヒルズの新製品のご紹介でした。
要冷蔵で保存期限も短いので、若干おみやげには厳しいかもしれませんが、新しいサニーヒルズの定番商品になりそうですね。
ご興味がある方、ぜひご賞味下さい。


SunnyHills 微熱山丘

台北市民生東路五段36巷4弄1號1樓
営業時間:10:00〜20:00
http://www.sunnyhills.com.tw

台湾には台湾式の美味しい朝食がたくさんありますが、今回は最近台湾で人気のお店をご紹介したいと思います。場所は南京復興駅から南京東路を西方面へ。建國北路手前(東側)の道を一本北に入った場所にあります。LoCo Food 楽口福(ラーコーフー)エメラルドグリーンの可愛 ... 続きを読む
台湾には台湾式の美味しい朝食がたくさんありますが、今回は最近台湾で人気のお店をご紹介したいと思います。

場所は南京復興駅から南京東路を西方面へ。建國北路手前(東側)の道を一本北に入った場所にあります。

LoCo Food 楽口福(ラーコーフー)
IMG_2068
エメラルドグリーンの可愛い建物が目立ちます。

朝から行列が絶えないお店です。

こちらお店のメニュー。
IMG_0999
主食は蛋捲と呼ばれるロール系のものとハンバーガー、サンドイッチがあります。
IMG_1001
サイドメニューもいくつかあります。
IMG_2055
注文をカウンターで行い、その場でお支払い。お店の左側に入り口があり、イートインスペースの方に案内されます。
IMG_1015

待つこと数分、やって来ました。

主廚樂口酥皮蛋捲(ジューチューラコウスーピーダンジュン)65元
+蜂蜜芥末脆薯(フォンミージェモーツイシュー)65元
IMG_2058
巻き巻きロール系の一品と、蜂蜜マスタードが掛ったフライドポテトです。

この焼色がたまりませんね。しかも結構ボリューミー。
IMG_2061
そのまま食べてもよいですが、ケチャップをかけても美味しいです。
中にはキャベツかな?野菜とハムとチーズが入っていました。
IMG_2063
パリパリとモチモチの皮とシャキシャキのキャベツ、とろーりチーズとハムがとっても相性良く美味しいです。
このキャベツの感じと小麦粉の皮で

こちらはフライドポテト。
IMG_2059
カリッカリに揚がった美味しいポテトに、マスタードと蜂蜜のソースが掛かっています。
鼻に少しツンとくる味の後に甘味が来て、とっても美味しい!!!

PAUL愛德式燒喜吉(ポールアイダスーシャオシージー)65元
IMG_2064
先ほどの巻き巻きの具がPaulさんの好きなドイツソーセージが入っているものです。
ちなみにPaulさんは店主とか。
 IMG_2065
プリっとした食感の美味しいソーセージ以外にチーズ野菜も入っており、結構食べ応えのある一品でした。

阿嬤的焼肉(アマーダシャオロウ)120元
IMG_1007
おばあさんの焼き肉サンドイッチという意味の一品です。
豚肉の焼いたもの以外に大きめのレタスに卵にきゅうりとベーコンにと、豪華4段重ねのサンドイッチです。
ガブリと行こうにも顎が外れそうなくらい分厚いのですが、頑張りました。
台湾のサンドイッチ、美味しいんですよねー!パンも良い感じに焼けており、豚肉のジューシーな感じも美味しく、とってもボリューミーでした。

醒醒呀KIWI(シンシンヤーキウィ)80元
IMG_1012
前に並んでいた人が二人連続で頼んでいたので、頼みました。
キウイジュースです。
醒醒呀は目を覚ます意味のようなので(多分)目覚めるキウイジュース!って感じなんでしょうか。
キウイの酸っぱくて甘い味が生搾りって感じで美味しかったです。


ということで、ちょっとお洒落な台湾朝食のお店をご紹介致しました。
一品一品が結構大きめで結構お腹いっぱいになりました。
隣の人が食べていたハンバーガーもかなり大きかったので、複数人でシェアするのも良いかもしれません。
ちなみにイートイン(内用)の最低消費量は一人100元なのでご注意下さい。


LoCo Food 楽口福

台北市中山區南京東路三段89巷5-4號
営業時間:6:00~14:00 / 土曜:6:00~15:00
定休日:日曜日
最寄り駅:南京復興駅

どうも、Aiwanです。突然ですが、占いって信じますか?私は・・・・信じます。というかいつも信じざるを得ない判定をされるので・・・。ということで、今回は相当前にもチラッと記事にしたことがあるオーラ占いをご紹介したいと思います。ただご紹介するのも面白くないので( ... 続きを読む
どうも、Aiwanです。

突然ですが、占いって信じますか?

私は・・・・信じます。というかいつも信じざるを得ない判定をされるので・・・。

ということで、今回は相当前にもチラッと記事にしたことがあるオーラ占いをご紹介したいと思います。

ただご紹介するのも面白くないので(私の占い結果を公表してもアレなので)、私の友人の秋山さんを連れて来ました。
DSC00538
今回ご紹介する占いは、写真で自分のオーラの状況を見て頂き、今の自分に何が必要か、どんな考え方が必要か等をアドバイス頂く占いです。また自分に合ったパワーストーンを教えてもらうことがき、それで自分の足りないパワーを補うという感じのものです。

占いは1回300元、しかも300元はパワーストーンを買うときに差し引いて頂けます。

但し、基本は中国語、英語での診断も可能ですが、日本語は通じませんのでご注意。

場所は松山駅から徒歩5分ほど、八徳路四段を東に歩き、新矽谷站前大樓ビルの3階にあります。
(詳しい行き方はページ最下部に記載しておきます)

淳貿企業有限公司(BLANCO)
DSC00717
ビルのエレベーターで3階に上がると、外に大きいパワーストーンの塊がおいてあります。

お店の中には数々の水晶やパワーストーングッズがおいてあります。
DSC00712

先ずは受付で「拍照」(パイザオ)、つまり写真(オーラ)を撮ってくれと言うと、名前を書かされます。
DSC00516
こちらで代金の300元を払うと、奥の別室に通されます。

奥にはカメラと椅子があり、そちらに座らされます。
IMG_7764
椅子に座り、椅子の横の手形のマークの場所にまず左手を乗せます。
DSC00517
左手の次は右手を乗せましょう。
DSC00518
両手を乗せて、少し待ちます。身体の微電流を機械が感じ取るのでしょうか。
DSC00519
撮影される方から、両手を膝の上に乗せるよう指示され、そのままパシャッと撮影完了。
DSC00520
撮影の所要時間は1分も掛かりません・・・。
ちなみに使用するのはポラロイドカメラですが、最近フィルムの生産が終わってしまったようで、今後自社開発した装置をしようされるとか。

撮影が終わると、こちらの場所に通されます。
DSC00523
すぐに、オーラの占いをして頂ける先生がやってきました。

こちらが徐華晃先生。
DSC00535
私は今まで15回くらい占って頂きましたが、いつも的確なアドバイスを言ってくれます。
ちなみに先日仕事で悩んでいた時に占ってしてもらったのですが、まず第一声「仕事辞めたいでしょ?」と言われたことは内緒です・・・・。
また個人的に今まで30人以上の方を連れて来ましたが、ズバズバと色々言い当て、9割5分の方は満足して帰られました。
残りは当たっていないのか、それとも真意を直球で言われて嫌になったか、真意は分かりません。

ということで、先ずはオーラの原点となるチャクラの説明を受けました。
DSC00527
チャクラとは身体のエネルギーである「気」のことで、身体には7つの主要なチャクラがあると言われています。
詳しくは下記のサイトが詳しく書いてあったので、ご参照下さい。
参考:チャクラと「気」 http://chakra.kaiun-kofuku.com

では撮影されたオーラ写真を見てましょう。
DSC00537
水色と緑色のオーラをまとっていますね。
オーラの色や形、濃さなどを総合的に判断するそうです。
写真を見た徐先生は「うん、とても良いね。ビジネスはとっても良好」とのこと。
「しかし心がクール過ぎて、相手を選んでしまうため、良いチャンスも無駄にしていることが多い。また仕事もいつも自分が自分がと、他人に任せようとしないので、より濃い人間関係が作れてない。」などと言われていました。
必要なパワーストーンは、アメジスト(紫水晶)アマゾナイト(天河石)とのこと。
アメジストは、人と人との関係を良くし、より良い環境を作り上げることが出来るそうです。
また、アマゾナイトは、WIN-WINの関係を作り上げ、今後のビジネスにおいて益々の発展が望めるとのことでき、それぞれより良い財運を呼びこむことが出来るようになるそうです。

ちなみにこちらは以前友人4名を連れて行った時のそれぞれのオーラです。
IMG_8690
見事に全員違う色ですね。
それぞれ良いことも悪いことも言われ、満足していました。

ということで、オーラ占いをして頂いたら、好きなパワーストーンを買いましょう。
DSC00713
石の値段は正直あまりわかりませんが、かなり良心的な値段かと思います。
アメジストのブレスレットは、数百元から1500元くらいまで。
DSC00714
もちろん、1万元以上する高価な石のものもあります。
私はこちらで、メテオライトという隕石が入ったブレスレットを買いました。
DSC00719
尚、前記の通り撮影代300元は購入金額より割引をして頂くことが出来ます。特に何も買わなければ、占い料300元のみになりますが、300元以下の商品もあるので、購入したほうがお得かもしれません。
また複数購入(4つ)で最大40%近く割引をしていただくことが出来るので、結構お安く買えたりも出来ます。


ということで、オーラ占いのご紹介でした。
日本語が通じないということで、かなりハードルが上がりますが、英語が出来れば問題なく占って頂くことが出来ると思います。ちなみに今回占って頂いた徐先生は、毎日15時くらいから出勤されるそうです。
また最近は個人ガイドなどのインターネットサービスも色々あるようなので、それを活用し通訳として一緒に行って頂くのも良いかもしれません。
尚、近くに饒河街夜市もあるので、オーラ占いから夜市という流れで、いつも日本からの友人をアテンドするコースとして活用しております。


こちら行き方です。
松山駅の4番出口を出たら右方向(東方向)に歩いて行き、ひとつ目の大きな交差点にこちらのビルがあります。
DSC00512
尚、こちらのビル、土日は正面玄関がクローズしているので、裏口から入らなければなりません。
裏口は、ビルの左側の小道を進みます。
DSC00513
裏口があるので、こちらからビルに入りましょう。
DSC04327
奥の警備員さんがいる辺りにエレベーターがあるので、そちらから3階へ。
DSC00515
エレベーターで上に上がると、左手にお店があります。
DSC00717

 

BLANCO(淳貿企業有限公司)

(02) 2788-9231
営業時間:12:00~21:00 
 

餃子の中身は、キャベツ派ですか?それともニラ派ですか?そんな2つの最大派閥を脅かす新しい存在、それはニンジン派です。といってもエビ餃子の中身にニンジンが入っているだけなんですが、それがとっても美味しい!ということで、今回はニンジンが個性的な水餃子をご紹介し ... 続きを読む
餃子の中身は、キャベツ派ですか?それともニラ派ですか?

そんな2つの最大派閥を脅かす新しい存在、それはニンジン派です。

といってもエビ餃子の中身にニンジンが入っているだけなんですが、それがとっても美味しい!
ということで、今回はニンジンが個性的な水餃子をご紹介したいと思います。

場所は長春路と伊通街の交差点から少し南に行き、小道を東に入った場所にあります。

豪季水餃専売店(ハオジーシュエイジャオジュワンマイディェン)
IMG_1354
黄色の看板が目印です。

さて中に入り好きな席に座りましょう。
オーダーはオーダーシート、餃子は10個からオーダー可能です。
IMG_1342
中で食べるので、内用にチェックを入れ、卓號に座っている席の番号を書き込み、お店の人に手渡します。

茹で上がるまで少し時間が掛かるので、調味料コーナーで好きなのを調合しましょう!
IMG_1343
この作業がなんだかんだ楽しいんですよね。
ということで、私は醤油、刻みニンニク、豆板醤の三種。
IMG_1344
日本では醤油と酢と辣油が基本の三種ですが、台湾に来てこの醤油と豆板醤のミックスが好きになりました。
大量のニンニクに酢だけを入れているお客さんなども見かけたので、ぜひ自分の好きな調合を楽しんで下さい。

待つこと数分やってきました。

豚肉水餃(ジューロウシュエイジャオ)1個5元
IMG_1345
見た目からぷるっぷる!
箸で持ち上げると、やっぱりぷるっぷる!
IMG_1346
ガブッと行くとジュブーーっとスープが溢れてきます。
IMG_1347
皮はぷるっぷるなうえに、食感はもっちもち。
黄ニラの味がとってもマイルドな水餃子です。そしてとっても美味しい!
何もつけずに食べても餃子の餡に少し塩味が付いているので、これだけでいけます。
あーーー、白飯が欲しい!(*お店には白飯はありません)

蝦仁水餃(シャーレンシュェイジャオ)1個7元
IMG_1350
うっすらオレンジ色が見えます。アレはもしやエビ!?
IMG_1351
ガブッといくと、ニンジンでしたー!でも勿論プリプリのエビも入っています。
プリプリのエビの食感、そしてニンジンがまだ少し歯ごたえが残っており、少しカリカリ感が残っています。
これがとっても最高!!!
ニンジンの若干の甘さとエビの甘さが最強のハーモニーを生み出しています。
個人的にニンジンは嫌いな野菜なんですが、ニンジン嫌いでも絶対美味しく頂けます。
あーーー、白飯が欲しい!!!(*お店には白飯はありません)

ということで餃子にはこのスープですね。

酸辣湯(スワンラータン)30元
IMG_1349
お店によって酸辣湯の味は結構違いますが、こちらのはスープに深みがあります。
そしてあまり胡椒辛くはなく、辛味、酸味は若干薄めなのでお好みで調味料を投入すると、これまた最高の仕上がりになりました。
刻みニンニクを入れて頂くのも良いかもしれませんね。


ということで、ニンジンが特徴的なエビ水餃子のご紹介でした。
普通の豚肉水餃子も美味しいのですが、ぜひニンジン嫌いの方もエビ水餃子をお試し下さい。
正直自分で作りたくなるレベルの美味しさです。


豪季水餃専売店

 
台北市中山區伊通街125巷4號
営業時間:11:00~20:00
定休日:日曜日
 

好丘といえば101近くの四四南村にあるリノベーションをしたお洒落なお店が有名ですが、今回は圓山駅近くの花博の会場にある店舗にやってきました。近くには屋台料理が食べられるフードコートやイベント施設があり、土日は大人数で賑わっている場所です。今回目指すお店の好丘 ... 続きを読む
好丘といえば101近くの四四南村にあるリノベーションをしたお洒落なお店が有名ですが、今回は圓山駅近くの花博の会場にある店舗にやってきました。

近くには屋台料理が食べられるフードコートやイベント施設があり、土日は大人数で賑わっている場所です。

今回目指すお店の好丘は駅を出て左、目の前にみえる建物の一角にあります。

好丘Good Cho's(ハオチョウ)
DSC04404
四四南村の店舗の方がレトロな雰囲気で大型の店舗ではあります。
DSC04402
近くに行くと、ベーグルを焼き上げている香ばしい匂いが漂ってきました。
外からベーグル製作の様子が伺えます。
ちなみに好丘は9時開店なので、開店と同時に行くと焼きたてのベーグルを楽しむことが出来ます。
DSC04417
店内に入ると右側にベーグルがずらーっと並んでいました。
DSC04425
ベーグルは約18種類。
945546cb
プレーンのベーグルはもちろん、ライス、ワイルドマルベリー、ローゼルやガーリッククリームチーズなど、どれもこれも、とっても美味しそうです!!
DSC04415
好きなモノを選んで、カウンターへ。
DSC00586
DSC04427
飲み物も売っています。
DSC04428
ちなみに購入したベーグルはお店のトースターで焼くことも可能です。

DSC04421

お茶ベーグル(40元)
DSC00590
今回のお目当てはこちらで、フワッとお茶の匂いがしました。
DSC00592
中はこんな感じで四季烏龍茶を練り込んであります。
口に含むと鼻から香ばしいお茶の香りが抜けていき、とても美味しいです。
日本ではなかなか味わえないベーグルだと思うので、お薦めです。

マルベリーベーグル(40元)
DSC00591
マルベリー、つまり桑の実のベーグルです。
奥のほうで桑の実の甘味が口の中に広がり、こちらも爽やかな甘さがあり、とても美味しかったです。
作りたての焼きたて、ということもあるでしょう。

ダブルチーズ(60元)
DSC04423
ベーグルってもっとパサパサしているものだと思っていましたが、このベーグルはモチモチっ!中にチーズが入っている&外のチーズも焼かれており、カリカリとした食感も味わえ、チーズ好きにはたまらないベーグルでした。

チョコバナナベーグル(60元)
DSC04426
本当にチョコとバナナを食べているようなベーグルでした。中にバナナがねりこんであるため、バナナケーキのような香りがすると共に、後追いでチョコの味わいを感じることが出来ます。

プレーンベーグルはバターやハチミツを付けて食べたくなりますが、こういうのはそのままで食べても全然美味しいですね!

カフェラテ(70元)も一緒に購入して外に出ましょう。
DSC04436
ベンチに座りながら風に吹かれつつ頂くととっても気持ち良いですね。

と、食べ終わったものの、やはりあれが気になる。
ということでお店に戻ってきました。
DSC04413
お目当てはこのアイスクリームではなく、お店の前に大きく貼りだされていたアレです。

冰心菠蘿(ビンシンボールオー)49元
DSC04430
見た目はメロンパンですが、菠蘿とはパイナップルのことなのでパイナップルパンってことでしょう。ちなみに菠蘿麺包という香港を中心に流行っているパンがあり、これは間にバターを挟んで頂くカロリー高めのパンです。

で、こちらはパンの中にアイスクリーム!
DSC04432
バニラアイスが入ったパンです。パンがシュークリームのようにシュワシュワっとした食感で、バニラアイスもそこまで濃厚ではなく、結構あっさり目で美味しかったです。


ということで、今回はベーグルを紹介してみました。
台湾とベーグルって結びつきませんが、台湾の四季烏龍茶を使ったベーグルはなかなか珍しいものなので、ぜひ気になった方は訪れてみてください。
ちなみにこちらの場所は、直線上に松山空港があるため、着陸態勢に入った航空機を見ることが出来ますよ。
DSC00593

DSC04437


好丘(圓山店)

台北市中山區玉門街1號
営業時間: 8:30~19:30

台湾と言えばタピオカミルクティー!ということで、今回は台湾全土で精力的に展開中のカラフルタピオカが頂けるドリンクスタンドにやってきました。場所はMRT南京三民駅から南京東路五段123巷を少々北西に入った場所にあります。2016年7月現在は台北に3店舗展開しているよう ... 続きを読む
台湾と言えばタピオカミルクティー!

ということで、今回は台湾全土で精力的に展開中のカラフルタピオカが頂けるドリンクスタンドにやってきました。

場所はMRT南京三民駅から南京東路五段123巷を少々北西に入った場所にあります。
2016年7月現在は台北に3店舗展開しているようですが、これからもっと増えそうですね。

丸作食茶(ワンズオスーチャ)
DSC00653
独創的な店舗なので、遠くからでも目立ちますね。
丸い白いのがタピオカでしょうか。

こちらのお店は、お店でタピオカを作っているようで、店舗のテレビではその工程の映像が放映されていました。
作りたてのタピオカは食感が良くてとっても美味しいので期待です。

カウンターで好きなものを選び番号札をもらい、引き取るタイプのお店です。
DSC00647
カウンターの上には綺麗なドリンクの写真が!
マンゴーパールというのも有りましたが、7月中旬から発売のようです。とっても美味しそうですねー。
DSC00643
さて、こちらがメニュー。
DSC00648
店員さんのオススメは、初めての来店であれば、左上の「丸作獨味のコーナー」がオススメとのこと。
また氷の量と砂糖の量も注文時に選ぶことが出来ます。
私のオススメの飲み方は普通の「正常」は甘すぎるので、微糖(ウェイタン)を選びます。まぁまぁ甘くてもOKであれば、半糖(バンタン)でも良いでしょう。また氷の量は少冰(サオビン)という少々すくなめの氷の量を選んでいます。

100元以上の購入はパチンコをすることが可能です。
DSC00650
トッピング無料など色々ありましたが、「買一送一」券が当たりました。
次回に一つ買ったらもう一つ無料でもらえる券です。ラッキー!

注文が終わりお支払いをすると、番号札をもらえます。待つこと数分、自分の番号札が電光掲示板に表示されたら引き換えに行きましょう。

丸三鮮奶緑(ワンサンシェンナイリュー)(Mサイズ)60元
DSC00655
緑茶ミルクティーです。
中に三種類のタピオカが入っています。
DSC00656
焦糖はキャラメル味のタピオカ、仙人掌はサボテンの実のタピオカ、白玉は白いタピオカが入っています。
では飲んでみましょう!フッて吸うと、ドプドプっとタピオカが口の中に流れ込んできました。
タピオカがとっても柔らかい!そして美味しい!
噛めば噛むほど甘い味が出るタピオカ!
正直口の中ではどれがサボテンのタピオカかわかりませんでしたが、とっても美味しいです!

鮮搾百香白玉(シェンジャーバイシャンバイユー)(M)50元
DSC00657
新鮮なパッションフルーツと白いタピオカのドリンクです。
DSC00658
パッションフルーツにはβカロテンやビタミン葉酸などが豊富に含まれているので、大好きなフルーツの一つです。さっぱりしたものも飲みたかったので、頼んでみました!
ズルズルっと飲むとパッションフルーツの種と白いタピオカが流れ込んできました。
ガリガリという種と、プニプニのタピオカの食感が味わえます。
ドリンク自体はパッションフルーツの酸っぱい味が楽しめ、口の中がとってもすっきりしました。


ということで、カラフルなタピオカがとっても素敵なドリンクスタンドのご紹介でした。
今回は緑茶ミルクティーを頼みましたが、普通のミルクティー(紅茶)やミルクだけのものなど、スタンダードなメニューもありますし、鉄観音や冬瓜、抹茶などもあり、色々楽しめそうです。
台湾全土に店舗展開を積極的に行っているようなので、今後も楽しみですね。
DSC00654

ちなみに2016年7月時点では、台北には南京店以外に内湖と東区にも店舗があるようです。
http://www.bobatea.com.tw/stores/north/


丸作食茶(南京店)

台北市松山區南京東路五段123巷1-4號
営業時間:11:00~22:00 
最寄り駅:南京三民駅
http://www.bobatea.com.tw/

台湾の方って本当に鍋が好きですよね。台湾の鍋といえばあの辛い味との二色鍋、つまり鴛鴦鍋を浮かべる方も多いかと思います。しかしあの二色鍋は二人で食べるにもちょっと多すぎるし、ましてや1人で二色鍋なんて・・・という要望にお応えするべくお店を今回はご紹介したいと ... 続きを読む
台湾の方って本当に鍋が好きですよね。

台湾の鍋といえばあの辛い味との二色鍋、つまり鴛鴦鍋を浮かべる方も多いかと思います。

しかしあの二色鍋は二人で食べるにもちょっと多すぎるし、ましてや1人で二色鍋なんて・・・という要望にお応えするべくお店を今回はご紹介したいと思います。

場所は延吉街沿い、MRT小巨蛋駅から徒歩10分、忠孝敦化駅からも徒歩10分ほどの場所にあります。

子辣。個人。麻辣(ズラー。ガーレン。マーラー)
IMG_2027
ちょっと変わった名前のお店ですが、一人鍋のお店で、しかも二色鍋が頂けます。

一人鍋専門店なので、カウンター席がほとんどです。
IMG_2009

さてこちらがメニュー。
12072765_1504787969813756_3829601370084147100_n

基本はセットメニューでお肉を選ぶシステムです。
お鍋は、水梨骨湯という鶏の骨や豚骨とフルーツなどを使ったスープと、たくさんのスパイス使った辛い麻辣鍋の2種類です。二色鍋はその2つを同時に頂くことが出来ます。

さてこちらはセットでついてくるお野菜です。
IMG_2010
キャベツやニンジンなどの野菜から、キクラゲなどのきのこ類、豆腐、湯葉、肉団子などなど山盛りです。

こちらが二色鍋!
IMG_2014
麻辣の方からとっても香ばしい鼻にツンとくる辛旨な匂いが漂ってきます。

さて頂く前にこちらで調味料をセットしましょう。
IMG_2011
葱や香菜など、食べ放題です。
また、セットメニューでは、主食として冬粉(ハルサメ)か白飯、玉子麺を選ぶことができ、白飯を選んだ場合は、こちらでセルフサービスで盛ります。

つけダレはもちろん葱と香菜をふんだんに入れたものが私の好みです。
写真は胡麻ダレですが、お店おすすめのレモン醤油というタレも作りました。
IMG_2013
選んだお肉はこちら!
上選五花豬(シャンシュェンフーホワジュー)300元
IMG_2016
肩ロースですね。
脂も良い感じにのっており、美味しそうです!

辛い鍋の方にしゃぶしゃぶーっ。
IMG_2018
葱&香菜をレモン醤油に入れたタレで頂きます。
IMG_2022
んーーーーー!美味しい!
麻辣味の鍋でお肉をしゃぶしゃぶすると、お肉がスパイスの香り纏い、ピリリと辛い唐辛子の風味が舌先を攻撃し、それがまたとっても美味しいです!!!

ちなみに、もう一つの水梨骨湯という辛くない方は、よくある漢方系の味わいではなく、骨のダシが染み渡った味の鍋です。
麻辣が正直結構辛いので、交互に食べると味の強弱が楽しめて美味しく頂けました。

野菜も一気に投入しちゃましょう。
IMG_2019
このお鍋で煮こまれた野菜もとっても美味しいんですよねー!
至福の時間でした。

白飯も美味しかったので、冬粉(ドンフェン)20元を追加注文!
IMG_2025
いろいろなダシが出たスープを思いっきり吸い、とっても美味しかったです。

大満足の鍋のあとは、スイーツもやってきました。
IMG_2023
ナッツがたくさんかかった、ごま風味のプリンで、こちらもとても美味しかったです。


ということで、1人でも二色鍋が楽しめるお店のご紹介でした。
二色鍋が食べたい!でも一人旅だから行けない!!という話をよく聞いていたので、一人旅でも二色鍋が食べたい方にとっては、かなり重宝するお店かと思います。お鍋も牛や豚以外に、羊や海鮮も選べ、また単品で追加注文も可能なので、ぜひぜひ気になる方は訪れてみて下さい。

IMG_2026


子辣。個人。麻辣

台北市松山區延吉街12-1號
営業時間:11:30~14:00 / 17:30~21:15
https://www.facebook.com/zilaspice/
最寄り駅:小巨蛋駅、忠孝敦化駅
 

2016年の受付は終了致しました。食べ台湾読者からのお問い合わせで「日本へマンゴーを送りたいんですが、今年は不作の為、どこも配送手続きを締め切ってしまったようです。どこかご存知ありませんか?」という内容を何件か頂きました。台湾直送のアップルマンゴー(愛文 ... 続きを読む
2016年の受付は終了致しました。

食べ台湾読者からのお問い合わせで「日本へマンゴーを送りたいんですが、今年は不作の為、どこも配送手続きを締め切ってしまったようです。どこかご存知ありませんか?」という内容を何件か頂きました。

台湾直送のアップルマンゴー(愛文芒果)、台湾在住の方はお歳暮などで結構活用しているのですが、2016年の今年は本当に不作で、有名百貨店からの発送は早々に募集を締め切ってしまったようです。

実際台湾の市場で買うよりも日本へ発送すると数倍高いのではありますが、日本への個人での持ち込みは出来ないですし、やはり輸送コストや出荷に関わる検疫などの費用を考えると仕方ないのかもしれません。

私も何度も送っていますが(今年も送りました)、本当に喜んで頂けます!

さて、私の台湾の知り合いにいくつかあたってみたところ、まだ絶賛受付中の会社があったのでご紹介致します。

星翁企業有限公司という会社で受付中です。
de9deb_3482a3ee4f514be39234cb625eb94a74

注文方法は下記をご参考下さい。
http://grandstartw.wix.com/japan#!blank/c24hg

マンゴーはもちろんアップルマンゴーでお馴染みの愛文芒果で、産地はマンゴーの里で有名な台南の玉井です。

台湾にいらっしゃる方は直接訪問での注文も可能のようですし、もちろん日本在住の方も電子決済等で発注可能です。

台湾マンゴーを贈呈すると本当に喜ばれます。是非、「今年は忘れた!間に合わなかった!」「一度送ってみたい!」という方は、是非この機会にどうぞ。

尚、本内容は2016年6月29日時点のものですが、今年は例年に比べ、収穫量が少ないため、取り扱いが終了することもありますので予めご了承下さい。

以上、食べ台湾Q&Aでした。

2016年の受付は終了致しました。
 

先日、日本に一時帰国する機会があり、実家へのおみやげに何が欲しいか聞いたところ、生のパイナップルが良いとのこと。生のパイナップルって日本へ持ち帰れるの!?ということで植物防疫所のホームページより、旅行者用簡易検索情報で「海外から野菜や果物を持ち込む際の規 ... 続きを読む
先日、日本に一時帰国する機会があり、実家へのおみやげに何が欲しいか聞いたところ、生のパイナップルが良いとのこと。

生のパイナップルって日本へ持ち帰れるの!?

ということで植物防疫所のホームページより、旅行者用簡易検索情報で「海外から野菜や果物を持ち込む際の規制」について調べてみました。

台湾の輸入規制一覧はこちらから調べることが出来ます。

見てみると確かに台湾からはパイナップルやココヤシ、ドリアン、タマリンドなどのフルーツの他、コリアンダー(香菜)やバジル、ニンニク、レモングラスなどが入国時に審査を受け、合格すれば持ち込むことが可能とのこと。

ということで、良いパイナップルを買おうと思い、以前ご紹介した希望広場へとやってきました。
DSC04390
一通り見て、美味しそうなこちら、1つ200元の高級パイナップルを発見。
DSC04391
パイナップル専門農家で、こだわりのあるパイナップルとのこと。

3つ購入してみました。
DSC04400
この3つを袋に入れ、新聞紙にくるみ、ダンボールに入れて日本へと持ち込んでみました。
尚、今回は預け入れ荷物として運びます。スーツケースの中に入れて運んでも問題ありません。
また台湾での出国時の検査は特に必要ありません。
IMG_2382
IMG_2383
今回は台北松山空港から羽田国際空港の便でしたので、羽田国際空港にある植物検疫所に向かいました。
税関検査カウンターを通る手前、荷物ターンテーブルの端にカウンターがあります。
以前、魯肉飯の缶詰とインスタント牛肉麺を持ち込んで立ち寄った、動物検疫所に併設されています。

参考:【コラム】台湾から魯肉飯の缶詰を日本に持ち込んで良いか実際に試してみました

先ず、検疫官の方に「台湾からパイナップルを持ち込んだのですが、調べて頂けますか?」と尋ねたところ、「わかりました、調べてみます。持ち込まれたパイナップルを拝見しますね。」ということで、ダンボールをあけ、実際に持ち込んだパイナップルをお見せました。
検疫官の方は一つ一つ、葉の周りやパイナップルの底の部分を見て、虫がいないかなどをチェックされました。パイナップル1つに掛かった時間は1つ1分以内程度。一通り検査をされたところ全部合格、植物検査合格証印が押された証明書を貼って頂きました。今回の所要時間は3分程度しか掛からずすぐに終わりました。
DSC00179
これで無事、持ち込むことが可能です!!
ちなみに、「マンゴーの持ち込みは出来ないと思いますが、皮を剥いてカットしてタッパーに入れて、カットフルーツとして持ち込むことは可能ですか?」と聞いたところ、「例えカットしたとしてもマンゴーの日本への個人持ち込みは出来ないんですよ」とのこと。
やっぱりそうなんですねー、勉強になりました!ちなみに、この季節のライチも禁止ですのでご注意下さい。

ということで、実家に持ち帰り、冷蔵庫で一晩冷やして早速一緒に頂きました。
台湾の果物屋さんのように、丸ごとのまま皮は剥けないので、2つに割って皮を縦に切り裂いてもらいます。
DSC00182
DSC00180
写真を取るなら、ということで盛ってもらいました。
DSC00186
1つ食べてみると、「なにこれ!?全然日本で食べるパイナップルと違う!!」と驚いていました。
日本で一般的に流通しているパイナップルは酵素が強く、口がヒリヒリするし、繊維質も強くて硬いけど、これはぜんぜん違う!芯まで食べられてとっても美味しい!と満足頂けました。
DSC00187
兄のAniwanと姉のAnewanにもプレゼントしたところ、とっても美味しかった!とのこと。
おみやげで喜んで貰えると、やっぱり嬉しいですね!


ということで、今回はパイナップルを実際に持ち帰ってみました。
結構かさ張りますが、日本ではなかなか口に出来ないと思うので、この夏のおみやげは生パイナップルで決まりですね!
尚、日本へ持ち帰る際は、必ず植物検疫を受けてください。また検疫の結果次第では、持ち込みが出来るとは限りませんのでご了承下さい。尚、前述の通りパイナップル以外でも検疫を通せば日本に持ち帰れるフルーツはありますが、不明な場合は必ず植物防疫所に問い合わせるようにして下さい。

本内容は2016年6月時点での記録です。海外から日本へ植物を持ち込みをする際は、必ず植物防疫所のホームページを確認の上、自己責任でお願い致します。


植物防疫所

http://www.maff.go.jp/pps/

今回ご紹介するのは、士林駅近くのマンゴーかき氷です。芒果雪花冰は見た目も口当たりもトロケました。 ... 続きを読む
食べ台湾読者より美味しい情報を頂きました。

「士林駅からすぐの場所に、美味しいマンゴーかき氷のお店があります。台湾人の友人に連れて行ってもらったのですが、最近のお気に入りなので是非訪問してみてください!」

ということで早速行ってみました。

場所は士林駅の1番出口をそのままMRT高架を上に見ながら歩き、横断歩道で中正路を渡って少し行くとあります。

GomanMango
DSC00284
福寿街を真っ直ぐ行くと左側に見えました。
黄色のマンゴーのような色のお店が目印です。

ちなみに、高架の下をそのまま行ってもお店に行くことができるように、左右どちらからでも入れる造りになっています。
DSC00304
取り敢えず遠くからでも目立つマンゴー色なので、マンゴー色のお店を目指しましょう。

中もマンゴー色で統一されており、綺麗な店内です。
DSC00306

こちらメニュー。
DSC00303
カウンターで注文をしてお支払い。
好きな席に座って待ちましょう!

待つこと数分やってきました。

芒果雪花冰(マングオシュエホワビン)170元
DSC00292
どーーん!かなり大きく大量のマンゴーが!
全体的にトロンとしており、「とろけるマンゴーかき氷」というビジュアルですね。

こんなに大量のマンゴー・・・、と思いきや片側半分だけ盛られていました。
DSC00290
美味しい情報として送られてきた写真はまた違う盛り方だったので、店員さんのアドリブが入るようですね!尚、こちらのかき氷は雪花氷なので、味付きの氷をフワフワの雪のように削ったものになります。

ちなみにマンゴー以外にマンゴーゼリーとパンナコッタ?ココナッツプリンかな?も盛られています。
DSC00291
お味はというと、見た目ほど甘さはクドくありません。
マンゴーは甘いけれども少し酸味もある感じで、バクバクと食べられました。


雪花氷は、上はフワッフワの状態で口に入れるとふわ〜っと溶けていきます。
食べ進めると、下の方はスムージーのようなシャワシャワした食感の氷になっており、また違った美味しさを楽しむことが出来ました。
DSC00302
1人で1つは若干厳しいかもしれませんが、お腹に余裕があればイケルでしょう。


芒果刨冰(マングオバオビン)130元
DSC00294
はい、もう一つのマンゴーかき氷も頼んでみました。
こちら普通の氷を削ったかき氷です。
雪花氷のように氷に味がついているわけではなく、また黒糖も甘さが控えめなので、マンゴー本来の味を楽しむことが出来ます。
DSC00295
一番上にのっているマンゴーアイスもとっても美味しく、黒糖やマンゴーとは違った甘さがあり全体的にすっきりとした味わいでした。
雪花氷よりもガリガリとした氷のため食べ応えはありますが、これはこれで1人1つは多分余裕でイケルと思います。


ということで、美味しい情報を元に伺ったマンゴーかき氷のお店でした。
マンゴーかき氷以外に普通の黒糖かき氷やバナナやストロベリーかき氷、豆腐デザートの豆花もあるので、色々な人も楽しめるかと思います。
マンゴーは台湾各地から取り寄せており、マンゴーかき氷の販売はだいたい5月から11月までだそうです。


GomanMango

台北市士林区福寿街9號
営業時間:11:30〜22:00
定休日:月曜日
最寄り駅:士林駅
https://www.facebook.com/Pengsentice/ 

「はじめて台北に行くのですが、絶対に行ったほうが良いお店はどこですか?」と読者の方からの問い合わせを頂く際、私は必ず「鼎泰豊の本店」と答えしています。鼎泰豊は世界的にも有名なレストランであり、日本にも勿論進出していますが、「鼎泰豊本店で小籠包を食べた」と ... 続きを読む
「はじめて台北に行くのですが、絶対に行ったほうが良いお店はどこですか?」と読者の方からの問い合わせを頂く際、私は必ず「鼎泰豊の本店」と答えしています。鼎泰豊は世界的にも有名なレストランであり、日本にも勿論進出していますが、「鼎泰豊本店で小籠包を食べた」という経験はやはり台北の本店でしか得られないものだと思います。


ということで、今回は鼎泰豊ではありませんが、小籠包のお店のご紹介です。
世界の鼎泰豊ではなく、思いっきりローカルなお店です。

場所は忠孝東路と杭州南路の交差点近く、MRT善導寺駅から徒歩数分の場所です。

上台北小館(シャンタイベイシャオグヮン)
IMG_2366
緑色のローカル色満載の看板です。
とはいえ、お店のガラスには「五つ星級の美食」との記載があります。
IMG_2367
でも中はもちろんローカルな雰囲気。
厨房の熱気がムワッとくる感じのお店です。
IMG_2364
注文はオーダーシート。
 IMG_2349
好きなものにチェックを入れ、自分のテーブルの番号を書き込み店員に渡しましょう。

小菜はセルフサービス。
茹でピーナッツを持ってきました。
IMG_2350
八角の味がキツイので八角嫌いは結構ツライとは思いますが、私は大好きです。
これをつまみながら台湾ビールを飲むと、ふぅっと落ち着くんですよね。

待つこと数分、やってきました。

経典牛肉麺(ジンディェンニョウロウミェン)130元
 IMG_2351
経典、つまり定番という意味なので、定番の牛肉麺って感じでしょうか。
麺もツルツルっと美味しく、スープもこれぞ牛肉麺!という感じです。
IMG_2352
これはこれで美味しかったです。
専門店で食べるのと遜色のない味わいでした。


招牌小籠湯包(ジャオパイショウロンタンバオ)120元
IMG_2355
食べ台湾のコアな読者の方ならわかると思いますが、初めて入るお店に行って何を頼んだら良いかわからない場合は「招牌」と書いてあるメニューか、一番左上のメニューを頼むのが定説です。
こちらのお店の小籠包は、一番左上にあり、そして「看板」の意味を持つ「招牌」がついています。
つまりこちらのお店の看板メニューが小籠包ということですね。
しかも小籠包の3段活用の2段目、小籠「湯」包じゃないですか。つまりスープ多め!
ちなみに、最上級は灌湯包だと勝手に思っています。

参考記事:喜揚揚灌湯包 スープの量が半端なく多すぎる小籠包

ではレンゲにのせて、恒例のスープチェック。
小籠包の横っ腹に箸を差し込んで開く、「横入刀」するとドボドボドボーーー!
IMG_2356
思いっきりスープが溢れて飛び出してきました。
このスープの量は半端ない!

取り敢えずフーフーしてバクッと行くと、中身がトロットロ!!!

正直透き通ったような洗練された味ではありませんが、荒々しい味付けの奥に優しさがある。例えるとおふくろの味というのでしょうか。自分の母親(mamawan)は小籠包を作りませんが、そんな気分になりました。

さて、さっきはスープがこぼれてしまったので、取り敢えずもう一度スープチェック。
小籠包の先っちょの山の部分をかじり取る食べ方、「山かじり」をするとこれまたドボドボ!!
IMG_2358
すごいです。やっぱりこのスープの量はすごい!
と思いきや、全部が全部スープ多め!というわけではなく、既に割れていてスープが流れでてしまっていた個体もあったので、そこはご愛嬌。
ある程度冷めたら、箸などで割らずにそのまま口に入れる「ガブ籠包」という食べ方をすると、口の中は幸せなスープでいっぱいになるので、ぜひどうぞ!

牛肉大餅(ニョウロウダーピン)90元
IMG_2353
隣の人が食べていて美味しそうだったので頼んでみました。
小麦粉の皮で出来た餅に牛肉を巻いたものです。
中にはきゅうりと葱が入っていました。
IMG_2354
このタイプの牛肉は、八角などで煮込んだものを使っているお店が多いのですがこちらのはそのままの牛肉。とってもジューシーで、例えるのであれば、北京ダックの牛肉版とでも言えるでしょう。「五つ星級って(笑)」って思っていましたが、何気にクオリティー高かったです。


ということで、ローカルなのにとっても美味しかったお店のご紹介でした。
いやしかし、あの小籠包のスープの量は正直今までで一番かもしれません。有名な小籠包を経験された方は、ぜひこういったローカルなお店で食べる小籠包も試してみてください。
尚、こちらの小籠包はお昼に行くのが狙い目です。仕込みたて(包みたて)の小籠包は格別です。
また普通の小籠包以外にもエビと瓜の小籠包もあるので、次回はそれを試してみたいと思います。


上台北小館


台北市中正區杭州南路一段7號
営業時間:11:00~14:00 / 17:00~21:00
最寄り駅:善導寺
 

台北最大の夜市と言えば「士林夜市」ですね。MRT剣潭駅の目の前から広がるあの熱気、 誰でも心がワクワクするかと思います。じゃあ昼間の士林どうなってるのか!?ということで日曜の昼間に行ってみました。今回の目的地は観光客でいつもごった返している士林市場の美食区が ... 続きを読む
台北最大の夜市と言えば「士林夜市」ですね。

MRT剣潭駅の目の前から広がるあの熱気、 誰でも心がワクワクするかと思います。

じゃあ昼間の士林どうなってるのか!?ということで日曜の昼間に行ってみました。

今回の目的地は観光客でいつもごった返している士林市場の美食区があるこちらの建物です。1階にはゲームなどを含めた屋台、地下には色々なお店が広がっている場所です。
DSC04340
夜は色々なお店が出ているのですが、昼間は普通にその名の通り市場なんですよね。
DSC04342
肉や魚や果物など、色々売っていました。

ではお目当ての美食区がある地下に降りてみましょう。
こちらの地下街は、月から木は15:00から24:00、金土日は11:30から24:00まで開いています。
DSC04377
今回入ったのは、日曜日のお昼12:00。
地下の電気は点いているものの、人も全然いません。
ただ、いくつかのお店には空いていました。全体の3割程度が開店しているという感じです。

ぐるっと回ってみましたが、やはりお客さんは全然いません。
DSC04376
ということで、一際明るい場所にあったこちらのお店に入ってみることにしました。
DSC04369
外には美味しそうな食材が並んでいます。
DSC04375
出るときには数組入ってきましたが、ガラガラで、ほぼ貸切状態でした。
DSC04367 copy
となりが棺桶トーストの官財板のお店です。
DSC04374
そして正面がフルーツジュースのお店です。
DSC04371
経営が同じのようで、メニューをそれぞれ渡され、何でも頼み放題の状態でした。

取り敢えずそれぞれのメニューです。
DSC04350
DSC04351
DSC04370
オーダー表もありますが、お客さんは他にいないため、ゆっくり選ばせて頂きました。

オーダーが終わると、調理に取り掛かられていましたが、出てくるのがとても早かったです。
DSC04349

待つこと数分、やってきたのはこちら。

脆皮臭豆腐(ツイピーチョウドウフ)50元
DSC04352
私の大好きな台湾小吃の一つ、臭豆腐です。
匂いを嗅ぐだけで絶対無理!という話をよく聞きますが、個人的には是非一度試して頂きたいですね。
ちなみにこちらのは、そこそこ臭く、周りもカリッと揚がっていて美味しかったです。

蝦仁炒飯(シャーレンチャオファン)70元
DSC04353
70元で美味しい炒飯が食べられるって素敵ですよね。
しかもお米パラパラで、とっても美味しいです。コスパも良く大満足です。

台南担仔麺(タイナンタンツーミェン)50元
DSC04361
50元なので小サイズが出てくると思ったら、思いっきり普通のサイズが出てきました。
これで50元は安い!しかし量が多い・・・!
麺はコシのあまり無い麺ですが、まぁこれはこれでアリでしょう。
あっさりと頂くことが出来ました。

蝦仁煎(シャーレンチェン)50元
DSC04362
このビジュアルと言えば、牡蠣のが有名ですが、今回はエビのを頼んでみました。
牡蠣のようにミルキーな濃いインパクトの有る味はありませんが、あのプルプルの食感は味わえました。
牡蠣が食べられない人は、こちらで楽しむのも良いですね。

次の品はお隣のお店からやってきました。
棺桶トーストの官財板です。
過去記事はこちら:[士林夜市] 官財板 揚げた食パンにシチューを挟んだ台南名物

牛肉起士(ニョウロウチースー)60元
DSC04363
見た目カリッカリです。
中をワクワクしながらあけると、とろーりチーズと牛肉が見えてきました。
DSC04366
サックサクに揚がったトーストの中にシチューが入っています。
ガブッと行くと、サクッ、ジュワ~、トローな感じです。やっぱり美味しいですねぇこれは。

お次は正面のお店からやってきました。

西瓜牛奶(シーグワニョウナイ)
DSC04368
スイカミルクです。パパイヤミルクとは違い、かなりあっさりとした口当たりでしたが、美味しいスイカの季節だとほのかな甘味がとても癒やされます。


ということで、士林市場の美食区をゆっくりと満喫してみました。
休日の夜は、人人人!でごった返しており、熱気と人で酔いそうになるので、また違う雰囲気を持つ昼間の美食区はお薦めです。
ただ、開いているお店が少ないので、もし色々選択肢が欲しい場合は、早めの夜の時間に訪れるのもアリですね。

昼食後、士林夜市周辺も歩いてみました。
剣潭駅を少し先に進み、あの辺りから夜市が始まるのかな?というアノ場所はこんな感じ。
DSC04384
日曜の昼間ですが、全然人がいません。

屋台がいくつも連なっているあの場所はと言うと
DSC04383
車通りはあるものの、屋台は全然ありません。

中央の通りはこのような感じ。
DSC04378

特に何もありませんが、普段人でごった返している場所を昼間通るのも面白いですね。

以上、士林夜市の昼間のレポートでした。


士林市場地下美食区

台北市士林区基河路101號
営業時間:月-木15:00~24:00 / 金土日11:30~24:00

排骨飯って美味しいですよね。骨付き豚肉をカラッと揚げて、独特のタレに漬け込んで・・・。個人的に排骨飯というと、台北駅の台鐵便當が大好きですが、今回はローカル度抜群のお店で頂く絶品排骨飯をご紹介したいと思います。場所は、中山駅から南京西路を西に少し行った赤 ... 続きを読む
排骨飯って美味しいですよね。

骨付き豚肉をカラッと揚げて、独特のタレに漬け込んで・・・。

個人的に排骨飯というと、台北駅の台鐵便當が大好きですが、今回はローカル度抜群のお店で頂く絶品排骨飯をご紹介したいと思います。

場所は、中山駅から南京西路を西に少し行った赤峰街沿いにあります。

赤峰街無名排骨飯(チーフォンジェウーミンパイグーファン)
IMG_2318
赤峰街にある無名、つまり名前のない排骨飯のお店という意味です。

かなり分かり難いですが、お店の窓にこのメニューが貼ってあるのが目印です。
IMG_2304
常に人が絶えず、中に入るとテーブル席が少ししかなく、かなり狭いお店です。

壁にはいくつかメニューがありますが、基本は排骨飯ともう一つオススメの牛肉燴飯という餡掛けご飯が有名です。
IMG_2315

中に入り列に並び、口頭注文、席に運ばれて、その場で会計という流れです。
口頭注文が難しい場合は、紙に書いて渡すのが良いでしょう。

待つこと数分、やってきました。

排骨飯(パイグーファン)85元
IMG_2308
排骨とご飯が別々にやってきました。

排骨はこんな感じで素晴らしく照り輝いています。
IMG_2310
醤油ベースのタレに少し玉ねぎかネギ系のエキスも混ざっており、素晴らしく美味しいです。
ちなみに八角の味は感じられませんでした。

こちらはご飯で上に油でカラッと揚がった目玉焼きがのっており、舌にはキャベツをメインとした野菜が敷かれていました。
IMG_2309
もう別々に食べる理由なのでないので、オンTHEライスしてみました。
IMG_2314
排骨、目玉焼き、白飯、野菜の順番で頬張ります。何と言っても、タレがジュッと染みこんだお肉と目玉焼きのカリカリ感と塩加減がたまりません。
もうご飯がススムススム!
進み過ぎてご飯マネジメントに失敗をし、排骨が二切れ程残る前に下のご飯を食べきってしました。

ちなみに、骨近くの筋っぽいお肉の部分が個人的に一番好きです。


牛肉燴飯(ニョウロウホエファン)85元
IMG_2311
こちら看板メニューの一つである、牛肉の餡掛けご飯です。

排骨飯と同様にカリカリっと揚がった目玉焼きがのっています。

餡掛けの具はシンプルに牛肉と青菜。牛肉は台湾牛を使用しているようです。
IMG_2312
青菜の歯ごたえが良く、また牛肉は柔らかく、噛めば噛むほど牛肉の旨味が染み出してきます。
味付け醤油ベースで、こちらも日本人が好きそうな味です。


毎日列湯(メイルーリエタン)35元
IMG_2316
今日のスープって感じですね。本日は鶏肉と大根、コーンのスープでした。
この何気ないスープの正直絶品で、とっても美味しかったです。スープを食べた方が満足度は高いかもしれません。


ということで、ローカル度抜群の排骨飯のご紹介でした。
時間帯に寄ってはかなり人が多く、お店の中も混雑しており勝手がわからないかもしれませんが、取り敢えず並びましょう!テイクアウトの人も多いのですが、夫婦で切り盛り&注文が入ってから作るので、少々回転は悪いです。開店直前に行って少し並んでから入るというのもありです。


赤峰街無名排骨飯

台北市赤峰街4-3號
営業時間:12:00~14:00 / 17:00~20:00
定休日:不定休