食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


台湾好きの友人から面白い饅頭バーガーが食べられるカフェがあると聞きやってきました。饅頭バーガーと言えば、石家割包のような台湾ハンバーガーかと思いきや、普通の饅頭を使っており、例の永和豆漿のような饅頭バーガーに似ているけど、ちょっと洋風だとか。しかも場所が ... 続きを読む
台湾好きの友人から面白い饅頭バーガーが食べられるカフェがあると聞きやってきました。

饅頭バーガーと言えば、石家割包のような台湾ハンバーガーかと思いきや、普通の饅頭を使っており、例の永和豆漿のような饅頭バーガーに似ているけど、ちょっと洋風だとか。
しかも場所がかなり分かりにくいとか。

ということでやってきました。
場所は、懐寧街沿い開封街の交差点近く、ビル1階の奥にあります。

Actor Beans 雅豆咖啡(ヤードウカーフェ)
DSC02713
看板はコーヒー豆をバックに赤い文字で書いてあるので、全然目立ちません。

ビルの入口はこのような感じです。
DSC02702
週末の朝方だったので人気も少なく、周りのお店も締まっています。


続きを読む

雙連朝市の豆漿屋さんといえば世紀豆漿大王かと思いますが、雙連朝市の横道に行くと別の豆漿屋さんがあり、そこに面白い蛋餅があったのでご紹介します。場所は雙連朝市の通りにある廟、「文昌宮」の裏手にあります。佳佳豆漿店(ジャジャドウジャンデェン)青いきれいな看板 ... 続きを読む
雙連朝市の豆漿屋さんといえば世紀豆漿大王かと思いますが、雙連朝市の横道に行くと別の豆漿屋さんがあり、そこに面白い蛋餅があったのでご紹介します。

場所は雙連朝市の通りにある廟、「文昌宮」の裏手にあります。

佳佳豆漿店(ジャジャドウジャンデェン)
DSC03192
青いきれいな看板が目立ちます。


続きを読む

全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は最終回となります。過去記事はこちらからどうぞ。【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(1)【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(2)【旅記】屏 ... 続きを読む
全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は最終回となります。

過去記事はこちらからどうぞ。
【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(1)
【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(2)
【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(3)


~前回のおさらい~
小琉球の絶景スポットを巡り、ついに小琉球滞在も終了。
フェリーで屏東に戻ってきました。
しかしこの旅はここで終わりではありません!


最後に食の宝庫、市場へ向かいましょう!!

華僑市場(ホワチャオスーチャン)
1
市民の台所でもある市場は見ているだけでも驚きと楽しさでいっぱいです!

続きを読む

全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は3回目となります。~前回のおさらい~台湾最南部の小島・小琉球にやってきました。島ならではの美味しいものを食べ、ウミガメと一緒に泳ぐ貴重な体験をしました。さて今回は小琉球の夕飯か ... 続きを読む
全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は3回目となります。
~前回のおさらい~
台湾最南部の小島・小琉球にやってきました。
島ならではの美味しいものを食べ、ウミガメと一緒に泳ぐ貴重な体験をしました。


さて今回は小琉球の夕飯からご紹介したいと思います。

琉夏萊旅店
1
こちらは民宿を経営していますが、1階のレストランは宿泊客以外の方も利用可能です。


続きを読む

全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は2回目となります。~前回のおさらい~総勢6名で屏東までやってきました。屏東でしか食べれない、美味しいものを食べ、まだ日本人にはなかなか知られていない観光地もご紹介致しました。今回 ... 続きを読む
全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は2回目となります。


~前回のおさらい~
総勢6名で屏東までやってきました。屏東でしか食べれない、美味しいものを食べ、まだ日本人にはなかなか知られていない観光地もご紹介致しました。


今回は旅行1日目 屏東でお世話になった民宿からご紹介いたしましょう。

大鵬灣發現祕境民宿(ダーペンワンファーシェンミージンミンシュー)
1
外観は見事な船の形になっています。



続きを読む

こんにちは、Aiwanです。食べ台湾もお陰様で認知度が上がったのか、台湾メディア向けツアー「屏東・小琉球旅行」というものにお声掛けをいただきました!!!食べ台湾を通じ、日本人に台北以外の観光地を紹介してもっと台湾を知ってほしい、そんなツアーです。台湾のためなら ... 続きを読む
こんにちは、Aiwanです。

食べ台湾もお陰様で認知度が上がったのか、台湾メディア向けツアー「屏東・小琉球旅行」というものにお声掛けをいただきました!!!

食べ台湾を通じ、日本人に台北以外の観光地を紹介してもっと台湾を知ってほしい、そんなツアーです。

台湾のためなら!!!と意気込んでいたものの、残念ながら別の用事が入っており調整が出来ず。
しかし台湾のために紹介をしたい!ということで、今回は友人の「Melissa」にお願いをし、「食べ台湾ライター」として参加をしていただくことになりました。


ということで、食べ台湾特別編として合計4回に渡る

「屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記」

をお届けしたいと思います!


では、Melissaさん、よろしくお願い致します。



はじめまして!Melissaです。 

Aiwanさんに代わって、4回にわたり、私Melissaがお送り致します!
どうぞよろしくお願い致します。

さて、この度、私の住んでいる台北を飛び出し、南部の屏東(ピンドン)と離島の小琉球(シャオリュウチョウ)にご招待いただきました。 

食べ台湾は食に関して発信しているブログではございますが、この場をお借りして食はもちろんのこと、まだ知られていない屏東と小琉球の観光スポットも紹介していきたいと思います。 

どうぞお付き合いください! 

 
それでは早速、韓国人ブロガーさん2名、フランス人1名、今回の企画をした会社の方2名、そして私の計6名の賑やかな旅の始まりです。 


さっそく、台北から「屏東県」を目指します! 

ところで「屏東」とは?

屏東の場所はこちら。 
1520854465276
台湾の最も南部に位置し、台湾一のリゾートと言われる「墾丁(クンディン)」があるのも屏東県です。 

続きを読む

では寧夏夜市で主食と致しましょう。どれもこれも美味しそうなのが夜市ですが、今回は見た瞬間に「あ、これ食べよ!」と思えたビジュアルがあったのがこちら。場所は寧夏夜市の北側で、屋台番号は44番です。牛媽媽焢肉飯(ニョウマーマーコンロウファン)屋台向かって右側に ... 続きを読む
では寧夏夜市で主食と致しましょう。

どれもこれも美味しそうなのが夜市ですが、今回は見た瞬間に「あ、これ食べよ!」と思えたビジュアルがあったのがこちら。

場所は寧夏夜市の北側で、屋台番号は44番です。

牛媽媽焢肉飯(ニョウマーマーコンロウファン)
IMG_4440
屋台向かって右側に、比較的大き目のイートインスペースがあります。

続きを読む

寧夏夜市です。食べ台湾読者の方ならご存しかと思いますが、私は香菜(シャンツァイ)、パクチーが大好き。最近は日本でも市民権を得ているようで嬉しい限りです。 そんなパクチーマニアでパクチニストも納得のデザートをご紹介致します。場所は寧夏夜市真ん中でしょうか。 ... 続きを読む
寧夏夜市です。

食べ台湾読者の方ならご存しかと思いますが、私は香菜(シャンツァイ)、パクチーが大好き。
最近は日本でも市民権を得ているようで嬉しい限りです。
 
そんなパクチーマニアでパクチニストも納得のデザートをご紹介致します。

場所は寧夏夜市真ん中でしょうか。屋台番号は115番です。

雅米花生捲冰淇淋(ヤーミーファーシェンジュワンビンチーリン)
IMG_4449
ピーナッツアイスクリームロールと日本語でも書いてありますね。

続きを読む

寧夏夜市へやってきました。様々な種類の屋台がある美食夜市で有名な寧夏夜市ですが、目に入りがちなのは「美味しそう!」ひと目見て思うものばかり。見た目は得体の分からないものだけど、一口食べたら虜になる、そんな一品をご紹介したいと思います。場所は寧夏夜市、真ん ... 続きを読む
寧夏夜市へやってきました。

様々な種類の屋台がある美食夜市で有名な寧夏夜市ですが、目に入りがちなのは「美味しそう!」ひと目見て思うものばかり。

見た目は得体の分からないものだけど、一口食べたら虜になる、そんな一品をご紹介したいと思います。

場所は寧夏夜市、真ん中より民生西路に近い北側、屋台番号は43番です。

秋雲潤餅(ジュウユンルンビン)
IMG_4433
 

ご紹介するのは潤餅(ルンビン)です。
パッと見、「何が巻いてあるんだろう、美味しいのだろうか?」と思いつつも素通りした人も多いのではないでしょうか。


続きを読む

スーパーマーケットの紹介記事が相変わらず食べ台湾で人気なので、今年も「お土産買うならやっぱりスーパー2018」としてカルフールを紹介しようと思います。ちなみに過去の記事はこちら。お土産買うならやっぱりスーパー カルフール(家楽福)編お土産買うならやっぱりスー ... 続きを読む
スーパーマーケットの紹介記事が相変わらず食べ台湾で人気なので、今年も「お土産買うならやっぱりスーパー2018」としてカルフールを紹介しようと思います。

ちなみに過去の記事はこちら。

お土産買うならやっぱりスーパー カルフール(家楽福)編
お土産買うならやっぱりスーパー 2017カルフール(家楽福)編

西門駅近くの24時間営業のカルフール(桂林店)をご紹介していましたが、今回は寧夏夜市からも徒歩で行ける重慶店をご紹介します。

場所は重慶北路と錦西街の交差点、スターバックス保安店の斜め前にあります。

家楽福重慶店(ジャーラーフーチョンチンディェン)
IMG_4470

こちらは24時間営業ではなく、朝9時から深夜2時までの営業となっています。

続きを読む

ホント、台湾の鶏肉って最高に美味しいですよね。もう大好き過ぎて、美味しい鶏肉があればどこへでも食べに行きたい!ということで、今回ご紹介するのはローカル店で手軽にいただく鶏肉です。鶏肉も良いけれど、鶏肉のタレがかかった鶏肉飯、鶏肉タレーライス的なものもオス ... 続きを読む
ホント、台湾の鶏肉って最高に美味しいですよね。
もう大好き過ぎて、美味しい鶏肉があればどこへでも食べに行きたい!

ということで、今回ご紹介するのはローカル店で手軽にいただく鶏肉です。
鶏肉も良いけれど、鶏肉のタレがかかった鶏肉飯、鶏肉タレーライス的なものもオススメのお店です。

場所は台北市の西側の川沿いの近く、環河南路沿いにあります。
最寄り駅は西門ですが、そこそこ歩きます。

施福建好吃鶏肉(シーフージェンハオツージーロウ)
DSC01762
黄色の看板が目印ですが、かなりごちゃごちゃした場所にあるのでわかりにくいかもしれません。


続きを読む

台湾にはさまざまな麺がありますが、ガッツリ食べたい時は牛肉麺を選ぶことが多いです。だしの効いたスープを味わいつつ、麺をすすってお肉をガブリ。この時期、今日は寒いなぁという日もこれで温まりますよね。今回は、行天宮駅からすぐの松江市場、その中にある小さな牛肉 ... 続きを読む
台湾にはさまざまな麺がありますが、ガッツリ食べたい時は牛肉麺を選ぶことが多いです。
だしの効いたスープを味わいつつ、麺をすすってお肉をガブリ。
この時期、今日は寒いなぁという日もこれで温まりますよね。

今回は、行天宮駅からすぐの松江市場、その中にある小さな牛肉麺屋さんをご紹介いたします。
松江市場は行天宮駅4番出口を出て直ぐの場所にあります。

お店の場所は松江市場の地下2階。
沈記牛肉麺(シェンジーニュウロウミェン)
写真 2018-01-13 16 01 21
お昼過ぎともなると市場のお店は続々と店じまいしていきますが、こちらのお店は営業中です。

続きを読む

朝におかゆが食べたい!というリクエストも日本からの友人にも多いんですよね。中華圏の朝食として連想するものの一つにお粥が出てくるのですが、日本のお粥のように白粥を出すお店も多いので、「鹹粥」(シェンゾウ)をご紹介したいと思います。鹹粥を食べられるお店は市内 ... 続きを読む
朝におかゆが食べたい!
というリクエストも日本からの友人にも多いんですよね。
中華圏の朝食として連想するものの一つにお粥が出てくるのですが、日本のお粥のように白粥を出すお店も多いので、「鹹粥」(シェンゾウ)をご紹介したいと思います。

鹹粥を食べられるお店は市内にもたくさんありますが、今回はお気に入りのこちら。

場所は龍山寺駅を北上して徒歩7分ほど、西昌街沿いにあります

老艋舺鹹粥店(ラオメンシャーシェンゾウディエン)
DSC01865


続きを読む

台湾でいただくパンは本当に美味しいですよね。理由はよく分かりませんが、その場で焼き上げたトーストとか最高!ということで、台湾大学のお膝元 公館駅近くにあるトースト屋さんをご紹介します。この辺りは学生街なので、軽食の激戦区です。公館駅出口1出て、右に曲がり ... 続きを読む
台湾でいただくパンは本当に美味しいですよね。
理由はよく分かりませんが、その場で焼き上げたトーストとか最高!

ということで、台湾大学のお膝元 公館駅近くにあるトースト屋さんをご紹介します。
この辺りは学生街なので、軽食の激戦区です。

公館駅出口1出て、右に曲がり、公館夜市や水源市場を通り、羅斯福路四段78巷の通りを右に曲がるとすぐに見つかります。

吃吐吧(チゥートゥーバ)
DSC_6669



続きを読む

2017年12月30日に新宿の霞舫飯店にて、食べ台湾交流会開催したのでレポート致します。ちなみに、9月は大阪でも開催致したので、今年は2回目の開催となりました。参考:【レポ】食べ台湾交流会in大阪@大阪同客餃子館を開催致しましたこちらが霞舫飯店です。西武新宿駅と西新 ... 続きを読む
2017年12月30日に新宿の霞舫飯店にて、食べ台湾交流会開催したのでレポート致します。

ちなみに、9月は大阪でも開催致したので、今年は2回目の開催となりました。

参考:【レポ】食べ台湾交流会in大阪@大阪同客餃子館を開催致しました

こちらが霞舫飯店です。
DSC02969
西武新宿駅と西新宿駅の中間辺りにあるこちらのお店、創業は1980年ということで約37年ほどの歴史がある台湾料理の有名店です。
オーナーは台湾の方で、今回は食べ台湾交流会を開催するということで、特別メニューをご用意いただきました。

続きを読む

今年の冬至は12月22日でした。日本では柚子風呂に入ったり、かぼちゃを食べたりしますが、台湾では湯圓というデザートを食べます。湯圓とは白玉みたいなお団子のようなもので、一般的に小豆や胡麻などが入ったものです。湯圓:Wikipedia今回はその冬至にぴったりで、見た目が ... 続きを読む
今年の冬至は12月22日でした。
日本では柚子風呂に入ったり、かぼちゃを食べたりしますが、台湾では湯圓というデザートを食べます。
湯圓とは白玉みたいなお団子のようなもので、一般的に小豆や胡麻などが入ったものです。

湯圓:Wikipedia

今回はその冬至にぴったりで、見た目がとっても可愛い湯圓をご紹介します。

場所は通化夜市の中、臨江街を通化街39巷50弄の方向へ少し北上した場所にある、行列が絶えないこちらのお店。
ネギたっぷりの小籠包、正好鮮肉小籠湯包の近くです。

参考記事:正好鮮肉小籠湯包 宜蘭の三星葱香る甘い肉汁が美味なネギネギしい小籠包

御品元冰火湯圓(ユーピンユェンビンフゥォタンユェン)
1
お持ち帰りの場合は並ばずに店員さんに注文すればすぐに用意してくれますが、店内で食べる場合はこの赤枠沿いに並ぶ必要があります。

続きを読む

食べ台湾でも何度かご紹介している福源の花生醤(ピーナッツバター)。食べ台湾読者から「どこで買えますか?」という問い合わせが多いので、台北の中山北路沿いにある、各地の物産が買えるお店をご紹介したいと思います。場所は、中山北路沿い、長安東路の交差点から少々北 ... 続きを読む
食べ台湾でも何度かご紹介している福源の花生醤(ピーナッツバター)。

食べ台湾読者から「どこで買えますか?」という問い合わせが多いので、台北の中山北路沿いにある、各地の物産が買えるお店をご紹介したいと思います。

場所は、中山北路沿い、長安東路の交差点から少々北に行った左側にあります。

華品摃丸台北店(フワピンカンワンタイペイディエン)
 DSC02701
普通に通り過ぎそうな店構えです。


続きを読む

ふとした瞬間に食べたくなる台湾小吃の個人的No.1は「胡椒餅」です。おやつにしては量が多いし、主食で食べるにしてはちょっと物足りない。でもお腹がいっぱいでも食べたくなるし、デザートの後でもかぶりつきたい。そんな魔性の胡椒餅、美味しいですよねー。ということで、 ... 続きを読む
ふとした瞬間に食べたくなる台湾小吃の個人的No.1は「胡椒餅」です。

おやつにしては量が多いし、主食で食べるにしてはちょっと物足りない。

でもお腹がいっぱいでも食べたくなるし、デザートの後でもかぶりつきたい。

そんな魔性の胡椒餅、美味しいですよねー。

ということで、今回は大龍街夜市というローカル夜市の入り口付近にある屋台をご紹介します。
昼間でも営業しているので、近くの保安宮にお参りしたついでふらっと訪れるのも良いですね。

場所は、酒泉街と大龍街の交差点にあります。

大龍胡椒餅(ダーロンフージャオビン)
DSC02496
赤い看板が目印です。

ごちゃごちゃしている地帯で、どれが屋台化わかりにくいですが、近くに行くと写真付きの看板があり、そこが屋台となります。

続きを読む

台湾のローカルグルメはたくさんありますが、なかなか観光客は手を出しにくいのが滷味(ルーウェイ)。醤油ベースに五香粉などの香辛料が入ったタレでグツグツ煮込んだ具材は、味が染みてほっとする味。日本でいうおでんみたいな存在です。夜市や屋台などでサクッと買うこと ... 続きを読む
台湾のローカルグルメはたくさんありますが、なかなか観光客は手を出しにくいのが滷味(ルーウェイ)。
醤油ベースに五香粉などの香辛料が入ったタレでグツグツ煮込んだ具材は、味が染みてほっとする味。日本でいうおでんみたいな存在です。
夜市や屋台などでサクッと買うことが多い滷味ですが、買い方も簡単でゆっくり座って食べれるお店にやってきました。

場所は忠孝復興路と市民大道を繋ぐ、安東街沿いにあります。

滷滷味 Luluway(ルールーウェイ)
16

続きを読む

用事がなくても歩くだけで楽しいのが迪化街ですね。漢方系の食材や乾物街として有名なこの通りですが、数年前と比べるとオシャレなお店が増えましたよね。そんな変わりゆく迪化街の中で、変わらず美味しい肉まんと漢方スープをいただけると屋台があります。ガイドブックにも ... 続きを読む
用事がなくても歩くだけで楽しいのが迪化街ですね。

漢方系の食材や乾物街として有名なこの通りですが、数年前と比べるとオシャレなお店が増えましたよね。
そんな変わりゆく迪化街の中で、変わらず美味しい肉まんと漢方スープをいただけると屋台があります。
ガイドブックにも必ず「美味しい肉まん!」として掲載されているお店ですが、ぜひスープも食べて欲しいのでご紹介したいと思います。

場所は迪化街と民生西路の交差点、彰化銀行の前にあります。
DSC01910

妙口四神湯(ミャオコウスーシェンタン)
DSC01906
道端にどドドンとせいろが積まれており、人も結構ごった返しています。
DSC01907
テイクアウトも可能ですが、やはりこの雰囲気を味わいながらいただくのが良いですよね。

並んでいる場合もあるので、雰囲気を見ながら空いている席を見付けて取り敢えず座りましょう。
DSC01912

メニューはこちら。
DSC01904
包子(バオズ)、肉まんが一つ20元
四神湯(スーシェンタン)、スープが一杯60元

店員さんに口頭注文すればOKです。

まずはこちら。

包子(バオズ)20元
DSC01898
日本の柔らかい肉まんのように見るからにふかふかです。
ガブッといくと、柔らかくふかふかの皮の中から餡がこんにちは。
DSC01901
餡は玉ねぎと豚肉がメインで、少しピリッと胡椒のアクセントが効いています。
肉汁は少なめですが、皮にジュワッと染み込んでいるので、ガブッと噛みしめると口の中が程よいしっとり感に包まれます。
餡は醤油ベースで、日本人好みの味付けですね。

そのまま食べても美味しいですが、若干物足りない人は机の上にあるお醤油を少し。
DSC01903
いやぁー美味しい!何個でも行けそうです。

と、こちらもいただきましょう。

四神湯(スーシェンタン)60元
DSC01899
よく見る四神湯は白濁色のスープですが、こちらのは小豆色ですね。

こちらのお店の名前にもなっている四神湯ですが、薏仁(ハトムギ)、蓮子(蓮の実)、山薬(ヤマイモ)、(芡実)ケツジツが入っているスープで、漢方スープの一種です。
しかしこれがメチャクチャ美味しいです。

スープの中には豚の大腸も入っており、結構ボリューミー。
DSC01900
大腸は全く臭くなく、コリコリとした食感。
中のハトムギなども、ちょうどよく煮込まれており、噛みしめる度に身体が喜んでいるような感じです。
四神湯は色々なお店でいただくことはできますが、こちらのお店のはかなりオススメです。


ということで、迪化街でいただく肉まんとスープのご紹介でした。
肉まんだけを食べられる旅行者を多く見かけますが、個人的には是非お店の名前にもなっているこちらのスープを飲んでいただきたいです。
四神湯セットが迪化街のお店にも売られているので、気に入ったらぜひどうぞ。


妙口四神湯

台湾台北市民生西路迪化街一段交差点
営業時間:12:00〜19:00
定休日:月曜日
Facebook

お腹いっぱいでも思わず食べてしまうデザート。台湾もそんなデザートの宝庫ですが、やっぱり台湾の代表デザートと言えば豆花ですよね。口当たり抜群のトゥルンとした豆腐と好きなトッピングをいただく。想像しただけでまた食べたくなります。そんな美味しい豆花屋さん、今回 ... 続きを読む
お腹いっぱいでも思わず食べてしまうデザート。
台湾もそんなデザートの宝庫ですが、やっぱり台湾の代表デザートと言えば豆花ですよね。

口当たり抜群のトゥルンとした豆腐と好きなトッピングをいただく。
想像しただけでまた食べたくなります。

そんな美味しい豆花屋さん、今回ご紹介するお店は贔屓にしている方も多いかと思います。

場所は市民大道沿いで、MRT忠孝復興駅と忠孝敦化駅からそれぞれ徒歩8分ほどと、若干アクセスが悪いですが、いつも人が耐えない人気店です。

庄頭豆花担(ジュヮントウドウファダン)
DSC00449
黄緑色の素敵なお店構え。
昼間は緑が映えてとてもきれいな色が見られます。 

中はテーブル席がいくつかあります。
DSC00445
 カウンターで好きなものを注文し、その場でお支払となります。
DSC00439
注文は基本口頭となりますが、まず豆花を選びましょう。

豆花は黒豆を使ったものか普通のがあるので、黒豆花(ヘイドウファ)か、白豆花(バイドウファ)を選択します。
DSC00438
 その後はトッピングタイム。
価格はどれをトッピングしてもも50元なので、好きなものを指差しすればOK。
DSC00440
もりもり過ぎるのもお腹が膨れるので、いくつか厳選してみました。 

緑豆と芋圓、花生と寒天のようなものをトッピング。

豆花(ドウファ)50元
DSC00441
 若干分かりづらいですが、豆花の色は少し灰色がかっていました。
DSC00444
トロンとした口触りの豆花。
大豆の味がしっかりしているものの、甘いきび砂糖のスープが大豆の味を優しくします。
この美味しさがツルツルといっちゃうんですよね。
緑豆と芋圓、花生も甘く美味しくとっても豆花と合います。

お次のトッピングはこちら。
DSC00442
ハトムギに紅豆、そして蓮の実。
こちらもそれぞれ甘く美味しく味付けされており、気分的にはヘルシーデザートを頂いているような気分。
DSC00443
豆花ってヘルシーデザート!って思われがちですが、甘いシロップを使い、トッピングも色々のせるとカロリー的には結構行きそうな気がします・・・。
でも、身体がとっても喜んでいる気がする、そんなデザートですね。

ということで台湾の定番デザート、豆花のご紹介でした。
トッピングの種類がありすぎると、どうしても定番トッピングを選びがちですが、ぜひ色々試して、自分好みの組み合わせを見付けてくださいね。
 

庄頭豆花担

台北市松山區市民大道四段73號
営業時間:12:00~22:00 / 金土:~23:00

【閉店致しました】台湾の朝ごはんの代表選手、蛋餅(ダンピン)。食べ台湾でも数々の美味しい蛋餅を紹介してきましたが、どのお店もそれぞれに個性があり、食べ比べてみたくなりますよね。今回ご紹介するのは、 テイクアウト専門店のサクサクボリューミーな蛋餅です。場所は ... 続きを読む
【閉店致しました】
台湾の朝ごはんの代表選手、蛋餅(ダンピン)。

食べ台湾でも数々の美味しい蛋餅を紹介してきましたが、どのお店もそれぞれに個性があり、食べ比べてみたくなりますよね。

今回ご紹介するのは、 テイクアウト専門店のサクサクボリューミーな蛋餅です。

場所は、MRT科技大樓站から徒歩1分、復興南路二段の小道を入った場所にあります。

BOX巴克斯(バークース)
写真 2017-10-22 9 51 40

巴克斯と書いて「バークース」=ボックス。
ペーパーボックスに入れてくれる外帯(ワイタイ)、つまりテイクアウトのお店なので、こじんまりとした、シンプルな店構えです。

メニューはこちら。
写真 2017-10-22 9 51 04
上段の盒子というのも蛋餅と並ぶこのお店の看板商品です。

注文はとっても簡単。こちらの食券機で食券を買います。
写真 2017-10-22 9 51 55
台湾で食券機って結構珍しいんですよね。しかも液晶モニター付だし。
ボタンを押してから、お金を入れるのが、日本とは若干違いますかね。

お店の方に食券を渡して、出来上がりを待ちましょう。
盒子は出来上がったものがストックされていますが、蛋餅は注文後に焼いてくれるので10分ほどかかるので、ゆっくり待ちましょう。

さあ、出来上がりを受け取ってお持ち帰り。
まずは蛋餅から。

玉米猪肉蛋餅(ユーマイジューロウダンピン)80元
写真 2017-10-22 10 27 05
程よく焼き色のついた生地が、パイのような軽やかな層になっているのがわかります。

断面はこんな感じ。
写真 2017-10-22 10 28 39
中の具は、コーン、豚肉、そしてチーズ。

この厚みが最高!
写真 2017-10-22 10 28 08
厚焼き玉子くらいあります。

一口ほおばると、生地のサクッとした食感に続いてコーンの甘みがプチプチと広がり、その後からチーズと豚肉のしょっぱさが追いかけてきます。
コーンとチーズのナイスコンビな時間差攻撃です。
蛋餅にコーン、他の具との相性もよく、なかなかいい仕事してます。


調味料もいってみましょう。

こんな感じで持ち帰れます。
写真 2017-10-22 10 37 54
かけてみました。
写真 2017-10-22 10 39 16
茶色いほうは醤油膏。
甘くてとろみのある醤油です。合わないわけがありませんね。
赤いほうはとっても辛い!
少量でもかなりパンチがありますが、小魚の風味があり、辛さにぐんと味わいをプラスしています。


お次はこちら。

烤韮菜盒子(カオジョウツァイハーズ)50元
写真 2017-10-22 10 29 32
カルツォーネのような半月形をしています。

中はこんな感じです。
写真 2017-10-22 10 33 46
ニラ入りにしたので、がっつりニラが詰まっているのかと思いきや、春雨、豆干、炒り玉子なども入っていて、優しい味わいで食べやすい。
先ほどの蛋餅と比べて生地は薄く、脂っこさも全くなくて、具沢山なのに軽くてとってもヘルシーな感じです。

こちらにももちろん、赤いほうを。
写真 2017-10-22 10 45 48
先ほどの優しい味から一気にパンチが加わり、美味しくて一気に平らげてしまいました。


というわけで、ボリューム満点の蛋餅とヘルシーなニラ入りのニラ饅頭的な台湾版カルツォーネのご紹介でした。
なおこちらのお店、朝ごはんメニューながら土日は15時まで、平日であれば19時半まで営業しています。
おやつにはもちろん、蛋餅をつまみながらビール、なんていうのも合いそうですね。

【閉店致しました】
BOX巴克斯

営業時間: 月〜金 7:00〜19:30 / 土日 8:00〜15:00
最寄駅:科技大樓站
※國父記念館站近くにも店舗があります。

台湾は本当に鶏肉が美味しいですよね。今回はそんな美味しい鶏肉をパクチーやニンニクをふんだんに使った鶏料理、「山東焼鶏」が美味しいお店をご紹介します。場所は西門にある中山堂の裏辺り。衡陽路から延平南路に入り、路地をまがったところにあります。蘇記餃子館(スー ... 続きを読む
台湾は本当に鶏肉が美味しいですよね。

今回はそんな美味しい鶏肉をパクチーやニンニクをふんだんに使った鶏料理、「山東焼鶏」が美味しいお店をご紹介します。

場所は西門にある中山堂の裏辺り。衡陽路から延平南路に入り、路地をまがったところにあります。

蘇記餃子館(スージージャオズグヮン)
DSC02577
かなり分かりにくい場所です。

路地に入る前に白に青字で「蘇記餃子館」の看板があるので、ここをまがる感じです。
DSC02578

さて中に入りましょう。
DSC02566
丸テーブルもいくつかあります。

空いてる席に促され、メニューを拝見。
DSC02564
こちらのお店の名前が「蘇記餃子館」というように餃子がメインのお店です。
表面には主食の麺類や炒飯類などがあります。

裏はこちら。
DSC02568
一品料理などがあります。

紙に食べたいものを書いて、店員さんに渡しましょう。

まずはこちら。


山東焼鶏(シャンドンシャオジー)1/4サイズ 170元
IMG_2586
パクチーとニンニクたっぷりのお酢ベースのタレに、焼いた鶏を和えた冷菜です。
丸鶏の4分の1サイズで、部位は鶏のモモ部分がメイン。
お肉は食べやすいように骨から外してありました。

もう見るからに、食べたあとにニンニク臭がきつそうです。
DSC02570
ガブッといくと、見た目よりも全然あっさり。
お酢ベースのタレが爽やかさを運びつつ、鶏肉とニンニクの旨味が口の中に広がります。
DSC02575
底にはキュウリもあり、サラダ感覚でパクパクという感じでしょうか。
白飯が食べたい!というよりは、ちょびちょびビールを飲みながら頂きたくなりました。
とっても美味しくて、食べれば食べるほどもっと食べたくなる、そんな一品でした。

韮菜水餃(ジョウツァイシュェイジャオ)60元
DSC02571
餃子屋さんですからね。餃子もいただきましょう。
こちらは韮がはいった韮餃子。個人的に餡はキャベツよりも韮派です。

テーブル調味料はこちら。
DSC02567
餃子のタレを作りましょう。
DSC02573
私が何だかんだで辿り着いたのは、豆板醤:醤油:胡麻油の三種。
お酢をいれるとどうしても爽やかさがでてしまうので、これだけでいただくとひたすら濃厚な餃子が楽しめます。

ガブッと行くとジュワっと肉汁&韮汁が溢れてきました。
DSC02572
水餃子の魅力はこの肉汁ですよねー。
韮たっぷりでとっても好みの餃子です。
これもビールと一緒にいただきたいですね!!


ということで山東焼鶏が美味しいお店をご紹介致しました。
山東焼鶏、ニンニクとパクチーと鶏が好きであれば、絶対に食べましょう!
これでもか!という量のニンニクを使っているので、胃が弱い方は若干ご注意を。
今回は餃子と一緒にいただきましたが、炒飯と一緒にいただくのも良いですね。


蘇記餃子館

台北市延平南路101巷5號
営業時間:11:00〜14:00 / 17:00〜20:00
定休日:日曜日
最寄り駅:西門