食べ台湾!美味しい台北

台湾旅行に役立つ台湾グルメのブログです。読んだら台湾料理が食べたくなる、お腹が減る、そして行き台湾になる、そんな台湾の魅力をお伝えしています。


マンゴーかき氷をいち早く食べることが出来る「冰讃」が本日から営業を開始致しました!過去記事はこちらから。2014年の記事冰讃 期間限定のマンゴーかき氷屋の2014年度の営業がはじまりました2015年の記事冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がは ... 続きを読む
マンゴーかき氷をいち早く食べることが出来る「冰讃」が本日から営業を開始致しました!

過去記事はこちらから。

2014年の記事
冰讃 期間限定のマンゴーかき氷屋の2014年度の営業がはじまりました
2015年の記事
冰讃 今年もマンゴーかき氷の季節到来!冰讃の2015年度の営業がはじまりました 
2016年の記事
冰讃 マンゴーかき氷が今年も始まりました!2016年度の冰讃は本日より営業開始です
2017年の記事
冰讃 2017年度のマンゴーかき氷は4月22日からはじまります!

場所はMRTの雙連駅から西側に少し行った雙連街の中、左側です。

冰讃(ビンザン)
IMG_5204


続きを読む

今回でラスト!カルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。過去の参考記事:【レビュー】「台湾汁なしラーメン」【レビュー】「チーローファン」(鶏肉飯)【レビュー】「愛玉」(オーギョーチゼリー)【レビュー】「食べる麻辣醤」(マーラージャン ... 続きを読む
今回でラスト!
カルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。

過去の参考記事:
【レビュー】「食べる麻辣醤」(マーラージャン)
【レビュー】「牛肉麺風 春雨スープ」
【レビュー】「麻辣カレー」
【レビュー】「ルーローチャーハン」

KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回はお菓子系を全部、「魯肉飯柿の種」「タピオカミルクティー」「麻辣ポテトチップス」「マーラーおかき」をそれぞれご紹介致します。

THE台湾なタピオカミクティーや柿の種と魯肉飯を合体させたもの、麻辣系のものなどとっても楽しみです!

それではレビューしてみたいと思います!

本レビューは、「これが台湾の本場の味なんだ」という誤解を生ませないためにも、筆者が個人的な経験を踏まえて、現地の味と比べてどうかということに重きを置き記載しております。人によっては不快に感じる記事かもしれませんが、ご容赦下さい。


IMG_5147

全部美味しそうですね!
それでは一つずつレビューしていきましょう。


続きを読む

カルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。過去の参考記事:【レビュー】「台湾汁なしラーメン」【レビュー】「チーローファン」(鶏肉飯)【レビュー】「愛玉」(オーギョーチゼリー)【レビュー】「食べる麻辣醤」(マーラージャン)【レビュー】 ... 続きを読む
カルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。

過去の参考記事:
【レビュー】「食べる麻辣醤」(マーラージャン)
【レビュー】「牛肉麺風 春雨スープ」
【レビュー】「麻辣カレー」

KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回は「ルーローチャーハン」です。

そもそも台湾にルーローチャーハン、つまり魯肉炒飯なるものをみたことがありません。
日本人が好きな炒飯と魯肉飯を足したという安易かつ斬新な発想のこの商品、なんとなく味の想像ができそうですが、ちょっと期待です。

ちなみにこちらの商品は冷凍品なので、KALDIでも取り扱っていない店舗があるそうなのでご注意です。

それではレビューしてみたいと思います!

本レビューは、「これが台湾の本場の味なんだ」という誤解を生ませないためにも、筆者が個人的な経験を踏まえて、現地の味と比べてどうかということに重きを置き記載しております。人によっては不快に感じる記事かもしれませんが、ご容赦下さい。

ルーローチャーハン 226円
IMG_5144

Lu Rou FriedRiceでルーローチャーハンですね。
飴色の魯肉飯のような炒飯が結構美味しそうです。


続きを読む

引き続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。若干マンネリ化してきてしまいましたが、最後までぜひお付き合い下さい。過去の参考記事:【レビュー】「台湾汁なしラーメン」【レビュー】「チーローファン」(鶏肉飯)【レビュー】「愛玉」(オ ... 続きを読む
引き続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。

若干マンネリ化してきてしまいましたが、最後までぜひお付き合い下さい。

過去の参考記事:
【レビュー】「食べる麻辣醤」(マーラージャン)
【レビュー】「牛肉麺風 春雨スープ」

KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回は「麻辣カレー」です。

商品説明にはこう記載がありました。
「 麻辣カレーの「麻」は花椒(ホワジャオ)の舌がしびれる辛さと、「辣」は唐辛子の舌がヒリヒリする辛さを意味します。リンゴ由来のやさしい甘みと「麻辣」独特の刺激的な辛さがクセになるアジアンテイストのカレーをお楽しみください。」

舌がしびれる中華系カレー、という新しいジャンルになりそうな予感ですね・・・!

それではレビューしてみたいと思います!

本レビューは、「これが台湾の本場の味なんだ」という誤解を生ませないためにも、筆者が個人的な経験を踏まえて、現地の味と比べてどうかということに重きを置き記載しております。人によっては不快に感じる記事かもしれませんが、ご容赦下さい。

麻辣カレー 298円
IMG_5116

パッケージには有名な九份の階段の絵があるので、台湾のイメージが伝わってきますね。
カレーも美味しそう!ちなみに下部には「※写真はイメージです。」と書いてありますが、なんだか青ネギがのっていますね。

続きを読む

あと数回カルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートが続きます。引き続きお楽しみ下さい。過去の参考記事:【レビュー】「台湾汁なしラーメン」【レビュー】「チーローファン」(鶏肉飯)【レビュー】「愛玉」(オーギョーチゼリー)【レビュー】「食べる ... 続きを読む
あと数回カルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートが続きます。

引き続きお楽しみ下さい。

過去の参考記事:
【レビュー】「食べる麻辣醤」(マーラージャン)

KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回は「牛肉麺風 春雨スープ」です。

商品説明には「牛、香味野菜や魚醤の旨みたっぷりのスープをベースに、五香粉、豆板醤、紹興酒を利かせた台湾を代表する麺料理、牛肉麺風のピリ辛春雨スープです。」との記載がありました。

一般的な牛肉麺は紅焼(ホンシャオ)と呼ばれる醤油風味のスープと、清燉(チンドゥン)と呼ばれる澄んだスープの二種類がありますが、今回は前者のようですね。しかもピリ辛味だとか。

それではレビューしてみたいと思います!

本レビューは、「これが台湾の本場の味なんだ」という誤解を生ませないためにも、筆者が個人的な経験を踏まえて、現地の味と比べてどうかということに重きを置き記載しております。人によっては不快に感じる記事かもしれませんが、ご容赦下さい。

牛肉麺風 春雨スープ 156円
IMG_5104

見るからにピリ辛そうなスープですね。
牛肉麺の麺は一般的には普通の麺を使用しますが、台湾では冬粉(ドンフェン)と呼ばれている春雨でもいただくこともでき、麺よりも少しヘルシーなので良いですね。

続きを読む

ということで、今回も引き続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。あと数回続きます。過去の参考記事:【レビュー】「台湾汁なしラーメン」【レビュー】「チーローファン」(鶏肉飯)【レビュー】「愛玉」(オーギョーチゼリー)KALDIの台湾特 ... 続きを読む
ということで、今回も引き続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。
あと数回続きます。

過去の参考記事:


KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回は「食べる麻辣醤」(マーラージャン)です。
IMG_5068

麻辣って大体が四川発祥のもので、台湾とは関係はないのですが、辛い火鍋である麻辣火鍋など一般的に台湾で食べられてはいます。
なのでこちらは「THE台湾」ではないですが・・・・何ともいえませんねぇ。


続きを読む

ということで、今回も引き続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。過去の参考記事:【レビュー】カルディ台湾フェアその1 「台湾汁なしラーメン」の実食レポート【レビュー】カルディ台湾フェアその2 「チーローファン」の実食レポートKALDIの ... 続きを読む
ということで、今回も引き続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。



KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回は「愛玉」(オーギョーチゼリー)です。
IMG_5057

おっと、ちょっと待ってください。
オーギョーチだったら愛玉子の表記が正しいのではないでしょうか?

続きを読む

ということで、前回に続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。参考記事:【レビュー】カルディ台湾フェアその1 「台湾汁なしラーメン」の実食レポートKALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。https://www.kaldi.co.jp/kaldinew ... 続きを読む
ということで、前回に続きカルディの台湾フェア、「食べよう!台湾」商品の実食レポートです。


KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。

今回は鶏肉飯です。

鶏肉飯と言えば、魯肉飯よりも日本人に人気のある一品ですね。
シンプルな味付けで食べやすく、万人受けする鶏肉飯、カルディさんはどんな風に仕上げたのでしょうか!?

それではレビューしてみたいと思います。

本レビューは、「これが台湾の本場の味なんだ」という誤解を生ませないためにも、筆者が個人的な経験を踏まえて、現地の味と比べてどうかということに重きを置き記載しております。人によっては不快に感じる記事かもしれませんが、ご容赦下さい。

混ぜるだけチーローファン(台湾風蒸し鶏入り混ぜご飯)298円
IMG_4999

ん、チーローファン?
鶏肉飯をピンイン表記をすると”Jīròu fàn”です。
もう既に懐疑心を持ってしまっているのか、チーローファンじゃなくて、ジーローファンが正しくない?
日本で鶏油と書いてチーユとはいいますが、鶏肉飯はジーローファンじゃない?
ということで、ツイッターでアンケートを作りました。
結果はお楽しみに。

そして気になるのが「台湾風」のくだり。
「台湾B級グルメの鶏肉飯を混ぜご飯として再現しました!」ではなく、「台湾風」という曖昧な表現を使った逃げの姿勢が若干気になります。

さて恒例の成分表を拝見。
IMG_4998
蒸し鶏、チキンエキス、野菜(しょうが、玉ねぎ)・・・。
ん?鶏肉飯と言えば、エシャロットのような紅葱頭を使うのでは!?まぁそれを代用して玉ねぎかもしれませんが。

取り敢えず開封です。
中からパウチ式のものが出てきました。
IMG_5001

予めご飯を水少なめの硬め、2合炊いておきました。
IMG_5019

パウチを開封します。
IMG_5018
お、なんだか香辛料的な匂いがしてきました。
なんだろう、なんだろう、かなり独特な匂いです。

取り敢えず作り方の通りに、お釜の中にそのまま流し込みましょう。
IMG_5020

そして一気にかき混ぜる。
IMG_5021

5分ほど蒸らして出来上がり!
IMG_5022

お茶碗によそって完成です。うーん簡単!
IMG_5024
見た目はなんだか良いですね。

一般的な台湾の鶏肉飯はこんな感じです。
7513efc2
茶色っぽいのが、紅葱頭を油で揚げたものになります。

鶏肉が若干少ないですけど、細切りの鶏肉とタレっぽいご飯ということで良いですね。
では実際にいただいてみます。
IMG_5029
おお、なかなか美味しい。けど、この匂いって何だろう?
鶏肉のエキスがご飯に満遍なく行き渡っており、ご飯の油っぽさも良い感じ。
ちょっと生姜の味が強いのかな・・・。
IMG_5027
台湾の鶏肉飯に生姜って入ってないですよね・・・?
この生姜がとっても主張しており、全面に出てきています。
パウチを開封した時に匂った香りはこの子が原因かもしれません。
いやでも、私の舌が変なのかもしれませんが、五香粉か八角のような、そんな香りもします。
あらためてパッケージを見てみましたが、その表記はなく、香味油脂や香辛料の記載のみ。
味の記憶が正しければ、以前レビューした混ぜるだけルーローファンに似ている香りがする気がします。

美味しいんだけど・・・美味しいんだけど!食べれば食べるほど鶏肉飯とはだんだん違う部分が見えてきます。

例えばこれ。鶏の皮。
IMG_5026
鶏の皮は個人的に大好きで、いつか福岡の焼き鳥屋で「皮を10本」と言ってみたいくらい大好きだけど、台湾の鶏肉飯に入っていたことありません。
一般的に鶏肉飯は皮を剥いだ鶏の胸肉を茹で(蒸したりもする)手で割いて細かくするので、皮が入ることはないんですよね。

そしてやっぱり生姜と香辛料でしょうか。
紅葱頭が使えないのは仕方がないかもしれませんが、生姜が全面に出てくるのはダメでしょう。鶏肉の臭みも旨味も生姜が全部消しちゃって、全体的に生姜感が強い。アジア料理専門店で食べるチキンライスに付いてくる、ジンジャーライスのような感じです。
そして香る八角の雰囲気。食べれば食べるほどわからなくなってきました。
「混ぜるだけアジアンチキンライス」という商品名であれば、良かったかと。

あと引く味なのにもったいない。思わずお代わりしました。
IMG_5028

ということで、今回★5個で表現すると

再現率:★☆☆☆☆
美味さ:★★★☆☆

普通にいただけます。若干鶏肉も気持ち少なめだし、全体的に油っぽいけど、味は良いです。
でも台湾の鶏肉飯ではないですね。まぁ商品名に「台湾風」と書いてあるので仕方ありません。
個人的には生姜は必要なかったと思います。生姜を入れないと鶏臭さが全面に出てしまうのかもしれませんが、もう少し量を減らしても良かったのでは。
ぜひ企画担当者は、台湾のスーパーで売っている鶏肉飯の缶詰があるので、それを参考にしていただければ幸いです。

以上、相変わらず辛口で申し訳ありませんが、混ぜるだけチーローファンのレビューでした。


次回もお楽しみに!

IMG_4977

食べよう!台湾フェアは4/30(月祝)までです。
IMG_4978



「KALDIが昨年に引き続き台湾フェアを開催していますよ!!」と食べ台湾読者からご連絡いただきました。台湾フェアの名前は、「食べよう!台湾」、略して「食べ台湾!」これは食べ台湾筆者としてレビューするしかありませんね!ということでタイミング良く購入できたので、実 ... 続きを読む
「KALDIが昨年に引き続き台湾フェアを開催していますよ!!」

と食べ台湾読者からご連絡いただきました。

台湾フェアの名前は、「食べよう!台湾」、略して「食べ台湾!」

これは食べ台湾筆者としてレビューするしかありませんね!
ということでタイミング良く購入できたので、実際に購入してレビューしたいと思います。

KALDIの台湾特集「食べよう!台湾」はこちらからどうぞ。
https://www.kaldi.co.jp/kaldinews/event/seasonal/taiwan2018.php#more

ちなみにオンラインショップの品目は合計33種類(2018年4月6日現在)
https://kaldi-online.com/category/TAIWAN/
昨年レビューしたものや、台湾直輸入のものもありますが、今回のレビューはKALDI独自製品に絞ってレビューしたいと思います。

参考まで昨年のレビューはこちらから。
【レビュー】KALDIの台湾シリーズ

昨年の台湾フェアで売り出された商品は、正直「コレジャナイ!」とツッコミたくなるレベルのものや、これ企画した人、絶対台湾行ったことないでしょう!というような、残念なものもありました。
各レビューをKALDIお客様センター宛に送付し、今後の製品にぜひ役立てて下さい、と1人の消費者の立場として連絡もした(返信はありません)ので、今回は期待したいと思います!!

しかし前回と同様のスタンスで、本レビューは、「これが台湾の本場の味なんだ」という誤解を生ませないためにも、筆者が個人的な経験を踏まえて、現地の味と比べてどうかということに重きを置き記載しております。人によっては不快に感じる記事かもしれませんが、ご容赦下さい。

ということで、第一弾はこちら!

台湾汁なしラーメン(238円)
IMG_5002
おっと、いきなりこれですか。


続きを読む

台湾好きの友人から面白い饅頭バーガーが食べられるカフェがあると聞きやってきました。饅頭バーガーと言えば、石家割包のような台湾ハンバーガーかと思いきや、普通の饅頭を使っており、例の永和豆漿のような饅頭バーガーに似ているけど、ちょっと洋風だとか。しかも場所が ... 続きを読む
台湾好きの友人から面白い饅頭バーガーが食べられるカフェがあると聞きやってきました。

饅頭バーガーと言えば、石家割包のような台湾ハンバーガーかと思いきや、普通の饅頭を使っており、例の永和豆漿のような饅頭バーガーに似ているけど、ちょっと洋風だとか。
しかも場所がかなり分かりにくいとか。

ということでやってきました。
場所は、懐寧街沿い開封街の交差点近く、ビル1階の奥にあります。

Actor Beans 雅豆咖啡(ヤードウカーフェ)
DSC02713
看板はコーヒー豆をバックに赤い文字で書いてあるので、全然目立ちません。

ビルの入口はこのような感じです。
DSC02702
週末の朝方だったので人気も少なく、周りのお店も締まっています。


続きを読む

雙連朝市の豆漿屋さんといえば世紀豆漿大王かと思いますが、雙連朝市の横道に行くと別の豆漿屋さんがあり、そこに面白い蛋餅があったのでご紹介します。場所は雙連朝市の通りにある廟、「文昌宮」の裏手にあります。佳佳豆漿店(ジャジャドウジャンデェン)青いきれいな看板 ... 続きを読む
雙連朝市の豆漿屋さんといえば世紀豆漿大王かと思いますが、雙連朝市の横道に行くと別の豆漿屋さんがあり、そこに面白い蛋餅があったのでご紹介します。

場所は雙連朝市の通りにある廟、「文昌宮」の裏手にあります。

佳佳豆漿店(ジャジャドウジャンデェン)
DSC03192
青いきれいな看板が目立ちます。


続きを読む

全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は最終回となります。過去記事はこちらからどうぞ。【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(1)【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(2)【旅記】屏 ... 続きを読む
全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は最終回となります。

過去記事はこちらからどうぞ。
【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(1)
【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(2)
【旅記】屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記(3)


~前回のおさらい~
小琉球の絶景スポットを巡り、ついに小琉球滞在も終了。
フェリーで屏東に戻ってきました。
しかしこの旅はここで終わりではありません!


最後に食の宝庫、市場へ向かいましょう!!

華僑市場(ホワチャオスーチャン)
1
市民の台所でもある市場は見ているだけでも驚きと楽しさでいっぱいです!

続きを読む

全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は3回目となります。~前回のおさらい~台湾最南部の小島・小琉球にやってきました。島ならではの美味しいものを食べ、ウミガメと一緒に泳ぐ貴重な体験をしました。さて今回は小琉球の夕飯か ... 続きを読む
全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は3回目となります。
~前回のおさらい~
台湾最南部の小島・小琉球にやってきました。
島ならではの美味しいものを食べ、ウミガメと一緒に泳ぐ貴重な体験をしました。


さて今回は小琉球の夕飯からご紹介したいと思います。

琉夏萊旅店
1
こちらは民宿を経営していますが、1階のレストランは宿泊客以外の方も利用可能です。


続きを読む

全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は2回目となります。~前回のおさらい~総勢6名で屏東までやってきました。屏東でしか食べれない、美味しいものを食べ、まだ日本人にはなかなか知られていない観光地もご紹介致しました。今回 ... 続きを読む
全4回にわたってお送りする屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記、今回は2回目となります。


~前回のおさらい~
総勢6名で屏東までやってきました。屏東でしか食べれない、美味しいものを食べ、まだ日本人にはなかなか知られていない観光地もご紹介致しました。


今回は旅行1日目 屏東でお世話になった民宿からご紹介いたしましょう。

大鵬灣發現祕境民宿(ダーペンワンファーシェンミージンミンシュー)
1
外観は見事な船の形になっています。



続きを読む

こんにちは、Aiwanです。食べ台湾もお陰様で認知度が上がったのか、台湾メディア向けツアー「屏東・小琉球旅行」というものにお声掛けをいただきました!!!食べ台湾を通じ、日本人に台北以外の観光地を紹介してもっと台湾を知ってほしい、そんなツアーです。台湾のためなら ... 続きを読む
こんにちは、Aiwanです。

食べ台湾もお陰様で認知度が上がったのか、台湾メディア向けツアー「屏東・小琉球旅行」というものにお声掛けをいただきました!!!

食べ台湾を通じ、日本人に台北以外の観光地を紹介してもっと台湾を知ってほしい、そんなツアーです。

台湾のためなら!!!と意気込んでいたものの、残念ながら別の用事が入っており調整が出来ず。
しかし台湾のために紹介をしたい!ということで、今回は友人の「Melissa」にお願いをし、「食べ台湾ライター」として参加をしていただくことになりました。


ということで、食べ台湾特別編として合計4回に渡る

「屏東・小琉球 台湾南部のまだ知らない台湾旅行記」

をお届けしたいと思います!


では、Melissaさん、よろしくお願い致します。



はじめまして!Melissaです。 

Aiwanさんに代わって、4回にわたり、私Melissaがお送り致します!
どうぞよろしくお願い致します。

さて、この度、私の住んでいる台北を飛び出し、南部の屏東(ピンドン)と離島の小琉球(シャオリュウチョウ)にご招待いただきました。 

食べ台湾は食に関して発信しているブログではございますが、この場をお借りして食はもちろんのこと、まだ知られていない屏東と小琉球の観光スポットも紹介していきたいと思います。 

どうぞお付き合いください! 

 
それでは早速、韓国人ブロガーさん2名、フランス人1名、今回の企画をした会社の方2名、そして私の計6名の賑やかな旅の始まりです。 


さっそく、台北から「屏東県」を目指します! 

ところで「屏東」とは?

屏東の場所はこちら。 
1520854465276
台湾の最も南部に位置し、台湾一のリゾートと言われる「墾丁(クンディン)」があるのも屏東県です。 

続きを読む

では寧夏夜市で主食と致しましょう。どれもこれも美味しそうなのが夜市ですが、今回は見た瞬間に「あ、これ食べよ!」と思えたビジュアルがあったのがこちら。場所は寧夏夜市の北側で、屋台番号は44番です。牛媽媽焢肉飯(ニョウマーマーコンロウファン)屋台向かって右側に ... 続きを読む
では寧夏夜市で主食と致しましょう。

どれもこれも美味しそうなのが夜市ですが、今回は見た瞬間に「あ、これ食べよ!」と思えたビジュアルがあったのがこちら。

場所は寧夏夜市の北側で、屋台番号は44番です。

牛媽媽焢肉飯(ニョウマーマーコンロウファン)
IMG_4440
屋台向かって右側に、比較的大き目のイートインスペースがあります。

続きを読む

寧夏夜市です。食べ台湾読者の方ならご存しかと思いますが、私は香菜(シャンツァイ)、パクチーが大好き。最近は日本でも市民権を得ているようで嬉しい限りです。 そんなパクチーマニアでパクチニストも納得のデザートをご紹介致します。場所は寧夏夜市真ん中でしょうか。 ... 続きを読む
寧夏夜市です。

食べ台湾読者の方ならご存しかと思いますが、私は香菜(シャンツァイ)、パクチーが大好き。
最近は日本でも市民権を得ているようで嬉しい限りです。
 
そんなパクチーマニアでパクチニストも納得のデザートをご紹介致します。

場所は寧夏夜市真ん中でしょうか。屋台番号は115番です。

雅米花生捲冰淇淋(ヤーミーファーシェンジュワンビンチーリン)
IMG_4449
ピーナッツアイスクリームロールと日本語でも書いてありますね。

続きを読む

寧夏夜市へやってきました。様々な種類の屋台がある美食夜市で有名な寧夏夜市ですが、目に入りがちなのは「美味しそう!」ひと目見て思うものばかり。見た目は得体の分からないものだけど、一口食べたら虜になる、そんな一品をご紹介したいと思います。場所は寧夏夜市、真ん ... 続きを読む
寧夏夜市へやってきました。

様々な種類の屋台がある美食夜市で有名な寧夏夜市ですが、目に入りがちなのは「美味しそう!」ひと目見て思うものばかり。

見た目は得体の分からないものだけど、一口食べたら虜になる、そんな一品をご紹介したいと思います。

場所は寧夏夜市、真ん中より民生西路に近い北側、屋台番号は43番です。

秋雲潤餅(ジュウユンルンビン)
IMG_4433
 

ご紹介するのは潤餅(ルンビン)です。
パッと見、「何が巻いてあるんだろう、美味しいのだろうか?」と思いつつも素通りした人も多いのではないでしょうか。


続きを読む

スーパーマーケットの紹介記事が相変わらず食べ台湾で人気なので、今年も「お土産買うならやっぱりスーパー2018」としてカルフールを紹介しようと思います。ちなみに過去の記事はこちら。お土産買うならやっぱりスーパー カルフール(家楽福)編お土産買うならやっぱりスー ... 続きを読む
スーパーマーケットの紹介記事が相変わらず食べ台湾で人気なので、今年も「お土産買うならやっぱりスーパー2018」としてカルフールを紹介しようと思います。

ちなみに過去の記事はこちら。

お土産買うならやっぱりスーパー カルフール(家楽福)編
お土産買うならやっぱりスーパー 2017カルフール(家楽福)編

西門駅近くの24時間営業のカルフール(桂林店)をご紹介していましたが、今回は寧夏夜市からも徒歩で行ける重慶店をご紹介します。

場所は重慶北路と錦西街の交差点、スターバックス保安店の斜め前にあります。

家楽福重慶店(ジャーラーフーチョンチンディェン)
IMG_4470

こちらは24時間営業ではなく、朝9時から深夜2時までの営業となっています。

続きを読む

ホント、台湾の鶏肉って最高に美味しいですよね。もう大好き過ぎて、美味しい鶏肉があればどこへでも食べに行きたい!ということで、今回ご紹介するのはローカル店で手軽にいただく鶏肉です。鶏肉も良いけれど、鶏肉のタレがかかった鶏肉飯、鶏肉タレーライス的なものもオス ... 続きを読む
ホント、台湾の鶏肉って最高に美味しいですよね。
もう大好き過ぎて、美味しい鶏肉があればどこへでも食べに行きたい!

ということで、今回ご紹介するのはローカル店で手軽にいただく鶏肉です。
鶏肉も良いけれど、鶏肉のタレがかかった鶏肉飯、鶏肉タレーライス的なものもオススメのお店です。

場所は台北市の西側の川沿いの近く、環河南路沿いにあります。
最寄り駅は西門ですが、そこそこ歩きます。

施福建好吃鶏肉(シーフージェンハオツージーロウ)
DSC01762
黄色の看板が目印ですが、かなりごちゃごちゃした場所にあるのでわかりにくいかもしれません。


続きを読む

台湾にはさまざまな麺がありますが、ガッツリ食べたい時は牛肉麺を選ぶことが多いです。だしの効いたスープを味わいつつ、麺をすすってお肉をガブリ。この時期、今日は寒いなぁという日もこれで温まりますよね。今回は、行天宮駅からすぐの松江市場、その中にある小さな牛肉 ... 続きを読む
台湾にはさまざまな麺がありますが、ガッツリ食べたい時は牛肉麺を選ぶことが多いです。
だしの効いたスープを味わいつつ、麺をすすってお肉をガブリ。
この時期、今日は寒いなぁという日もこれで温まりますよね。

今回は、行天宮駅からすぐの松江市場、その中にある小さな牛肉麺屋さんをご紹介いたします。
松江市場は行天宮駅4番出口を出て直ぐの場所にあります。

お店の場所は松江市場の地下2階。
沈記牛肉麺(シェンジーニュウロウミェン)
写真 2018-01-13 16 01 21
お昼過ぎともなると市場のお店は続々と店じまいしていきますが、こちらのお店は営業中です。

続きを読む

朝におかゆが食べたい!というリクエストも日本からの友人にも多いんですよね。中華圏の朝食として連想するものの一つにお粥が出てくるのですが、日本のお粥のように白粥を出すお店も多いので、「鹹粥」(シェンゾウ)をご紹介したいと思います。鹹粥を食べられるお店は市内 ... 続きを読む
朝におかゆが食べたい!
というリクエストも日本からの友人にも多いんですよね。
中華圏の朝食として連想するものの一つにお粥が出てくるのですが、日本のお粥のように白粥を出すお店も多いので、「鹹粥」(シェンゾウ)をご紹介したいと思います。

鹹粥を食べられるお店は市内にもたくさんありますが、今回はお気に入りのこちら。

場所は龍山寺駅を北上して徒歩7分ほど、西昌街沿いにあります

老艋舺鹹粥店(ラオメンシャーシェンゾウディエン)
DSC01865


続きを読む

台湾でいただくパンは本当に美味しいですよね。理由はよく分かりませんが、その場で焼き上げたトーストとか最高!ということで、台湾大学のお膝元 公館駅近くにあるトースト屋さんをご紹介します。この辺りは学生街なので、軽食の激戦区です。公館駅出口1出て、右に曲がり ... 続きを読む
台湾でいただくパンは本当に美味しいですよね。
理由はよく分かりませんが、その場で焼き上げたトーストとか最高!

ということで、台湾大学のお膝元 公館駅近くにあるトースト屋さんをご紹介します。
この辺りは学生街なので、軽食の激戦区です。

公館駅出口1出て、右に曲がり、公館夜市や水源市場を通り、羅斯福路四段78巷の通りを右に曲がるとすぐに見つかります。

吃吐吧(チゥートゥーバ)
DSC_6669



続きを読む